【鼻の角栓の取り方】綿棒1本できれいに?!繰り返しを防ぐ方法も必見

【鼻の角栓の取り方】綿棒1本できれいに?!繰り返しを防ぐ方法も必見

綿棒を使って鼻の角栓を取るなら、正しい取り方を学ばなければいけません!毛穴にダメージを与えないように綿棒を使って角栓を取るのは良いことなんですが、その後も角栓が再発しないようにケアをするのが大事なんですよ。でももっと良い角栓の取り方も……。

鼻の角栓が綿棒できれいになる!?​

何度洗顔を行ってもしつこく出てくる鼻の角栓。「ほんとうに綺麗になるの?」と疑いたくなるほどしつこいので、仕方なく自分で取り出す人もいるでしょう。最近は、綿棒を使った角栓のとり方が流行っているようですが、実践している人も多いのでは?
たしかに綿棒を使ったほうがキレイに角栓も取れてスッキリするかもしれません。でもその効果は一時的なものなんですよ。角栓の正しい知識を学んでしっかり対処していきましょう。

はるこ先生
綿棒を使った角栓のとり方が流行っているみたいなんだけど、実際のところどうなんだろう?
いい噂もあるけど悪い噂も聞くんですよね。角栓は無理矢理取っちゃいけないんだけどな〜

綿棒を使った鼻の角栓ケア

ネットで鼻の角栓のとり方を検索すると”綿棒”を使った取り方がたくさん出てきます。それほど角栓で悩む人が多くいて、綿棒を使った取り方を実践しようとしているのがわかります。一体その方法とはどのようなものなのでしょう?​

実体験の口コミをチェック​

洗顔料、化粧水などと一緒に実践している人が多いようで、その効果は想像以上に良いということがわかりますね。角栓もごっそり取れて肌もツルツルになるなら、誰でも実践してみたいと思うでしょう。

アッキー
Twitterで口コミを調べてみると「効果あり!」という声が多く見られました!
それほど多くの人に綿棒を使って角栓を取る方法が浸透されているんですね。

綿棒での角栓の取り方

必要なもの:​綿棒、オリーブオイル

具体的な方法・手順:

  1. ​洗顔でキレイに顔を洗った後に、蒸しタオルやスチーマーで毛穴を十分に開かせます。
  2. 綿棒にオリーブオイルをたっぷりと含ませます。
  3. 綿棒を角栓が気になる部分に当て、横にコロコロ転がします。(優しく優しく)
  4. 転がした後は泡洗顔でオイルを洗い流します。
  5. 冷たい水ですすぎ、開いた毛穴を引き締めます。
  6. 清潔なタオルでポンポンと優しく拭き取り、化粧水、保湿クリームで肌を整えていきます。

ポイント・コツ:

​綿棒を使って鼻の角栓を取るポイント・コツは、優しく肌に負担がかからないようにすることです。コロコロと転がす時、肌に押し付けてしまうと赤みが出たり、肌が荒れる原因となってしまいます。

また、綿棒につけるオリーブオイルも良いものを選ぶようにしましょう。使用するオイルは不純物が入っていないオーガニックオイルやエキストラバージンオイルなど、質の高いものを選んでくださいね。

はるこ先生
本当に鼻の角栓がごっそり取れるみたいなんですが、やりすぎるのはよくありません。肌荒れの原因や毛穴の広がりに影響してしまうので、どうしてもやりたいのであれば週に1〜2回程度で行うようにしましょう!​

ごっそり取れるといわれる理由

​角栓がごっそり取れる理由は「綿棒が細かいところまでしっかり届く」、「オイルで角栓が取れやすくなる」の2つです。​

綿棒が細かいところまでしっかり届く

綿棒を使うと指やピンセットで角栓を取るよりも細かく、そして肌に負担をかけずに角栓を取ることができるようです。さらに、角栓の奥まで綿棒がしっかり届くのでごっそりと取ることができます。確かに、綿棒の線維も柔らかいし、角栓を吸着する要素もあるようです。

オイルで角栓が取れやすくなる

​オイルは、皮脂のバランスに限りなく近い成分です。古い角質をはがしたり毛穴を柔らかくする成分が多く含まれているのもオイルの特徴です。その成分の働きにより、毛穴に詰まっている皮脂や汚れがオイルに反応してじんわりと毛穴の外に溶け出して角栓が取れやすくなるようですよ。

植物性のオイルを使って綿棒を転がすと、一時的に肌もツルツルになり、角質が取れるという効果が期待できるようです

本当に角栓が取れる?デメリットは?

多くの人が綿棒を使った角栓の取り方に効果を実感されているようですが、実際のところどうなのでしょう?綿棒を使って角質を取り出すことによってデメリットとなることはないのでしょうか。​

綿棒コロコロで角栓の表面は取れる

コロコロするだけで鼻の角栓がごっそりと取れるとありますが、よく考えてみると角栓はピンセットを使って、あるいは指で押し出さないと芯から取れません。いくらオイルで毛穴の外に出たからといって、コロコロ転がすだけでしつこい角栓は取れないでしょう。
角栓が取れると言ってもそれは表面だけの話であって、芯から取れているわけではないと考えられます。表面だけ取れても芯から取れていなければ意味がなくて、またすぐに再発するでしょう。芯から角栓を取り出すには、綿棒を使って押し出す必要があるので、結果指やピンセットを使ってやる方法と変わりないと思います……。

はるこ先生
オイルは角栓を溶かす作用があるってネットでは言われているんだけど、実はちゃんと科学的に証明されていないようなんです><
確かに肌と近い状態にあるから、若干取れやすくはなるみたいなんだけど。

 綿棒でのケアにはデメリットもある

​綿棒で角質を取るのは一見良いもののように感じますが、デメリットになることももちろんあります。綿棒ケアの裏に潜むデメリットもしっかり理解しておくことが大事ですよ!​

肌に余計な摩擦や負担が掛かる

綿棒を使うとつい力が入ってしまって肌に負担をかけてしまうことがあります。コロコロ転がすだけではやはり角栓を取るのは難しいので、余計な力が入ってしまってかえって肌荒れの原因となることも多いでしょう。また、綿棒自体が肌に触れると強い刺激を受けてしまう可能性があります

毛穴がぽっかり開いてしまう

無理矢理毛穴を開かせて角栓を取ると、ぽっかりと穴が空いてしまって余計に毛穴が目立ってしまいます。また、毛穴が開いた状態をそのままにしておくと、肌が毛穴を埋めようと大量の皮脂を分泌してしまいます。皮脂と空気中の汚れでさらに大きな角栓ができてしまうのです。​

取ってもすぐに再発する

結論、いくら綿棒で取ってツルツルの肌になったとしても、角栓は再発してしまうのです。肌負担の少ない綿棒でコロコロしても角栓はほとんど取れず、角質もまたすぐにできる。ずっとこのルーティンを繰り返し、永遠に角栓はなくならないという最悪の状態になってしまうのです。無理矢理押し出してもこのしつこい鼻の角栓は落ちない。そうであれば、自然に角質が排出するケア法で対処していかなければならないのです。​

正しい鼻の角栓の取り方【6ステップ】

オイルと綿棒を使った角栓の取り方は肌に負担をかけない方法として知られてきましたが、よくよく調査してみるとデメリットが多いということがわかりましたね。それでは、どの方法が適切だというのでしょうか?ここでは、鼻の角栓の正しい取り方6ステップを紹介していきます!​

角栓は時間をかけて取るのが正解

角栓は本来、肌のターンオーバーにより自然と排出されていきます。人間の肌は約28日周期で新しい肌に生まれ変わります。肌細胞は肌の下の方の真皮層から徐々に表面である表皮に向かって押し出されてきます!無理やり角栓を取り出すと肌を傷つけてしまう上に、永遠と角栓が生成される。その悪循環を繰り返すよりは、日々のスキンケアや生活習慣を見直し肌のターンオーバーを正常化させることにシフト変更していきましょう。​

ステップ1:クレンジング

クレンジングは毛穴に詰まったメイクや空気中の汚れを洗い流すために必要なケア法となります。毛穴に汚れが残ったまま放置していると、角栓となってしまいます。​

ケア用品の選び方

  • ​​界面活性剤の量を確認する。
  • 肌タイプに合ったクレンジングを選ぶ。(リキッド、ジェル、クリーム、ミルク、オイル拭き取り)

ケア方法

​クレンジングを適量手に取り、優しく肌の汚れを落としていきます。オイルを洗い流す時は、20回ほど水、またはぬるま湯ですすぐようにしましょう。

注意点

​クレンジングをやりすぎると必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があるので、強くこすりすぎないようにしましょう。

オルビス クレンジングリキッド​

​​商品概要:油を一切使用していないのが特徴の「オルビス クレンジングリキッド」。すぐにメイクに馴染み、洗った後もつっぱりせずモチモチの肌になります。とろ〜んとしたテクスチャーなのにヌルヌルしないのもポイントです。洗浄力が高いので、肌に負荷をかけずきれいに洗い流すことができます!​

価格:1,440円​(税込)

内容量:150ml

  • メイク落としはこれ以外無理です。
    5/5
    はじめてのメイクしてから15年以上、ずっとこの商品を使っています。 濃いめの化粧をするのですが、この商品はスルッとメイクが落ちてスッキリします。

    オルビス 公式

  • 使いやすい
    5/5
    すごく使いやすくて、メイクもよく落とせます。メイク落としはほとんどこれしか使っていません。 肌への刺激もオイルカットの為かあまり感じません。 また、水で濡れた手でも使えるので便利です。 価格もお手軽で詰替え用もあるので試しに一度使って欲しい商品です。

    @コスメ

  余分な成分が含まれていないため、肌の刺激は少なめ。肌に必要な皮脂を洗い流さずに済むので安心してメイクオフできますよ!​

オルビス クレンジングリキッド購入ページ★

ステップ2:洗顔

​皮脂の材料である皮脂や、古い角質、肌に付着した汚れをきれいに落とすために洗顔が重要なポイントになります。洗顔も正しい方法で行わなければ角栓を生成する原因となってしまいます。​

ケア用品の選び方

  • ​肌に刺激が少ないものを選ぶ。
  • 「合成香料」「石油由来成分」「アルコール」が含まれていないものを選ぶ。
  • 保湿成分や美容成分の量も確認する。

ケア方法

洗顔をする前にきれいに手を洗いましょう。洗顔料はしっかりと泡立てて、指が肌に触れないように洗っていきます。肌を泡で優しく包み込むような感覚で洗顔していくのがポイントです。​​

注意点

​洗顔を行う時は、以下の点に注意しながら行いましょう。

  • ゴシゴシと洗わない
  • 手・タオルなどを清潔にする
  • 保湿にも気をつける
  • 正しい洗顔料を選ぶ

どろあわわ

​商品概要:沖縄の海でとれた「沖縄マリンシルト」、火山灰で風化してできた「国産ベントナイト」という2つの泥成分が含まれているどろあわわ。洗浄力の高い泥の力を使っている洗顔料なので、肌の表面だけでなく毛穴の奥にある汚れまでキレイに洗い流しま。他にも、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンや、コラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分がたくさん含まれています。​

価格:2,980円(税別)​

内容量:110g

  • すごく泡立ちがいい
    5/5
    ふわふわの泡で顔を洗う感じがすごく好きです。 もともと私は鼻の毛穴がすごくて悩んでいたのですが、当商品に洗顔を変えてから、目立たなくなり、ニキビも出来にくくなりました! 私の肌には合っていたようで、 とてもよかったです

    @コスメ

  • 毛穴スッキリ!
    4/5
    この洗顔料は泡立ちもよく、天然のペントナイト配合で、毛穴の汚れも綺麗にしてくれます。 この、洗顔料を使ってから、洗顔後の肌は、スッキリして、突っ張らないのが良いです。

    @コスメ

モチモチの泡立ちで洗顔したい人にどろあわわはおすすめ。鼻の角栓、毛穴の奥まで超微粒子の成分が行き届くのでニキビ予防にもなりますよ!洗い上がりも肌がつっぱらず、しっとりした感じになるようです。​ 

どろあわわ購入ページ★

ステップ3:保湿

肌の保湿も角栓を解消するために欠かせないケア法となります。角栓ができる原因の一つである乾燥から肌を守る効果があります。​​

ケア用品の選び方

  • ​​美容成分、保湿成分がたっぷり含まれたものを選ぶ。
  • コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドの成分が含まれたものを選ぶ。

ケア方法

​洗顔でキレイに汚れを落とした後、適量を手に取り優しく肌になじませていきます。(コットンを使用してもOKです)​

注意点

​化粧水だけで整えるのではなく、乳液を使用して肌のバリア機能を高めるようにしましょう。​

ラミューテ

商品概要:プラセンタやコラーゲン成分がナノ化された「ラミューテ」。化粧水や洗顔料、乳液などの基礎化粧品を多く展開していますね!超微粒子となった保湿成分、美容成分が肌の奥までしっかりと届きます。肌表面だけでなく、角質層から肌を整えていく高品質なものとなりますよ。​

価格:6,300円(税別)​

内容量:100ml

  • 乾燥肌にオススメ!
    5/5
    冬場の乾燥肌に困りモニターさせて頂きました。さっぱりテクスチャーなんですが、ナノコラーゲンやヒアルロン酸が入っているせいかすっっっごくツルツルモチモチ!化粧水の浸透の違いはつけて感じました!

    @コスメ

  • ニキビが減りました
    5/5
    混合肌なので油分が整うのはとってもHappy♪香りも強すぎないのでお肌に優しく気持ちよくケア出来ます。すぐにお肌になじんで浸透していくのもうれしいです。

    ラミューテ 公式サイト

  保湿に欠かせないヒアルロン酸やナノコラーゲンがモチモチの肌を作ってくれるようですね。乾燥肌、混合肌とどの肌タイプにも合っているのもポイントですね!お肌にすっと馴染んでいくのをぜひ実感されて下さい。​

ラミューテ購入ページ★

ステップ4:角質ケア

​メイクや汚れをクレンジングで落とし、きれいに洗顔した後、肌をきれいに整えたら角質ケアを軽く行いましょう。毛穴に詰まった角質を除去していきますが、やりすぎてしまうと肌に必要な油分も洗い流してしまう可能性があります。​

ケア用品の選び方

  • ​​美容成分、保湿成分がたっぷり含まれたものを選ぶ。
  • コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドの成分が含まれたものを選ぶ。

ケア方法

​角質が気になる部分にローションを塗り、しばらく放置します。角質が浮き出てきたタイミングで円を描くようにコロコロと回し、角質を取っていきます。その後はしっかりと水で洗い流しましょう。

注意点

毎日行うのではなく、週1〜2回を目安に行いましょう。​また、ニキビなどで肌荒れしている時は使用するのをやめましょう。

ピ-ルローション

商品概要:ピーリング効果が高い化粧水「ピールローション」には、「サンザシ」「ナツメ」「グレープフルーツ」「リンゴ」「オレンジ」「ライム」「レモン」といった7種類のフルーツ酸が含まれています。肌表面に残る角質のざらつきを防ぎ、毛穴をきれいに整えてくれます。​

価格:​​4,320円​(税込)​

内容量:100ml

  • グイグイ
    4/5
    まだ使用初日ですが、タカミスキンピールを使っていたけど、こちらはほとんど同じ成分なのに三倍の量と知り購入! ピールして貰った後に着けるアンプルや化粧水がグイグイ入る感じを味わえたらいいな!

    Amazon

  • 基本的なスキンケア!
    5/5
    信頼している商品です。スキンケアの最初にコットンでふき取ると毎回うっすら黄色の角質や汚れがとれていて肌再生のサイクルが整います。肌も柔らかく、美容液やクリームがしっかりと肌の奥に浸透する感じ。毛穴がしまり、ニキビもできなくなりました。もう何年も使っている、私にとって絶対に切らしてはいけない超基本のスキンケアです。

    @コスメ

  ピーリング効果は、他のピーリング剤と比べると2〜3倍もの効果となるのがわかりますね!角質が除去されて肌が柔らかくなるのを実感することができます。​

ピールローション購入ページ★

ステップ5:食べ物

日々の食生活はどうでしょう。偏った食事のとり方をしていませんか?
角栓は糖分、短波屈室から生成されるものです。過剰に摂りすぎてしまうと改善するどころか、逆に角栓が増えてしまいます。それでは、角栓を解消するためにはどんな栄養素を摂取すれば良いのでしょうか。答えはビタミン類。ビタミンは肌の乾燥を防いだり皮脂分泌をコントロールする効果を持ちます。ビタミン類が豊富に含まれている食材は以下のとおりです。

​ビタミン類が豊富に含まれている食べ物
​肉類​レバー(牛、鶏、豚)​、鶏はつ、豚肉​、牛肉​、鶏挽き肉​
​魚類​あんきも、うなぎ、たら、あなご、いくらいかなご、まぐろ
かつお、いわし、さけ、さんま​、めんたいこ
​野菜・果物​​にんにく​、ピーマン、ゆず皮、パセリ、キャベツ、レモン、なす
柿、キウイフルーツ​​​
​その他​アーモンド、植物油、ナッツ​、バター​、たまご​

ステップ6:生活習慣

ターンオーバーを促進させるためにも、日々の生活習慣を見直すことも大事です。特に睡眠やストレスを溜めないようにすることが角栓を防ぐのに効果的となります。
22時から翌日の2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間は、新陳代謝が活発になり成長ホルモンが分泌されます。さらに睡眠の質を上げることによってより肌のターンオーバーが促進されて、角栓を自然に排出してくれます。
そして睡眠と同じぐらい大事なのがストレスを溜めないことです。ストレスはホルモンバランスを崩し、皮脂の過剰分泌を過剰にしてしまいます。角栓のない綺麗な肌を保つためには、ストレスをためないで適度にリフレッシュをすること。体を動かしたりするのも効果的ですよ!

角栓を解決しないケアは他にもたくさん

綿棒を使ったとり方の他にも、たくさんの角栓ケア法があります。ここで覚えていてほしいことは、どの方法も根本的には解決しないこと。一時的に角栓が取れるのは間違いありませんが、取れてももちろん再発してしまいます。​

角栓パック

​市販で購入できる鼻の角栓パック。角栓が芯からごっそり取れるのが目に見えてわかるので、もしかしたら癖になってしまっている人もいるでしょう。しかし、角栓パックは肌の必要最低限となる皮脂も一緒に失ってしまいます。乾燥肌の原因となる他、毛穴を防ごうと大量の皮脂を分泌してしまい、毛穴のつまりの原因にもなってしまうのです。​

角栓の押し出し

​指や綿棒で無理矢理押し出すのもNG。にゅるっと抜けて爽快な気分になるかもしれませんが、毛穴を余計に広げてしまいます。一度広がった毛穴は中々締まらず、開きっぱなしの状態になってしまうのです。また、無理矢理押し出すと皮膚も傷ついてしまい、跡が残ってしまいます。角栓どころか肌の皮膚そのものにもダメージを与えてしまうのです。​

オロナイン

​綿棒とオイルを使ったとり方が流行ると同時に、オロナイン+角栓パックを使ったやり方もネットで話題になっていますね。角栓パックをする前にオロナインを塗るというやり方なんですが、これは肌が乾燥してしまうやり方なのでNGです。そもそもオロナインはニキビ予防や擦り傷・切り傷を和らげる薬です。角栓を取るためのものではないので返って肌荒れを引き起こしてしまいます。​

ピンセット

​ピンセットも押し出すと同様、取れた時はなんとも言えない爽快感を実感すると思います。しかしこれも毛穴・皮膚にダメージを与えてしまいます。もしかするとピンセットに汚れがついている可能性も考えられますね。​

オリーブオイル

​オリーブオイルを肌に塗って角栓を浮き立たせる。直接肌に負担をかけるわけではないので正しいケア方法に近いやり方です。ですが、敏感肌だとオリーブオイルの成分が肌荒れの原因となってしまいます。オリーブオイルで角栓を取るのであれば、長時間置くのではなくサッと塗ってさっと落とすようにしましょう!また、使用するオリーブオイルも肌に優しい植物性のオイルを選ぶとGOOD。

アッキー
オロナインの角栓パックは正しいケア法だと思っていたんですけど実際そうではないんですね。

はるこ先生
そう。オロナインだけでなくて上記のやり方ほとんどが誤ったケア方法なんです(泣)前に紹介した正しい角栓のとり方をやっぱり実践するのが一番よ!

 そもそも角栓とはなに?

角栓は皮脂や汚れと角質の混ざったもの

角栓は、簡単に説明すると顔の毛穴に詰まった皮脂や角質のことをいいます。角栓を構成する成分は約7割がタンパク質、残りの3割が脂質(皮脂)と言われています。タンパク質=角質として認識することができるので、角栓の原因は皮脂汚れより、肌の問題のほうが大きいのです。
また、肌トラブルの原因や毛穴のトラブルを引き起こす角栓は、実を言うと外部の細菌から毛穴を守る役割を果たしています。

角栓の黒ずみの正体

黒く変色してしまった角栓は、ブツブツしたいちごみたいになってしまいます。その原因は角栓が空気に触れて酸化してしまうから。この黒ずみはしばらく経つと、色素沈着しシミ・くすみの原因になります。どんなに角栓除去やスキンケアで対策したとしても、紫外線から肌を守ろうと働くのでなかなか改善しないでしょう。​色素沈着してシミ・くすみになる前に早急な対応が必要になってきます

角栓のできる原因

​角栓が主にできる原因は3つ!

  • 肌の乾燥
  • ターンオーバーの乱れ
  • 過剰な皮脂の汚れ

 上記3つが原因と考えられます。みなさんももしかしたら心あたりがあるかもしれませんね。

肌の乾燥

角栓の約3割が皮脂で作られていますが、実は乾燥が原因で角栓が詰まることがあるのです。肌が乾燥すると毛穴の伸縮が悪くなり、毛穴が詰まりやすくなります。乾燥肌は外の空気や日々のスキンケア、食生活が原因で起こることが多いのでしっかり保湿することを心がけましょう。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの乱れが原因で角栓ができてしまうことも。ターンオーバーが正常に繰り返さなければ、どんどん古い角質が溜まっていき、角栓として目立ってしまうのです。

過剰な皮脂の汚れ

角栓が生成される成分となる皮脂が多いオイリー肌の人は角栓ができやすくなります。このように皮脂の分泌量が元々多い人は、乾燥が原因だったりすることもあります。食事で脂質を摂りすぎている人も角栓ができやすくなりますよ!

角栓を放置は肌トラブルを招く

過剰な皮脂の汚れ

角栓が生成される成分となる皮脂が多いオイリー肌の人は角栓ができやすくなります。このように皮脂の分泌量が元々多い人は、乾燥が原因だったりすることもあります。食事で脂質を摂りすぎている人も角栓ができやすくなりますよ!

角栓を無理矢理取り出すのはよくない……。だからといって放置するのもよくありません。角栓を放置した状態でそのままにしておくと、ニキビや毛穴の黒ずみを作る原因となってしまいます。

ニキビ

ニキビの元となるアクネ菌が角栓を餌とし繁殖してしまう可能性があります。そうなると炎症を起こしてしまい「赤ニキビ」の原因となってしまうのです。

毛穴の黒ずみ

毛穴黒ずみは前述したとおり、角栓が空気に触れて酸化してしまうことでできてしまいます。

鼻の角栓は取るよりじっくり解消が◎

鼻の角栓がなくなれば一気に顔の印象が変わります。でも角栓が目立つと化粧ノリも悪くなるし、肌もくすんで見えてしまいます。改善するためには、角栓パックや綿棒を使って無理やり取るのではなく、肌のターンオーバーを正常化させ、自然に取れていくように心がけることです!每日の肌ケアを怠らず、気を遣うだけで鼻の角栓は自然と取れていきます。綿棒やオリーブオイルを使えば、確かに一時的に角栓を取ることができます。でもそれは返って逆効果になる時があるので気をつけてくださいね!

はるこ先生
日々の生活習慣からはまずは見直しておきたいわね!
アッキー、コレは女性に限ることではないわよ。男性も一緒なんだから。

アッキー
はい、僕も少し生活習慣から見直していきたいと思います><正しい改善方法できれいな肌、手に入れたいですね!