黄ニキビには潰すタイミングがある!?跡を残さずに潰すなら皮膚科へ

黄ニキビには潰すタイミングがある!?跡を残さずに潰すなら皮膚科へ

あっ、黄ニキビ、潰す!って、ちょっと待ってください。それは本当に潰してもいいニキビですか?そしてどんな方法で潰すのですか?正しい方法で膿と芯を出さないと跡が残ってしまいます。綺麗に治したい人は皮膚科で処置してもらうのもおすすめです。

黄ニキビは潰す?潰さない?

結論から言うと、潰していい黄ニキビはあるのです。けれど、やはりためらいますよね……。そして怖いです。跡にならないかな?とも心配です。そこで「私のこのニキビ、潰してもいいのかな……」と悩むのもわかります。ネットでも「潰す派」、「潰さない派」と両極に別れているよう。冒頭で潰してもいい黄ニキビはあるとお伝えしました。けれどその「潰していい」ニキビとは?潰すには?そして皮膚科では?と知っておくべき注意点はいろいろなのです。

黄ニキビを潰す・潰さないの基準

潰しても良いと言われている黄ニキビ

潰してもいい黄ニキビは確かにあるのですが、本来なら潰すことをおすすめするわけではないのです。なぜかというと進行が進んだニキビであっても「自然治癒」するからです。確かに自然治癒を待つということは、いら立ちがあったり、テンションも落ちてしまいがちです。

けれど確かに潰した方がいい、というニキビがあることも事実です。というのもなにかの拍子で潰れてしまい、跡になってしまうケースがあるからです。そういった今にも潰れそうという、黄色っぽい膿がたまっているだけのニキビの最後の姿であれば安全な方法で潰した方がいいということもあり得ます。

膿が見えていて痛みのないもの

痛みがないということであれば、それは炎症が終わった段階のニキビであると言えます。するとニキビは黄ニキビと言えるもので、アクネ菌黄色ブドウ球菌と戦い終わった白血球の残骸が毛穴の中に残っているという状態です。すると潰してもリスクは低いでしょう。

潰すと跡が残りやすい黄ニキビ

膿が深くにあり痛みを伴うもの

膿が深くにあるということは、もしかしたら炎症が深くまで達していた可能性があります。その肌の深いところで白血球が戦ったという可能性です。つまり真皮に炎症が起きていたという可能性です。

そして痛みを伴うのなら炎症は終わっていません。まだアクネ菌、黄色ブドウ球菌が活発な状態です。そのような場合は潰すのは危険です。跡が残りやすくなってしまいます。

周辺にも多くニキビがあるもの

このケースも注意が必要です。というのもニキビを潰したときに出る膿にはまだ、アクネ菌や黄色ブドウ球菌が残っている場合があるのです。すると膿を出したときに、それらの菌が広がり、周辺のニキビに付着して、周辺のニキビまで悪化してしまうことがあるからです。

はるこ先生
アッキー、潰してもいいニキビはあるのよ。でもなんだかドキドキしない?
アッキー
僕はまだちょっと怖いです。チキンって言わないでくださいね!

黄ニキビを潰すときの方法

私たちは皮膚科医ではありません。ですから黄ニキビを潰す際は慎重に、丁寧に行わないと、後で後悔してしまうこともありえます。そのため以下のステップを踏んでみてください。

①黄ニキビと使う道具を消毒する

まずお裁縫箱から最も細い針を探しましょう。そしてガーゼまたはコットン、マキロンなどの消毒液を用意してください。

そして針と、ガーゼやコットン、そして黄ニキビを消毒液で消毒します。手も良く洗い、消毒しておきます。

②表面だけを刺す

ニキビというのは毛穴の中に袋を作ります。その袋の出口を作れば、膿は出てきます。そして袋の深部、底まで針を刺してはNGです。それは針が真皮に達してしまう恐れがあるからです。針を刺すとその袋が破れる、プチっとした感覚があると思います。針を刺すのはここまでです。

ニキビの膿が入っている袋に出口を作る、ということを意識してやってみてください。

③優しく膿と芯を出す

この時は針を刺した黄ニキビに指で少々圧力をかけなければなりません。ですがあくまでも「優しく」行ってください。圧力が弱くても優しくであっても、ニキビの芯も膿も出てきます。

そして膿を出し切らないという点もポイントです。膿は多少残っても構わないのです。残った膿は自然に分解されます。逆に膿をとろうと力をかけすぎると、それが真皮を傷つける可能性もあり、膿を出し切ろうとしいよう意識してみて下さい。

④黄ニキビの膿や血を水で洗う

やってしまいがちなのが、潰したニキビを「お湯で洗う」という行為です。けれどそれはNGです。潰したニキビはお湯では刺激が強すぎること、血が出ている場合は、血流がアップすることで血が凝固できなくなってしまいます。そのため潰した後のニキビは流水で洗い流した方がいいのです。また以下でお伝えしますが「熱いお湯で消毒する」という行為もNGなのです。そして消毒も行わないでください。潰したニキビは傷です。傷口を消毒すると治りにくなってしまいます。現在は医学的にもそれが通説となっているようです。

潰した後にオロナインは効果なし!理由は?

潰したニキビにオロナインを使わないほうがいいでしょう。さきにお伝えした通り、潰したニキビは傷口です。するとオロナインには殺菌効果があるために、それも一種の消毒となってしまいます。そのためオロナインは塗らないでください。

⑤キズパワーパッドを貼る?(湿潤療法)

潰したニキビを保護する意味でもキズパワーパッドはおすすめです。通常の絆創膏とキズパワーパッドはは仕組みが違っていて、キズパワーパッドの傷の治療法はモイストヒーリングとも呼ばれます。これはハイドロコロイド粒子とポリウレタンフィルムでできていて、そのハイドロコロイド粒子が、傷を乾かさず、湿潤液を吸ってゼリー状に膨らまみます。そしてポリウレタンフィルムは水も細菌も通しません。

この湿潤療法というのは潰れたニキビ、傷口から分泌される湿潤液(透明な液に気が付くこともあると思います)、を傷口の治療に活かしたものです。湿潤液には主に、傷の消毒、細胞の修復という効果を持ち、「痛みもなく」、「早く」、「きれいに」治すことができるのです。

使用するときのポイントですが、消毒したり、薬を塗ったりせず、流水で患部を洗い流した後キズパワーパッドを貼るという点です。

キズパワーパッドはこまめに貼りかえる必要もないのですが、例えばポリウレタンフィルムの端がはがれてきたときなどは、細菌の混入を避けるという意味から、その場合は張り替えましょう。

また注意しなければならない点もあり、その潰したニキビに赤みがある、ズキズキと痛む、熱を持つ、腫れるなどの症状、また膿が増えていくという症状があるときは注意です。それは感染している傷のため、キズパワーパッドの使用を中止しましょう。

キズパワーパッドは普通サイズ、10枚入りが1,020円(税込)ですが、Amazonでは806円(税込)で取り扱いがあります。メーカーはジョンソン・エンド・ジョンソンです。

気になる人はコチラをCheck!

アッキー
むしろ、消毒しないほうがいいなんて、知りませんでした!
それが正しいんですね!
はるこ先生
そうよ。アッキー。
もし、アッキーが黄ニキビを潰すとしても、正しい方法がもうわかったわよね!

跡を残さず潰したいときは皮膚科へ

気になるいつまでも皮膚にある黄ニキビ。気にならない方はいませんよね。けれど自分で潰すと跡になるんじゃ……、セルフで潰すことに自信がない……そんな時は皮膚科で潰してもらうという方法もあるんです!

皮膚科で潰すときの方法

この皮膚科での治療を面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)と呼びます。方法はレーザーや極細の針などを使ってニキビに刺し、毛穴の中にあるものを押し出すという方法です。押し出すときに使うものは「面皰圧出器」と呼ばれるもので、メカニズム自体は薬局などで買えるコメドプッシャーと同じものです。

ですが今潰そうとしているのは、膿を持った黄ニキビです。その黄ニキビを面皰圧出器を自分で使い、膿を出すことはかなりの危険でもあります。

これは黄ニキビの膿だけに対応したものではなく、黄ニキビではない、毛穴に詰まった古い角質と皮脂が混ざり合ってできている角栓の治療にも使われます。またその毛穴の中に毛が混入していても、それも押し出されます。

そしてレーザーで穴を開ける場合、そのレーザーの熱によって皮脂腺がダメージを受け、その箇所に再度ニキビができるということもなくなるのです

自分でニキビを潰す場合と大きく違うのは、皮膚科では使用するものすべて、手なども完璧に殺菌されているので、悪化を防ぐことができる、周辺の皮膚組織を壊す心配がない、そのため跡が残らないという点もメリットです。

すると黄ニキビができていた毛穴が大掃除されるため、早く治る、きれいに治るという点からもセルフでニキビを潰すのはちょっと……という方におすすめです。

潰す+ケアでかかる料金

この面皰圧出は医療行為なので、保険が効きます。1つのニキビで約1000円と考えるといいでしょう。そして初診であれば初診料もかかりますし、薬が出る場合はそれにプラスして処方箋料、薬代もかかります。

初診料は2,800円程度、処方箋料が680円、薬代が1,000円から3,000円程度とみてください。

はるこ先生
アッキーはセルフ派?皮膚科派?
どうせ皮膚科に行くんでしょう?
アッキー
いえ、僕は黄ニキビを作らない努力派です!なので、黄ニキビを作らない、努力の方法が知りたいです!

黄ニキビを綺麗に治す方法

生活習慣に気をつけて自然治癒する

黄ニキビがぽつっとできてしまった時、それはもしかしたら、生活習慣と関係があるかもしれません。食生活、睡眠、ストレスなどです

まず食生活ですが、油っこいもの、添加物がたっぷりな食べ物はさけたほうが良いです。肌もタンパク質で作られていますから、鶏ささみ、豚、大豆食品なども積極的に取り入れましょう。ビタミンEは肌細胞の酸化を防ぐ役割も持っています。アーモンド、ピーナッツなどにも含まれています。

またニキビに効果的な栄養素は、なかでも肌にうるおいを与えるビタミンA、そしてビタミンB2、ビタミンB6です。B2とB6は皮脂の分泌を抑制してくれます。鶏レバー、ひじき、アーモンドにも含まれます。またビタミンC、Eもニキビ対策に効果的で、同時に摂ることで、抗酸化の効果はアップします。

また食物繊維も大切です。腸内環境を整えなければ、ニキビに悪影響だからです。もし、なかなか摂れないな、と感じる場合はサプリなどを利用してもいいでしょう。

そして睡眠も大切です。22時から2時の間に脳から分泌される成長ホルモンは美肌のホルモンといわれるだけあり、ニキビ予防・改善にも効果的です。その間に眠ることは美容にもとても大切なのです。また寝る前の1時間はパソコンやスマートフォンを見るのは避けたほうが良いです。よく言われることですが、やはり寝つきが悪い、睡眠の質も悪いということにつながってしまいます。

またストレスとニキビの関係も深いのです。ストレスを感じると人間は攻撃態勢になります。すると交感神経が活発となるのです。交感神経が副交感神経より優位に立つと、皮脂が過剰に分泌されます。またストレスを感じたとき、脳の視床下部は男性ホルモンを分泌させます。それもやはり皮脂の過剰な分泌につながり、ニキビには良くありません。

ファストフードなど手軽で安価な食品は、どこにでもありますが、なるべくならそれらを避けてバランスのいい食事を摂ることをおすすめします。特に和食は世界的にも見直されつつあり、自然とバランスのいい栄養素を摂ることができます。そして質の良い睡眠をたっぷりとり、自分なりのストレス解消法を見つけておけば、ニキビも早く自然治癒に向かうでしょう。

皮膚科で薬をもらう

黄ニキビで皮膚科を訪れると、塗り薬では、まず毛穴の出口を作るための薬が処方されます。そしてアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺すための抗生物質が処方されます。黄ニキビは化膿している状態なのでステロイド剤が処方されることもあります。

また飲み薬は、抗生物質、抗炎症剤、ビタミン剤などが処方されます。

ただし特にビタミン剤以外の飲み薬では、肌の善玉菌まで殺してしまうリスクもあり、また耐性菌ができてしまうなどで、ニキビができやすい、薬を使っても治らないなどの状態になってしまう恐れもありますから、医師の指示を守り、長期服用はやめておいてください

黄ニキビを潰すのは決められた症状で

ニキビを潰すことは、今では皮膚科医も行っていることです。ですから安全なのだ……とは言い切れません。私たち素人がニキビを自分で潰すことにはやはり大きなリスクも伴うのです。それは肌組織の損傷です。するとニキビが凹凸やクレーターなど後に残ってしまう危険性もあるからです。そうはいっても潰してしまいたいと思う黄ニキビもあるでしょう。そんなときは鏡で「本当に自分で潰してもいいニキビなのか」を見極め正しい方法で潰すことが大切です。