大人ニキビを改善する「ホルモン治療」とは?治療の流れと費用を解説

大人ニキビを改善する「ホルモン治療」とは?治療の流れと費用を解説

ニキビを治すためにホルモン治療?そう思う人も多いでしょう。いま注目を集めている治療法の1つで、くり返す大人ニキビを根本的に治すのに有効といわれています。ただし副作用には注意が必要です!信頼できる皮膚科を見つけて受診しましょう。

私のニキビもホルモン治療で治せる?

「ニキビをホルモン治療?なんだか怖いけど」そう言う方もいらっしゃるでしょう。確かに副作用も報告されていて、「この病気を持っていたら」そういった治療はできないというケースもあります。けれど顎やフェースラインのニキビはホルモンの影響からできているものです。なかなか他の方法で治らないということも納得ですね。もちろん治している間も生活の改善には努めて、ニキビのできない肌を手に入れちゃいましょう!

ニキビを治す「ホルモン治療」とは?

男性ホルモンを抑えてニキビをできにくくする治療

男性ホルモンの一種、アンドロゲンはニキビに対して2つの悪影響を及ぼします。1つは肌細胞を角化するという作用です。これによって肌が固くなり、毛穴も固くなります。そしてもう1つは皮脂を過剰に分泌させるという点です。過剰に皮脂が分泌し、固くなり閉じやすい毛穴に角栓がたまり、ニキビとなりやすくなってしまうのです。

ストレスを受けている状態が長く続くことによっても皮脂の過剰分泌はおきます。それはストレスを受けたときに脳の視床下部が交感神経を優位にし、男性ホルモンを分泌させるからです。男性ホルモンは皮脂を過剰に分泌させますから、このストレスからホルモンバランスが乱れている、という方も多くみられます。

そのようなメカニズムから、ホルモンのバランスによってニキビができるということも多いのですが、そういった情報が不足しているなどから、一生懸命スキンケアをしているのに治らないままでいたり、原因がわからない、といったことも多いのです。

すると男性ホルモンを抑えることによってニキビをできにくくする効果が期待できます。また女性ホルモンを増やすことでも男性ホルモンを減らすことができます。

ですから、Tゾーンではなく、Uゾーン、顎やフェースラインの頑固なニキビに悩まされる、繰り返し同じところに大人ニキビができるということは、それほど皮脂腺がない場所にできている大人ニキビですし、その際は自分のホルモンバラスンを考え、病院で相談しても良いでしょう。

ホルモン治療のメリット

ニキビに対して行うホルモン治療に思わぬメリットもあるのです。それはやはり男性ホルモンを抑え、女性ホルモンが増えることによるものなのですが、

  • 月経困難症(出血量を抑える、生理痛の緩和)
  • 生理周期のコントロール(生理の周期を整える、生理の日をずらす)
  • 長期連用で卵巣がん、子宮がんのリスクが減る

等です。

ホルモン治療のデメリット

やはりこれもニキビ治療ためホルモン状態を変えるわけですがら、デメリットもあるのです。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 少量の不正出血
  • 胸が張る
  • 食欲の増進
  • 血栓症に罹るリスクが高まる
  • 子宮頸がんに罹るリスクが高まる

食職が増進するため、ダイエット中だけれど、ホルモン治療も受けたいという時、少々つらい思いをしなければならなくなるかもしれません。

ホルモン治療の内容は?

治療の流れ

まず診察を行います。この時、メイクをしていてはいけないと思う方もいらっしゃると思いますが、濃いチークなどを除けば、メイクをしていても良いという、病院もあります。そしてニキビの症状・状態を医師が診て、治療方針を立てます。そして血液などの検体から、血中の男性ホルモン等の濃度を調べます。その後薬を処方してもらえるのですが、薬も数種あることから、患者に適したホルモン剤を医師が選んでから処方されます。そして薬によるニキビへの効果ももちろんですが、その際副作用、デメリットなども説明があります。そして薬を2週間のみ続け、再度採血をしてホルモン状態を調べます。その血中の濃度、ニキビの状態を見て、薬を減らす、増やすなどを医師が決めます。

費用の目安

大人ニキビを消したい!とホルモン治療を考慮に入れた時、気になるのはその費用だと思います。一般的に初診料は検査料と初診料で10,000円、そして薬が低用量ピルの場合、一か月2,000円から3,000円前後です。そして処方箋代は680円程度です。再診料は1,000円ほどです。

このホルモン治療ですが保険が適用されない、自費診療なのです。そのため皮膚科などによっても価格設定はまちまちで、病院のホームページをチェックする、病院に電話で相談すると良いでしょう。また大人ニキビ、ホルモンニキビに力を入れている病院なら、ホームページでもさらっと触れているだけではなく、中には2ページにわたって大人ニキビ、ホルモンニキビの治療つにいて書かれているものもあります。そのためホルモン治療を受けようと思たったら、そういったことも確認すると良いです。

ニキビに効くピルの種類

ニキビにピル!?と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、ニキビはホルモンのバランスが乱れているからこそ大人ニキビ、ホルモンニキビとなります。するとホルモンのバランスを利用して避妊をする効果があるピルもまたホルモンニキビに効果的なのです。

スピノロラクトン

スピノロラクトンは高血圧の治療にも使われます。また利尿作用もあります。大人ニキビへの効果としては男性ホルモンを抑制する働きがあるため、皮脂の分泌が抑えられ、皮脂の過剰分泌を防ぎます。また効果は高いのにトラブルが起きにくい薬です。服用を中止した時の再発が少ないとされている薬なのです。

副作用として生理が止まってしまうことがありますから、低用量ピルを同時に服用することを勧める医師も大勢います。

疑似ホルモン剤

疑似ホルモン剤は女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きをするホルモン剤です。特に美肌を作るために欠かせない、肌をきめ細やかにする、肌の保水力をアップするというホルモンがエストロゲンなのです。そのエストロゲンを増やすことによって男性ホルモンの分泌も抑えることができます。代表的なのはソフラボンとエストロンです。イソフラボンはエストロゲンとかなり似た化学構造を持っています。ですから女性ホルモンの代替という仕組みから、エストロゲンを増やし男性ホルモンを減らすという効果が期待できます。

またエストロンですが、これは疑似エストロゲンです。これもまた体内でエストロゲンとしての働きをするので、大人ニキビを治すことに直結するのです。

低用量ピル

マーベロン

これは低用量ピルです。エストロゲンとプロゲステロンをバランスよく持っている薬でホルモンバランスを整えることから、大人ニキビをできにくくします。その働きのため、ニキビ対策として使用していても、生理痛の改善、生理周期を正すなどの効果を得ることができます。

ただし飲み始め初期は副作用が出ることもあります。これは体内の急激なホルモン状態に、身体が驚いているということを示すもので、そう心配はないでしょう。

トリキュラー

トリキュラーはホルモンバランスを整える低用量ピルです。特に生理前になると、プロゲステロンが活発となり、皮脂の分泌も過剰になりやすいのですが、トリキュラーの働きで、エストロゲンを増やすことから、肌の皮脂の分泌も抑えられます。先に挙げたマーベロンと比べて、副作用が少ない、効き目も弱いという安全性もあり、ニキビのホルモン治療薬として最初に処方されることも多いようです。

ダイアン35

このダイアン35も低用量ピルですが、その働きによって男性ホルモンを抑制してくれる効果が期待できます。そのため皮脂の分泌も少なくなり、てかっていた肌がサラサラになるなどの効果も期待できます。

女性ホルモン局所治療

女性ホルモンが配合された軟膏を、ニキビピンポイントに塗るという外用薬です。副作用も少なく、副作用を避けたい場合、またはホルモン剤を内服しながら使うこともあります。内服薬と併用することで治療もスピーディーになります。

ホルモン治療がおすすめの人

成人した女性のニキビの場合、それは思春期ニキビと違ってただ単に皮脂が過剰に分泌され、それがニキビとなるという単純なものではありません。思春期ニキビが皮脂腺の多く通る、皮脂腺の活発なTゾーンにできやすいのと比べて、比較的に皮脂腺も少ない、皮脂腺も活発ではないという所にできやすいのも特徴の1つです。

ですから成人以降にニキビが増えた、できるようになったという方にもおすすめです。またほかの治療を受けたけれど効果がなかったという場合も、原因はホルモンバランスにあるのかもしれません。また顔の皮脂が多い方はやはり男性ホルモンの働きが活発であることも考えられます。するとホルモン治療が効果的な可能性もあります。

またやや多毛という方もホルモン治療は向いているでしょう。また胸や背中にニキビが広がっているというケースもホルモン治療が合っている可能性が在ります。

それは大人ニキビがホルモンバランスによるものであるからです。ホルモンバランスが崩れ、エストロゲンが減少し、男性ホルモンのアンドロゲンの分泌が増えると、皮膚が固くなることによって毛穴が塞がりやすい場所に皮脂が詰まるのです。

例えば男性ならそのような顎など、Uゾーンに髭が生えやすいものです。つまりUゾーンは乾燥していてホルモンの変化を受けやすい場所だと言えます。

また大人ニキビができやすく、なおかつ生理不順という場合、ホルモンバランスが乱れていることが多いので、そのような方も積極的にホルモン治療を受けてみてはいかがでしょうか。

はるこ先生
こう見てみると、大人になってからできるニキビはホルモンバランスと関係が深そうね。
アッキー
僕もそう思いますね。男性だって髭が生えるあたりって成人するとできやすいんですよ。

ホルモン治療が出来ない人

中にはホルモン治療を受けることのできない方もいます。それは高カリウム血症、服腎不全、心疾患、動脈硬化症、腎障害、肝障害、肝腫瘍などの病気を持っている方です。また血栓症になったことのある方もホルモン治療はできません。また35歳以上で煙草を1日15本以上吸う方もホルモン治療を受けることができません。

またホルモン治療は女性ホルモンであるエストロゲンと大きなかかわりがあることから、乳がん、卵巣がん、子宮筋腫を持っている方、妊娠や授乳を行っている方もホルモン治療を受けることができません。

また事前に医師に相談すべき人は、40歳以上の方、喫煙する習慣のある方、肥満の方、血栓症になった血縁者がいる方です。

副作用はない?治療を止めたら悪化する!?

一般的な副作用

ホルモン治療は体内のホルモン状態を薬で変えるものなので、やはり副作用もあります。上記した病気などを持っている方はホルモン治療を受けられませんが、その他の副作用として、低血圧、生理不順、頻尿なども伴うことが多いとされています。一説には飲み始めて2~3か月ほどで、副作用は出なくなるという説もあります。

またまれに重篤な状態になることがあり、高カリウム血症、急性腎不全、脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞などの病気に罹る確率が高くなり、また吐き気を伴うという方もいます。

またホルモン治療を受け、薬の服用をしている間は、エストロゲンの分泌が増える、男性ホルモンであるアンドロゲンが減るというようなホルモンバランスを体内が保っています。けれど確かにその低用量ピルなど、ホルモンへ作用する薬を止めたときに、ニキビが再発することはあり得るのです。そのためホルモン治療を受けながら、生活習慣の見直しなどにも取り組みましょう。

ホルモン治療はどのくらいの期間続けたらいい?

ニキビの状態が軽度であれば1か月ほど、重症だったり繰り返しが長かった箇所のニキビは約2~3か月程度で改善されます。

確かに体内のホルモンバランスを整えながら行う治療なので少し時間はかかります。ただし大人ニキビの根本的な改善を行なうのがホルモン治療です。繰り返すニキビ、消えないニキビなどに、他の治療法が効果がなければ、ホルモン治療は効果的な治療法です。また外用薬と併用しても、早い改善が見込めます。

ピルの飲み方は?

毎日同じ時間に飲むことが大切です。つまり朝8時に飲んだとしたら、翌日も朝8時に飲むということです。これは成分の効果が期待できる時間が決まっているためです。

このように飲まないと定量量ピルのニキビへの効果も薄らいでしまいます。またピルに中にはシートで飲み方を変えていくというものもあります。

21錠タイプの場合、21日間飲み続けたのちに7日間の休止時期をとり、また次のシートを飲み始めるという方法をとります。

また28錠タイプの場合、28日間低用量ピルを飲み続けますが、シート最後の7錠は薬効のない偽薬です。そしてまた29日目から新しいシートに移り、飲んでいきます。

服用を止めたらニキビが再発するの?

再発するリスクは高いです。というのもホルモン治療中はホルモンの状態が薬によって保たれているのです。すると服用を止めたとき、再発のリスクはあります。

服用を止めるときは、副作用に耐えられない、妊活を始めるというタイミングでしょう。その際はやはりホルモン治療を止めなければなりませんが、ホルモン治療中に睡眠、食生活、運動などの生活習慣、ストレスの発散といったものを改善しておくと、薬を止めても再発のリスクは減るはずです。

はるこ先生
大人ニキビが出来たら相談してみると良いクリニックを紹介するわね!

ホルモン治療が受けられる皮膚科

東京

マグノリア皮膚科クリニック

このクリニックでは大人ニキビに対してホルモン治療とは別の治療法も併用しつつ、大人ニキビの治療を行っていきます。大人ニキビに特化したマイルドなピーリング、ホルモンバランスを整えるプラセンタ注射、男性ホルモンを抑制するホルモン剤、そしてほかにも漢方や、皮脂を抑制する効果とターンオーバーを正常化するビタミンAなども処方されます。このクリニックはいったんニキビが治まったところで、治療を中止することもできます。

住所:東京都渋谷区渋谷1-8-7第27SYビル5F 渋谷駅より徒歩4分

電話: 03-3486-7855

※完全予約制

マグノリア皮膚科クリニック

東京アクネクリニック

このクリニックは「アクネ」と名前にある通り、ニキビ専門のクリニックです。思春期ニキビももちろんですが、男性のニキビ、通常の治療法では治らない頑固な大人ニキビにも詳しいクリニックです。ただの治療だけではなく、根本的にエストロゲンなどのホルモンを整える生活習慣や食生活などへのレクチャーも受けることができ「ニキビなら」という頼りになるクリニックです。

住所:東京都新宿区西新宿1-18-5甲新ビル6F 新宿駅より徒歩1分

電話:03-5323-5295

東京アクネクリニック

大阪

恵聖会クリニック

ブラウンとベージュの配色の室内に心が落ち着きます。そしてやはりニキビにも詳しいクリニックです。ニキビのメカニズムは多種多様でありながら根本は同じと考えますが、そのニキビ、大人ニキビにとって「どんな治療が適切なのか」ということを詳しく診てくれるクリニックでもあります。大人ニキビにはマイルドなピーリングと、ホルモン治療が行われています。

住所:大阪市中央区東心斎橋1-7-3021心斎橋ビル8F 心斎橋駅より徒歩3分

電話:06-6252-5650

恵聖会クリニック

わたなべ皮フ科

たいへん人気のあるクリニックです。そのためwebで予約するとスムーズに診察を受けることができます。口コミでも評判がよく、医師の対応が、とても丁寧で、説明もわかりやすいとのことです。もちろん大人ニキビにも対応してくれ、ホルモン治療を受けることができます。その際にもきちんと説明も受けることができ、相談もしやすい雰囲気だそです。

住所:大阪府八尾市北本町1-3-5 近鉄八尾駅より徒歩3分

電話:072-993-4676

わたなべ皮フ科

アッキー
確かに……、確かに病院でホルモン剤をもらった方が早いかもしれないし、それも大人ニキビの根本的な治療といえるのかもしれないですけど……、生活習慣を整えるよう、僕は努力します!
はるこ先生
やぁだ!アッキー、たまにはまともなこと言うじゃない!

自分でもホルモンバランスを整える努力を

バランスのいい食生活

ホルモンバランスを整える食生活を送ろうと考えた場合、やはり大豆食品がおすすめめです。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た化学構造を持っています。

次にビタミンB6です。マグロ、カツオなどに含まれるのですが、これはエストロゲンの分泌を後押ししてくれます。

またアーモンドなどナッツ類に含まれるビタミンEは抗酸化力もあり、ホルモンバランスをコントロールする作用があります。

また頻繁に摂りたいのはアボカドです。マグネシウム、ビタミンE、ビタミンB、葉酸、カリウムを含んでいるので、トータルに女性ホルモンの維持を行なうことができる食品です。またビタミンB群も女性ホルモンの代謝を促す作用があるので、見逃せない栄養素です。

また、油分の摂りすぎは、ニキビの原因となります。添加物の多い食事をしがちですが、やはり合成調味料はミネラルを消費するので、ホルモンバランスには悪影響です。

ストレスをためない

ストレスを「感じない」生活は無理というものでしょう。であるならば、せめてストレスをため込まないようにしましょう。ストレス解消の方法は人それぞれだと思いますが、運動も有効です。特に足を鍛えるのも良いのです。静脈自体はポンプの機能を果たせないのですが、足の筋肉の収縮・弛緩でポンプの役割を担い、心臓に血液が送られるため、ストレスの解消にもつながります。

また適度な運動は脳内物質であるセロトニンやエンドルフィンを分泌させるので、ストレス解消にピッタリです。

香りにこだわってみてもいいでしょう。好きな香りを見つけて置き、夜寝る前にアロマディフューザーなどを使って香りでリラックスする時間を設けるのもストレス解消になります。一般的にはラベンダーが最もリラックス・安眠効果があるといわれています。

規則正しい生活

22時から2時まではぜひ眠りをとりたい時間です。その間に成長ホルモンが分泌されるためです。またその時間に眠るのが無理という方なら、寝具を整え、寝付いて3時間は質の良い睡眠をとっても効果的です。

また見逃しやすいのですが、朝起きる時間を一定に保つということが案外大事なのです。明日は休みだからといって遅くまで起きている、翌日は遅く起きるなどはできればやめた方がいいでしょう。というのは自律神経が乱れてしまうからです。

そして「冷え」も厳禁です。薄着で冷房の効いた部屋で冷たい飲み物というのも悪影響です。冷えは自律神経を乱し、自律神経が乱れれば同じ視床下部から分泌されるホルモンに悪影響を与えてしまいます。

はるこ先生
スキンケアの常識はもう誰にも浸透しているかもしれないけど、ここでおさらいよ!
アッキー!
アッキー
了解です!
復習ですね!

大人ニキビを悪化させないスキンケア

皮脂を落としすぎない

皮脂を落としすぎる洗顔を行った時、肌はどう判断するのでしょうか。「皮脂のバリアが足りてない!」そう判断します。ですから例え脂性肌の方でも皮脂をとりすぎるべきではないのです。皮脂が足りていないと危機感を感じた肌は、皮脂のバリアを作ろうと皮脂を過剰に分泌させてしまいます。思春期ニキビは皮脂のバリアができている状態ですから少々の洗顔では完璧に皮脂が落ちてもすぐに分泌されますが、大人は違います。

朝の洗顔もぬるま湯でパシャパシャという方法がおすすめです。どうしてもテカリが気になるという脂性肌であれば、Tゾーンのみ洗顔料を使ってもいいかもししれません。ですが、皮脂は34度の温度で溶けだします。34度とは「ぬるすぎるかな?」という温度です。そういった洗顔で十分にホコリも皮脂も落ちます。それが皮脂を落としすぎない朝の洗顔です。

夜はメイクをしていることも多く、やはりクレンジングもするでしょう。そのときに注意したいのは、熱すぎるお湯で洗わないという点です。洗顔料選びも皮脂を落としすぎない、それでいて毛穴の汚れはしっかり落としてくれる、そういったものを選びましょう。

きちんと保湿する

大事なのは保湿です。まず化粧水で美容成分を角層に届け、セラミドやNMF(天然保湿因子)配合の乳液でバリア機能を強化しましょう。そしてクリームでフタをし、肌に栄養も与えます。クリームで栄養を届ける必要はそれほどないと思う場合は、ワセリンやニベアでもOKです。またオールインワンなどは化粧水、美容液、乳液、クリームといったアイテムがぎゅっと一つになっているため、肌に負担をかけずにスキンケアができ、また高機能なものも増えています。

おすすめスキンケア用品「メルライン」

メルラインは顎のニキビに特化したオールインワンの商品です。顎の環境、ターンオーバーが乱れやすい乾燥しやすい毛穴が小さくなりやすいといった原因からできてしまう顎ニキビに対応します。それにはやはり保湿が大切です。全10種の保湿成分、プラセンタがターンオバーを正常化、残ってしまった色素沈着には美白効果もあります。5つのフリーで敏感肌でも使えます。アロマが深いリラックス効果を与えてくれるので、ホルモンバランスも整います。180日間返金保証、通常価格7,000円ですが、定期なら、30%引きの4,980円(税抜)、送料も全国無料です。

効果有効成分コスパ
乾燥ニキビに効果的
ターンオーバーを正常化する
リラックス効果
水溶性コラーゲン、ヒメフウロエキス、スターフルーツ、加水分解コメヌカエキス、V,C.エチル、ピサボロール等
  
  • 色んなニキビに効果的
    小さくなってから完治するまでは、肌サイクルの関係もあってゆっくりなんですけど、メイクしちゃえば目立たないくらいまでには直ぐ小さくなります。 炎症起こしたニキビも、1週間かからずとも小さいニキビに収束して、さすが専用コスメなだけあるなって思いました。 顎・フェイスラインだけではなく、他のニキビにも使えるのが、素晴らしいです。 おでこや背中にも出来やすいので、何かと今後も重宝しそうです。

    @コスメ

  • 気づいたら治ってた!!
    軽いタイプで、ちょこっと塗って伸ばす程度で大丈夫です。 外出先でもつけられる様に、小分けにして持ってるんですけど、これが治りが早いです。 朝晩塗ってるだけでもいいんですけど、乾燥が気になる時やジンジンと痛みを感じる時に、その都度塗っていたら、気付いたら治っていました。 クリームをわざわざ嗅ぐと、ちょっとアルコールっぽい?においがしますが、塗っていて気になるほどではなかったです。 つけやすいし、治ったら予防にもなるなんて、ほんと助かります。

    @コスメ

メルラインの特徴は、保湿しながらニキビを治していくというものです。そのせいか、小さくなって治っていくという過程があるようです。やはりニキビは早く治したいもの。気づいたら治っていたなんて嬉しい効果です。ホルモンのバランスも整っていったのでしょう。

気になる人はコチラをCheck!

大人ニキビにおすすめの治療

ホルモン治療はこのように、大人ニキビ、ホルモンニキビの根本とメカニズムに沿った治療法です。思春期ニキビとは、その成り立ちがまったく異なるため、さまざまな治療法を試し、最後に出会うのが、ホルモン治療なのかもしれません。けれど、最初から自分で「ホルモンの乱れがある」と感じるような、生理不順などがあったら、ぜひ試していただきたい治療法です。最後に「出会う」のではなく、その大人ニキビの治し方、見つけましょう!