ニキビは触らないほうがいい?触って悪化した口コミと触る癖の治し方

ニキビは触らないほうがいい?触って悪化した口コミと触る癖の治し方

ニキビは触らない方が早く治るようですが、ニキビのタイプによっては潰した方が早く治ると言われています。しかし間違った方法で自分でプチッと潰してしまうと跡が残ってしまうリスクもあります。ニキビの適切な扱い方や改善法で綺麗な肌を取り戻しましょう!

「ニキビは触らない方がいい」本当?

ニキビができてしまうと痛痒いこともありつい触ってしまいます。また特に違和感を感じなくても癖がついたかのように潰したりしてしまうこともあるでしょう。さらに膿んだ黄ニキビでは、目立ってしまうのでメイクでカバーしたりしてしまいます。しかしこのような間違った扱い方をしていると、治りが遅くなったり悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

ニキビは治療をする時以外には必要以上に触らないことが基本です。うっかり触ったり、潰してしまうとどうなるのか、ここでチェックしながら正しいスキンケアを実行して肌に負担をかけずにニキビを治しましょう。

アッキー
ニキビを触るのはバイ菌がついてしまうからやめよう!とは思うのですが、つい触ってしまいます。はるこ先生ニキビの正しい治し方を教えてください!
はるこ先生
ニキビは適切なケアで治せば色素沈着などのニキビ跡を防止することができるし、早めに改善することができるわよ。触ってしまう癖をやめて正しいスキンケアでしっかり治しましょう!

ほっとけば治るニキビを触って悪化

よほど酷くないニキビなら基本的には放っておけば自然に治るものもあります。しかし一つでもニキビができてしまうと気になっては潰したり、コロコロと無意識に触ってしまうもの。でも軽症のニキビは触らなければ、そのままにしておくとだんだん小さくなって消えていくものです。そんな大したことのないニキビを頻繁に触ってしまうと下記のような状態になってしまうこともあるので気をつけましょう。

触ってたらいつの間にかニキビ増えた

ニキビができている時はマッサージはお休みましょう。ニキビに手や爪についている雑菌が入りやすくなり、またニキビに刺激的なマッサージクリームなどを使用していると、さらに悪化してしまいます。

楽しいから潰し続けたら凸凹ニキビ跡

むやみにニキビを潰してしまうと角質細胞がダメージを受け、色素沈着やクレーターになってしまうので気をつけましょう。一瞬ニキビがぺったんこになっても決して治ったわけではないので優しく扱ってください! 

膨らんでるニキビを触って潰すと血が

ニキビを触ったら出血したという口コミがたくさんありました。黄ニキビなど潰してしまった時に毛細血管にダメージを与えて内出血を起こしてしまっては赤みや色素沈着を起こしてしまう原因になります!


早く治すには潰した方がいい、の真実

ニキビを潰すのはよくないと言われていますが、ニキビのタイプによっては潰してもいいものもあります。ニキビを早く治そうと自己判断で不適切な方法で潰してしまうと、凸凹のニキビ跡が残ったり皮膚内で出血が起こっては色素沈着を起こしてしまうので、しっかり綺麗な肌に戻るように皮膚科で治療することをオススメします。

ニキビには潰すと悪化する種類がある

①白ニキビ

ニキビの初期段階である 白ニキビは皮脂が溜まっている状態です。放っておくと炎症を起こして赤ニキビや皮膚の奥底に炎症が起こる膿の持つ黄ニキビになってしまうので早めに潰した方が良いと言われています。


③黒ニキビ

角栓が詰まっている黒ニキビを潰しても簡単に改善できません。それだけにぎゅーぎゅーと指で押しつぶして皮膚にダメージを与えては、雑菌が侵入して炎症を起こしたりニキビを作ってしまうことがあります。 


④赤ニキビ

炎症を起こしている赤ニキビをわざと潰すと刺激を与えてしまいニキビを悪化させるのでやめましょう。


⑤黄色ニキビ

 黄ニキビには真皮層に炎症を起こっているので、潰すと内出血を起こして色素沈着や赤みなどが残りやすくなります。またニキビが治ってもクレーターのように肌を凸凹になりやすくなるので注意しましょう。

潰す方法は自分では難しいものばかり

自分でニキビを潰すのは間違ったニキビを潰してしまうリスクが多いことや、潰すことばかりこだわってはその後の肌の状態など考えず思わぬニキビ跡を残してしまうことも多いものです。針や市販で購入できるコメドプッシャーなどを使用することができますが、いずれも専門家の知識なしで行うのは控えましょう。

その方法に医学的根拠はあるのか

白ニキビは潰すと早く治ると言われていますが、医学的な根拠がないニキビ治療商品がたくさん販売されているのも事実です。ニキビが一つ、たまにできるくらいなら放っておく気にもなりますが、思春期や普段からニキビができやすい人はつい試したくなるものです。しかしすぐにニキビが消えたとしても、ニキビ跡が一生残ってしまうことを考えるとオススメはできません。

ちょっとした注意がすべすべ肌に繋がると思って、宣伝に流されないようにしましょう。そして良さそうな商品を見つけた時には一度口コミなどでその使用感や結果をじっくりチェックすることが大切です。

「治った」という勘違いがキケン

ニキビを潰すと膿や皮脂が出るので一瞬ぺったんこになり治った!とハッピー気分になります。しかしこの瞬間は完治したとは言い切れないのが事実です。黄ニキビの膿の場合は、内出血を起こして血も出ることがあり、このことが翌々ニキビ跡となって返ってくることがあります。

また、白ニキビで皮脂を出した後には、毛穴が開いた状態になっているため、そのままに放置しておいて雑菌が侵入しては炎症を起こしてしまうのでアフターケアを忘れずにすることが大切です。


触ってしまう「触る癖」を治すには

ニキビに触るのはよくないとはわかっているけれど、気づくと触ってしまうという癖がついてしまった時の改善法をチェックしましょう。ちょっとした注意をするだけで癖を直すことができるので今すぐ実行して見てください。また周囲にも協力してもらえばニキビを触る頻度が少なくなるでしょう。結果としてニキビを不必要に触ることもなく早めに直すことができます。

一番はニキビを気にしないこと

ニキビには痛みのないものがあるので、特に気にせずにいられるものです。しかし、一つでも鏡で発見した時にはかゆみなどの不快症状がなくても、常に気になってしまい触ってしまいガチ。ニキビが大きくなっていないか、膿が溜まっていないかなど状態が気になってニキビを触ってはバイ菌をつけてしまいます。

できてしまったニキビはしょうがない!と諦めて、治療が必要でない限り治るまで無視することです。ニキビができるのは誰にでも起こること、決して恥ずかしいことではありません。むしろむやみに潰してしまってニキビ跡が残ってしまう方が問題となります。テレビを見たりなどじっとしていると触ってしまうので、ビデオゲームをしたりスポーツなど夢中になれるものに集中すると良いでしょう。

顔やあごを触らない「おまじない」

顔や顎にできたニキビを触らないようにアラームを自分に与える「おまじない」を発明しましょう。例えば素敵なネイルアートに自分が注意を引くデザインを工夫することです。ニキビを触ろうとした瞬間、ネイルに描かれたメッセージなどにハッとして手を止めることができるでしょう。

派手なカラーのコンビネーションや、ラメなどもつけてアクセントをつけておけば、爪に目が行きますのでその調子にニキビが気にならなくなります。また長い付け爪をつけるだけでも指を注目することができますが、それでも触ってしまう時には付け爪でニキビが傷ついたり、雑菌が侵入してしまうことがあるのですぐに外しましょう。

お風呂で背中をゴシゴシもNG

背中にニキビができているときは、ついゴシゴシと洗いがちです。しかし顔だろうと背中だろうと、ニキビや肌に負担がかかってしまうのは変わりません。ましてベタつきをしっかり落とそうとしてナイロン製のスポンジを使用したり、洗浄力の強いボディソープを使用するのはよくありません。

肌に大きな刺激を与えては乾燥してしまい、皮脂の分泌が多くなるためニキビを悪化させ治りが遅くなります。背中はまた手が届きにくいため強く洗いがちなので、泡を手に取ってから撫でるように優しく洗うことをオススメします。

またタオルで水分を拭き取る時も、乾布摩擦のようにこするのではなくゆっくりとタオルをあてて吸収するようにしましょう。バスタオルですと拭き取りにくいので、スポーツタオルを1/4のサイズに畳んでそっと押し当てると吸収しやすくなります。

いつまで我慢?ニキビが治る期間

ニキビができると落ち込んでしまうのは、今日明日には治らないからです。そんなわけで翌日に大切なイベントがある時には参っていしまいます。ニキビはタイプによって治るのにかかる期間が異なり、症状が軽いほど早く治るのでニキビの初期段階である白ニキビができたらすぐに適切な治療法で改善することをオススメします。

皮脂の蓄積で起こる白ニキビでも少なくとも3日はかかります。また皮脂の酸化によって起こる黒ニキビができてしまったときは1週間を目安にしましょう。炎症が起こって痛みが伴う赤ニキビは、炎症を抑えてアクネ菌を退治するのに多少時間がかかり1ヶ月見ておけば良いです。

また皮膚の角質層に炎症が起こって膿が溜まってしまう黄ニキビでは、皮膚の細胞がダメージを受けやすくなっているため、無理やり潰してしまうとニキビ跡が残りやすくなります。黄ニキビが膿を持って炎症が軽くなるには約2週間かかりますが、ニキビ跡が完全に消えるまでにまだ時間を要します。できるだけニキビ跡を残さないためにも、黄ニキビを潰すのはもちろん、ひどいときは皮膚科で適切な治療法を行うようにしましょう。

触るのをやめてニキビが治った口コミ

ここでは実際触るのをやめてニキビが治った!という口コミをチェックしてみましょう。触らなければニキビが改善できるとはこんな簡単な方法はありません! 

皆さんもニキビには触ってはいけないと自覚はしているものの、触ってしまうのが事実。そこで自分自身、ニキビに触らないように言いかけいるコメントもありました。できたニキビはほっぽって置くのベターです!


1日でも早く治す正しいニキビケア

ニキビを治療するには薬を使用している方が多いでしょう。またちょっとしたニキビならそのまま放っておいて自然治療をすることもあるでしょう。薬以外にもニキビを根本的に作らない、予防する方法として普段の生活習慣を改善することです。とりわけ睡眠や食事のクオリティ、スキンケアなどはおざなりになりやすいので、ここで今一度チェックして見ましょう。

夜はちゃんと寝る

しっかり質の良い睡眠をとることは、ニキビだけでなく美容と健康維持の基本となります。良い睡眠というのは脳も体も休憩状態であるノンレム睡眠と脳は覚めているけれど体は休んでいるレム睡眠のリズムを交互に繰り返すことです。そして肌を元気に回復してくれる成長ホルモンはノンレム睡眠時に多く分泌されるので、ターンオーバーも促しながらニキビを効果的に改善してくれるのでしょう。ぐっすりと眠る、これがニキビを早く治すポイントとなります!

にきび肌を根本から治す食事

ニキビができにくい体質にするには普段の食事を見直すことも大切です。皮脂の分泌を促進する揚げ物やファーストフードなどの油っこい食べ物やポテトチップスなど揚げたスナック菓子などは控えめにするようにしましょう。

また肌のターンオーバーを促進したり、肌を潤ってくれるビタミンなどを含む食品を積極的に食べることが大切です。さらに腸内環境を整えてくれる食品にも注目して肌に栄養素をたっぷりと補給しましょう。ここにオススメの美肌成分をラインアップしますので参考にしてください。

  •  亜鉛・・・レバー、牡蠣などに含まれる。肌の新陳代謝を高める
  • ビタミンA・・・天然保湿因子を作り肌のバリア機能を高める​。レバー、小松菜、ホウレンソウなどに含まれる
  • ビタミンB6・・・ターンオーバーを促して毛穴のつまりやニキビを防ぐ。まぐろやバナナ、鶏ささみに豊富に含まれる
  • ビタミンB2・・・脂質を代謝してニキビを予防する。アーモンド、牛乳、レバーなどに含まれる
  • ビタミンC・・・細胞を活性化してコラーゲンを作り肌の再生を促進しニキビを予防する。赤ピーマンやキウイ、アセロラなどに含まれる
  • 乳酸菌・・・整腸作用があり、悪玉菌の増殖を抑える。ヨーグルト、味噌、乳酸菌飲料などに含まれる。

過剰にやりすぎない正しい洗顔

ニキビ肌だからと洗顔を一日に何度も行ってしまうのはよくありません。肌には潤いを守る皮脂があり、あまりにゴシゴシと洗ってしまうと、この保護皮脂まで奪ってしまうことになり肌を乾燥させます。また一日2回の洗顔でも洗浄力の強い洗顔料を使用すれば肌にダメージを与えてしまいますので気をつけましょう。

ビーグレンのクレイウォッシュは5種類の美肌成分を配合しており、肌の水分と皮脂のバランスを整えてくれる洗顔料としてオススメです。


ビーグレン クレイウォッシュ​

テカリや乾燥を防ぎながらニキビをしっかり予防してくれる洗顔料です。肌の汚れや余分な皮脂をしっかり吸着するモンモリロナイト天然クレイが肌に負担をかけずに優しく作用しながら健やかな肌に仕上げてくれます。すっきりと、しっとりとなめらかな肌が実感できるでしょう。

内容量:150g 価格:3,900円

公式サイトはコチラ


保湿ケアで肌にうるおいを与える

洗顔後は保湿成分たっぷり配合の化粧水でスキンケアを始めましょう。化粧水は美容液やクリームの浸透を高めるのに欠かせないステップです。ノブACアクティブフェイスローションのように高保湿成分が配合されている化粧水なら肌の角質層まで潤い、乾燥を抑えると同時にニキビも予防します。


ノブACアクティブフェイスローション​

リピジュアで保湿を長時間しながら、テカリやアクネ菌を抑えニキビを改善してくれます。ビタミンもたっぷり配合で、潤いのある肌が持続して健やかな肌に整えてくれるでしょう。毛穴ケアをしてニキビ肌を予防しながら美白ケアも同時に行うことができる優れものです!

内容量:135ml 価格:3,240円

公式サイトはコチラ


ニキビがなくても肌はいじらない

肌の健康を維持するには基本的に触らないことです。手には目に見えない雑菌がたくさん付いており、必要以上に触ってしまうと肌荒れを起こしたり、ニキビを作りやすくなるので注意しましょう。またスキンケアで美肌になりたいと無理に肌をこすってしまうと、摩擦によって色素沈着が起こり、シミの原因にもなります。​

一度ダメージを受けた肌は軽症であったり症状によって改善することができますが、肌を触っていることが原因となっているのに気づかいないこともしばしば。そのため肌を改善しようとスキンケアなどで努力しても、肌荒れやニキビが悪化してしまうでしょう。規則正しい生活やスキンケアをしているのに症状が悪化してしまうならまずは肌を触わらないようにしてください。


結論!ニキビは触らないようにする

ニキビを早く治したいなら肌を触らずにしっかりと適切な方法で改善することが大切です。ニキビは早めのうちに改善しておけばニキビ跡も残らず、すぐに綺麗な肌に戻れるでしょう。またニキビを潰すと色素沈着など消えない跡が残ってしまうので、潰す癖がある時も自己判断で潰さずスキンケア製品なども利用しながらニキビを悪化させないようにしましょう!