毛穴汚れはスキンケアで除去!効果を高める洗顔料や保湿のおすすめ8選

毛穴汚れはスキンケアで除去!効果を高める洗顔料や保湿のおすすめ8選

毛穴の汚れに悩んだ経験はありますか。なかなか肌の黒ずみが治らなかったり、肌の凸凹が気になったりしたことはないでしょうか。そんな毛穴の汚れは、正しいスキンケアによって解消されるのです。あきらめずに正しいスキンケアを心掛けてみましょう。

毛穴汚れの取り方のおすすめは?

皆さんは毛穴の汚れで悩んだ経験がありますか。鼻などに黒いポツポツがあったり、肌が凸凹していて化粧のノリが悪かったりしたことがあるのではないでしょうか。なかなか改善しなかったり、ますます悪化して悪循環にはまっている人もいるかもしれません。しかし、毛穴の汚れは正しいスキンケアと、自分の肌に合ったスキンケア商品を使うことによって画像のようなきれいな肌へと改善することができます。あきらめずに毛穴の汚れをとって、私、水野と一緒に綺麗ですべすべのお肌を取り戻しましょう。

毛穴が汚れる3つの原因

皮脂やメイク汚れ

皆さんは、メイクをきちんとクレンジングしていますか。メイクの汚れや余分な皮脂の洗い残しがあると、肌の表皮と混ざりあって、毛穴の汚れや角栓の原因となってしまいます。額と鼻にかけてのラインのTゾーンや、あごのラインのUゾーンは特に皮脂腺が多く、皮脂が多い箇所です。

特に、乾燥していると、肌の油分が少ないと判断して皮脂を過剰に分泌してしまいます。その過剰な皮脂が毛穴を詰まらせてしまうのです。

そして、乾燥肌やメイク汚れは、毛穴の皮脂詰まりを促進させてしまうのです。自分ではしっかりと落とせていると思っていても、実際はポイントメイクやファンデーションなどが毛穴を詰まらせて残っているかもしれません。しっかりとした正しいクレンジングや洗顔は、毛穴汚れの予防の基本と言えるのではないでしょうか。

乾燥

肌の大敵である乾燥も、毛穴が汚れる原因となり得るのです。乾燥肌は、肌の乾燥を防ごうとして、肌が過剰な皮脂を分泌してしまい、その皮脂が毛穴を詰まらせ、肌トラブルを招きます。乾燥から肌を保護するために、肌の角質層が厚くなり、更に肌が硬く、毛穴はますます詰まり細くなります。

つまり、乾燥すると肌はかさついて、だんだん硬くなっていき、同時に、毛穴の収縮も悪くなり、毛穴に汚れが詰まりやすくなるということです。このように、乾燥は毛穴の正常な働きを妨げてしまいます。乾燥肌にならないように日頃のスキンケアと健康的な生活を心掛けることが大切なのです。

ターンオーバー

肌は、常に新しい細胞が生まれては古い細胞を上に押し上げ、役目を終えると垢となり剥がれ落ちる、というサイクルを繰り返しています。これを肌のターンオーバーと呼びます。このターンオーバーが乱れることは、古い角質の停滞を招き、肌の健康を損ねてしまうことになります。毛穴の中にある角質も同様に、ターンオーバーによって、古い角質は剥がれ落ちて、皮脂と一緒に外に出されますが、ターンオーバーが乱れることにより、角質が剥がれ落ちずに残り溜まってしまうという悪循環に陥ります。

その結果、毛穴を古い角質が排出されずに残り防いでしまい毛穴が塞がってしまうのです。それが角栓というもので、放置しているとニキビや肌トラブルの原因となってしまいます。毛穴を綺麗に保つことは、肌にとって重要なことなのです。

毛穴汚れの正しいケア

毛穴汚れの原因と正しいスキンケア方法をご存知ですか。毛穴汚れの原因を解決し、正しいスキンケアをしないと毛穴汚れは繰り返します。毛穴汚れの根本解決は肌の健康に大切なことです。ここでは毛穴汚れの正しいケアについてご紹介したいと思います。

クレンジングでメイクをしっかり除去

クレンジングでメイクをしっかり落とすということはとても大事なことです。自分の肌に合っていて、肌に負担が少ないクレンジングを選びましょう!

クレンジングには様々なタイプがあります。

  • 低刺激で肌に優しいタイプ…ミルクタイプ・バームタイプ
  • 低刺激かつ洗浄力があるタイプ…クリームタイプ・ジェルタイプ
  • しっかり落とすタイプ…オイルタイプ(刺激が強いため肌の弱い人にはおすすめしません)
  • 拭き取るタイプ…拭き取りシート(肌を摩擦してしまいダメージを与えてしまいますし、毛穴の汚れを奥深くに押し込んでしまうため、おすすめしません。)

クレンジング方法と注意点

  1. メイクの濃い部分から徐々に優しくクレンジングを馴染ませていきます。この際、丸く円を書くようにクルクルと指の腹を使い毛穴の汚れや皮脂を浮き上がらせるようにしましょう。ゴシゴシ肌をこするのは、肌を傷めますのでしないようにしましょう。ポイントメイクは取れにくいので、別に集中して落としても良いでしょう。
  2. 皮脂分泌の多いTゾーンもしっかりとクレンジングで馴染ませます。
  3. 顔全体にクレンジングを行き渡らせたら、ぬるま湯でクレンジング剤を落とします。この際、熱いお湯は肌の乾燥に繋がってしまうため、32~34度くらいのぬるま湯を使うようにしましょう。また、メイク汚れの洗い残しは、毛穴の汚れの原因になりますので、しっかりと落としましょう。
  4. すすぎ終わったら、すぐに化粧水や保湿クリームなどで顔全体の保湿をしましょう。

毛穴を開く方法

毛穴を開いてより効果的にクレンジングする方法についてご紹介したいと思います。

  1. クレンジングでメイクをしっかりと落とします。
  2. 蒸しタオルを用意し、5~10分くらい顔にのせます。これにより、毛穴が開き毛穴の汚れが落としやすくなります。また、肌が柔らかくなり保湿などが浸透しやすい状態になります。
  3. 洗顔をして、毛穴の汚れや皮脂を落とします。
  4. 化粧水や乳液などで保湿しましょう。

毛穴汚れを正しいクレンジング方法で効果的に落とすことが、毛穴汚れを防止することに繋がりますので、しっかりとクレンジングをしましょう。

洗顔で余分な皮脂や汚れを落とす 

洗顔の一番の目的は、メイクや垢、ゴミなどの汚れや分泌した余分な皮脂を取り除くことです。そのためにも皮脂を綺麗に洗い流せる洗顔料を使いましょう。基本的な方法としては、クレンジングでしっかりとメイクを落とした後、ぬるま湯を使い、良く泡立てた洗顔料できちんと洗顔しましょう。

そして、洗顔の際は、たっぷり泡立てた泡で、円を描くように指の腹で優しく洗いましょう。肌を極力摩擦しないようにすることがポイントです。

自分に合った洗顔料を選びましょう。

  • メンソールやスクラブが入っている、肌に刺激のある洗顔料は使わないようにする
  • 汚れをしっかりと落としてくれるもの
  • 肌に負担の少ないもの
  • 肌に対する吸着力が良いもの

水洗顔

水洗顔は、その名の通り洗顔料などを使わずに水で洗顔することです。肌荒れや毛穴のトラブルのほとんどが、洗顔料やクレンジング、メイクによる肌の刺激です。

洗いすぎてしまうと肌が乾燥し、肌のバリア機能が低下し乾燥肌になってしまいます。その結果、様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

そのようなとき、ぬるま湯のみで洗顔する水洗顔というのは有効かもしれません。肌の刺激はもちろんありませんし、肌本来の自然な再生機能を取り戻すことができます。ぬるま湯でほとんどの皮脂が洗い流せますし、肌にも必要な脂が残ります。水洗顔を続けると毛穴の汚れや角栓が出てきますが、それを続けているうちに毛穴がきれいになり肌トラブルもなくなります。

しかし、注意点としては、水洗顔の効果が出るのは時間がかかりますし、自分の肌質に合っていないと逆に乾燥しすぎて肌トラブルを起こしてしまうこともあります。自分の肌と相談して試してみるというのが良いかもしれません。

保湿でターンオーバーを正常化

洗顔後の肌は急速に乾燥し始めます。洗顔後に保湿をしないと肌は乾燥を防ごうと過剰に皮脂を分泌し、毛穴の詰まりや肌のテカリを促してしまいます。また、余分な皮脂が毛穴に残り古い角質と混ざり合って酸化すると黒ずみやニキビの原因になります。

そのため、洗顔をした後は、すぐに必ず保湿をしましょう。自分の肌に合った、化粧水、美容液、乳液、クリームといったスキンケアアイテムを使って、こすらずに優しく保湿しましょう。化粧水は肌のキメを整えて毛穴の引き締め効果があります。美容液はそれぞれの肌質に合ったものや悩みに応じて使用するのが良いです。自分の肌に合ったものを選びましょう。そして、乳液やクリームは肌をさらに柔らかくする効果があります。肌に潤いを閉じ込め保湿を継続させます。これにより肌の正常なターン―オーバーを促します。

保湿能力の高い成分としては、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミド、ビタミンC誘導体といった成分は保湿能力が高く、肌の真皮に働きかけますので、そのようなものが入っている化粧品を使うことをおすすめします。

毛穴を引き締める 

引き締める必要性

肌のハリのなさが、たるんだ毛穴の原因です。肌のコラーゲンの減少により肌の弾力やハリがなくなることで、毛穴に黒ずみができザラザラしている詰まり毛穴や、毛穴が開いて肌がテカリやすい開き毛穴、毛穴が黒ずんでいるメラニン毛穴、毛穴が下に垂れ下がっているたるみ毛穴、ニキビ跡の穴のようなクレーター毛穴など、様々な毛穴のトラブルに繋がってしまいます。毛穴の開きなどは正しいスキンケアによって改善できます。そのような毛穴を引き締めるためにも、正しいスキンケアは大事なことなのです。

化粧品の有効成分

  • レチノール…コラーゲンの増加を促します。また、美白にも効果的な成分です。
  • コラーゲン…肌のハリを良くします。
  • ビタミンC誘導体…収れん効果や美白効果、肌のハリを良くする効果があります。

冷水や収れん化粧水の効果はあるの?

収れん化粧水を洗顔後にすると、毛穴を引き締める効果に加え、肌のキメを整える効果や、肌を引き締める効果があります。方法としては以下の通りです。

  1. 洗顔をした後、化粧水や乳液などで肌を整えます。
  2. その後、収れん化粧水をコットンなどにしみこませ、Tゾーンなどの毛穴の開きが気になる部分にパッティングします。
  3. パッティングした箇所が冷たく感じるまで繰り返します。

ぬるま湯で洗顔した後に、冷水で毛穴を引き締めるとう方法もありますが、その時は毛穴が引き締まっても、少し経つとまた毛穴は元の状態に戻ります。冷水は一時的には効果があっても持続性はありませんので、正しいスキンケアと保湿が毛穴の引き締めの近道と言えそうです。

ピーリング効果の化粧品を使う 

ピーリングをして古い肌の角質を取り除くことで、肌の新陳代謝を上げたり、肌の水分吸収力を高めたりすることができ、肌を健康的なものにすることができます。

ピーリングの化粧品は、月に1、2回くらいの頻度で使うのがおすすめです。肌を柔らかくしてターンオーバーを促進させる役割ができます。AHAやグリコール酸配合の洗い流すタイプのピーリング商品を使う事をおすすめします。やりすぎは肌の負担となりますので注意しましょう。

また、ピーリングに効果があるものとして、酵素洗顔というものがあります。肌の角質はたんぱく質で出来ていて、酵素洗顔料は、そのたんぱく質を分解することができます。酵素洗顔料を使うことで、角栓の詰まりを分解・予防したり、肌を柔らかくする効果があります。

注意点としては、使用する際には、洗浄力や刺激も強いため、週に2回程度使うくらいにしましょう。

毛穴汚れのケアにおすすめ商品8選

クレンジングのおすすめ

オルビス クレンジングリキッド

アクアクレンジング成分で、伸びが良く肌なじみが良いです。「すすぎクイック処方」という洗浄成分をすぐに肌から外す処方があり肌に負担が少ないです。また、成分の30%以上が保湿成分で、クレンジング後もみずみずしい肌でいられます。ノンコメドジェニックテスト済みです。

・メイク浮きが早いこと、ヌルつかないこと、すすぎが簡単なこと、お風呂で使えるため濡れた手でも使えること、クレンジング後、肌が乾燥しないことが特徴です。

オルビス クレンジンリキッド¥1,334

洗顔料のおすすめ

どろあわわ

毛穴の汚れ専用の洗顔料です。濃密な泡をつくることができ、肌を摩擦の刺激なく優しく包み込むように洗顔できます。毛穴の汚れはもちろん取れますが、余分な皮脂や角質を取らないため、肌に必要な成分は残すことができます。肌のバリア機能を高め、潤いとハリ、美白サポートを濃密泡洗顔で叶えられます。豆乳発酵液、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキスの4つの保湿成分配合されています。

健康コーポレーション どろあわわ ¥1,490~

ビーグレン クレイウォッシュ

天然クレイのモンモリロナイトが、肌に吸着し泡立てずに汚れや古い角質などを優しく落としますが、潤いはしっかり残すことができる肌に優しい洗顔料です。グリチルチリン酸ジカリウム、スクワラン、カモミラエキス、ヒアルロン酸の4つの成分配合で、・加齢での肌の変化や大人ニキビに悩んでいる人におすすめです。(販売元:ビバリーグレンラボラトリーズ)

ビーグレン クレイウォッシュ¥3,800

保湿ケアのおすすめ

エトヴォス

1本で美容液と乳液の保湿効果が期待できます。乾燥肌をヒト型セラミドの効果で潤いのある肌に導きます。5種のヒト型セラミドとNMF(天然保湿因子)配合の保湿美容液です。スクワラン、ホホバオイル、シアバター配合で、シリコン、パラベン、石油系系面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料不使用です。

エトヴォス ¥4,000~

ラミューテ

ラミューテ美肌セットは、肌に潤いを与え、肌を守り、肌のハリと弾力を作り出すというサイクルで、肌のバリア機能を高め健康的な美肌を目指す化粧品です。セット内容は、ビオリズム洗顔フォーム、エンリッチ化粧水、アドバンス保護美容液のセットです。(販売元:ラ・ミューテスタイル)

  • ビオリズム洗顔フォーム→古い角質や毛穴の汚れを綺麗に除去してくれます。
  • エンリッチ化粧水→ダマスクローズウォーターとナノ保湿成分が肌に浸透し保湿してくれます。
  • アドバンス保護美容液→3種類のセラミドやスクワランが配合されていて、肌のハリと弾力を作り出してくれます。

ラミューテ 美肌セット ¥17,100

毛穴の引き締めに

トランスダーマC

トランスダーマCは、ビタミンC(アスコルビン酸)配合の美容液です。肌の透明感や艶、張り、毛穴の引き締めに効果があります。朝晩の洗顔後に、1~2プッシュ分を肌に塗るだけです。

無香料・無着色・ノンオイル・ノンアルコール・無動物由来成分・防腐剤不使用です。

アルロン・ジャパン トランスダーマ ¥16,000

ヴェルモア

ヴェルモアは、引き締めから美白までオールインワン化粧品です。角質の乱れを整えて、集中美白と保湿が出来ます。高濃度プラセンタ配合で、浸透性低分子コラーゲンやフルーツ酸で古い角質を除去します。また無添加なので安心して使えます。おすすめの人は、毛穴の黒ずみ・開き・角栓が気になる人、色々な商品を試したけど効果がなかった人です。(販売元:日本ライズ)

ヴェルモア ¥4,980~

ピーリングのおすすめ

ピールローション

古い角質をピーリングして肌の輝きを取り戻せます。洗顔後にプラスして使うだけでとても手軽に使えます。特におすすめな人は、肌のくすみが気になる人、肌のざらつき、毛穴の凸凹が気になる人、化粧品の効果を感じられない人、疲れ気味の人です。7種の植物性AHA含有、高密度果実抽出液配合で、界面活性剤不使用・ノンパラベン・ノンアルコール・無鉱物油・合成香料不使用・合成着色料不使用です。(販売元:ビューティーモール)

ピールローション ¥4,320

まとめ

商品名効果有効成分価格
オルビス クレンジングリキッド「すすぎクイック処方」という洗浄成分をすぐに肌から外す処方があり肌に負担が少ないです。また、成分の30%以上が保湿成分で、クレンジング後もみずみずしい肌でいられます。アクアクレンジング成分¥1,334(税抜)
どろあわわ毛穴の汚れはもちろん取れます・余分な皮脂や角質を取らないため、肌に必要な成分は残すことができます。肌のバリア機能を高め、潤いとハリ、美白サポートを濃密泡洗顔で叶えられます。
豆乳発酵液、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキス

¥1,490(税別)
ビークレン クレイウォッシュ天然クレイのモンモリロナイトが、肌に吸着し泡立てずに汚れや古い角質などを優しく落としますが、潤いはしっかり残すことができる肌に優しい洗顔料です。
グリチルチリン酸ジカリウム、スクワラン、カモミラエキス、ヒアルロン酸

¥3,800(税抜)
エトヴォス1本で美容液と乳液の保湿効果が期待できます。乾燥肌をヒト型セラミドの効果で潤いのある肌に導きます。
5種のヒト型セラミドとNMF(天然保湿因子)配合の保湿美容液。スクワラン、ホホバオイル、シアバター配合

¥4,000(税抜)
ラミューテ美肌セット肌の古い角質や毛穴の汚れを除去し、肌の保湿とバリア機能を高めます。ダマスクローズ由来の天然保湿成分配合¥17,100(税抜)
トランスダーマC肌の透明感や艶、張り、毛穴の引き締めに効果があります。ビタミンC(アスコルビン酸)配合¥16,000(税抜)
ヴェルモア引き締めから美白までオールインワン・角質の乱れを整えて、集中美白と保湿が出来ます。
高濃度プラセンタ配合・浸透性低分子コラーゲン・フルーツ酸

¥8,300(税抜)
ピールローション古い角質をピーリングして肌の輝きを取り戻せます。
7種の植物性AHA含有、高密度果実抽出液配合

¥4,320(税込)

気になる毛穴の汚れ落とし、その効果は?

吸引

気になる毛穴の汚れ落としに吸引という方法があります。吸引器は毛穴の汚れをとる効果はあります。しかし、吸引器で毛穴の汚れがとれたとしても、皮脂の分泌量や毛穴の状態というのはあまり変わらず、しばらく経つとまた毛穴に角栓ができ汚れが目立つようになります。

つまり、毛穴が開いたままの状態になり、そこにまた汚れが入り込んでしまうということです。また、吸引器を使いすぎると、かえって摩擦による刺激で肌トラブルを起こしたり、肌が乾燥して毛穴が目立つようになってしまったりします。吸引器は毛穴の汚れはとれますが、肌や毛穴の状態を根本から改善する効果はありません。肌を傷めてしまう可能性もありますので気を付けましょう。

スプレー

毛穴の汚れを落とすもので、水橋保寿堂から販売されているスプレータイプのエマルジョンリムーバーというものがあります。これは、ローションタイプの液体で、アルカリの力で毛穴を開かせて汚れや皮脂、角質を落とすというのが特徴です。メイクをしっかりと落とした後、スプレーを顔にかけ、顔の脂が浮き出てきたら、軽くすすいでお終いというものです。肌をこするなどの摩擦が無いため、使いやすく、とても簡単にできるということで使っている人も多いことでしょう。余分な皮脂もとれ、毛穴の汚れもスッキリとれるということですが、その時は良くても根本的な毛穴の状態の改善には他に肌自体の健康を保つ必要があります。

エマルジョンリムーバー ¥2,700

【間違い編】毛穴の汚れを取る方法

毛穴パック

シートタイプの毛穴汚れを落とすパックは、シートを濡らして気になる部分にパックを張り、乾燥したらはがすという方法です。毛穴に詰まった汚れを綺麗にとってくれますが、肌に必要な水分や角質、油分までもとってしまいます。パックをした後は、肌の潤いがなくなっている状態ですので、必ず保湿ケアをする必要があります。毛穴の汚れを取ろうとしているのに肌トラブルを招いてしまっては意味がありません。

また、角質を除去する毛穴パックですが、何度も行うと肌を傷つけメラニン色素を生成してシミの原因となったり、毛穴が開いてしまう原因にもなります。使い方には要注意です。

綿棒

綿棒を使って毛穴の角栓を取り除くという方法があります。オイルを塗った綿棒で角栓を押し出して、オイルで角栓を浮かして取り除くという方法です。綿棒で角栓を押し出すだけですと、毛穴をさらに広げてしまい、角栓がまたできてしまうことになります。オイルには角質をはがし落としたり、毛穴を柔らかくする成分や保湿能力もあるため、肌に負担を少なくして角栓をとり除くことができます。

しかし、綿棒の摩擦で肌に炎症を起こしてしまったり、やりすぎてしまうと肌にダメージを与えて肌トラブルを起こしかねませんので注意が必要です。

オリーブオイル

手軽に身近にあるオリーブオイルで、毛穴の角栓を綺麗に取り除ける方法もあります。毛穴に詰まった角栓をオイルで浮かせて溶かすことで綺麗にするというものです。肌を傷つけることなく取り除けることが利点です。やり方は、顔を蒸しタオルなどをあてて温め、毛穴を開きます。そこに、オリーブオイルを手に取り、気になる部分にマッサージするようにくるくると円を描いて馴染ませます。少し経ったらティッシュなどで拭き取り、最後に洗顔をして、オイルをしっかりと落とします。

オリーブオイルでの角栓のケアは、利点もありますが、注意も必要です。その注意というのは、ニキビがある人が使うと、油分を餌として増えるニキビの原因のアクネ菌を増殖させ、ニキビが悪化してしまう可能性があったり、精製度は低いオリーブオイルを使用すると油焼けをしてしまったり、きちんと洗い流さないと肌の色素沈着やシミ、くすみの原因となり得ることもあります。使い方を間違えると角栓を取り除くことのほかにも肌トラブルを起こしかねませんので注意が必要です。

ニベア

毛穴の角栓をとるのにニベアが有効ということを聞いたことはありますか。ニベアは保湿能力に優れ、愛用しているという人も多いことでしょう。蒸しタオルを顔に当てて毛穴を開き、角栓が気になる部分にニベアをたっぷりと塗って、少しおきます。少し経ったら塗ったニベアをタオルやコットンで拭き取り、洗顔をしてお終いです。

しかし、ニベアを使う時には注意も必要です。ニベアは保湿クリームであり、毛穴の汚れをとるためのものではないため、ニベアの油分がかえって毛穴詰まりを起こしたしかねません。又、ニキビがある人はニベアを塗るとニキビが悪化したり、脂質性の肌の人はニキビが出やすくなるといったトラブルもあります。肌荒れの危険性もあるため使用するときには注意が必要です。

どうしてもとれない。ほんとに汚れ?

念入りにスキンケアをしていて、毛穴の汚れを落としているのにもかかわらず、なかなか取れずに悩んでいたということはありませんか。それはもしかすると、毛穴汚れではなく、毛穴の開きやたるみ、毛穴のシミや色素沈着、毛穴のうぶ毛のせいかもしれません。そのせいで毛穴が黒く見えているのかもしれません。汚れのせいで毛穴が目立つと思っていても、実は汚れじゃないケースがあることがあるのです。よく自分の肌を観察してみましょう。ここでは、これらのケースについてみていきたいと思います。

毛穴の開きやたるみ

毛穴の開きやたるみは、加齢や乾燥による肌の弾力がなくなったことが起因しています。肌に保湿力がありハリや弾力がある時には毛穴は目立ちませんが、保水力がなくなり弾力やハリがなくなると毛穴がむき出しになり、そこに皮脂や汚れが入り、毛穴が開いた状態やたるんだ状態になってしまうのです。

そこでおすすめしたいのが、オルビスユーという商品です。オルビスユーは、エイジングケアできる新しいスキンケア基礎化粧品シリーズです。

オルビスユーは、加齢により毛穴が目立ち始めた人、乾燥肌で悩んでいる人、肌のキメやくすみ、肌の凹凸が気になる人におすすめの商品です。肌の透明感・なめらかさ・バリア機能・うるおい・ハリ・キメの6つの要素に働きかけるHSP(ヒートショックプロテイン)により美肌に導きます。年齢肌のくすみの悩みを払い、透明感を目指した洗顔と、高い浸透力で角層を潤す化粧水、張りを実感できる保湿液などが同じラインアップであります。アンチエイジングしながら健康な肌へと導きます。

オルビスユー ¥2,800

シミや色素沈着

毛穴にシミや色素沈着があるということをご存知ですか。紫外線による肌のダメージで、毛穴がシミや色素沈着を起こして黒く見えるということもあります。毛穴の汚れだと思って取り除こうと肌を摩擦してしまったりして、かえってメラニン色素が増えてシミや色素沈着を起こすということもありますので、よく肌を観察してみることが大切です。毛穴の詰まりや汚れのように、触ってみるとボコボコしていたり、ざらつきがない場合はシミや色素沈着の恐れがあります。毛穴のシミや色素沈着の場合には、基本的なクレンジングや洗顔はもちろん、保湿や美白ケア、紫外線対策が必要です。消えるまでに時間はかかるかもしれませんが、きちんとしたケアをすることにより肌のターンオーバーが促され、きれいな肌に戻ることができます。

シミや色素沈着でお悩みの人には、ビーグレンのQuSomeホワイトエッセンスがおすすめです。ビーグレンのQuSomeホワイトエッセンスは、浸透テクノロジーのQuSomeと、アルブチンを融合させ、紫外線から肌を守り、肌のリセット力を高めます。肌を明るく保つエバーセルホワイト、保湿力を高めるポリグルタミン酸、アルブチンの効果をサポートするカッパフィカスアルバレジエキス、ハイビスカス花発酵液の4つの美容成分が配合されています。肌のリセット力を高めて、透明感のある肌、回復力のある肌、保湿力の高い肌を目指します。(販売元:ビバリーグレンラボラトリーズ)

ビーグレンのQuSomeホワイトエッセンス ¥5,000

うぶ毛

毛穴のうぶ毛が黒く見えて、汚れと間違えているということもあります。つまり、毛穴の角栓ではなく、毛穴からうぶ毛が生えて黒ずみになり、黒く見えている場合があります。鼻の周辺にそのような黒ずみを見つけたことはありませんか。よく見てみると黒いうぶ毛がポツポツ出ていることがあります。

このような時には、うぶ毛を除去することで肌が明るくなるかもしれません。肌荒れやニキビが周りにある場合は、うぶ毛処理の刺激で悪化してしまうこともありますので、うぶ毛を剃る時には念入りにスキンケアしたり、頻繁に処理するのは止めましょう。こんにゃくスポンジのようなうぶ毛を絡めとってくれる商品もありますので、スキンケアが基本ですが自分、自分の肌に合った処理方法をしましょう。

毛穴の汚れは洗顔+保湿で治そう!

毛穴の汚れは、洗顔などの正しいスキンケアと肌に合った保湿で治すことができます。毛穴のポツポツが治らなくて悩んでいるという人には、一度基本的なスキンケア方法と使っている基礎化粧品を見直すことをおすすめします。また、毛穴の悩みと言っても肌の問題です。肌自体を健康なものにするために、体の中からのきれいも大事なことです。食生活や運動、ストレスの軽減など総合的な側面を見直すということも大切でしょう。体も肌も綺麗を目指しましょう。