ニキビと便秘には深い関係アリ!8つの便秘解消法でニキビを治そう

ニキビと便秘には深い関係アリ!8つの便秘解消法でニキビを治そう

しつこくできるニキビが気になったら、その原因は便秘かもしれません。体の中の原因を取り除かないと、ニキビはまたできてしまいます。便秘を解消する8つの方法をご一緒にチェックしていき、ニキビのない肌を目指しませんか?

便秘は美容の大敵!

便秘が続いたら、ニキビができてしまったという経験はありませんか?毒素が溜まるというイメージがあるせいか、便秘が肌荒れも起こしがちということは、皆さんよくご存じのようです。でもどのようなプロセスでニキビができるのか、詳しくは案外知られていないのではないでしょうか?

ニキビができる理由を知ることは、ニキビを改善することに必ず役立ちます。便秘の種類や改善方法を知って、早くキレイな肌を取り戻しましょう!

便秘でニキビが出来る3つの原因

腸内環境の悪化

便秘とはどういう状態か、皆さんは正しく把握しているでしょうか。

一般に、便秘とは3日以上便が出ない状態、または毎日便が出ているのに出きった感じがしない状態のことを言います。

そして便秘になると腸内環境が悪化し、ニキビができやすくなると耳にしたことがありませんか?実際に便秘とニキビは密接な関係があり、その原因の一つには腸内環境の悪化が挙げられます。いったい便秘をしている腸内は、どのような様子になっているのでしょうか?

便が腸内に長くとどまると、体外にすみやかに出さなければならない便に含まれる老廃物も、腸に長時間とどまることになり、しかも古くなった便は悪玉菌の働きにより腐敗した状態に。臭いの強いおならがひんぱんに出てしまうのは、こうした理由によるものです。

 ビタミンの大量消費

便秘をしないために摂取したいものというと、食物繊維が挙がることが多いですが、ビタミンの存在も大きいことをご存知でしょうか?例えばビタミンCは善玉菌の餌になるので、便の質がよくなります。しかも便を柔らかく、排出しやすくする効果があるので、不足すると便秘の原因に。よくストレスを受けると便秘しがちですが、これはビタミンCが大量消費されるからなのです。便秘の対策として、こうしたメンタルを健康に保つことにも注目しておきたいものですね。

便秘により便が古くなると毒素も増えてしまい、それが血の中に取り込まれることで全身を巡ってしまいます。すると、ニキビなどの肌荒れや肩こり、食欲不振などのさまざまな症状を引き起こすことに。

やはり排出すべきものは早く排出して、腸内環境をよく保つことが肌にも健康にも大切です。

ニキビに繋がってしまう便秘の種類

はるこ先生
はるこ先生こと、水野春子です。最近便秘がちで、大人ニキビなのか便秘によるニキビなのか、肌荒れがひどくてショック!女性にとって、便秘は肌荒れの原因にもなる大問題よね。


アッキー
ストレスも便秘の原因になるそうですね。はるこ先生、もしかしてストレスたまっていませんか?
はるこ先生
確かに仕事が忙しくて、ストレスで活性酸素が発生していそう・・・アッキーは知っているだろうけれど、活性酸素は人間が呼吸によって吸い込んだ酸素のうち、電子が足りない酸素。元々体内に入ってきたウィルスを撃退してくれる存在だし、すべてが悪いわけではないんだけどね。

活性酸素というと体に害をもたらすという印象が強いかもしれませんが、病原菌を退治する役割もあるので、存在自体をなくすべきというものではありません。ただし増えすぎると細胞を傷つけたり老化させるため、病気にもかかりやすくなる存在なのです。

活性酸素はノーマルな酸素から電子を奪って増え、増えることでビタミンCが大量消費されるので、便秘の原因にも。ストレスを受けると増えやすくなりますが、喫煙も発生率を高めます。身近にたばこを吸う人がいたら、将来のためにも禁煙するようぜひアドバイスを。

 ニキビに繋がってしまう便秘の種類

ところで便秘にも種類があり、それぞれ対応が異なります。腸閉塞や大腸がんなどの病気によって起こる便秘は器質性便秘と呼ばれ、消化器官の不調が原因でなるものを機能性便秘と呼びます。後者のうちで習慣性のあるもの、つまり癖になる便秘は大きく二つに分けることができます。

 弛緩性便秘

習慣性のある便秘のうち弛緩性便秘とは、腹筋などの筋力が弱く腸の蠕動運動が活発に行えないため、便をスムーズに押し出すことができず、結果的に便秘になることを言います。どのような人がなりやすいかというと、筋力の弱ったお年寄りや、男女問わず普段から運動をしていないため筋肉量が低いタイプの人です。

 痙攣性便秘

習慣性があるもう一つの便秘は痙攣性便秘といい、主にストレスが原因で起こる便秘です。なりやすいタイプは不規則な生活を送っている人や、人間関係などにストレスを感じている人こうした人はストレスにより自律神経が乱れており、便を排出するために必要な腸の蠕動運動にも乱れが起こっているのです。この便秘は、便秘と下痢が交互にやってくるというやっかいなもので、食後にお腹が痛くなることもしばしば。

アッキー
最近患者が増えているという過敏性大腸炎も、痙攣性便秘の一種だそうですね。
はるこ先生
20~30代のビジネスマンに患者が増えているようで、消化器科を受診する人の大半がこの病気だというデータもあるそうよ。ストレス社会を象徴するような状態ね。
アッキー
自分で排便をコントロールしにくくなるので、電車の中や商談中に突然トイレに行きたくなったりと、とても大変そうです・・・
はるこ先生
休養をたっぷりとって、規則正しい生活を送ることで改善が見られるみたい。それでも良くならない場合は、早めに受診して医師と相談のうえ抗不安薬や抗うつ剤の服用も視野に入れてみましょう。

便秘によるニキビのできやすい場所 

おでこ・こめかみ

便秘によって、おでこやこめかみなどにニキビができたことがある人は多いはず。額と鼻をつないだ部分をTゾーンと呼びますが、ここは特に皮脂分泌が多い場所です。特におでこは、中国医学で腸などの消化器官の不調が現れやすいとされている部分。この部分にニキビができる原因は、他に以下のものが考えられます。

  • 皮脂分泌が多く、脂の摂り過ぎや食べ過ぎによりニキビができやすい
  • 頭皮に近く、シャンプーやコンディショナーなどが刺激になりやすい
  • ワックスなどの整髪剤も刺激になりやすい
  • 前髪をおろしていると毛先があたり、それが汚れていると毛穴に雑菌が入りやすい
  • 帽子をかぶることが多い人は、帽子の縁の生地がこすれて刺激になることも

鼻も額と同じくTゾーンに属し、ストレスを受けるとニキビができやすい部分です。その他の原因は、以下のものが考えられます。

  • おでこやこめかみ以上に皮脂腺が多く存在し、皮脂分泌が盛んになりやすい
  • 鼻の毛穴は奥が深いので、皮脂が詰まりやすい
  • つい手で触りやすいので、雑菌がついて腫れたりと悪化することが多い
  • 鼻をよくかむ人は、ティッシュが刺激になることも
  • 小鼻は洗顔の際洗い残しがちで、それがニキビの原因となりやすい
  • 大人の場合、ホルモンバランスの乱れの影響も受けやすい

おでこやこめかみ、鼻のニキビを防止するには、そもそも便秘にならないようにすることも重要ですが、原因となりやすい髪を清潔に保つ、シャンプーやコンディショナー、トリートメントを顔からよく洗い流す、髪の毛先や帽子などがあたらないようにする工夫も大切。

大人ニキビの場合、肌の表面は脂っぽく感じるのに肌内部は乾燥しているという、インナードライが原因でニキビできることもあります。それを防ぐには保湿に気を配り、栄養バランスの良い食事を摂りましょう。消化の悪い食物や脂っぽい食物は胃腸に負担をかけ、ニキビの原因になることも。また、決まった時間に起きて寝るという規則正しい生活も、肌の健康を守るには有効です。

ニキビの原因になる便秘解消法

はるこ先生
さあ、ここからはいよいよ「8つの便秘解消法」を紹介していくわよ。
アッキー
便秘が解消すれば肌がキレイになり、ニキビも減るので、女性にとっては見逃せない情報ですね!
はるこ先生
人によっては、便秘の原因が複合的なものであることも考えられるわ。食事の改善だけ、サプリメントを摂るだけといったピンポイントな対処ではなく、生活全体を見直して便秘を解消していくよう心がけましょう。

 栄養のある食べ物を摂る

「今日摂った食事が10年後のあなたを作る」という言葉があります。食生活の内容とは、それほど大切なこと。栄養のある食べ物を摂ることは健康的な体を作り、それが見た目の美しさにも影響を与えます。便秘を防ぐために効果的な栄養素をご紹介しますので、毎日の食事にぜひ取り入れてみて下さい。

【ビタミンB1】

豚肉やうなぎ、たらこといった魚卵に多く含まれるビタミンB1は、糖質の分解を進めるためダイエットにも人気の栄養素。腸の蠕動運動を促し、便秘にも効果があります。乾燥大豆やきなこ、昆布などの海藻にも含まれるので、そうしたカロリーが低めの食品で摂ることもおすすめ。1日あたりの必要摂取量は、豚もも肉約130g程度で摂ることが可能です。

【ビタミンB2】

海苔などの海藻、レバーやうなぎ、魚卵に多く含まれるビタミンB2は、脂質の代謝を高めてくれるビタミン。つまり皮脂の分泌も少なくなり、ニキビになりにくい状態に。ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンB1、ニコチン酸アミドを一緒に摂取すると効果的です。1日あたりの必要摂取量は、うなぎ約160gで摂ることが可能です。

【ビタミンE】

アーモンド、アボカド、かぼちゃ、はまちなどに多く含まれるビタミンEは、活性酸素を取り除くとされているのでニキビ予防にぴったり。アンチエイジング対策も期待できます。1日あたりの必要摂取量は、アボカド1個約250gで摂ることが可能です。ビタミンEの摂り過ぎはかえってニキビの発生を促すので、適量を守りましょう。

【ビフィズス菌】

ビフィズス菌は腸内環境を改善し免疫力もアップさせるので、肌の状態をを良くすると言われる菌です。ビフィズス菌入りヨーグルトを1日あたり約100g摂取したところ、整腸効果が見られたという研究結果も発表されているので、ぜひ毎日食べて下さい。ビフィズス菌の餌になるオリゴ糖も、一緒に摂ると効果的です。

【乳酸菌】

ビフィズス菌と混同されがちですが、菌の種類は別のもの。どちらも糖を分解することで乳酸が作られるのですが、異なる点は乳酸菌は乳酸のみ、ビフィズス菌は酢酸も作られることです。具体的な摂取量はないのですが、1日1兆個の乳酸菌を摂ると効果があると言われています。しかしこれを食品で摂るには膨大な量が必要なので、現実的とは言えません。ヨーグルトなら1日あたり約200g、そこにチーズや漬物など、乳酸発酵した食品をプラスしてみてはいかがでしょうか。

【食物繊維】

野菜に多く含まれる食物繊維は善玉菌の餌にもなり、便の量を増やして便通を促すので、便秘対策として積極的に摂りたいもの。特におすすめなのが切干大根。100g食べることで、18歳以上の女性向けの1日の推奨摂取量17g以上を軽く超えることが可能です。

サプリメントで栄養補助を行う

忙しくて食品で摂ることが難しい人には、サプリメントで栄養を摂取してもよいでしょう。ただしビタミンEのように男性ホルモンの分泌が増える作用を持つため、皮脂が増えてニキビの原因になってしまうものもあります。栄養素によっては、そうした摂り過ぎによる弊害が出る場合もあるので、適量を守ることが大切です

体にうれしいマルチビタミン

やわた「体にうれしいマルチビタミン」

ニキビとニキビ跡を改善するβ-カロテンや、皮脂分泌を抑えるビタミンBなど、ニキビを防ぐビタミンをバランスよく配合したサプリメント。食生活に偏りがある人にはうれしいビタミン剤です。

メーカー:八幡物産株式会社

価格:2,000円(税抜)

内容量:60粒入り

買い方会員ランクに応じて、最大20%の割引があり。また、設定した期間自動的に商品が届く「らくらく定期便」を選ぶと、5%オフに

配合成分:

エネルギー:2.6kcal 炭水化物:0.080g ビタミンB1:0.15mg ナイアシン:3.3mg ビオチン:30μg ビタミンE:6.7mg
たんぱく質:0.17g ナトリウム:0.070mg ビタミンB2:0.31mg パントテン酸:0.29mg ビタミンC:12mg
脂質:0.18g β-カロテン:1,680μg ビタミンB6:0.49mg 葉酸:30μg ビタミンD:1.6μg

有効成分:ビタミンE、β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンC等

期待できる効果:抗酸化作用があるビタミンEが脂質を酸化から守り、β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンCが皮膚や粘膜を健康に保ちます。

アフターサービス:到着後3カ月以内であれば、特売やアウトレット商品でないものは未開封なら返品可能。

  • 体にうれしいマルチビタミン
    3/5
    やわたの体にうれしいマルチビタミンの1日必要量に対する栄養素の割合は、すでに掲載しましたが、その中で皮膚に対するもので不足しがちなものをみてみると、ビタミンCがやや足りないですが、そのほかのビタミンはバランスよく50%以上を超えているので、バリア機能が低下している乾燥肌や敏感肌 脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹) 大人ニキビ(成人性ざ瘡) など、バリア機能が低下している肌状態や脂性肌の方には最適なマルチビタミンのひとつです。

    敏感肌スキンケアネット

口コミのまとめ:やわた「体にうれしいマルチビタミン」の良い点は、化学的に作られたビタミンではなく、植物由来のビタミンを使用していることです。体に安心な材料を使ったサプリで、体の中からキレイになりたいものですね。

「体にうれしいマルチビタミン」の購入はこちら

緑の知恵

自然由来の成分を配合したビタミンサプリメント。1粒あたり20億個配合された玄米由来の乳酸菌は、腸内環境を良くすることをサポート。便の質を改善するビタミンCが豊富なアスパラガスのエキスも配合、肌質の改善も期待できそう。

メーカー:サン・クラルテ製薬

価格:5,400円(税抜)

内容量:90粒入

買い方:定期便を選べば、初回限定キャンペーンとして67%オフの90粒入1,800円で購入可能。おまけとして緑の知恵化粧水サンプルもついてきます。その後も1,500円オフの3,900円(税抜)で購入することができます。

配合成分

テアニン、クロレラ、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、大豆イソフラボン、ビタミンC

有効成分:しそ葉エキス、キウイ種子エキス、米セラミド、植物性乳酸菌

期待できる効果:酸やアルカリに強い玄米由来の植物性乳酸菌が腸まで届き便通をサポート、米セラミドによる高い保湿効果

アスターサービス:毎月または2カ月ごとに届く定期便はいつでも休止OKなので、安心して注文できます。未使用なら商品到着後8日以内に返品も可能。

  • 自然由来成分で安心
    3/5
    肌にいいとか、この成分が入っているとキレイになれるとか宣伝していても、サプリメントはどこか安心できなくて飲んだことがありませんでした。「緑の知恵」は製薬会社が作っているということだったので、思い切って購入。自然由来の成分だったのも安心材料になりました

    大人ニキビ対策サプリ比較ナビ

口コミのまとめ:サン・クラルテ製薬の「緑の知恵」は、製薬会社が製造しているということと、植物由来の成分を使用していることに信頼性を持たれている様子。素材は契約農家で作られた安全性の高いものを使用。安心して続けることができそうです。

「緑の知恵」の購入はこちら

適度な運動をする

筋力がない人、特に便を押し出す力を生む腹筋が弱い人は便秘になりがち。筋力低下によって腸の蠕動運動も弱まるので、腹筋を意識した筋トレを継続して行いましょう。基本的なやり方をご紹介します。

  1. 手は邪魔にならないよう、頭の後ろに置きます。。
  2. 床に寝てあお向けになり膝を90度位に曲げ、時間をかけて上半身を起こしてから、ゆっくり床へと戻します。
  3. 10~20回繰り返して、少なくとも2セットは行いましょう。

腸揉みマッサージを行う

便秘には腸をお腹の上から揉む、腸揉みマッサージも有効です。これはおへそを中心として円を描くようにお腹を優しくさするというもの。その後は気持ち良く感じる程度に、3分間ほど時計回りにお腹を押しましょう。

緩下剤や薬を飲む

なかなか便秘が改善せず苦しい場合、効果が穏やかな下剤である、緩下剤を飲むことも有効です。緩下剤には便に水分を吸収させて柔らかくする酸化マグネシウム、水を吸って膨らむことで便を押し出す食物繊維、ビサコジルなど腸の運動を活発にする薬などがあります。短時間で効く薬ほど腹痛などの副作用リスクがあるので、症状に応じて選びましょう。

漢方薬を飲む

漢方薬というと体に優しいイメージがありますが、種類によっては副作用があるタイプも。症状や体調にあったものを選ぶために、薬剤師のアドバイスを受けましょう。ちなみに冷え性で疲れやすい人には加味逍遙散、がっちりしていたり肥満体型の人には大柴胡湯、ニキビを伴う便秘には防風通聖散などが適しています。

ストレス緩和に徹する

自律神経が乱れるストレスは便秘の原因になるので、ストレスを緩和する方法を見つけることも一案です。リラックスできる音楽やアロマなどで気分転換したり、打ち込める趣味を持つことでストレスをしばし忘れたり。心を切り替えられるスイッチとなる何かを、普段から用意しておきましょう。

水分摂取にお茶を取り入れる

水分をしっかり摂ると、便が柔らかくなり出やすくなります。水分を充分に摂るため、体に良いお茶を飲みましょう。ティータイムで気持ちを切り替えることは、ストレス緩和にも有効ですよ。

玄米茶

玄米茶とは、番茶に炒った玄米を混ぜたもので、とても香ばしいお茶です。茶葉に含まれるカテキンは腸内の善玉菌を増やすので、便秘改善の助けにも。

ローズヒップティー

ローズヒップティーとは、ビタミンやミネラルが豊富なバラの実のお茶。腸の蠕動運動を活発にするビタミンBや、善玉菌の餌になるビタミンCも含まれているので、便秘の際はぜひ飲みたいお茶の一つです。

どくだみ茶

どくだみ茶は解毒作用があり、古くから健康茶として愛されてきた存在。腸の蠕動運動を促すカリウムや便を柔らかくするマグネシウムが豊富なので便秘に効果があるのですが、飲み過ぎるとお腹が下ることもあるので注意しましょう。

便秘解消で美肌と健康を手に入れよう

今までご紹介した8つの便秘解消法は、運動で筋肉を増やす、食生活を改善するなど、どれも明日からすぐ試せるものばかりです。試してもらえれば、便秘とそれによってできるニキビに関して何かしら改善が見られるはず。

便秘が改善すると毒素が排出され肌質が良くなるだけではなく、免疫力がアップしたりと健康にも良い影響が。将来の美肌と健康のために、毎日コツコツと続けてみましょう!