おすすめ美白化粧水ランキング!きれいな肌へこの1本から改革

おすすめ美白化粧水ランキング!きれいな肌へこの1本から改革

美白化粧水は、キレイを作るためのスタートライン。今回はその中から、とっておきのBEST15を厳しい目で厳選してきました。もちろんプチプラアイテムや使い方までばっちり網羅。「5年後のなりたい自分」を実現できる1本を、ぜひ見つけてください。

美容研究家が徹底調査したおすすめ美白化粧水

化粧水はスキンケアのはじめであり、スタートライン。ただ水分を与えるだけでなく、美容成分の行き届きやすい肌に整え、毎日の肌作りに不可欠なアイテムです。その化粧水に「美白」の効果を与えることで、気になるシミやそばかす、くすみに対抗しませんか。

「美白は気になっているけど、何を使っていいかわからない」「そろそろ年齢的にシミが気になる……」そんなあなたも、是非お立ち寄りを。

美白美容液を使い今からしっかりとケアすることで、5年後に同年代と比べて自慢できる肌が作れるかもしれません。始めるも、始めないもあなた次第。でも、きっとあなたにピッタリの1本が、あなたが探し出してくれることを待ちわびているはずです。

アッキー
化粧水って肌にうるおいを与えるだけじゃなく、美白の働きがあるものもあるんですね。シミやそばかすが気になる年代には、聞き流せない話ですよね。ね?はるこ先生!
はるこ先生
んもー、確かに私は30を過ぎてるから、聞き流せない話よ。聞き流せないどころか、美白成分を研究して今ではビタミンC誘導体が肌で働いている様子を肉眼で確認できるレベルになったわ。
アッキー
うっ、さすが100種類以上に及ぶ成分を研究しているはるこ先生はダテじゃありませんね……!ビタミンCってどんな姿をしているんだろ……(*’ω’*)
はるこ先生
冗談に決まってるでしょ。でも、それぞれの美白成分が肌でどんな役割をしてくれるのかはすぐにイメージできるくらい研究済みよ。そんな私の知識と、アッキーのリサーチ力で、今回はその「美白美容液」のベストアイテムをチェックすることにしましょう。さぁアッキー、早速美白化粧水の買い出しよ!
アッキー
や、やっぱり僕は買い出し係になるんですね!?えーん、わかりました、買ってきます~((+_+))

美白化粧水の失敗しない選び方

美白化粧水を始めるのにとっても大切なこと、それは選び方。化粧品メーカーも「売る」ために本気を出していますから、パッケージなどで「これは良さそう!」と思っても、成分的にはイマイチ……と言うこともあるのです。そこで、購入する際にチェックしておきたいことを確認しておきましょう。

美白有効成分は何が入っているか確認

せっかく美白に活用するならば、美白有効成分がきちんと配合されているかをチェックしましょう。

「ホワイト○○」など、いかにも美白用のスキンケアアイテムのような名前がついていても、実際にはほとんど美白効果を期待できない内容であることも多々あります。

注目は名前ではなく成分です。購入前はパッケージをくるりと回し、成分チェックをしましょう。ここでは、よく使われる美白有効成分を一覧にしてみました。あくまで一部であり、他にも多くの有効成分が存在します。これらはすべて厚生労働省に認可された、「シミ・そばかすを防ぐ」働きがあると認められた成分です。

美白と言う名前から「肌が白くなる」と思われがちですが、美白成分に肌を白くしたりシミを消す力はありません。唯一、還元作用のあるビタミンC(誘導体)に弱いながらもその働きが期待できるという程度です。

美白有効成分働きや特徴
ビタミンC誘導体水溶性と脂溶性があり、化粧水に使われるのは主に水溶性。ビタミンCの不安定さをなくすため、他の物質と合わせ安定させている。シミの予防と還元の働きがある。
ピュアビタミンC肌ですぐに働くものの、壊れやすく不安定。化粧品に配合されるものはカプセルに包まれたりと守られて配合されていることが多い。
アルブチンコケモモや梨に含まれる成分。アミノ酸の一種「チロシン」を「メラニン」に変化させる酵素「チロシナーゼ」の働きに直接作用し、シミを防ぐ。
エラグ酸ベリー類に含まれるポリフェノール類の美白成分。チロシナーゼの働きを抑制されるとされ、海外ではサプリメントにもなっている。
ルシノールポーラが開発した独自成分。チロシナーゼが作られることを阻害し、シミを防ぐ。
プラセンタエキス牛や豚の胎盤から抽出される成分で、化粧品では主に豚が使用される。チロシナーゼを抑制する働きがある。
カモミラET植物のカモミールから抽出された、花王独自の美白成分。メラニンを作り出すメラノサイトへの指令を抑制し、メラノサイトの活性化を抑える。
4MSK(4-メトキサリチル酸カリウム塩)資生堂が開発した独自成分。サリチル酸誘導体で、チロシナーゼの働きを抑えるだけでなく、溜まったメラニンの排出を助けるとされる。
トラネキサム酸肝斑の飲み薬としても有名な成分。メラニンの生成抑制とともに、抗炎症の働きが期待される。肝斑は「刺激」も原因にあるとして、トラネキサム酸が多く使われる。
アッキー
選び方の基本はここから。美白有効成分が配合された化粧水を選びましょう。ただし、一定の効果を得るためには濃度も重要です。一定以上の濃度で入っていると化粧品ではなく「医薬部外品」になりますよ。これについてはのちの項目で詳しく見ましょう。

保湿成分が入っているか

次に、保湿成分についてもチェックしておきましょう。多くの人は、化粧水に「うるおい」を求めるでしょうから、化粧水としての保湿力も大切。保湿成分にはどんなものがあるでしょうか。

保湿成分主な働きポイント
ヒト型セラミド角質細胞の隙間を埋め、角質からの水分蒸発を防ぐ。肌そのものが水を蓄えていけるように変えていくパッケージに「セラミド配合」と書いてあっても、成分表示に「セラミド」と書いて無ければヒト型セラミドではない。
油溶性なので乳液などに配合されているものがおすすめ
疑似セラミドセラミドに似せて作られたもの
蒸発を防ぐ
ヒト型セラミドに似せて科学的に作られたもの
安価だがヒト型セラミドより働きは劣る
スフィンゴ脂質セラミド以外の細胞間脂質
バリア機能を正常に整えていく
バリア機能の回復だけでなく、シミの素
「チロシン」の活動を抑制するとも言われる
ヒアルロン酸知名度の高い保湿成分
1gで6リットルの水を保持するとされる
肌そのものを変えていく働きはなく
表面に水分を蓄え肌を整える働き
コラーゲン真皮に存在する成分だが、化粧水では真皮まで届かず角質層の水分力を上げる真皮のコラーゲンを増やすには、ビタミンC誘導体などの使用が効果的とされる
エラスチン真皮に存在する成分。
角質層の水分力を上げる
コラーゲン繊維を支える働きを持ち、
ハリ感の維持に重要な成分
ヘパリン類似物質
(ヒルドイド)
基底細胞まで届く、乾燥肌お助けアイテム
ただし常用はおすすめできない
ひどく乾燥した部位に一時的な使用を
あくまでも医薬品
美容目的で使うのは本来の目的とは違う
天然保湿因子ヒトの肌にもともと存在する保湿成分の総称
肌が作り出す天然の保湿剤
アミノ酸やミネラルから作られる
加齢によって減ってしまうので外から補うことは効果的
グリセリン分子量の大きい揮発しないアルコール
数多くの化粧水に基本成分として配合される
グリセリンと水さえあれば手作り化粧品は完成する
ただしグリセリンの配合量を間違えると乾燥するので注意
各種オイルそれ自体に水を含む力はない
あくまで水分を閉じ込める蓋の役割
ただし完全な蓋ではないので保湿力は高くない
肌に使うものなので酸化しにくいものを推奨
ミネラルオイル・ホホバオイル・スクワランなどが酸化しにくい
はるこ先生
保湿成分にもいろいろあるけれど、肌の保湿力自体をサポートするもの、肌表面で水分を保持するもの、肌に与えた水分が蒸発しないように蓋をするものと、それぞれ働きが違うわね。
基本的に化粧水は「水」だから、この中ではオイルが含まれることはほぼないわ。

 肌タイプに合わせる

化粧水も、肌タイプに合わせて使いましょう。肌タイプと言えば簡単に次の5つに分けられます。それぞれのタイプにおすすめの化粧水を簡単にチェックしましょう。

肌タイプ特徴おすすめアイテム
普通肌健康でトラブルのない肌肌を整える基本的な化粧水を丁寧に使う
乾燥肌肌に水分も油分も足りずカサカサする肌
洗顔後に突っ張りやすい
保湿成分の多めな化粧水がおすすめ
美白成分でビタミンCを使うときは乾燥に注意
脂性肌油が浮きやすく化粧崩れしやすい
毛穴が大きく目立つ
さっぱり感のある化粧水を中心に
美白成分でも特にビタミンCはおすすめ
混合肌頬はカサつくのにTゾーンはべたつく保湿成分の多めな化粧水でしっかり整える
べたつく部分にも水分は重要
敏感肌化粧品で肌荒れしたことがある香料や着色料など、不要な添加物は避ける
アルコールにも注意を

基本的には乾燥肌にはしっとり、脂性肌にはさっぱりタイプがおすすめですが、最も重要なのは使用感です。

「私は乾燥肌だからしっとりタイプ」などの分け方ではなく、できるだけテスターを使ってみたりタッチアップして使用感を試してください。

化粧水の「しっとり」「さっぱり」は主にグリセリンの配合量の違いで、グリセリンがたくさん入っているとべたつきを感じる人もいます。化粧水はスキンケアの中でも1番最初に使うものなので、べたつきを好まない人はさっぱりタイプを使って丁寧に肌を整えるのもアリなのです。

ただし、さっぱりタイプにはアルコールが多く入っていることがあります。刺激になったり水分が飛びやすくなるので、アルコール配合のものは乾燥肌の人は避けましょう。

また、ビタミンCは非常に優秀な成分ですが、皮脂バランスを整える働きがあるので人によっては乾燥を感じることも。乾燥肌でビタミンCを使う場合、その後のケアにも注意してください。

目的別で使い分ける

目的別に化粧水を使い分けることも考えてみましょう。あなたが一番気にしているのがニキビ跡なのか、シミやくすみなのかでも変わってきます。

例えばニキビ跡が気になっていてニキビができやすい脂性肌なら、ビタミンC誘導体配合の美白化粧水はとてもおすすめ。ニキビ跡ができにくい肌に整えていくうえ、毛穴を小さくすることにも役立つと言われるからです。

しかし乾燥肌でシミやくすみが気になっているなら、保湿成分メインの美白化粧水がいいでしょう。きちんと肌にうるおいを与えることでターンオーバーを正常に保ち、シミやくすみのできにくい肌に整えていくためです。

医薬部外品のものかチェック

「美白有効成分」の項目と少しかぶってしまいますが、実はここが最も重要。本気でシミを防ぎたいのなら、「医薬部外品」を選ぶことから美白化粧水選びは始まると言っても過言ではありません。

スキンケアアイテムには「化粧品」と「医薬部外品=薬用」、さらに「医薬品」があります。化粧水は毎日のケアに使い肌の調子を整えたり、うるおいを保つことに使われます。それに対し医薬部外品は「予防」の働きを持っています。医薬品は文字通り薬のことで、治療に使われます。

美白化粧水ならばシミやそばかすを防ぐわけですね。これは一般的な化粧品には書けない「効能・効果」を持っていることにつながります。

医薬部外品と認められたアイテムには、美白有効成分が決められた濃度で配合されているのです。

じゃあ、医薬部外品なら安心なんだ?

いいえ、実はちょっとした落とし穴があります。

実は、「医薬部外品」と認められたアイテムは有効成分の表示だけでいいことになっています。それに対し、化粧品は全成分を表示する義務があります。あなたがもし敏感肌で避けたい成分があっても、医薬部外品では有効成分しかわからないかもしれないのです。

「医薬部外品」を選ぶことはおすすめですが、その中でもさらに「全成分」として表示していたり、「その他の成分」として配合成分をきちんと表示しているものを選んでください。

はるこ先生
美白有効成分はこれ、保湿成分はこれ、殺菌成分はこれ……と言う感じで書いてあっても、全成分が書かれていない美白化粧水は意外と多いわ。敏感肌で避けたい成分がある人は、全成分がわからないものは避けた方が良さそうね。

継続できる価格

スキンケア化粧品において、かなり気になるのは価格でしょう。1カ月に美容費として一般的な女性がかけられるお金は、2~3万円と言われます。この中にエステ、美容院、スポーツジム、ネイル、メイク、マツエクにスキンケアなどなどすべての美容代が入っているのです。

そう考えると、化粧水にかけられる金額はそう多くありません。多くの女性が化粧水にかけるお金は、3,000~5,000円くらいまでだと言われます。もっと安価なものでも肌に合えばそれで問題ありませんし、もっと高価なものでも納得の内容と続けられる価格なら問題ないのです。

ただ、あくまで化粧水はスキンケアのスターター的役割なので、後に続くスキンケアアイテムとの兼ね合いも重要。

「化粧水1万円のものを買ったから他のものは買えないの。だからスキンケアは化粧水のみ」などと言うことが無いように、バランスよくアイテムを揃えたいものです。

30種類以上を徹底比較してできたランキング

さて、前置きが少し長くなりましたが、早速美白化粧水をチェックしていきましょう!数多くの成分を研究してきた目で選んだ、30種類以上の中の厳選アイテムです。きっとあなたの肌にピッタリくるものがあるでしょう。明日のキレイを実現するために、今日ここで、運命の1本と出逢ってください。

選定基準は主に4つ

美白化粧水をランキング化するにあたり、重要視した点は以下の4つです。

  • 美白有効成分の内容
  • 保湿成分の内容
  • 医薬部外品であるかどうか
  • 価格は3,000~5,000円までか

この4つに加え、口コミ評価の高さや知名度の高さ(安心感につながる)なども加味しています。

それぞれの項目を◎、○、△、×で評価し、ランキング。価格は1カ月分3,000円までを◎、5,000円までを○、それ以上は△としています。安価でもいいものはいい!としていますので、価格帯はバラバラになりますが、自信を持っておすすめできる内容となっていますよ。

おすすめな美白化粧水ランキングBEST15

まずは上位3位までを、口コミを加えて詳しくチェックしていきますね。表で特徴からとらえておきましょう。

ブランド・商品名美白有効成分保湿・美容成分医薬部外品価格
アフタリフトホワイト
ブライトローション

アルブチン
  • ナノAMA+
  • アスタキサンチン
  • 3種のコラーゲン
  • 海藻エキス
◎(医薬部外品)
130ml税込4,104円
定期購入なら3,693円
1ヶ月半~2カ月分
ビーグレン
Qusomeローション

ビタミンC誘導体の配合はあるものの、濃度が低い
  • ホメオシールド
  • アッケンシソウエキス
  • オリゴペプチド
×
(医薬部外品ではない)

120ml税込5,400円
1カ月半~2カ月分
365日返品保証あり
サエル
ホワイトニングローション クリアリスト

アスコルビン酸2-グルコシド
  • ハトムギ発酵液
  • 各種アミノ酸
  • トレハロースなど
◎(医薬部外品)
125ml税込
定期会員価格4,374円
通常価格4,860円
約1カ月半分
アッキー
あれ、ビーグレンの商品は美白化粧水じゃないみたいですけど……
はるこ先生
そうね、「3-O-エチルアスコルビン酸」と呼ばれる、浸透性の高いビタミンC誘導体が使われているのだけど、「医薬部外品」になるほどの濃度が無いためか美白化粧水にはなっていないわね。でも内容がとてもいいし、保湿も考えたときにとてもおすすめなの。

 ではそれぞれのアイテムをもっと詳しく見ていきましょう。

アフタリフトホワイト ブライトローション

まずは富士フィルムの「アスタリフト」シリーズ、アスタリフトホワイトブライトローションから。

定期購入なら3,693円で長くて2カ月使用できるとされますから、1カ月分は2,000円ほどと考えるとコスパも良さそうです。リフィル販売もあり、そちらは3,304円とさらにお得です。

富士フィルムがフィルム技術で研究した「ナノ化」の働きで、美容成分をナノサイズで肌の奥まで浸透させるという化粧水なんです。「ナノAMA+」と呼ばれる、ツボクサエキス(保湿成分)とフェルラ酸からなる複合成分を配合しています。

ところで、なぜ「ナノサイズ」にする意味があるのでしょう。肌の「すき間」(肌の細胞間)は、250ナノメートルほどと言われます。通常の保湿成分は分子のサイズが大きすぎて、肌の奥まで入り込めません。そこで、美容成分に高い圧力をかけ「こなごな」にすることで、100ナノミリメートルほどに小さくすることにしたのです。こうすることで、肌の奥に浸透しやすくなるとされます。

ちなみにナノ化されているのはあくまで保湿成分であり、美白成分ではありません。「アルブチン」は、低刺激で日頃のお手入れに取り入れやすい美白成分です。

  • さらっとしていますが、
    肌になじんでいるのが分かります。 年中紫外線が気になるので愛用したいです。

    アスタリフト公式

  • 夏に向けて
    アスタリフトからアスタリフトホワイトシリーズに変更中です。アスタリフトシリーズに比べるとさっぱりした使い心地が気持ち良いです。香りはこちらの方が、すこし酸っぱい香りがします。こちらはビタミンが配合されているからかも?

    アスタリフト公式

  • お手入れを怠ってしまい、
    調子の悪い肌でしたが、アスタリフトホワイトのお試しセットで、一週間。 肌の調子が良くなってきたように思います。

    アスタリフト公式

はるこ先生
アスタリフトシリーズだけあって、「アスタキサンチン」も配合されているわ。アスタキサンチンは抗酸化力に優れているとされる成分で、「肌サビ」を防ぐとも言われるわね。
ほんのり赤い化粧水が、肌を生き生きと変えてくれそうよ。ナノ化された保湿成分にも期待ね♪

まずはアフタリフトホワイトトライアルセットから!

ビーグレン Qusomeローション

ビーグレンと言えば、 QuSome(キューソーム)の技術で知名度の高い化粧品メーカー。QuSomeと呼ばれる、独自技術で開発したカプセルを採用。そのサイズはなんと150ナノメートルと言う小ささです。

その小さなカプセルの中に、さらに美容成分を入れ込み、高浸透・長時間の働きが期待されます。肌の「すき間」(肌の細胞間)は、250ナノメートルほどとされるので、その間をすり抜け、さらに時間差でカプセルがはじけることが「ビーグレン」シリーズの強みとなっています。

「効果は高いけれど不安定さがある」と言う成分を、安定した状態で肌に届けることに役立つ画期的システムでしょう。このローションそのものは医薬部外品ではありませんが、肌の上ですぐに働くとされる高浸透ビタミンC誘導体を配合しています。

価格は120ml税込5,400円。24時間365日電話でのサポートを受け付けてくれる上、購入から365日間は返金保証もついてくるので安心感が高まりますね。

  • 30後半になると、
    次第に乾燥する季節になるとシワが目立つように…。これはイカン!とQuSomeローションを試したところ、その浸透力にびっくりしました。メイクのノリも良くなり、目の周りや口の周りのファンデーションのヨレや浮きもなくなりました。続けていけば、さらに潤いを与えてくれる商品だと実感しています。

    ビーグレン公式

  • 私はこのローションを、
    特別肌が乾燥しそうな日に普段使いの美容液の前に使っています。 顔全体にたっぷりと使って、しっかり浸透させてから、いつもの美容液。これで乾燥した日でも、会社のエアコンの乾燥も平気です♪

    ビーグレン公式

アッキー
ビーグレンシリーズは、単体ではなくライン使いが特におすすめです。この後に「Qusomeホワイトエッセンス(美容液)」を使うことで、Qusome化された美白成分「アルブチン」を取り入れられるのです。

ビーグレンQusomeローション入りトライアルはこちらから

サエル ホワイトニングローション クリアリスト

「サエル」シリーズでクリアで冴える肌になりませんか。サエルシリーズは、敏感肌用スキンケアライン「ディセンシア」ブランドの1つ。さらにディセンシアは、ポーラ・オルビスホールディングスの傘下企業の1つです。

敏感肌用と言っても、ポーラとオルビスが長年培ってきた肌への知識が存分に生かされ、「敏感肌だからこそ今までにない最高の処方を」モットーに商品づくりをしています。「敏感肌だから、最低限のケアで終わり」と言う時代は終わったのです。特に敏感肌は刺激に弱く、美白ケアしにくいとも言われます。サエルシリーズで「ゆらぎに負けないクリア肌」を手にしましょう。

美白有効成分は水溶性ビタミンC誘導体。さらに、ハト麦エキスは細胞間同士のつながりを強化するとされる酵素を、活性化する働きがあると言われます。

価格は125mlで定期会員価格なら税込み4,374円、通常価格4,860円で1.5カ月分と、続けやすい価格になっています。

  • 目の下や頬が乾燥しやすいため
    念入りにクリームを塗っていたのですが、脂浮きする午後になると逆にかゆくなっていました。しかし、このローションを使用してみると、程よく潤っていて肌の調子がとても良かったです。

    サエル公式

  • とてもさらっとしているのに、
    肌の潤いはしっかりキープでき、1日中乾燥を感じることはありませんでした。

    サエル公式

はるこ先生
「敏感肌だから美白ケアは諦めていた」と言う人にも好評のシリーズね。特に季節の変わり目は普段何ともない人でも、刺激を感じることもあるわ。そんな時のレスキュースキンケアとしても活用したいわね。

まずは10日間のトライアルセットから!

4位以降は表でまとめてチェック!

「もうちょっと高級ラインも見てみたい」「ビタミンC誘導体がメインがいいのだけど」お任せください。4位以降もきっちり表でチェックしていきましょう。気になる点は表の中でも「ポイント」として確認していきますから、きっとあなたのお気に入り見つかるはずです。先ほどと同じように、◎、○、△、×で見ていきましょう。

まずは4~7位まで

ブランド・商品名リンク美白有効成分保湿・美容成分医薬部外品・ポイント価格
4位
Haku
アクティブメラノリリーサー

4MSK
(資生堂開発の美白成分)


  • トリメチルグリシン
  • Lーセリン
  • 濃グリセリン
◎(医薬部外品)
ふきとり用化粧水

120ml税込4,860円
5位
無印良品
敏感肌用薬用美白化粧水

ビタミンC誘導体
(ビタミンC・2-グルコシド)


  • アンズ果汁
  • グレープフルーツエキス
  • 濃グリセリン
◎(医薬部外品)
無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー

200ml税込1,400円
6位
アンプルール
ラグジュアリーホワイト ローションAO II

安定型ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
(3-O-エチルアスコルビン酸)


  • トリプルセラミド
  • レスベラトロール
  • αリポ酸
×
医薬部外品ではない

120ml税込5,400円
7位
エトヴォス
薬用アクネVCローション

ビタミンC誘導体
(3-O-エチルアスコルビン酸)


  • ヒアルロン酸
  • リピジュア
  • アミノ酸
◎(医薬部外品)
シリコン、パラベン、界面活性剤、鉱物油、香料、着色料不使用の低刺激処方
30日間返金保証あり

150ml税別3,800円
はるこ先生
じゃあ、それぞれちょっと詳しく見てみましょうか。まずは4位のhakuね。資生堂独自の美白成分配合で、「溜まったメラニンを排除」することにも働きかけてくれるのがポイントよ。5位の無印はこの価格で敏感肌用。だけどビタミンC誘導体の種類としてはやや働きにくいものだわ。
アッキー
6位のアンプルールは「ハイドロキノン」入りですね。その美白の働きは一般的な成分の10~100倍とも言われますが、ここではあくまで「化粧品レベルの安全性の高い濃度」と思ってください。7位はエトヴォス、ニキビにお悩みの人にもおすすめです。エトヴォスはお試しセットもあるので、まずはそちらから。

8位から11位までをチェック!  

ブランド・商品名リンク美白有効成分保湿・美容成分医薬部外品・ポイント価格
8位
ドクターシーラボ
フォトホワイトC
薬用ホワイトニングローション


ビタミンC誘導体
(L-アスコルビン酸2 グリコシド)


  • リピジュア
  • 3種のヒアルロン酸
◎(医薬部外品)
抗炎症の有効成分も配合
ナノ化した12種の植物エキス



180ml税込
4,104円
1~2カ月分
9位
エリクシールホワイト
クリアローションC

4MSK
(資生堂開発の美白成分)


  • 水溶性コラーゲン
  • ヨクイニンエキス
  • トウキエキスなど
◎(医薬部外品)
さっぱり・しっとり・とてもしっとりの3タイプから選べる

170ml税込
4,320円
10位
トランシーノ薬用
ホワイトニングクリアローション


トラネキサム酸


  • トレハロース
  • リピジュア
◎(医薬部外品)
肝斑治療薬の飲み薬「トランシーノ」のスキンケア商品

175ml税別
3,600円
11位
アクアレーベル
ホワイトアップローション

トラネキサム酸


  • エーデルワイスエキス
  • アミノ酸

◎(医薬部外品)
赤ちゃんの肌にたくさん含まれるアミノ酸の成分を配合。バリア機能を助ける

200ml
市販価格
1,500円前後
はるこ先生
さぁ、8位から11位ね。8位のドクターシーラボはオールインワンゲルで有名だけど、美白化粧水も高評価なのよ。抗炎症成分も配合されているから、ゆらぎがちな肌にいいわね。9位のエリクシールは、自分にピッタリの使用感が選べるし、資生堂開発の4MSKが使われているの。
アッキー
10位はトランシーノ。肝斑の治療薬としても有名なブランドの、スキンケアラインですね。肝斑が気になる人は、飲み薬とあわせて使うのも良さそうです。11位は安価でしっかりした実感を得られると評価の高いアクアレーベルシリーズ。この価格でトラネキサム酸配合は珍しいのではないでしょうか。

ちなみに、トランシーノの化粧水の「角質層リファイン成分」の1つであるポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン液。舌を噛んでしまうそうな難解な名前ですが、これは一般名では「リピジュア」と呼ばれる保湿成分で、ご存じの人も多いのでは。ヒアルロン酸の2倍の水分保持力があるとされ、重宝される成分です。

12位から15位までのラインナップ

ブランド・商品名リンク美白有効成分保湿・美容成分医薬部外品・ポイント価格
12位
米肌
澄肌美白化粧水

ビタミンC誘導体
(L-アスコルビン酸2-グルコシド)
  • 米発酵液
  • 米ぬか酵素分解エキス
  • ハトムギ発酵液など

美白成分に加え、米と発酵由来保湿成分がたっぷり
超微細乳化技術採用

120ml税別
5,500円
13位
オルビス
ホワイトニングローション

ビタミンC誘導体
(3-O-エチルアスコルビン酸)

  • トレハロース
  • ムラサキシキブ果実エキス
◎(医薬部外品)
ノンオイル・無香料・無着色
30日以内返品・交換OK

180ml税込
1,944円
14位
DHC薬用エイジア
ホワイトローション


アルブチン
エラグ酸
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
◎(医薬部外品)
無香料・無着色・パラベンフリー
全成分表記無し

145ml税込
4,286円
15位
明色スキンコンディショナー
薬用ホワイトニング


プラセンタエキス


  • ローズ水
  • ヨクイニンエキス
◎(医薬部外品)
肌を整える働きがメイン
保湿の働きはほぼ期待できない

200ml税込
1,080円
はるこ先生
さぁ、まだまだ見逃せない12位~15位よ。12位の米肌(まいはだ)は、とにかく保湿が充実しているの。乾燥肌の人の美白に活用したいわね。ちょっと価格が高めがネックかしら。13位のオルビスはオイルカットで脂性肌の人向けなブランドだけど、逆に保湿力に頼りなさもあるわ。その後のケアはしっかりね。
アッキー
14位はDHCですね。アルブチンとエラグ酸のダブルの美白成分に加え、保湿成分と充実の内容ですが、全成分表示がありません。敏感肌の人は気を付けたいですね。15位は「美顔水」などでおなじみ、明色のスキンコンディショナー。美白成分はプラセンタ配合ですが、保湿成分はほとんど配合されていないので、プレ化粧品としての役割が大きいでしょうか。

プチプラな人気美白化粧水

ベスト15を確認した後は、「もっとプチプラな化粧水を知りたい」というあなたへ、人気アイテムをチェックしてみましょう。

【医薬部外品】メラノCC薬用しみ対策美白化粧水

まずは高浸透型とも言われるビタミンC誘導体を配合した「メラノCC」からご紹介しましょう。

こちらに配合されているビタミンC誘導体は、「3-O-エチルアスコルビン酸」と呼ばれるもの。一般的にビタミンC誘導体は、不安定で壊れやすいビタミンCを安定化させるため、別の物質とくっつけています。しかし、いざ肌で働くときにも安定していては困るので、一度「分解」する作業が必要になるのです。

しかしこの高浸透型のビタミンC誘導体は、肌に届くとすぐにビタミンCとして働いてくれる新しいタイプの成分。安定と効果の両方を実感できますが、肌の上でビタミンCになるのでやや刺激を感じる人もいるでしょう。

それでも、高浸透型のビタミンC誘導体を安価に続けられるとあって、とても人気のアイテムの1つです。価格は170mlで700円前後ととても経済的。ひどい乾燥肌の人や敏感肌の人には向きませんが、美白の1本目として手に取りやすいでしょう。

  • 効果あると思います。
    赤ニキビで悩んでたのですが、これを使ったらほとんど無くなりました。でも美白効果で白くなり過ぎたので、男の自分からしたら効果ありすぎました

    Amazon

  • ワントーン明るくなったかも…
    常日頃から紫外線にあたらないよう気をつけて過ごしてますがシミが気になりだし使ってみました。まだ1週間くらいですが肌が白くなったような気がします。

    Amazon

はるこ先生
安価にビタミンC誘導体の働きが実感できるとあって人気ね。でも、ビタミンC特有のピリピリ感や乾燥を感じる人の声もわずかにあるわ。あくまでオイリー肌や健康な肌の人のための美白アイテムかもしれないわね。

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水l 

【医薬部外品】ちふれ美白化粧水Wしっとりタイプ

続けやすい価格で女性たちの毎日の肌を応援する「ちふれ」。薬事法(現薬機法)が改正され、化粧品の全成分表示が義務付けられる前から全成分表示をしていた化粧品ブランドでもあり、その信頼感は今も続いています。

ちふれの美白化粧水は、アルブチンとビタミンC誘導体を配合した美白成分Wのタイプ。こちらは「L-アスコルビン酸2-グルコシド」と呼ばれる安定型ビタミンC誘導体。非常に安定度が高く肌への刺激も少ないのですが、その分ビタミンCとしての働きは小さいと言われています。

さらに保湿成分としてヒアルロン酸、トレハロースを配合し、無香料、無着色でノンアルコールと言った「安心度高めの基本美白化粧水」と言えそうです。価格は180ml税別1,150円。詰め替え用もありますよ。

  • 美白効果
    顔全体が少し明るくなったような気がする。さっぱりとしていて使いやすい。

    Amazon

  • 美白効果を多少期待して使用しています。
    ちょっと敏感肌ですが、ピリピリしたりしないので個人的には低刺激なのかなと感じました。安心して使える&プチプラなのでたっぷり使えるのがいい点かな。値段の割にコストパフォーマンスは高いかなという感じです。引き続きリピート利用したいと思っています。

    @コスメ

アッキー
赤いシンプルなボトルが美しいですね。ちふれには青いボトルの美白化粧水もありますが、そちらは肌荒れ防止成分配合。自分の肌状態によって使い分けるのも良さそうです。

【医薬部外品】白潤薬用美白化粧水

最後は白潤(しろじゅん)の美白化粧水ロート製薬の肌ラボシリーズですが、実はメラノCCもロート製薬。しかしこちらは美白有効成分として高純度のアルブチンを使っているので、浸透型ビタミンC誘導体で刺激や乾燥を感じてしまった人におすすめです。

うるおい成分としてはナノサイズまで小さくしたナノ化ヒアルロン酸、通常サイズで肌表面のうるおいを守るヒアルロン酸、さらにビタミンC誘導体(ビタミンCリン酸マグネシウム)を配合。

こちらのビタミンC誘導体は特に効果の高いビタミンC誘導体と言われますが、有効成分としての配合ではありません。美白の目的ではなく、肌のコラーゲン生成を促す目的と考えるのが適切でしょう。

価格は170ml800円前後と、こちらも続けやすい価格の美白化粧水です。

  • リピートします
    この効果が分かりませんが、肌白くなったと言われました。敏感肌ですが、問題なかったです。保湿もそこそこされるのにベタつかないところ、つっぱらないところも良いです!

    Amazon

  • 今までたくさんの化粧水を使ってきました
    最初は白くなるわけないでしょと思っていました。使ってみた次の日肌に透明感がありました やっぱり継続が大事ですだんだん白くなってきました 塗ったときはベトベト感がありますが次の日はしっとり最高の化粧水です リピ決定(*’▽’*)

    Amazon

はるこ先生
美白成分だけに注目すれば、メラノCC>白潤>ちふれの順番に働きが期待できると言えそうかしら。逆に言えば、その順番で刺激が強いかもしれないから注意してほしいわ。もちろんその他の成分にも注目して、自分に合ったものを選びたいわね。

効果を発揮させる正しい使い方のポイント

美白化粧水の働きを存分に引き出すためには使い方も大切。ここでは、簡単に使い方のポイントを見ておきましょう。

洗顔したあとすぐに使う

化粧水ですから、その目的は「肌を整えること」にあります。よほど他の使い方を指定されているブランドやメーカーでない限り、スキンケアのスターターとして洗顔後すぐに使いましょう。化粧水を使うことで肌を整え、洗顔料で弱アルカリ性に傾いている肌を弱酸性にできるだけ早く戻す働きもあります。

また、肌に余計なものが載っていない状態で使うことは化粧水の浸透性も高めるでしょう。洗顔したら、早めに化粧水でケアをお忘れなく。

適量を数回に分ける

よく「化粧水をバシャバシャ使う」と表現されますが、肌は乾ききったタオルではないのでそう簡単に水分を吸収するわけではありません。むしろ、肌の上でハンドプレスするようにして使い、浸透性を高めてあげるのがいいでしょう。

1度だけ大量に使うより、適量を数回に分けた方がいいですね。どんなに喉が渇いていても肌は一気飲みはできませんから、あふれたものがこぼれてしまいもったいないことに。肌を労わるように、化粧水をつけていきましょう。

コットンパックでスキンケア

コットンパックをすることで化粧水の浸透性を高め、肌をプルプルにする……と言われる方法ですが、化粧水をいくら肌に入れても保水の働きはほとんどありません。

化粧水は保湿の「手助け」「導き」をするのです。もちろん、保湿成分が全く入っていない化粧水では肌を整えることもままなりませんし、乾燥肌の人では保湿成分が多い方が肌が安定しやすいでしょう。

しかしプールに何時間入ろうと体が水で膨らまないのと同じで、コットンパックを長く続けても水分はほとんど入ってきません

コットンパックをする本当の目的は、通常より長い間肌の表面に化粧水をつけておくことで「肌をふやかす」状態に近づけることです。

温まった手の方がハンドクリームがなじみやすいように、肌表面も緩んでいる方が後に続く美容液の成分などを取り入れやすいと言われます。しかし逆に言えば正常なバリア機能を一時的に緩めてしまうことにつながり、乾燥肌や敏感肌の人にはあまりおすすめできません

でもコットンパックが気になる!方法は?

さけるタイプのコットンを使い、3分~10分パックしましょう。

肌トラブルがある場合コットンパックはおすすめしませんし、健康な肌でも週1回程度までを目安にしてください。1枚のコットンを2~3枚にさき、軽く水で湿らせた後軽く絞り化粧水でひたひたにします。そのコットンを肌に乗せていきます。

サラサラした化粧水なら3分、しっとりタイプなら5分、美容液のようにとろみのある化粧水なら10分程度を目安にパックし、剥がします。

剥がした後はいつもより肌がモチモチに感じますが、肌が緩んでいる証拠でもあります。「モチモチだからその後のケアはいらない」ではなく、モチモチだからこそしっかり美容液、乳液、クリーム等のケアを重ねましょう。

はるこ先生
ローションパックをするとすごく肌がモチモチになった感じがして、続けたくなっちゃうわよね。でも、同時にバリア機能にもダメージを与えることになってしまうから積極的におすすめできる方法ではないわ。スペシャルな美容液を使うときだけの月1~週1くらいまでのスペシャルケアとしてね。

化粧水以外での美白ケア

肌を美しく保つ方法は、化粧水などのスキンケアだけではありません。ここでは、スキンケア以外の美白方法を見ていきましょう。

美白効果がある食事やサプリを摂取

美白の働きがある食事(栄養)やサプリを有効活用してみましょう。先ほどからちょくちょく登場する「ビタミンC」ですが、飲んでも美白の働きがあると言われます。つまり、ビタミンCを含む食べ物は美白にもおすすめです。

ビタミンCを含む食材

  • 柑橘類(レモン・ゆず・きんかんなど)
  • アセロラ
  • 葉物野菜類
  • いちご
  • ピーマン
  • キウイフルーツなど

ビタミンCはシミやそばかすに働きかけるうえ、コラーゲン生成を促したり抗酸化作用があったりと、まさに美容ビタミンと言える存在です。しかし水溶性のため、わずか数時間で体から出て行ってしまうことに。これらの食材を食卓に取り入れ、3食ビタミンを食べたいものです。

外食が多くて思うようにいかない。おすすめ美白サプリはある?

ビタミンCとLシステインを同時に摂ることがおすすめです。

ビタミンCとLシステインは協力して美白に働きかけるので、同時摂取がおすすめです。Lシステイン配合サプリは「ハイチオールC」などが有名ですね。もちろん、成分が全く同じでもっと安価な「皇漢堂製薬」のネオビタホワイトプラスなどでも働きはほぼ同じです。 

ただし美白の働きが強すぎると全身のメラニンが作られにくくなり、全身の美白ができる一方で白髪ができやすくなるとも言われます。髪を黒くしているのも、メラニンの大切な働きなのですね。Lシステインでの美白は、3カ月~半年をめどにした短期集中がよいかもしれません。

血行促進でくすみ予防

血流が滞ると、ターンオーバーが上手に行かずくすみを感じることも。これを避けるためにも、血流の滞りを感じている人は改善に働きかけましょう。最近運動不足だったり、座りっぱなし、立ちっぱなしだったりしませんか?

1日の終わりはシャワーで済ませず、しっかり湯船に入りましょう。お風呂は大切なデトックスの時間でもあるのです。

紫外線対策

美白化粧水を使って「メラニンを作らせない」とする前に、そもそもメラノサイトを刺激しない=紫外線を避けることも大切です。紫外線に当たると肌は刺激を感じ、メラノサイトに「刺激が来たから刺激から守るようにメラニンを作って!」と命令するのです。

紫外線対策をしっかりすれば、この命令そのものをカットできる可能性が高くなるのです。とは言え、SPF50PA++++と言った強力な日焼け止めを使い続けることは、肌の負担になり肌も疲れてしまいます。

日常生活ではSPF20くらいまでを、長時間の外出はSPF30程度、真夏の炎天下で初めてSPF50を手に取る……と言ったように、調整していきましょう。

アッキー
「紫外線吸収剤」が配合されている日焼け止めは乾燥しやすく、肌の疲れが起こりやすいです。「紫外線散乱剤」を使っている日焼け止めがおすすめ。こちらはSPF25くらいの敏感肌・赤ちゃん用アイテムに多いので、探してみてください。

適度な運動と睡眠

血流促進に大切なものと言えば、あとは運動。きちんと運動をすることで体は心地よい疲労を覚え、十分な眠りにつくことも期待できるでしょう。あなたの体は止まるためにあるのではなく、動かすためにあるのです。

毎日、適度な運動と睡眠で健康的な毎日を送りたいですね。体のサイクルが整えば、肌サイクルもおのずと整うでしょう。

はるこ先生
「でも、運動するには外は暑い(寒い)し、運動する服もないし、そもそも日に焼けたら本末転倒だし……。」なんてこと、あるわよね。そんな時には昇降運動がおすすめ。室内で台を昇ったり降りたりするだけで、かなりの運動になるわよ。ただ、10cmを超える高さになると足の筋肉が立派になっちゃうかもしれないから、10cmまでの台でやるのがいいわね。

気になる美白化粧水のQ&A

最後に、美白化粧水を使うにあたってちょっと気になる疑問・質問をチェックしていきましょう。これであなたも、美白化粧水マスターかも!?

美白化粧水と普通の化粧水の違いは?

ズバリ、美白成分の有無です。

普通の化粧水は「肌を整える」働きのみで、美白成分は配合されていません。メラニンを作らせないよう抑制する働きはありません。

美白化粧水の効果が感じられるまでの使用期間は?

個人差はありますし、あくまで「予防」の働きなので使い続けるのがいいでしょう。目安としては3カ月は様子を見てください。

美白とは言え、あくまでも「予防」の働きです。今あるシミを消すわけではないので、「シミが増えにくくなった」と言う効果を実感できるまではある程度の期間が必要になるでしょう。予防であるからこそ、使い続けることが重要です。

「それでも目安が欲しい」と言う人は、まずは3カ月を目安にしましょう。ほとんどの人のターンオーバー周期が入れ替わり終わる期間であり、肌を一度見つめ直す期間にもちょうどいいでしょう。 

同ブランドで揃えたほうがいいの?

肌に合うことがもちろんですが、ライン使いで相乗効果が期待できることもあります。

最も大切なことは肌に合うことで、肌に合わないのに「同ブランドだから」と使い続けることはナンセンスです。同ブランドでも、「このアイテムが合わない」と言うのはよくあることなのです。

しかし特に肌トラブルが起こらないのならば、1つだけ使うより同ブランドでスキンケアを揃えた方が相乗効果が期待できることもあります。例えば、化粧水では素早く働く「即効型」美白成分を使い、美容液ではゆっくり働く「持続型」美白成分を使うといった工夫をしているブランドもあります。

安い商品はあまりよくないの?

美白有効成分は名前が同じならば同じものです。濃度も同じです。「それ以外」の違いだと思ってください。

値段がどれだけ違っても、例えば医薬部外品のアイテムに配合されている「アルブチン」ならば、成分も濃度も同じものです。医薬部外品はキチンとした働きを求め、かつ安全性にも配慮する必要があるので有効成分の濃度を勝手に変えられないからです。

価格の違いは、有効成分が同じなら美白の働きにおいてはほとんど関係ないと言ってもいいでしょう。価格が関係してくるのは保湿成分の数や質、化粧水のボトルデザインやブランドの知名度、デパートコスメかどうかなど、「美白以外」が関係してくるでしょう。

ただし「ナノ化」したり「カプセル化」さらに「独自の美白成分を使用」することは独自の研究を使い費用が掛かっていることもあり、価格が高めなことが多いでしょう。

今日から美白化粧水を使って肌改革を

化粧水は「これからスキンケアが始まる」と言うスターターであるからこそ、こだわりを持っている人も多いのでは。特にスキンケア商品の中では群を抜いて種類が多いものでもあります。その中から自分に合った1本を選ぶのはなかなか至難の業ではありますが、今回見てきたアイテムや内容は、きっとあなたのこれからの肌作りのお役に立てるでしょう。

ぜひ今日から美白化粧水位を活用し、今までよりもっとクリアに輝く肌を手に入れてください。

「どんなアイテムがあったっけ?」とお思いのあなた。確かに少し長くなってしまいましたね。最後にもう一度、1位から3位のおすすめアイテムを振り返りましょう。

順位ブランド・商品名詳しい商品公式ページ(トライアルセット)
1位アフタリフトホワイト
ブライトローション
アスタリフトホワイトトライアルセット
税込1,080円

2位ビーグレン
Qusomeローション
ビーグレンホワイトケアトライアルセット
税込1,944円
3位サエル
ホワイトニングローション クリアリスト
サエルトライアルセット
税込1,480円
アッキー
くすみ知らずの肌は、毎日のスキンケアがとても重要なんですね。あなたの肌を美しく保つのは、他の誰でもないあなた自身です。5年後のなりたい自分をイメージしながら、毎日ちょっとだけ肌に手間をかけてあげてくださいね。