赤ニキビを1秒でも早く治す方法は?ニキビ跡を残さず綺麗に退治

赤ニキビを1秒でも早く治す方法は?ニキビ跡を残さず綺麗に退治

赤く腫れ上がった赤ニキビを手早く治す方法は、ニキビに刺激を与えずに洗顔やスキンケア、生活習慣を見直していくことです。正しい洗顔方法やスキンケアの基本、ニキビ肌を改善する生活習慣、皮膚科の治療について知っていきましょう。

赤ニキビは見つけ次第すぐ治す

朝、鏡を見たら大きな赤いニキビができていた!という経験をした人は多いのではないでしょうか?

赤く腫れ上がった赤ニキビを一刻も早く治したいときに役立つ赤ニキビの基本知識と改善に役立つスキンケア方法、生活の見直し、市販の治療薬から皮膚科での治療について紹介します。

赤ニキビ(赤色丘疹)の原因と特徴

赤ニキビとは、毛穴に皮脂や塵(ちり)、ホコリなどが詰まってできるニキビが炎症を起こした状態を指します。ニキビの進行度合いによっていくつかに分類され、その中の1つが赤ニキビなのです。原因や特徴を知って、赤ニキビを予防・改善していきましょう!

赤ニキビの原因は皮脂の過剰分泌

ニキビは進行度合いによって次のように呼ばれています。

  1. ​白ニキビ
  2. 黒ニキビ
  3. 赤ニキビ
  4. 黄ニキビ
  5. 紫ニキビ

白ニキビは、毛穴に皮脂などの汚れが詰まって肌がブツブツした状態なので、ニキビと認識していない人もいるようですが、歴としたニキビです。

ニキビの炎症の元ともいわれているアクネ菌の繁殖も少なく、痛みを伴わないので見過ごしてしまうこともありますが、できればこの段階でケアをしたいところです。

続いて、詰まった皮脂がアクネ菌の繁殖によって押し出され、毛穴の表面に顔を出します。出てきた皮脂が酸化して黒くなっていくことで、黒ニキビと呼ばれます。

そして、今回ケア方法を紹介する赤ニキビは、黒ニキビで繁殖したアクネ菌が皮下組織に達し、炎症を起こした状態です。アクネ菌は皮脂を栄養分をして繁殖するので、過剰な皮脂の分泌が赤ニキビを作ってしまうともいえます。

アッキー
学生時代は赤ニキビに悩まされていました。放っておくと黄ニキビや紫ニキビになって痛かったのをよく憶えています…。
赤ニキビに発展してしまうのは、アクネ菌が毛穴の中で増殖してしまうからなんですよね。
はるこ先生
そうね!アクネ菌はもともと誰の皮膚にもいるものだけど、詰まった毛穴の中に溜まって増えていくことで「遊離脂肪酸」という脂肪酸に分解されてしまうの。遊離脂肪酸そのものは、肌を弱酸性に保ってくれるよい成分なのだけれど、場合によっては角質に異常がみられたり、炎症を引き起こしてしまったりするのよね。
だから、赤ニキビは腫れあがって痛いのです。

赤ニキビケアを間違うとニキビ跡に

赤ニキビのケアを誤ると、黄ニキビになってしまいます。黄ニキビは、赤ニキビの炎症が悪化し、化膿してしまうことで膿(うみ)が出てきてしまった状態です。そして、その状態を放っておくと紫ニキビになってしまうのです。

紫ニキビは、炎症を治そうと働いている免疫がニキビ部分だけでなく周囲の皮膚にまで攻撃してしまうことで炎症部分が広がった状態です。黄ニキビや紫ニキビは、市販のニキビ薬やセルフケアではニキビ跡が残ってしまう可能性が高いといわれているので、何が何でも赤ニキビの段階でケアしておきたいところです! 

アッキー
黄ニキビにしろ紫ニキビにしろ、赤ニキビが諸悪の根源となっているため、赤ニキビのケアをしっかり行う必要がありますね。

即効で治したい赤ニキビ改善法

赤ニキビを発見したら、可能な限り早く治すことが大切です。即効で赤ニキビを治したい人は、洗顔やスキンケアの方法を見直したり、食生活や生活習慣を見直してみましょう。

治し方【1】効果的な洗顔

正しい洗顔方法を知っていますか?実は、洗顔はただ洗っているだけでは洗い残してしまうことがあり、それが原因でニキビを作ってしまうこともあるのです。

​​正しい洗顔手順​注意点・ポイント
1.手を洗う
  • ​​手には多くの雑菌がついています。手洗いせずに洗顔すると、クレンジング剤や洗顔料の顔の汚れを落としたいのに、ただの手洗いになってしまう可能性も!
2.メイクをしている場合はクレンジングをする
  • ​肌をこすり過ぎないようにするため、最初にポイントメイクを落としましょう
  • 適量を手に取り、おでこやTゾーンなどの皮脂の多い部分から落としていきましょう。
  • クレンジングにかける時間は1分以内がベストといわれています!手のひらで少し温めたクレンジング剤を使って、手早く済ませましょう。
​3.ぬるま湯で顔を洗う
  • ​全ての​皮脂を落とすことはできませんが、顔に付着しているホコリなどの汚れを落とすことができます。洗顔料で洗う時間を減らすことで肌へのダメージも減らせるので素洗いしておくのがおすすめです。
4.よく泡立てた洗顔料で優しく洗う
  • ​​肌を傷つけないために、洗顔料はしっかり泡立てましょう。泡立てネットを使うのもよいですが、泡立てネットよりも手で泡立てる方が細かくて質のよい泡が作れます。時間に余裕のある人は手で泡立てるのがよいでしょう。
  • Tゾーンやおでこ、鼻などの皮脂が多いと思う部分から洗うことで、「皮脂の落としすぎ」を予防できます。
  • 内側から外側に向かって円を描くように優しく洗いましょう。
  • 皮脂の落としすぎや界面活性剤での肌荒れを予防するため、洗顔をする時間は短い方がよいといわれています。​
​5.ぬるま湯でよくすすぐ
  • すすぎは20~30回がベストといわれています。
  • すすぐときには顔をこすらないようにしましょう。手のひらにぬるま湯を溜め、洗い流したい部分を浸すようにしてすすぐのがおすすめです。
  • シャワーでのすすぎは厳禁です!皮脂を落とし過ぎてしまうため、シワやたるみの原因になってしまいます。
​6.水気を優しく拭き取る
  • ​顔を拭くときもこすらないように注意しましょう。
  • タオルで優しく顔を包み込むようにして水気を拭き取ります。

洗顔料は、自宅にあるものでもかまいませんが、ニキビができやすい「ニキビ肌」に悩んでいる人は、以下の洗顔料がおすすめです。

ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレンのクレイウォッシュは、毛穴の奥深くにある汚れをクレイ(モンモリロナイト)の力で吸着して洗い流せます。クレイウォッシュ単品での購入も可能ですが、ビーグレンには「ニキビケア」のトライアルセット「ニキビ跡ケア」のトライアルセットがあり、お試しができておすすめです。

↓↓大人ニキビを治したい!ビーグレンのトライアルセットはコチラ↓↓

ビーグレン公式サイト

Non A.(ノンエー)

弾力たっぷりのきめ細やかな泡で皮脂や汚れを落としてくれる固形石鹸です。肌に与えるダメージを少なくするためには、よく泡立つ洗顔料が大切ですよね。一般的な石鹸の約4倍もの泡立ちが期待できるNon A.なら、安心して使えます。また、元々ニキビ予防の石鹸として作られているので、ニキビ肌の人にもピッタリです!

↓↓思春期ニキビにもOK!弾力泡でニキビを改善したい人はコチラ↓↓

Non A.販売サイト

治し方【2】保湿が重要

正しい洗顔をマスターした次は、正しいスキンケア方法を知っていきましょう。

ニキビができやすい人は、スキンケアの方法が間違っている、または、スキンケアグッズの選び方を知らずに「自分に合わない化粧品」を使用していることがあります。とくに、保湿が足りていないことも多いので注意が必要でしょう。

まずは、正しいスキンケアの順番を紹介します。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液※使用する人のみ
  4. 乳液
  5. クリーム

化粧水は保湿のために、乳液は保湿と油分を補うために使用します。美容液は、今の自分の肌に必要と考えられる成分を補うために使用し、クリームは保湿した肌にフタをする役目があるといわれています。

アッキー
「思春期のニキビ肌は皮脂が多い」ので、乳液やクリームを少なめにしてもOKですが、「大人ニキビに悩まされている人の肌は、乾燥肌や混合肌など、脂性肌ではない」ケースが多いようです。そのため、自分の肌に合った乳液やクリームを使ってしっかり保湿してあげましょう。

自宅で使用している化粧品でもOKですが、ニキビができやすい人にピッタリな化粧品も多く販売されているので、それらを使うようにしてみるのもよいですよ。

ノブACアクティブフェイスローション(モイスト)​

​25歳以上の女性たちの悩みでもある大人ニキビを改善するために開発されたのがノブACアクティブフェイスローション(モイスト)​です。ニキビができると「皮脂が多いから化粧水は少なめにつける」と自己判断をする人もいますが、ニキビには保湿が大切といわれているので、しっかりと化粧水をつけることが大切です。ビタミンC・E誘導体成分が配合されているのでニキビ跡ケアにも使えますね。

↓↓もう鏡を見るのは怖くない!​繰り返しできるニキビを改善したい人はコチラ↓↓

ノブACアクティブフェイスローション(モイスト)販売ページ

治し方【3】食事で内側からケア

ニキビができてしまうのには、食生活や生活習慣が関係していることも多いです。

運動の習慣がなく、基礎代謝が低下してしまうことでターンオーバーが正常に行われなくなってしまうこともあります。油っぽい食べものを好むために皮脂の分泌量が多くなってニキビができやすい状態になっていることもあります。運動の習慣をつけたくても、忙しい人には難しいこともあるので、ここではニキビ改善におすすめの成分や食材を紹介します。

​ニキビ改善に役立つ成分それを含む食材​​おすすめのおかず
​ビタミンA


  • ​ターンオーバー促進させる


  • ニンジン
  • ​カボチャ


  • ニンジンのマリネ
  • 千切りニンジンとレーズンのタルティーヌ
  • カボチャとクリームチーズのサラダ
  • クルミとカボチャの和え物
​ビタミンC


  • ​メラニン生成を抑える=ニキビ跡が薄くなる
  • 抗酸化作用がある=美肌になる
  • ​豆苗
  • フルーツ
  • 緑黄色野菜
  • ​豆苗のナムル
  • オレンジとニンジンのスムージー
  • ピクルス
​コラーゲン


  • 栄養を真皮や表皮に届ける=肌の再生に役立つ
  • ターンオーバーの正常化​
  • ​フカヒレ
  • ウナギ
  • 鶏肉
  • ​手羽元と大根の煮物
  • ウナギととろろの丼ぶり
  • 手羽元のさっぱり煮
  • 参鶏湯(サムゲタン)

これらを利用したおかずをいくつか覚えておくと、ニキビができたときの献立を考えるのに役立つでしょう。赤ニキビなどのニキビに悩んでいる人は、ぜひ試してみて下さいね。

赤ニキビに効果のある市販薬

洗顔やスキンケア、食生活の改善でニキビを治しやすい環境を整えることも大事ですが、薬を使って治りを早めることも大切です。

赤ニキビは毛穴が炎症を起こしている状態なので、病院へ行くのがおすすめですが、「自分で何とかしたい!」という場合は、次の市販薬をおすすめします。

【1】テラコートリル軟膏

  • ​成分:ヒドロコルチゾン​(抗炎症作用)、オキシテトラサイクリン塩酸塩​(抗菌作用)
  • 使用方法:1日数回、ガーゼや綿棒などでニキビにつける
  • 注意点:少量の赤ニキビには効果が期待できるが、大量の場合は塗布する量も増えるため副作用の心配がある

【2】オロナイン軟膏

  • ​成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液​(抗菌作用)
  • 使用方法:ガーゼや綿棒などでニキビにつける​
  • 注意点​:使用上の注意書きに「化粧下には使用しない」とあるので、メイク前は使用できない

【3】プリスクリードD

  • ​成分:ウフェナマート​(抗炎症作用)
  • 使用方法:洗顔後、清潔な手でなじませる
  • 注意点​:ノンステロイドなので効き目がマイルド
アッキー
ちなみに、プリスクリードDの製作会社のIHADAではニキビ肌用の化粧水「イハダプリスクリードAC ローションタイプ治療薬」が販売されています。プリスクリードDと相性のよい人は化粧水も試してみるとよいかもしれませんね!

自己流で治らないなら皮膚科治療

セルフケアではどうにもならない赤ニキビができたとき、自分でケアしてニキビ跡になるのが怖い人は、皮膚科でニキビの治療を行うことをおすすめします。ニキビの治療には保険適用の保険治療と保険適用外の自由診療がありますが、今回は保険が適用される比較的費用が掛からない方法を紹介します。

処方される薬(保険適用)

皮膚科で処方される薬には、ピーリング効果や抗菌作用​のある塗り薬、抗生物質を含む飲み薬があります。

  • 外用レチノイド(塗り薬:ディフィリンゲルなど/ピーリング効果が期待できる)
  • 硫黄製剤(塗り薬/​殺菌作用・皮脂分泌抑制・ピーリング効果が期待できる​)​
  • 抗生剤(飲み薬:クラリス・ルリッド・ミノマイシンなど/殺菌作用・白血球の1つである好中球の遊走を抑える効果が期待できる)
アッキー
抗生剤は飲み薬だけでなく、外用薬として処方されることもあります。アクアチムクリームやダラシンTゲルなどがあり、毛穴の中で増殖するアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌してくれます。

受けられる処置法(保険適用)

処方薬の他にも、クリアタッチや面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)といった処置を受けるケースもあります。

  • クリアタッチ(赤色や青色の光を照射するタイプのニキビ専用機器/殺菌や炎症を抑える効果が期待できる)
はるこ先生
クリアタッチが日本で使われるようになったのは、2004年からなの。光を照射するだけだから簡単なのがいいわよね。ただし、ニキビが多い人や炎症の度合いがひどい人は「痛みを感じる」こともあるので、事前に医師とよく相談してくださいね。

  • 面皰圧出(ニキビの中の皮脂を圧迫して取り出す専用器具/アクネ菌の温床でもある皮脂を取り出すので治りが早い)
アッキー
面皰圧出が皮脂を圧迫して取り出すものだからといって、自分でニキビを潰すのはNGです!治療は、医師がニキビの状態を診て判断して行っているので自己判断はしないようにしましょう。

保険適用と自由診療について

保険適用の治療とも呼ばれている保険治療は、一般的には患者が治療費の3割程度を負担して行うものです。対して、保険適用外の自由診療は、厚生労働省が許可をしていない処置方法や処方薬を用いて行うので、患者が治療費の全額を負担して行わなければなりません。

ただし、自由診療の場合、厚生労働省が認めるまでに時間がかかっているだけで、海外では最先端の治療法として確立している技術や薬品を使うことができるので、効果の高いケースがあったり、治療後の見た目がキレイになるケースもあったりします。どのように治療していきたいのかを医師と相談することが大切です。

赤ニキビ跡が残ったら

赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビは、ニキビ跡の残りやすいニキビです。もしも、ニキビ跡が残ってしまったらどうすればよいのでしょうか?自分でできるケア方法と皮膚科で行っているケア方法を紹介します。

自宅で赤ニキビ跡をケア

セルフケアでニキビ跡を治したい場合は、色素沈着を改善する効果が期待される成分を含む化粧品をイオン導入器でつける方法やピーリングジェルなどがおすすめです。

有効成分配合の化粧品をイオン導入器でつける​

【方法】

  1. ​ビタミンなどのニキビ改善に向いている成分を含む化粧水を肌につける
  2. イオン導入器で微弱電流を流す
  3. イオン化したビタミンが肌に浸透する

【メリット】

  • 肌に成分が浸透しやすい
  • 毛穴のケアにも向いている
  • ビタミンCの化粧水なら美白効果があり、ニキビ跡が目立たなくなりやすい

【デメリット】

  • ​イオン導入器を買うのにお金がかかる
  • 商品によっては、イオン導入器専用の化粧品を購入する必要がある

ピーリングジェルを使用する​

【方法】

  1. ピーリングジェルを適量手に取る
  2. おでこやTゾーンなどを中心に顔全体にジェルを広げる
  3. 優しく円を描きながら顔をなでる

【メリット】

  • 毛穴の角化を改善できるため、ニキビができにくくなる​
  • くすみがなくなる​
  • ターンオーバーが正常に近づくため、ニキビ跡が目立たなくなりやすい

【デメリット】

  • ​肌への刺激が大きいため、敏感肌の人には向いていない
  • 乾燥や紫外線のダメージを受けやすくなる場合がある
  • 肌荒れがひどいときは悪化する恐れがある

生活習慣を改善する​

【方法】

  • ​睡眠時間をしっかり確保する
  • ストレスを適度に発散させる
  • 軽い運動をする
  • ビタミンを摂取する
  • 脂っこいものを食べすぎないようにする
  • 甘い物を食べすぎないようにする
  • 食物繊維を摂取する
  • 顔を触るクセを治す

【メリット】

  • ニキビのできにくい肌になる
  • 新陳代謝がよくなるため、ニキビ以外にも美肌効果や健康な身体を手に入れることができる
  • ターンオーバーが正常化し、ニキビ跡が目立たなくなりやすい

【デメリット】

  • すぐにニキビを治すことはできない
  • ニキビのできにくい肌になるまで時間がかかる
  • 挫折してしまう可能性がある
  • 食べ物に気をつけるあまり、かえってストレスが溜まってしまう可能性がある
アッキー
長期的に考えると、生活改善をした方がよいですが、すぐにニキビ跡を解消したいときは、ピーリングやイオン導入器がおすすめです。また、イオン導入とピーリングの両方を行うことも可能ですよ。

皮膚科で赤ニキビ跡をケア

次に、皮膚科でニキビ跡を改善する方法です。セルフケアよりもニキビ跡が目立たなくなる可能性が高いと考えられていますが、保険適用外の自由診療のため費が高めなのがネックかもしれません。  

ケミカルピーリング​

【方法】

  1. ​薬剤をつける(酸性のもの)
  2. しばらく置いておく
  3. 中和させる
  4. 洗顔する

【費用】

1回​5,000~15,000円程度
※平均施術回数は10回程度​​

【メリット】

  • ​​毛穴の角化を改善できるため、ニキビができにくくなる​
  • くすみがなくなる​
  • ターンオーバーが正常に近づくため、ニキビ跡が目立たなくなりやすい​

【デメリット】

  • 肌への刺激が大きいため、敏感肌の人には向いていない
  •  乾燥や紫外線のダメージを受けやすくなる場合がある
  • 肌荒れがひどいときは悪化する恐れがある
  • ニキビ跡の状態によっては通院が長くなる可能性がある

イオン導入 

【方法】

  1. ​​ビタミンなどのニキビ改善に向いている成分を含む化粧水を肌につける
  2. イオン導入器で微弱電流を流す
  3. イオン化したビタミンが肌に浸透する​

【費用】

1回5,000円前後​

【メリット】

  • 肌に成分が浸透しやすい
  • 毛穴のケアにも向いている
  • ビタミンCの化粧水なら美白効果があり、ニキビ跡が目立たなくなりやすい
  • 症状に合わせて成分を選んでくれるので、市販の化粧水よりも肌に合っているケースが多い

【デメリット】

  • 1~2週間毎に通うのがよいといわれているので、人によっては施術費用がかさんでしまう

レーザー治療

【方法】

※レーザー治療は複数の方法がある

  • ​冷却ガスを使って患部を冷やして行う(クールタッチレーザー)
  • 炭酸ガスレーザーで患部にガスを照射する
  • 患部に極小の穴を開けて細胞の活性化を行う(フレクセルレーザー

【費用】

1回10,000~10,0000円程度​​

【メリット】

  • ​ニキビ跡を改善するまでの期間が短い​

【デメリット】

  • ​とにかく費用が高い
  • 痛みを感じる人もいる
  • 色素沈着の可能性がある

ホルモン療法

【方法】

  • ピルなどの男性ホルモンを減少させる処方薬を服用する
  • 女性ホルモンなどを注射する

【費用】

1回(1ヵ月)10,000円前後​

【メリット】

  • 肌のバリア機能が高まりやすい
  • 生理痛やPMSも一緒に改善されることがある

【デメリット】

  • 胸が張ってしまう
  • 具合が悪くなる人もいる
  • 治療期間の平均が半年程度と長い

費用に関しては、自由診療なのでクリニックや皮膚科などが各自設定しています。施設によって費用が大きく異なるので、いくつかの施設を比べて治療を受けるのをおすすめします。

赤ニキビに悪影響を与える要因

赤ニキビが悪化してしまう原因を紹介します。少し痛かったり、腫れてしまったりと気になってしまう気持ちもわかります。しかし、できる限り刺激を与えないように気をつけましょうね。

赤ニキビを潰す

赤ニキビは、腫れ上がっていることも多いので、メイクをするときに煩わしいから潰してしまうという人もいるかもしれません。

しかし、赤ニキビは触れないことが正解です!潰してしまうことで、炎症が起きている範囲を拡大させてしまう可能性もありますし、ニキビ跡になってしまう可能性も高いです。

アッキー
ちなみに、学生時代ニキビに悩んだ僕は、潰してしまおうと考えたこともありました。でも、赤ニキビの炎症はターンオーバーの行われない「真皮層」にまで達しているため、無理矢理潰してしまうことでニキビ跡として残ってしまうことを知り、潰したい気持ちを我慢することにしたんです。
はるこ先生
ターンオーバーが行われているのは、肌の表面である「表皮」ですものね。赤ニキビには触れない!守ってくださいね。

鼻を触る

人は無意識のうちにたくさん鼻を触っていると知っていましたか?

心理学では、恥ずかしいと感じたときや緊張しているとき、悩んでいるときなどに鼻を触ってしまう人が多いといいます。鼻は、皮脂の分泌が盛んで、毛穴が詰まりやすい場所でもあります。その鼻を雑菌がついた手で触ってしまうとニキビが炎症を起こして赤ニキビになってしまったり、赤ニキビが悪化したりするのです。

はるこ先生
ちなみに、鼻を触りすぎるのは「イチゴ鼻」の原因にもなってしまうの。どうしても鼻を触ってしまうという人は「マスク」をつけるといいですよ!直接手で触れられないから雑菌が鼻につきません。

顔を触る

鼻を触ることと同じようなことがいえます。また、女性は肌荒れを起こすと、それを隠そうとする心理が働き、顔を触る回数が多くなるといわれています。雑菌のついた手で弱った皮膚を触ると、状況が悪化してしまうのは想像に難くないですよね。

アッキー
ちなみに、手に雑菌がついてしまう原因は、ドアノブや手すり、スマーフォンなどさまざまです。自宅のドアノブや自分のスマートフォンは気を付いたときに消毒する習慣をつけるのもおすすめですよ。

髪を触るクセ

髪を触るクセもニキビの原因となったり悪化させてしまったりするので要注意です!頻繁に髪を結び直すという人や髪をかき上げるのがクセという人は気をつけましょう。髪を触った手でニキビに触れてしまうと、ニキビの治りが遅くなってしまうといわれています。ニキビを早く治したい人は「意識して」触らないように気をつけた方がよいですね。​

はるこ先生
思春期のニキビは「皮脂分泌量」が原因となっていることが多いのですが、大人ニキビは「触り癖」が原因であるケースが多いんです。爪の間にも雑菌が溜まりやすいといわれているので、ニキビばかりできるという人は「触り癖はないか?」「爪が長くはないか?」をチェックしてみるとよいですよ。

ファンデーションの厚塗り

ニキビを隠したいからファンデーションを厚塗りしてしまう…という人も多いですよね。ファンデーションの厚塗りではニキビが目立ってしまうこともありますし、メイク崩れもしやすくなるので、ニキビに刺激を与えてしまい悪化する可能性もあります。

ニキビを隠してメイクしたいというのであれば、化粧下地にこだわり、肌に優しいファンデーションを使うことをおすすめします!

アッキー
赤みを隠すのに向いているのは「グリーン系の化粧下地」といわれています。綿棒などを使って「ニキビに触れないように」つけましょう。

ファンデーションはパウダー?リキッド?

どちらでもOK!
毛穴などの肌の荒が目立ちにくい「パール系のミネラルファンデーション」がおすすめです。低刺激のミネラルファンデーションであれば、リキッドでもパウダーでもOKですよ。

ニキビはコンシーラーで隠してもよい?

NGです!
コンシーラーは肌に塗りやすくするために「油分」が多く含まれています。あの柔らかめのテクスチャ―は油分が入っているからなのです。なので、ニキビがあるときはできる限りコンシーラーは避けた方がよいでしょう。

油っこい食事

油分の多い食事をすると血液中の油分が増えるだけでなく、皮脂も多くなってしまうのでニキビが悪化しやすくなります。

アッキー
実は、糖分の摂り過ぎにも注意が必要なんです。糖分は身体の中で分解されて「遊離脂肪酸」になるのですが、「遊離脂肪酸」はニキビなど肌トラブルの要因になることがあるのです。油分だけでなく、糖分にも気をつけてくださいね!

寝不足

普段から寝る時間が遅いという人、寝不足である人はターンオーバーが乱れやすくなっています。ターンオーバーは、眠りについてから約3時間後から行われるといわれています。しかし、睡眠時間が3~5時間だとターンオーバーが行われずに朝になってしまうこともあるのです。

また、寝不足はストレスとなります。ストレスは交感神経という自律神経の働きを高めるため、男性ホルモンが活発化しやすくなります。それにより、皮脂の分泌が盛んになってニキビが悪化する状態になってしまうのです。

はるこ先生
身体のダメージを修復する成長ホルモンは、22~3時の間に分泌が盛んになるといわれています。寝不足の場合は睡眠時間を確保する、そして22~24時くらいには寝るようにするとよいでしょう。

痛くないうちにニキビを撃退

赤ニキビは、毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまい白ニキビとなり、そこから黒ニキビに進行し、詰まった皮脂の影響で炎症が起こってしまうことでできるものです。炎症を起こしているので、痛みや腫れをともなうことも少なくありません。

また、赤ニキビは進行すると膿の溜まった黄ニキビや周囲まで炎症が広がった紫ニキビにもなりかねません。赤ニキビを見つけた段階で、生活を見直したりスキンケアを見直して、ニキビに刺激を与えないように手早く撃退しましょう!