ニキビの炎症は一刻も早く治すのが◎跡にしたくないなら薬を活用!

ニキビの炎症は一刻も早く治すのが◎跡にしたくないなら薬を活用!

炎症を起こした赤いニキビ。腫れたり、痛みや痒みがでてきたり、とてもやっかいです。そのうえ潰すとクレーターのような跡が残ったり、放っておくと化膿したりと美肌の大敵です!一刻も早く治したいニキビの炎症。その対策や改善法に迫ります!

赤ニキビが痛い、これって炎症中?

頰や額、アゴにもできるやっかいなニキビ。そんなニキビにも種類があります。ニキビの種類は、見た目にもわかりやすい赤・白・黒・黄・紫といった色でわけることができます。

このうち、痛みを伴うことがある赤ニキビ。赤く腫れた状態は、顔の中でも目立ってしまいます。
この赤いニキビは、炎症しているように見えますが、いったいどんな状態なのでしょうか。赤ニキビの正体と原因、改善方法に迫ります!

赤ニキビってどんなニキビ?

まずは、赤ニキビがどんなニキビかを一緒に知っていきましょう。

特徴は痛みや赤み

赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビが悪化してできたものです。

赤ニキビの特徴は、その名の通り見た目の赤さ。ニキビの周りが赤く腫れて、痛みや痒みを伴うこともあります。

赤いのは炎症しているから

赤ニキビが赤いのは、炎症を起こしているから。この炎症の原因となるのが、アクネ菌です。ニキビに悩む人は、一度は耳にしたことがある名前ではないでしょうか。
このアクネ菌は、もともと肌にいる常在菌のひとつです。皮脂が大好きなので、皮脂分泌が過剰になると繁殖します。赤ニキビは、毛穴に皮脂がつまりそこにアクネ菌が繁殖し炎症を起こすことが原因で起こります。

早く治さないとニキビ跡の危険!

赤ニキビは比較的深い部分で起こることが多くあります。炎症が真皮層にまで及んでいるとニキビの芯を取り出すときに、真皮層の組織を傷つける危険があり、クレーターのニキビ跡が残ってしまう危険があります。そのため、皮膚科でも赤ニキビを潰すことはできないと言われています。
クレーターにまでならない場合でも、赤ニキビの炎症が進むと色素沈着が起こってニキビ跡が長く残ってしまう場合があります。

また、赤ニキビの炎症が悪化すると、ニキビが膿んで黄ニキビや、膿に血が混ざる紫ニキビになってしまいます。
そうならないうちに、赤ニキビは早く治すことが重要です。

炎症中のニキビの治し方

炎症ニキビは薬で治す 

皮膚科の薬で治す

炎症が起きて赤くなっているニキビは、間違ったケアをしてしまったり、炎症が進んでしまうことでニキビ跡が残ってしまうことがあります。そのため、早めに皮膚科でドクターに相談するのがおすすめです。
市販薬では、医師の指導が必要ないものしか取り扱うことができないため、使用できる成分はマイルドなものに限られてきます。
これに対し皮膚科では、医師の指導のもと適切で効果的な薬を処方してもらえるため、自宅でのケアに比べ効果を感じやすいこと。これも、皮膚科でのケアをおすすめする理由の一つです。
また、皮膚科では、ニキビの原因となる生活習慣や間違ったスキンケアに対するアドバイスをドクターから受けることで、根本的な原因を改善し繰り返すニキビを予防することができます。
ニキビは、尋常性ざ瘡という病名がある皮膚疾患の一つです。たかがニキビとあなどらないで、しっかりとドクターから治療を受けるようにしましょう。

◆抗生物質

赤ニキビは、アクネ菌が繁殖して炎症を起こしている状態です。そのため、皮膚科で赤ニキビを治すときには、抗生物質の内服薬や外用薬を使うことが多いようです。抗生物質は、細菌の増殖を抑えたり殺菌する作用がある薬です。細菌感染症に有効な薬で、ニキビだけでなくさまざまな病気に処方されています。

ニキビに有効な抗生物質は、以下のようなものです。

<飲み薬>

ドキシサイクリン(ビブラマイシン

ドキシサイクリンは、アクネ菌を殺菌するのはもちろん、アクネ菌が作り出す炎症物質を抑える作用があります。そのため、炎症を起こしている赤ニキビに有効です

ミノサイクリン(ミノマイシン)

このミノサイクリンも、ビブラマイシンと同じ効果をもちますが、副作用としてめまいが発生することが多く、運転や高所での仕事など制限がかかるため、ビブラマイシンを用いることが多いようです。

このミノサイクリンは、ドキシサイクリンと共に、テトラサイクリン系の抗生物質です。


ファロペネムナトリウム(ファロム)

ファロぺネムナトリウムは、ドキシサイクリンと同じくニキビによく使われる抗生物質で、アクネ菌の増殖抑制、殺菌に効果があります。抗炎症作用を併せ持つドキシサイクリンが効かない場合や、ドキシサイクリンに対するアレルギーを持つ場合に使用されることが多いようです。

<塗り薬>

クリンダマイシン(ダラシンTゲル)

クリンダマイシンには、ニキビの原因の一つとなるアクネ菌や黄色の増殖抑制・殺菌作用があり、ニキビに効果的な成分です。そのほか、抗炎症作用があるため、症を起こした赤ニキビに効果的だとされています。
◆抗炎症剤
赤ニキビは、アクネ菌増殖することで炎症が起こり、赤みや腫れ・痛みといった症状が出ている状態です。抗炎症剤は、炎症を抑えて炎症による症状を抑えることができます。
殺菌効果はもたないため、増殖したアクネ菌を殺菌することはできません。そのため、赤ニキビの治療には殺菌効果を持つ薬品など他のものと合わせて使用する必要があります。
<塗り薬>
イブプロフェンピコノール(薬品名:スタデルクリーム)
イブプロフェンピコノールは、炎症を抑え、炎症による赤みや痛み、かゆみを和らげます。非ステロイド系の成分であるため、ステロイドに比べ効果は穏やかですが、副作用も少ないのが特徴です。
<飲み薬>
イブプロフェン(薬品名:ブルフェン)

イブプロフェンはイブプロフェンピコノールと同じく、抗炎症作用をもつ成分です。イブプロフェンピコノールは、その多くが体内でイブプロフェンとピコノールに分解されます。

◆皮脂・角質に作用するもの

全てのニキビは、毛穴に皮脂がつまり角質が毛穴を塞ぐことから始まります。この皮脂つまりを防ぎ改善することで、ニキビを防ぎ、治すというアプローチの方法があります。
アダパレン(ディフェリンゲル)
ニキビは、皮脂分泌が過剰になり、角質が毛穴を塞いでしまうことで起こります。アダパレンには、この皮脂の過剰分泌と角質の硬化を防ぎ、毛穴のつまりを取り除く作用があります。こういった作用により、白ニキビや初期の赤ニキビの進行、初期の白ニキビが炎症を起こすことを食い止め、重症化を予防することができます。
イオウ(イオウカンフルローション)
イオウは、殺菌作用のほか角質軟化・脱脂作用があり、新たなニキビの形成を抑えます。イオウカンフルローションには、穏やかな消炎・鎮静作があるカンフルも配合されているため、初期の白ニキビ、黒ニキビに効果的です。炎症を起こしている赤ニキビには、抗菌剤や抗生物質と併せて使用されることが多いようです。
◆ビタミン剤
ビタミンの不足は、ニキビの原因へとつながります。また、ビタミンは肌の修復や肌を正常に保つために欠かせない成分です。そんなニキビの改善に欠かせないビタミンは、皮膚科でもビタミン剤として処方されることがあります。
ビタミンB2
ビタミンB2には、皮脂を抑制し、肌を正常に保つ効果があります。
ビタミンB6
ビタミンB6は、肌の新陳代謝を促し、新しい肌細胞を作るサポートをします。
女性ホルモンにも働きかける効果があり、ホルモンの乱れによるニキビにも効果的なだといわれています。
ビタミンC
コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCは、肌の乾燥を防ぎ、角質の硬化やインナードライといったニキビの原因を予防します。また、ビタミンCには抗炎症作用があり、ニキビの炎症を抑えてくれます。

市販薬で治す

皮膚科での治療が効果的だとわかっていても、忙しくてなかなか皮膚科に行けないこともあります。
そんな時は、市販されているニキビ薬を使用して自宅で治療してみましょう!
テラ・コートリル(ステロイド+抗菌薬)
テラ・コートリルにはオキシテトラサイクリン塩酸塩という抗菌薬成分を含んでいます。このオキシテトラサイクリン塩酸塩は、皮膚科で処方されるミノサイクリンと系統を同じくする成分で、これを含むテラ・コートリルは市販薬の中では珍しい薬です。
また、テラ・コートリルには、ヒドロコルチゾンというステロイドも含まれています。強力な抗炎症成分なので赤ニキビに効果的ですが、ステロイドの長期使用は副作用が起こるおそれがあります。
長期使用する際は、皮膚科に相談するようにしましょう。

1,000円(税抜) 販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン

テラ・コートリル
ペア・アクネクリーム(イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール)
ペア・アクネクリームは、口コミサイトの@コスメでも評価が高く、市販薬の中でも人気のニキビ薬です。
抗炎症成分のイブプロフェンピコノールが炎症を抑え、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールが、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌します。

950円(税抜) 販売元:ライオン

ペアアクネクリーム
ビフナイトnニキビ治療薬(イオウ、イソプロピルメチルフェノール、グリチルレチン酸)
CMでもお馴染みのビフナイト。薬用クリームもありますが、しっかりとニキビを治療したい場合は、ビフナイトnニキビ治療薬がおすすめです。
殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールが、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、抗炎症成分のグリチルリチン酸が、炎症による痛みや赤みを抑えます。
そして、角質軟化作用のあるイオウが角質を柔らかくし、ニキビの原因となる皮脂つまりを解消します。

1,100円(税抜) 販売元:小林製薬

ビフナイトn

アッキー
皮膚科では、ドクターの指導のもと抗生物質やステロイドなどの強めの薬品も処方してもらえるので、ニキビへの効果が出るのも早そうですよね。
はるこ先生
そうね!ただ、市販薬も皮膚科の薬品に比べるとマイルドだけど、しっかり効果のある成分が含まれているの。時間がないときや事情があって皮膚科に行けない時は、市販薬でケアしてみるのもいいわね。
アッキー
ケースバイケースで、自分の生活に合ったケアを見つけるといいですね!
はるこ先生
一つ気をつけて欲しいのは、市販薬に限らず皮膚科の薬品でも、人によって合う合わないがあるため、かゆみや痛みなどの異常が出ることもあります。少しでも異常が出た場合は、すぐに使用を中止してドクターに相談するようにしてくださいね!

炎症初期ならスキンケアでも治せる

鏡を覗いて、「あ!赤ニキビができてる」と気づいたその時、まだニキビは初期段階のはずです。そんな炎症初期のニキビなら、スキンケアでまだまだ改善することが可能です。では、初期の炎症ニキビを抑えるには、どんなスキンケアが必要なのでしょうか。

注目したい成分

炎症初期に積極的に取り入れたいのは、抗炎症作用や殺菌作用がある成分を含んだスキンケア用品です。こういった成分を使用することで、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、炎症を抑えることができます。
また、乾燥による角質硬化も毛穴を塞ぎニキビの原因となります。保湿成分や角質軟化剤で角質を柔らかくし、アクネ菌の温床となる皮脂つまりをなくすことも、初期の炎症ニキビに有効です。ただし、ピーリング剤は肌への刺激が強くバリア機能を一時的に低下させるため、炎症が起こる前段階の白ニキビの状態で行うか、炎症がまだほんのわずかな時に行うことをおすすめします。
初期の赤ニキビに有効な成分

成分名効果
アロエベラエキス抗炎症・保湿
オウゴンエキス抗炎症
カミツレエキス抗炎症・抗菌
グリチルリチン酸2k抗炎症(厚生労働省に認可された有効成分)
イソプロピルメチルフェノール殺菌
トラネキサム酸抗炎症
サリチル酸殺菌・角質軟化
コラーゲン保湿作用
スクワラン保湿作用

このうち、ビタミンCは成分が壊れやすいため、皮膚への浸透をあまり見込めません。これに対し、肌への浸透力を高め、皮膚の内部に浸透してからビタミンCに変わるという性質をもつのが、ビタミンC誘導体です。
このビタミンC誘導体には、アスコルビン酸グルコシド、ステアリン酸アスコビルなどさまざまな種類があります。
ビタミンCを使った化粧品を使う時は、こういったビタミンC誘導体を使用するのもおすすめです。

繰り返さないためには保湿成分も重要

皮脂が多く、ニキビができるという肌の状態になると、皮脂が出るということは潤っていると感じて保湿を行わないという人がいます。
しかし、皮脂が出ているからといって、肌そのものが潤っているとは限りません。
油分はたくさんある状態でも、肌の奥の水分が不足して乾燥している場合がありますこれは、インナードライといって、脂性肌の原因になる状態です。そしてこの脂性肌が、過剰な皮脂を分泌しニキビを引き起こすのです。
また、肌の水分が不足して乾燥していると、角質がうまく剥がれ落ちず、余分な角質がどんどん厚くなり、毛穴を塞いでしまいます。これもニキビができる原因です。こういった肌の状態だと、今あるニキビを直しても、また同じように何度もニキビを繰り返してしまうことになります。
これを防ぐためには、しっかりと保湿を行い肌の水分と油分のバランスを保つことが必要です

オイルフリーならさらに◎

ニキビができる肌は、油分が多い状態です。そんな時でも、乳液など、化粧水が肌から蒸散するのを防ぐための少しの油分は必要です。しかし、肌の油分が過剰な状態で、さらに油分を多く追加してしまうと、油分過多になってさらにニキビが増えてしまいます。
ニキビがある時のスキンケアは、クリームなどの油分たっぷりのものは控え、できるだけ油分が少ないものかオイルフリーのものを選びましょう。

かゆい時は冷やす

ニキビが悪化すると、痛みやかゆみを感じることがあります。このニキビのかゆみは、一体どうして起こるのでしょうか。

痒みが起こる原因

アレルギー反応
ニキビの痒みは、炎症が起こることによって放出されるヒスタミンという物質の作用がその原因の一つです。
ヒスタミンは、血管拡張作用や胃酸分泌など、さまざまな役割を持っている物質です。通常、体内にある時は、特に何かに強い影響を及ぼすということはないのですが、炎症が起きたり、アレルギー物質が体内に入ることで、アレルギー症状を起こしかゆみをもたらしてしまいます。
アレルギー体質の人は、ヒスタミンが過剰に放出されやすく、かゆみを感じやすいとされています。
雑菌の繁殖
ニキビがあると、なんとなく気になって知らず知らずのうちに触ってしまうことが多くなってしまいます。
手はさまざまなところを触っているため、多くの雑菌が存在しています。その手でニキビを触ることで、雑菌が繁殖し痒みが出てしまうことがあります。
肌の乾燥
肌が乾燥していると、バリア機能が低下し外部からの刺激に敏感に反応してしまいます。その結果、痒みが症状として現れることがあります。
この肌の乾燥は、角質を固くして毛穴を防ぐ原因となったり、肌は乾燥しているのに皮脂が多いというインナードライの原因にもなります。こういった症状は、新たなニキビの原因にも繋がってしまいます。

こういったことが原因で起こるニキビのかゆみ。でも、かゆいからといって掻いてはいけません。
毛穴の深いところで起こりやすい炎症ニキビを掻き壊してしまうと、深いニキビ跡の原因となってしまいます。また、アレルギー反応の場合、掻いてしまうと刺激されてヒスタミンがさらに放出され、ますますかゆくなってしまいまた掻いてしまうという悪循環に陥ってしまいます。ニキビがかゆくなっても、絶対に掻かないようにしましょう。

どうしても痒いときは

かゆいニキビを掻いてはいけないとわかっていても、どうしてもかゆくて仕方がない時があります。その時は、タオルを巻いた氷で冷やしてみてください。
冷やすと毛細血管が縮まり、ヒスタミンの活動が抑制されため、痒みを和らげることができます。これは即効性の対処法なので、どうしても我慢ができない時に是非試してみてください。

冷やしてはいけない場合

ニキビを冷やす時に注意したいのは、ニキビの痒みが気になる時でも、冷やしてはいけない場合があるということです。冷やしてはいけない時期というのは、炎症が慢性期に入っている時です。腫れや痛みが引いて、症状が落ち着いてきた慢性期の炎症ニキビは、傷ついた肌をこれから回復していこうとしています。そのタイミングで冷やしてしまうと、血管を縮めて回復に必要な栄養素を十分に届けられなくなってしまいます。そうすると、ニキビの治りも遅くなってしまうのです。

反対に、炎症の腫れや痛みが盛んな急性期は、冷やすことで痒みや腫れ、痛みを和らげることができます。痒みが気になり、ニキビの炎症が急性期であれば冷やすようにしましょう。

そのほかの対処法

このほか、乾燥が原因で痒みが出ている場合は、保湿効果の高い成分が入った化粧品でしっかりと保湿をしましょう。
このとき、過剰に油分を肌に乗せてしまわないよう、できるだけ油分が少ないものやオイルフリーのものを選ぶことも大切です。
セラミドやスクワランといった保湿成分が入ったものを選ぶといいでしょう。

炎症ニキビにおすすめ4つの基礎化粧

炎症ニキビをスキンケアで治したい。そんな人におすすめのニキビケア基礎化粧品をご紹介します。

炎症ニキビにおすすめの基礎化粧品<含まれている成分比較>

含まれている成分/商品名ノブAC.プロアクティブ+ルナメアACビーグレン
殺菌・抗菌成分
抗炎症成分
角質軟化成分
保湿成分
オイルフリー

炎症ニキビに対応した基礎化粧品でも、それぞれ含まれている成分や特徴に違いがあります。それでは、それぞれの化粧品を詳しく見てみましょう!

ノブAC

セット内容トライアルセット
クレンジングリキッド、洗顔料、化粧水(ノーマル、モイスト)、乳液
シリーズ 単品
クレンジングリキッド、洗顔料、化粧水(ノーマル、モイスト)、乳液、スポッツクリーム
価格●トライアルセット……1.620円(税込)
容量トライアルセット/1週間分
販売メーカー常盤薬品工業株式会社 ノブ事業部
成分主な有効成分
イソプロピルメチルフェノール……殺菌作用
サリチル酸……殺菌作用、角質軟化作用
グリチルリチン酸2k……抗炎症作用
アラントイン……抗炎症、組織修復、美白作用
L-アスコルビン酸2-グルコシド……美白、抗炎症成分、コラーゲン生成促進作用
特長サリチル酸の殺菌作用でアクネ菌を殺菌し、アラントインなどの抗炎症作用で炎症を抑えて赤ニキビを抑えます。
●新陳代謝を促進するビタミンE、皮脂抑制・ホルモンバランスを整えるビタミンB6、皮膚や粘膜を正常に保つビタミンB2を配合することで、ニキビの原因となる皮脂を抑え、肌の修復をサポート。
●保湿成分のヒアルロン酸で肌の乾燥を防ぎます。

ノブACは、敏感肌の大人ニキビケアに対応した基礎化粧品ラインです。中でも、ノブACアクティブは、集中してニキビを治すために作られたシリーズ。サリチル酸を始めとした多くの有効成分が、ニキビに働きかけます。

また、ビタミンE、B2、B6といった肌の修復に必要なビタミンを配合し、ニキビで傷ついた肌の修復もサポート。そのほか、ビタミンC誘導体などの美白成分が、ニキビ跡の色素沈着を防ぎ、美肌へと導きます。

  • ニキビ跡が薄くなった
    高校生の時から定期的に顎ニキビができるようになり、ニキビ跡も残ってしまい、ニキビを予防しつつニキビ跡にも効く化粧品はないかなと探していたときに友人から勧められて使い始めました。 このNOVのシリーズを使うのと使わないのではニキビのできる頻度が大きく変わるので手放せません(^_^;) ニキビが出来てしまっても大きく悪化することが少ないので助かっています。 劇的にニキビ跡が消える!ということはないですが、使い始めたときに比べてニキビ跡は薄くなっているので効果はあると思います^^ 眉間の所に大きなニキビが出来てしまい、治ったときにはボコっとクレーターになったニキビ跡があったのですが、使い続けていく中で以前に比べて凸凹も改善したので凸凹ニキビにも効くのかな?と個人的には思います! しっとりタイプもあるので夏はさっぱり、冬はしっとりと季節によって使い分けられるところが嬉しいです。

    @コスメ

  • ニキビが減った
    フェイスラインにたくさんニキビが出来てしまい、ネットでニキビに良い化粧水と調べたらNOVが出てきて気になったので購入しました。 使ってみるとニキビが出来ることが少なくなり、出来ても悪化したりせず、すぐ小さくなっていく感じです。あと顎にニキビの跡がクッキリあってすごく困っていたのですが、使い始めたら跡がどんどん薄くなっていきました!今ではもう気になりません。ニキビに悩んでいる人は是非使って欲しいです!

    @コスメ

はるこ先生
ノブACアクティブは、有効成分が多く含まれた信頼のニキビ基礎化粧品です。
抗炎症作用や、殺菌作用でニキビを抑えるのはもちろん、肌の修復に欠かせないビタミン群を配合することで、ニキビ跡の回復をサポートしてくれます。口コミでも、ニキビ跡が薄くなったという声が!
ニキビ跡が気になる人に、是非おすすめしたい基礎化粧品です。

ノブAC

プロアクティブ+

セット内容3ステップセット
洗顔料、美容液、クリーム
トータルケアセット
洗顔料、美容液、クリーム、化粧水、目元美容液
ティーンセット
洗顔料、美容液、クリーム、化粧水、ボディウォッシュ
※全て30日サイズか90日サイズが選べます。
<初回限定>ディープクレンジングブラシ(シリコンブラシ付)、ディープクレンジングボディブラシorスキンクーリングセラムプレゼント
価格3ステップセット/30日サイズ……4,900円(税込)90日サイズ…… 14,700円(税込)
トータルセット/30日サイズ……6,900円(税込)90日サイズ……20,700円(税込)
ティーンセット /30日サイズ……6,900円(税込)90日サイズ……20,700円(税込)
容量30日サイズ/90日サイズ
販売メーカーザ・プロアクティブカンパニー株式会社
成分主な有効成分
サリチル酸……殺菌作用、角質軟化作用
グリチルリチン酸ジカリウム……抗炎症作用
ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)……美白、抗炎症成分、コラーゲン生成促進作用
特長●基礎化粧品のラインナップほとんどに、殺菌・角質軟化作用のあるサリチル酸を使用しています。
●抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムアロエ液汁でニキビの炎症を抑え、新陳代謝促進効果のあるビタミンE誘導体でニキビで傷ついた肌を修復します。
スクワランヒアルロン酸といった保湿成分が肌の乾燥を防ぎ、乾燥による皮脂分泌を抑えます。

ニキビ対策化粧品の代表とも言えるプロアクティブ。関ジャニ∞の村上信吾さんのCMでもお馴染みの有名な化粧品です。このプロアクティブがリニューアルし、さらに進化したのがプロアクティブ+です。

プロアクティブ+は、基本3ステップの全てに、殺菌・角質軟化作用のあるサリチル酸を配合。毎日のケアの中でアクネ菌を殺菌し、ニキビの原因となる角質を取り除きます。美容液と化粧水にはアロエ液汁、洗顔料、クリームにはオウゴンエキスといった抗炎症作用をもつ成分が配合されているため、炎症を抑えてニキビを改善してくれます。

そのほか、天然由来の保湿成分もバランスよく配合しているため、肌の潤いを守りながらニキビを予防することができます。

  • ニキビとごわごわ肌が改善!
    出産後のあご周りやおでこのニキビ、ごわごわ肌に悩んでいました。 (中略) 一通り使い続けてみたのですが、数日使っただけで驚くほどの効果! おでこにできていたなかなかしつこい大きなニキビが沈静化。 あご周りの硬い小さなニキビ達もほんとにどんどん小さくなっていきました! それだけじゃなく、角質でごわついていたお肌が柔らかくなってくれ、もちもちなうるおいを感じるお肌に♪ ただスキンケアを変えただけでこれほどまでにお肌の質感が変わると思っていなかったので、ほんとに試せて良かったと思います!

    @コスメ

  • 角質や毛穴汚れ対策に
    3ステップでニキビケアが完了できます。 簡単なのにニキビケアがしっかりできるのが嬉しいです。 全体を通して表面はサッパリしているのに内側はしっとり潤っている感じがするのが良いです。 洗顔料にソフトスクラブが入っており、ソフトなので肌に負担をかけずにザラザラ角質をとってくれます。洗顔ブラシを併用するとさらに毛穴の奥から汚れをとってくれます。 使っているうちに鼻の周りの毛穴汚れが改善されてきました。 ニキビケアにはもちろんですが、角質や毛穴汚れを気にしている方にもオススメです。

    @コスメ

はるこ先生
ニキビといえばプロアクティブというくらい有名なニキビ用基礎化粧品。数日でニキビが沈静化したという口コミは、さすがですね!角質や皮脂つまりを取り除いてくれるので、ニキビの予防にも役立ちます。プロアクティブは、ニキビの予防から改善まで使える頼もしいニキビ用基礎化粧品です。

プロアクティブ+

ルナメアAC

セット内容<通販限定>1週間お手入れキット
クレンジングオイル、洗顔料、化粧水、ジェルクリーム
<初回限定>4品フルセット
クレンジングオイル、洗顔料、化粧水、ジェルクリーム+今ならミニセットプレゼント!
価格1週間お手入れキット……1,080円(税込)
<初回限定>4品フルセット……7,000円(税込)<26%OFF>
容量1週間お手入れキット/4品フルセット
クレンジングオイル……(3ml×7包)/(120ml)
ファイバーフォーム……(15g)/(120g)
薬用スキンコンディショナー……(30ml)/(120ml)
薬用スキンコンディショナー(パウチ)……(3ml×2包)/なし
薬用ジェルクリーム……(12g)/(60g)
販売メーカー株式会社 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー
成分主な有効成分
トコフェロール酢酸エステル…血行促進、肌の修復作用
グリチルレチン酸ステアリル…抗炎症作用
特長独自のナノ技術を使い、有効成分・潤い成分を患部の奥まで届けます。
●角質軟化作用のあるセイヨウナシ果汁発酵液で、角質を軟化させニキビの原因となる毛穴つまりを防ぎます。
グリチルレチン酸ステアリルビルベリー葉エキスの抗炎症作用でニキビの炎症を抑え、トコフェロール酢酸エステル天然ビタミンEが傷ついた肌を修復します。
スクワランビルベリー葉エキスの保湿作用で、肌に潤いを与えます。

ルナメアACは、カメラのフィルムを作り続けてきた富士フィルムが、独自のナノ技術を駆使して作ったニキビ用基礎化粧品です。ルナメアACの特徴は、優しく続けやすいけれど、効果もしっかり実感できるというところ。

フワフワの植物繊維・ファイバースクラブが、優しく余分な角質や毛穴のつまりを取り除きます。そして、富士フィルムの独自ナノ技術により作られた「アクネシューター」が、有効成分と潤い成分を毛穴の奥へと届けます。
植物由来の潤い成分が肌に潤いを与えながら、有効成分とファイバースクラブでニキビの原因を解消していく、肌に優しいニキビ用基礎化粧品です。

  • 化膿ニキビにも効果あり
    クチコミが良かったのでお試し用を買ってみました!ニキビ用の洗顔料は乾燥する事が多いんですけど、こちらは乾燥しなかったです。それにサッパリ洗えました☆心なしかニキビにも効いてるような? なので現品も購入して、顔、背中ニキビにも使ってます!特に首の後ろがニキビ化膿してしまい、効くかな?っと使用したところ治まってきました!はじめてルナメア使用してみましたが、良いですね☆リピートします!

    @コスメ

  • 皮膚科の薬と併用で赤ニキビがきれいに
    トライアルサイズを使い切ったので口コミします。 ニキビ用化粧水では、一番効果を感じました! 突然赤ニキビが顔中にできてしまい、周りの人に心配されるほどひどい状態に… オロナイン程度では全く効かず、いろいろ調べてルナメアと皮膚科の薬(ダラシンTゲル)を使用すること2週間。 赤くて痛いニキビがおさまった上、乾燥まで改善し、かなりきれいになりました。

    @コスメ

はるこ先生
ルナメアACは、「大人ニキビの要因が局所的に水分が不足した脱水毛穴」だということに着目したニキビ用基礎化粧品です。そのため、潤いを重視し、ニキビ用基礎化粧品にありがちな乾燥を防ぐため、うるおい成分をしっかりと配合しています。口コミを見ると、赤ニキビが治ったという声や、乾燥が改善したという声も。ニキビも気になるけれど、乾燥も気になる。そんな人におすすめの基礎化粧品です。

ルナメアAC

ビーグレン

セット内容ニキビケアプログラムニキビケアトライアルセット(洗顔料+化粧水+Cセラム+ゲルクリーム)
価格ニキビケアプログラム……18,300円(税抜)
ニキビケアトライアルセット……1,800円(税抜)
容量ニキビケアプログラム /ニキビケアトライアルセット
クレイウォッシュ……(150g)/(15g)
クレイローション……(120ml)/(20ml)
Cセラム……(15ml)/(5ml)
QuSomeモイスチャーゲルクリーム……(30g)/(7g)
販売メーカービバリーグレンラボラトリーズ株式会社
成分主な有効成分
グリチルリチン酸ジカリウム……抗炎症成分
特長●ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSomeで、美白、抗炎症、コラーゲン生成促進といった作用のあるビタミンCを肌の奥まで届けます。
グリチルリチン酸ジカリウムモミラエキスオウゴンエキスの抗炎症作用で、ニキビの炎症を抑えます。
スクワランヒアルロン酸コラーゲンなど豊富な保湿成分が肌をしっかりと保湿します。

ビーグレンのニキビケアプログラムは、何度も繰り返されるニキビの連鎖を断ち切るための基礎化粧品です。
汚れの吸着力が高い天然クレイ「モンロリナイト」で、優しく古い角質や毛穴汚れを取り除き、抗炎症成分グリチルリチン酸ジカリウムで炎症を抑えながら、スクワランやコラーゲンといったうるおい成分でニキビの原因となる乾燥を防ぎます。
また、ビーグレンの特徴の一つとして挙げられるのが、ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSome。この技術を使うことで、壊れやすいビタミンCを角質の奥まで届け、抗炎症作用や美白といったビタミンCの効果を持続することができます。

  • 炎症ニキビが治まった
    大人ニキビに悩まされていた時に、ブログだったかで見かけたのが、出会いでした。 (中略) 最初に使ったクレイウォッシュは、大変お肌に優しいので、ニキビにしみる事なく使えました。 次に使ったクレイローションは、臭みがなく、浸透させやすいです。 Cセラムで、開いた毛穴をぐっと引き締めてる様に思いました。 保湿クリームはべたつかず、すんなりとお肌に入っていきます。 目立つところに出来ていたのが、だんだん目立たなくなり、炎症がおさまってきたし、もう痛みもないので、これは定期的に使いたいコスメだと思いました。

    @コスメ

  • 吹き出物が目立たなくなった!
    こんなスキンケアがある事に、正直驚きました。 使ってみて、更に驚き。 数日使っていて4日目くらいだったでしょうか、よく見たらおでこや頬に凹凸になっていた吹き出物が、ややつるんとして目立たなくなっていました。 しかも刺激など、全くなかったです! 洗顔も化粧水もとても気持ち良くて、お肌をさっぱりさせながら、後に使う美容液前の土台をきちんと作ってる様に感じました。 Cセラムもモイスチャーリッチクリームも、少量ですごく伸びてきちんと浸透するし、スキンケアが終わってからの手触りは、これを使ってるうちに本当に良くなりましたし、だんだん吹き出物の赤みも目立たなくなっています。

    @コスメ

はるこ先生
ビーグレンは、独自技術によりビタミンCを肌の奥に留めることができます。そのため、ビタミンCの効果をしっかり実感することができるメーカーです。このニキビケアプログラムのCセラムにも、もちろんこの技術が使われています。そのため、口コミにもあるように炎症を起こしたニキビにも効果あり。クレイウォッシュの優しい洗い上がりも人気です。

ビーグレン

治らない人の間違い行動・ワースト6

①炎症ニキビを潰す

出かける時やイベントがある時、ニキビが気になって、つい潰して目立たなくしてしまおうなんて考えてしまいがちです。
確かにニキビを潰すと見た目には目立たなくなります。しかし、これはニキビ跡の原因となってしまいます。
また、炎症ニキビは、アクネ菌が毛穴の中で暴れて肌が傷ついている状態です。そんなときにニキビを潰してしまうと、毛穴の中がさらに傷ついてしまいます。
さらに、開いた状態の傷口から毛穴に雑菌やアクネ菌が入って、また炎症を起こしてしまう可能性があるのです。
炎症ニキビを潰しても、一時的に目立たなくなること以外はデメリットしかありません。炎症ニキビは絶対に潰さないようにしましょう。

②即効の治し方を愛用している

即効でニキビが治る!そんなニキビ改善法を愛用していませんか?
ネットで速攻で治るとされているニキビの治療法の中には、炎症ニキビの悪化を招く可能性があるものが多くあります。

オロナイン+絆創膏

赤ニキビにたっぷりのオロナインを塗って絆創膏を貼るという方法。これは、オロナインを塗った幹部をキズパワーパッドなどの絆創膏で閉じ込めることで、オロナインが患部のアクネ菌を殺菌してくれるというものです。

しかし、絆創膏の中でも患部に潤いを与え傷を治す湿潤効果のあるキズパワーパッドは、炎症ニキビに貼ると湿気を好むアクネ菌が増殖してしまいます。通常の絆創膏でも。ニキビに密着し、酸素が少なく油分が多い状態を作り出してしまうため、アクネ菌が繁殖しやすくなってしまいます。アクネ菌が繁殖しやすい環境を作ることは、ニキビを長引かせ悪化させてしまうため、この治療法はおすすめできません。

オロナイン+毛穴パック

オロナインをたっぷり塗って毛穴パックをするというオロナインパック。これは、普通に毛穴パックを使用するよりも毛穴の角栓がごっそり取れると評判の方法です。ニキビも毛穴に皮脂がつまり、アクネ菌が繁殖することで起こるため、この皮脂つまりを解消することでニキビも改善・予防できると言われています。
実は、この方法もニキビを悪化する可能性があります。
オロナインに入っているオリブ油が、角質を柔らかくし角栓を取りやすくするため、たしかに角栓はいつもよりごっそり取れるでしょう。でも、毛穴パックを剥がすとき、柔らかくなった毛穴周囲の皮膚の角質も一緒に剥がれてしまうんです。角質は、余分なものが溜まると固くなって肌がゴワゴワしたり、毛穴を詰まらせたりしますが、通常時は肌のバリア機能と水分を保つ大切なものです。
オロナインで柔らかくなった角質を毛穴パックで剥がし取るという暴挙は、バリア機能を低下させ乾燥を招く恐れがあるのです。
バリア機能の低下や乾燥はニキビの原因となるため、この方法もおすすめできません。

はるこ先生
こういったネットで流れる速攻でニキビを治す方法には、医学的に根拠がないものや肌に悪影響を及ぼすものもあります。そのため、こういった情報に安易に飛びつかず、少し時間はかかっても正しい方法でケアすることをおすすめします。

③洗顔をがんばっている

ニキビを治したい。そんな時、肌を清潔にしなければと、洗浄剤を使って1日に何度もがんばって洗顔をしていませんか?
実は、1日に何度も洗顔料で洗顔をすることは、炎症ニキビにとって逆効果になってしまいます。
洗顔料で1日に何度も洗顔をすると、余分な皮脂が流れてしまい、バリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下すると、外部からの刺激に弱くなり、炎症が起こっているニキビを刺激してしまいます。そうすることで炎症が悪化し、炎症ニキビが治りにくくなってしまうのです。
炎症ニキビが起こっているときは、洗浄剤を使った洗顔は1日に一回、多くても2回に抑えるようにしましょう。どうしても皮脂が気になる場合は、皮脂が適度に落ちやすい32度のぬるま湯で洗うようにしましょう。

④手で触ったり、マスクなどで隠している

ニキビができると、つい気になって触ってしまうこと、ありませんか。
手にはさまざまな菌がいるため、ニキビを手で触ってしまうと雑菌がニキビに付着し繁殖してしまいます。これは、炎症を悪化させる原因となってしまいます。ニキビができたときは、できるだけ触らないように気をつけましょう。
また、ニキビが気になるのでマスクで隠す。そんな人も多いようです。しかし、マスクの中は湿度が高く雑菌が繁殖しやすい環境です。炎症ニキビが起こっている時にマスクをすると、雑菌を増やして炎症を悪化させる原因となってしまいます。ニキビができている時は、できるだけマスクをしないようにしましょう。
そのほか、ニキビが気になるからとメイクで隠そうとすると、スポンジについた雑菌がニキビを悪化させることがあります。また、長期間洗っていない枕カバーや布団を使用しているといったことも、雑菌を繁殖させる原因となります。
炎症ニキビができているときは、こういった雑菌にも気をつけるようにしましょう。

⑤油分たっぷりメイクで隠している

ニキビができると、ついいつもよりカバー力のあるメイクで隠してしまいたくなります。しかし、油分がたっぷり入った化粧品でメイクをすると、アクネ菌の餌となる皮脂つまりを悪化させてしまいます。
ニキビが炎症を起こしている場合は、化粧をしない方が良いのですが、どうしても化粧で隠したい場合は、肌への負担が少ない化粧品を選びましょう。
例えば、化粧下地はカバー力のあるものではなく、薄付きのものを選びましょう。黄色や緑のコントロールカラーを使うと、ニキビの赤みを抑えて目立ちにくくすることができます。また、皮脂コントロールや抗炎症作用、殺菌成分が入ったような、ニキビに対応した化粧下地も販売されているため、そういったものを使用することもおすすめします。
そのほか、ファンデーションについては、リキッドタイプやクリームタイプの油分が多いため、軽いつけ心地のパウダーファンデーションを選ぶようにしましょう。

⑥オロナインを塗っている

ニキビに効果があるとされているオロナイン。オロナインには、クロルヘキシジングルコン酸塩液という殺菌消毒作用のある成分が入っています。
この殺菌とは、今現在いる菌を殺すということを表しています。これに対し、抗菌というのは、菌の繁殖を防止するということを指します。
殺菌作用は、初期の炎症ニキビには効果がありますが、悪化した炎症ニキビは、アクネ菌が毛穴の中で増殖している状態です。殺菌作用により悪化した炎症ニキビを治そうと思うと、増殖する全てのアクネ菌を殺菌してしまわないといけません。しかし、なかなか全ての菌を殺菌するということは難しく、悪化した炎症ニキビをオロナインで治すことは難しいとされています。
また、オロナインは、顔に皮脂が多く残っている状態で塗布すると、配合されているオリブ油などの油分とともに皮脂が過剰になってしまい、悪化した炎症ニキビには悪影響となってしまう可能性があります。
このため、悪化した状態の炎症ニキビにオロナインを塗ることはおすすめできません。オロナインは、炎症ニキビの初期の時期に、ニキビの状態に十分注意しながら使用するようにしましょう。

赤ニキビ跡も炎症のせいって知ってる?

炎症ニキビが治ったのに、赤い色が消えない。そんな赤いニキビ跡。この赤ニキビ跡は、なぜできてしまうのでしょうか。

ニキビができると、毛穴の奥が傷つけられます。そうすると、傷ついた部分を治そうとして毛細血管が集中し、その部分が赤く見えるのです。
この炎症がさらに深くまで進んでしまうと、免疫細胞の過剰反応から誤って攻撃され毛細血管が傷つき、うっ血を起こしてしまいます。この場合、赤紫に色素沈着を起こすことがあります。炎症が肌の深いところまで進んでしまっていると、うまくターンオーバーを行うことができずに、この赤みが残ってしまうのです。
このほか、肌の表面の傷が治っても、肌の内部で炎症が残ってしまう場合もあります。この場合も、肌内部の炎症が赤くニキビ跡として残って見えるのです。
こういった赤いニキビ跡を改善するためには、肌のターンオーバーを正常な状態に戻し、肌の修復を促すこと。肌内部の炎症を抑えることが必要です。
肌のターンオーバーを正常な状態に戻すためには、睡眠をしっかりとって、適度な運動を行うといった生活習慣を改善すること。肌の修復をサポートするビタミンCやB2、B6、Aといった栄養をしっかりと摂ることが大切です。
このほか、ビタミンC誘導体やプラセンタ、ビタミンAといった肌の修復を助ける効果や、トネラネキサム酸などの抗炎症作用をもつ化粧水などで優しくケアをしてあげるのもいいでしょう。

炎症ニキビを作らないための基本ケア

ニキビを作らないスキンケアの基本

優しい洗顔

ニキビを作らないためには、ゴシゴシ強い洗浄剤で何度も洗うなんてことはNGです。肌を傷つけないよう、皮脂を落としすぎないよう優しく洗い、しっかり毛穴の汚れを落とすことが必要です。

優しい洗顔方法

  • 泡をしっかり立てて、肌を直接こすらないように泡のクッションでクルクルマッサージするように洗う
  • 洗顔料は、洗浄力が強すぎないものを選ぶ
  • 皮脂が適度に落ちる32度前後のぬるま湯で洗う
  • 柔らかいタオルで優しく包み込むようにして水分を拭う

ニキビを作らないためには、肌のバリア機能を正常に保つことが大切です。スクラブが入った洗顔料や、皮脂を落とす力が強い洗顔料で毎日何度も洗っていると、必要な皮脂まで落とし、バリア機能が低下してしまいます。こういった洗顔料は、連続して毎日使わないようにしましょう。

また、優しい洗顔をするためには、水の温度も重要です。お風呂のシャワーの40度くらいの温度でも、洗顔するには温度が高すぎて、必要な皮脂まで流れ落ちてしまいます。余分な皮脂がうまく流れ落ちる温度は、32度前後。洗顔するときは、このくらいの温度で行うようにしましょう。

アッキー
32度前後のぬるま湯と言われても、出かける前の慌ただしい時に温度を測るのは難しいな……
はるこ先生
32度は、体温よりも少し低い温度なの。だから、触って温かくもなく冷たくもないくらいの温度を目安にするといいわ。
アッキー
それなら毎日できそうですね!

しっかり保湿

ニキビができる原因のひとつは、乾燥です。水分が足りずに肌の奥が乾くと、大量の皮脂が分泌され、それがニキビの原因となります。
ニキビができている場合でも、しっかりと水分を補って油分とのバランスをとることが重要です。
乾燥した肌に水分を補うためには、ヒアルロン酸やスクワランといった成分が入った化粧品を使うことをおすすめします。

スペシャルケアは程ほどに

毛穴のつまりを解消するためには、角質ケアや角栓ケアも必要です。フルーツ酸(AHA)などのピーリング剤で余分な角質を取り除くと、古くなった角質が毛穴を塞いでニキビとなってしまうのを防ぐことができます。
しかし、こういったスペシャルケアは、毎日行うものではありません。頻繁にこういったケアを行うと、必要な角質も取り除いてしまい、バリア機能を低下させ乾燥やニキビの原因となってしまいます。
スペシャルケアは、自分の肌の状態に合わせて、週に1〜2度の範囲で行うようにしましょう。
このほか、普段のスキンケアも、炎症やニキビがなく肌に異常がない時は、抗炎症作用のあるものを使う必要は必ずしもありません。保湿やエイジングケアなど、自分の肌にその時足りないものを補うスキンケアを心がけるようにしましょう。
また、どうしても角質が気になり、毎日ケアしたいという人は、優しい角質ケアと保湿効果が一つになった化粧品ラインを試してみるのもおすすめです。

保湿と優しい角質ケアができる基礎化粧品ラミューテ

ラミューテは、洗顔料、化粧水、美容液のラインで使う大人ニキビ撃退コスメです。3種のセラミドやスクワランでバリア機能をサポートし、ダマスクスローズの潤い成分とナノヒアルロン酸、ナノコラーゲンといったナノ保湿成分で潤いをしっかり与えながら、天然洗浄成分タルクで優しく古い角質や毛穴汚れを落とします。
ラミューテの洗顔料の洗浄成分は、肌に優しく負担をかけずに、ニキビの原因となる角質や毛穴詰まりを取り除きます。さらに、その後に使う化粧水や美容液でしっかりと保湿し潤いを補うため、肌に負担をかけず、潤いを与えながらニキビを予防することが可能です。

角質はしっかり取り除きますが肌へのダメージが少ないため、肌を痛めずに安心して毎日角質ケアを行うことができます。そのため、角質が気になって毎日スクラブケアをしてしまうという人に、是非おすすめしたいニキビ用基礎化粧品です。

『ラ・ミューテ美肌セット』半額お試しコース8,550円(税抜) 販売元:ラ・ミューテ スタイル

ラミューテ

頬やおでこも同じケアでいいの?

アッキー
しっかりとした保湿や、優しい洗顔。バリア機能を低下させないよう、肌にダメージを与えないようにケアをすることはとても大切ですよね。でも、皮脂が多い頬や額も同じケアでいいんですか?
はるこ先生
確かに、皮脂が多い頬やおでこは皮脂や汚れが落ちにくいわよね。顔の皮膚は、薄く乾燥しやすい目元や口元、皮脂線が多い額や頬など、部分によって特性が違います。そのため、場所によってケアの仕方を変えたほうが、肌をきれいに保つことができるんです。
アッキー
目元用のクリームがあるように、乾燥する部分には特に潤いを与え、皮脂が過剰な部分は余分な皮脂をしっかり落とすといった、部位別のケアが必要なんですね。
はるこ先生
そうね。でも、この部位はこうしないといけない!なんてあまり神経質になりすぎると疲れちゃうし、お肌は日々変わるもの。「今日は額と頬の皮脂が多いから、その部分を重点的に泡洗顔してみよう。」とか、「今日は目元の乾燥が強いから、しっかり目元のクリームを塗ろう」といったように、自分の肌のコンディションをしっかりと観察して、足りないものは補う、過剰なものは少なくするというケアを心がけるようにしましょう!

食べ物でもニキビケア

栄養の状態によって肌の状態が変わるのと同じで、ニキビの状態も普段摂取している栄養によって変わってきます。ニキビに良い栄養素を積極的に日常に取り入れることで、ニキビを予防・改善することができるのです。

ニキビに良い栄養素

成分効果多く含む食品
ビタミンA 肌の生まれ変わりを促進。角栓が発生しにくくなり、ニキビの予防にも。鶏レバー、うなぎ、ほうれんそう、あなご、バジルなど
ビタミンB2 皮脂抑制効果、皮膚や粘膜を正常に保つレバー、牛乳、うなぎ、卵、納豆、アーモンドなど
ビタミンB6ホルモンバランスを整える 皮膚や粘膜を健康に保つ 皮脂抑制レバー、さんま、まぐろ、大豆、にんにく、バナナなど
ビタミンCコラーゲン生成 抗酸化作用 美肌効果 免疫力アップ ストレスの緩和レモン、キウイ、赤ピーマン、いちご、柑橘類など
コラーゲン肌の潤いアップ 美肌効果豚足、牛すじ、鶏皮、フカヒレ、鶏軟骨など
食物繊維便秘によるニキビ改善納豆、モロヘイヤ、アボカド、ライ麦パンなど

ニキビにいいとはわかっていても、こういった成分を毎日摂ることが難しいときもあります。そんな人におすすめなのが、必要な栄養を手軽に取れるサプリメントです。

きらりのおめぐ実

価格5,400円(税込) きらりの定期便<初回限定>5,400円→1,980円(税込)<約64%OFF!>
容量1袋(350mg×90粒)
販売メーカー株式会社ファンファレ
特長皮脂分泌のコントロールをするビタミンB2、ホルモンバランスを整え肌の細胞の生まれ変わりをサポートするビタミンB6、コラーゲン生成作用があるビタミンC、新陳代謝を促進するビタミンEなど、肌に欠かせないビタミン群を配合。そのほか、ポリフェノールやカロテノイドなどお肌のキレイを作る成分もたっぷり含まれています。

きらりのおめぐ実は、ニキビなどの肌悩みを解消して、キラリ輝く素肌へと導くためのサプリです。

皮脂抑制や、肌の修復にかかせないビタミン群を配合しているため、皮脂を抑え、ターンオーバーを促しニキビの原因となる角質の硬化を防ぎます。

ビフィズス菌や食物繊維、腸内の善玉菌の餌となる天然オリゴ糖など、お腹の調子を整える成分で余計なものを取り除くことで、お腹の中のニキビの原因もキレイに解消します!

きらりのおめぐ実

はるこ先生
食事だけではなかなか摂ることが難しい栄養素や、忙しくてバランスの良い食事ができない時。そんな時にはこういったサプリも活用して、上手にニキビに良い栄養素を毎日に取り入れていきましょう。

ホルモンバランスにも気をつけて

ホルモンバランスが乱れること。これもニキビができる原因の一つです。
ホルモンバランスが乱れることにより、通常時に比べ、皮脂の分泌が活発になるホルモンが多く分泌されている状態。これがニキビの原因となる状態です。
では、皮脂の分泌を活発にするホルモンとは、どんなものなのでしょうか。

男性ホルモン

男性ホルモンには、皮脂分泌を活発にする作用があります。ストレスを感じた時には、ストレスのある環境と戦うために男性ホルモンが多く分泌され、男性ホルモン優位の状態となります。

副腎皮質ホルモン

男性ホルモンと同じような働きを持つのが、ストレスを感じた時に分泌される副腎皮質ホルモンです。副腎皮質ホルモンは、皮脂の分泌を促進する男性ホルモンの分泌を促す作用があります。そのため、副腎皮質ホルモンが多くなると、男性ホルモンが増え、皮脂の分泌が過剰になりニキビの原因となります。

黄体ホルモン

黄体ホルモンとは、女性ホルモンのひとつプロゲステロンのことです。
女性は、排卵と同時にプロゲステロンという女性ホルモンが活発に分泌されるようになります。このプロゲステロンは、皮脂の分泌を促す作用があります。この過剰に分泌された皮脂が、ニキビの原因となってしまいます。生理前にニキビができやすくなるのは、このためです。

はるこ先生
こうしたホルモンバランスの乱れは、ストレスや不規則な生活習慣が原因の一つだと言われています。リラックスする時間を作ってストレスを解消したり、運動をしてしっかりと睡眠をとるなど、生活習慣を改善していくことを心がけていきましょう!

炎症はできるだけ早く抑えよう

炎症ニキビは、悪化すると肌の深いところで炎症を起こしてしまい、深いニキビ跡や、赤みを帯びたニキビ跡の原因となってしまう可能性があります。ニキビ跡が残ると、なかなか治りにくいため、炎症はできるだけ早いうちに抑えるようにしましょう!