黄ニキビには潰すタイミングがある!?跡を残さずに潰すなら皮膚科へ

黄ニキビは潰す?潰さない?

結論から言うと、潰していい黄ニキビはあるのです。けれど、やはりためらいますよね……。そして怖いです。跡にならないかな?とも心配です。そこで「私のこのニキビ、潰してもいいのかな……」と悩むのもわかります。ネットでも「潰す派」、「潰さない派」と両極に別れているよう。冒頭で潰してもいい黄ニキビはあるとお伝えしました。けれどその「潰していい」ニキビとは?潰すには?そして皮膚科では?と知っておくべき注意点はいろいろなのです。

まず自分のニキビがどのタイプかわからない…という方にはこちらの記事がおすすめです。

黄ニキビを潰す・潰さないの基準

潰しても良いと言われている黄ニキビ

潰してもいい黄ニキビは確かにあるのですが、本来なら潰すことをおすすめするわけではないのです。なぜかというと進行が進んだニキビであっても「自然治癒」するからです。確かに自然治癒を待つということは、いら立ちがあったり、テンションも落ちてしまいがちです。

けれど確かに潰した方がいい、というニキビがあることも事実です。というのもなにかの拍子で潰れてしまい、跡になってしまうケースがあるからです。そういった今にも潰れそうという、黄色っぽい膿がたまっているだけのニキビの最後の姿であれば安全な方法で潰した方がいいということもあり得ます。

膿が見えていて痛みのないもの

痛みがないということであれば、それは炎症が終わった段階のニキビであると言えます。するとニキビは黄ニキビと言えるもので、アクネ菌黄色ブドウ球菌と戦い終わった白血球の残骸が毛穴の中に残っているという状態です。すると潰してもリスクは低いでしょう。

潰すと跡が残りやすい黄ニキビ

膿が深くにあり痛みを伴うもの

膿が深くにあるということは、もしかしたら炎症が深くまで達していた可能性があります。その肌の深いところで白血球が戦ったという可能性です。つまり真皮に炎症が起きていたという可能性です。

そして痛みを伴うのなら炎症は終わっていません。まだアクネ菌、黄色ブドウ球菌が活発な状態です。そのような場合は潰すのは危険です。跡が残りやすくなってしまいます。

周辺にも多くニキビがあるもの

このケースも注意が必要です。というのもニキビを潰したときに出る膿にはまだ、アクネ菌や黄色ブドウ球菌が残っている場合があるのです。すると膿を出したときに、それらの菌が広がり、周辺のニキビに付着して、周辺のニキビまで悪化してしまうことがあるからです。

undefined
はるこさん
あっきー、潰してもいいニキビはあるのよ。でもなんだかドキドキしない?
undefined
あっきー
僕はまだちょっと怖いです。チキンって言わないでくださいね!

黄ニキビを潰すときの方法

私たちは皮膚科医ではありません。ですから黄ニキビを潰す際は慎重に、丁寧に行わないと、後で後悔してしまうこともありえます。そのため以下のステップを踏んでみてください。

①黄ニキビと使う道具を消毒する

まずお裁縫箱から最も細い針を探しましょう。そしてガーゼまたはコットン、マキロンなどの消毒液を用意してください。

そして針と、ガーゼやコットン、そして黄ニキビを消毒液で消毒します。手も良く洗い、消毒しておきます。

②表面だけを刺す

ニキビというのは毛穴の中に袋を作ります。その袋の出口を作れば、膿は出てきます。そして袋の深部、底まで針を刺してはNGです。それは針が真皮に達してしまう恐れがあるからです。針を刺すとその袋が破れる、プチっとした感覚があると思います。針を刺すのはここまでです。

ニキビの膿が入っている袋に出口を作る、ということを意識してやってみてください。

③優しく膿と芯を出す

この時は針を刺した黄ニキビに指で少々圧力をかけなければなりません。ですがあくまでも「優しく」行ってください。圧力が弱くても優しくであっても、ニキビの芯も膿も出てきます。

そして膿を出し切らないという点もポイントです。膿は多少残っても構わないのです。残った膿は自然に分解されます。逆に膿をとろうと力をかけすぎると、それが真皮を傷つける可能性もあり、膿を出し切ろうとしいよう意識してみて下さい。

④黄ニキビの膿や血を水で洗う

やってしまいがちなのが、潰したニキビを「お湯で洗う」という行為です。けれどそれはNGです。潰したニキビはお湯では刺激が強すぎること、血が出ている場合は、血流がアップすることで血が凝固できなくなってしまいます。そのため潰した後のニキビは流水で洗い流した方がいいのです。また以下でお伝えしますが「熱いお湯で消毒する」という行為もNGなのです。そして消毒も行わないでください。潰したニキビは傷です。傷口を消毒すると治りにくなってしまいます。現在は医学的にもそれが通説となっているようです。

潰した後にオロナインは効果なし!理由は?

潰したニキビにオロナインを使わないほうがいいでしょう。さきにお伝えした通り、潰したニキビは傷口です。するとオロナインには殺菌効果があるために、それも一種の消毒となってしまいます。そのためオロナインは塗らないでください。

⑤キズパワーパッドを貼る?(湿潤療法)

潰したニキビを保護する意味でもキズパワーパッドはおすすめです。通常の絆創膏とキズパワーパッドはは仕組みが違っていて、キズパワーパッドの傷の治療法はモイストヒーリングとも呼ばれます。これはハイドロコロイド粒子とポリウレタンフィルムでできていて、そのハイドロコロイド粒子が、傷を乾かさず、湿潤液を吸ってゼリー状に膨らまみます。そしてポリウレタンフィルムは水も細菌も通しません。

この湿潤療法というのは潰れたニキビ、傷口から分泌される湿潤液(透明な液に気が付くこともあると思います)、を傷口の治療に活かしたものです。湿潤液には主に、傷の消毒、細胞の修復という効果を持ち、「痛みもなく」、「早く」、「きれいに」治すことができるのです。

使用するときのポイントですが、消毒したり、薬を塗ったりせず、流水で患部を洗い流した後キズパワーパッドを貼るという点です。

キズパワーパッドはこまめに貼りかえる必要もないのですが、例えばポリウレタンフィルムの端がはがれてきたときなどは、細菌の混入を避けるという意味から、その場合は張り替えましょう。

また注意しなければならない点もあり、その潰したニキビに赤みがある、ズキズキと痛む、熱を持つ、腫れるなどの症状、また膿が増えていくという症状があるときは注意です。それは感染している傷のため、キズパワーパッドの使用を中止しましょう。

キズパワーパッドは普通サイズ、10枚入りが1,020円(税込)ですが、Amazonでは806円(税込)で取り扱いがあります。メーカーはジョンソン・エンド・ジョンソンです。

気になる人はコチラをCheck!

undefined
あっきー
むしろ、消毒しないほうがいいなんて、知りませんでした!それが正しいんですね!
undefined
はるこさん
そうよ。あっきー。
もし、あっきーが黄ニキビを潰すとしても、正しい方法がもうわかったわよね!

黄ニキビを潰したその後のケア

潰して膿を出し、湿潤ケアを終えた肌をどのようにケアしていけばよいのかを解説していきます。湿潤ケアをしてニキビが治ったから終わり、というわけではありません。ここからが健康的な肌を保つためにも大切になってきます。

潰したあとのお肌はデリケート

湿潤ケアを終えた後の肌というのは、保湿ケアも十分に行えていないということもあってバリア機能も低下しているため、ひどくデリケートになっています。

そのため、湿潤ケアを終えた後には保湿ケアをきちんと行い、ダメージによって生成されるメラニンなどによる色素沈着を予防することも大切になってきます。

肌のバリア機能を高めて、外部からの刺激にも強くしていきましょう。きちんと肌が健康的な状態へ戻るまでは、紫外線などの外部刺激への対策もきちんと行っていきましょう。

ニキビ跡予防におすすめ化粧品2選

ニキビ跡を予防するためにはきちんと予防に有効な成分を配合しているものを使用するのをおすすめします。

なかでも編集部がおすすめしているのが、以下の2つの商品です。

ビーグレン ニキビ跡ケア

\肌を内部から徐々に改善していくなら/

Source: 公式サイト

ニキビ跡ケアトライアルセット

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:1,944円(税込)
  • 内容量:クレイウォッシュ 15g、QuSomeローション 20mL、Cセラム 5mL、QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g 
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ

ニキビ跡によくあるのが、デコボコのクレーターや色素沈着です。そんなニキビ跡を改善するのにおすすめなのが、ビーグレンのニキビ跡ケアシリーズです。

天然クレイによる吸着洗顔、ターンオーバーを整えることができる浸透力の高いローション、ピュアビタミンC配合のCセラム、ハリのある肌へと導くクリームのセットを使うことで肌を少しずつでも確実に改善することができます。

公式サイトを見てみる

シーボディ

\ビタミンCでキレイな肌を目指すなら/

Source: 公式サイト

シーボディ

  • 編集部評価:★★★★★総合94点
  • 価格:1,800円(税別)
  • 内容量:化粧水20ml、薬用美容液8ml、クリーム2g×7
  • メーカー:SiBODY

ニキビを始めとした肌トラブルに特に有効なのがビタミンCです。そのビタミンCを誘導体として配合していることで、成分を壊すことなく肌に与えることもでき、浸透してから確実にビタミンCが働くようになります。

美白効果や皮脂抑制といった効果で肌を綺麗にしていくことができます。

公式サイトを見てみる

跡を残さず潰したいときは皮膚科へ

気になるいつまでも皮膚にある黄ニキビ。気にならない方はいませんよね。けれど自分で潰すと跡になるんじゃ……、セルフで潰すことに自信がない……そんな時は皮膚科で潰してもらうという方法もあるんです!

皮膚科で潰すときの方法

この皮膚科での治療を面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)と呼びます。方法はレーザーや極細の針などを使ってニキビに刺し、毛穴の中にあるものを押し出すという方法です。押し出すときに使うものは「面皰圧出器」と呼ばれるもので、メカニズム自体は薬局などで買えるコメドプッシャーと同じものです。

ですが今潰そうとしているのは、膿を持った黄ニキビです。その黄ニキビを面皰圧出器を自分で使い、膿を出すことはかなりの危険でもあります。

これは黄ニキビの膿だけに対応したものではなく、黄ニキビではない、毛穴に詰まった古い角質と皮脂が混ざり合ってできている角栓の治療にも使われます。またその毛穴の中に毛が混入していても、それも押し出されます。

そしてレーザーで穴を開ける場合、そのレーザーの熱によって皮脂腺がダメージを受け、その箇所に再度ニキビができるということもなくなるのです

自分でニキビを潰す場合と大きく違うのは、皮膚科では使用するものすべて、手なども完璧に殺菌されているので、悪化を防ぐことができる、周辺の皮膚組織を壊す心配がない、そのため跡が残らないという点もメリットです。

すると黄ニキビができていた毛穴が大掃除されるため、早く治る、きれいに治るという点からもセルフでニキビを潰すのはちょっと……という方におすすめです。

潰す+ケアでかかる料金

この面皰圧出は医療行為なので、保険が効きます。1つのニキビで約1,000円と考えるといいでしょう。そして初診であれば初診料もかかりますし、薬が出る場合はそれにプラスして処方箋料、薬代もかかります。

初診料は2,800円程度、処方箋料が680円、薬代が1,000円から3,000円程度とみてください。

undefined
はるこさん
あっきーはセルフ派?皮膚科派?
どうせ皮膚科に行くんでしょう?
undefined
あっきー
いえ、僕は黄ニキビを作らない努力派です!なので、黄ニキビを作らない、努力の方法が知りたいです!

黄ニキビを潰すメリット・デメリット

潰すという方法が楽であり、簡単であるためよく行われますが、そのメリットやデメリットといったものはどのようなものがあるのでしょうか?

 メリット

治る期間が短くなる

まず最初に挙げられるのが治る期間を短くすることができということです。

潰すことで膿を排出することにより、炎症を引き起こしている原因を極力排除することができるため、炎症自体が収まっていき、肌の回復にもつながります。

膿が自然に吸収されるまで待つよりもダメージの回復が早まると同時に、炎症ダメージも抑えられることで、他のケアも合わせて治る期間を短期間に収めることができるのです。

悪化や跡になるのを防げる

黄ニキビは治るのが遅くなれば遅くなるほど悪化やニキビ跡になる可能性が高くなります。

そのため、先に角質層を破壊するダメージを与える膿などの原因を排出することにより、それ以上の悪化や形成されるニキビ跡を予防することができるようになります。

特に黄ニキビに多いのがクレーター状のニキビ跡ですから、ボコボコの肌になる前にニキビを正しい手順で潰してなるべく綺麗な肌に保てるようにすることができます。

楽しい

ニキビを潰して、中の膿を排出することは意外と楽しいものです。しっかりと膿を排出できているということは、ニキビ悪化の原因を出せているという結果を見ることができるということでもありますから、人によっては結果がきちんとわかることで楽しさを感じるというのもあるでしょう。

しかし、楽しいからと言って潰し過ぎると逆効果になりますので、潰し過ぎには注意しましょう。

失敗した場合のデメリット

メリットは多くありますが、逆に失敗した場合のデメリットも意外と大きいのが潰すという改善方法です。

潰した跡ができる

ニキビを潰す際に、強く押し出すようにして奥に潜んでいる膿まで破裂させるような状態や、針を強く刺し過ぎてしまうと潰した跡ができてしまいます。

奥に潜んでいる膿を破裂させてしまうと、潜んでいた部分が破裂のダメージにより破壊してしまいます。強く刺し過ぎることで角質層が破壊されてしまったりすることで、クレーター状のニキビ跡ができてしまうのです。

ニキビが再発&悪化する

奥に潜んでいる膿が破裂すると、毛穴の内部に膿が広がることでニキビの原因菌も広がってしまいます。結果、ニキビが同じところに再発することはもちろん、逆にニキビを潰したところから悪化してしまうことにもなるのです。

黄ニキビは更に悪化すると紫ニキビという自分で治すには無理な状態になってしまうのです。

化膿ニキビを潰さない治し方

化膿してしまった黄ニキビというのは、実は潰す以外にも放置して治すという方法もあります。潰すのではなく放置しても大丈夫な理由について解説していきます。

黄ニキビは放置してもOK

黄ニキビは悪化しないように気を付けるようにしておけば、放置しておいても実は大丈夫なのです。

ダメージの原因にもなる膿というのは、放置していくことで体の中に自然に吸収されていくため、結果としてニキビが完治していくのです。そのため、潰さなくても治せるということで中には放置して治す方法を取る人もいます。

もちろん、こちらの場合は治すためにかなりの長期間を必要になってきますので、時間がないという人は潰してある程度ダメージを減らして治そうとするなどと賛否両論の意見が出ています。

専門家でも、ダメージを抑えるために潰す方が良いという意見があれば、逆に潰す方が大ダメージを受けるために放置した方が良いという意見に分かれているのです。

薬ならオロナインより抗生物質

薬を塗ることで改善を図ろうとする人もいます。

しかし、薬としてオロナインを塗るのならば、抗生物質を使用した方が効果的です。オロナインには殺菌効果や抗炎症作用はありますが、それ以外の効果は全く見込めません。炎症がすでにある程度落ち着いている黄ニキビにはオロナインの効果は全く見込めません

黄ニキビに薬を使うのであれば、黄色ブドウ球菌などにも効果的な抗生物質を使用した方が良いでしょう。

黄ニキビを綺麗に治す方法

生活習慣に気をつけて自然治癒する

黄ニキビがぽつっとできてしまった時、それはもしかしたら、生活習慣と関係があるかもしれません。食生活、睡眠、ストレスなどです

まず食生活ですが、油っこいもの、添加物がたっぷりな食べ物はさけたほうが良いです。肌もタンパク質で作られていますから、鶏ささみ、豚、大豆食品なども積極的に取り入れましょう。ビタミンEは肌細胞の酸化を防ぐ役割も持っています。アーモンド、ピーナッツなどにも含まれています。

またニキビに効果的な栄養素は、なかでも肌にうるおいを与えるビタミンA、そしてビタミンB2、ビタミンB6です。B2とB6は皮脂の分泌を抑制してくれます。鶏レバー、ひじき、アーモンドにも含まれます。またビタミンC、Eもニキビ対策に効果的で、同時に摂ることで、抗酸化の効果はアップします。

また食物繊維も大切です。腸内環境を整えなければ、ニキビに悪影響だからです。もし、なかなか摂れないな、と感じる場合はサプリなどを利用してもいいでしょう。

そして睡眠も大切です。22時から2時の間に脳から分泌される成長ホルモンは美肌のホルモンといわれるだけあり、ニキビ予防・改善にも効果的です。その間に眠ることは美容にもとても大切なのです。また寝る前の1時間はパソコンやスマートフォンを見るのは避けたほうが良いです。よく言われることですが、やはり寝つきが悪い、睡眠の質も悪いということにつながってしまいます。

またストレスとニキビの関係も深いのです。ストレスを感じると人間は攻撃態勢になります。すると交感神経が活発となるのです。交感神経が副交感神経より優位に立つと、皮脂が過剰に分泌されます。またストレスを感じたとき、脳の視床下部は男性ホルモンを分泌させます。それもやはり皮脂の過剰な分泌につながり、ニキビには良くありません。

ファストフードなど手軽で安価な食品は、どこにでもありますが、なるべくならそれらを避けてバランスのいい食事を摂ることをおすすめします。特に和食は世界的にも見直されつつあり、自然とバランスのいい栄養素を摂ることができます。そして質の良い睡眠をたっぷりとり、自分なりのストレス解消法を見つけておけば、ニキビも早く自然治癒に向かうでしょう。

皮膚科で薬をもらう

黄ニキビで皮膚科を訪れると、塗り薬では、まず毛穴の出口を作るための薬が処方されます。そしてアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺すための抗生物質が処方されます。黄ニキビは化膿している状態なのでステロイド剤が処方されることもあります。

また飲み薬は、抗生物質、抗炎症剤、ビタミン剤などが処方されます。

ただし特にビタミン剤以外の飲み薬では、肌の善玉菌まで殺してしまうリスクもあり、また耐性菌ができてしまうなどで、ニキビができやすい、薬を使っても治らないなどの状態になってしまう恐れもありますから、医師の指示を守り、長期服用はやめておいてください

黄ニキビをケアしながら肌の改善を目指すなら、こちらの記事で紹介している化粧品がおすすめです。

紫外線対策をする

黄ニキビが潰れた後は傷口となっているので、肌は無防備状態です。そのため紫外線の攻撃を受けやすく、メラニン色素をどんどん増やしてしまっては色素沈着になりやすいもの。そのため傷口が完全に治るまで外出をするときは帽子や日傘、口周辺ならばマスクでしっかりガードするようにしましょう。紫外線防止クリームは傷口につけると刺激を与えてしまうので、クリーム以外のアイテムで防止するようにすることが大切です。

また屋内で過ごす時も、日光の当たる場所で長時間過ごさないなどの気遣いもしましょう。顔以外の部位に黄ニキビが潰れてしまったときは、コットン100%の通気性の良い衣類を身につける他、できるだけ傷口に接触しないようゆったりサイズで軽めの生地の衣類を身につけると良いでしょう。

治す段階でやってはいけないこと

黄ニキビを治すには自然治癒も期待できますが、あまりに多くできてしまったり、大きく芯のある黄ニキビでは皮膚科で診察してアドバイスをもらうのが一番です。皮膚科では正しい方法で膿を除去してくれるので色素沈着などの跡を防ぐことができます。

しかし忙しい毎日を送っているとニキビ程度では皮膚科に行くのが億劫になってしまうのも事実。そこでつい自己流でニキビを治療してしまったり間違った行為をしがち。綺麗な肌に導きながら黄ニキビを治すことができるように、ここでやっていけない注意事項を今一度チェックしておきましょう。

ステロイドを使う

ステロイドと聞くと強めの薬でニキビのある顔にも塗って大丈夫?と心配になりがちですが、ステロイドには炎症を抑える糖質コルチコイドを使用しているため、ニキビに使用されるときは皮膚の表面に炎症が起こっている赤ニキビに有効です。またステロイドには強さのレベルがⅠ〜Vの5群に分かれており、赤ニキビなど顔の一部に使用されるのは弱(V群)〜中度(ⅠV群)のステロイドです。

黄ニキビでは膿が溜まっている状態ですので、ステロイドは役に立たないのがオチです。まして悪化してしまうこともあるので、黄ニキビにステロイドは使用しないことを覚えておきましょう。

オロナインなどの抗炎症薬を塗る

オロナインは外傷などの炎症を抑える軟膏薬ですので、ステロイド同様膿んでいる黄ニキビには効き目がありません。多くの家庭で常備薬として使用されているオロナインですが、作用を知らずに黄ニキビも効果あるのでは?と気軽に使用するのは良くありません。無駄遣いになってしまいますし、黄ニキビが治りにくくなることもあるので注意しましょう。

オロナインは赤ニキビなど炎症が起こっているニキビに使用すれば次の段階である黄ニキビを抑えることができます。またニキビ予防としてオロナインパックで毛穴に詰まった皮脂や黒ずみなどを綺麗に除去するのもオススメです。パックはあくまでもアクネ菌を増殖させない予防法として使用するようにしましょう。

氷で冷やす

痛みやかゆみをもつ黄ニキビがたくさんできてしまうと、氷でスカッと不快感を軽減したくなるでしょう。しかし、黄ニキビに氷を当ててしまうと血行が悪くなるので肌の再生がうまくできず、黄ニキビの治りに時間がかかってしまいます。黄ニキビ跡にも同様のことが当てはまるので、くれぐれもクレーターや色素沈着などの跡を残さないためにもむやみに氷を当てるのはやめましょう。

また氷が溶けて水分が肌やニキビに付着すると皮膚の水分が蒸発してしまい乾燥させてしまいます。乾燥はターンオーバーを乱してしまうほか、皮脂の分泌を活発にさせてしまうので毛穴の中に皮脂がたまりやすくなります。結果として皮脂を餌とするアクネ菌が増えてしまいニキビを悪化させるので気をつけましょう。

手で触る

基本的にニキビが完治しても少しでも黄ニキビ跡が残っている場合は手で触らないようにしましょう。ぽこっと膨らんだ黄ニキビが気になってしまいますが、手には多くの雑菌や埃などがたくさん付着しており黄ニキビを悪化させてしまうことがあります。かさぶたを無理やり剥がすのはもちろん、見た目は治っているようでも、アクネ菌が生きていることがあるのでむやみに触ってこじらせないようにしましょう。

膿や血などは出たときはすぐに拭かずに水で洗い落し、やわらかいタオルやティッシュで押さえて水分をとりましょう。もちろんティッシュなどニキビを扱うアイテムは衛生的な管理をしておくことが大切です。

メイクをする

男性なら問題ありませんが、女性にとって黄ニキビができてしまうのはメイクがスムーズにできないことに繋がります。しっかりメイクをしている場合は、ニキビを無理やりコンシーラーなどでべっとりとカバーしたくなりますが、ニキビがメイクの着色料などの添加物によって刺激を受けてしまい悪化することがあります。

さらにウォータープルーフタイプや厚手のメイクをするとクレンジングもそれなりにしっかり行う必要があるでしょう。つまりゴシゴシとこすってしまってはニキビや肌に摩擦を与えやすくなり負担をかけます。またすすぎにも時間がかかりニキビの改善に時間がかかってしまうでしょう。

ニキビができているときはできるだけ、ナチュラルメイクにしてニキビ用のスキンケア製品を使用することをオススメします。ニキビ用ですと殺菌作用のあるスキンケア製品が見つかるのでニキビの改善や予防をサポートしてくれます。またオイリー肌では、濃密な泡の立つ洗顔石鹸を使用すれば肌やニキビに負担をかけずにすっきり毛穴の汚れを落とすことができるでしょう。

さらに低刺激な成分を使用していることも大切なポイントです。パラベンなどをはじめとする肌に刺激のある添加物を配合しているものはニキビには良くないので、できるだけ多くの添加物フリーな製品を使用するようにしましょう。

黄ニキビにまつわるQ&A

​ 黄ニキビに関する素朴な疑問をここで解消しましょう。赤や白などニキビには様々なタイプがありますが、それぞれ特徴があり治療薬も異なります。またニキビはそれぞれがいきなりできるのではなく、段階を追って色や症状が変化していくものです。黄ニキビはその中でも最終段階に近い膿を持ったニキビとしてどのような症状が起こるのでしょうか。

「これはどうして?」ちょっとしたことでも知っている、知らないとではニキビ治療に差がつくでしょう。黄ニキビをしっかり治しニキビ跡を残さないためにもここで予備知識を蓄えておきましょう。

黄ニキビを潰して跡が残る人と残らない人がいるのは何故?

一般的に黄ニキビを潰すと跡が残るため控えるようにアドバイスされています。それにも関わらず、少なくとも一生に一回は黄ニキビを潰したことのある方も多いもので、中には特にニキビ跡が残らなかったというケースもたくさんあります。それは、人によって体質が異なり、またどのくらい免疫力があるのか、さらにニキビの症状によってニキビ跡が左右されるからです。そのためたくさん黄ニキビを潰してもクレーターにならなかった、逆に数回潰しただけなのに色素沈着が起こってしまったという予想以外の結果になることも良くあることです。とりわけ黄ニキビが頻繁に起こりやすい方は、規則正しい生活を送ったり、正しいスキンケアなどを実行することで免疫を高めたり黄ニキビを軽く抑えるようにしましょう。

膿や血と一緒に出てくる透明の液は何?

透明な液体は「滲出液」と言われるもので、一見雑菌などが混ざって不潔なもののように思えますが、実は皮膚の回復をサポートする大切な液なのです。滲出液は薄黄色いものもあり、液内にはサイトカインをはじめとする傷治療成分が豊富に含まれているため自然治療薬とも言えるでしょう。そのため滲出液はできるだけ除去せずに、潰れた黄ニキビを浸しておくことが大切です。そのため絆創膏などを使用して傷口を満遍なく滲出液で満たすことで効果的な治療が期待できるでしょう。

何故血が出てくるの?

黄ニキビが潰れた時に出血が起こるのは、皮膚の内部である真皮層の毛細血管にダメージを与えてしまうからです。打撲などの衝撃を受けた時に、体の他の部位でも内出血を起こすメカニズムと同様です。そして黄ニキビが潰れた瞬間に膿や滲出液と一緒に排出されるのです。この内出血が起こると皮膚内に血液が沈着してニキビ跡が残りやすくなるので、ニキビは故意に潰さない方が良いと言われるのでしょう。黄ニキビができても我慢をして自然治癒を待つか、適切な治療法で改善するのが良いと言えます。結局は早く綺麗な肌に近づくことができるでしょう。

黄ニキビを潰すのは決められた症状で


ニキビを潰すことは、今では皮膚科医も行っていることです。なので安全です!……とは言い切れません。

私たち素人がニキビを自分で潰すことにはやはり大きなリスクも伴うのです。それは肌組織の損傷です。するとニキビが凹凸やクレーターなど後に残ってしまう危険性もあるからです。そうはいっても潰してしまいたいと思う黄ニキビもあるでしょう。そんなときは鏡で「本当に自分で潰してもいいニキビなのか」を見極め正しい方法で潰すことが大切です。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事