黄ニキビの皮膚科治療6つ!早く治すには皮膚科も視野に入れよう

黄ニキビの皮膚科治療6つ!早く治すには皮膚科も視野に入れよう

潰れてしまうと痕に残ることもある黄ニキビは皮膚科での治療がおすすめなんです。とは言えどんな治療が行われるの?とか費用はどれくらい?など気になる事が多いですよね。そんなお悩みに一挙お答え、疑問を解消しちゃいます!!

潰すのはNG!黄ニキビは皮膚科へ

ニキビが化膿してしまい膿を持ってしまった「黄ニキビ」。見た目もカッコ悪いですし、痛みも伴うし、潰してしまいたくなるもの。けれど潰すのは絶対にNGなんです。というのも、この状態のニキビは皮膚の奥の真皮層​に達している事が多く、無理に潰すとクレーター状のニキビ痕が出来てしまう事があるんです。また、色素沈着が起こってしまう事も……。そんな黄ニキビがたくさん出来てしまったら、皮膚科での治療がやはりおすすめ。とは言え、病院に行く前って、どんな治療が行われるの?とか痛みはどうなんだろう?などなど、気になる事がたくさんありますよね。そんな皆様に向けて、皮膚科で行われる黄ニキビの治療やその料金などをご紹介いたします。

黄ニキビの皮膚科で行われる治療6つ

面ぽう圧出

ニキビ治療で行われる治療で最も一般的なものが「面ぽう圧出​」です。圧出というワードが付いている事から、ニキビを潰すのと同じじゃないの?なんて思う人もいるかもしれませんが、似ているようで全く違う内容です。面ぽう圧出​ではニキビの先端に針かレーザーで小さな穴をあけるところから始まります。そのうえで面ぽう圧出​器と呼ばれる専用の器具を用いてニキビの中身を押し出します。最初に小さな穴をあけるという所がポイントで、小さな傷だけで済むんです。無理にニキビをつぶしますと大きな傷が出来て、それがニキビ痕となってしまうんですね。そこが面ぽう圧出​と無理に潰す事の大きな違いです。また、お医者様のもとで、きちんと消毒しながら治療を行いますので、傷口から雑菌が入ってさらに悪化してしまうなんて事も防いでくれます。

ビタミン剤

外部からは面ぽう圧出での治療が行われますが、身体の内部からはビタミン剤による治療が行われる事も。ビタミンB群はお肌や粘膜を保護する働きがありますし、ニキビの原因の一つである皮脂の分泌を適正に保つ働きがあります。またビタミンCはコラーゲンの生成にも重要な役割をはたし、お肌のターンオーバーには欠かせない成分。そういったビタミンを積極的に摂れるようにとビタミン剤が処方される事があるんですね。皆様の状態にあわせて出されるものですので、用法・容量を守ってお飲みください。​​

抗生物質(薬)

細菌の繁殖を抑えてくれる抗生物質、風邪をひいたときなどに病院で処方された経験を持っている人も多いのではないでしょうか。そんな抗生物質はニキビ治療にも効果的なんです。というのも、​黄ニキビはニキビの原因菌であるアクネ菌に加えて、黄色ブドウ球菌​も繁殖しています。それら菌の繁殖を抑えるために抗生物質が使われるんです。塗り薬で処方される事もありますし、飲み薬で処方される事もあります。それらはお医者さんが皆様の症状に合わせて選んでいるものですので、用法・容量を守って使う事が肝心です。尚、抗生物質は使い続けると善玉菌まで殺してしまう事もあるので、治療が終わったらお薬の使用も中止してください。尚、風邪などほかの病気で処方された抗生物質が家に余っているなんて人もいるかもしれませんが、それをニキビ対策用に自己判断で飲んではいけません。そもそもお薬には使用期限がありますし、抗生物質を飲み続ける事で耐性菌が生まれてしまい、必要な時に必要なお薬が使えなくなってしまう事があるんです。必ず医師と薬剤師の指示に従ってくださいね。

ステロイド注射

ニキビの炎症があまりにひどく、顔が真っ赤になっている状態であれば、患部へのステロイド注射が行われる事もあります。注射では塗り薬よりもより効果を発揮してくれるため、即効性をもってお肌の炎症を鎮めてくれるんです。お肌の炎症が続くと、その分お肌の真皮と呼ばれる部分にダメージを受ける事になります。真皮にダメージを受けますとニキビが治ってもニキビ痕が残る事になってしまいます。そうならないために、とりあえず炎症を抑えるという事も重要なんですね。ステロイドを注射すると、1日程で炎症は治まってきます。ニキビによる痛みもそれと共にひいてきますよ。ステロイド注射は必ず行われるわけではありません。あまりにニキビの炎症がひどい場合の奥の手のようなものです。

ホルモン療法

ニキビの原因となる皮脂の分泌。これは主に男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンというと女性は無関係なようにも思えますが、そんな事はありません。男性も女性ホルモンはある程度持っていますし、女性でも男性ホルモンはある程度持っているものです。男女問わず、男性ホルモンの分泌量が増えますと、それによって皮脂腺が刺激されます。皮脂はお肌を守るのにある程度は必要なものですが、必要以上に分泌されますと、毛穴を塞いでニキビが出来てしまう事もあるんです。男性ホルモンが刺激される理由は様々ですが、生理前にホルモンバランスが崩れたり、あるいはストレスなどに依っても刺激されます。そんなホルモンバランスの乱れを抑えるのがホルモン治療です。主に低用量ピルによって行われます。ピルは副作用が心配という人も多くいるかと思いますが、最近のピルは副作用による頭痛などはしっかりと抑えられていますのでご安心ください。ただし、用法・容量を正しく守ってご利用くださいね。不安がある人は薬剤師さんにしっかりと相談しましょう。

漢方薬

最近のニキビ治療には漢方薬も用いられるようになりました。漢方薬には炎症を抑えてくれるものや、ホルモンバランスを整えてくれるもの、老廃物の流れを良くするものなど様々。それらをうまく使う事によってニキビ治療に繋げてゆこうというものです。とは言え、漢方薬は西洋医学と比較して効果が現れるまでに時間がかかるもの。ですので、面ぽう圧出​などの処置とうまく組み合わせる事によって効果を発揮してくれます。

はるこ先生
黄ニキビであったり、広範囲に赤ニキビができてしまいますと、真皮と呼ばれるお肌の深い部分にも影響が出てしまうんです。そうなってしまうとニキビが治ったあとも、ニキビ痕がクレーターのように残ってしまうんです。そうならない為には早め早めに対策する事が肝心なんです。皮膚科を受診しますと、上記のように面ぽう圧出やお薬による治療が行われます。ニキビの治療が行われるのは皮膚科のみではありません。続いては美容皮膚科によるニキビ治療について見て行きましょう。

美容皮膚科で行われる治療法3つ

イオン導入

シミやタルミといった美容に関する処置を専門に実施している美容皮膚科。もちろんニキビやニキビ痕へのケアも実施しています。そういった美容皮膚科で実施される治療で最も一般的なものが「イオン導入」です。名前は聞いた事があるけど、どんな治療なの?という人も多いですよね。イオン導入とは電気の力で肌の奥まで美容成分を届けるための技術です。ニキビの問題はお肌の奥でおこった事が表面に出てきているような状態ですので、肌の奥まで成分を届ける事ができるイオン導入が効果的なんです。イオン導入は電気の力で有効成分を届けるため、針などで皮膚の表面を傷つける必要が無いという点も魅力の一つです。

レーザー治療

ニキビ治療にレーザーが用いられる事もあります。ニキビには皮脂などが溜まってしまっていますので、それをレーザーの力によって除去するという手法です。またさらに特定波長の光を照射する事によりニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌します。その結果として、新しいニキビをできにくい環境に整えてくれる効果も期待できるんです。その他、レーザーによる治療は凸凹になってしまったニキビ痕の治療にも使われます。

ケミカルピーリング

お肌の表面にある細胞は一定の期間で入れ替わります。いわゆるターンオーバーと呼ばれる作用です。そのターンオーバーを促進する方法がケミカルピーリングです。お肌の表面を溶かす薬品を塗る事により、新しいお肌を作るのを促進するんです。ニキビで痛んでしまった皮膚も一掃してくれます。ケミカルピーリングを実施した後にイオン導入によって有効成分を浸透させるという合わせ技も良く用いられます。炎症して赤くなってしまったお肌もスッキリ生まれ変わる事ができますよ。毛穴に詰まった皮脂も一掃できます。そんなケミカルピーリングはニキビ治療だけでなく、毛穴のたるみ、シミ・くすみの治療などにも用いられる手法です。

はるこ先生
美容皮膚科ではイオン導入やケミカルビーリングなど通常の皮膚科では実施できないような治療も行われるんですね。ただし、皮膚科では保険診療なのに対して、美容皮膚科では自由診療ですので、料金が大きく異なってきます。続いて、それぞれの料金がどれくらいなのかの目安について見て行きましょう。

いくらが目安?治療法で変わる料金

保険が適用されるもの

皮膚科でのニキビ治療は基本的に保険の適用範囲内となります。面ぽう圧出​​をして、お薬をもらって、1,000円~2,000円程の料金となるはずです。お薬もついてこの価格ですので、下手に薬局でニキビ治療薬を購入するよりも結果的に安くなるなんて事もしばしば。おまけに治療が早く済んで、痕になりにくいのですから言う事はありません。

保険適用外のもの

美容皮膚科でのイオン導入やケミカルピーリングといった治療は基本的に自由診療、保険の適用外となります。というのも「美しさ」を求めるための治療という位置づけとなるからです。逆に言えば、それだけ最終的な美しさには効果が期待できるという事。どうしてもキレイなお肌を手に入れたいという場合にはトライしてみてください。価格はクリニックによって違いますが、複数の治療がセットになって10,000円前後というのが一般的なようです。

はるこ先生
ここに上げた料金はあくまでも目安。美容皮膚科でもクリニックによっては保険の適用範囲内での治療ができるところもあるため、一概には言えません。気になるクリニックがあれば、どれくらいの費用がかかるのかなど、質問してみるのもおすすめです。

皮膚科・美容皮膚科での治療がオススメの理由

黄ニキビの周りに炎症が広がる

黄ニキビはニキビの最終形。アクネ菌に加えて黄色ブドウ球菌​も繁殖してしまっている状態です。その状態では、黄ニキビだけでなく、周辺に炎症が広がって、お肌が真っ赤になってしまう事も良くある事。それは真皮層​に​まで悪影響を与えてしまい、ニキビの痕として後々ずっと気になる事になってしまう事もあるんです。ですので、ニキビケアで大切な事は、早め早めに対応して、将来に痕を残さない事なんです。ですので、ニキビがあまりにひどく、黄ニキビが出来ているような状態になってしまった場合には皮膚科・美容皮膚科でしっかりと治療しておくことがおすすめなんです。

潰れてしまう可能性がある

黄ニキビは潰してしまうと痕に残ってしまう事もしばしば。触らないように、潰さないようにと気を使っていても、無意識に触ってしまったり、寝ている時に枕にこすれてしまったりと思わぬ原因でニキビがつぶれてしまう事もしばしばなんです。潰すつもりはなかったのに……、なんて言っても後の祭り、ニキビ痕が残ってしまうかもしれません。やはりニキビ対策は早め早めがおすすめです。

はるこ先生
たかがニキビ、病院に行くほどじゃないなんて思いがちですが、あまりにひどくなってしまいますと、痕に残って、将来的にもずっと気にしなくちゃならなくなってしまいます。そうならないように、病院の受信も視野に入れてみてくださいね。気になる治療費だって、通常の皮膚科であれば案外安く済むもの。市販薬を購入するよりもむしろリーズナブルかもしれません。


治療に加えて、日常生活で気を付けておきたい事って!?

​洗顔は優しく

​ニキビケアには洗顔が欠かせません。とは言え、顔の皮脂が気になってついついゴシゴシとなんて事はNG。あくまでも優しく優しく洗ってあげる事が肝心です。特に黄ニキビが出来てしまっている場合には、潰さないようにそっと優しく洗う必要があるんです。そのためにはしっかりと泡立てる必要がありますし、洗顔をしっかりと泡立てるためにはまずは手を石けんでキレイに洗う必要があります。優しく泡で洗った後は、洗顔料をしっかりと洗い流し、清潔なタオルで優しく拭くようにしてくださいね。お肌を清潔に保つ事も重要なポイントです。皮脂が気になるからといって、何度も何度も洗いすぎるのは良くありません。というのも皮脂はお肌を守るための役割も担っているため、洗い流されるとその分皮膚は補充しようとします。あまりに洗い流し過ぎると皮脂の過剰な分泌につながってしまうんです。

生活スタイルの見直しも

不規則な生活や、食生活の乱れもニキビの原因となってしまいます。それを正すためには早寝早起きを心がけ、3食きっちりとバランス良いお食事を摂る事が何より肝心。細かな事ですが、それを続けてゆく事によって、だんだんとニキビ改善効果が期待できますよ。その他、ちょっとした運動も生活スタイルを整える事に効果的。一駅分歩いてみたり、出来る限り階段を使ってみたり、無理のない範囲で心がけてみてください。ニキビ改善だけでなく、身体の引き締め効果だって期待出来ちゃいますよ。さらにはストレス解消効果だって期待できますので、ストレスによるニキビの解消につながるかもしれません。生活スタイルを見直す事によってお肌の好循環を手に入れちゃいましょう。

早く治すなら皮膚科治療も選択肢に

​ニキビなんか、これぐらいで病院に行くなんて……と思いがちですが、痕に残らないようにするためには早め早めの治療が肝心です。特に黄ニキビにまで成長してしまって、周辺も赤く炎症し得てしまっているなんて場合には病院での治療も選択肢に入れてみてください。キレイに治ればそれだけでも気分がスッキリしますし、あの嫌な痛みからも解放されますよ。