夏の肌トラブルって日焼けだけと思っていない?実は乾燥警報発動中!

夏の肌トラブルって日焼けだけと思っていない?実は乾燥警報発動中!

夏の肌トラブルといえば日焼けを連想しがちですが、実は一番注意すべきなのは、「乾燥」なのです。「蒸し暑い夏に乾燥?」と思われるかもしれませんが、夏の乾燥を放っておくと大変なことになってしまいます。ここでは、夏の乾燥と対策についてお伝えします。

夏に多い肌トラブル、それは乾燥だった!

夏の肌トラブルといえば、真っ先に日焼けを思い浮かべがちですが、実は一番注意すべきなのは、「乾燥」です。「夏は汗をかいて肌がしっとりしているのに、乾燥なんてするの?」と意外に思われるかもしれませんが、多くの女性が気付かないうちに乾燥肌が悪化しているのです。

肌の乾燥は冬しか起こらないと思っている方も、今一度確認してみましょう。ここでは、夏に乾燥する原因と対策スキンケア方法などについて、私水野が解説していきます。


確かに、気温の変化が激しい春の肌トラブルはニキビ、湿度の低い冬の肌トラブルは乾燥、というイメージがありますけど、乾燥は夏の肌トラブルでもあるんですか?
そうよ、アッキー。夏は日焼け対策だけに集中しがちだけど、実は乾燥肌が悪化してしまう季節でもあるの。今回は、夏の乾燥の原因やスキンケア方法を学んでいきましょう!

夏の肌は乾燥状態、その原因とは?

冬と違い、夏は肌がしっとりしていると感じる人も多いでしょう。しかし、実は夏はとても乾燥しやすい季節なのです。ここでは、夏に肌が乾燥してしまう原因をお伝えします。

夏なのに乾燥…それはバリア機能が低下するから

湿度の低い冬に肌が乾燥するのは、なんとなくわかっていただけるかと思います。では、湿度の高い夏に肌が乾燥するのはなぜでしょうか?それは、肌の表面に備わっているバリア機能が低下してしまうからです。

肌のバリア機能とは、肌表面にある細胞の隙間をセラミドなどの「角質細胞間脂質」がうめることで、異物が隙間から肌の中に入ってくるのを防ぐものです。このバリア機能は、加齢によるセラミドの減少や紫外線などの外的刺激によって低下してしまい、肌荒れや乾燥を引き起こしてしまいます。

特に夏は紫外線によるダメージが強力ですし、べたつくのが嫌だからと保湿ケアをしない女性が多く、バリア機能が衰えてしまい、乾燥を招いてしまうのです。

以下では、夏に乾燥が進んでしまう具体的な原因をお伝えします。

紫外線ダメージ

夏は強力な紫外線が降り注ぐため、UVケアをしっかりしていないと、肌にダメージを与えてしまいます。紫外線でダメージを受けた細胞を取り換えるために、肌の奥にある基底層では新しい細胞がどんどん作られるようになります。新しい細胞が肌表面に上がってくることで古い細胞が剥がれ落ちる流れをターンオーバーといいますが、このターンオーバーがあまりに早く行われると、バリア機能が充分でない未熟な細胞を肌の表面に押し出すことになるため、バリア機能が低下し、乾燥を招いてしまいます。

バリア機能が衰え、紫外線が肌真皮にまで到達すると、ハリや弾力を保っているコラーゲンを破壊することもあり、乾燥だけでなく、老化の原因にもなります。

また、UVケアとして使用される日焼け止めも、乾燥を招くことがあります。SPF50、PA+++などUVカット効果の高い、ウォータープルーフの日焼け止めほど、肌に負担をかけることになり、乾燥を促してしまいます。日焼け止め効果のある成分として、紫外線を吸収して化学反応を起こし、ダメージを和らげる紫外線吸収剤と、紫外線を肌の上で反射させる紫外線散乱剤があります。これらはどちらも化学成分であり、長時間使用することで肌のバリア機能にダメージを与えてしまいます。

このように、日焼け止めの使用によって乾燥が起こることもあります。

顔や体の洗いすぎ

夏は汗をかきやすいため、朝と夜の2回シャワーを浴びるなど、顔や体を頻繁に洗う方も多いでしょう。しかし、ボディソープなどで顔や体を洗いすぎると、汗や汚れだけではなく、必要な皮脂までも洗い流してしまいます。皮脂は肌のうるおいを保つ働きをしていますから、皮脂を洗い流すことで、乾燥を招いてしまいます。

また、必要な皮脂を洗い流してしまうと、「もっと皮脂を出して肌を守らなきゃ!」と肌がどんどん皮脂を作り出すため、テカリの原因にもなってしまいます。

汗のせいで肌質タイプを勘違い

夏は肌がしっとりしているので、乾燥肌とは無縁・・・とお考えの方。その「しっとり」、本当は汗ばんでいるだけではないですか?汗と皮脂は、汗腺と皮脂腺という別の場所から分泌される、全く別の物です。汗をかいているからといって、肌が潤っているわけではありません。

汗で肌がベタベタするからと、皮脂を抑えるためのスキンケアをしていると、必要な皮脂までも奪ってしまい、余計に乾燥を招いてしまいます。

汗の刺激でかゆみ発生

汗は、放っておくと肌に刺激を与え、かゆみをもたらします。汗が蒸発するときには、気化熱によって周りの水分も一緒に奪ってしまうのですが、夏は気温が高いため、より水分の蒸発が激しいのです。肌の水分の蒸発によって肌が敏感になり、かゆみが発生してしまいます。

かゆいとなかなか我慢できず、つい掻いてしまいますが、掻くことで肌の表面を傷つけ、バリア機能が低下し、さらに乾燥を招いてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

湿度の低下した室内

夏は冬に比べると湿度が高く、乾燥とは無縁と思っていませんか?確かに、気象庁が公表している東京の湿度を見てみると、真冬の12~1月の湿度は50%台であるのに対し、真夏の7~8月の湿度は80%近くあり、約30%も違いがあります。こうしてみると、夏は冬に比べて外の湿度が高く、乾燥しにくいように思われますが、問題は室内の湿度にあったのです。

夏の室内はエアコンなどの冷房器具を使用するため、乾燥しがちです。なぜエアコンで空気が乾燥するのかというと、エアコンに内蔵されている熱交換器が、室内の熱を取り除くときに、空気中の水分も一緒に奪ってしまうからなのです。空気中の水分が減少すると、当然湿度も低くなり、乾燥を引き起こしてしまいます。夏は外の湿度が高いからと油断していると、室内の湿度の低さによって乾燥を引き起こしてしまいます。

冷たいものの食べすぎ&飲みすぎ

夏は暑いからと、ついアイスクリームやジュースなどの冷たいものが欲しくなりますよね。しかし、冷たいものをたくさん摂ってしまうと、内臓が冷やされて新陳代謝が落ち、血行が悪くなってしまいます。

栄養は血液によって体中に分配されるのですが、脳や臓器などの重要な器官に優先的に届けられ、肌には後回しになります。血行が悪くなると栄養の分配が遅れ、脳や臓器に届けるのがやっとで肌に栄養が行き届かなくなることもあります。こうして、血行の悪さが乾燥をもたらしてしまいます。

これら夏ならではの行動は、乾燥だけではなく、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

乾燥以外にも起こりやすい、夏の肌トラブル

  • シミ
  • ニキビ
  • シワ
  • たるみ

夏の強力な紫外線を浴びることにより、シミができやすくなります。また、乾燥によって肌のバリア機能が低下することで、肌が荒れてニキビができやすくなります。さらに、紫外線が真皮のコラーゲンを破壊することで老化を招き、シワやたるみを引き起こしてしまいます。

夏のトラブルに必要なお肌のケア方法

夏の肌トラブルを解決するためには、基本のスキンケアを丁寧に行った上で、美白ケアなどを取り入れる必要があります。夏のスキンケアのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

夏のスキンケアも落としすぎない&保湿重視

夏は汗をかきやすく、肌がべたつくことも多いため、ついクレンジングや洗顔を必要以上にしがちです。しかし、過剰なクレンジングや洗顔は余計に乾燥を招いてしまうため、必要な皮脂まで落としすぎるようなスキンケアは避けましょう。クレンジングや洗顔は、ゴシゴシ擦るのはNGです。お肌を労わるように優しく洗ってあげましょう。

クレンジングでメイクを落とし、洗顔で肌の汚れを落としたら、保湿を重視したスキンケアで乾燥から肌を守ります。化粧水で肌を整えたら、セラミドなど保湿成分が含まれた美容液をつけてください。特に乾燥が気になる目元や口元には、乳液やクリームを重ねるのが効果的です。

夏はべたつきが気になる季節ですので、美容液やクリームを使いたくないという人も多いでしょう。しかし、保湿のための美容液や足りない油分を補うクリームを使わなければ、肌は乾燥してしまいます。べたつきを防ぐためには、美容液やクリームは、少しずつつけるように意識してみてください。一度につける量が多いほど、べたつきを感じてしまいます。少量を手にとって伸ばし、少しずつ顔につける。これを数回繰り返すのが、べたつかないコツです。

角質が厚くなっているなら適度な角質ケアを

角質が厚くなると、せっかくスキンケアをしても成分が肌に浸透しづらくなってしまいます。まずはピーリングで余分な角質を取り除いてあげましょう。ピーリングというと、スクラブやゴマージュのようにゴシゴシ擦るものを想像してしまうかもしれませんが、スクラブ入りなどの擦るタイプは、肌を傷つけてしまうため、あまりおすすめできません。擦るタイプではなく、化粧水と同じように塗るだけでOKなタイプや、塗ってから洗い流すジェルやクリームなどのタイプだと、肌を傷つけずにピーリングができます。

ピーリングで余分な角質を取り除くことで、美白成分の浸透が高まり、美白ケアの効果が高まるという嬉しい効果も期待できます。ピーリング直後は肌が乾燥しやすいため、保湿ケアをしっかり行いましょう。

美白ケアも忘れずに

夏の強力な紫外線によってシミができるのを防ぐため、美白ケアもしっかりと行いましょう。美白ケアができる成分には、メラニンを作る指令を出す情報伝達物質の働きを抑えるものや、メラニン色素を作り出す酸化酵素「チロシナーゼ」の働きを抑えるものがあります。有名な美白成分としては、チロシナーゼの働きを抑える医薬部外品であるビタミンC誘導体があります。化粧水などで取り入れることで、美白ケアやニキビ予防になるのでおすすめです。

美白を目指すのであれば、美白用の化粧品は1年中使うのが基本ですが、夏は特に紫外線ダメージを考慮した美白ケアを行うようにしましょう。特に「今日はずっと外にいて、日焼けしちゃったな~」という時には、肌はやけどをしている状態ですから、すぐに冷たいタオルなどで冷やしてダメージを軽減させましょう。日焼けをしてしまった時には、普段使っている化粧品だと刺激が強すぎて肌に負担を与えることもあります。敏感肌用の化粧品を使うなどして、肌を労わるようにしてくださいね。

UVケアをこまめに行う

紫外線対策のためには、UVケアをこまめに行う必要があります。しかし、日焼け止めを朝に一度塗ったきり、何もしないという方も多いのではないでしょうか。日焼け止めを塗り直すのは面倒ですし、化粧も崩れる気がしますよね。そこでおすすめなのが、スプレータイプの日焼け止めです。スプレータイプなら、ファンデーションの上から一拭きし、手で軽く押さえればメイクも崩れません。簡単に重ねることができるため、塗り直しにおすすめです。

また、普段からSPF値やPA値が高い、ウォータープルーフの日焼け止めを使っていると、肌に負担がかかってしまいます。強力な日焼け止めも、時間が経つとUVカット効果が激減してしまうので、強力なものを一度だけ塗るのではなく、肌への負担の少ないものを数回塗り直すのがおすすめです。日焼け止めを選ぶ際には、とにかく強力なものを選ぶのではなく、SPF20~30、PA++程度のもので、肌の乾燥を防ぐ乳液やクリーム状のものを選ぶと良いでしょう。

夏でも加湿器を使う

夏は外の湿度は高いですが、室内はエアコンの使用により湿度が低く、乾燥しやすい状態です。そのため、夏でも室内では加湿器を使うようにしましょう。このとき注意しなければならないのが、加湿器を使うタイミングです。まずエアコンをつけ、室内の温度が低くなってから加湿器を使うようにしましょう。なぜかというと、エアコンと加湿器を同時につけてしまうと、エアコンが室内の熱を取るより先に加湿器から発生した水蒸気を取り除いてしまい、室内が冷えなくなってしまうからです。エアコンと加湿器はタイミングをずらして、上手に併用しましょう。

睡眠で痛んだお肌を再生

傷んだお肌は睡眠中に再生するため、紫外線や乾燥などでダメージを受けやすい夏は、しっかり睡眠を取るようにしましょう。肌を含む体の再生は、睡眠中に血液が巡ることで行われます。起きて活動している間は、思考を支えるために脳に血液が集中し、肌の再生のためにはほとんど使われません。そのため、きちんと睡眠を取らないと肌ダメージが再生されず、肌荒れを起こしてしまうのです。

また、暑くて寝苦しいからと、一晩中エアコンを使用するのは良くありません。肌が乾燥したり、身体が必要以上に冷えてしまいます。暑くて寝苦しい夜には、保冷剤や氷枕を使用するのが効果的です。保冷剤や氷枕をタオルに包み、頭、脇、股など太い血管が通っている部分を冷やすと、暑さを和らげることができますよ。

夏におすすめのスキンケア7選

夏は保湿や美白ケアなど、多くのことをスキンケアで行う必要があります。また、べたつきが気になる季節ですから、スキンケア用品の効果以外に使用感も確認しておきたいですよね。ここでは、夏におすすめのスキンケア用品を7つご紹介します。使用感や保湿度についても載せておきましたので、是非参考にしてみてくださいね。

ノブAC(NOV)

ノブのニキビ対策スキンケアシリーズの中で、特に乾燥対策に特化したものが、ノブACアクティブです。ニキビや肌荒れを予防するだけでなく、うるおい成分であるヒアルロン酸やセラミドが配合されており、肌のうるおいバランスを整えてくれます。特に化粧水は適度にさっぱりとしたテクスチャーなのに保湿はしっかりできるので、夏のスキンケアにぴったりです。初めて使用する方は、メイク落としから乳液までスキンケア用品一式を試すことができるトライアルセットがおすすめです。

商品名ノブACアクティブ フェイスローション
効果ヒアルロン酸やセラミドで保湿ができる、ニキビ対策ができる
使用感さっぱりとしたテクスチャー
保湿度☆☆☆
おすすめ度☆☆☆☆☆
メーカーNOV(ノブ)
おすすめセットノブACアクティブ トライアルセット(メイク落とし、洗顔料、化粧水(モイスト)、乳液、化粧水(ノーマル))
価格1,500円(税抜) ※送料無料
内容量約7日分(メイク落とし20ml、洗顔料15g、化粧水(モイスト)20ml、乳液6ml、化粧水(ノーマル)2ml×2個
有効成分:サリチル酸、アラントイン、塩酸ピリドキシン
その他の成分:水、エタノール、DPG、ジグリセリン、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、ベタイン、ビタミンE、グリコール酸、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、グルコシルルチン、リボフラビン、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、BG、EDTA-2Na、ポリオキシエチレンフィトステロール、ラフィノース、水酸化Na、乳酸ナトリウム液、メチルパラベン
  • ノブACアクティブ フェイスローションの口コミ
    5/5
    30代女性
    サンプルを頂いて使用したところ、本当にニキビケア?と思うくらいしっとりしていて 部分大人ニキビに乾燥+敏感肌の私にはこれはいい!と思わせてくれる商品です。 さっぱりした感じが好きな方には少々重たいかもしれません。 サンプルがよかったので現品を購入しました。使い始めてまだ2日ですがとても合っています。ニキビの効果はまだ解りませんが(2日で治ってしまったら逆に怖いです) 保湿や感触は良いです。乾燥が気になる部分には2回ほど重ね着けしていますが潤います。 (後略)

    @cosme

ニキビケアアイテムなのに、乾燥対策もできるなんて優秀ね♪ 

ノブAC(NOV)の商品ページはこちら

saeru          

敏感肌でも安心して使える美白ケア化粧品としておすすめしたいのが、このsaeruシリーズです。メラニンを黒くするチロシナーゼという酸化酵素の生成を抑え、メラニンを作り出しません。特にクリームはしっかりと保湿して乾燥を防ぎつつ、ダメージを受けた肌に刺激を与えずに美白ケアを行えるのが特徴です。約10日間使用できるトライアルセットを試してみて、肌に合わなければ30日間返品保証を行っているのも安心できますね。

商品名サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト
効果敏感肌でも使えて、メラニンの生成を抑える効果が期待できる
使用感べたつかず、しっとりとしたつけ心地
保湿度☆☆☆
おすすめ度☆☆☆☆
メーカーdecencia(ディセンシア)
おすすめセットサエル トライアルセット(薬用美白化粧水、薬用美白美容液、薬用美白クリーム)
価格1,480円(税込)※送料無料
内容量約10日分(化粧水14ml、美容液8ml、クリーム9g)
【有効成分】アスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸2K
【その他の成分】水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、BG、POE・ジメチコン共重合体、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト、ペンチレングリコール、コウキエキス-2、ムラサキシキブ果実エキス、マロニエエキス、セラミド2、ハトムギ発酵液、ポリメタクリロイル-L-リジン、ローズ水、ローズマリーエキス、α-オレフィンオリゴマー、水酸化K、ショ糖脂肪酸エステル、クエン酸Na、クエン酸、硫酸Mg、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン
  • サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト の口コミ
    5/5
    20代女性
    ニキビ跡を消すことと美白を目的に買いました。 敏感肌でいままで美白のものを使うと肌に合わず痒くなったり、赤くなったりしていました。 でもこれは敏感肌用の美白クリームということで、使って1年半くらいになりますが荒れたことはありません。 (中略) 使った感じはベタつかず、しっとり。 ベタベタが嫌な人におすすめです。 定期でリピートしていて、今のところは変える必要性を感じておりません。

    @cosme

敏感肌でも荒れずに使える美白ケアアイテムは、乾燥が進んで弱っている肌にもおすすめよ♪

saeru の商品ページはこちら

シーボディ

シーボディのプラチナVCというシリーズは、保湿成分コラーゲン生成を手助けする成分が配合されたアイテムのため、肌のバリア機能が衰えている夏のスキンケアにおすすめです。私達の肌に元々備わっているヒト型セラミドという保湿成分が配合された化粧水と乳液で肌を保湿して、バリア機能が衰えてコラーゲン生成能力の落ちた肌に美容液で弾力を取り戻します。特にプラチナVCセラムという美容液は、コラーゲン生成を手助けするペプチドという成分が高濃度で配合されており、バリア機能の回復に効果的です。

化粧水、美容液、乳液が約7日間使用できるトライアルセットは、満足できる効果が現れなかった場合、30日間の返金保証制度を利用できるため、まずはお試しで利用してみましょう。

商品名イデアアクト プラチナVCセラム
効果コラーゲン生成を促し、肌のバリア機能を回復させる
使用感とろみがあるが、べたつかない
保湿度☆☆☆☆
おすすめ度☆☆☆☆☆
メーカーシーボディ
おすすめセットプラチナVCスターターセット(化粧水、美容液、乳液・クリーム)
価格1,000円(税抜)※送料無料
内容量約7日分
水、グリセリン、BG、白金、プラセンタエキス、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、アスコルビルリン酸Na、α-アルブチン、オリゴペプチド-34、ヒアルロン酸Na、紅藻エキス、褐藻エキス、緑藻エキス、メリアアザジラクタ葉エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、カミツレ花エキス、ニンファエアアルバ花エキス、オウゴンエキス、加水分解アルギン、ウンデシレノイルフェニルアラニン、レシチン、ダイズ油、1,2-ヘキサンジオール、システイニルプロアントシアニジンオリゴマー、水酸化Na、クエン酸Na、オレイン酸Na、アルギン酸Na、ポリ-γ-グルタミン酸Na、パルミトイルプロリンNa、ポリアクリル酸Na、キトサン、ナイアシンアミド、セテアリルグルコシド、ヒドロキシエチルセルロース、カラギーナン、PVP、DPG、EDTA、フェノキシエタノール
  • プラチナVCセラムの口コミ
    5/5
    40代女性
    化粧水のあとに使う とろみのあるテクスチャーのブライトニング美容液 とろみはあってもベタつきはありませんので 使い勝手が良くてすぐにお気に入りになりました。 紫外線のみならず コラーゲン生成に着目した一歩先のケア 先進ペプチドといわれるTGP(オリゴペプチド)、プラチナナノコロイド ビタミンC誘導体、アルブチン、薬用プラセンタなどを配合していて コラーゲン生成を助けます。 (中略) こちらの美容液を使用したあとにつける乳液などの浸透性もよく 安心感のあるふっくらとした仕上がりを体感できます。 夕方に何気なく鏡を見たときに肌に触れると 頬の辺りがフカフカしています。 (後略)

    @cosme

コラーゲンが作られるのを助けてくれるのは、嬉しい効果ね! 

シーボディの商品ページはこちら

セラミディアル

私たちの肌にもともと備わっているヒト型セラミド(セラミド1~6Ⅱ)を配合することで、浸透率を高めて保湿に特化したシリーズが、エトヴォスのセラミディアルです。特に、ヒト型セラミドを高濃度で配合したモイスチャライジングセラムという美容液は、保湿力に優れており、乾燥対策にぴったりです。保湿に特化したセラミディアルシリーズを、約2週間試すことができるモイスチャーラインお試しセットは、短期間でも保湿効果が感じられやすいため、おすすめです。

商品名セラミディアル モイスチャライジングセラム
効果ヒト型セラミドが配合されており、保湿力に優れている
使用感べたつかず、サラサラしたつけ心地
保湿度☆☆☆☆☆
おすすめ度☆☆☆☆☆
メーカーエトヴォス
おすすめセットモイスチャーラインお試しセット
価格1,900円(税抜)※送料無料
内容量約2週間分(洗顔石鹸10g、化粧水30ml、美容液20ml、保湿クリーム5g1)
水、グリセリン、ラベンダー花水、BG、1,2-ヘキサンジオール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、スクワラン、ホホバ種子油、メドウフォーム油、シア脂、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ベヘニルアルコール、水酸化K、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール
  • セラミディアル モイスチャライジングセラムの口コミ
    5/5
    40代女性
    乾燥の時期になると頬がツッパリ気になっていました。 テレビで皮膚科医の「乾燥にはセラミドがいい!」というのを聞いて、セラミド配合の製品をいろいろ探しました。 結果は・・・使用から2週間強が経ちましたが、いいです!一日ツッパリ感がありません。 朝晩乾燥時には2プッシュ、湿気のある日は1プッシュして使っています。 乳液のようなテクスチャーです。ポンプ式で出しやすいです。 顔に付けた後は、ハンドプッシュで温めています。 (中略) 値段もお手頃だし、試す価値ありです。

    @cosme

乾燥の時期でも一日中肌がつっぱらないなんて、かなり保湿力が高いことがわかるわね♪ 

セラミディアルの商品ページはこちら

CODINA

CODINAはフランスのオーガニックコスメブランドで、アルガンオイルやシアバターなどが有名ですが、夏におすすめなのは、モイスチャーアロエジェルです。モイスチャーアロエジェルは、日焼けでダメージを受けた肌に働きかけ、炎症を予防することができます。ハワイなど日差しの強い観光地では、お土産屋さんにアロエエキス入りの化粧品が売られているくらいですから、アロエの日焼け鎮静効果はお墨付きでしょう。ジェルタイプなのでべたつきも気になりません。保湿力はほとんどありませんので、アロエジェルで炎症を抑えたあとは、保湿ケアをしっかりしてあげましょう。

商品名CODINA モイスチャーアロエジェル
効果日焼けによる炎症を抑え、肌荒れを防ぐ
使用感さっぱりとしていて、べたつかない
保湿度
おすすめ度☆☆☆☆
メーカーコディナ ジャパン
価格1,800円(税抜)※送料無料
内容量50ml
<全成分>
アロエベラ液汁、トチャカエキス(アイリッシュモス)、グリセリン、香料、クエン酸、安息香酸Na、ソルビン酸K
※香料=天然成分
  • CODINA モイスチャーアロエジェルの口コミ
    5/5
    40代女性
    コディナはフランス発祥のオーガニックブランドです。 日焼け後の炎症や乾燥した時の赤みを帯びた肌に使っています。 ニキビへの塗布も効果があります。 化粧水ですが、ジェル状なので、水分だけ与えるより保湿力があります。 顔、首、デコルテ~ボディと全身に使っています。 ヒンヤリとした使い心地で潤うだけでなく、ハリ感もあります。 (後略)

    @cosme

ひんやりしたジェルが日焼けの炎症を抑えてくれれば、お肌にも安心だし夏は気持ちよさそうね!

CODINA の商品ページはこちら

ビタブリッドCスキン

普段お使いの化粧水やクリームなどに混ぜて使う、ビタミンCのパウダーです。乾燥が気になる肌に塗り込むことで、肌の調子を整える効果があります。この皮膚呼吸により生まれる老廃物と、パウダーに含まれるビタミンCを交換することで、肌の奥までビタミンCを浸透させるそうです。内容量は3gとかなり少なく感じますが、1日2回の使用で約1カ月持つということで、コストパフォーマンスも悪くなさそうですね。毎月届けてくれる定期お届けコースに申し込むと、通常価格より20%お得に購入できます。

商品名ビタブリッドCスキン
効果乾燥や肌荒れを防止する
使用感しっとり
保湿度☆☆☆☆
おすすめ度☆☆☆☆
メーカービタブリッドジャパン
価格6,900円(税抜)※定期購入で申し込むと、5,520円(税込)
内容量

3g

成分
アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、水、セリン、ベタイン、アラントイン、マデカッソシド、加水分解コラーゲン
  • ビタブリッドCスキンの口コミ
    5/5
    30代女性
    化粧水、クリームに溶かして使いました。 溶かすだけでしっかりお肌に馴染みます。 さらさらなのにしっとり。 ベタつきもなくお肌がスベスベになります。 こちらを使って乾燥がマシになりました(*^^*)

    @cosme

化粧水やクリームに溶かして使うだけで、お肌がすべすべになるビタミンCの効果、すごいわ!

ビタブリッドCスキンの商品ページはこちら

ピールローション       

森下悠里さんも愛用していることで話題の、ピールローションプレミアム。ゴシゴシ擦るタイプではなく、化粧水と同じように肌に塗るだけでピーリングができます。古い角質を除去することで、その後のスキンケア用品の浸透率が高まります。ピールローション自体には保湿力はほとんどありませんので、使用後は必ず美容液などで保湿をしましょう。

商品名プレミアムピールローション
効果古い角質をオフして、透明感のある肌に
使用感サラサラとしていて、水に近いテクスチャー
保湿度
おすすめ度☆☆☆☆
メーカーBEAUTY MALL
価格3,240円(税込)※送料無料
内容量100ml
全成分:水、BG、ペンチレングリコール、PCA-Na、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴ果実エキス、オレンジ果汁、ライム果汁、レモン果汁、クエン酸Na、クエン酸
  • ピールローションプレミアムの口コミ
    5/5
    30代女性
    洗顔のあと、いつものスキンケアにプラスするだけで角質ケアできるピールローション。 毛穴をキュッと引き締め、お肌がしっとりつるつるになり、透明感が出る感じ。 ピールローションでも突っ張らないです。 無添加なので、優しい使用感が嬉しいです。

    @cosme

擦らなくても、優しい使用感の化粧水として角質ケアできるのが、お肌に嬉しいわね!

ピールローションの商品ページはこちら

夏の乾燥を秋に持ち越さないようしっかりお手入れしよう

夏に乾燥してしまう原因と、対策するためのスキンケア方法について、わかっていただけたでしょうか?夏に乾燥対策をしなければ、肌のバリア機能が衰え、肌トラブルを抱えたお疲れ肌のまま秋を迎えてしまいます。秋になると外の湿度が低くなり、さらに乾燥してしまうため、夏に受けたダメージは夏のうちに撃退して、秋に持ち越さないようにしましょう。正しく対策をして、健康な肌で次の季節を迎えてくださいね♪