毛穴が化膿してブツブツ、ニキビじゃなくて毛嚢炎かも!原因や治療法は?

毛穴が化膿してブツブツ、ニキビじゃなくて毛嚢炎かも!原因や治療法は?

ニキビのように見える毛穴の化膿は毛嚢炎だった!? ニキビに比べるとかゆみが少なく、皮膚が少し盛り上がったような感じがする毛嚢炎。軽度であれば何もしなくても治るというけれど、化膿してしまったらどうすればいいのでしょう?

毛穴の化膿の正体は毛嚢炎

プツプツとした赤い盛り上がりが顔だけでなく背中や足、陰部にも……その正体は毛嚢炎かもしれません。顔だけでなく体のあらゆる部分に発生しやすいのが特徴で、ニキビとの違いは、その発症方法です。

  • ニキビ……ニキビはそのほとんどが毛穴のつまりによって引き起こされます。詰まった毛穴の中の皮脂が、アクネ菌のエサとなってアクネ菌が増殖すると赤く腫れた状態になることも。
  • 毛嚢炎……ヒゲやムダ毛の処理によって毛穴の内部が傷つくことによって引き起こされます。傷ついた毛穴に肌の常在菌であるブドウ球菌などが侵入して感染し、増殖する事で悪化します。

毛嚢炎ってどんなもの?

見た目は小さく、膿んだニキビ様

白い膿で盛り上がったプツプツ、赤ニキビにも見た目が似ている……毛嚢炎は一目見ただけではなかなかニキビと見分けがつきません。医師でも判断を誤るほど見た目が似ているので、病院などで処方された抗生物質が効いて初めて毛嚢炎だったと確認できることもあるのです。毛嚢炎は一般的にニキビよりも治りが早く、気が付いたらいつの間にか治っていたということもよくあります。男性の場合はヒゲ剃りをした時の傷が原因で発症することが多く、女性の場合はムダ毛の処理の時に毛穴が傷ついて発症するケースが多いです。

腫れてかゆみや痛み、しこりの症状も

軽度の毛嚢炎なら比較的早く治ってしまうのですが、免疫力が落ちていたり、誤った肌ケアなど生活習慣が原因の場合は重症化することもあります。ひどい場合は毛穴の周りが盛り上がり、赤くなって熱を持ち、しこりのようになる時もあるのです。かゆみを感じてかきむしってしまうとさらに症状は悪化し、細菌が血液中に入り込んでしまうことも……。

原因菌はブドウ球菌

毛嚢炎を引き起こす原因菌は、健康な肌にも常在している黄色ブドウ球菌表皮ブドウ球菌などです。健康な肌の上では特に悪さをしないこれらの細菌は、慢性的な肌荒れやムダ毛の処理の時についた傷口などで大量に繁殖してしまうのです。

<傷口から感染するケース>

ムダ毛の処理をする際、専用のシェービングジェルなどを使わずボディーソープなどで済ませようとすると、剃刀などで肌の表面が傷つくだけでなく、毛が引きちぎられる場合もあります。すると毛穴の中が傷ついて、細菌が入り込む余地ができてしまうということです。

<ステロイド剤が原因に>

炎症性の皮膚疾患に高い確率で処方されるステロイド剤、このステロイド剤が原因で毛嚢炎を引き起こすケースもあります。ステロイド剤には優れた消炎作用だけでなく、免疫を抑制して肌の腫れなどを抑える効果があります。この免疫を抑制するという働きが強くなりすぎると、肌の常在菌が強くなってしまい、ちょっとした傷口からすぐに感染を起こしてしまう可能性があるのです。

顔以外にも足や陰部、脇にもできる

毛嚢炎は汗をかきやすい場所や湿った皮膚にできやすく、顔だけでなくおへその周りや足、脇の下や陰部に発症する場合もあります。特に脇の下などは一年を通して汗をかきやすく、女性は生理中に陰部が毛嚢炎を起こしやすい状態になるのです。

毛嚢炎になるきっかけ

カミソリ負け

清潔な肌にはさほど多く存在していないブドウ球菌などの細菌は、健康な肌の上では皮膚の内部にまで侵入できず、肌に悪い影響を与えることはありません。しかし、カミソリ負けなどで肌の表面が傷ついた状態だと、傷口から菌が侵入して毛嚢炎を発症させてしまいます。エステサロンなどで脱毛を受けた場合にも、毛嚢炎を発症する可能性はあります。特にVIOなどのデリケートゾーンは下着で守られている分湿って菌が繁殖しやすい状態になりやすいので、脱毛の刺激で弱った肌は毛嚢炎を発症しやすい状態なのです。

ステロイド治療

アトピーなどの皮膚疾患に医療機関で処方されるステロイドには、消炎作用と免疫力を抑制するはたらきがあります。毛嚢炎は細菌の感染により発症するので、ステロイド薬の使用により免疫力が低下した状態の肌は、細菌が増殖するのに好都合なのです。カミソリ負けなどでかゆみを感じたからステロイドの入ったかゆみ止め薬を使った結果、毛嚢炎が悪化したというケースもあります。毛嚢炎が疑われる場合は自己判断でステロイド剤を使用しないことをおすすめします。

ストレスで免疫力低下

現代人は日々あらゆるストレスにさらされていますが、ストレスは大きすぎると体に負担をかけ、免疫力が低下してしまいます。ストレスにより免疫力が低下する原因の一つは、ストレスを受けると分泌されるコルチゾールというホルモンです。コルチゾールはストレスに対処する為生理機能を調節する働きがありますが、それだけでなく、免疫力を抑制してしまうという働きもあるのです。免疫力が低下した肌は、毛嚢炎の原因となる細菌にとってとても過ごしやすい環境となるのです。ストレスをためない生活や、適度にストレスを発散させる生活も、肌を健康に保つための秘訣です。

汗の放置

汗をかいたまま湿った状態の肌を放置すると、肌の上では大変な事が起きている可能性が……汗をかくと、皮脂も一緒に分泌されます。その汗を放置して肌が湿った状態が続くと、肌の上にいる細菌が汗や皮脂をエサにして増殖していくのです! 特に生理中には、陰部が湿りやすくなり、生理用品の擦れなどでも肌に負担がかかって毛嚢炎になりやすいのです。

他にも、生活習慣が原因で毛嚢炎になることがあります。

  • 食生活の偏り……肌の健康を保つビタミンやミネラルが不足し、ジャンクフード・外食が多い場合
  • 睡眠不足……質の良い睡眠がとれていないことで免疫力が低下してしまった場合

化膿しやすい人としない人の違いは?

免疫力が低い人、炎症を起こしやすい食品を好んで食べる人は、そうでない人よりも化膿しやすい体質だと言われています。炎症を起こしやすい食品というのは精製された砂糖(白砂糖)・乳製品・肉や添加物を多く含む食品などです。逆に、炎症を抑える作用のある食品を好んで食べる人は化膿しにくいと言われています。炎症を抑える作用のある食品とは魚介類や野菜などがあり、トマトやケールなど色の濃い野菜が比較的強い消炎作用を発揮します。

治らない毛嚢炎は生活習慣が原因かも

食生活が偏っている

甘い物や脂っこい食べ物、そして辛い食べ物は皮脂の分泌を促進します。例え皮脂の分泌を促進してしまう食べ物を選んだとしても、同時に、脂肪の代謝を促すビタミンなどの栄養素を合わせて摂取していれば大きな問題はありません。しかしそれらを摂取せず、栄養のバランスが偏った食べ物ばかりを食べていると皮脂が増えるだけでなく免疫力を強化する栄養が取れていないことで毛嚢炎を発症しやすい状態になってしまうのです。

慢性的な毛嚢炎に悩んでいる人は、毎日の食事に野菜や魚をたっぷりと取り入れ、肉を食べない日を設定するのもおすすめです。

寝具や衣服の清潔度

毎日切る下着や服は清潔なものを選んでいるからと言って安心はできません。一日の疲れを取ってくれるはずの寝具がもし、細菌にまみれていたら……想像するだけでゾッとしますね。布団カバーや枕カバーが細菌にまみれていたら、それに触れる肌がいくら清潔だったとしても、肌が細菌にさらされてしまいます。ベッドカバーや枕カバーは最低でも一週間に一度は洗濯し、枕や布団も定期的に天日干しするようにしましょう。

直接肌に触れる布は、素材選びにも注意しましょう。化学繊維やごわごわした肌ざわりのものは摩擦による刺激があるので極力避け、ツルツルとした手触りのものや、赤ちゃんの肌を柔らかく包んでくれるような素材を選ぶのがおすすめです。

石鹸の洗い流し

石鹸やボディソープを使う事で、一日の汚れをスッキリと落とすのはとても気持ちの良いものです。しかし、シャワーだけで入浴を済ませている人や、お風呂に入る時間が短いせっかちな人など、石鹸やシャンプーが体に残ったまま気づかずにお風呂から上がってしまっていませんか? 肌表面に石鹸やボディソープの残りがあると、それが毛穴に入って炎症やかゆみの原因になることがあります。入浴後、石鹸の残りがあることに気づかず眠ってしまうと、眠っている間にかゆみを感じた部分を力任せに掻いてしまう可能性もあります。

敏感肌の人が必要以上に洗浄力の強い石鹸やボディソープを使うと、汚れだけでなく肌に必要な皮脂やうるおいなどの肌バリアまで奪ってしまう可能性もあるのです。

毛嚢炎を治す方法

軽症の場合は治療は不要

軽症の場合にはニキビよりも早く治ることがあるという毛嚢炎。でも、軽症と言われてもどの程度なら軽症なのか判断は素人には難しいものです。毛嚢炎が自然に早急に治る場合と言うのは、毛穴のごく浅い部分で炎症が起きている状態です。

  • 見た目……白ニキビにも見える、ほんの少し赤みを帯びている
  • かゆみや痛み……ほとんどない

このような状態であればシミにも傷跡にもなりにくく比較的早く治ることが予想されます。軽症の毛嚢炎は、体の免疫システムが働く事で細菌が撃退されて

皮膚の自然な治癒力によって肌が元に戻るのです。ただ、軽症であっても悪化してしまうケースはありますので、治るまでにはやたらと患部を触らず・ステロイド剤などを自己判断で使用しないなどのことを心がけてください。

市販薬なら塗り薬で治そう

自分の肌にできた赤いツブツブが、毛嚢炎かもしれない……でも病院に行く暇がない! そんな場合は市販薬の力を借りることも一つの手段です。市販薬を選ぶ基準は、細菌を撃退するために必要な抗生物質が入っているかがポイントとなります。

  • ゼリア新薬 ドルマイシン軟膏 6g 600円 12g 1,200円

ドルマイシン軟膏には硫酸コリマイシンバシトラシンの二つの抗生物質が含まれていて、幅広い細菌に対応しています。化膿だけでなくとびひや外傷の治療、湿疹などにも効果がありますので、清潔な肌に一日1~3回ほど塗布して使用します。

ドルマイシン軟膏

  • 第一三共ヘルスケア クロマイ‐N軟膏 6g 950円(税抜)

クロマイ‐N軟膏には、クロラムフェニコールフラジオマイシン硫酸塩の二つの抗生物質だけでなく、抗真菌剤のナイスタチンが含まれていて、カンジダ菌などの菌にも効力を発揮します。一日に1回~数回を清潔にした患部にガーゼや清潔な手で塗布して使用します。

クロマイ‐N軟膏

【注意点】どちらの市販薬に関しても、患部や薬を塗る手を清潔にしてからの使用が大切です。

見分けるためにも皮膚科受診がベスト

見た目も症状もニキビとソックリな毛嚢炎ですが、その原因も治療方法もニキビとは異なります。自分を悩ませているのがニキビなのか毛嚢炎なのか、判断がつきかねた場合は皮膚科で医師の判断を仰ぐのが一番です。

アッキー
見た目や症状がニキビにソックリな病気って他にもあるんですか?
春子先生
白ニキビに見た目がソックリな稗粒種や、良性腫瘍の一種である粉瘤なども一見して毛嚢炎と区別がつきにくい場合があるわね。マセラチア菌が原因の場合は、抗生物質が効かないから皮膚科にかかるのが治癒への最短ルートよ

稗粒種の場合は、原因が排出されなかった老廃物(角質など)なので、ピーリングや保湿を行い、肌のターンオーバーを正常に戻す生活習慣を心がければ自然に治っていきます。粉瘤は自分の力では治すことができないので、医療機関で取り除くための治療を受ける必要があります。マセラチア菌という真菌が原因で引き起こされるマセラチア毛包炎は抗真菌薬によって治療が可能ですが、マセラチア菌に効果のある薬は医師の処方箋が必要なので、病院での受診をおすすめします。

尋常性疣贅(イボ)も毛嚢炎と似たような見た目になることがありますが、尋常性疣贅は表面がざらざらとしていて固く、中心部が盛り上がっているのは化膿が原因ではなくウイルスが増殖しているのが原因です。水いぼと呼ばれるイボはやはりウイルスがその中に存在しているのですが、擦れたり破けたりしてウイルスが飛び散るとあちこちへ感染しやすいので注意が必要です。

  • イボコロリ内服錠(森下仁丹)2,036円(税込)180錠 1回6錠1日3回

漢方のヨクイニンのエキスを凝縮した錠剤で、イボだけでなく肌荒れにも効果が期待できます。

イボコロリ内服錠180錠

  • つやつや習慣(アクアビューティ)4,104円(税込)120g 約1ヵ月分

肌のターンオーバーの乱れによるブツブツをきれいにする効果が期待できるこの商品は、イボ対策のヨクイニンエキスと保湿成分のあんずエキスが含まれているので、年齢を重ねた肌のトラブルにおすすめです。

つやつや習慣

  • ヨクイニンエキス顆粒(クラシエ)2,400円(税抜)45包 15日分

古くからイボや肌荒れの薬として愛用されてきたヨクイニンのエキスが1包あたり1,500mg含まれていて、濃厚なヨクイニンのエキスを摂取することができます。

ヨクイニン顆粒45包

肌の調子を整えるサプリ3選もおすすめ

きらりのおめぐ実

体の内側から不足しがちな栄養素を肌の表面にまで届けるサプリです。腸内環境を整えるのに優秀な有効成分が豊富で、肌によくない余分な成分が含まれていません。

【商品概要】

  • メーカー ファンファレ
  • 商品名 きらりのおめぐ実
  • 通常価格 5,400円(税込)
  • 内容量 90粒 約1ヶ月分
  • 飲み方 食後食間問わず1日3~6粒
  • 肌がモチモチになった気がします!!
    5/5
    みいやん
    きらりのおめぐ実を飲み始めてから、ニキビが出来にくくなったことはもちろんですが、プラス肌がモチモチになった気がします!!自分の肌にこんなに自信を持てたのははじめてです。これからも飲み続け、今よりも良い肌にしていきたいです。

    ファンファレ公式

  • ニキビと一緒にお肌も改善していると思います
    5/5
    37歳 女性
    スキンケアに時間をとりたくないので、飲んで治すきらりのおめぐ実を駄目もとで1ヶ月使ってみました。 2週間では特に効果もないので、やっぱり飲んで治るなんてないな…て思っていました。 3週間目からは違ってお肌が急に良くなったように思えます。 全体的に肌荒れしていましたが、その肌荒れが少しずつ改善されて小さい大人ニキビは無くなっています。 これは効果があるかも?と感じましたので次も使っていきます♪

    ニキビ改善書

全体的な肌荒れに効果が見られたという口コミが多かったです。チリ南部のパタゴニア地方で自生する非常に還元力の高いマキベリーや、バランスの良い栄養を摂ることができるクロレラ、そして豊富な食物繊維などが体の内側から外に向けて健康に導いてくれる効果が期待できます。体が健康になれば、免疫力が上がることも期待できるので、毛嚢炎の発症頻度が低くなる可能性が高いのです。

成分働き
ビフィズス菌・食物繊維・オリゴ糖・クロレラ

Source: ファンファレ


腸内環境を整えるための成分
クチナシの実・マキベリー・レスベラトロール・ビタミン

Source: ファンファレ


高い抗酸化作用で内側から体がサビるのを防ぐ成分


きらりのおめぐ実

緑の知恵

自然由来の成分が配合されていて、安心して飲める美肌サプリメントです。

【商品概要】

  • メーカー サン・クラルテ製薬
  • 商品名 緑の知恵
  • 通常価格 5,400円(税抜)
  • 内容量 90粒 約1ヶ月分
  • 飲み方 1日1回3粒から6粒
  • 忙しい毎日でも続けられる!
    5/5
    木梨様 34歳 SE
    職場の人に「最近きれいになってきたね!化粧品何使ってるの?」って聞かれたんです。飲むだけで簡単だし、忙しい人にはぴったりだと思います。

    サンクラルテ製薬

  • 2週間で目に見えて効果が出てきました!
    5/5
    34歳 女性
    仕事が忙しいと「今日はいいや…」とスキンケアをパパッと終わらせます。 疲れている時も同じです。 (中略) 使って2週間で目に見えて効果が出てきました! あんなにボツボツしていた私の肌が、大きなニキビは小さく、吹き出物や小さなニキビはもうすぐ消えそうです。それにお通じの調子も良いです!

    ニキビ改善書

飲んですぐに効果が現れるわけではないようですが、根気よく飲み続けることで肌の生まれ変わるサイクルに良い影響を与えて、美肌に導いてくれるサプリメントのようです。高い保水力で肌のバリア機能を高めてくれるので、肌トラブルを起こしにくくなる効果も期待できます。

成分はたらき
シソの葉エキス・アスパラガス・キウイ抽出物

Source: 緑の知恵

ビタミンやミネラルを豊富に含み、強力な抗酸化作用で肌を健康に導く
米由来セラミド高い保水力を持ち、肌にうるおいを与える
大豆イソフラボン女性ホルモンと似た働きをして、
テアニン緑茶などに含まれる成分の一つで、リラックス効果が期待できる
クロレラ藻の一種で、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる優秀な健康食品
ビタミン肌や髪を健康に保ったり、活性酸素を除去する働きを持つ

緑の知恵

TURURI:BB

原材料にハトムギや乳酸菌、そしてコエンザイムQ10など、肌を健やかな状態に導く成分が多く含まれているTURURI:BB。ビタミンC含有量が非常に高いカムカムの果汁や、ポリフェノールやビタミンを多く含むマキベリーの果汁など、健康な肌作りには欠かせない栄養素がぎゅっと詰まっているのです。

【商品概要】

  • メーカー オーガニックレーベル
  • 商品名 TURURI:BB
  • 通常価格 4,400円(+送料630円)
  • 内容量 1袋60粒入り 約30日分
  • 飲み方 1日2粒を目安に飲む
  • 必要な成分が凝縮されていて、これ1つで安心
    5/5
    健康や美容の事を考えると、サプリメントが増えてしまいますが、TURURI BBには必要な成分が凝縮されていて、これ1つで安心です!

    ニキビ改善書

  • 肌荒れが軽くなりました
    4/5
    toise様 30代後半
    仕事のストレスから、肌が良く荒れます。しかし、このサプリのおかげで、肌荒れが軽くなりました。

    本音と口コミ.jp

体内で日々生成されている活性酸素は、肌荒れの原因となりますが、このサプリメントに含まれる高い還元力をもつ成分の働きによって使用者の肌が健康な状態へと変わっていたようです。

野草発酵エキス末(デキストリン、オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、ヨモギ、その他)、ハトムギ末、殺菌乳酸菌体、クロレラ、ザクロエキスパウダー、トウモロコシ胚芽抽出物、コエンザイムQ10、α-リポ酸、大豆抽出物、フィッシュエラスチン、アムラ抽出エキス、MSM、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、豚プラセンタエキス、デキストリン、アサイー(果肉)、カムカム果汁パウダー、マキベリー果汁パウダー、大豆ペプチド、結晶セルロース、ビタミンC、抽出ビタミンE、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、貝殻焼成カルシウム、V.A、ヒアルロン酸、酸化マグネシウム、葉酸、グルコン酸亜鉛、ビオチン、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅、V.D、V.B12、[原材料の一部にやまいも、りんご、乳を含む]

Source: TURURI:BB公式

肌に良い物ばかりをバランスよく凝縮した成分で、肌荒れだけでなくエイジングケアや美白にも効果が期待できる商品です。

TURURI:BB

毛嚢炎と間違いやすい症状に気をつけて

ニキビ

ニキビは、古くなった角質や皮脂で毛穴が詰まることによって発症します。その原因は乾燥や肌のターンオーバーの乱れによるところが多く、皮脂をエサとするアクネ菌が増殖すると赤くはれたり白い膿のようなものに見えることがあります。こういった赤ニキビや白ニキビは、見た目が毛嚢炎に似ていることが多いのですが、ニキビは肌を保湿し、ターンオーバーを正常にするよう働きかける事で治っていきます。毛嚢炎の場合、過度な保湿は治るどころか炎症を促進させてしまう場合もあるので気を付けましょう。

マセラチア毛嚢炎

マセラチア毛嚢炎とは、マセラチアという真菌(カビ)が増殖することによって発症します。毛嚢炎の原因となるブドウ球菌とはサイズや繁殖方法が異なるので、その撃退方法(薬)も違います。マセラチア毛嚢炎であるかどうかは、医療機関で膿を調べてもらうことによって判断できます。そして、マセラチア菌に対応した抗真菌薬を使用することで治療が行われるのです。

粉瘤

粉瘤は別名アテロームとも呼ばれ、しこりのあるできものの一種です。体中のどこにでもできる可能性があり、皮膚の内側から腫れた患部が盛り上がって見えることがあるようです。粉瘤が悪化した場合は、自分で治すことはできないので医療機関に受診して治療します。

毛嚢炎はニキビより治すのが簡単

ニキビは生理前に必ず同じような場所にできたり、早く治そうと思ってつぶしたせいで痕になってしまったり……それに比べて毛嚢炎はいつの間にか治っていることが多い症状です。増殖した細菌を効果的に殺菌することで早めの治癒が実現します。

毛嚢炎を繰り返す場合は生活習慣や食生活の見直しが必要ですが、軽症の場合は原因を早めに取り除いてキレイな肌を速やかに取り戻しましょう!