そばかすの原因3つと対策4選!皮膚科で消す方法と比較しよう

そばかすの原因3つと対策4選!皮膚科で消す方法と比較しよう

「そばかす」さえなければスッピンもきれいなのに!こんな悩みをお持ちのあなたに、ここでは「そばかす」の原因3つと増やさない対策方法4選、そして皮膚科で消す方法5つがゲットできます☆上手にメイクで隠したい人に役立つ情報もぜひお見逃しなく!!

そばかすを消して明るい肌になりたい

「そばかすはあどけない少女のようでかわいい」とか「白人女性もそばかす多いし」なんて言う人もいますが、そのせいで肌がくすんでしまい、ついついファンデーションを重ね塗りして厚化粧になっていたり、スッピンを誰にも見せたくないという人も多いのではないでしょうか。

また、すでにできていてこれ以上濃くしたくないというあなたも、安心してください。まだ今なら間に合います。この記事では、そばかすができる3つの原因をまず知り、皮膚科で消す5つの方法メイクで隠す方法、そして増やさない対策4選をお伝えしていきます。

はるこ先生
そばかすってかわいらしい印象を与える時もあるけれど、本人にとっては深刻な悩みの場合もありますよね。でも、薄くする方法はあるし、濃くしないために行えることはあります!そばかすによるくすみに悩んでいるあなた、どうかあきらめないでくださいね♪
アッキー
そばかすって日焼けでできるイメージだけど他にもあるんでしょうか?僕も原因と対策を知りたいので、ぜひ一緒に勉強していきましょう!

そばかすができる3つの原因

まずは、そばかすができる3つの原因を見ていく前に、そばかすは肌に何が起こって出来上がるのか、そのメカニズムを解説していきます。 

はるこ先生
そばかすができる元の原因は、「活性酸素」という肌や体の老化を招くものにあります。
紫外線や外的刺激によって活性酸素が発生して、メラノサイトという皮膚にある細胞を刺激します。その結果、肌を守るためにメラノサイトはメラニン色素を発生させるのです。
メラニン色素がなければ、肌は紫外線や外的刺激を受けた時、実はもっとボロボロになってしまうんです。

アッキー
メラニン色素が肌を守るために作られているなんて意外ですね。
じゃあ、そのメラニンが色素沈着してしまうのはどういうメカニズムなんですか?

  

はるこ先生
メラニン色素は本来、肌の生まれ変わりとして人間の体に備わっているターンオーバー、つまり新陳代謝が正常に働いていれば剥がれ落ちていくのよ。でも、メラニン色素が過剰に発生して、皮膚に蓄積していき、生活習慣や間違ったスキンケアなどでターンオーバーが乱れていると、メラニン色素が蓄積して、そばかすやシミを生んでしまうの。
では、ここからは、具体的にそばかすができる原因を3つほど見ていきましょう!

(1)紫外線によるもの

まず大きな要因として挙げられるのは、紫外線によるものです。紫外線を浴びることによって肌の老化を招き、メラニン色素を発生させる大元の原因である活性酸素が作られるためです。

紫外線の中でも波長によって種類が分けられますが、UVAという紫外線A波(紫外線の95%を占める)とUVBという紫外線B波(紫外線の5%を占める)のうち、そばかすの原因となるのはUVBのほうであるとされています。波長が短いため皮膚の表面にしか影響を与えませんが、強い力がありメラニン色素の沈着の原因となります。

(2)過度な肌への負担によるもの

そばかすができる原因には、肌への過剰な摩擦自分の肌に合っていない化粧品による肌への負担などが挙げられます。これらは、メラニン色素を作り出してしまうのです。ですから、間違った洗顔方法をしていて、ゴシゴシと顔を擦っていたり、ピーリングを過度に行っていたり、肌に負担をかけている化粧品を使っていたりすると、メラニン色素が増えて色素沈着しそばかすが出来上がってしまうでしょう。

ピーリングをすると肌はデリケートな状態になり、紫外線を浴びると日焼けしやすくなります。なので、朝、ピーリング洗顔などを使っている人は、それもそばかすの要因となってしまうということを覚えておいてくださいね。

(3)遺伝によるもの

そばかすができる3つ目の原因は、遺伝です。子供の時からできているそばかすは、遺伝によるものが多いでしょう。そばかすができやすい色の白さを体質として遺伝しているのです。鼻の周りや頬にできているのは遺伝性の可能性が考えられます。遺伝性の場合、大人になるにつれてそばかすがだんだん消えていく傾向にあります。大体3歳ぐらいにでき始めて思春期の終わりごろには消えていくと言われています。

しかし、遺伝性のそばかすであっても、紫外線をよく浴びていたり外的刺激を過度に加えていたりすると、大人になってもそばかすが残ることもあるようです。ですから、遺伝によるそばかすであってもケアを日頃から行い、予防することが大切です。

日本人はそばかすができやすい?できにくい?

黄色人種である日本人はそばかすができにくく、欧米系の白人人種にできやすいです。色が白いと肌を守る作用があるメラニン色素が少ないため、肌が弱くそばかすができやすいとされています。
また、紫外線を浴びることが多いとできるため、バカンスを楽しんだり日焼けをしたい白人はそばかすが多く、紫外線対策をすることが多い日本人はできにくいと考えられます。

皮膚科でそばかすを消す方法5選

では次に、できてしまったそばかすを消すには様々な方法がありますが、その一つである皮膚科で消す方法を5つ紹介していきます。それぞれの治療法気になる費用や期間ダウンタイム(施術後、日常生活が送れるようになるまでの期間)副作用やアフターケア方法も説明するので、それぞれのメリットとデメリットを考慮して自分がしたい方法を探してみてください。

1. レーザー治療

皮膚科での方法の一つとしてレーザー治療がありますが、これはそばかすにレーザーをあてることによりメラニン色素が反応し、そばかすの細胞が破壊されてそばかすが消えるというメカニズムです。メラニンを持った細胞だけが反応して破壊されるので、他の細胞に影響はありません。

レーザーの中にもいろいろ種類があり、クリニックによって扱っているレーザーが異なりますが、一般的には「Qスイッチレーザー」がそばかすには効果的だと言われています。他にも、「SBCレーザーフェイシャル」という、ゆっくりそばかすを消していき、かさぶたができない方法も人気です。施術時間は10分から20分ぐらいです。それぞれの方法の違いは下の表で確認してみてください。

項目/施術方法QスイッチレーザーSBCレーザーフェイシャル
費用
  • ​1照射5,000円(相場)×そばかすの数や範囲による
  • ​大体100,000円前後かかることが多い
1回の施術11,740円(湘南美容外科の場合)
期間1回の施術で消えることが多い月に1度の通院で数回の施術が必要
ダウンタイム
  • ​1~2週間でかさぶたになって剥がれ落ち、1~2カ月赤い跡が残る
  • ​綺麗になるまでに3カ月から半年かかる
  • なし
  • ​施術直後からメイク可能
副作用
  • 施術はゴムで弾かれたような痛み
  • 色素沈着(そばかすが濃くなる)
  • みずぶくれ
  • 施術はゴムで弾かれたような痛み
  • 数時間ほど腫れる場合あり


アフターケア専用のトリートメントなどを塗るクーリング(冷却)する
はるこ先生
Qスイッチレーザーの場合、強力なレーザーなので、肌への負担はどうしてもかかってしまいます。肌が弱い人だとやけどしたようになって水ぶくれができてしまったり、かえってそばかすが濃くなる場合もあるようです。
その点、回数はかかりますが、SBCレーザーフェイシャルはゆっくりと肌にアプローチをして皮膚の表面を冷却ガスで保護してくれるので、負担が少ないでしょう。
肌が弱い人は必ず医師に伝えて、後悔のないようにしてくださいね!

2. フォトフェイシャル

「フォトフェイシャル」という方法でもそばかすを消すことができます。これは、IPL(Intense Pulse Light)という光を顔全体に照射しますが、カメラのフラッシュのような光です。働き的にはレーザーと似ていて、メラニンを破壊し、メラニン色素が浮き上がってきてそばかすが剥がれ落ちます。

そばかす以外にも、しみや赤ら顔、毛穴の開きや小じわなどに効果を発揮します。施術時間は10分から30分程度です。医療機関でのみ受けられる施術となっているので、エステサロンで似たようなプランがありますが、フォトフェイシャルとは異なることを覚えておきましょう。

項目/施術方法フォトフェイシャル
費用1回2~3万円
期間月に1回の施術で4~5回
ダウンタイム
  • ​ほとんどない
  • 施術後、数時間のみヒリヒリした感じがする
  • すぐにメイク可能
副作用
  • 施術はゴムで弾かれたような痛み
  • かさぶたができる場合もあるが、5~7日で自然に剥がれ落ちる
アフターケアクーリング(冷却)、スキンケア
アッキー
皮膚科でそばかすを消す方法として、多くの人が「フォトフェイシャル」を選んでいるようです。
回数はかかりますが、ダウンタイムが少ないことや、すぐにメイクができたり、顔のハリや弾力をアップさせることも期待できるので、この施術を行う人が多いみたいです!

3. イオン導入

3つ目の方法は、「イオン導入」です。これは、微弱な電流を流して皮膚の深部にそばかすなどの改善に効果的な成分を浸透させるという方法になります。

メラニンの生成を抑える働きがあるビタミンCやビタミンAを使用しているクリニックが多いようです。レーザー治療やフォトフェイシャルと併せて行うことで効果をアップさせることもできます。

項目/施術方法​イオン導入
費用1回2,000円~5,000円ぐらいが相場
期間1~2週間に1回の施術で10回程度
ダウンタイムほとんどない
副作用
  • 痛みはない
  • ピリピリや赤みを感じる人もいる
アフターケア美容液、日焼け止めを塗る
はるこ先生
「イオン導入」は、痛みもないし費用もレーザー治療やフォトフェイシャルに比べて安めですね。
通院回数が多く時間はかかりますが、肌に優しい成分が使われているので安心の方法だと思います!

4. 有効成分配合の外用薬を塗る

そばかすに有効な成分が配合されている外用薬を皮膚科で処方してもらい、塗ることでもそばかすを薄くすることができます。以下の4つが、そばかすに有効な外用薬に用いられている代表的な成分です。それぞれがどんな作用があるのかを見ていきましょう。

ハイドロキノン

ハイドロキノンはメラニンを作り出すメラノサイトという細胞の働きを抑えてくれる成分です。その結果、メラニンが作られるのを防ぐとともに、そばかすを漂白する効果をもたらします。

化粧品などで美白をうたった商品にもこのハイドロキノンが配合されていることがありますが、皮膚科で処方されるものはより高濃度なので、そばかすを薄くするのに有効です。ただし、強力であるため、中には皮膚がただれたり、かぶれたり、白斑ができて皮膚がまだらになったりすることがあるので注意が必要な薬でもあります。

トレチノイン

トレチノインという成分が配合された薬もあります。皮膚の細胞の代謝をより活発にするよう促し、メラニンが色素沈着しているそばかすを剥がれ落とそうとする効果があります。

これも強力な薬であるため、1ヵ月半ぐらいは皮膚の表皮が剥離した状態になるでしょう。医療用は特に高濃度なので注意が必要です。医師によく使用方法を確認し、その指示に従ってください。

ルミキシル

ルミキシルという美白化粧品を扱っている皮膚科もあります。アミノ酸の「ルミキシル・ペプチド」から作られた成分で、メラニンが作られる際に関わるチロシナーゼという酵素の働きを抑えて、肌の透明感をアップさせるものです。

ハイドロキノンより効果は高く、しかも副作用が少ないというメリットがあります。2カ月ぐらいは使用し続ける必要がありますが、これは楽天市場などのネットショップでも購入できます。価格は8,000円前後です。

センシル

センシルは、高濃度(25%)のピュアビタミンCが配合されています。92%という高い浸透率で肌の奥深くまで作用する美白効果、老化を防ぐ抗酸化作用があり、肌にハリをもたらすコラーゲンの生成を促します。

アルコールや防腐剤、酸化防止剤などは含まれていないので、肌の弱い人も安心して使えるでしょう。楽天市場などのネットショップなどでも購入できますが、10ml(約1ヵ月分)で18,000円(税抜)ぐらいです。

5. 有効成分配合の内服薬を飲む

そばかすに有効な成分が配合されている内服薬を飲んで、体の内側からそばかすを薄くするという方法もあります。次の3つの成分が用いられることが多いです。

トランサミン

トランサミンはトラネキサム酸とも呼ばれ、肝斑というシミの治療にも用いられます。メラノサイトという細胞の活性化を促すプロスタグランジンなどの物質をブロックし、そばかすの原因となるメラニンの生成を抑制してくれます。

元は止血剤として作られた薬なので、血栓症などの血栓ができやすい人は使用しないほうが良いです。食欲不振や嘔吐、胸やけ、眠気、発疹などの副作用が出る場合もあります。

シナール

シナールは、ビタミンCとその働きを助けるパントテン酸が配合されているビタミン剤です。メラニンが生成されるのを抑え、そばかすを薄くすることができるうえに、コラーゲンの生成、抗酸化作用、免疫力アップ、皮脂を抑制するなどの効果があります。

副作用としては、ビタミンCによりお腹が緩くなるという人がいます。

ハイチオール

よく市販されているハイチオールCと同じものですが、L‐システインが有効成分で、体の代謝を促す働きがあります。もともと、この成分は体内にあるものでアミノ酸の一種です。

代謝により溜まってしまったメラニンを剥がれ落とすため、そばかすの改善に効果があるとされて処方されます。

はるこ先生
内服薬の場合、持病がある人、妊娠中の人は医師に必ず伝えて、副作用や使用しても良いかを必ず確認してください。
外用薬でも、皮膚の弱い人は注意が必要な場合もあります。ネットショップで買えるものもありますが、医師にまず聞いてから購入するなど、必ず事前に対策をしてください。
そして、即効性があるものではないので、コツコツと飲む・塗るようにしてくださいね!

そばかすを隠すメイク方法

では、ここからはそばかすを消せなくても良いけれどメイクで隠したい、もしくは皮膚科での治療をしつつ薄くなるまでの間メイクでどうにかしたい、という人に、コンシーラーで隠す方法と、そばかすを生かして上手に可愛くメイクする方法を伝授します。

コンシーラーで隠す

 コンシーラーという、肌の気になる部分をカバーする部分用ファンデーションのような化粧品を使用することがおすすめです。そばかす、しみ、くま、ニキビ跡などを隠すことができます。

では、数あるコンシーラーの中からそばかすにはどのようなコンシーラーが良いのか、選び方と塗り方も参考にしてくださいね。

コンシーラーの選び方

コンシーラーには、リキッドタイプ(液状)、クリームタイプ、スティックタイプ、ペンシルタイプがあります。そばかすの範囲によって、コンシーラーを選んでください。広範囲にそばかすがある人は、リキッドタイプかクリームタイプを使うと伸びがよいです。また、そばかすの色が濃い人もクリームタイプがおすすめです。そばかすの数が少ない人は、ピンポイントでカバーできるスティックタイプかペンシルタイプのほうが使いやすいでしょう。

アッキー
はるこ先生、色味はどのようなものを選ぶと良いですか?
はるこ先生
そばかすをカバーする場合は、明るい色だと余計にその部分が浮いて目立ってしまうから、自分の肌より少し暗い色を選ぶようにするといいのよ♪
なかなか自分の肌に合ったものがないという人は、パレットタイプで何種類かの色が入っているものを選んで、自分で混ぜて使うのもおすすめです!

コンシーラーの塗り方

塗り方は、パウダー系ファンデーションの人は、化粧下地→コンシーラー→ファンデーションの順で塗りましょう。リキッドタイプのファンデーションの人は、ファンデーション→コンシーラー→パウダーの順で使います。

コンシーラーは一度手の甲にのせてからそばかすの部分に塗るようにすると、伸ばしやすいです。そして、トントンとぼかすような感じで塗っていきます。一度にたくさんの量を付けるとムラになる可能性があるので、少量ずつのせていくようにすることをおすすめします。

そばかすが薄い人はピンポイントで気になる部分だけに塗るようにしてください。

そばかすを活かしたメイクにする

そばかすを隠さず、逆にそばかすを活かしたメイクをするという方法もあります。白人の女優さんなど、けっこうそばかすを隠していませんよね。

ただし、そばかすを活かしたメイクは、あどけない少女っぽい印象を与えることも覚えておいてください。赤毛のアンをイメージできますか?あのようなかわいらしい印象を与えたい人にはおすすめの方法です。

ファンデーションを薄付けにする

ファンデーションを厚塗りするとそばかすは隠せるでしょう。その反対で、そばかすを活かしたい人はファンデーションを薄付けにしてください。カバー力が薄めの肌の透明感を活かせるファンデーションを選ぶことをおすすめします。薄付きのパウダーを軽くはたく程度のナチュラルメイクに仕上げることでも、そばかすを隠さずに自然な雰囲気を出せます。

ポイントメイクは淡い色にする

ポイントメイクの仕方でもそばかすを活かしたかわいらしい仕上がりにできます。チークは、コーラルピンク系かサーモンピンク系の自然な血色になるような色合いにして、頬骨のあたりにのせましょう。

また、リップの色もチークとトーンを合わせるとより効果がアップします。グロスを控えめにすると幼い感じを出せますし、マットな感じにすると少し落ち着いた印象になります。顔だちにもよる場合があるので、あなたの顔に合ったメイク方法を見つけてみてくださいね。

そばかすを増やさない対策

ここまでは、そばかすを消す方法や隠す方法を見てきました。ここからは、これ以上そばかすを増やさないためにどのような対策をとると良いのかを取り上げます。効果的な4つの方法を選んでみたので、ぜひそばかす予防の参考にしてくださいね。

紫外線対策を徹底する

やはりそばかすの原因の大半は「紫外線」です。紫外線対策を徹底的に行うことはそばかす予防に欠かせません。そのため、日焼け止めは、外出しない日も冬も一年中塗るようにしましょう。家の中にいても洗濯物を干したり、ちょっと窓辺にいたりすることでも日焼けします。朝起きたら、日焼け止めを塗ることを習慣にするのはどうでしょうか?

さらに外出の際は、帽子をかぶるサングラスをかける日傘をさすといった紫外線対策グッズをいくつか重ねて使うとより徹底できます。目から日焼けすることもあるので、外出時に薄めのサングラスを着用するのもおすすめです。

メラニンの働きを抑制する栄養をとる

次にできる対策として、メラニンの働きを抑える作用がある栄養を積極的にとり入れることが挙げられます。具体的には次の3つの栄養素がその働きをしてくれるので、それぞれの特徴や含まれている食べ物をチェックしてください。

ビタミンC

ビタミンCには、そばかすの原因であるメラニン色素を作り出す物質を抑えて色素沈着を防ぐ働きがあります。また、できてしまっているそばかすやシミを薄くする働きもしてくれるので、美白のためにぜひとり入れたい栄養素です。

ビタミンCが多く含まれている食べ物は、アセロラや赤ピーマン、ゆず、レモン、キウイフルーツ、イチゴなどがあります。こうしたものを食事やデザート、飲み物などに意識的にとり入れてみてください。

リコピン

リコピンと聞くとトマトとイメージする人も多いのではないでしょうか。リコピンは、活性酸素を除去し、紫外線からのダメージを防ぎ、そしてメラニンの生成を抑える働きがある成分です。また、コラーゲンが増えるのを助けてくれるので、美肌を目指す人におすすめの栄養素でもあります。

トマト以外にスイカや柿などに含まれていますし、トマトケチャップやトマトジュースなどの加工品からもとることができます。

ビタミンE

ビタミンEは、メラニンの生成を抑制するものではありませんが、新陳代謝の働きを促し、メラニンが剥がれ落ちるのを助ける効果があるので、そばかす予防にとり入れたい栄養素の一つです。抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれる働きがあります。また、ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果があり、両方の効果がアップします。

ビタミンEは、アボカドやウナギの蒲焼、かぼちゃ、赤ピーマン、アーモンド、ひまわり油、コーン油などに多く含まれています。ビタミンCが多い食品と一緒にとりましょう。

はるこ先生
自身の食生活を見返してみて、ここで取り上げたような食品を積極的に食事などにとり入れて、体の内側から美白を目指しましょう!
でも、一人暮らしで外食が多い、コンビニなどの弁当が多いなど、自炊しないのでこうした栄養素を食事でとり入れるのが大変…という人は、次に取り上げるサプリがおすすめです♪

美白効果のあるサプリをとる

食事でバランスよく栄養素をとって健康的に美白を目指すのがベストですが、それが難しい人や手軽に美白したい人は、美白効果のあるサプリを活用するのも1つの方法です。

先ほど取り上げたような栄養素が含まれているものを選びましょう。そばかす予防に効果的なサプリメントを1つ紹介するので、良かったら参考にしてくださいね。

POLA|ホワイトショットインナーロックIX

POLAが販売している「ホワイトショットインナーロックIX」が、体の内側から透明感あふれる肌にしてくれると人気です。POLAのオリジナル成分ブランノール(R)EX、メロンから抽出したメロングリンディンが配合されているのが特徴的で、抗酸化酵素が含まれていて肌を傷めず、紫外線のダメージから守る働きをします。ビタミンCやビタミンEももちろん含まれています。

1日2粒を目安として服用し、1ヵ月分60粒が6,696円(税込)で購入できます。

購入はこちらの公式サイトから

美白化粧品を使う

美白化粧品を使うことも、美白を保ちそばかすを予防するのに役立ちます。人気の3商品を紹介するので、自分の肌に合いそうなものがあればぜひ試してみてください。

ビーグレン|QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレンが出している「QuSomeホワイトクリーム1.9」という商品は、皮膚科でも処方されるハイドロキノンという肌を明るくする成分が主要成分として配合されています。また、肌の明るさを保つβホワイトなどの配合により、低刺激でありながら、透明感あふれる肌へと導いてくれます。

15gで6,480円(税込)ですが、どのようなものか試してみたい人は、ホワイトケアトライアルセット(洗顔、化粧水、美容液、ゲル、クリーム)が1,944円で購入できるのでおすすめです。

実際に使っている人の口コミは次の通りです。

  • そばかす
    30代後半女性 混合肌
    小さい頃からそばかすが顔全体にあり、夏場はすぐ濃くなりあれこれホワイトニングを試すも一度も効き目を感じたことがありませんでした。 しかし、ホワイトクリーム1.9は、つかうたびに少しずつ効き目を感じています! 主婦にはなかなか毎月数万円も出せないのでパーフェクトに揃えて使用は難しいですが、なんとか切り詰めてホワイトニングだけでも続けたいと思います。

    公式サイト

  • こめかみのシミが薄くなりました!
    30代後半女性 混合肌
    こめかみと頬に米粒くらいのシミが5つあり、ずっと気にしていましたが、ホワイトクリームを使用して1カ月で、濃い茶色から薄茶色に変わっています!!小さいシミなら、もうコンシーラーがなくても、ファンデで綺麗に隠れてくれるので、すごく感動しました(涙) 半年くらい使ってみて、肌の変化を楽しみたいです。乾燥、刺激、一切感じませんでした。

    公式サイト

実際に使っている人も、少しずつ薄くなっていく効果を実感しているようですね。 少し値が張りますが、透明感のある肌を目指すあなたは、ぜひ試してみてください。

購入はこちらの公式サイトから

POLA|ホワイトショットCX&SX

POLAが販売している「ホワイトショットCX&SX」も美白をしたい人におすすめです。CXのほうは顔全体に使用する薬用美白美容液で、ビワの葉から抽出した美容成分や、ルシノール(R)とビタミンC誘導体という美白成分に美容成分をプラスしたオリジナル成分「ルシノール(R)EX」​により、メラニンの生成を抑制しながら保湿もしっかりと行ってくれます。

SXのほうは、気になる部分に塗る薬用美白美容液で、CXと両方使うとより効果的です。こちらはクリームタイプで、クロレラ、カッコン、アロエ、アーティチョーク、ユズなどを使用したオリジナルの美容成分が配合されています。また、気になる部分に密着してメラノサイトに美白成分を浸透させる働きがあります。

CXは25mlで16,200円(税込)、SXは20gで12,960円(税込)です。

実際に使っている人の口コミもぜひ参考にしてください。

  • SXと併用してそばかすが薄くなりつつある!
    32歳 乾燥肌
    SXと併用しています。 遺伝的なソバカスがあり、年齢的にも将来のために今からケアしなくてはと思い試すことに。 透明のサラッとしたテクスチャーで少量でも伸びがいいです。驚いたのは、保湿力です。もっちりとした触り心地になります。 まだ試し始めて日が浅いですが、ソバカスが薄くなりつつあります。(特に鼻の頭にある濃いめのソバカス)嬉しいです。頑張って使い続けたいお品です。

    @cosme

  • 肌が弱いので使い方を調整
    42歳 敏感肌
    CXとあわせて使っていますが、肌が弱いため2日連続で使用したら1日休む。乾燥や肌荒れ時は使わない。といったかたちで4本目ですが、明らかに頬のシミは薄くなりました。 また、こちらだけ手の甲のシミに週3回程度塗っていたのですが、元々薄かったからか消えました。

    @cosme

両方併せて使うことで、そばかすやシミが薄くなってきたと実感している人が多いようです。肌の弱い人は、2つ目の口コミにあるように使う頻度を加減すると良いようです。

購入はこちらの公式サイトから

シーボディ|プラチナVCスターターセット

もう1つおすすめの美白化粧品は、シーボディの「プラチナVCスターターセット」です。こちらは、20代の頃のような透明感を取り戻すことをコンセプトに作られている化粧品で、最新型のビタミンC誘導体新安定型ハイドロキノンといった美白のための成分が配合されているとともに、プラセンタエキス、ヒト型セラミド5種などの保湿成分もたっぷり含まれています。そのため、美白をしっかりと行いながら保湿もしてくれて潤いと透明感のある肌を実現してくれます。

無香料、無着色、パラベンフリー、アルコールフリー、石油系界面活性剤不使用、鉱物油不使用なので安心して使用できるでしょう。化粧水、美容液、乳液・クリームが7日分セットで初回に限り、1,000円(税抜)で購入できます。

実際に使っている人の口コミも見てみましょう。

  • セットで使うとクリアな感覚!
    30代 女性
    潤ってハリ感がすごい!べたつかず、美白出来るなんて夏にもピッタリ。 でも、しっかり潤います。セットで使うとくすみが解消するようなクリアな感覚が!!無添加処方でやさしいのも嬉しいところ。敏感肌でもOK!

    公式サイト

  • 透明感が!これからも使いたい!
    40代 女性
    最近、お肌がくすんできたなあと悩んでいました。継続して使うことで肌も柔らかくなって肌に透明感も感じられるようになってきたので、これからも使いたいと実感!

    公式サイト

肌が明るくなることを実感している人が多い美白化粧品です。セット使いするとより効果がアップするようなので、まずはスターターセットで試してみるのはどうでしょうか? 敏感肌や肌の弱い人もお試しくださいね。

購入はこちらの公式サイトから

そばかすはケアと予防を徹底しよう

そばかすができる3つの原因と皮膚科で行える対策、そして自分で行える予防方法を見てきましたが、どうでしたか?できてしまったそばかすを薄くすることは可能ですし、今から徹底して予防すれば、新たなそばかすを作ることを防ぐことも不可能ではありません。皮膚科で治療する場合は、メリットとデメリットをよく考慮して行ってください。

そばかすのない透明感のある肌を目指しているあなた、日々のちょっとした努力で肌は変わるので、あきらめずに続けましょう!

はるこ先生
紫外線対策を徹底して行うだけでも、かなりそばかすを予防することができます。あとは、食生活や化粧品に気を配って、透明感のある肌を手に入れる独力しましょう。
忙しいと、ついつい自分のケアに手を抜いてしまいがちだけど、ちょっと意識することで変わってくるはず♪コツコツ続けてくださいね!
アッキー
皮膚科で一気にそばかすを治すのも良し、自分でコツコツ改善するのも良し、そばかすの対処方法はいろいろあるんですね。勉強になりました。
そばかすを活かしたメイクも僕はかわいらしくて好きですけどね…あ、僕の好みは聞いてないですか?(笑)