美肌のためのスキンケアを年代別におすすめ【10代から40代まで】

美肌のためのスキンケアを年代別におすすめ【10代から40代まで】

スキンケアのおすすめって結局どれが一番自分に合うの?そう思いながら、何年も同じ製品ばかり使い続けていませんか?自分の肌状態を知らずに使い続けていると、逆効果になっていることも。年齢や肌に合わせて大人のスキンケアを始めませんか?

年代別のおすすめスキンケアが知りたい!

スキンケアのおすすめ製品を探している時に、求めてるものが無かったりした経験はありませんか?肌トラブルは確かにこれだけど、私の肌とはちょっと違う…。

そんなことが起こる原因の1つが、肌質や肌トラブルに合わせた製品の紹介はあっても、意外に年齢ごとに合わせた製品の紹介が無い点です。

同じ肌トラブルでも、10代の頃と30代になってからでは、今まで使っていたスキンケアが合わなくなって、全く効果が感じられなくなったりします。肌トラブルにだけスポットを当てたスキンケア選びは、少しずつ卒業していきましょう。

アッキー
はるこ先生、これは僕にもタイムリーなテーマです!
実はずっと使ってたニキビ用スキンケアが効かなくなってきたのか、スキンケアはサボってないのに、ちょこちょこできたりするんですよね。
はるこ先生
そうそう、もうね30歳超えたからなのか妊娠出産経験して体質が変わったのか、10代悩んでたニキビどころか、最近シワとかシミとか毛穴とか…
あ、あとこの辺のたるみとかも…(しくしく)
アッキー
何言ってるんですか、先生まだまだ20代に見えますって!
はるこ先生
え、分かる?やっぱり?
そうなの、最近ちょっと年齢に合うスキンケアも勉強してるのよ♪
ちょうど良かった、アッキーも一緒にもっと詳しく調査するわよ~!
アッキー
え!?あ、はーい。
(立ち直り早すぎる…!)

みんなのスキンケアの悩みは年齢でどう違う?

肌トラブルだけでなく、生活スタイルや加齢に伴う肌への影響が、年齢ごとにどんな悩みとして現れているのか見てみましょう。

もちろん個人差がありますが、ここでは特に多いものについて触れています。

10代のスキンケアの悩みは「ベタつきと毛穴・ニキビ」

早い人では10代から、しつこい肌トラブルに悩まされていたり、肌トラブルとまで行かなくてもその前兆のようなものがあったりします。

10代のスキンケアの悩み

  • 繰り返すニキビが治らない
  • 脂っぽくてベタつく
  • 毛穴の開きや角栓、詰まりが気になる

原因はホルモンバランスの急激な変化 

10代は、男性女性共にホルモンバランスが急激に変化する時期にあたります。男性なら声変わりや骨格・筋肉などに変化が起こり、女性であれば月経が始まり、体全体が丸みを帯びてくるなど外見的な変化も顕著な時期です。

それに伴って急激な体の変化にストレスを感じたり、生活習慣の乱れなどが重なることで皮脂分泌を活発化させるテストステロンの分泌が増加します。すると、毛穴に皮脂が詰まって毛穴トラブルが発生し、いわゆる思春期ニキビなどを引き起こすのです。

はるこ先生
そうそう。
私もアッキーも10代はニキビに特に悩まされたのよね~
もちろんホルモンバランスもだけど、あの頃は基本的なスキンケア知識も無かったから、それも原因だったかもしれないわね。

20代のスキンケアの悩みは「乾燥するのにベタつく」

10代の頃感じなかった肌トラブルが発生してくる20代は、お肌の最初の「曲がり角」とも言われています。

20代のスキンケアの悩み

  • ニキビがまた出始めた(思春期ニキビとは部位が違うことも)
  • 乾燥が気になる
  • 乾燥は気になるが、ベタ付きもある
  • 肌がくすんで見える

原因は皮脂分泌とターンオーバーの乱れ

20代は皮脂分泌量が増加してくる時期でもあります。しかし、逆に肌の水分量は10代に比べて減少していくので、ベタつくのに乾燥している「インナードライ肌」と呼ばれる状態になってしまいます。 

男性女性共に就職して働き始めるころにあたり、生活リズムや食事の栄養バランスが偏ることで、ターンオーバーサイクルが乱れ始める時期でもあります。すると、スキンケアの浸透力が低下するため、クリーム類のベタつきを顕著に感じる要因になるのです。

また、女性は特に社会に出てメイクを日常的に行うようになるものの、クレンジングが不十分で肌に残った状態のままだったり、逆に無理に落とそうとゴシゴシ擦ったりすることも肌トラブルの要因になります。

アッキー
社会に出てすぐの頃って、自炊する時間もまともに取れなくて食生活は確かに乱れがちですよね。
仕事が忙しい人なんかは、睡眠時間も削られて、肌トラブルに繋がっているのかもしれません。

20代後半から30代のスキンケアの悩みは「肌酸化・皮脂トラブル」

この時期は皮脂分泌がピークに達し、さらに肌の水分量の低下が進行してきている状態です。早い人では、エイジングトラブルが現れていることも。

20代後半から30代のスキンケアの悩み

  • 乾燥が目立つようになった
  • 今までのスキンケアが肌に合わない
  • シミが増えてきた
  • 小ジワが気になる

原因は紫外線や加齢による肌酸化

20代前半までは特に肌トラブルもなく、むしろ肌がキレイな方だったのに、30代前後になって急に気になりだした、なんていうのも肌酸化が原因の1つです。肌酸化は、「肌のサビ」と言われるほど、美肌を目指すうえで大敵なんです。

これは、紫外線やストレスなどの影響で活性酸素が発生することが要因となっています。活性酸素が肌細胞を攻撃するため、ハリを維持しているコラーゲン繊維を破壊したり、皮脂が酸化してニキビに、さらに肌を酸化から守ろうとメラノサイトが活発化してシミなども出てきます。

活性酸素自体は、自然に抗酸化作用を持つ酵素によって除去できています。しかし、加齢や紫外線ダメージを長年受けてきた影響によって活性酸素を除去する力がどんどん低下していってしまいます。この時期にスキンケアが合わなくなるのは、そんな影響があります。

はるこ先生
私の友達に、10代、20代ずっと脂性肌だと思っていたのに、実は乾燥肌で肌の水分を守るために皮脂分泌が過剰になってた、なんていう人もいるの。
若い頃は本当に脂性肌だったのかもしれないけど、肌質の変化が起こりやすい時期が30歳前後だから、変わっちゃった可能性もあるってことね。

40代以上のスキンケアの悩みは「シミやシワ、ハリの減少」

40代を超えてくると、エイジングトラブルが悩みの上位に出てきますが、加齢だけでなく普段使っているスキンケアの影響もあるかもしれません。

40代以上のスキンケアの悩み

  • シミ、シワ、たるみなどのエイジングトラブルが目立つ
  • スキンケアの浸透が悪くなった
  • 毛穴の開きが気になる
  • エイジング用スキンケアが高価なこと

原因は水分・皮脂量の低下が大きい

もともと肌は、赤ちゃんは約75%もの水分を持っているのに対し、大人になると約60%、高齢者は約50%と加齢と同時にどんどん減少していきます。それに対し皮脂は10代から増え始め、30歳ごろをピークに40歳以降は水分と同じく減少していくのです。

水分・皮脂の分泌がどちらも減ることで、肌が乾燥していきます。肌を乾燥から守ろうとしたり、ターンオーバーサイクルが加齢によって遅くなる影響で、角質が分厚くなり、スキンケアの浸透が悪くなってきます

さらに、水分・皮脂量だけでなくハリや弾力を維持するコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸なども含めて減少していくため、エイジングトラブルが現れます。

すると毛穴も下に引っ張られた状態になるため、頬などの毛穴の開きが目立つようになります。

アッキー
男性は女性に比べて、やや水分量が多いそうです。角質層も男性の方が厚いので、女性に比べて一度できたシワなどはなかなか改善しづらい面もあるんだそうですよ。
男性もエイジングケアって大事ってことですね!

10代のスキンケアは基本の洗顔を大事に!

10代は元来肌のターンオーバーサイクルが早いため、ある程度基本のスキンケアを行っていれば自然に改善されます。ただ、暴飲暴食や何日も徹夜を繰り返すなど、生活習慣の乱れには要注意です。

一番知りたい思春期ニキビのケア

思春期ニキビの特徴は、Tゾーン(額や鼻筋から顎にかけて)に発生する事が多い点にあります。頬に出ないわけではありませんが、Tゾーンは頬に比べて毛穴の数が5倍以上あるため、必然的にニキビも多くなっているのです。

スキンケアで肌ケアを行うことも大切ですが、まずは生活習慣を見直して、どういう行動が肌トラブルに繋がっているのかをきちんと把握しておきましょう。

基本【1】たっぷり質の良い睡眠時間を確保

睡眠時間の確保は、肌と密接な関係があります。特に肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時~翌2時にかけては、肌の新陳代謝が行われる成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯なので睡眠をとっておくことが理想的なんです。

しかし近年、実はゴールデンタイムはあまり関係なく、就寝後3時間の間が一番成長ホルモンの分泌が活発になるという説が有力視されています。そのため、睡眠時間の確保だけでなく、睡眠の質そのものを上げる努力をしましょう。

休みの日に1日15時間も寝ていた、なんていうのは肌のためではなく、単に疲れて寝ていましたと宣言しているようなものだったりします。

睡眠の質を上げるためのポイント

  • 休日でも同じ時間に起床・就寝する
  • 夜は暗くして眠り、朝カーテンを開けて陽を浴びる
  • 就寝前少なくとも1時間は、スマホやテレビを見ない
  • 就寝2~3時間前に入浴を済ませておく
  • 寝る前はコーヒーや紅茶などは避ける

肌のターンオーバーサイクルが早い10代とは言え、細胞が生まれ変わる時間帯の睡眠をきちんと確保できていないと、未成熟だったり形が歪な肌細胞が産生されてしまいます。

そうなると角質異常状態となり、毛穴に詰まってしまう原因にもなるんです。毛穴の詰まりやニキビの原因は皮脂だけではなく、こうした未成熟な角質が詰まることでも発生します。

基本【2】お菓子より野菜を食べる

10代は部活動やアルバイトをしていたり、成長期で栄養がたくさん必要になることもあって、お腹が減ったと感じる場面も多いものです。そんな時にちょっとお菓子を…とつまんでしまって、結局ご飯がきちんと食べられていなかったりしませんか?

朝食を抜いていたり、昼食は購買の菓子パンで…なんていうサイクルを繰り返していたら、肌に必要な栄養がどんどん不足していってしまいます。

お菓子は最低限に抑え、できるだけ野菜を中心に摂取しましょう。また、ビタミン類だけでなく、タンパク質も大切です。パンや麺類など、炭水化物中心の食生活になっていないでしょうか?

次のような栄養素を積極的に摂ることをおすすめします。

栄養素名効果など多く含まれている食材
ビタミンA
※過剰摂取に注意が必要
  • 皮膚や粘膜の健康を保つ作用
  • 正常な細胞分裂を促す
  • 免疫力向上
レバー類(特に鶏レバー)、ウナギ、モロヘイヤ、ほうれん草など
ビタミンB群
  • 皮脂の分泌量コントロール
  • 皮膚の健康維持
  • 抗炎症作用
レバーやマグロ、カツオ、たらこなど
ビタミンC
  • シミや色素沈着の改善
  • 抗酸化作用
  • コラーゲン産生促進
ブロッコリー、ピーマン、レモン、イチゴなど
ビタミンE
  • 高い抗酸化作用
  • シミ、ニキビ予防・改善
  • 血行促進
ひまわり油・ココナッツ油など油脂類、アーモンド、うなぎ、カボチャなど
タンパク質
  • 細胞の材料となる
  • コラーゲンの産生を促す
  • ターンオーバーの促進
鶏ささみ、牛肉(赤身)、納豆、しらす、高野豆腐など

あくまで一例なので、こればかりを食べる必要はありません。食事をする時、例えば鶏のから揚げを食べるならレモン果汁をプラスする、野菜を食べるなら緑黄色野菜を意識して摂取する、など一工夫加えるだけでもOKです。

基本【3】洗顔と十分な保湿

もとも肌細胞のターンオーバーも活発な10代ですが、洗顔やスキンケアに関して正しい認識が無いままでいると肌状態は悪化していく一方です。

例えば肌がベタつくのが気になって、1日に何度も洗顔を繰り返すのも逆効果だと気付いていなかったりします。まずは洗顔の基本を意識してみましょう。

洗顔のポイント

  • 1日に朝と夜の2回まで
  • 洗顔前に手を洗い、顔も10回前後すすぐ(予洗い)
  • たっぷりと泡立て、ゴシゴシ擦らない
  • 洗い流しは丁寧に、生え際など特に注意
  • 清潔なタオルで優しく拭く(押さえるように)

保湿に関して言えば、洗顔後できるだけ早く化粧水を塗布しましょう。 実は、洗顔後そのままにしていると、およそ30分後には洗顔前より肌の水分量が減少してしまうのです。

10代は皮脂分泌も活発なので、乳液が苦手な人は乾燥しがちな目元口元に乗せ、少しずつ頬やTゾーンに伸ばしていく形がおすすめです。

乳液のベタつきが苦手。化粧水だけで保湿を済ませても良い?

できれば最低限乳液は使いたいところです。化粧水は、ほぼ水分なので乳液の油分でフタをしないと簡単に蒸発してしまいます。夏など、どうしても乳液を避けたい場合は、日中はミスト化粧水でこまめに水分補給をし、夜だけ乳液をつける、という方法もあります。

思春期ニキビにおすすめ洗顔料3選!

10代の肌にできる「思春期ニキビ」の対策におすすめの洗顔料を3つピックアップしています。

【1】【ロゼット】洗顔パスタ 海泥スムース

洗顔パスタの「パスタ」は、粉を練り込んでペースト状にしたもの、というニュアンスであり、食べるものではありません。

海泥は海のミネラル成分が豊富に含まれており、抗炎症作用に優れています。泥1つ1つの粒子に無数の細かな穴が空いていて、毛穴の汚れをオフするのに最適です。

メーカーROSETTE(ロゼット)
内容量120g
メーカー希望小売価格/1日あたり648円(税込)/約21.6円
使用感洗い上がりサッパリ
製品特徴毛穴の汚れ除去・引き締めに優れている
泡立ちの良さ◎(もっちり泡)
添加物など無香料・無着色・無鉱物油
◇エタノールは若干含まれているが、防腐剤程度

(※1日あたりの価格は、1回の使用目安量約1cm(2g)から算出。1日2回、30日の使用)

特別、肌トラブルに効果的な成分は目立ちませんが、毛穴汚れや引き締めに特化していると言える製品です。洗浄成分も強すぎず、コスパも申し分ないので、10代でも価格に振り回されずにしっかり続けられるアイテムです。

【ロゼット 海泥スムース】購入・詳細はコチラ

【2】【プライマリー】Non A

洗顔としての洗浄成分だけでなく、肌のコンディショニングに役立つ成分も豊富に配合された製品です。

ニキビ専用洗顔石鹸ながら、ニキビ用洗顔料に多いピーリング成分不使用で、敏感肌のニキビケアにもおすすめです。

メーカープライマリー化粧品
内容量100g
メーカー希望小売価格/1日あたり2,940円(税込)+送料(540円)/約46.4円
※3個セット7,980円(税込)+送料無料/約35.5円
使用感比較的しっとり
※乾燥肌の人はややツッパリ感がある場合も
製品特徴
  • ​ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュアなど保湿成分も豊富
  • 抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムも配合
泡立ちの良さ◎(きめ細かく肌への吸い付きも抜群)
添加物など無着色・無香料・無鉱物油・エタノール不使用
※表示指定成分無添加

(※1日あたりの価格は、75日間(約2ヶ月半)の使用を目安に算出。1日2回の使用)

価格設定はやや高めですが、それだけの成分がたっぷり配合されている商品です。普通の固形石鹸と変わらないサイズ感ですが、成分が凝縮されているのか製造工程に工夫があるようで、1個で約2~3ヶ月もちます。

背中やデコルテニキビなど、ボディニキビにも使えるのでたっぷり泡立てられるのも注目ポイントです。

初回購入限定で、泡立てネット・化粧水・ジェル・お試しサイズの石鹸(12g)がセットで届きます。本品(100gの方の商品)を開封する前に、お試しサイズを使用し、肌に合わなければ返品することで返金を受けられます(全額返金保証)。ただし、返品送料と手数料(324円)の負担が必要です。

【プライマリー Non A】購入・詳細はコチラ

固形タイプの洗顔って、お風呂で使っても良い?

Non Aは、お風呂での使用もOKです。ただし、使用後は湿気がこもらないように、保管場所の換気が必要になります。雑菌が繁殖してしまい、さらにそれを使用すると逆にニキビの原因になることもあるからです。石鹸置きやスポンジ状の保管ケースなどを使用しましょう。

【3】【エイボン】ファースト クラッシュ 3-in-1

乳液が苦手だったり、スキンケアに時間をかけることを手間に感じているなら、こちらの製品がおすすめです。

なんと洗顔に化粧水と乳液の効果を凝縮させたものになっていて、これで顔を洗うだけでスキンケアが完了してしまう画期的なアイテムになっています。

メーカーエイボン・プロダクツ株式会社
内容量180g
メーカー希望小売価格/1日あたり4,011円(税込)+送料900円/約163.7円
※バリュープラン(定期契約)なら、2回目以降25%~オフ価格
使用感洗い上がりスベスベ
製品特徴
  • ​ソフトピーリング成分にサリチル酸を配合
  • 保湿力や抗酸化作用に優れた天然植物由来エキス・オイルが8種類
泡立ちの良さ✕(泡立てないクリーミージェルタイプ)
添加物など着色料不使用、オイルフリー
※パラベンや香料、シリコン成分などは配合されています

(※1日あたりの価格は、30日間の使用を目安に算出。1日2回の使用)

公式サイトから購入すると、自動的に定期購入に加入する扱いになるので注意しましょう。ただ、解約はいつでもOKです。届くサイクルも1ヶ月~4ヶ月と幅広い設定が可能です。

公式サイトからの購入で、肌を滑らかにしてくれるスムースクリームもついています。ただスムースクリームは、保湿用クリームですが乾燥肌には若干物足りない、との声もあるようです。

また、30日間お試しコースなら30日、60日間お試しコースなら60日間の返金保証が付いています。スムースクリームを含めた容器の返品が必須となり、返品送料と手数料(350円程度)は自己負担です。

【ファーストクラッシュ3in1】購入・詳細はコチラ

洗顔は油の多い部分(Tゾーン)を集中的に

洗顔の基本は、特に皮脂分泌の多い部分である【Tゾーン】を中心に洗うことです。Tゾーンは額から鼻筋、顎にかけての部位で、思春期ニキビは特にこのゾーンに多く発生する傾向にあるからです。

顔全体を洗い始める前に、泡立てた泡をTゾーンに乗せて3~5分程度置く「泡パック」をする方法もあります。これは特に脂性肌の人や毛穴の詰まりが気になる場合におすすめの方法で、その後通常通り顔全体の洗顔を行います。

次に、基本的な洗顔の手順を見てみましょう。

  1. 手をハンドソープで洗い、雑菌を落とす
  2. 顔をぬるま湯で予洗い(10~20回程度)する
  3. 泡立てるタイプは、たっぷりと泡立てる(テニスボール大程度は必要)
  4. Tゾーンに泡を置く(パックの場合はここで3~5分程待つ)
  5. 顔全体に広げ、くるくると泡を優しく滑らせる
  6. ぬるま湯でしっかり洗い流す(生え際などに残らないように)
  7. 清潔なタオルで優しく水気を押さえる(擦るのはNG)

この基本を押さえたうえで、例えば汚れが気になる部位は少し長めに洗ったりして工夫を加えていきましょう。

また、特に毛穴の汚れが気になる時には、上を向いて泡を乗せていくのもおすすめです。重力を利用した、ちょっとしたコツなので劇的な変化はないですが、毎日繰り返していれば違いを実感できるはずです。

洗顔後は必ず「すぐに」化粧水で保湿

洗顔を終えたら、タオルで拭いて「すぐに」化粧水で保湿しましょう。実は洗顔後は肌の水分の蒸発を抑えてくれる皮脂膜を洗い流した状態なので、洗顔後30分も放置していると、洗顔前以上に肌の水分量が減少してしまうんです。

すると、それ以上の水分の減少を抑えようとして、逆に皮脂分泌が活発になっていきます。こうなると悪循環で、過剰な皮脂が毛穴に詰まってニキビになったりします。

保湿をすぐにすることで過剰な皮脂分泌を抑えていけば、結果的にニキビの原因を減らすことにも繋がります。

乾燥してるから、化粧水はたっぷりつけたら良い?

つけ過ぎは肌への負担になるので、適量を意識しましょう。適量とはコットンに500円玉大程度を言います。多量につけ過ぎると角質がふやけてバリア機能が低下したり、浸透せずに肌表面に残った水分が気化する際に、肌の水分を奪ってしまいます。

思春期ニキビにおすすめ市販化粧水は「ハトムギ化粧水」

ハトムギエキスは別名ヨクイニンエキスとも呼ばれます。正確にはヨクイニンエキスはハトムギの実の皮を剥いて抽出された成分なので、どちらかと言えば効力がやや高めになります。

ヨクイニンとしてはイボ治療など角質ケアに用いられる漢方薬でも知られていて、ハトムギエキスもそれに近い効果があり、次のような作用があります。

  • コイクセラノイドと呼ばれる成分が含まれ、ニキビなどの炎症を抑えてくれる
  • 凝り固まった角質を柔らかくしてくれる作用
  • ターンオーバーの促進

思春期ニキビにピッタリの効果ですが、やや保湿力は低めという特徴もあります。導入化粧水として、ハトムギ化粧水で角質ケアをして浸透力を上げ、保湿用の化粧水や乳液などを追加する方法がおすすめです。

また、ハトムギ化粧水はエタノール(アルコール)配合のものも多くあります。敏感肌の人は特に、できるだけアルコールフリーのものを選ぶようにしましょう。

おすすめのハトムギ化粧水は【セザンヌ スキンコンディショナー】

セザンヌの「スキンコンディショナーしっかり潤うハトムギ化粧水」なら、アルコールフリーなので敏感肌の人にも使い勝手が良い製品です。

メーカーセザンヌ化粧品
内容量500ml
メーカー希望小売価格702円(税込)
製品特徴美容保湿成分が50種類配合されている
添加物など無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリー・界面活性剤無添加
※防腐剤(パラベン)、ポリマー成分は若干含まれています

【セザンヌ スキンコンディショナー】購入・詳細はコチラ

ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸なども配合され、大容量でプチプラ、というかなりコスパのいいアイテムです。ただし、ハトムギエキス自体が小麦アレルギー持ちの人には、アレルギー反応が出る可能性があるので注意しましょう。

アッキー
自分にも思い当たる点がチラホラありますねー…
正しい洗顔なんて意識できて無かったなぁ、あの頃。
はるこ先生
そうよね~。スキンケアや洗顔を試しては、アレの方が良い、コレが良いんじゃないか~?って一人でデパートの化粧品売場みたいになってねぇ…(泣)
アッキー
でも、そのおかげで身についた基本って、今でもずっと続いてますよね。洗顔のやり方なんて特に。
はるこ先生
うんうん!
何年たってもやっぱり洗顔は大切で、スキンケアの基本と言うよりむしろ基盤みたいなイメージよね♪

20代のスキンケアはクレンジングと栄養補給が鍵!

20代になると、特に女性は就職を含めてメイクを日常的に行うようになります。このメイクが毎日きちんとオフできていないと、肌トラブルの原因になってしまいます。

また、実家から出て一人暮らしを始めたりして、食事の栄養バランスが偏ることも肌にはNG。まずはここから改善してみましょう。

第一に夜はしっかりクレンジング

メイクは、スキンケアの観点で言えば肌にとっては汚れとほぼ同じです。例えば、疲れて帰ってきてメイクを落とさずそのまま寝てしまった…なんていう場合には肌にとってどんなことが起こっているでしょうか?

メイクしたまま寝るとどうなる?

  • 毛穴に汚れ(メイク)が詰まって毛穴トラブルに
  • メイクに含まれる油分が酸化して肌老化を早める
  • 肌のターンオーバーを阻害
  • メイクのカラーが色素沈着を起こす
  • 刺激が原因になってシミの要因に

こうしてみると肌にとって負担でしか無いことが分かります。また、クレンジングをしたつもりでも、きちんと落としきれていないまま肌に残っていることでも同じことが言えます。

さらに、オフできていない状態でスキンケアを行っても、浸透していかないのは明らかです。

お風呂に入る時には服を着たままで体を洗ったり、ボディケアはできません。肌もスキンケア前にメイクという服を脱ぐ必要がある、というわけです。

はるこ先生
20代でぶつかる壁と言えばやっぱり「メイクトラブル」よね。
メイクのやり方とか技術にばっかり目を向けちゃって、肝心の肌が荒れて、メイクで隠すっていう悪循環…そんな時は基本のクレンジングを再確認しましょう♪

クレンジング剤はベースメイクに合わせる

クレンジングを選ぶ時は何を基準にしていますか?肌に合う、合わないだけでなく、メイクの落ち具合にも大きく差が出るのがクレンジングのチョイスなんです。

【1】濃いメイクにはオイルタイプ

濃いメイクの時には、メイクと同じ油分で落とす、オイルタイプを使用するのが基本です。濃い、と言うのはアイメイクだけでなく、ベースメイクの種類でも判断できます。特にクリームタイプのファンデーションやコンシーラー、ウォータープルーフの日焼け止めなどを併用している時は、落ちにくいのでオイルタイプでしっかりオフしましょう。

ただし、マツエクが取れることもあるので、擦らないように注意しましょう。また、毛穴の詰まりが気になるときもオイルタイプがおすすめです。綿棒を併用して、くるくると毛穴を撫でるようにして洗うと汚れを少しずつオフしていくことができます。

どうしてもオイルタイプが苦手だったり、マツエクをしていて心配な人は、リキッドタイプならオイルに近い洗浄力を持ちながらもオイルフリーのものもあります。

☆おすすめは「アテニア スキンクリア クレンズオイル」

オイルタイプはどうしても洗い流したあとにベタついたり、過剰に落ちてしまって肌が突っ張ったりした経験はありませんか?こちらのクレンジングは、メイクを落とすだけではなく、繰り返すメイクによる肌のくすみ「肌ステイン」をも落としてくれる、頼りになるアイテムです。

メーカー株式会社アテニア
内容量175ml/350ml
メーカー希望小売価格1,836円(税込)/3,291円(税込)
製品特徴W洗顔不要・濡れた手肌でも使用OK
使用感◯(ベタつかず、洗い流しやすい)
添加物など無着色、無鉱物油、パラベン(防腐剤)不使用、アルコールフリー
※アレルギーテスト済み。ノンコメド処方で、ニキビのもと(角栓)ができにくい

※すべての人にアレルギーやコメドが出ないというものではありません

アロマの香りが配合されているものと、無香料タイプがあります。通常サイズは約2ヶ月分、エコパックタイプは約4ヶ月分です。4種の高級美容オイル(ロックローズ、バオバブ、イモーテル、アルガン)配合で、肌酸化やステインに負けず、肌のうるおいもキープしてくれます。

お風呂などで使用しやすい、濡れた手のままでもOKなのもおすすめポイントです。W洗顔不要ですが、オイルの肌残りが気になる場合は、洗浄力が控えめの洗顔で後洗いする方法もあります。

【アテニア スキンクリア クレンズオイル】購入・詳細はコチラ

【2】通常メイクにはクリームタイプ

クリームタイプのクレンジングは、オイルタイプに比べて油脂性の洗浄料が控えめなので、メイク落ちや肌への負担が少ないのが特徴です。保湿成分が配合されていたり、パックとして使用できるものもあります。リキッドタイプのファンデーションにおすすめです。

ただ、メイク落ちが物足りない場合があったり、W洗顔が必要になるものもあります。クリームタイプは、拭き取るタイプと洗い流すタイプがありますが、後者の方が肌への負担は控えめです。

☆おすすめは「ハウスオブローゼ ミルキュアピュア クレンジングクリーム」

クレンジングクリームは、美容成分が配合されているものが主流で、どうしても他のクレンジングに比べて価格が高めのものが多くあります。その中でもこちらの製品は、価格も手頃ながらメイク馴染みも良く、するする落ちる使いやすいアイテムです。

メーカー株式会社ハウスオブローゼ
内容量100g
メーカー希望小売価格2,700円(税込)
製品特徴
  • ​拭き取り・洗い流しどちらもOKタイプ
  • 抗炎症成分(グリチルレチン酸ステアリル)配合
使用感◎(馴染みが良く、ベタつかない)
添加物など無香料・無着色・アルコールフリー
※パラベン(防腐剤)は若干配合されています

オイルクレンジングで肌への負担を感じている人から、こちらの製品へ切り替えたという声もあるほど、肌に優しい洗い上がりです。保湿成分としてグラスミルク乳清配合で、ツッパリにくく扱いやすいのが特徴です。

【ハウスオブローゼ クレンジングクリーム】購入・詳細はコチラ

【3】ナチュラルメイクにはミルクタイプ

するする落ちるミルクタイプのクレンジングは、パウダーファンデーションや落としやすいタイプのBBクリームなどのナチュラルメイクに最適です。濃いメイクは落ち切らないので不向きですが、まるで乳液でクレンジングしているようなしっとりとした洗い上がりが肌に負担が少ないのがメリットです。

軽いメイク程度なら、こちらが使い勝手も優秀です。クリームタイプと同じく、拭き取るタイプと洗い流すタイプの両方があります。

☆おすすめは「アベンヌ ジェントルクレンジングミルク」

こちらのクレンジングは、肌のほてりや刺激による熱を抑え、1日の肌疲れをリセットしてくれるようにアベンヌ温泉水が配合されています。

香料にも、アレルゲンとなるものは使用せず、EUで認定を受けた成分のみを使用するなど、肌に優しい製品づくりが徹底されているアイテムです。

メーカー株式会社ピエール ファーブル ジャポン
内容量200ml
メーカー希望小売価格2,700円(税込)
製品特徴
  • ​拭き取り・洗い流しどちらもOKタイプ
  • メイク落ちは控えめ
使用感◯(滑らかで、洗い流しやすい)
添加物など無着色・アルコール(エタノール)フリー・パラベン(防腐剤)不使用
※アレルギーテスト・パッチテスト済み、ノンコメドジェニック処方

※すべての人にアレルギーやコメドが出ないというものではありません。

かなり肌に優しい成分配合になっているため、敏感肌の人でも使えるアイテムです。ただ、かなり洗浄力は弱いとの声もあるので、本当にメイクがナチュラルだったり、今日は弱い日焼け止め程度しかしていない、という場面におすすめです。

【アベンヌ クレンジングミルク】購入・詳細はコチラ

【4】ポイントメイクにはリムーバー

ジェルやリキッドのアイライナー、ウォータープルーフのマスカラなど、通常のクレンジングで落としにくいポイントメイクにはリムーバーを併用しましょう。

リムーバーなら、ファンデーションなどのベースメイクはクリームやミルクタイプで落とせる、という場合でもポイントメイクに対応できます。

リムーバーは製品によって素手で馴染ませるものや、コットンを使用するものなどもありますが、おすすめは綿棒です。コットンや素手だとどうしても擦ってしまいがちですが、綿棒ならピンポイントでメイクに馴染ませられるので、比較的低刺激で済ませることができます。

☆おすすめは「ビフェスタ うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー」

メーカー株式会社マンダム
内容量145ml
メーカー希望小売価格893円(税込)
製品特徴
  • ​2層の振って使用するタイプ
  • 拭き取って使用
使用感◯(オイルインで、擦らず落ちる)
添加物など無香料・無着色・パラベン(防腐剤)不使用
※アレルギーテスト・パッチテスト・スティンギングテスト済み

※すべての人にアレルギーや刺激感が出ないというものではありません

コットンに染み込ませて、落としたいメイクにそっとあてて少し待てば、するっと落ちてくれるので余計なゴシゴシが必要ありません

また、綿棒に馴染ませれば、まつ毛の内側ギリギリに引いたアイラインも丁寧に落とすことができます。

【ビフェスタ アイメイクアップリムーバー】購入・詳細はコチラ

 【5】その他のクレンジング

クレンジングも多種多様になり、紹介した4種以外にも次のようなものがあります。

  • 水(ウォーター)タイプ
  • シートタイプ
  • ジェルタイプ
  • 天然オイル(オリーブオイル、ホホバオイルなど)

シートタイプは、旅先などで便利ですが擦ってしまわないように注意が必要です。

クレンジング剤として販売されているものではないような、美容オイルでクレンジングする方法などもあります。口にすることもできる安全性の高さや美容面のメリットもありますが、天然オイルは人によっては肌荒れする場合もあるので、自己判断で使用する時は必ずパッチテストを行ってからにしましょう。

上手なクレンジングのやり方

クレンジングにも手順があります。順番を間違えるとメイクがきちんと落ちなくなる原因にもなるので注意してください。

  1. 最初にポイントメイクをリムーバーやオイルで落とす
  2. 顔全体用のクレンジング剤を手のひらにとって、温める
  3. 優しくマッサージしながら洗う(特に生え際やTゾーン)
  4. ぬるま湯でクレンジング剤を完全に落とす(フェイスラインなど要チェック)

まずはポイントメイクをしっかりと落としましょう。特にアイラインをまつ毛の内側まで引いていたり、ウォータープルーフマスカラなどは残りやすいので要注意です。ポイントメイクを落とせたらクレンジング作業の約8割は終了したようなものなので、丁寧に行ってください。

実は、アイメイクを落とす時に目元を毎日擦り続けていると、目元の小じわができる原因にもなってしまうんです。顔全体のクレンジングも汚れや皮脂の多いTゾーンは特に丁寧に洗い、クレンジング後はW洗顔不要なもの以外は続けて洗顔へ移ります。

クレンジングは、入浴前と後どちらがいい?

おすすめは、入浴「直後」です。浴室の蒸気で毛穴が広がった状態なので、しっかりと落とすことができます。ただし、濡れた手で使用できないものは、必ず水気を拭き取ってから行いましょう。ホットタオルで蒸らしてからクレンジングをするのも◎です。

アッキー
クレンジングというと女性用、というイメージがありますが、実は男性でも毛穴の汚れを落とすのに使える優秀アイテムなんですよ!
綿棒に染み込ませて、気になる所をくるくる馴染ませてみてください。その後に洗顔・化粧水、といつものケアでOKです。

第二に栄養が偏らないよう配慮する

肌に必要な栄養については、10代のスキンケアでもビタミン、タンパク質が重要とふれたので参考にしながら摂取してみてください。

その他に、特に20代で意識して摂取したい栄養素は、鉄分と食物繊維です。

鉄分・食物繊維が不足するとどうなる?

  • 貧血・便秘を引き起こす
  • 血流が内臓などの重要部位へ優先され、肌への栄養が滞りがちに
  • 腸内環境が悪くなり、毒素が体を周ることで肌荒れを引き起こす
  • ビタミンなど、他の栄養素の吸収・運搬機能が低下

男性も意識して摂取すべき栄養素ですが、特に女性は月経で鉄分が不足しやすく、ホルモンバランスの変動で便秘にもなりやすいので、特に意識しましょう。

特に鉄分は不足すると鉄欠乏性貧血になり、むくみや冷え、爪が割れやすくなるだけでなく、ひどくなると内臓機能障害を招くこともあります。

おすすめ食材は「ひじき・高野豆腐」

鉄分と食物繊維を補う上でおすすめの食材はひじき・高野豆腐です。この2つは、鉄分と食物繊維の両方が豊富に含まれているのが特徴です。1品ずつ鉄分と食物繊維で分けて摂取する必要がないので、非常に効率よく手軽に取り入れられる食材です。

どちらも乾物として販売されているので、保存期間も長く、ちょっとープやお味噌汁にプラスするだけで食べられます。自炊する時間が取れない時に、わざわざ煮物にする手間がかからないことも便利なポイントです。

忙しい日の栄養補給におすすめアイテム3選

忙しく仕事をしていながらも、手軽に栄養補給ができるアイテムを3つ紹介します。

仕事中の栄養おやつ:1本満足バー

1本満足バーは、小腹がすいた時に食べやすいおやつで、さらにビタミンB群と食物繊維が含まれているのが特徴です。ただ、砂糖なども多く含まれているので食べ過ぎには注意しましょう。

商品はコチラ

  • メーカー:アサヒグループ食品
  • 価格:オープン価格(約100円前後)

肌荒れニキビといえば:チョコラBB

肌荒れやニキビが気になる時の栄養補給には、チョコラBBシリーズが手軽に入手できます。錠剤タイプとドリンクタイプがありますが、ドリンクタイプはカフェインの配合されているものが多いので、摂取しすぎないようにしましょう。

主にビタミンB群やビタミンCなどの補給におすすめです。

商品はコチラ

  • メーカー:エーザイ株式会社
  • 内容量:40・80・130・170錠
  • 価格:オープン価格(40錠で約1,000円~)

疲労回復に:アリナミンR-off

アリナミンR-offのポイントは、何と言っても疲労回復系のドリンク剤に多いカフェインが含まれていないことです。さらにいわゆるBCAAと呼ばれる必須アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシンが配合されているので、特に肉体疲労の回復に取り入れやすいドリンクタイプの製品です。

商品はコチラ

  • メーカー:武田薬品工業
  • 内容量:50ml/1本あたり
  • 価格:216円(税込)
はるこ先生
食べ物から必要な栄養すべて摂取するのって、やっぱり難しいですよね。そんな時は、栄養補助食品をプラスするのも効率的です♪でも、あくまで「補助」なので、そればっかりで食事は適当…なんていうことにならないように注意してくださいね。

20代後半から30代のスキンケアは酸化対策を重視!

20代後半になると、今まで使ってきたスキンケアが肌に合わなくなってきたり、効果が薄くなってきたように感じる時期でもあります。スキンケアの衣替えをして、ベストなものにチェンジしましょう。

肌の曲がり角!化粧品を一から見直す時期

肌の曲がり角」とオブラートに包んだ表現をよく耳にしますが、ハッキリ言うと肌老化を自覚する時期のことです。それだけ聞くと耳を塞ぎたくなってしまいますが、実はスキンケア選びをしていくうえで非常に重要なものでもあります。

曲がり角の先が、肌にとって良くなる上り坂になるか、はたまた余計ひどくなってしまう下り坂になるかは、この時期のスキンケアの見直し一つでかなり左右されてきます。

特に、女性は7の倍数、男性は8の倍数の年齢の時に、肌だけでなく体全体の転換期を迎えるとも言われています。(2000年以上前の中国最古の医学書、黄帝内経(こうていだいけい)にて提唱されていた説)

そう聞くと自分だけでは無かったのか…とホッとしてしまいそうですが、次の転換期付近になる頃には、スキンケアを見直したかどうかでかなり差が出てくるので油断は禁物です。

20代後半~30代のスキンケア選び「3つのポイント」

では、そんな肌の曲がり角を迎えた時期に、スキンケアを選ぶ際はどんな点を重視すればいいのか、3つのポイントを見てみましょう。

ポイント【1】大前提として保湿

どうしても加齢と共に肌の水分量は減少していきます。10代より20代、20代より30代で今まで以上に保湿が重要になってくるので、スキンケアを保湿抜きで考えることはできません。

保湿+αを意識することが大切です。

ポイント【2】「見た目年齢」を意識

例えば初対面の相手の年齢を予想するとき、どんな点から判断していますか?髪のツヤや服装も含まれますが、やっぱり顔の肌状態は大きく関わってくる要素です。

若く見える人の肌の特徴

  • ハリがあり、全体的にふっくらしている肌
  • ツヤがあって、水分量の多そうな肌
  • シワの無い肌(特にほうれい線、目尻に年齢を感じやすい)
  • シミの無い肌

これらの点を意識した時、保湿だけでは足りないことが分かってくるはずです。シミ対策の美白ケア、シワ対策・ハリ向上のためのリンクル(エイジング)ケアも、そろそろ取り入れてもいい時期になります。

ポイント【3】肌と相性がいい

スキンケア選びでも特に外せないのは、やはり肌との相性です。どんなに優れた成分が配合されていても、その中のたった1つでも合わないものがあると、アレルギー反応や肌荒れの悪化が起きてしまいます。高価なスキンケアが必ずしも自分の肌にとっていいものだとは限りません。

肌との相性を見るうえで、活用しやすいのはスキンケアサンプルやトライアルセットです。いきなり本体を買って失敗するともったいないので、ぜひ活用しましょう。

相性の善し悪しは、荒れないかどうかだけでなく、翌朝の肌触りだったり、女性ならメイクノリの違いでも実感しやすいのでチェックしてみてください。 

人気スキンケアブランドランキングBest3

ここでは、スキンケアのトライアルや体験セットがある、人気ブランドを3種類ピックアップしました。

【初めてのエイジングケアに】オルビス

エイジングケアを始めるのであればオルビスがおすすめです。

ダメージや肌トラブルの種類に合わせて効果が変わるヒートショックプロテイン(HSP)配合で、肌のタイプを選ばず、エイジングケアが始められます。

メーカーオルビス
内容量などローション本体180ml(約3ヶ月分)
7日間トライアルセット:ウォッシュ20g、ローション20ml、日中用保湿液8g、夜用保湿液5g
美容液7回分サンプル
※上記すべて贅沢体験セットに含まれています
体験価格3,024円(税&送料込)
製品特徴
  • ​洗顔は泡立てないジェルタイプ
  • 保湿液を朝と夜で使い分ける
使用感しっとり
添加物など無香料・無着色・オイルフリー
※パラベン(防腐剤)、シリコンなどは含まれています

ヒートショックプロテインは、ダメージを受けた酵素の働きを向上させる機能を持ち、くすみ、乾燥、毛穴などトラブルに合わせた効果を発揮します。

ローションには保湿効果のある加水分解ヒアルロン酸、夜用保湿液にはハリを向上させる加水分解コラーゲンなども配合されています。さらに、日中用保湿液はSPF20・PA++で日焼け止め効果もあります。

泡立てるタイプではなくジェル状の洗顔で、Wうるおいビーズ(ローヤルゼリー・加水分解シルクを含む成分)が肌に潤いを与え、洗顔の時点で肌に保湿ケアができるようになっているのも魅力の1つです。

贅沢体験セットは初回限定商品になりますので、複数購入はできません。また、こちらのセットにはクレンジングは付属していないので、別で購入するか、手持ちのものを使用する必要があります。

【オルビスユー贅沢体験セット】購入・詳細はコチラ

  • 保湿液要らずのローションですね。
    4/5
    30代/混合肌
    以前、このシリーズのトライアルセットを試したことがありました。その時は、ベタベタして自分には合わないなぁ、と思いました。それから肌質が変わったのか、久々にサンプルを試してみたら、あまりベタつかず、しっとりして気持ちが良かったです。

    公式サイト

  • リピートしたいです。
    5/5
    30代/混合肌
    翌日の肌のハリが違う!ピンッと張った感じがします。 オイルフリーなのもいいですね、べたつかず、浸透します。 たっぷり塗って、吸い付くような感触で寝ても朝には吸収して肌はサラサラしてました。

    @cosme

☆口コミを見ていると、20代前半で使った時はベタついたけど、30歳前後になって使ったらすごくしっとりした、という意見がありました。逆に40代以降で使用した人の声では、保湿力が物足りないという声があったので、20代後半から30代の時期に必要な成分配合になっていることが伺えます。

オイルフリーのシリーズなので、しっとりしながらも脂性肌の人でも使えるというのも注目ポイントです。

【シミのない美白肌なら】アスタリフト

ナノ化技術が有名なアスタリフトの美白シリーズは、メラニン色素を抱え込むメラノソーム(シミの骨)をも分解して美白してくれる頼もしいアイテムになっています。

また、美白だけでなくハリを補う成分も配合されているため、美白を重視しながらもエイジングケアもしたい人におすすめです。

メーカーFUJIFILM
内容量などローション18ml、美容液5ml、クリーム5g
UV美容液&化粧下地0.7g✕5包、ジェリー状先行美容液0.5g✕10包
※上記全て美白トライアルキットに含まれています
体験価格1,080円(税&送料込)
製品特徴
  • ​美容液はビタミンC誘導体
  • ローション、クリームはアルブチンが主な美白成分
使用感ベタつかずしっとり
添加物など香料やパラベン(防腐剤)、アルコールは含まれていいます

紫外線散乱剤を紫外線吸収剤でコーティングすることで、DeepUVAと呼ばれる、UVA波よりさらに波長の長い紫外線による肌ダメージを抑えてくれる製品です。

アスタリフトの特徴の1つ、抗酸化・メラニン産生抑制作用に優れた、アスタキサンチンも配合されています。

  • お試しトライアルキットを使用しました。
    5/5
    30代/乾燥肌
    肌がもちもちします。乾燥肌の私ですが、かなりシットリします。ジェリー先行美容液が良いのかな?

    @cosme

☆美白効果は、トライアルだけではくすみの改善程度の実感、という声が多い印象です。やはりシミなどの改善には継続が必要になります 。ハリに効果的なコラーゲン(加水分解、水溶性)や、抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムも配合され、エイジングケアにもおすすめです。

ただ、どうしてもパラベンやアルコールが配合されていたり、日中用美容下地には紫外線吸収剤も使用されているので、敏感肌やアレルギー体質を持つ人はパッチテストをしてからの使用が安心です。

【安くて高品質なコスパ重視】ちふれ化粧品

プチプラで、非常にシンプルなパッケージデザインと成分のちふれ化粧品は、スキンケアにお金をかけられないけど最低限のケアはしたい、という人におすすめの製品です。

特別目立った有効成分はありませんが、逆に不必要なものもほとんど配合されていないのが特徴です。

メーカーちふれ化粧品
内容量など化粧水180ml、美容液45ml、乳液150ml
※上記全てとてもしっとり体感セットに含まれています
メーカー希望小売価格1,904円(税込)+324円(送料)
製品特徴
  • ​とにかくシンプル
  • 保湿成分はヒアルロン酸、トレハロースがメイン
使用感しっとり。ややとろみはあるが、比較的さらっとしている
添加物など無香料・無着色・アルコールフリー
※パラベン(防腐剤)・ポリマー成分は含まれています

ドラッグストアやスーパーのコスメ売り場などでも購入できるうえに1アイテムがほとんど1,000円以下で購入できるのも、継続しやすいポイントです。

  • これからも買うと思います。
    4/5
    20代/乾燥肌
    安いしノンアルコールがいいので買いました。 とにかく乾燥肌で、どんな化粧水を使って蓋をしても乾燥しました。(どんなクリームを使っても)なので安くて荒れなければいいです。

    @cosme

☆肌トラブルへの効果が実感できる、というよりも最低限の保湿をするためのアイテムという印象です。

ベタつきや浸透力不足を感じる声もあり、導入化粧水を併用するなどの工夫も必要です。また、乾燥肌の人は冬にはこれだけでは保湿力が足りない、との声もあったので美容液やクリームで補う必要もあるでしょう。

アッキー
乾燥してしまっている肌より、ある程度潤いがある方が浸透がいいとも聞きますし、やはり最低限保湿は必要になってくるんですね。
+αの部分は、エイジング・ニキビ・美白・毛穴など、自分の肌に合わせても良さそうです。

40代のスキンケアはエイジングケアが必須!

40代以降になると、どうしても必要になってくるのがエイジングケアですが、エイジングケアにも多方面からアプローチできるさまざまな種類があります。

ここでは、40代の肌で起こっている現象や、必要な対策・スキンケアについて見ていきます。

加齢による必要成分の減少について

30歳前後をピークにして肌の皮脂量は減少していきます。水分量に至っては子供から大人になっていくにつれて低下していくので、保湿ケアは年々重要度が増していくものです。それだけではなく、実は40代以降は急激にコラーゲンやヒアルロン酸の量も減っていきます

特に肌のハリを支える土台であるコラーゲンは、真皮層という肌の深い位置に多くあります。このコラーゲンが減少する原因として、産生能力が低下することで分解速度を下回り始めることが指摘されています。

近年注目されているプロテオグリカンも、20代に比べて40代では約40%も減少します。プロテオグリカンは、ヒアルロン酸以上に保湿力が高い成分として知られ、さらにプロテオグリカンの濃度が濃い肌ほど、コラーゲンやヒアルロン酸の産生能力が高いことも分かっています。これらの減少が40代の肌トラブルの主な原因なのです。

ターンオーバーを乱さないための4つのポイント

肌の健康を維持する成分が減少する一方で、40代以降になると新しい肌細胞の産生(ターンオーバー)サイクルもどんどん延びていきます

ある程度は加齢によるものなので仕方ない面もありますが、年齢以上の老け肌を作ってしまうのは避けたいところです。そんなターンオーバー周期を乱さないために、4つの対策をぜひ取り入れてみてください。

【1】規則正しい生活習慣

規則正しい生活習慣は、肌だけでなく体全体の健康維持そのものに直結しているものです。

40代以降の生活習慣を正すポイント

  • 基本の栄養素(ビタミン・ミネラルなど)を意識して摂取
  • 脂質・糖質の摂り過ぎを避ける
  • 塩分の多い食事に注意
  • 喫煙は避ける(副流煙も)
  • 飲酒は控えめに
  • 適度な運動(駅で階段を昇り降りするなど)

栄養をバランス良く摂取していても、他の避けるべき項目に当てはまっていると糖尿病や高血圧などの疾病になるリスクが増してくる年齢でもあります。体に異常を引き起こすということは、肌にとってももちろん良いものではありません。

【2】毎日しっかり毛穴ケア

40代以降では、10代、20代のように毛穴の開きが気になることもあります。しかし単純な毛穴の開きではなく、「たるみ毛穴」の可能性があるので注意しましょう。たるみ毛穴は肌のハリが損なわれて重力に従って下がることで、引っ張られたような縦長の毛穴になるのが特徴です。

このたるみ毛穴のケアには、コラーゲンを補うなどエイジングケアも必要ですが、そもそも毛穴に汚れがあると開きやすくなったり、角質が分厚くなる過角化が起こってさらに改善に時間がかかってしまうので、まずはそれらを予防する必要があります。

【3】乾燥対策

どんどん肌の水分量は低下していくので、乾燥対策は必須です。スキンケアだけでなく、日中用のミストタイプの化粧水や美顔器を使ったりする方法もあります。

それに加えて、保湿効果の高いセラミドなどの成分を含む食べ物の摂取もおすすめです。

成分名作用・効果多く含む食べ物
ビタミンA肌・粘膜などの水分量を維持レバー、うなぎ、乳製品、緑黄色野菜など
セラミド角質層の細胞間で、水分・油分を保持する作用こんにゃく、海藻類、豆類など
ムチン(ネバネバ成分)肌のヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促し、水分を維持する山芋、納豆、オクラ、モロヘイヤなど

体の内側と外側、ダブルケアで乾燥対策を行えば、スキンケアだけで補うよりもさらに効率的です。

【4】紫外線対策

エイジングケアにおいて非常に重要なのが、紫外線対策です。紫外線はコラーゲン組織を破壊したり、シミの要因になるだけでなく、そもそも肌に活性酸素が発生して肌細胞や皮脂などの酸化を促進させ、結果的に肌老化に直結してしまいます。

紫外線による肌老化は「光老化」と呼ばれ、肌が老化する原因のなんと約80%もの割合を占めると言われています。

日焼け止めだけでなく、紫外線が多い午前10時~午後2時頃の外出を避けるのもおすすめです。また、紫外線によって発生する活性酸素を除去してくれる作用を持つ栄養素の摂取も積極的に行いましょう。

《抗酸化作用を持つ栄養素》

  • イチゴやレモンなどに豊富なビタミンC
  • 大豆やアーモンド、うなぎなどに豊富なビタミンE
  • トマトに多く含まれるリコピン
  • ワインや緑茶に多く含まれるポリフェノール

40代おすすめエイジングケア用品3選!

40代の肌におすすめのエイジングケア用品を3つ紹介します。

【1】ビーグレン「エイジングケアセット」

ビーグレンのスキンケアは、肌悩みや目的に合わせたトライアルセットが8種類から選択できるのが特徴です。

その中でも特にエイジングケアセットなら、気になるシワやハリなど、すでにシワができてしまっている肌にも改善を促してくれるセットになっています。

メーカービバリーグレンラボラトリーズ株式会社
内容量洗顔15g、ローション20ml、ビタミンC美容液5ml、ビタミンA美容液5g、クリーム7g
※上記すべてエイジングケアセットに含まれています
メーカー希望小売価格1,944円(税&送料込)
製品特徴ダブル美容液で肌悩みに多面的アプローチ
使用感さらっとしているが、しっとり仕上がる
添加物など無香料・無着色・パラベン(防腐剤)不使用、ノンアルコール 

約1週間程度使用できるサイズのトライアルセットです。複数種類購入できますが、1人1回しか購入できません。

豊富な美容成分というよりも、1つ1つの製品が非常にブラッシュアップされており、例えばローションはなんと約17時間もの保湿力を誇る製品です(一般的な化粧水の保湿力は3時間程度)。

洗顔は泡立てないタイプになっており、美容液は保湿力を向上させるビタミンAと、抗酸化・美白・ソフトピーリング作用を持つビタミンCタイプ両方があります。

【ビーグレン エイジングケアセット】購入・詳細はコチラ

【2】ディセンシア「アヤナス トライアルセット」

ディセンシアは、敏感肌向けに特化したスキンケアブランドで、敏感肌でも安心して使えるエイジングケアアイテムが揃っています。

シワやたるみだけでなく、シミやくすみにもアプローチしてくれる製品です。セットには洗顔料がついていないので、別途用意する必要があります。

メーカー株式会社DECENCIA
内容量ローション20ml、美容液10g、クリーム9g+アイクリーム1包
※上記すべてアヤナストライアルセットに含まれています
メーカー希望小売価格1,480円(税込)+送料無料
製品特徴エイジングケアだけでなく、敏感肌ケアも行える成分配合
使用感ローションにもとろみがあり、しっとり吸い付く
添加物など無着色・パラベン(防腐剤)不使用・ノンアルコール
 ※アレルギーテスト済み

約10日間使用できるセットになっています。ストレスによる皮膚温やバリア機能の低下を抑え、肌荒れケアをしながらエイジングケアも同時に行えるストレスバリアコンプレックスの考え方を元にした成分配合です。

抗炎症・抗刺激作用にも優れており、アトピーやひどい乾燥肌にもおすすめです。

【アヤナス トライアルセット】購入・詳細はコチラ

【3】F.A.G.E. トライアルキット(サントリー)

ビールやウィスキーなど、お酒で有名なサントリーから発売されているスキンケア製品です。

お酒造りの研究で培った「酵母」の力に着目し、紫外線に強く長い期間生き続ける酵母の生命力を生かしたエイジングケアアイテムになっています。

メーカーサントリーウエルネス株式会社
内容量クレンジング18g、洗顔料18g、化粧水15ml、美容液7.2ml、クリーム4.5g、日中用クリーム5g
※上記すべてトライアルキットに含まれています(美容液は2種から選択)
メーカー希望小売価格1,404円(税込)+送料無料
製品特徴トライアルセットにめずらしい、クレンジングも加えられている
使用感比較的さっぱりしているが、しっとり仕上がる
添加物など無タール系色素・紫外線吸収剤不使用
※パラベン(防腐剤)、ポリマー成分、アルコールは含まれています

こちらの製品は、「年齢肌対策に」と銘打っている通り60代や70代にもおすすめの製品です。

ハリ重視タイプと美白&ハリ両方欲しい人向けタイプの2種類の美容液があります。酵母成分だけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸などのエイジングケアに欠かせない成分も配合されています。

添加物にアルコールやポリマー成分なども含まれているため、敏感肌の人はパッチテストを行ったほうが安心して使用できるでしょう。

【F.A.G.E トライアルキット】購入・詳細はコチラ

はるこ先生
40代以上になるとエイジングケアは欠かせないですね♪
美容液を気になるところに重ね付けしたり、コットンでローションパックを取り入れるのもいいかもしれません☆

【全世代に共通】化粧品選びのポイントは3つ!

世代に合わせたスキンケア選びも大切ですが、そもそもが自分の肌質やトラブルに合っていないと効果が実感できなかったり、逆に肌荒れを引き起こすこともあります。まずは自分の肌質の見極め方から見ていきましょう。見分ける時は、何も塗っていない肌で判断します。

【1】肌質に合わせる

肌質に合わせる、と一言で言ってもそもそも自分の肌質を間違って認識していることがあります。それぞれの肌質についてしっかりチェックしてみましょう。

乾燥肌

乾燥肌の特徴には次のようなものがあります。

乾燥肌の見分け方

  • 洗顔後つっぱりを感じやすい
  • 粉を吹いたようになることもある
  • 冬場などスキンケアの保湿力が物足りなく感じる
  • ファンデーションがヨレやすい
  • 何も塗っていないと肌に潤いが無い

小じわなどが目立ちやすく、化粧水やパックを使った時に伸びが悪く、途中で足したりしてスキンケアの減りが早い、なども乾燥肌の特徴です。

この肌タイプの場合、しっとり系のスキンケアがおすすめです。特に保湿力の高いセラミド、ヒアルロン酸入りのものがおすすめです。

ノンオイルタイプだと物足りなさを感じやすいので、乳液やクリームはホホバ油やシアバターなど天然オイル配合のものも保湿力が高いため、肌に合っています。

乾燥肌を放置していると敏感肌になることもあるので要注意です。

脂性肌

脂性肌の特徴には次のようなものがあります。

脂性肌の見分け方

  • 水分よりも油分が目立ち、ベタつきやすい
  • Tゾーンだけでなく、頬にもベタつきを感じる
  • 毛穴トラブルやニキビによく悩まされる
  • クリームタイプのスキンケアが苦手
  • ファンデーションが時間が経つとテカりが出てくる

脂性肌は何と言ってもベタつきが目立つ特徴があります。皮脂分泌が活発なため、乳液やクリームがベタついて残りやすい傾向にあり、ノンオイルタイプの製品がベターです。

洗顔料もできれば洗浄力の強いオイルタイプを併用した方が、毛穴汚れもスッキリ落ちます。

ただ、ベタついているから、という理由だけで脂性肌と断定しないようにしましょう。実は隠れ乾燥肌とも呼ばれる混合肌の可能性もあります。

混合肌

混合肌の特徴には次のようなものがあります。

混合肌の見分け方

  • 日中ベタつくのに、洗顔後つっぱる
  • Tゾーンは油分が多いが、頬は乾燥している
  • 毛穴トラブルも多いが、小じわも気になる
  • 鼻や額の皮が日焼けしていないのに、剥けてくる事がある
  • スキンケアの浸透が悪い気がする

混合肌は脂性乾性肌・乾燥性脂性肌などと呼ばれることもあるように、乾燥と油分の多い状態が混在している肌タイプです。 日本人はこの肌質が多いと言われていて、さらにここから2種類の混合肌に分けられます。

  • Tゾーンは脂性肌で、頬などUゾーンは乾燥肌の部分型タイプ
  • 顔全体的に油分が多いが、洗顔後などは乾燥しがちな全体型タイプ

◯部分型の場合のスキンケア

Tゾーンのみ洗浄力の高いクレンジングを使用したり、拭き取り化粧水を使って油分を落とす脂性肌向けのケアを行ってください。

他の部位は乾燥肌向けのケアを意識しましょう。スキンケアそのものを2タイプ用意したり、全体的に乳液まではノンオイルで、乾燥する部位のみオイルインのクリームを使うなどの使い分けが必要になります。

◯全体型の場合のスキンケア​

一見すると油分が多いため、脂性肌と勘違いしている場合が多くあります。

全体型は、まず洗顔やクレンジングでしっかりと油分を落としてから、乾燥肌向けのスキンケアでしっかりと保湿を行いましょう。このタイプは、肌を乾燥から守ろうとして過剰な皮脂分泌になっているので、保湿ケアでベタつきも落ち着くはずです。

◯混合肌におすすめのスキンケアアイテム

季節や環境によって油分量が増減しやすいのも混合肌の特徴なので、肌状態を見ながらケアの仕方を変えるように意識しましょう。

おすすめは、リンクル(保湿・シワケア)美容液を加えることです。クリームほどベタつかないうえに、乾燥のケアもできるので油分コントロールがしやすくなります。

普通肌

普通肌の特徴には次のようなものがあります。

普通肌の見分け方

  • 肌は油分より水分が多く、みずみずしい印象がある
  • 季節や環境の変化で、脂性や乾燥に傾くこともある
  • 継続的な肌トラブルがほとんど無い
  • 毛穴の開きが比較的小さい
  • 保湿に物足りなさを感じることはあまり無い

特に乾燥肌・脂性肌・混合肌のどれにも当てはまらず、比較的肌の水分量が安定して高い肌質の人はこの肌タイプです。 スキンケアにベタつきや保湿力不足などの不満を覚えることも特に無い、一番健康的な状態です。

ただし、だからといってスキンケアを完全に疎かにしてしまっていると、脂性肌や乾燥肌、混合肌に変化していってしまいます。普通肌であっても基本的な保湿ケアは行い、普通肌でも悩みとして現れやすいシミなどのホワイトニングケアを併用するのもおすすめです。

はるこ先生
肌質って本来持っている肌の特徴ももちろんだけど、環境や生活習慣の乱れとかでも簡単に変化しちゃうものなのよね。
逆にお手入れを自分の肌に合う方法でちゃんとしていれば、普通肌に近い状態に持っていくこともできるのよ♪
アッキー
そうですね。僕も今は普通肌に近くなってきたのか、ほとんどニキビに悩まなくなってきました。
でもやっぱりスキンケアをサボった時とかに出ることありますし、肌質問わずスキンケアは大事ってことですね!

【2】肌の悩みに合う成分を知る

肌の悩みに合わせたスキンケア成分のチョイスも大切な要素です。ある程度のスキンケアのタイプ(しっとりやさっぱりなど)を見極めたら、今度は成分にも注目してみましょう。

肌悩みおすすめの成分
乾燥セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸(セリン・グルタミン酸)など
毛穴・ニキビグリチルリチン酸ジカリウム/ステアリル・サリチル酸・ビタミンC/E・アラントインなど
シミ・くすみ・ニキビ跡ビタミンC誘導体・アルブチン・ハイドロキノン・トラネキサム酸など
シワ・たるみヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン・セラミド・レチノールなど

これらはあくまで一例なので、メーカーの独自成分なども含めると膨大な数になります。

また、同じトラブルに作用する成分でも、ゆっくり作用するものや予防効果的なものなど特性がさまざまなので、1種類より複数種類配合されているものの方が、よりおすすめです。

【3】敏感肌は刺激物に注意

敏感肌は、乾燥肌から悪化して刺激に弱くなっている場合もあれば、もともとの肌質的にアレルギー反応を起こしやすかったり、角質が薄くて刺激を受けやすいなどさまざまな理由があります。

そんな敏感肌は、まず刺激を受けやすい成分が配合されていないかをチェックしましょう。

刺激を感じやすい成分

  • エタノール・アルコール(化粧水に多い)
  • 鉱物油
  • 合成香料
  • タール系色素(赤色◯号、などの表記)
  • パラベン(防腐剤)
  • ラウリル硫酸ナトリウム(洗顔やクレンジングに多い)
  • トリエタノールアミン(洗顔に多い)
  • サリチル酸・グリコール酸(拭き取り化粧水に多い)
  • ビタミンC誘導体・ハイドロキノン(美白・ニキビ製品に多い)
  • 紫外線吸収剤(UVケア下地・ファンデーションに多い)
  • 合成ポリマー(ジェル、ゲル製品に多い)

かなりたくさんの種類がありますが、敏感肌だからここにあるすべての成分に刺激を受けるというわけではなく、個人差があります。

逆に言えばオールインワンなどに多いポリマー成分などは、肌表面に薄く膜を張ったような状態になるため敏感肌のバリア機能の低さを補ってくれる、いい作用として反応するものもあります。

美白成分はスティンギングと言って、ピリピリ・ヒリヒリする刺激感を受けやすかったり乾燥しがちな傾向にありますが、シミやニキビ跡に優秀な成分でもあります。

どの成分も一長一短なので、避けたほうがいい成分ではありますが、何より自分が何の成分に刺激を受けやすいかを知っていくことが大切です。

はるこ先生
実は私もニキビに悩まされていた頃は敏感肌で、ニキビケアに良いって言われていた拭き取り化粧水が使えなかったの。
肌質が落ち着いた今でこそ少しずつ使えるようになったけど、やっぱり初めて使う物はいまだにパッチテストは欠かせないわ。
そういう自分の肌の特徴を知ることは本当に大切ね!
アッキー
今まで普通に使えていても、肌状態の変化で急にダメになったりすることもありますしね~。
僕ももっと成分についても勉強しないといけないなと思いました。

スキンケアでいつまでも美しい肌へ

年齢に応じたスキンケアは確かに大切ですが、一番大切なのは自分の肌の特徴について自分自身が一番詳しくなることでしょう。

自分に合うスキンケアの選び方が分かれば、自然に避けるべきタイプが分かってきます。そのうえで、悩みやエイジングケアに合う成分を年齢に応じて加えていければ、スキンケアは美肌への強い味方になってくれるに違いありません。