ニキビ跡の原因は人それぞれ!正しいスキンケア方法7選

ニキビ跡の原因は人それぞれ!正しいスキンケア方法7選

ニキビ跡ができる原因は色々ありますが、対処法もそれぞれのニキビ跡に合わせて実践しなければいけません。なぜ跡が残ってしまったのか原因を知り、スキンケアをはじめとした正しい対処法を実践するために知っておきたいポイントを詳しく解説します。

目次

  • ニキビ跡が治らないのはなぜ?そんなアナタの疑問を解決!
  • ニキビ跡ができるメカニズムとは?
  • 【簡単チェック】ニキビ跡の特徴で分かる対処方法を徹底解説!
  • 【ニキビ跡改善法1・赤や赤紫色の場合】炎症の悪化を抑える化粧品
  • 【ニキビ跡改善法2・茶色の場合】ターンオーバーを促す化粧品
  • 【ニキビ跡改善法3・クレーター状の場合】皮膚科や美容外科で治療
  • 【ニキビ跡改善法4・ニキビ跡共通】サプリメントの活用
  • 【ニキビ跡改善法5・ニキビ跡共通】肌に良い食事をとる
  • 【ニキビ跡改善法6・ニキビ跡共通】正しい洗顔方法を実践
  • 【ニキビ跡改善法7・ニキビ跡共通】生活習慣の見直し
  • ニキビ跡を悪化させるNG行動
  • 自分に合った方法で一日も早くニキビ跡とサヨナラしましょう!

ニキビ跡が治らないのはなぜ?そんなアナタの疑問を解決!

ニキビ跡がなかなか治らないからファンデーションを厚く塗ってごまかしているという人も多いですよね。でも、そんな事を繰り返していては根本的な解決策になりません。ニキビ跡ができる原因をきちんと知って、新たにニキビ跡が増えないようにすることが大事です。

アッキー
ニキビ跡って、赤っぽいとか、茶色っぽいとか、色によっても原因って違うんですか?
はるこ先生
アッキー、そのとおり!ニキビ跡の種類によって原因も違えば、対策法も変わってくるの。しかも、やり方を間違えてしまうと悪化するかもしれない…なんて、厄介よね(^^;

今回はニキビ跡の原因やメカニズムを種類ごとに、本サイトの編集長・はるこ先生こと水野春子が詳しく解説します!色々なニキビ跡の対処法を完全網羅して、アナタがニキビ跡で悩まされることがないように応援します♪

ニキビ跡ができるメカニズムとは?

ニキビ跡の種類によってはいつまでも消えずに残ってしまい、メイクで隠すのも大変になります。放置しておくほど悪化してしまうので早めに治すように努力しましょう!ニキビ跡の種類によって異なる原因とメカニズムについて詳しく解説します。

赤色のニキビ跡ができる原因とメカニズム

ニキビ跡の中でも一番軽い症状と言われているのが赤いニキビ跡です。初期段階のうちにきちんとお手入れしておくことが大切です。そのためにも、なぜ赤いニキビ跡が残ってしまったのか原因を探ってみましょう!

赤いニキビ跡の原因

赤いニキビ跡が残ってしまったのは、私達の体に備わっている免疫反応によるものです。

  1. 肌に炎症が発生(ニキビ)
  2. 毛細血管にある免疫細胞が炎症部分に集まる
  3. 早く炎症を治そうとする

このように、免疫反応が正常に機能した結果できるのが赤ニキビ跡だと考えてください。

赤いニキビ跡が残るメカニズム

赤いニキビ跡は、炎症を引き起こした初期状態の「赤ニキビ」になった時に残りやすいと言われています。赤ニキビの炎症を早く治そうとする免疫反応の働きによって毛細血管が集まってくるため、赤みが増して跡が残っているように見えるのです。でも、炎症を起こした状態で放置したままにすると、色素沈着を引き起こしてシミになる場合があります。シミになると簡単に治りにくくなるので注意しましょう。

赤ニキビとはどんなもの?

赤いニキビ跡を引き起こす原因になる赤ニキビとは、毛穴に皮脂が詰まった状態の初期ニキビが炎症を起こした段階のものを言います。赤ニキビができる流れをきちんと理解しておき、できるだけ炎症を引き起こさないことが大切です。

  1. 毛穴に皮脂や古い角質などが溜まって毛穴が塞がれる(初期ニキビ)
  2. 皮脂などをエサにするアクネ菌が毛穴周辺で増える
  3. 皮脂をエサにして増えたアクネ菌が遊離脂肪酸を発生させる
  4. 遊離脂肪酸が毛穴にダメージを与えたり、炎症を引き起こす(赤ニキビ)

このような流れで赤ニキビができます。アクネ菌はニキビの原因菌で、肌にとって悪者というイメージを抱いている人も多いですよね。でも、アクネ菌は皮膚を弱酸性に保って害をもたらす菌の繁殖を抑える大切な役割があります(善玉アクネ菌)。逆に、毛穴に詰まっている皮脂をエサにして、炎症を引き起こす原因になる遊離脂肪酸を発生させてしまう場合もあります(悪玉アクネ菌)。つまり、アクネ菌といっても肌に良い作用をもたらすものと、悪い作用をもたらすものがあるのです。

はるこ先生
アクネ菌の善玉を増やして悪玉を減らせれば、赤いニキビ跡の予防もできますね。でも現実的には無理な話。初期ニキビができた時点で赤ニキビにならないようにするか、赤ニキビになったら炎症を悪化させないようにするのが正しい対策です!

赤紫色のニキビ跡ができる原因とメカニズム

ニキビ跡が赤紫色になってしまうと、そう簡単には治らない可能性があります。なぜ赤紫色のニキビ跡になってしまったのか原因を探りながら、正しいケアを行いましょう。

赤紫色になったニキビ跡の原因

ニキビの炎症が進行してひどくなった場合にできるニキビ跡が、赤紫色のニキビ跡の正体です。赤ニキビができた段階できちんとニキビ対策を実践しておけば、ここまで悪化することはないはずです。ニキビ跡を残さないためには、とにかく炎症を食い止めなければいけません

赤紫色のニキビ跡が残るメカニズム

私達の皮膚はとても薄いように感じられますが、いくつかの層に分かれて構成されています。皮膚の外側の部分は表皮と呼ばれていて、ニキビの初期段階であれば表皮の炎症だけで食い止められます。表皮は肌のターンオーバーによって生まれ変わっているので、赤いニキビ跡のように軽いニキビ跡なら自然に治ってきます。

ただし、赤紫色になると炎症がかなり進行して、表皮よりも肌内部にある真皮にまで影響を与えている可能性が高くなります。真皮層にある血管にダメージを与えて、血液が周りに漏れ出してしまうことで、紫色っぽいシミになるのです。
真皮は表皮の内側で肌の弾力を支える働きもあり、表皮とは違ってターンオーバーが行われないという特徴があります。そのため炎症が真皮にまで達すると、硬いしこりのようになって跡が残りやすいのです。一度このような状態になると、自然に消えるのは難しいです。

はるこ先生
赤紫色のニキビ跡になる前にしっかりケアしておかなければ、簡単に治せないので要注意です。自然に治るだろう~とのんびり構えるのではなく、早め早めのケアを心がけてくださいね♪

茶色のニキビ跡ができる原因とメカニズム

茶色っぽくシミのように見えるニキビ跡ができる場合もあります。ファンデーションで隠しきれなくなる場合があるので、早めにケアすることが大切です。

茶色のニキビ跡の原因

茶色のニキビ跡ができる原因は、シミができる原因とほぼ同じだと考えてください。シミは肌内部で生成されるメラニンと活性酸素が大きく関係しています。

【メラニンとは】

メラニンは表皮の中でも一番真皮に近い「基底層」という部分に存在しているメラノサイトによって作られるものです。紫外線の影響を受けたり、ニキビの炎症によってダメージを受けると、肌を守るためにメラノサイトが活躍します。メラノサイトが活性化するとできるのがメラニンで、肌に色素を沈着させるシミができるのです。

アッキー
シミは見た目が悪くなって厄介な存在だと思っていましたが、肌を守ってくれる役目があるんですね。見直しちゃいました!
はるこ先生
肌を守ってくれた「勲章」のようなものかもしれないけど、やっぱり見た目が悪いのはイヤよね!シミができないように気をつけるのが一番よ♪

メラニンの働きは、肌のバリア機能の砦のようなもので、紫外線などの影響によるダメージを食い止める役割があります。紫外線はDNAを傷付けてしまったり、皮膚がんを誘発させる悪い因子なので、日頃からシミができないようにUVケアを心がけたいものです。

ちなみに、メラニンは人間だけでなく、動物や植物にも生成される色素です。例えば、稀に通常の毛色とは違う動物が発見されることもありますよね。これはメラニン色素が先天的に欠乏していたり、過剰だったりして現れるものです。人間の場合は黒褐色のメラニンと、肌色のメラニンが存在していて、これらの割合によって髪の毛や肌の色が変わると言われています。

【活性酸素について】

シミができるもう一つの原因が活性酸素です。活性酸素は酸化させる力が強い活発な酸素のことで、私達の体に元々備わっています。体の外から入り込んだ細菌などを強い酸化力で攻撃して退治する役割を果たしているのです。活性酸素が存在していなければ、外から細菌が入り放題になって様々な悪影響をもたらします。他にも酵素の働きを促して代謝を良くするために役立ちます。そのため、本来であれば体にとって必要な存在なのです。

でも、その数が増え過ぎると良くない結果をもたらします。強力な酸化力による攻撃は、体の外から入り込んだ外敵だけにとどまりません。厄介なことに正常な細胞まで攻撃し始めてしまうのです。活性酸素の攻撃を受けると組織が衰えてくるので、肌はメラノサイトが刺激を受けてシミができ、体には老化現象をもたらします。

茶色のニキビ跡が残るメカニズム

ニキビができて放置していると炎症が進み、さらに紫外線のダメージや活性酸素の攻撃によって肌のメラノサイトが活性化します。肌を何とかして守るために、メラニンが生成されて茶色い跡が残ってしまうのです。ただし、通常であれば肌のターンオーバーで少しずつ跡が薄くなって自然に解消されるはずなのです。何らかの原因で正常にターンオーバーが行われていないとか、お手入れ不足が原因でメラニンがどんどん生成されていると色素沈着をした茶色のニキビ跡がいつまでも消えずに残ってしまいます。

はるこ先生
茶色のニキビ跡はシミと同様に、きちんとお手入れを続けていれば改善する見込みがある状態です。決して諦めずに、地道に正しいケアを続けることが大切なんですよ♪

クレーター状のニキビ跡ができる原因とメカニズム

ニキビ跡の中でも一番の問題児がクレーター状のニキビ跡です。肌がボコボコにへこんだ状態になって、メイクでは隠しきれないほどになります。

クレーター状のニキビ跡の原因

ニキビ跡がクレーター状になってしまう原因は、炎症がかなり悪化して肌の奥深くまでダメージが及んでしまうからです。ニキビの初期段階では皮膚の表面にあたる表皮層の段階で炎症が留まっています。この段階できちんとお手入れしておけば悪化を食い止めることができます。でも、そのまま放置していたり、間違ったケアを続けているとどんどん悪化します。肌内部の真皮層にまで達すると深刻なダメージを受けて、クレーター状のニキビ跡になります。

【表皮について】

表皮は皮膚の一番外側にあたる部分で、厚さは0.3ミリほどしかありません。ニキビができて炎症が起こり始めると、表皮の内側部分にあるメラノサイトがメラニンを作り出して、シミのような茶色のニキビ跡になります。表皮は肌のターンオーバーによって定期的に新しい皮膚へ生まれ変わっているので、茶色のニキビ跡ができても自然になくなってくるのが特徴です。

【真皮について】

表皮よりもさらに肌の内側にある真皮は、肌の弾力を支える役割があります。真皮は表皮とは違ってターンオーバーがされません。そのため、ニキビの炎症が真皮まで届くとしこりのように残ってしまいます。これがクレーター状のニキビ跡になって自然には消えない状態に悪化します。

クレーター状のニキビ跡が残るメカニズム

ニキビの炎症が真皮まで達すると、その部分に瘢痕(はんこん)組織ができます。瘢痕組織はダメージを受けた部分を修復するためにできるものです。ニキビの炎症を修復するために、たくさんのコラーゲンが生成されます。これが瘢痕組織になってしこりのようなニキビ跡が残るのです。瘢痕組織が毛穴の形の状態で周辺に広がってしまうと、毛穴が開いたままのように見えるニキビ跡が残ってしまいます。また、毛穴の形を留めないまま広がっていくと、内部で瘢痕を作ってしまうため凹みが大きなニキビ跡になります。

はるこ先生
クレーター状のニキビ跡は真皮まで炎症が及んでいる証拠なので、セルフケアだけでは改善が難しいとされています。ここまで悪化しないように気をつけなければいけませんね!

【簡単チェック】ニキビ跡の特徴で分かる対処方法を徹底解説!

ニキビ跡はいくつかの種類があります。ニキビ跡をよく観察してみると、色や形の違いがわかるはずです。それぞれの特徴を確認しながら、正しい対処方法を実践することで改善に糸口が見えてきます!

赤や紫のニキビ跡の対処方法

赤や紫色のニキビ跡は、ニキビの炎症が比較的軽い段階で治ったものの跡が残ってしまったのだと考えられます。基本的には自然に跡が消えてくれるのですが、肝心なのはこれ以上ニキビの炎症を悪化させないことです。ニキビの悪化を防ぐこと、新たにニキビができないように心がけましょう。

茶色のニキビ跡の対処方法

茶色いシミのようなニキビ跡が残っている場合には、セルフケアでも改善する見込みがあります。ある程度時間はかかりますが、新しい皮膚が再生するたびに次第に薄くなっていくと考えられます。肌のターンオーバーを意識しながら、セルフケアを続けることが大切です。もちろん、新たにニキビができないようにすることも重要です。

クレーター状のデコボコになったニキビ跡の対処方法

明らかにクレーターのようにデコボコしたニキビ跡が残ってしまった場合は、セルフケアだけでは改善する見込みは難しいと考えられます。クレーター状になっているという段階で、再生できない真皮までダメージが達していると考えられます。セルフケアだけでなく、皮膚科などの病院に相談してみることをおすすめします。セルフケアとしては、これ以上ニキビを増やさないことを心がけてください。

はるこ先生
顔のニキビ跡の対処方法に関しては、それぞれのニキビ跡に応じて正しい方法を詳しく解説します。その前に番外編として、背中にニキビ跡ができた場合についてもご紹介しますね!

背中にニキビ跡ができた場合の対処方法

ニキビは顔だけでなく、背中にもできる場合があります。背中にできるニキビも顔と同様に、ケアを怠っていると跡が残ってしまうので要注意!水着になった時などにニキビ跡だらけで背中を見せられない!という事にならないようにしたいですね。背中ニキビの原因は色々あり、乾燥やストレス、食生活、湿気などが関係していると言われています。ニキビ跡を残さないために、新たにニキビを増やさないためにも以下の点に気を付けながら正しいケアを実践しましょう!

背中ニキビ跡の対処方法

  • 背中ニキビに適した化粧品を使う
  • 食生活に気をつける
  • 湿気対策を実践する
  • 市販薬を使ってみる
  • 皮膚科医に相談する

背中ニキビに適した化粧品について

背中ニキビのケアは基本的に顔と同じです。毛穴に詰まった汚れをしっかり取り除くことと、保湿を心がけることが重要です。そのために適した化粧品は色々な種類が市販されています。ここではその一例を紹介するので、あなたに合った商品を検討してください。背中ニキビ向けの化粧品を選ぶポイントは、

  • 洗浄力が穏やかなボディソープや石鹸を使うこと
  • 保湿力の高いジェルまたはローションでケアすること

この2つの条件を満たす商品を選ぶようにしましょう!

【ねんどのソープ(ボディソープ)】

特徴
  • モンモリロナイト(粘土)で汚れを吸着して落とす
  • 古い角質や皮脂汚れを優しく落とす
  • 保湿成分(植物エキス)配合
主な成分と期待できる効果
  • ヤシ油脂肪酸カリ、オレイン酸カリ、ミリスチン酸カリ:石鹸素地。石鹸の優しい洗浄力で汚れを落とす
  • モンモリロナイト:汚れを吸着して落とす。皮膜を作る
  • カミツレエキス、イリスエキス:保湿成分
価格1,270円

ねんどのソープ

【RITICA(リティカ) ボディウォッシュ クレイ(ボディソープ)】

  • 特徴
  • クレイが汚れを吸着して落とす
  • 空気に触れにくい真空ボトル採用
  • 天然由来の美容成分・保湿成分を配合
主な成分と期待できる効果
  • カリ石鹸素地:石鹸の優しい洗浄力で汚れを落とす
  • ベントナイト:汚れを吸着して落とす
  • タナクラクレイ:天然のスクラブ成分
  • マカダミア種子油、ヒマワリ種子油、ブドウ種子油、ビルベリー葉エキス、マヨラナ葉エキス、タチジャコウソウ花・葉エキス:保湿成分・美容成分
価格972円(税込)

RITICA(リティカ) ボディウォッシュ クレイ

はるこ先生
背中ニキビ用のボディソープはクレイ(天然鉱物・粘土)入りがおすすめ!成分が安定していてアレルギーが少ないし、毛穴に詰まった角質だけでなくてイヤな匂いの元も取り除いてくれますよ!洗浄力も穏やかなので肌に優しいんです♪

【ジッテプラス(ジェル)】

特徴
  • 楽天市場のデイリーランキング1位獲得
  • 医薬部外品
  • 90日間返金保証
  • 保湿力を重視
主な成分と期待できる効果
  • アクシア-トリプルヒアルロン酸:大きさの違うヒアルロン酸とナノセラミドを配合。高い保湿力を誇る
  • ビサボロール:カモミール由来の成分。美白効果
  • グリチルレチン酸2、アーチチョークエキス、スターフルーツ葉エキス:毛穴の黒ずみなどを防いで清浄にする
  • プラセンタエキス、3-0エチルアスコルビン酸、プルーン酵素エキス:美白効果
価格通常価格 6,980円(税込)
定期コース初回 980円(税込)2回目以降4,980円(税込)

ジッテプラス

【ルフィーナ(ジェル)】

特徴
  • 医薬部外品
  • 120日間返金保証
  • 顧客満足度、リピート率が高い
  • 保湿成分・美容成分をたっぷり配合
主な成分と期待できる効果
  • シロキクラゲ、低分子コラーゲン、ヒアルロン酸、カモミラ、月桃葉、スターフルーツ、テンニンカエキス、アマチャヅル:保湿成分
  • グリチルレチン酸ジカリウム:《有効成分》抗炎症作用
  • 水溶性プラセンタエキス:《有効成分》美白効果など
価格通常価格 9,720円(税込)
定期コース 初回2,689円(税込)2回目以降5,918円(税込)

ルフィーナ

【パルクレール(ジェル)】

特徴
  • 有効成分を98.8%配合
  • 薬用ニキビジェル
  • 永久返金保証付き
主な成分と期待できる効果
  • プラセンタ:《有効成分》美白効果など
  • アラントイン:《有効成分》肌の状態を良くする。抗刺激作用で肌荒れを予防。
  • 紫根エキス:透明感を引き出す
  • カミツレ花エキス:保湿・ハリ
  • スクワラン、コラーゲン:ハリ・弾力
  • ヒアルロン酸:保湿
  • トレハロース:保水
価格通常価格 7,200円(税抜)送料648円
定期便パック 4,980円(税抜)送料無料、カラーコントロール付き

パルクレール

【ジュエルレインn(ジェル)】

特徴
  • 美容成分の浸透にこだわり
  • 古い角質を落とす「ピールワン」との併用がおすすめ
  • 60日間の返金保証
主な成分と期待できる効果
  • サリチル酸:《有効成分》肌を柔らかくする、抗菌作用
  • グリチルリチン酸ジカリウム:《有効成分》抗炎症作用
  • ムコ多糖体液:ヒアルロン酸の一種。肌の潤いを保つ
  • アロエエキス、スクワラン:保湿成分。内側から潤いを保つ
  • ローマカミツレエキス、オリーブ油:保湿成分。外側から潤いを保つ
価格通常価格 8,500円(税抜)
※背中ケアプログラム定期コース(ジュエルレインn+ピールワンのセット)
初回限定 5,980円(税抜)
2回目以降 6,480円(税抜)

ジュエルレインn

【メルシアン(ローション)】

特徴
  • 医薬部外品
  • 60日間の返金保証
  • 顧客満足度が高い
主な成分と期待できる効果
  • トレハロース:保湿成分。
  • アーティーチョークエキス:美白作用、エイジング作用
  • 水溶性プラセンタ、ボタンエキス、カッコンエキス:美白作用
  • グリチルリチン酸2K:《有効成分》ニキビ予防
  • テンニンカ果実エキス、カンゾウ葉エキス、ヒメフウロエキス、水解コラーゲン末:ふっくらの肌を目指す
価格通常価格 8,240円(税抜)
※90日間集中定期コース
初回・2回目以降 4,944円(税抜)

メルシアン

【クリアボディローション(ローション)】

特徴
  • 医薬部外品
  • アレルギーテスト・ノンコメドジェニックテスト済み
  • 逆さまでも使える特殊ボトル採用
主な成分と期待できる効果
  • グリチルレチン酸2K:《有効成分》肌荒れを予防
  • トウニンエキス、オトギリソウエキス、桑エキス:保湿・引き締め成分
  • グリコール酸:肌を柔らかくする、角質を取り除く
価格1,296円(税抜)

クリアボディローション

はるこ先生
背中ニキビのケアに役立つ石鹸や保湿化粧品を使うのが自分で実践できる対処方法の一つです。即効性はありませんが、地道にケアを続けることで少しずつ改善していくのが期待できます!

食生活の見直しについて

背中にニキビができる原因は、顔にできる場合と同様に毛穴に皮脂が詰まったり生活習慣の乱れが関係しています。この他に注目したいのが、ホルモンバランスの影響とカビの一種である「マラセチア菌」の存在です。ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが多く分泌されると皮脂が多くなり、毛穴に詰まりやすい環境になります。ホルモンバランスは生活習慣の乱れに比例して崩れがちですが、特に食生活の影響を受けやすいと言われています。

また、人間の皮膚に常在しているマラセチア菌は皮脂を好むため、食生活の乱れが原因で過剰に増えるきっかけにもなります。背中ニキビを改善するためには、食生活の見直しは必要不可欠であることを忘れてはいけません。積極的に摂取したいものと、避けるべきものを覚えておきましょう!

【背中ニキビ対策で積極的に補給したいもの】

栄養素主な働き主な食品
イソフラボン女性ホルモン「エストロゲン」と似た作用をもたらすと言われています。ホルモンバランスを整えて皮脂のバランスを整えます。大豆製品
マグネシウムミネラルの一種で、皮脂が過剰に分泌されるのを防ぎます。海藻類、ほうれん草など
カルシウムホルモンバランスを整え、肌の調子を良くします。乳製品、しらすなど
ビタミンB1皮脂の過剰分泌を抑える役割があります。玄米、豚肉など
ビタミンB6皮脂のバランスを整え、バリア機能をアップする役割があります。レバー、うなぎなど
ビタミンC美白作用、抗酸化作用、コラーゲンの生成など健康的な肌を維持するために役立ちます。緑黄色野菜、柑橘類など
ビタミンE抗酸化作用、ターンオーバーの促進でニキビ予防・改善に役立ちます。アーモンド、大豆など
EPA、DHA血流の改善、ターンオーバーの促進でニキビ予防・改善に役立ちます。イワシ、サバなどの青魚
はるこ先生
これらの栄養素を含む食品を積極的に活用したいものですが、調理法によってはせっかくの栄養素を補給しきれないことも…(T_T)不足しがちな栄養素はサプリメントを活用してみるのもおすすめです!サプリメントについては後ほど詳しく解説しますね♪

【背中ニキビ対策で避けるべき食品】

  • 食品添加物
  • 人工甘味料
  • カフェイン
  • アルコール類

これらは背中ニキビ対策に限らず、健康面で考えてもできるだけ摂取するのを控えたいものです。現代の食生活では完全に取り除くことは難しいので、できるだけ控えることを頭に入れておきましょう!

湿気対策について

背中ニキビの原因になるマラセチア菌は、湿気の多い場所が大好き!さらに、エサとなる皮脂が多いという環境が整ってしまうと、どんどん増えてニキビができるのも当然です。マラセチア菌が好む環境を作らないためにも、湿気対策を万全に整えておきましょう。背中に汗をかいた時には繁殖しやすいので、タオルでこまめに拭き取ったりシャワーで洗い流すようにしてください。また、エアコンなどで空調管理をして最適な湿度を保つのもおすすめです。

背中ニキビ用の薬について

背中ニキビへの効果が期待できる市販薬の使用を検討している場合は、配合されている成分に注目しましょう。様々な成分が配合されていますが、特に効果が期待できるのは以下の成分です。

グリチルリチン酸ジカリウム抗炎症作用が期待できる成分で、炎症を引き起こしている場合に役立ちます。
サリチル酸古い角質を取り除いて肌を柔らかくします。

これらの成分が配合されている市販薬は、比較的軽度の背中ニキビの改善におすすめです。忘れてはいけないのは、背中ニキビの原因になるマラセチア菌はカビの一種ということ。顔にできるニキビの原因菌・アクネ菌への対策と違い、抗真菌剤でなければ効果が期待できない場合があります。あまりにも背中ニキビの状態が悪い場合には、炎症を抑えるステロイド系の薬やかゆみを抑える抗ヒスタミン剤が必要な場合もあります。皮膚科などの病院に行って相談し、適切な治療を受けましょう。

皮膚科では顔のニキビとは違い、背中ニキビの原因になっているマラセチア菌対策の薬が処方されます。基本的には「ニゾラール」などの抗真菌剤の塗り薬が処方されます。いわゆるイミダゾール系の塗り薬は色々ありますが、皮膚科でよく処方されているのは以下のものです。

  • ルリコン
  • ニゾラール
  • アトラント
  • アスタット
  • マイコスポール
  • パラベール

これらの塗り薬を医師の指示に従って塗ります。塗り薬ではあまり効果が見られなかった場合には、「イトラコナゾール」などの抗真菌剤の飲み薬が処方されます。副作用のリスクもあるため、何か異変があった場合に必ず医師や薬剤師に相談してください。

はるこ先生
背中ニキビの対策は、顔ニキビと同じで「毛穴の詰まりを取り除いて保湿を心がける」のが基本!でも、頻繁に背中ニキビが繰り返しできる場合は、原因菌のマラセチア菌対策を徹底するために、抗真菌剤を医師に処方してもらうのが手っ取り早いです。早めに相談することをおすすめします!

【ニキビ跡改善法1・赤や赤紫色の場合】炎症の悪化を抑える化粧品

ニキビ跡の中でも初期段階と言えるのが赤色や赤紫色の場合です。これ以上炎症を悪化させないように気をつけながら、ニキビ跡を一日でも早く改善するために役立つ化粧品について詳しく解説します!

化粧品で赤・赤紫色のニキビ跡が改善する理由

ニキビ跡がなかなか消えない場合は、真皮にまで炎症が到達した場合です。真皮は表皮のさらに内側に存在していて肌の弾力を支える役割があります。でも、ターンオーバーが行われないので真皮まで炎症が届いてしまうとしこりになって自然に消えることはないと先ほども説明しました。

ということは、ニキビの炎症が真皮に到達する前の段階でなんとか食い止めることが重要なんです!赤色や赤紫色のニキビ跡の場合は真皮まで炎症が到達していないので、ターンオーバーの働きによって跡が改善する見込みは十分にあります。そこでターンオーバーを促しながら、新たにニキビを増やさない成分が配合された化粧品を活用するのがおすすめです。

ニキビの炎症を抑える・ターンオーバーを促す化粧品成分

赤色や赤紫色のニキビ跡を改善するために役立つと考えられる成分は以下の3種類です。

成分期待できる効果その他の特徴
ビタミンC
  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • 抗炎症作用でニキビの炎症を防ぐ
  • 活性酸素の過剰生成を抑えて毛穴の炎症を抑える
  • 美白作用
  • ターンオーバーを促す
  • 肌が乾燥しやすくなる場合がある
  • ビタミンCを含む食材やサプリメントなどで経口摂取をするとさらに効果的(1日約80mg)
グリチルリチン酸ジカリウム
  • 抗炎症作用でニキビの炎症を防ぐ
  • 免疫調節作用、肝細胞増殖作用
  • 生薬にも使われる「甘草」由来の成分
  • ステロイドと似た効果があると言われている
  • 経口摂取の場合、稀に腹痛や吐き気
サリチル酸
  • 肌の角質を柔らかくする
  • 角質が硬くなってできる角栓を防ぐ
  • ニキビの初期症状「面皰(めんぽう)」を防ぐ
  • 殺菌作用でアクネ菌を抑制する
  • 副作用は少ないとされているが、正常な皮膚が薄くなる場合がある
はるこ先生
これらの成分が配合されている化粧品の使用をおすすめしますが、その他に配合されている成分のバランスも考慮しながら自分の肌に合ったものを選びましょうね!

赤色・赤紫色のニキビ跡改善におすすめの化粧品5選

赤や赤紫色のニキビ跡を発見したら、今すぐにでも最適な化粧品を使ったスキンケアを始めましょう!ここでは初期段階のニキビ跡ケアにおすすめの化粧品を5種類ご紹介します。あなたの肌質に合った化粧品選びの参考にしてください。

1. リプロスキン(化粧水)

ニキビの後用の化粧水として開発された医薬部外品です。顧客満足度が高く、60日間の返金保証が付いているのも特徴です。

【主な成分と特徴・効果】

配合されている成分特徴期待できる効果
グリチルリチン酸ジカリウム
  • 有効成分として配合
  • 水溶性
  • 漢方の原料にもなっている生薬「甘草」由来の成分
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • 初期の赤ニキビにも良い
  • 何度もニキビを繰り返しにくくなる
アマチャヅルエキス
  • アクアポリンの産生を促す

※アクアポリンとは細胞膜にある水の通り道になるタンパク質

  • 保湿
  • 肌のバリア機能アップ
ダーマホワイト(ワルテリアインディアカ葉エキス、フェルラ酸)
  • ワルテリアインディアカ葉はアフリカで薬としても活用されている
  • フェルラ酸は炎症を抑える作用が期待できる
  • 美白の王様と呼ばれるアルブチンの2倍以上の美白作用
  • シミやくすみを防ぐ
  • メラニン色素の生成を抑える
  • 色素沈着を抑える
プラセンタエキス
  • 有効成分として配合
  • 水溶性
  • 美白作用で透明感のある素肌を目指す
  • 赤色や赤紫色、茶色など色素沈着のニキビ跡にも良い
  • ターンオーバーを促すことで細胞分裂が促され、壊れた肌細胞を修復
スクワラン
  • 肌馴染みが良い天然由来の保湿成分
  • 保湿
  • 肌のバリア機能アップ
米ぬかエキス(米ぬかスフィンゴ糖脂質)
  • 玄米から白米にする際に出た米ぬか由来のエキス
  • セラミドと同様の細胞間脂質
  • 角質に馴染んでセラミドを補強する高保湿成分
  • 美白作用があるフェルラ酸も含む
  • 肌に透明感を引き出すビタミンB群も含む
  • 毛細血管を広げて血行を促すγ-オリザノールも含む
  • 抗酸化作用が高いビタミンEを含む
  • フェルラ酸とγ-オリザノールはポリフェノールの一種で抗酸化作用がある
  • 保湿
  • 美白作用
  • 肌のターンオーバーを促す
  • 抗炎症作用
  • 血行を促して肌に栄養を届きやすくする
  • 抗アレルギー作用

【内容量】

100ml(約1ヶ月分)

【価格】

通常価格 7,500円(税抜)送料500円

定期コース 4,980円(税抜)送料無料

※定期コースの場合は最低4回の継続が条件になります。

リプロスキン

2. ビーグレン QuSomeLotion(化粧水)

様々な肌質の悩みに合わせた基礎化粧品をラインナップしているのがビーグレンの特徴です。QuSomeLotionは、特に保湿力を重視して開発された化粧水です。

【主な成分と特徴・効果】

配合されている成分特徴期待できる効果
ホメオシールド
  • 褐藻由来のエキス
  • 角層を整えて肌を滑らかにする
アッケシソウエキス
  • 塩分を含む湿地に育つアッケシソウ由来のエキス
  • ミネラル・保湿成分を含む
  • 肌のバリア機能アップ
VCエチル
  • ビタミンC誘導体。水に溶けやすくて安定している
  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • 抗酸化作用
  • 肌の調子を整える
EDP3(オリゴペプチド)
  • EGFを安定させる
  • EGFの生産、細胞増殖を促す

※EGF=上皮成長因子。元々人体に存在しているタンパク質の一種。肌のターンオーバーに重要な役割があると言われている

  • 肌のターンオーバーを促す
【内容量】

120ml(約1.5~2ヶ月分・直径3センチくらいを2度付けて朝と夜に使用した場合)

【価格】

5,000円(税抜)

ビーグレン QuSomeLotion

3. ノブACアクティブ(トライアルセット)

臨床皮膚医学に基づき開発された基礎化粧品シリーズです。皮膚科医も推奨している人が多く、病院や薬局でも販売されています。

【主な成分と特徴・効果】

配合されている成分特徴期待できる効果
ビタミンC誘導体
  • 安定性に優れている
  • 抗酸化作用
  • ニキビ予防
  • 美白作用
ビタミンB6誘導体
  • 安定性に優れている
  • 皮脂の分泌を抑えてバランスを整える
ビタミンB2
  • 肌荒れを防ぐ
  • 肌の調子を整える
ビタミンE
  • 美肌に欠かせないビタミン
  • 赤ニキビや黄ニキビ、大人ニキビに良いと言われている
  • 抗酸化作用
  • 保湿
  • 血行促進作用
  • 色素沈着を防ぐ
ヒアルロン酸
  • 肌の潤い維持に欠かせない
  • 保湿
セラミド
  • 肌の水分保持に欠かせない
  • 保湿
サリチル酸
  • 肌を柔らかくするピーリングの役割
  • 古い角質を取り除く
  • ターンオーバーを促す

【トライアルセットの内容】

  • クレンジングリキッド(メイク落とし)
  • ウォッシングフォーム(洗顔料)
  • フェイスローションモイスト(化粧水)
  • モイスチュアミルク(乳液)
  • フェイスローション(化粧水)

5点セット約7日分

【価格】

1,500円(税抜)

ノブACアクティブ

4. プロアクティブ+(トライアルセット)

テレビCMなどの影響で有名なニキビケア用商品です。利用者が多く、継続して愛用している人が男女を問わずにたくさん存在しています。トライアルセットは60日間の返金保証付きです。

【主な成分と特徴・効果】

配合されている成分特徴期待できる効果
サリチル酸・グリコール酸
  • 古い角質を柔らかくする
  • ターンオーバーを促す
グリチルリチン酸ジカリウム
  • 甘草由来の有効成分
  • 抗炎症作用
  • ニキビ予防
ビタミンC誘導体
  • 安定性に優れた有効成分
  • 美白作用
  • 色素沈着予防
  • 抗酸化作用

【トライアルセットの内容】

  • スキンスムージングクレンザー(洗顔料)
  • ポアターゲティングトリートメント(美容液)
  • スキンブライトニングハイドレイター(クリーム)

各30日分。さらに無料プレゼントとして

  • ディープクレンジングブラシ(非売品)
  • スキンクーリングセラム

【価格】

4,900円(税込)送料600円

プロアクティブ+

5. ルナメアAC(トライアルセット)

富士フィルムが独自に開発したナノ化技術を採用し、ニキビを繰り返す肌に必要な潤い成分と有効成分を届けるように工夫されています。サリチル酸を使用していないため、敏感肌にも使える、優しい使い心地も特徴です。

【主な成分と特徴・効果】

配合されている成分特徴期待できる効果

セイヨウナシ果汁発酵液

ヒオウギエキス

ビルベリー葉エキス

アーティチョーク葉エキス

  • 天然植物由来成分
  • 保湿
結晶セルロース(ファイバースクラブ)
  • 毛穴の詰まりを優しく絡め取って洗浄
  • 角質洗浄
カオリン(クレイ)
  • 余分な皮脂を吸着して落とす
  • 角質洗浄

グリチルレチン酸ステアリル

トコフェロール酢酸エステル

  • 有効成分
  • 抗炎症作用
  • 保湿
  • 抗アレルギー作用
大豆リン脂質
  • 女性ホルモン・エストロゲンと似た作用をもたらすイソフラボンを含む
  • 保湿
  • 肌荒れ改善
【トライアルセットの内容】
  • ファイバーフォーム(洗顔料)
  • スキンコンディショナーノーマル(化粧水)
  • ジェルクリーム

各14回分

スキンコンディショナーしっとり(化粧水)2回分

【価格】

1,000円(税抜)

ルナメアAC

はるこ先生
赤色や赤紫色のニキビ跡対策におすすめの化粧品を5種類ご紹介しましたが、いずれもニキビ跡の改善だけでなくニキビ予防にも効果的です。地道なスキンケアがキレイな素肌の維持に役立つと考えましょうね♪

【ニキビ跡改善法2・茶色の場合】ターンオーバーを促す化粧品

茶色いシミのようなニキビ跡は、化粧品を使ったセルフケアでも改善する見込みがあります。シミケアと同様に、肌のターンオーバーを促すのがカギです!茶色のニキビ跡を改善するために役立つ化粧品について詳しく解説していきますね。

化粧品で茶色のニキビ跡が改善する理由

茶色のニキビ跡はシミと同様で、メラニン色素が沈着した状態です。肌のターンオーバーが正常に行われていれば、時間の経過とともに次第に薄くなっていくはずです。でも、肌のターンオーバーが進まなければいつまでもメラニン色素を外に押し出せないため、シミのように色素沈着した跡が残ってしまいます。

そもそもターンオーバーとは、肌の表皮細胞が生まれて角質になって肌を守る役割を果たし、古くなると垢になって剥がれ落ちるという一連のサイクルのことです。この働きが一定の周期で繰り返されるはずなのに、ニキビの炎症を何度も繰り返しているとターンオーバーが行われにくくなります。そこで、ターンオーバーを促す成分が配合された化粧品を使うことで、効率良く肌再生ができる環境が整ってきます。これで、ある程度時間はかかりますが、茶色のニキビ跡も次第に改善すると考えられます。

ターンオーバーを促す化粧品成分

茶色のニキビ跡改善に良いと考えられる化粧品に配合されている、ターンオーバー促進効果が期待できる成分は以下の4種類です。

成分期待できる効果その他の特徴
サリチル酸
  • 肌の角質を柔らかくする
  • 初期ニキビを防ぐ
  • 毛穴に詰まる角栓を予防する
  • 殺菌作用
副作用のリスクは少ないが、皮膚が薄くなる場合がある
ハイドロキノン
  • メラニン色素の生成を抑制
  • メラニン色素を作りメラノサイトを減らす
  • シミの還元作用
  • 以前は処方薬だったが、現在は薬事法改正によって市販でも購入可能に
  • ビタミンCやプラセンタと比較すると10~100倍の美白作用と言われている
  • 副作用で白斑(白く色が抜け落ちた状態)ができる場合も
  • 刺激が強すぎるため敏感肌の人は合わない場合も
  • 酸化しやすい(酸化したハイドロキノンを使うと肌に悪い)
  • 最適な濃度は4%以下が目安
トラネキサム酸
  • 抗炎症作用で肌荒れやニキビの改善
  • メラニン色素の生成を抑制
  • 人工的に合成されたアミノ酸
  • 肝斑にも効果的と言われている
水溶性プラセンタエキス
  • 抗炎症作用
  • 代謝を高めて細胞を活性化させる
  • 自律神経やホルモンバランスを整える
  • 傷ついた組織を修復させる
  • 哺乳類の胎盤由来のエキス。豊富な栄養素を含んでおり化粧品以外にも健康食品などに活用されている

茶色のニキビ跡改善におすすめの化粧品4選

茶色のニキビ跡を改善するためには、ターンオーバーを促す効果が期待できる化粧品を選びましょう。ここではピーリング効果が期待できる化粧水と、美白効果が期待できる美容液を紹介します。

1. ピールローション(化粧水)

【主な成分と特徴・効果】

配合されている成分特徴期待できる効果

サンザシエキス

ナツメ果実エキス

グレープフルーツ果実エキス

リンゴ果実エキス

オレンジ果汁

ライム果汁

レモン果汁

  • 7種類の植物由来AHA(高密度果実抽出液)
  • この後に美容液などを使用すると、肌が柔らかくなって美容成分などが浸透しやすくなると期待できる
  • 合成香料・着色料・アルコール・界面活性剤・パラベン・鉱物油無添加
できるだけ肌に負担をかけずに角質をオフ

【内容量】

100ml

【価格】

3,240円(税込)

ピールローション

2. ホワイトショットCX(美容液)

ポーラが研究を重ねて開発した、美白技術が結集された美容液です。医薬部外品、無香料・無着色、アレルギーテスト済です。

【主な成分と特徴・効果】

配合されている成分特徴期待できる効果
グリチルリチン酸2K
  • 甘草由来成分
  • 抗炎症作用
  • ニキビ予防
ビワ葉エキス(SCリキッド)
  • ポーラ独自の美容成分
  • 肌本来が持っている再生機能に着目して開発
  • 保湿
  • 美白作用
4-nブチルレゾルシン(ルシノール®)※1
  • メラニン色素を生成する酵素のチロシナーゼを抑制
  • 美白作用
アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)※2
  • メラニンの生成を抑える
  • 美白作用

ショウキョウエキス

マジョラムエキス

クジンエキスクリア

  • 植物由来エキス
※1、2と組み合わせた「ルシノール®EX」
  • 美容成分

ヨモギエキス(YACエキス)

レンゲソウエキス(EGクリアエキス)

  • 角層の糖化に着目したポーラ独自の美容成分
※糖化とは体内のタンパク質や脂質と糖が結びついて糖化生成物ができること。糖化によって老化が早まると言われている
  • 保湿
  • 美白作用(くすみの改善)

【内容量】

25ml(朝夜使用で約2ヶ月分)

【価格】

16,200円(税込)

ホワイトショットCX

3. ビーグレン-QuSomeホワイトエッセンス(美容液)

肌のリセット力に着目して開発された美容液です。とろみのあるテクスチャで肌に吸い付くような仕上がりが期待できます。

【主な成分と特徴・効果】

配合されている成分特徴期待できる効果
アルブチン
(ハイドロキノン誘導体)
  • コケモモやウワウルシなどの植物由来成分
  • メラニン色素の生成を抑える
  • 美白作用

ボタンエキス

クズ根エキス

アセチルチロシン
(エバーセルホワイト)

  • 混合抽出液
  • 肌を明るく保つ
  • 美白作用
ポリグルタミン酸
(バイオPGA溶液HB)
  • グルタミン酸を発酵して作る
  • 肌のバリア機能をアップ
  • 保湿
カッパフィカスアルバレジエキス
(キリバース)
  • 海藻由来エキス
  • ハイドロキノン誘導体をサポート
  • 美白作用
  • 抗炎症作用
ハイビスカス花発酵液
  • 植物由来の生命力で肌本来の力を引き出す
  • 抗酸化作用
  • ターンオーバーを促す

【内容量】

15ml(1~2プッシュを朝夜使用で約1ヶ月分)

【価格】

5,000円(税抜)

ビーグレン-QuSomeホワイトエッセンス

4. アスタリフトホワイト(美容液)

美容液としてはもちろん、日焼け止めと化粧下地の機能も発揮します。世界で初めてとなるDeepUVAカット技術を採用した商品です。DeepUVAとは、紫外線の中でも波長が長くて(370~400ミリ)肌の奥まで届く特徴があります。地球上に降り注いでいる紫外線の約50%はDeepUVAで、通常のUVケアでは防ぎきれていません。富士フィルムが開発したD-UVガードは、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤を機能的に結合させてDeepUVAをしっかり防ぐことができます。ちなみに他社製品は混ぜ合せているだけなので効果が薄いとされています。

【主な成分と特徴・効果】

配合されている成分特徴期待できる効果
ナノAMA(ツボクサエキス)
  • セリ科のハーブ「センテラアジアチカ」由来の成分
  • アジアチコシド・マデカッソ酸・アジア酸を組み合わせてナノ化
  • メラノサイトを眠らせる
  • 保湿
  • 美白作用
ビタミンC誘導体
  • 抗酸化作用などの美肌効果が期待できる有効成分
美白作用
ナノオリザノール
  • 米ぬか由来の成分
  • メラニン色素の分解に役立つ
  • 保湿
  • 美白作用

【トライアルセットの内容】

  • パーフェクトUVクリアソリューション(化粧下地)5g
  • エッセンスインフィルト(美容液)5ml

(化粧水、美白クリーム各2包プレゼント)

【価格】

780円(税抜)

アスタリフトホワイト

はるこ先生
茶色のニキビ跡を改善するには、色素を薄くするためにターンオーバーを促すケアが重要です。ターンオーバーを促す成分を重視して配合した基礎化粧品を上手に活用しながら地道にケアを続けましょうね!

【ニキビ跡改善法3・クレーター状の場合】皮膚科や美容外科で治療

ニキビ跡の中で最も治りにくいとされているのがクレーター状のニキビ跡です。肌の見た目がデコボコしてメイクでは隠しきれない状態になるのは避けたいものです。クレーター状のニキビ跡を改善するためには、一般的に皮膚科や美容外科などの病院で治療を行うことが推奨されます。

皮膚科や美容外科でクレーター状のニキビ跡が改善する理由

ニキビの炎症が進行すると、赤ニキビから黄ニキビへとどんどん悪化してきます。炎症が皮膚の表面にある表皮層にとどまらず、さらに奥の真皮層にまで達するとかなり大きなダメージを受けてしまいます。真皮層では肌のターンオーバーが行われないため、皮膚が再生しません。つまり、自然に治ることは難しいと考えられます。真皮層までダメージを受けると、皮膚の表面が凹んだクレーター状のニキビ跡が残ります。ここまで悪化すると化粧品を使ったセルフケアでは完治はほぼ難しいと考えてください。皮膚科や美容外科で専門的な技術を活用した治療を受けた方が改善する見込みがあると考えられます。

皮膚科や美容外科では、さまざまな技術によってへこんでしまった皮膚の組織生成を促します。新しい技術も登場していますが、ここではクレーター状のニキビ跡の治療で採用されている施術例をいくつか紹介します。

クレーター状のニキビ跡を改善する施術例

皮膚科や美容外科では、ニキビ跡の状態や肌質によって行われる施術内容に個人差があります。医師の診察を受け、カウンセリングを行いながら最終的に実施される施術内容が決まります。それなりに費用がかかるため、納得できる形で治療を受けることをおすすめします。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングはニキビ跡の治療で採用される機会が多いです。薬品を使って強制的に肌の角質を取り除く方法で、肌の再生を促してニキビ跡の改善を目的にしています。ケミカルピーリングで用いられる薬品は、肌の状態などを見極めたうえで大きく分けて以下の3種類から選択されます。

薬品の種類特徴
AHA(グリコール酸、クエン酸、乳酸、リンゴ酸などのフルーツ酸)比較的肌に優しいとされている
TCA(トリクロール酢酸)AHAよりも刺激が強い
フェノール最も刺激が強い。ニキビ跡以外にもシワの改善にも役立つとされる

【ケミカルピーリングの特徴】

  • 肌のターンオーバーを促す
  • 比較的浅いクレーター状のニキビ跡にも効果が期待できる
  • 殺菌作用でニキビの原因菌(アクネ菌)を抑制
  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • 肌が柔らかくなるので化粧品などの美容成分が浸透しやすくなる
  • 毛穴が目立たなくなる
  • 強制的に角質を剥がすので、一時的に保湿力が低下する

【ケミカルピーリングの費用】

施術費用や回数は個人差があります。大まかな目安としては、1回あたり5,000円~1万円、定期的に5~10回の施術が必要です。

カーボンピーリング

カーボンピーリングは、カーボンローション(クリーム)とレーザーなどを用いて、毛穴に詰まっている汚れや古い角質を取り除いて肌の再生を促す治療法です。施術の流れは以下の通りです。

  1. 超微粒子のカーボンが含まれているローションまたはクリームを塗布
  2. レーザーまたはIPLの光を照射
  3. カーボンの色素に反応して毛穴の奥にある細胞に熱を与える
  4. 毛穴に詰まっている汚れや古い角質を取り除く
  5. 本来備わっている肌の再生機能を促す

【カーボンピーリングの特徴】

  • 毛穴の詰まりを改善して引き締める
  • 毛穴の奥に熱を加えることでコラーゲンの生成を促して肌を再生する
  • コラーゲンやエラスチンの生成を促してハリのある肌を取り戻す
  • ニキビ跡以外の部分を傷付けずに済む
  • 施術後の腫れや痛みはほとんど感じない

【カーボンピーリングの費用】

目安としては1回あたり2万円前後の費用がかかります。施術回数は3~5回になる場合が多いです。

レーザー治療

クレーター状になったニキビ跡にレーザー光で人工的にダメージを与えることで肌の再生を促す治療法です。レーザー治療についてはさまざまな種類があり、病院によって実施できる内容が異なります。ここでは施術されることが多い3種類のレーザー治療を紹介します。

レーザー治療の種類特徴期待できる効果
炭酸ガスレーザー治療
  • 二酸化炭素で発生した高出力のパルス波で皮膚組織を焼き切る
  • 肌の表面に小さな穴を開けて膿や皮脂を取り除く
  • ほとんど出血しない
  • 白ニキビや黒ニキビ、黄ニキビの改善
  • クレーターの角を削って滑らかにする
ロングパルスYAGレーザー治療
  • ロングパルスYAGレーザー(波長1064nm)を使う治療法
  • 皮膚の奥にまで影響を与え、熱エネルギーを届ける
  • ピーリング(新陳代謝の活性化)
  • 消炎(ニキビ跡の緩和)
  • 脱毛にも活用
フラクショナルCO2レーザー治療
  • 基本は炭酸ガスレーザーと同様
  • 炭酸ガスレーザーとの違いはマイクロドット状に照射できる(広範囲に細かい穴を開ける)
  • 肌のターンオーバーを促す
  • クレーター状のニキビ跡にも良い

レーザー治療に関しては患部の状態や選択する治療法によって異なります。

患部注射

クレーター状のニキビ跡に直接美容成分を届ける方法として選択されるのが患部注射です。肌内部の真皮に細胞再生に関わるEGF(線維芽細胞増殖因子)を直接注射します。EGFの働きでコラーゲン生成が促され、ハリのある肌を取り戻すのが目的です。化粧品の場合は真皮まで成分を浸透させるのは難しいため、有効な成分を直接届けるには効率の良い方法と考えられます。

【患部注射の特徴】

  • コラーゲン生成を効率良く促す
  • コラーゲンが増えるとクレーター状にへこんだ部分がふっくらすると期待できる
  • 肌のハリや弾力を取り戻し、若々しい印象を維持できる
  • 治療は10~15分程度で終わり、ダウンタイムが短い
  • 肌が持つ自己組織再生を目的にした治療法なので安全性が高く効果も長持ちする

【患部注射の費用】

目安は1回あたり1箇所5万円程度です。

はるこ先生
クレーター状のニキビ跡を改善するためには、皮膚科医や美容外科医に相談した方が確実に早いです。ただし、完治するまでには一定の費用や期間がかかるのは間違いないので、しっかりカウンセリングを受けて納得できる形で治療を行いましょう!

【ニキビ跡改善法4・ニキビ跡共通】サプリメントの活用

どのニキビ跡にも共通する改善法としておすすめしたいのが、サプリメントの活用です。体の内側から効率良くニキビ改善に役立つ栄養補給をするためのサプリメントを活用する場合に覚えておきたいポイントをご紹介します。

サプリメントの正しい摂り方について

ニキビの改善に良いサプリメントがあれば、手当たり次第に何でも摂取していれば良いと思っていませんか?それは大きな間違いなので要注意です!あくまでもサプリメントは足りない栄養を補うために活用するものだと考えてください。体に不必要な栄養を取り込んでも良い影響ばかり出るとは限りません。悪い影響が出る場合もあるので十分注意が必要です。正しいサプリメントの摂り方で気を付けておきたいポイントは以下の4つです。

正しいサプリメントの摂り方

  • 1日の目安量をしっかり守る
  • 栄養バランスを考える
  • 天然素材を選ぶ
  • 地道に続ける

1日の目安量を守る

サプリメントには1日の推奨摂取量が記載されています。早く良い効果を得たいからという理由で、推奨摂取量以上を摂取しないように気を付けてください。過剰摂取になると、体に良いどころか悪影響を及ぼす可能性が高くなります。また、普段の食生活で十分な栄養を補えているなら、あえてサプリメントを活用する必要はありません。食生活を見直しながら、自分に必要なサプリメントを選びましょう。

バランス良く活用する

どんなにニキビに良いからといって、栄養が偏ってしまうのは良くありません。ニキビに良い栄養素に気を取られてしまい、他の栄養素をほとんど摂取しない状況は避けたいものです。栄養バランスを考えながらサプリメントと食事の内容を考えるのは難しいかもしれません。具体的にどの栄養素が不足しているのか、積極的に補給すべきなのかをよく考えてみましょう。

天然素材の原材料を使用している

サプリメントに使用されている原材料を確認してみると、天然素材が使用されているものと、人工的に合成された栄養素が使用されているものがあります。どちらも同じ名前の栄養素でも、天然由来と人工合成物は全く違うものだと考えてください。人間の体に入った時に吸収率が良いのは天然素材です。人工合成物は吸収率が悪いため、肝臓に蓄積して悪影響を及ぼす恐れがあるので注意しましょう。

地道に飲み続ける

サプリメントの良さが実感できるまでにはある程度の期間が必要になります。医薬品とは違って即効性がないため、最低でも2~3ヶ月は飲み続けるべきだと考えてください。そもそも肌のターンオーバーは約28日間の周期と言われています。少なくともこの期間が経たなければ肌の変化が感じられないはずです。もしサプリメントがあなたの肌に合っていたら、ターンオーバーの働きで古い角質が取り除かれて少しずつ肌の変化を感じられるでしょう。

ニキビ跡に効果が期待できる栄養素

サプリメントの種類は星の数ほどたくさんありますが、ニキビ跡の改善に役立つ栄養素が含まれているサプリメントを選ぶようにしてください。ここではニキビ跡の改善に役立つ栄養素と1日の推奨摂取量(日本人の食事摂取基準より成人女性を基準)を紹介します。

ニキビ跡の改善に役立つ働き栄養素期待できる効果1日の推奨摂取量

抗酸化作用でニキビの炎症を抑える

ビタミンC
  • 活性酸素を抑制
  • 皮脂の過剰分泌を抑える
100mg
ビタミンE
  • 血流を良くする
  • 色素沈着を防ぐ
  • 角栓の発生を防ぐ
6mg
美肌作用ビタミンB1
  • 皮脂の分泌を抑える
1.1mg
ビタミンB6
  • 新陳代謝・ターンオーバーを促す
  • 角化を防ぐ
  • 皮脂の分泌を抑える
1.2mg
ビタミンB2
  • 角化を防ぐ
  • 皮脂の分泌を抑える
1.2mg
ターンオーバーを促すビタミンA
  • 毛穴の詰まりを改善
  • ターンオーバーを促す
  • 皮脂や粘膜の保湿
700μg
カルシウム
  • 新陳代謝を促す
  • 肌のバリア機能
  • 保湿
650mg
マグネシウム
  • 新陳代謝を促す
  • 肌のバリア機能
290mg
亜鉛
  • 新陳代謝を促す
  • 炎症を抑える
  • 老化を防ぐ
8mg
コラーゲン
  • ターンオーバーを促す
  • 肌のハリを保つ
5~10g(目安)
腸内環境の改善※
食物繊維
  • 便秘の改善・予防
  • 脂質代謝の調整
18g以上
乳酸菌
  • 善玉菌を増やす
ヨーグルトなら200g程度

※腸内環境が整うと血行が良くなって肌に必要な栄養が届くので、結果的にニキビの改善に繋がります。

ニキビ跡の改善におすすめのサプリメント

ニキビ跡の改善に役立つ栄養素が含まれているサプリメントの中で、特におすすめの商品を4種類紹介します。

きらりのおめぐ実

特徴
  • 自然由来の成分にこだわって開発
  • 定期便はいつでも解約可能
  • 満足率が高い
配合されている成分
  • ビフィズス菌(腸内環境を整える)
  • 天然オリゴ糖(ビフィズス菌のエサになる)
  • 食物繊維(腸内環境を整える。とうもろこし由来)
  • 九州産クロレラ(ビタミンやミネラルなどを含む)
  • クチナシの実(抗酸化作用が期待)
  • レスベラトロール(ポリフェノール。抗酸化作用が期待)
  • マキベリー(ポリフェノール。抗酸化作用が期待)
  • ビタミンC・E・B6・B2
価格通常価格 5,400円(税込)
定期便初回 1,980円(税込)
2回目以降 3,980円(税込)

【きらりのおめぐ実の口コミ】

  • 半信半疑で試してみたら…
    すぐには効かないだろうけど…と半信半疑で試してみました。翌日、内側からうるおっている感じがしてすごく良かったんです。「これなら続ける価値あり!!」と続けてみることに!!

    きらりのおめぐ実|美容の為のサプリメント

  • お肌がきれいに
    ニキビ跡が残っていて気になっていたとき、この商品を見つけました。夜寝る前に欠かさず飲んでいると1週間でお肌に変化がありました!! 気になっていたニキビ跡も消えていて、お肌のハリもよくなっていました!!

    Amazon

はるこ先生
きらりのおめぐ実は配合成分にこだわって開発された商品なので、安心して飲み続けることができるサプリを求めている方におすすめ!口コミでも長く愛用しているという意見が多いです。比較的早く何らかの変化を感じる人も多いようです。体が求めている良い栄養素を効率良く補給できるという点でも注目したいですね!

きらりのおめぐ実

緑の知恵

特徴
  • 製薬会社が研究・開発
  • 自然由来の成分配合
  • 4種類のビタミンは1日の推奨摂取量を配合
配合されている成分
  • しそ葉エキス(北海道産。抗アレルギー作用や抗炎症作用、保湿)
  • キウイ種子エキス(ポリフェノールを含む。抗酸化作用)
  • アスパラガス(北海道産。ビタミンCやアスパラギン酸を含む)
  • 米セラミド(国産。保水成分)
  • 植物性乳酸菌(玄米由来)
  • 食物繊維(キダチアロエ由来)
  • テアニン(緑茶に含まれるアミノ酸。リラックス効果など)
  • クロレラ(豊富な栄養を含む)
  • 大豆イソフラボン(女性ホルモンと似た作用。肌荒れの改善)
  • ビタミンC・B2・B6・E
価格通常価格 5,400円(税抜)
定期コース 初回 1,800円(税抜)
2回目以降 3,900円(税抜)

【緑の知恵の口コミ】

  • 心が軽くなった
    とにかく今あるのをなんとかしたいと思ってのみはじめたんですが、痕が残ってしまっていたところもすこ~し薄くなっているような… 今は3ヶ月くらいが経ちましたが、もう悩まなくて良いんだ!って心が軽くなりました。

    緑の知恵(サプリメント)公式サイト

  • 便秘にも良かった
    ニキビに良いそうですが、私には便秘にも効きました。 効果ありだと思います。おすすめ。

    @cosme

はるこ先生
商品名からもわかるように、「緑色の自然由来成分」を原材料の基本にしているサプリメントです。食物繊維や乳酸菌が含まれているので、お腹の調子も良くなったという意見も多かったです。3ヶ月くらい継続して飲んでいる人に何らかの変化が見られるようですね。

緑の知恵

TURURI;BB

特徴
  • 120日間の返金保証付き
  • 美容成分を96%以上配合
  • 自然由来の原材料を使用
配合されている成分
  • アサイー(ポリフェノールやカルシウム、食物繊維などを含む)
  • マキベリー(ポリフェノールを多く含む。ビタミンやミネラルも多い)
  • ザクロエキス(エストロゲンと似た作用。肌の調子を整える)
  • カムカム(ビタミンCを多く含む。肌荒れを予防)
  • ハトムギ(体のめぐりを良くする)
  • コラーゲン、ヒアルロン酸(保湿)
  • 乳酸菌(EC-12。1gあたり5兆個)
  • クロレラ(70種類以上の栄養素、豊富なアミノ酸を含む)
  • 生酵素(112種類の野菜や果物を発酵熟成したもの)
  • ビタミンA・B群・C・D・Eなど12種類のビタミンを含む
価格通常価格 4,400円
定期コース 初回無料 送料500円
2回目以降 3,960円

【TURURI;BBの口コミ】

はるこ先生
返金保証が付いているので気軽に試しやすいのが大きなメリットですね。普段の食生活では不足しがちなビタミンなどの栄養素を考えて配合されているから愛飲している人も多いようです。TURURI;BB​を飲みはじめてから3ヶ月くらいで何らかの変化を実感できる方が多いようです♪

TURURI;BB

体にうれしいマルチビタミン

特徴
  • 全額返金保証付き
  • 食品由来のビタミンを10種類配合
  • 世界レベルの品質管理体制(FSSC22000)
配合されている成分
  • ビタミンB群(パン酵母)
  • ビタミンC(芋類のでんぷん)
  • ビタミンE(植物油)
  • ビタミンD(トウモロコシ油)
  • βカロテン(デュナリエラ)
価格通常価格 2,160円(税込)
初回限定 1,728円(税込)

【体にうれしいマルチビタミンの口コミ】

  • 肌荒れがよくなった
    粒が小さいので飲みやすいのがうれしいですね。 パッケージに書いてる量の野菜や果物と同じビタミンが取れるのは本当かな?って感じでしたけど慢性の便秘と肌荒れが良くなってるので効果はあると思います。

    Yahoo!知恵袋

はるこ先生
本商品に関しては口コミがあまりなかったので利用している人がまだ少ないのかな?と思いましたが、返金保証が付いているのが商品に自信がある!という証なので、安心してお試しできるのが嬉しいですよね。肌荒れやお通じの改善に変化が見られるようです。

体にうれしいマルチビタミン


はるこ先生
サプリメントをニキビ跡の改善に活用する場合には、今回ご紹介したような複数の栄養素をまとめて補給できる商品がおすすめです。飲み始めてもすぐに良い変化が見られないため焦りを感じるかもしれませんが、地道に続けてみることが大切ですよ!

【ニキビ跡改善法5・ニキビ跡共通】肌に良い食事をとる

体の内側からニキビ跡の改善をするなら、サプリメントの力に頼るだけではいけません。食生活は毎日のことなので、きちんと栄養バランスを考えた食事内容にしたいものです。ここではお肌に良い栄養素を効率良く摂取するために抑えておきたいポイントを紹介します。

積極的に摂取したい栄養素

健康的な素肌を維持するために役立つ栄養素として積極的に補給したいのは以下のとおりです。

栄養素期待できる効果主な食材
ビタミンA
  • 毛穴の詰まりを解消
  • 肌のターンオーバーを促す
  • 保湿
  • にんじん
  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • しその葉
  • うなぎ
  • レバー(鶏・豚)
ミネラル


  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • ホルモンバランスを調整
  • 肌のターンオーバーを促す
【カルシウム】


  • 乳製品(チーズ・牛乳)
  • キャベツ
  • にんじん
  • いちご

【マグネシウム】

  • 穀物
  • 昆布

【亜鉛】

  • 牡蠣
  • カシューナッツ
コラーゲン
  • 肌のターンオーバーを促す
  • 新しい肌を作る
  • 酸素や栄養を細胞に届ける
  • 鶏皮・鶏軟骨
  • 牛すじ
食物繊維
  • 腸内環境を整える
  • 脂質代謝を調整
  • さつまいも
  • ごぼう
  • きのこ
  • 豆類
  • 海藻
乳酸菌腸内環境を整える
  • ヨーグルト
  • 発酵食品(漬物など)
ポリフェノール
  • 抗酸化作用
  • ニキビの炎症を防ぐ
  • 肌老化を防ぐ
  • ココア・緑茶など(カテキン)
  • ごま(ゴマリグナン)
  • ぶどう
カロテノイド
  • 抗酸化作用
  • ニキビの炎症を防ぐ
  • 肌老化を防ぐ
  • トマト・スイカ・柿・グレープフルーツ(リコピン)
  • 緑黄色野菜・柑橘類・スイカ(βカロテン)
ビタミンC
  • 抗酸化作用
  • ニキビの炎症を防ぐ
  • 肌老化を防ぐ
  • 皮脂の過剰分泌を防ぐ


  • パプリカ
  • パセリ
  • 柑橘類
  • アボカド
ビタミンE※
  • 抗酸化作用
  • ニキビの炎症を防ぐ
  • 肌老化を防ぐ
  • アーモンド
  • うなぎ
  • いくら

※ごまに含まれるゴマリグナンと一緒に摂取すると、吸収効率が2倍になります。

はるこ先生
これらの栄養をバランスよく取り入れるメニューを考えてみましょう!ただし、調理法によっては食材に含まれている栄養素が失われてしまう場合があるので注意してくださいね。

今すぐ食べたい!ニキビ跡改善に役立つおすすめレシピ

肌に良い栄養素が含まれる食材を使って、今すぐにでも試して欲しいレシピを紹介します。あまり手の込んだ料理は苦手!という人でも簡単に作れるレシピばかりなので、ぜひ参考にしてください。

鶏の水炊き

あっさりとした鶏の水炊きは、とってもヘルシーで美味しいお出しを楽しめます。具材から滲み出たスープをしっかり飲んで、栄養補給してください。

【材料・2人分】

  • 鶏骨付き肉 500g
  • 好きな具材 適量
    • えのき・しめじなどのきのこ類
    • にんじん
    • 春菊
    • 白菜
    • ねぎ
    • 水菜
  • 鶏ガラスープ 4カップ
  • 酒 50ml
  • 塩 少々
  • 薬味(ポン酢、生姜、あさつきなど)

【作り方】

  1. 鍋に鶏ガラスープを入れて煮立たせる
  2. 鶏肉を入れる
  3. アクをとりながら酒と塩を入れて30分くらい煮る
  4. 他の具材を入れる
  5. 火が通ったら完成!
  6. 好みの薬味を使っていただきます

グリーンスムージー

新鮮な野菜や果物が手に入ったら、グリーンスムージーを作っていただきましょう!手軽に美味しくビタミンを補給できます。

【材料】

  • バナナ 1本
  • キウイ 1個
  • りんご 1個
  • ほうれん草または小松菜 1束
  • オレンジ1個またはレモン半分
  • 水または牛乳 1カップ

【作り方】

  1. 材料をカットします
  2. ミキサーに入れて1~2分混ぜます
  3. お好みでハチミツやメープルシロップを加えてもOK!

レバーとほうれん草の炒め物

レバーの独特な臭みが気になる人も、これなら意外と美味しく食べられると思います。鉄分補給にもおすすめです。

【材料・2人分】

  • 鶏レバー 100g
  • ほうれん草 1束
  • にんにく・生姜 各1片
  • ①醤油・酒 各大さじ1/2
  • ②オイスターソース・酒 各大さじ1/2、醤油 小さじ1/2
  • 牛乳・片栗粉・ごま油 適量

【作り方】

  1. にんにくと生姜をみじん切りにしておく
  2. ほうれん草、鶏レバーを食べやすい大きさに切る
  3. 鶏レバーに血の塊が残っていたら水で洗い流しておく
  4. 鶏レバーの水分をキッチンペーパーで吸い取る
  5. 鶏レバーを牛乳に15分くらい漬けてから水で洗い流して水分を切る
  6. ①の調味料と鶏レバーを合わせて15分置き、片栗粉をまぶす
  7. ごま油、にんにく、生姜を火にかけて鶏レバーを入れる
  8. ほうれん草も炒めて②の調味料を加えて炒める

ひじきと大豆の煮物

どこか懐かしい味わいを楽しめるひじきの煮物に大豆を加えてさらに栄養価をアップさせましょう。副菜として常備しておくと便利です。

【材料・2人分】

  • 乾燥ひじき 10g
  • 大豆の水煮 80g
  • にんじん 1/4本
  • 油揚げ 半分
  • だし汁 100cc
  • 砂糖・酒 各大さじ1/2
  • 醤油 大さじ1
  • みりん・油 適量

【作り方】

  1. 乾燥ひじきを水で戻して水気を切っておく
  2. 人参と油揚げは細く切っておく
  3. ひじき、にんじん、油揚げ、大豆を油で炒める
  4. だし汁を入れて煮立ったら調味料を入れる
  5. 水気が無くなるまで中火で煮詰める
  6. 仕上げに少しみりんを混ぜる

アボカドとごま油の和物

簡単にササッと作れるおつまみレシピです。急な来客時にも覚えておくと便利なアイデアレシピです。美味しいのでついつい食べすぎてしまうかも!

【材料・2人分】

  • アボカド 1個
  • ごま油・塩・ブラックペッパー 適量

【作り方】

  1. アボカドを食べやすいサイズに切る
  2. 塩を振って混ぜ、ごま油を入れてブラックペッパーをかける
  3. もしあれば、韓国のりを小さく切って乗せる
はるこ先生
肌に良い食材を活用したレシピのレパートリーを増やしておくほど、ニキビ跡の改善に役立つと考えられます。毎日の食生活を見直しながら、少しずつレパートリーを増やせるようにしたいですね♪

【ニキビ跡改善法6・ニキビ跡共通】正しい洗顔方法を実践

ニキビ跡に役立つ化粧品を使う前に必ず行うのが洗顔です。顔に付着している余分な皮脂や汚れを取り除いてキレイな状態になってから、化粧品を使ってケアするのが基本です。せっかく良い化粧品を使っていても、洗顔のやり方が間違っていると意味がありません。改めて、正しい洗顔のやり方を確認しておきましょう。

正しい洗顔が必要な理由

何度もニキビができるとか、ニキビ跡がなかなか薄くならないと嘆いている人の多くは洗顔のやり方を間違えている場合が多いです。特にニキビができやすい人は皮脂が多いのが原因だと考えてしまい、過度に洗顔をしている傾向があります。過度な洗顔を繰り返していると、皮脂膜や角質層にダメージを与えてしまいます。皮脂膜は肌の水分を保持して乾燥を防ぐ膜で、角質層は肌を守るバリア機能を果たす役割があります。つまり、過剰な洗顔が原因で肌の水分を奪ってバリア機能を低下させているのです。あなたの洗顔方法は本当に間違っていないのか、客観的に見直してみましょう!

正しい洗顔方法について

正しい洗顔方法は以下のチェックポイントをしっかり守ってください。

正しい洗顔方法のチェックポイント

  • 過剰な洗顔はNG!
  • 泡で洗う
  • しっかりすすぐ
  • 洗顔料は自分に合ったものを選ぶ

過剰な洗顔は絶対にNG!

洗顔をし過ぎると、皮脂膜や角質層にダメージを与えてしまいます。肌に残しておくべき皮脂まで落としてしまうので、乾燥肌になる場合があります。乾燥状態を改善しようと、余分な皮脂が過剰に分泌される原因にもなります。結果的に、毛穴に皮脂を詰まらせる場合もあるため注意が必要なのです。また、角質層のセラミドなどの保湿成分まで洗い流してしまうと、肌のバリア機能が低下します。紫外線などの影響を受けやすくなってさらに大きなダメージを受けることになります。回復するまでには数日かかるため、過剰な洗顔を毎日続けていると回復する余裕も無くなるのです。

過剰な洗顔を避けるためには、洗顔料を使って1日3回以上洗わないようにしてください。多くても朝と夜の2回で、基本的には夜の1回だけで十分です。また、手で直接洗わずに洗顔料の泡を転がすようにして洗いましょう。

しっかり洗顔料を泡立てる

泡立つタイプの洗顔料を使う場合は、しっかり泡立てるのがポイントです。できるだけ泡の密度が濃い、濃密泡を作るようにします。泡立てネットがあると簡単にきめ細かい泡が作れるので便利です。泡の洗浄力だけで毛穴に詰まっている皮脂や角質を洗い流すようにしてください。泡を顔に馴染ませる時は、手が顔に触れないようにして泡だけを馴染ませましょう。

泡を残さずにすすぐ

泡を顔全体に馴染ませたら泡を残さないようにしっかりすすぎます。洗い残しがあると肌に余計な刺激を与えるので注意しましょう。すすぎの時には冷たい水ではなく、ぬるま湯を使ってください。毛穴を開かせて余分な皮脂を洗い流すためにも、32度くらいの温度設定にしてください。皮脂は30度くらいで溶け出すと言われています。ただし温度が高すぎると必要以上に皮脂を洗い流して乾燥肌になるので、温度設定は十分注意してください。ぬるま湯を顔にかけるようにして20回以上はすすぎましょう。洗顔後は速やかに化粧水・クリームなどで保湿ケアをしてください。

洗顔料の選び方

自分の肌や体質に合った洗顔料を選ぶのは難しいかもしれませんが、ニキビ予防・改善に役立つ洗顔料を重点的に選びましょう。

  • 乾燥肌を防ぐ保湿成分が配合されている
  • 毛穴の余分な汚れを取り除ける
  • アクネ菌の増殖を抑える
  • 油分が多いクレンザーは避ける

少なくともこれらの条件を満たす洗顔料を選んでください。例えばメイク落としに使う場合は「オルビスのクレンジングリキッド」がおすすめです。

【オルビス クレンジングリキッド】

特徴
  • オイルカット
  • ロングセラー商品
  • お風呂でも濡れた手で使える
主な成分
  • グリチルリチン酸2K~抗炎症作用
  • ヒアルロン酸Na~保湿
  • セリン・グリシン・アラニン~アミノ酸。保湿
  • ローズマリーエキス~保湿
価格1,440円(税込)

オルビス クレンジングリキッド

はるこ先生
正しい洗顔はスキンケアの基本になることを絶対に忘れてはいけません!ニキビ跡を増やさない・改善するためには、適度な潤いを保てる洗顔を心がけましょうね♪

【ニキビ跡改善法7・ニキビ跡共通】生活習慣の見直し

ニキビ跡を改善するために忘れがちなのが、生活習慣の見直しです。毎日の積み重ねがいつの間にかニキビをできやすくしたり、ニキビ跡が治りにくい肌質の原因になっています。「規則正しい生活」が基本だとわかっていても、具体的にどのような生活習慣を目指すべきなのか以下のチェック項目を確認してみましょう。

ニキビ跡を改善するために気をつけたい生活習慣

  • 質の良い睡眠
  • ストレス解消
  • 軽い運動
  • 禁煙
  • UVケア
  • 顔をむやみに触らない
  • ブルーライト対策
  • 正しい洗顔と保湿ケア

上質な睡眠を心がける

普段の何気ない生活の中で重要な役割を果たしているのが睡眠です。日中の疲れを癒すためにも睡眠は欠かせません。私達が眠っている間に体の中ではホルモンが分泌されています。実はこれがニキビ跡の改善に欠かせないのです。

睡眠が必要な理由

しっかり睡眠をとることで、ホルモンバランスや自律神経の調整が行われています。日中に体を動かしている時には交感神経が活発に働き、眠っている時などには副交感神経が活発に働きます。ぐっすり眠っている時には副交感神経が優位になり、疲れを癒して翌日も元気に過ごせるように調整されているのです。

副交感神経が優位になると、筋肉の緊張状態がゆるんで血管が広がり血流も良くなります。全身に必要な栄養をスムーズに送り届けやすい状態になり、不要な老廃物などは体の外に排出されやすくなります。これが肌のターンオーバーに欠かせない働きなのです。寝不足の状態が続くと、副交感神経が優位になれず体の緊張状態が解けません。つまり、肌のターンオーバーが行われにくい環境になります。

また、就寝中は体の成長に欠かせない成長ホルモンが活発に分泌されています。成長ホルモンは肌の代謝を促して古い角質を速やかに排出させる働きもあるので、肌のターンオーバーに必要不可欠です。成長ホルモンを活発に分泌させるためにも、質の良い睡眠を心がけましょう。

質の良い睡眠をとるには

ただ眠れば良いのではなく、「質の良さ」にこだわることが大切です。でも、あまり難しく考えなくても大丈夫です。抑えておきたいポイントは以下の2つです。
  • 毎日6時間以上睡眠時間を確保する
  • 寝始めてから3~4時間で熟睡できる環境にする

これで成長ホルモンの分泌を促してや自律神経のバランスを整えることができます。なかなか寝付けない場合はリラックスできるアロマテラピーを実践したり、ホットミルクを飲むなどの工夫もお試しください。

ストレスはしっかり解消!

現代人はうまくストレスを発散できていない人が多いと言われていますが、ストレスを溜め込むと肌だけでなく体にも良くありません。心身健康な状態で過ごすためにも、スッキリとストレス解消できるようにしたいものです。

ストレス解消が必要な理由

ストレスは体に悪影響を及ぼすことが知られていますが、具体的に以下のような悪影響があると言われています。

ストレスが与える影響その結果こうなる!
メラニン細胞を刺激するホルモンが増える色素沈着(シミ)が発生する
ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモン(エストロゲン)が減る肌荒れ(キメや潤い、ハリ不足)
血流を悪化させる代謝しにくくなり、ターンオーバーされにくくなる
活性酸素が増える肌を酸化させ老化現象を加速させる、メラニン色素が増える

当然ながら、ニキビ跡が改善されにくい環境を作る原因になることがわかります。このような悪影響を避けるためにも、ストレス解消が必要になるのです。

ストレス解消の方法

具体的なストレス解消法としておすすめしたいのが、心と体、両方のストレスを解消することです。人によって最適なストレス解消法が異なりますので、ここでは一例としてご紹介します。

【心(心理的)のストレス解消法】

心のストレスを解消するためには、とにかくリラックスできる時間を作ることが大切です。一日のうち30分くらいでも良いのであなたがリラックスできる事をして過ごしましょう。半身浴をする場合は38~40度でぬるめのお湯に20分くらい浸かってください。好きな香りの入浴剤を使うのもおすすめです。他にも趣味の時間や適度な運動をして過ごすのも良いですね。

【体(物理的)のストレス解消法】

私達の体は、自分では気付かないうちにストレスを溜め込んでいるものです。例えば、満員電車に乗って毎日通勤しているだけでもストレスを溜めこんでいます。真夏はエアコンの効いた涼しい室内と、うだるような暑さの屋外との急激な温度差で大きなストレスを感じています。このようなストレスを避けるためにも、電車通勤を減らして自転車通勤にしたり、夏場は冷房対策・冬場は冷え性対策をして温度変化に耐えるようにしたり、大きな騒音を避けて過ごすなどの工夫が必要です。

軽い有酸素運動を実践!

ストレス解消もできる一石二鳥の方法としておすすめしたいのが、軽い有酸素運動です。運動不足も解消されて健康にも役立ちますが、肌にとっても良い効果をもたらしてくれます。

有酸素運動をおすすめする理由

有酸素運動を行うと、ストレス発散に繋がるのは間違いありません。1日のうち20~30分程度の運動をするだけで、とても良い気分転換になりますよ。また、程よい心拍数になると結構が良くなるので全身にしっかり栄養が行き届きます。肌のターンオーバーを促すこともできるので、ニキビ跡の改善に最適なんです。

他にも汗をかくことで肌の乾燥予防にも繋がり、弱酸性を保ってバイ菌の繁殖を抑える効果も期待できます。汗と一緒に体の中に溜め込んだ活性酸素などの毒素を排出するデトックス効果も期待できます。毒素が含まれているので、汗をかいた後にはシャワーで洗い流すことをおすすめします。

有酸素運動の方法

たっぷりと酸素を体の中に取り込める有酸素運動は色々あります。

  • ウォーキング
  • サイクリング
  • ストレッチ
  • ヨガ
  • 水泳

自分が始めやすい運動で構いませんが、1日20分以上を目標にして毎日地道に続けるようにしてください。最初は誰でも実践できるウォーキングがおすすめです。

今すぐ禁煙を!

もしあなたが喫煙者なら、今すぐにでもタバコをやめる努力をしてください。特にニキビ跡を一日も早く改善したいと本気で思っているならなおさらです。タバコに含まれているニコチンはさまざまな悪影響を及ぼすことが指摘されています。

  • 毛細血管を縮めて栄養や酸素が行き届かなくなる
  • 細胞が酸欠状態に(ヘモグロビンが酸素ではなく一酸化炭素を結合するから)
  • 活性酸素が大量発生する
  • 体内のビタミンCやコラーゲンが激減する
  • 胃腸に悪影響を及ぼす(便秘・消化不良)

これらの悪影響を考えただけでも、明らかに肌や体に良くないことがわかります。いきなり禁煙するのは難しいと思いますので、少しずつ量を減らす努力をしたり、禁煙外来のある病院に相談することをおすすめします。

正しいUVケアの実践

肌の大敵となる紫外線は、メラニン色素を生成させて色素沈着を残す原因になります。大量の活性酸素を発生させてニキビ跡の改善にも影響を及ぼすため、しっかりUVケアをしなければいけません。

UV対策は年中必要!

紫外線対策を重点的に行うのは夏で、その他の季節はあまり実践していない人も少なくないようです。確かに夏は紫外線量が多くなるため、念入りなUVケアが必要です。でも、その他の季節もUVケアは必須だと考えてください。地球には常に太陽の光が降り注いでいる、つまり紫外線が存在しているのです。日差しがあまり強くないという時でもしっかりUVケアをしておくことが大切です。

日焼け止め商品ついて

UVケアで使用する機会が多い日焼け止め商品には、「SPF」と「PA」の表記があります。SPFは紫外線のUV-B、PAは紫外線のUV-Aに対する予防効果を示しています。この数値が高いほど紫外線予防効果が高いことを示していますが、それだけ肌に与える負担も大きくなります。普段は低めの数値で、海水浴など紫外線の影響を強く受けそうな時には高めの数値を使用してください。

【「SPF15・PA+」の場合】

SPFはUV-Bの影響を受けるまでの時間をどこまで伸ばせるかという数値を示しています。UV-Bが人の肌に影響を与えるまでは約20分と言われているため、SPF15と表示されている場合は20×15=300、つまり300分(5時間)は日焼け止め効果が持続するという意味になります。この数値が多くなるほど、日焼け止めの効果が持続する時間が長いことを示しています。

また、PAに付く「+」は最大4つまで表示され、数が多くなるほどUV-Aに対する防止効果が高いことを示しています。PA+の場合は日常生活レベルなら十分です。

その他の紫外線対策

日焼け止め以外にも帽子やサングラスなどを使用してください。日焼け止めクリームを使用した後は、しっかり洗顔をして汚れを落としましょう。どんなに紫外線対策を万全にしていても、少なからず影響があると考えられます。肌のダメージを回復させるために、しっかり保湿ケアを行うようにしてください。

顔を触る癖をやめましょう!

ニキビ跡が気になって、つい手で顔を触ってしまうという癖がある人は要注意です。その行為がニキビを増やし、跡を残す原因になっているかもしれません。手には目に見えないバイ菌がたくさん存在しています。さらに空気中に存在するチリやホコリ、余分な皮脂が組み合わさって毛穴に汚れを詰まらせる原因になります。バイ菌が毛穴に入り込んで大繁殖するとニキビの炎症を引き起こす結果になります。

また、手で顔を触ると余計な刺激を与えてバリア機能を低下させる原因になります。ニキビができて肌が敏感になっている時は、いつも以上にバリア機能が低下しやすくなっていると考えてください。顔を触る癖をやめるようにすると、適度な肌の潤いが保たれてバリア機能をしっかり維持できます。適度な弾力があると毛穴が詰まることもありません。毛穴が詰まらなければニキビの炎症を引き起こす心配も少なくなります。

PC・スマホのブルーライト対策

現代人の生活に欠かせないツールになったパソコンやスマートフォンは、意外なことに肌に悪影響を及ぼす原因になっていると言われています。その原因とされているのがブルーライトの存在です。

ブルーライトとは

ブルーライトは紫外線の次に強いエネルギーを持っているとされている青い光のことです。目の網膜まで達する強い力を持っているため、長時間パソコンやスマートフォンを見ていると目が疲れてしまったり、痛みを伴った経験がある人も多いはずです。ブルーライトの大きな特徴として、紫外線のUV-Bより肌の奥に影響を及ぼすと言われているため、紫外線と同様のダメージを受けるという点に注意が必要です。長時間ブルーライトを浴び続けていると、紫外線を浴び続けているのと同じような影響を受けるため、活性酸素が発生してシミを作らせる原因になります。

正しいブルーライト対策

ブルーライトの影響を受けないためにも、パソコンやスマートフォンの明るさを調整してください。ブルーライトカット機能があるメガネを使用するのもおすすめです。また、紫外線対策と同様に日焼け止めクリームなどを使って肌を守るようにしてください。

正しい洗顔の実践と乾燥対策

生活習慣の中でも直接的にニキビ跡の改善に影響するのはスキンケアです。正しい洗顔については先ほど詳しく解説したので省略しますが、丁寧な洗顔を心がけるようにしてください。洗顔後は念入りに保湿ケアをして乾燥肌にならないように注意しましょう。

正しい乾燥対策

乾燥肌になると肌の水分が失われるのと同時にバリア機能も失われます。刺激を受けやすい状態になって活性酸素がどんどん発生します。活性酸素が増えるほどメラニン色素も増えて、色素沈着が増えていく…という悪循環に陥ります。このような状態を避けるためにも、部屋の湿度は60%を目安にして加湿器などで調整してください。もちろん、保湿成分が配合された基礎化粧品も活用しましょう。

はるこ先生
生活習慣の中で特に気をつけたい内容を紹介したけど、今までの生活をいきなり変えてしまうと余計なストレスを感じるのでおすすめできません。無理のない程度に少しずつ変える努力をして、ニキビ跡を改善し新しく作らない環境を整えていってくださいね!

ニキビ跡を悪化させるNG行動

ニキビ跡を改善する方法を色々紹介しましたが、最後にこれだけは絶対にやってはいけないNG行動も確認しておきましょう。

絶対にNG!ニキビ跡を悪化させる行動

  • 過剰な洗顔
  • 洗顔ブラシの使用
  • 洗浄力が強い洗顔料の使用

必要以上の洗顔はダメ! 

余分な皮脂をしっかり洗い流さなければ!と思うほど、一日に何回も洗顔をしている人も少なくありません。確かに余分な皮脂が落ちてスッキリとした洗い心地になるかもしれませんが、この後が大問題なのです。何度も洗顔をする度に、目には見えないダメージを肌に与えてしまいます。特に皮脂膜にダメージを与えると適度な水分を保持できなくなって、乾燥肌になるのです。乾燥肌になると何とかして潤いを保とうとして、余計に皮脂を分泌させる原因になります。どんなに洗顔をしても、いっこうに肌のベタつきが改善しないと感じている人はこれが原因だったのです。

また、皮脂を分泌させるため毛穴が開きっぱなしの状態になります。そこからバイ菌や皮脂汚れなどが入り込んでニキビを増やす原因になります。一日に何度も洗顔をする行為は絶対にやめましょう!

洗顔ブラシを用いた洗顔

しっかり毛穴の汚れを落とすために、洗顔ブラシを使用している人もいますがこれも良くありません。洗顔ブラシは肌に大きなダメージを与えないように開発されているはずです。それでも、少なからずダメージを与えてしまうのは間違いありません。ニキビ跡を改善したい時に余計なダメージを与える行為は避けたいので、洗顔ブラシの使用は今すぐにやめましょう。

洗浄力の強い洗顔料は使わない

市販されている洗顔料には、必要以上に洗浄力が強い成分が配合されている商品がたくさんあります。特に注意が必要なのは合成界面活性剤が配合されているクレンジングや洗顔料です。界面活性剤は油分と水分を混ぜ合わせて洗浄力を得るために配合されていますが、人工的に作られた合成界面活性剤には強力な洗浄力を持つ成分が含まれている場合があります。

例えば、ラウリル硫酸ナトリウムやラウリル酸アンモニウムは合成界面活性剤の代表的な存在ですが、洗浄力が強すぎるため皮脂膜や角質層を簡単に洗い流すおそれがあると言われています。洗顔後に肌がつっぱる感じがする時には、保湿力が失われてバリア機能がかなり低下している証拠です。洗顔料を選ぶ際には、できるだけ洗浄力が弱い商品を選んでください。

また、油分が多い洗顔料は毛穴に残ってアクネ菌のエサになる場合があります。油分が多く含まれるクレンジングは選ばないようにしてください。

はるこ先生
正しい洗顔のやり方でも紹介しましたが、洗顔は泡だけで優しく包み込むようにして洗うだけで良いです。洗顔のやり方が悪いと、ニキビ跡が治りにくくなることを覚えておきましょう!

自分に合った方法で一日も早くニキビ跡とサヨナラしましょう!

ニキビ跡の種類によって肌が受けたダメージの度合いが違います。受けたダメージから回復できる正しいケアを続けていれば、ニキビ跡は改善できると考えられます。そのためにも、ニキビ跡の状態をよく観察してどのようなケアが必要なのかをしっかり見極めてください。改善するまでにはある程度時間がかかるので、新たにニキビ跡を増やさないように注意しながら地道にケアを続けていれば、きっとあなたのニキビ跡も良くなってくるでしょう!