肌荒れはオロナインで治る?使い方に注意しないとニキビ地獄行きかも!

オロナインで顔の肌荒れケアはダメ!

すり傷ややけど、湿疹などあらゆる皮膚の症状に効果があるオロナイン。色々な症状に効くから、肌荒れも治してくれるかも?

undefined
アッキー
はるこさん、オロナインってニキビにも効果がありますよね?ということは、オロナインでケアすれば肌荒れの悩みが解消されるってことですか?
undefined
はるこさん
確かに、オロナインはニキビにも効果があるわね。でもね、アッキー、オロナインで全てのニキビが治るわけではないし、ましてや化粧水などのスキンケアアイテムと同列に考えてはいけないわ!オロナインでの肌荒れケアがNGな理由を説明していくわね。

 オロナインがどんな肌荒れに効く、の誤解はどこから?

オロナインは1953年に発売された軟膏薬です。手ごろな値段でありながら、ニキビ、やけど、傷、水虫まで幅広く効果があるので世代問わず愛用されています。

アッキー
オロナインは僕の家にも僕が小さいころから置いてあったなぁ。すり傷や切り傷を作ると母がよく塗って手当てしてくれました。
undefined
はるこさん
処方箋も必要なく薬局で気軽に買えるから、家庭の常備薬として愛用しているお家も多いわよね。

まずは成分と効能をチェック

成分

◎ 有効成分(1g中)
クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg
◎ 添加物ラウロマクロゴール /
ポリソルベート80 /
硫酸Al/K /
マクロゴール /
グリセリン /
オリブ油 /
ステアリルアルコール /
サラシミツロウ /
ワセリン /
自己乳化型ステアリン酸グリセリル /
香料 /
精製水
※ステロイドは入っていません。

Source: オロナイン公式サイト

「クロルヘキシジングルコン酸塩液」には殺菌作用があります。他に、グリセリンやオリブ油、ワセリンなども配合されているので肌を保湿する効果もあるといえます。ステロイド成分は配合されていないので気軽に使えますね。

効能

にきび /
吹出物 /
はたけ /
やけど(かるいもの) /
ひび /
しもやけ /
あかぎれ /
きず /
水虫(じゅくじゅくしていないもの) /
たむし /
いんきん /
しらくも

Source: オロナイン公式サイト

こうしてみると皮膚のトラブルに幅広く対応できる軟膏薬のようですね。しかし、やけどや水虫については「かるいもの」、「じゅくじゅくしていないもの」という括弧書きがあるように症状が重いものへの効果はそれほど期待できないようです。

オロナインには殺菌・保湿効果がある

殺菌効果のクロルヘキシジングルコン酸塩液

オロナインに有効成分として配合されている「クロルヘキシジングルコン酸塩液」はクロルヘキシジンという殺菌作用がある成分をグルコン塩酸として水溶性にしたもの。低刺激で皮膚に残留して殺菌効果を持続します。

保湿効果のオリブオイル

オロナインに配合されているオリブオイルとは「オリーブ油」のこと。オイルは保湿効果を持っています。特にオリーブは肌を健やかに保つビタミンAやポリフェノール、人の皮脂に近くなじみやすい性質のあるオレイン酸が豊富に含まれているのが特徴です。オロナインには他にもグリセリンやワセリンといった保湿成分が配合されているので、塗った部分をしっとり保ちます。

ニキビには保湿や殺菌が効く

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることが原因です。溜まった皮脂に皮脂を好むアクネ菌が増殖することで毛穴の周辺に炎症が起きてニキビは悪化していきます。

ニキビの改善にはニキビの原因であるアクネ菌を殺菌することが大切ですが、実はそれと同じくらい保湿することも大切です。

肌が乾燥した状態では肌細胞に元気がなくなって肌のターンオーバーが滞ります。すると古い角質がいつまでも剥がれ落ちずに毛穴の出口を塞いでしまうのです。これが毛穴に皮脂を詰まらせるきっかけとなります。さらに、肌が乾燥すると肌の水分を逃すまいと肌が皮脂を過剰に分泌します。これもまたニキビの原因のひとつです。

アッキー
オロナインには殺菌作用も保湿作用もあることから肌荒れに効くアイテムとして話題になったようですね!

肌荒れにオロナインをおすすめしない理由

オロナインで肌荒れケアをすることはおすすめできません。その理由をいくつかご紹介します。

肌の乾燥はオロナインでは改善しない

オロナインには保湿成分が入っています。ですが、オロナインをスキンケアに使用しても乾燥肌は改善されません。そもそも、オイルやワセリンはそれ自体に肌に水分を与える役割はないからです。これらは水分を与えた肌の上から塗ることで水分を逃がさない働きをするので、乾燥防止には役立ちます。

ですから、肌の乾燥を改善するためにはまず、化粧水や美容液などで肌の水分量を上げる必要があります。こうした作用が期待できる成分は、ヒアルロン酸やセラミドなどです。これらが配合された化粧水や美容液でまずは保湿しましょう。

それから、水分が逃がさないように蓋の役目をするものを塗るのが良いですが、蓋の役割をする目的のものであればオロナインにこだわる必要はありません。他にも美容成分が豊富な乳液やクリームなどがありますので、保湿のためにはそういったものを使う方が効果的です。

殺菌作用の使いすぎは体に悪い

ニキビのもとになるアクネ菌。こうした悪い菌を殺菌する作用がオロナインにはありますから、ニキビ改善にも役立ちます。ただし、殺菌成分は肌の健康を保つ働きをする良い常在菌まで殺菌してしまうことをご存知ですか?殺菌成分を使いすぎると悪い菌、良い菌関係なく殺菌してしまいます。もちろん、悪い菌を殺菌するだけなら良いのですが、良い菌まで殺菌してしまうとかえって肌の健康バランスが乱れて肌荒れを起こすことがあるので、殺菌成分は使いすぎないようにしましょう。ただし、気をつけるべきは「使い過ぎ」であって、使うこと自体を控えてしまうのは逆効果である場合も。本当に殺菌が必要な時に放置すると悪化させてしまいますから、殺菌が必要な場合にはオロナインを正しく使うことで雑菌による炎症などを防ぎましょう。

炎症を抑えるには抗炎作用の成分が必要

肌荒れ、特に赤ニキビなどは毛穴の周辺組織が炎症を起こしている状態です。これは毛穴に皮脂がつまり、そこへアクネ菌などの雑菌が増殖しているために起こります。炎症状態の肌にオロナインを塗ると、増殖している雑菌を撃退してくれるので炎症のもとになるものがいなくなります。すると、炎症部分の症状が落ち着く場合もあります。ただし、これは間接的な作用の結果です。炎症している皮膚には抗炎症作用のある成分でのケアが欠かせません。しかし、オロナインには抗炎症成分は含まれていないので、炎症を抑える目的でオロナインを使用しても効果を得られない場合が多いでしょう。

肌に不要な成分も入っている

オロナインには「ラウロマクロゴール」と「ポリソルベート80」、「マクロゴール」「自己乳化型ステアリン酸グリセリル」という合成界面活性剤も配合されています。合成界面活性剤は非常に強力な洗浄力を持っているので、肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。そのため、肌が乾燥しやすくなり、結果的に皮膚のバリア機能の低下ということにも。合成界面活性剤というのはできれば肌につけたくない成分なのですが、オロナインにはそれが4つも入っています。

そもそも湿疹には使えない

肌荒れの中で、湿疹に悩んでいる人で何気なくオロナインを使っている人はいませんか?実はオロナインには注意書きに「湿疹(ただれ、かぶれ)には使用しないで下さい」と書かれています。湿疹などのかぶれた状態は、そうなった原因の物質を取り除く必要があるのでオロナインでは改善しませんしかえって悪化させることもあるので注意しましょう。

undefined
はるこさん
お肌の万能薬のように思って愛用している人も多いかもしれませんが、オロナインはあくまで軟膏です。スキンケア用品として使用するのはおすすめできません。

 オロナインが使える肌荒れはどれ?

オロナインはどういった肌荒れに塗ることができるのでしょうか?それぞれ、オロナインの効果の有無について見てみましょう。

ニキビ

オロナインの公式サイトでもニキビに効果があると謳っています。ニキビは肌の乾燥によって、古い角質が肌に残りそれが毛穴の出口を塞ぐことではじまります。毛穴に皮脂がつまり、そこへアクネ菌が増殖していくので、オロナインの殺菌成分によってアクネ菌を退治することがニキビのケアになります。しかし、ニキビが悪化して膿が出るほどひどくなった状態にはオロナインの効果はほとんど期待できません。オロナインには殺菌作用はありますが炎症を抑える作用はないからです。炎症を起こし始めている初期の段階に使いましょう。

妊婦さん、赤ちゃんの肌荒れ

妊婦さんや赤ちゃんは特に肌が敏感状態であるので薬の使用については慎重になりますね。オロナインに配合されているロルヘキシジングルコン酸塩液という殺菌成分ですが、 これは赤ちゃんの口腔洗浄にも使われるものです。赤ちゃんにも使えると判断されている成分であるということですね。また防腐剤やステロイドも入っていないので安心して使えます。オロナイン公式サイトでもオロナインの使用についての年齢制限は設けていないと説明されています。妊娠するとホルモンの関係で肌荒れニキビに悩まされる人も多いですが、オロナインはニキビに有効です。一方、赤ちゃんの肌荒れとして多いものに乳児湿疹がありあますが、オロナインは湿疹には使えないので注意しましょう。

アッキー
妊婦さんや赤ちゃんにも使えますが、その肌荒れがニキビであれば使えて湿疹であれば使えないということですね。

口周り、髭剃りが原因の肌荒れ

口の周り、特に男性は髭剃りによってカミソリ負けをして肌荒れが起こることがあります。肌は乾燥していると角質がめくれやすくなります。この時にカミソリで肌の表面をなでると肌の角質細胞が剥がれ落ちて傷になることもあるので注意が必要です。オロナインには殺菌と保湿成分があるので、カミソリ負けした口の周りのダメージに効果があります。ただし、根本的には肌の保水力をアップさせることによって肌荒れしにくい肌を目指すことが大切です。

花粉症が原因の肌荒れ

花粉症の症状にもいろいろありますが、花粉が肌に付着することで炎症を起こすことを刺激性皮膚炎と言います。これは、肌が乾燥することでバリア機能が低下して起こります。バリア機能の弱った肌に花粉が刺激となって肌荒れが起こるのです。オロナインには殺菌成分は配合されていますが、炎症を抑える成分は入っていません。花粉による皮膚炎であれば、殺菌効果も意味がないのでオロナインは使えません。根本的に解決するためには、長袖やマスクなどで花粉が肌につかないように対策をすることが必要です。

生理前の肌荒れ

生理周期になると肌があれる人も多いですよね。これは、ホルモンバランスが崩れて皮脂の分泌が過剰になることで起こります。皮脂が過剰に分泌されると毛穴に詰まりやすくなり、さらにアクネ菌が皮脂をエサに増殖することが原因です。そもそものホルモンバランスを整える作用はオロナインにはありませんが、できてしまったニキビが炎症しだしたときに、アクネ菌を殺菌するためにオロナインを塗るのは有効です。

そもそも顔に塗るのはいいの?

目に入らないように注意すれば顔に塗るのも問題ありません。その場合、清潔な肌に塗る必要があるので、まずは洗顔をして化粧水などで肌を整えてから使用しましょう。オロナインが先で化粧水が後という順番になると、化粧水でオロナインが患部以外に広がってしまうので気をつけてください。

ネット人気の使い方もNG

アッキー
SNSなんかでもオロナインを使った肌荒れケアに色々な方法があるようですね。
undefined
はるこさん
パックや乳液のようにオロナインを使う人が増えているわね。確かにSNSで、人がおすすめしているとつい自分も試したくなってしまうけれど、実際に危険がないのかどうかをきちんと調べてからトライしましょうね。

オロナインパックで毛穴ケア

やり方:オロナインを鼻全体に塗った後にそのまま10分ほど置いてから洗い流す

このオロナインパックで毛穴汚れがすっきり落ちてツルツルの鼻になれる!なんていわれていますが、これは危険な行為なのでやめましょう。オロナインはそもそも殺菌成分が配合された塗り薬です。傷などのない正常な肌に塗り続けるとかえって肌が乾燥してトラブルが起きる原因となります。

顔全体に水溶きオロナインを毎日使う

やり方:オロナインを精製水でのばして化粧水のように顔に塗る

水溶きオロナインは「オロナイン水」「オロナイン乳液」などとも呼ばれ、有名な美容家であるSさんが発信したものだそうです。水でのばすことで「肌へのなじみが良くなる」ということのようで、毎日の乳液代わりに顔全体に使うことで、肌荒れを防ぎ、肌をしっとりさせてくれる効果があるといわれています。しかし、これも実際はNGです。オロナインにはオリブオイルなどの保湿成分はたしかに配合されていますが、それを水で薄めてしまっては成分自体が薄まって本来の効能を発揮できなくなります。オロナインの成分配合のバランスは、製薬会社によってベストな状態を考えられてできているものなので勝手に薄めると当然ベストな状態ではなくなってしまいます。

オロナイン同様プチプラ人気2選、肌荒れに効く?

オロナインのように昔から多くの人に親しまれているアイテムで、今SNSで話題なのが「ニベア」と「ハトムギ化粧水」です。

どちらもプチプラながら肌荒れに効くとして人気を集めています。

二ベア

Source: アマゾン

青い缶に入ったニベア、一度は使ったことがあるという人も多いですよね。ニベアはハンドクリームとして使っている人が多いと思いますが、実は髪の毛や肌に使えるスキンケアクリーム。しかも、プチプラなのに成分が1万円以上する高級クリームに似ているということで注目を集めています。ニベアにはグリセリン、スクワラン、ホホバオイルといった保湿成分が配合されているので、肌の乾燥、乾燥によるニキビの改善に役立つとされています。ただし、油分を多く含んでいるので塗りすぎるとかえってニキビの発生や悪化を招くので気をつけましょう。

ハトムギ化粧水

Source: アマゾン

肌に潤いを与えたり、肌荒れを防ぐ効果があるとされるハトムギの成分が配合された化粧水。ハトムギには抗菌作用もあるのでニキビケアにぴったりな化粧水、なのにプチプラで続けやすいということでニキビに悩む方々から支持されています。ただし、保湿効果の高い成分がほとんど配合されていないので乾燥によるニキビケアにはハトムギ化粧水だけではその効果をあまり期待することができません。化粧水だけでなく、乳液やクリームなどとの併用が望ましいです。

肌荒れを根本から解決する3つの方法

オロナインは初期の炎症ニキビに効果はありますが使い方によっては副作用が出ることもありますし、そもそもが軟膏薬なので肌荒れを未然に防ぐものではありません。根本から肌荒れを改善するためには、日頃のスキンケアのやり方や生活習慣を見直す必要があります。ここでは肌荒れを解決するための根本的な方法を紹介します。

1.スキンケアの見直し

乾燥させないクレンジングと洗顔を行う

メイクや汚れをしっかり落とすことは肌荒れを防ぐために欠かせませんが、洗浄力の強いアイテムを使うと肌に必要な皮脂まで落としすぎて肌の乾燥を招きます。肌が乾燥すると、肌のバリア機能が弱まって肌荒れを引き起こす原因となります。クレンジングや洗顔を選ぶときには、肌に負担がかからない成分であること、さらに保湿成分が配合されているものであることを基準に選ぶことをおすすめします。

有効成分にこだわった保湿ケアをする

肌荒れ予防には肌の保湿も重要です。肌の保湿力を高める成分として代表的なものにヒアルロン酸やセラミド、スクワランなどがあります。肌の水分保持力を高めると、肌のバリア機能が正常に働きます。また、ターンオーバーも整うので、肌の健康を保つことができるのです。保湿ケアは肌の状態を清潔にしてから行うことが大切なので、入浴後や洗顔後のタイミングで行うことがベストです。入浴後も洗顔後もそのままでは肌の乾燥がどんどん進むので、余計な水分をタオルなどで優しくおさえるようにしてふき取った後に保湿成分の配合されたスキンケアアイテムでお手入れしましょう。

おすすめの基礎化粧品2選

ノブAC…刺激を受けやすい敏感状態のニキビ肌をやさしくお手入れできる低刺激性ニキビケアシリーズです。消炎作用のアラントインや感光素201号などがすでにできているニキビをケアして、リピジュアやヒアルロン酸で肌をしっかりと保湿します。乾燥を伴う大人のニキビケアにぴったりです。

ご購入はこちら

●ラミューテ…肌トラブルに大きく関係する女性のホルモンバランスに着目したラミューテ。優雅な芳香でホルモンバランスに働きかけるダマスクローズウォーターを配合しています。肌だけでなく心にも働きかけるスキンケアができます。パラベンやアルコールなどの肌に刺激となる物は使用せず、セラミドやヒアルロン酸などの豊富なうるおい成分で肌本来の機能を高めてくれます。

ご購入はこちら

2.食生活の改善

肌荒れ改善に必要な食生活

過剰な皮脂の分泌の抑制、抗炎症作用や抗酸化作用、コラーゲン生成の促進などの効果のある栄養素と言えばビタミンCパプリカやアセロラ、海苔などに含まれます。

そして、肌を正常に保つにはビタミンB群も欠かせません。レバーやわかめ、マグロや納豆などを積極的に食べましょう。もちろん、皮膚を健康に保つにはタンパク質や食物繊維も欠かせません。野菜や肉、魚などをバランスよく食べることが何よりも大切です。

肌荒れの原因になる食生活

気をつけたいのはスナック菓子やファストフードなどの油分が多いもの。皮脂の分泌を過剰にして毛穴を詰まらせてしまいます。そして、糖分の多いものにも気をつけましょう。糖分はたくさん摂取すると体内で分解されるときにビタミンB1を大量に消費するため肌に必要な分が不足してしまうのです。外食やコンビニ食が多いという人はどうしても栄養バランスが乱れがちなので気をつけたいですね。

おすすめサプリ2選

●きらりのお恵み…ビフィズス菌やオリゴ糖で体内の不要なものを掃除してくれます。さらに還元力の高いくちなしの実やレスベラトロールなどで肌荒れに負けない肌の土台を作ります。ビタミンcやビタミンB2、B6なども一緒に摂れるので内側から輝く肌を目指せます。

ご購入はこちら


・緑の知恵…1粒に20億個の乳酸菌が配合されているので腸のスッキリをサポート。他にもポリフェノールが豊富なキウイ種子エキスや高い保水力を誇るセラミド、ビタミンC豊富なアスパラガスなどで内側からキレイに。外側からのケアだけでは物足りない方におすすめ。

  •  
  • これからも続けたい
    以前はニキビが恥ずかしく、メイクで隠しては悪化しての繰り返しでしたが「きらりのおめぐ実」を飲み始めてからニキビができにくくなり肌がモチモチになりました。

    ファンファレ公式サイト

 

  •  
  • 変化に感動
    試しに飲んでみたところ一週間でなんとなく肌の調子がよくなり、一袋飲み切ったところニキビが明らかに減り新しいニキビもできなくなりました。

    ファンファレ公式サイト

 ご購入はこちら

3.生活習慣の改善

睡眠…肌荒れに悩んでいる人の多くは寝不足である場合が多いです。肌の生まれ変わりをサポートする女性ホルモンは、睡眠時に活発に働きます。つい夜更かしをしてしまう…という人は睡眠時間を見直しましょう。

運動…運動をして全身の血流が改善すると代謝がアップします。肌の新陳代謝にも作用するので肌荒れ改善に効果的です。

ストレス…ストレスがたまると体内の男性ホルモンが優位になります。男性ホルモンは皮脂の分泌を過剰にする働きがあるので、肌荒れの原因となります。そこで、上手にストレス解消することが大切です。好きな音楽を聴く、適度な運動をするなど、自分にとってストレス解消のリラックスできる時間をもうけましょう。

肌荒れは殺菌より基本ケアで治そう

肌荒れは雑菌などが原因で起こることもあります。しかし原因はそれだけではありません。肌の乾燥やホルモンバランスなど、いろいろな要因があります。オロナインには殺菌効果があるので、雑菌を退治してはくれますが殺菌だけで全ての肌荒れを解消することはできないのです。

まずは根本的なスキンケアをきちんとして、肌をしっかり保湿することが肌荒れ解消に不可欠です。殺菌だけでなく、基本のケアを見直していきましょう。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事