ニキビが潰れた!そんな時は正しい処置で跡になるリスクを減らそう

ニキビが潰れた!そんな時は正しい処置で跡になるリスクを減らそう

ニキビが潰れた!と思ったときは後の祭り…毎回ダメだと思いつつ、つい触って潰してしまうのが悪い癖。今回はそんなあなたに、ニキビを潰しちゃった後の正しい処置方法をお届けします。正しく対処しないと跡になってしまうので、見逃し注意ですよ♪

痛い黄ニキビをうっかり潰した、跡になっちゃう!

「ニキビは潰しちゃダメ!」この言葉、ニキビに悩んでいる人は、一度は言われたことがあるのではないでしょうか。確かにニキビを潰すのは良くありませんが、実は1つだけ潰してもいいニキビがあるらしいんです。それはズバリ…黄ニキビです!

しかし、その黄ニキビも、潰しても良しとするには条件があります。それを守らずに処置をすると、後で大変なことになってしまうんです。そこで今回は、私はるこ先生が黄ニキビの正しい処置方法を緊急特集。絶対にやってはいけないNG行為や、ニキビ跡に良い化粧品もあわせて掲載するので、ニキビに悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

潰れたニキビの処置

最初のコーナーでは、潰れた(潰した)黄ニキビの処置方法についてお伝えします。ニキビが潰れたら、ここにあげる手順でケアをしてください。

血や膿を洗って清潔にする

黄ニキビが潰れたあとは、血や膿が出るので洗って清潔にします。このときの注意点は、消毒液を使わないことです。傷口には消毒液をつけずに、患部を水で洗い流し清潔な状態にします。

黄ニキビを自分で潰すときは、ニキビをつぶす前に消毒液を患部につけます。汚い手や針でニキビをつぶすと、そこから細菌感染するので、ニキビに触れる手やものは清潔にしておきましょう。

潰れたニキビ跡を水で洗わないときは、きれいなティッシュやガーゼで膿を軽くふき取ります。手が汚れたまま触れないように処置してください。

膿が残っているなら、乾燥させる

次は洗った後の処置についてです。​ニキビを潰したところに膿が残っている場合は、そのまま乾燥させます。膿が残ったままの状態で傷を閉じ込めると雑菌が増殖してしまう可能性があるので、そのまま乾燥させます。乾燥中は、患部を手でいじらないように気を付けましょう。

膿が残っていないなら、湿潤療法

​ニキビ跡を洗い流したあと、膿が残っていない場合は湿潤療法がおすすめです。乾燥した皮膚よりは、ある程度水分があったほうが傷口は治りやすいと言われています。湿潤療法は2つの方法があります。

ワセリン+シールで保湿

湿潤療法の1つは​ワセリンによる保湿です。ワセリンは薬局で安値で購入できます。ワセリンを塗った上からシールを貼るとより効果的です。「傷口は消毒液をつけないで、傷は乾かさない」これが傷口を早くキレイに治す秘訣です。

キズパワーパッド

キズパワーパッドは、貼るだけで自然治癒力を高める傷のケア製品で、傷をいち早く治し、跡も残りにくくします。傷口から出てくる体液を保つので、早く治り、痛みも少ないのが特徴です。

絆創膏で保護してもOK

​ワセリンやキズパワーパッドがない場合は、絆創膏で保護するのも良い方法です。絆創膏にはキズパワーパッドほどの治癒力はありませんが、汚れた手で触ったりすることを防ぎ、外部の刺激から傷口を防ぐことができます。また寝ている間も、患部が寝具に触れることで雑菌がつくのを防ぐことができます。

黄ニキビを潰した後にやってはダメなこと

次は黄ニキビを潰したあとに、これだけはやってはダメ!ということを4つあげます。先ほども少し触れた内容のおさらいも兼ねて、一緒に見ていきましょう。

無理やり中身を出す

​黄ニキビを潰したあとに、中身の膿を強い力で無理やり出すのはNGです。特にニキビの芯が出てこないと、つい出てくるまで周辺を押し続けてしまいますが、これはお肌に良くありません。治った後に患部がへこんだり色素沈着を起こす元となります。これを繰り返すと、凸凹のクレーター肌になるので、美容の観点からも取返しがつかなくなります。

消毒

​ニキビを潰したあとには消毒はしないことです。昔は傷ができたら消毒してガーゼをあてる、というのが主流でしたが、現在では消毒液をつけると、治りが遅くなるというのが医学的常識とされています。

消毒をすると傷口に痛みがあり、強くしみます。傷口から出る黄色いシミのようなものには、傷口を治す成分がたくさん含まれています。傷はできたときから自分で治そうしますが、消毒をすることで傷を治すための細胞が死んでしまうのです。消毒で患部がしみるということは、傷口をかえって広げているようなものなのです。ちなみに傷の雑菌は、水で十分洗い流せるとのことです。

というわけで、ニキビを潰したときも同じ理由で、消毒液はつけないほうが治りが早くなります。​

オロナイン・ゲンタシンなどの薬

ニキビを潰したあとには、オロナインやゲンタシンなどの薬をつけるのもNGです。オロナインには消毒液が入っているので、塗る事でかえって治りが遅くなります。また血が出ているうちは、ステロイドやゲンタシン(外用要抗菌薬)を塗るのはご法度です。ゲンタシンはニキビの薬としても知られていますが、血が出ているときに塗ると、傷の治りが遅くなるので注意しましょう。

かさぶたになってもはがさない

​ニキビの部分にかさぶたができても、絶対にはがさないようにしましょう。かさぶたをはがすとニキビ跡がひどくなり、凸凹肌になるきっかけをつくることになります。かさぶたを見ると、ついはがしたくなりますが、お肌のためには触らずにそのままにするのがベストです。洗顔でかさぶたが取れてしまったときには、水できれいに洗って、膿がなければ湿潤療法でケアします。

黄ニキビの治し方、どちらが正解?

次は黄ニキビの治し方についてです。黄ニキビは潰しても良い、という話がある一方、潰さないほうが良いという話もあります。黄ニキビは潰した方がいいのか否か、果たして一体どちらが正解なのか…ここで一回検証したいと思います。

自然に枯れるのを待つ

まずは​黄ニキビは潰してはダメ、という意見です。ニキビが炎症を起こすと、その内部ではアクネ菌や黄色ブドウ球菌といった細菌と白血球が戦っています。この戦いが激しくなると、肌の真皮層にダメージを与えます。そうしたところでニキビをつぶそうと強い力を加えると、真皮層の組織が変化を起こします。このことが凸凹したニキビ跡を作る原因であり、決してニキビは潰してはならないとしています。

この場合は、黄ニキビができたら、手では触れずにそのままにして、自然に枯れるのを待つのが良いと結論づけられています。

潰して膿を出す

次は黄ニキビは潰しても良い、という意見です。その理由として、中の膿をできるだけ早く外に出した方が、治りが良くなるということをあげています。ただし、潰してもいいのはあくまで黄ニキビだけ、皮が薄く、膿がすぐに出てきそうなものだけはOKで、それ以外はNGとしています。

黄ニキビの正しい潰し方の手順は以下の通りです。

  1. ​手を綺麗に洗う
  2. アルコール綿で患部を消毒する
  3. 清潔な針で患部を刺す
  4. 軽い力で押して中の膿を出す
  5. 水で洗い流す(傷があれば消毒はNG)
  6. 湿潤療法でケアをする

この手順を守ってやれば、ニキビの跡も少なく、治りも早いと言われています。黄ニキビ以外の赤ニキビや白ニキビは、絶対にニキビをつぶさないようにしましょう。

アッキー
はるこ先生、結局どっちが正解なんですか?
はるこ先生
この場合はそれぞれ理由があるので、どちらも正解ね。黄色ニキビを潰すときには、手に力を入れずに、綺麗な針で刺すのがポイントです。ニキビ跡を作らないように、優しくケアすることを意識しましょう。

ニキビの潰れた跡や赤みを消す方法

ここからは、ニキビが潰れた跡や、赤みを消す方法についてです。ニキビが潰れると、治った後に赤み、シミ、凸凹などができてしまうこともあります。ニキビ跡の肌トラブルは見た目にも気になるので、ここでは症状別に対策方法をお知らせします。自分にあったケアをして、たまご肌を目指しましょう。さあ、レッツトライです♪

赤み対策

​最初はニキビが潰れた後の赤み対策です。ニキビ跡に浮かぶ赤い斑点は美容の大敵。その改善には2つの方法があります。

紫外線対策をする

 ニキビ跡の赤みを改善するには、紫外線対策が有効です。赤ニキビの色素が皮膚に定着するのは、紫外線の影響があると言われています。紫外線から肌を守ることなく放置すると、シミを作るメラニン色素が肌に沈着し、ニキビ跡が消えにくくなってしまいます。赤みが気になるときは、UVケアはしっかりとしましょう。

ビタミンC入り化粧品を使う

 ニキビ跡の赤みが気になる場合には、ビタミンC入りの化粧品を使うことも有効です。ビタミンCには抗炎症作用があるので、ニキビの炎症を押さえます。また皮脂の過剰分泌も抑制するので、ニキビ予防にもつながります。

ビタミンCにはターンオーバーを促進する作用もあり、ニキビ跡が早く回復することも期待できます。ただし紫外線による色素沈着を起こしている場合は、この限りではありません。ターンオーバーでメラニンの排出は困難なので、ニキビ跡を残さないようにするには外出の際のUVケアが非常に重要です。

ビタミンC入りの化粧品のおすすめは「トランスダーマ」です。この化粧品には、高濃度のピュアビタミンCが含まれ、無駄なく素早く、肌の真皮層までその成分を届けます。​水も油も含まないピュアなビタミンC​が、ニキビ跡の赤みを肌の奥からしっかりケア、毛穴引き締め成分もあるので、凸凹お肌の改善にも役立ちます。

​価格17,280​円(Amazon価格)
​内容量​30ml​

トランスダーマC 30ml(アルロン・ジャパン)

茶色いシミ対策

次は茶色いシミ対策です。 ニキビ跡は最初は赤みを帯びていますが、時間が経つと茶色に変色してきます。茶色に変色したらそれはシミとも呼ばれます。これは紫外線によってメラニン色素が沈着することが原因です。その色素対策は主に2つ。美白ケアとピーリングです。

美白ケア

​茶色いシミ対策のその1は美白ケアです。茶色いシミはメラニン色素が原因で起こりますが、メラニン色素自体は紫外線から肌を守る働きがあるので、紫外線にさらされるほどメラニン色素が色素を作り出します。そのため、シミを作らないためにはUVケアが何より重要で、さらに美白ケアをすることで色素沈着を防ぐことができます。

そこでおすすめしたいのは「ビーグレン-QuSomeホワイトエッセンス」です。この美容液は、紫外線による色素沈着に特化した化粧品です。紫外線対策には肌のリセット力を高めることが何より重要。浸透テクノロジーのQuSomeと、アルブチン(ハイドロキノン誘導体)の2つの成分が、紫外線から肌を守り、肌に潤いを与え、肌のトーンを明るく保ちます。​シミやくすみのない、透明感のある肌を目指したい人におすすめの一品です。

​価格5,000円 
​内容量15ml(1回に1~2プッシュ・朝晩2回の使用で約1ヶ月分)​​

ビーグレン-QuSomeホワイトエッセンス​

ピーリング

​もう一つ、茶色いシミの残るニキビに効果的なのはピーリングです。ピーリングとは、肌に残っている古い角質を、専用のピーリング剤で落とす角質ケアです。古い角質をそのまま放置しておくと、茶色いニキビが消えるまでに年単位の時間がかかります。その間紫外線のダメージが加わると、余計に消えにくくなるので、早期にピーリング剤で落とすのが良いと言われています。

ピーリングの頻度は使用するピーリング剤によって異なるので、使用説明書をよく読んでから使用しましょう。また、ピーリングのしすぎは肌トラブルの原因となるので、適切な頻度で行うことをおすすめします。

ピーリングローションでおすすめなのは「プレミアムピールローション」です。​このピーリング剤は、芸能人の森下悠里さんが使っていることでも有名で、肌表面の老廃物や古い角質を除去して、肌を新しく甦らせると評判の一品です。肌が生まれ変わると輝く力も変わります。ピーリング後は美容成分も浸透しやすくなるので、美白ケアもはかどります。茶色いシミに悩んでいる人は、まずはピーリングから始めてみてはいかがでしょうか。

​価格3,240円 
​内容量100ml

プレミアムピールローション​

陥没跡対策

ラストはニキビの陥没跡対策です。ニキビ跡が陥没してクレーター状態になると、残念ながらセルフケアでは回復が難しいと言えます。本格的にケアするには美容外科に行ってピーリングをしてもらうか、専用化粧品で時間をかけて改善するかの2択になります。

ピーリング

ニキビ跡のクレーターが重症の場合、美容皮膚科の最新治療を受ければ目立たない程度まで回復すると言われています。セルフケアに比べてお値段は張りますが、それでコンプレックス解消できるのであれば、相談してみる価値はあります。

美容皮膚科の治療は様々ありますが、ニキビ跡の陥没が軽症の場合には、ケミカルピーリングが適用されます。自宅で行うピーリングと原理は同じで、専用のピーリング剤を塗って、肌のターンオーバーを促し、肌の再生を促進させます。

重症の場合はレーザー治療が行われることが多く、本格的な治療をすると陥没部分が目立たなくなります。治療法は様々​あり、症状の程度に応じて決めていきます。ニキビ跡の凸凹が目立つ場合には、美容皮膚科でのケアも検討してみましょう。

専用化粧品を使う

​ニキビの陥没あとのケアはしたいけど、美容皮膚科に行くほどではない…という人は、専用化粧品を使ってセルフケアをしましょう。今回おすすめするのは「リプロスキンBASE」です。

これはニキビ後の専用化粧品で、有名ファッション誌や女性誌でも多数掲載されている商品です。独自の浸透テクノロジーで有効成分がニキビ後の凸凹に直接アプローチ。これまで肌の奥まで届かなかった成分も、肌内部に届ける浸透技術の開発に成功しました。これにより潤い成分の吸収力が格段にUP、奥の奥から肌の再生を促します。

​価格2,490円 
​内容量50ml

リプロスキンBASE

ニキビの疑問を解決!Q&A

次はニキビの疑問を解決します。ニキビに関して、よくある3つの質問に答えます。

ニキビを潰した後に汁が出た。これって何?

ニキビを潰した後に出てくる透明な汁は「浸出液」と呼ばれるものです。この浸出液の中には傷を治すための成分が含まれるので、非常に重要とされてます。
そのため、この浸出液が出てきたら患部を清潔にして、乾かすことなく湿潤療法でケアをすると傷の治りが早くなります。


潰したら破裂音がした。心配だけど大丈夫?

膿が溜まったニキビは、潰れる瞬間に破裂音を伴うことはあります。印象に残るほどの音であれば、それだけ肌に衝撃を与えていると捉えたほうが良いでしょう。傷口もそれなりにダメージを受けているので、水で洗い流して清潔にして、その後正しくケアをしましょう。

しこりニキビは潰しても良い?​

中心部に固い芯のあるニキビを「しこりニキビ」と言いますが、これはつぶさない方が良いでしょう。炎症を伴っているケースが大半で、潰すことで症状が悪化します。また潰すことで痛みもあります。しこりニキビは跡に残りやすいので、手で触れるのも避けたほうが良いでしょう。


黄ニキビを作らないために必要なこと

本特集もラストコーナーとなりました。最後にお届けするのは、黄ニキビを作らないために必要なことです。そもそも黄ニキビができなければ、潰した後のケアに悩む必要もなくなります。ニキビの原因は様々ありますが、影響が大きいのは日頃のスキンケアと生活習慣。それを踏まえて!ニキビ予防につながるとっておきのケア方法をお伝えします。

肌のバリア機能を守るスキンケア

ニキビを予防するには、余分な皮脂はとり、毛穴の詰まりをなくすことが基本です。しかし、皮脂をとりすぎるのも問題アリで、必要な皮脂までとってしまうと、肌を守ろうとしてさらに皮脂が過剰分泌します。その悪循環に陥らないように上手にケアをすることが大事です。強すぎるピーリング剤や洗顔料を使用することはNG。肌に優しい成分のものを選びましょう。

また洗顔に並んで保湿も大事です。肌が乾燥すると、潤いを保つために皮脂が過剰分泌します。それがニキビの原因にもなるので、洗顔後の保湿ケアは十分に行いましょう。

ニキビ肌におすすめのケア製品は「ノブACアクティブ(NOV)​」です。この商品はニキビ対策で人気があり、乾燥・敏感肌の人にも支持されている一品。ニキビ有効成分が肌に直接作用して、肌荒れを防ぎます。また独自の保湿成分が、肌にしっとりとした潤いをもたらします。美肌とニキビ予防を同時にしたい​大人女子に向けて開発されたこの商品、こちらにトライアルセット情報を掲載するので、興味のある人はどうぞお試しください。

​価格1,500円(トライアルセット)​
​内容量メイク落とし20ml、洗顔料15g、化粧水(モイスト)20ml、化粧水(ノーマル)2ml×2袋​​、乳液6ml、

ノブACアクティブ(NOV)​

生活習慣の見直し

ニキビ予防をするのに、​スキンケアと並んで重要なのは生活習慣です。不規則な生活習慣を送っているとニキビになりやすく、大人ニキビは体からのSOS信号と言っても過言ではありません。生活習慣の中でもニキビ対策で重要なのは睡眠と食事。睡眠不足になると肌のターンオーバーが乱れるので、早寝早起きはニキビ予防にとっても重要です。​また油分や糖分、刺激物、アルコールの摂りすぎはニキビの大敵。反対に、ビタミン類や緑黄色野菜などの栄養素は、皮脂の代謝に働きかけるので、積極的に摂っていきましょう。

忙しい人は食事が不規則になりがちだと思うので、サプリを利用して栄養補給をしましょう。ニキビ対策でおすすめのサプリは「きらりのおめぐ実」です。このサプリはお肌の凸凹を内側から変える成分が配合され、余分なものを取り除きながら、体の根本からの美しさを目指します。ビタミン、食物繊維も豊富にふくまれているので、栄養補給もしっかりサポートします。

​価格1,980円
​内容量90粒(1袋) 

きらりのおめぐ実​

ニキビは黄ニキビになる前に退治しよう

いかがでしたか。今回はニキビの中でも黄ニキビを中心に、おすすめのケア方法をお届けしました。おさらいになりますが、黄色ニキビは潰しても良いという説はありますが、取り扱いは要注意です。また消毒液をつけるのはNG!という話もちょっと意外でしたね。

黄ニキビは、刺激を与えないように気を付ければ、それほど跡には残りません。しかし、黄ニキビにならないように、あらかじめ予防できればそれが一番。そのために、正しいスキンケアと規則正しい生活はぜひ心がけてくださいね。自分に合ったニキビケアをして、ピッカピカのたまご肌を目指していきましょう☆