背中ニキビは自分でケア!改善に必要な3つのポイントとおすすめ商品

繰り返す背中ニキビを治す方法を知りたい!

 背中の肌の状態はつい見落としてしまいがちですが、実はとてもニキビができやすい部分の一つです。ニキビができてしまった場合、即効で改善するためにはどのようなケアが必要なのでしょう。

実は、最も重要な3つのポイントをおさえれば、自信をもって出せるツルスベ背中が実現できるかもしれないのです!

まずは、ニキビ改善の3つのポイントとセルフケアに欠かせないケア商品を一気にリサーチ。いますぐにでも、美背中のために実践してみましょう!

背中ニキビを即効でケアするには?

アッキー
そもそも、背中やデコルテのニキビって顔にできるニキビと同じものなのでしょうか?それぞれの肌は全く違ったもののように感じるし、同じニキビができるとは考えられないのですが……。
はるこ先生
アッキー、さすがね!そうなの。顔と背中やデコルテの肌は全く違うものだから、ニキビの状態や原因にも少し違った特徴をもっているのよ。即効ケアしていくためには、まず背中やデコルテにできるニキビのことをよく知ることが大事ね!

背中やデコルテにできるニキビの特徴

背中やデコルテの肌は、実は身体のパーツの中で最もニキビができやすい部分といわれています。では、ニキビができてしまう原因やそれを改善するための対策は、一体どういったものなのでしょうか?

ニキビができやすい原因

背中は、ボディのTゾーンと呼ばれるほど皮脂の分泌が多い部分。確かに、他のパーツと比べ保湿ケアをしなくてもしっとりしているイメージがあります。

しかも、肌が厚めの構造になっているため、分泌された皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすい環境なのです。

さらには、ベタベタした汗をかきやすい部分でもあるため、肌トラブルを引き起こす原因が複数重なっているのです。これは、デコルテにも同様のことが言えます。

アクネ菌ではなくマラセチア菌

顔にできるニキビの原因は、アクネ菌という菌によるものということは知っている人が多いでしょう。しかし、背中ニキビは少し違うのです。

そもそも、背中に発生するニキビは、マラセチア菌というカビの一種によるものが一般的。

身体にできるニキビは、正しく言うとマラセチア毛包炎という皮膚疾患なのです。マラセチア菌によるニキビは、かゆみや痛みが伴わないことが多いですが、顔にできるニキビよりも自然治癒が困難だと言われています。

治すために必要な3つのこと

このように、背中ニキビは顔にできるニキビと原因が根本から違っています。ですから、キレイに治していくためには、背中の肌の特徴をおさえながらニキビができやすい環境を改善していくことが重要になるのです。

必須となるポイントを3つ、ここでチェックしてみましょう。

清潔に保つ

 背中の肌は、皮脂や汗、毛穴詰まりなどの汚れで不潔になってしまいがち。この状態ではニキビができてしまっても仕方がありません。

まずは、清潔を保つことがとても重要になります。目が届きにくい部分である分、汚れを見落としてしまうことが多いので、普段から清潔を意識しておくことが必要です。

保湿をする(乾燥させない)

いくら皮脂が多くベタベタしやすい肌であっても、保湿ケアをせずに放置してしまうのはNG。さらなる乾燥ニキビを引き起こしたり、既にできてしまったニキビを悪化させる原因につながります。

肌の状態に合わせて適度な保湿ケアを心がけることも、ニキビを治していくためには大切なことです。

刺激を与えない(炎症を抑える)

ニキビによって炎症を起こしている肌はとても敏感な状態です。そこに刺激を与えてしまうと、ニキビを治すどころか悪化させてしまいます。

生活をしていると、肌には気付かぬうちにさまざまな刺激を与えていることが多いので、背中ニキビの肌は特に注意を払う必要があります。

背中ニキビの治し方

では、3つのポイントを考慮し背中ニキビを治していくためには、具体的にどのようなことを実践していけばよいのでしょうか。

実は、特別なことはほとんど必要なく、生活の中で肌をいたわる行動をとることが何より重要。気を付けるべきことをポイントごとに確認してみましょう。

1.清潔に保つ

背中の肌は、皮脂や汗による汚れが多いにもかかわらず、自分ではとても見えづらい位置にあるのが難点。だからこそ、清潔に保つためには生活の中での意識を高めていく必要があるのです。

入浴や就寝時など、自分の生活習慣と照らし合わせてチェックしてみましょう!

身体の洗い方

はるこ先生
ねぇ、アッキー。突然だけど、お風呂に入ったらまずはどこから洗ってるの?身体から?それとも、髪の毛から洗うのかしら?
アッキー
僕は断然、身体から洗う派です!お風呂に浸かる前に、ベタベタしている汗をや汚れをキレイに落としたいので…。それが背中ニキビと何か関係あるんですか?

背中ニキビの原因として多く挙げられるのが、実はシャンプーや石鹸のすすぎ残し。特に、身体から先に洗っている人は、後の洗髪によってすすいだシャンプーが背中をつたい、そのままの状態で残ってしまうことがあるのです。

肌にこれらの汚れを残さないようにするためには、身体を洗う順番が大切。髪→顔→体の順に洗っていきましょう。

また、熱すぎるお湯は汚れを落としやすい分、肌に必要な油分も落としてしまうのでNG。高くても39℃までにおさえましょう。

寝具の清潔ケア

せっかくお風呂で身体をキレイに洗っても、寝るときの寝具が不潔な状態では本末転倒。寝具の清潔を守ることもニキビを治すケアには欠かせません。

寝ているときは、想像以上に汗をかいているものです。汗汚れやダニを防ぐために、こまめにシーツを洗濯しましょう。目安としては、週に一度は洗っておきたいものです。

さらに、汗をかきやすい夏は通気性の良いシーツや敷パッドをとり入れるのもおすすめです。

背中を清潔に保つ方法

  • 入浴時は髪→顔→身体の順に洗う
  • 背中にすすぎ残しがないかチェックする
  • お風呂やシャワーの温度は高くしすぎない
  • 寝具はこまめに洗濯する

2.保湿をする

背中ニキビを治すためには、肌を健康なコンディションに整え、本来の働きを取り戻すケアが必要になります。そのために欠かせないのが保湿のケア。

皮脂が多くベタベタしがちな背中の肌であっても、適度な保湿をしなければさらなる皮脂の過剰分泌につながります。肌の状態に合わせた保湿ケアを心がけていきましょう。

背中保湿に使う化粧品

何度も言うように、背中の肌は身体の他のパーツに比べて皮脂が多い状態。ですから、保湿に使う化粧水やローションなどの化粧品はさっぱりとしたテクスチャーのものがおすすめです。

また、毛穴詰まりに働きかけるものやターンオーバーを促す効果が期待できるものも良いでしょう。

入浴後の保湿方法

 背中の肌の保湿を行うタイミングは、主に入浴後になります。入浴後は、身体の水分がどんどん失われていくので素早い保湿ケアがポイント。

余分な水分を軽く拭き取ったら、すぐに化粧品で保湿ケアを行いましょう。タイムリミットは5分以内です!

背中の保湿ケアの方法

  • 背中の肌に合ったテクスチャーや機能の化粧品を使う
  • 入浴後は5分以内に保湿ケアを行う

3.刺激を与えない

日常生活を送る中で、肌へのダメージは意外といろんなところに潜んでいます。当たり前にやっている行動が、実は背中の肌にとって大きな負担となっている可能性も。できる限り、刺激を与えない生活を心がけていくことが、ニキビの早期改善に大きくつながります。

ゴシゴシ洗わない

背中を洗うとき、ザラザラしたタオルやブラシでゴシゴシ洗っていませんか?気持ちいいし汚れは落ちますが、背中の肌にとっては大きな刺激となってしまっています。

顔を洗うときと同様、背中を洗う際もたっぷりの泡をつくり、手の届く範囲は手を使って洗いましょう。届かない部分は、肌に優しい素材の柔らかいブラシでそっと撫でるように洗うようにしましょう。

もちろん、ブラシはその都度洗って乾かし、清潔を保っておきましょう。

下着や衣類の選び方

背中の肌は、衣類からも多くの刺激を受けています。サイズが合ってない下着は、摩擦や締めつけを起こし肌を傷つけます。

また、ピタッとしたインナーや衣類は、通気性が悪く汗が乾きにくくなってしまうのです。些細なことですが、ニキビを治すためにも、毎日の衣類を見直してみましょう。

背中への刺激を防ぐ方法

  • 背中を洗うときはたっぷりの泡で洗う
  • 届く範囲は手で、届かない部分はブラシなどで優しく洗う
  • 下着はサイズを合わせ締め付けないものを付ける
  • 通気性の良い衣類を着る

背中ニキビのQ&A

背中ニキビを改善するためには疑問点もすっきりしておきましょう。 

ニキビを治すための化粧品や薬ってどんなものがあるの?

ニキビを治すための化粧品や薬は、多くのメーカーから市販されています。普段使いできる化粧水やクリームから、ニキビに集中的に塗布して治す軟膏などがあり、その人のニキビの状態や生活スタイルに合わせてとり入れることが大切です。

ドラックストアで手に入る人気の市販薬ってなに?

ニキビ改善を目的とした市販薬の口コミで断トツ人気だったのが「オロナイン」。やけどやただれなど、さまざまな肌トラブルに効果が期待できるオロナインは、ニキビにも効果が期待されています。有効成分クロルヘキシジングルコン酸塩液の殺菌作用で、肌の清潔を保ちながら健康な状態へと導いてくれます。

オロナインには以下のような口コミもありました。 

  •  
  • ニキビが2日で改善!
    5/5
    19歳女性
    常に家に常備してますケガはもちろんですが私は主にニキビに。ニキビができた時ぬって寝れば2日程で落ち着きます少し肌荒れが気になるなーて時に化粧水にまぜて使ったら翌日しっとりです。

    @cosme

詳しくはこちらをチェック /

 オロナイン

顔用のニキビ薬を背中ニキビに使ってもいいの?

顔用のニキビ薬を背中に使用しても問題はありませんが、改善の効果が得られない可能性があります。顔ニキビの原因はアクネ菌なのに対し、背中ニキビはマラセチア真菌という少し厄介な菌。ですから、背中には背中専用のニキビ薬を使用したほうが良さそうです。

背中ニキビを治す化粧品4選

背中ニキビの特徴や治し方について見てきましたが、保湿するべきとは言ってもどのようなものを選べば良いのでしょうか。当サイトおすすめの化粧品をご紹介しますので参考にしてくださいね。

メルシアン

数多くのメディアにとり上げられ、高い注目を浴びているのがあいびのメルシアン。

スプレータイプの化粧水で、背中ニキビやニキビ跡に吹きかけるだけでニキビ改善に働きかけます。特に力を入れているのが美白効果。ニキビなどのトラブルを重ねた肌でも、ニキビを治しながら美しい肌を目指せます。

メーカーあいび
配合成分
水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2

Source: あいび

有効成分
BG/濃グリセリン/1,2−ペンタンジオール/ジグリセリン/トレハロース/グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液/DL−PCA・Na液/PCA/水酸化Na/乳酸Na液/アセチルチロシン/牡丹エキス/カッコンエキス/プルーン酵素分解物/テンニンカ果実エキス/カンゾウ葉エキス/水解コラーゲン末/アーティチョークエキス/ヒメフウロエキス/無水クエン酸/クエン酸Na/フェノキシエタノール/精製水

Source: あいび

期待できる効果ニキビ改善、美白
内容量60ml
価格8,240円(税抜き)/初回4,944円(税抜き)
アフターサービス60日間返金保証(定期購入のみ)
  •  
  • 肌にうれしい万能ミスト
    5/5
    31歳女性
    背中ケア用スプレーでとても使いやすく、使い心地もいいです。 赤みや炎症を抑えるだけでなく毛穴ケア、そして美白までしてくれるなんて嬉しい悲鳴! お風呂上がりにスプレーするだけなので手間もかからず、しっとりするのでオススメです!!

    @cosme

 

はるこ先生
ニキビの炎症を起こした敏感な肌でも、余計な添加物を使っていないから安心して使えるわ。背中ニキビ専用と書いてあるけど、他の部分に使ってもOKなのでとっても便利なの!
  •  
  • スプレーが背中に使いやすい!
    5/5
    28歳女性
    背中のニキビに使いました。 反対にスプレイをしても詰まらず、とても使いやすいです♪ 使い続けて分かった事はお肌のニキビだけではなく、きめも整えてくれることがわかりました♪ これからも使っていきたい商品だと思います♪

    @cosme

アッキー
逆さにしても吹きかけられるスプレーだから、手の届かない背中の中央部分も自分でケアできます。短期間で効果を実感できたという声も多いから、その実力は本物ですね。

 メルシアン

ジッテプラス

グラビアアイドルの手島優さんが、その美しい背中をキープするためプライベートでも使用していることが話題となったジッテプラス。

ニキビによる炎症を抑えることはもちろんですが、注目したいのはその高い保湿効果です。厚い背中の肌でも保湿成分が深く浸透し、赤ちゃんのような柔らかい肌に。

メーカーイッティ
配合成分
水溶性プラセンタエキス ・ グリチルリチン酸2K ・ ビサボロール ・ 3-O-エチルアスコルビン酸 ・ 米糠抽出物水解液A ・ アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム ・ 加水分解ヒアルロン酸 ・ ヒアルロン酸Na-2 ・ 水溶性コラーゲン液-4 ・ ヒメフウロエキス ・ 酵母多糖体末 ・ プルーン酵素分解物 ・ スターフルーツ葉エキス ・ アーティチョークエキス ・ セイヨウナシ果汁発酵液 ・ カモミラエキス-1 ・ ステアロイルフィトスフィンゴシン ・ トレハロース ・ 天然ビタミンE ・ エチルヘキサン酸セチル ・ トリメチルグリシン ・ 濃グリセリン ・ キサンタンガム ・ ステアリン酸POE(20)ソルビタン ・ ジメチコンBG ・ カルボキシビニルポリマー ・ 1,2-ペンタンジオール ・ 水酸化K ・ フェノキシエタノール ・ ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液 ・ 水素添加大豆リン脂質 ・ 香料
アクシア-トリプルヒアルロン酸 ・ アーチチョークエキス ・ スターフルーツ葉エキス ・ ブルーン酸素エキス ・ ベルガモット ・グレープフルーツ ・ ラベンダー ・ ローズマリー

Source: ジッテプラス

有効成分
水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K、アクシア-トリプルヒアルロン酸

Source: ジッテプラス

期待できる効果ニキビ改善、保湿
内容量60g
価格6,463円(税抜き)
アフターサービス90日間返金保証
  •  
  • 塗りやすいテクスチャー
    5/5
    26歳女性
    気になっていて、ついに購入しました。 背中のニキビが大変な事になっていたのですが だいぶ落ち着きました(*^O^*) ジェルで伸びも良く塗りやすかったです。

    @cosme

はるこ先生
ジェルのようなプルプルのテクスチャーで、心地良い肌の質感を生み出してくれるの。独自の保湿成分であるアクシア-トリプルヒアルロン酸は、普通のヒアルロン酸と違い肌の組織を整える作用があるのもポイントよ!
  •  
  • コスパはイマイチかも
    3/5
    19歳女性
    買って始めに思ったのですが小さい…。伸びはいい方ですが毎日背中広範囲に使うのを考えるとコスパは微妙でした。 少し独特の香りがありますがそこはそんなに気にならなかったです。それと特に染みたりピリピリすることもなかったので、低刺激だとは思いました!

    @cosme

アッキー
背中ニキビ用のジェルなのに、量が少ない、コストがかかるという声もありましたが、その高い保湿力を実感し定期購入する人も多いようです。定期で購入すると初回908円、2回目からは28%オフの価格でゲットできるというサービスもあるので要チェック!

 ジッテプラス

オルビスクリアボディローション

 オルビスのボディのニキビケア専用ローション。吹きかけるタイプなので楽々使用でき、毛穴の詰まりを防いでくれます。使用感もサラサラで、ベタつく背中やデコルテの保湿ケアとしても◎。

ボディウォッシュとセット使いすると、さらにニキビへのアプローチが強まります。

メーカーオルビス
配合成分
水、エタノール、BG、クチナシエキス、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、シャクヤクエキス、PEG(400)、メントール、クエン酸Na、クエン酸

Source: オルビス

有効成分
グリチルリチン酸2K

Source: オルビス

期待できる効果ニキビ改善、肌荒れ予防
内容量215ml
価格1,300円(税抜き)
アフターサービス30日間返品交換可能
  •  
  • 簡単なのに効果を実感!
    4/5
    35歳女性
    長年背中のニキビが気になっていたので、評判の良かったこちらの商品を購入しました!使用して一週間ですが、かなりニキビが落ち着いてきた感じがします。スプレータイプなので、手が届きにくい背中にも簡単にでき、コスパもよくて、これは本当に買って良かったです!

    @cosme

 

はるこ先生
ファンが多いスキンケアメーカーのオルビスから登場した、ニキビ対策用のボディローション。ニキビになりやすい背中の肌のベタつきをスッキリ整えてくれるのよ♪コスパがいいのも人気の理由みたいね。
  •  
  • さっぱりして気持ちいい
    4/5
    30歳女性
    デコルテと背中ニキビ対策に使用中です。使い始めて二週間、たしかに新しいニキビはできにくくなり、もともとのニキビも落ち着いています。完全にゼロとはいきませんが…とにかく、使用感が良いです。アルコールが大丈夫なことが前提になりますが、夏場の暑いお風呂上がりにこちらを吹きかけるとスッとして気持ちいい。

    @cosme

 

アッキー
ベタベタした背中やデコルテの肌に、スッキリとした爽快感を与えてくれるという声が目立ちました!外出にも持ち運びやすいから、汗でベタついたときの気分転換にもいいみたいです。

オルビスクリアボディローション 

ルフィーナ

多くの現役モデルが使用している背中ニキビケアのクリームのルフィーナは、天然成分を中心とした有効成分がニキビの改善だけでなく乱れやすい背中の肌の状態を整えてくれます

ちょっとお高めですが、使い心地が気に入ってリピーターも続出しています。

メーカーキュアメディカル
配合成分
天然ビタミンE・セイヨウナシ果汁発酵液・カモミラエキス(1)・酵母多糖体末・加水分解コラーゲン末・加水分解ヒアルロン酸・シロキクラゲ多糖体・ゲットウ葉エキス・スターフルーツ葉エキス・テンニンカ果実エキス・アマチャヅルエキス・カルボキシビニルポリマー・1,3-ブチレングリコール・キサンタンガム・ポリアクリル酸ナトリウム・濃グリセリン・1,2-ペンタンジオール・トレハロース・トリメチルグリシン・水酸化カリウム・2-エチルヘキサン酸セチル・メチルポリシロキサン・モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)・パルミチン酸レチノール・トウモロコシ油・10-ヒドロキシデカン酸BG・グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体・水素添加大豆リン脂質・ホップ末・トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル・油溶性甘草エキス(2)・ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液・ホエイ(2)・ラクトフェリン液・フェノキシエタノール・無水エタノール・香料・精製水

Source: ルフィーナ

有効成分
水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウム

Source: ルフィーナ

期待できる効果ニキビ改善、美肌効果
内容量60g
価格9,000円(税抜き)
アフターサービス120日間返金保証
  •  
  • お肌が柔らかくなる
    5/5
    17歳女性
    数年前、ニキビができやすい体質で背中や胸にポツポツとできるので、全身に使えるものをと思い購入しました。 さっぱりした使い心地でお肌が柔らかくなり、1ヶ月ほどで大きなニキビがなくなりました。 現在は対策として薄く塗っています。

    @cosme

はるこ先生
ニキビができた後の肌って、ボコボコしてたり硬くなっちゃうのよね。でも、ルフィーナでケアしておけば、ニキビ改善後の肌の状態もいいみたい!長期の返金保証サービスもあるから、気軽に試せるのもうれしいポイントね。
  •  
  • 乾燥肌には保湿をプラス
    4/5
    34歳女性
    これのみを使用する場合、顔だと少し保湿力に物足りない感じがありましたが、 背中のケアとしては適度にしっとり、適度にさっぱりで、ちょうどいい保湿感でした。 べたつきは全然ないのでパジャマや洋服など、さらっと着られます。 キメもふっくら整うし、肌にもふんわりとした柔らかさがあり、角質の柔軟効果も しっかり感じられます。

    @cosme

アッキー
どこの肌にも使えますが、乾燥肌にはちょっとさっぱりしすぎみたいです。保湿力が足りないなら、ルフィーナと一緒に乳液やクリームをプラスしてもいいかもしれませんね。

 ルフィーナ

背中ニキビの原因と予防法

背中ニキビを治すためのスキンケアや専用化粧品をとり入れるだけでなく、背中ニキビができないような生活を心がけることも大切なこと。背中ニキビができる原因をもう一度よくおさらいして、ニキビの原因となることを配慮していきましょう!

 ホルモンバランスの乱れ

不規則な生活やストレスが溜まった状態を放置していると、ホルモンバランスが乱れていきます。ホルモンバランスが乱れると、肌の健康を保つ働きが鈍るうえに毛穴の角栓が溜まりやすい状態に。

背中ニキビを予防・改善するためには、規則正しい生活をしてホルモンバランスを整えていきましょう。

 毛穴の皮脂詰まり

上にも述べたように、毛穴の皮脂が詰まると背中ニキビの原因となるマラセチア菌が増殖し炎症を起こしやすくなります。

毛穴の汚れはもちろん、汗や皮脂の汚れもこまめに洗い流し、清潔な状態をキープできるように心がけましょう。

手が届かず洗いにくい場合は、柔らかいブラシなどで優しく洗ってください。

 乾燥や刺激

清潔を意識しすぎて、身体をゴシゴシ洗ったり刺激の強い洗浄料で背中を洗うのはNG。肌の乾燥を招き、乾燥ニキビの原因になってしまいます。

さらに、刺激を与えることで肌が弱くなり、ターンオーバーが乱れます。美しい肌を目指すなら、肌に優しいケアを心がけてあげましょう。

食事で体内から背中ニキビ予防

はるこ先生
アッキー、背中ニキビの予防や改善は毎日の食事でもできるって知ってる?食事は肌の状態に直接関係する重要なものなの。乱れた食生活をしていては、ニキビを治すどころか、さらなる肌トラブルを起こしかねないわ。
アッキー
そうなんですね……。最近、時間がなくてコンビニ弁当が続いてたから僕も注意しなくちゃ。ニキビができやすい食事ってどんなものなのでしょう。チェックして、さっそく食事に活かしていきたいですね!

 脂っこいものを避ける

 脂っこい食べものばかり食べていると、当たり前ですが身体の脂分も増えてしまいます。揚げ物やポテトチップスなどのスナック菓子を過剰に食べることは避けましょう。

甘いものやアルコールの過剰摂取も、肌の働きを乱す原因になるので控えるように心がけましょう。

 バランスの良い食事

健康な肌をキープするには、バランスのよい食事が大切です。ビタミン類をはじめ、代謝を促す食物繊維、肌をつくるためのタンパク質や身体を動かす炭水化物など、バランス良く食事にとり入れていきましょう。

食べたものがそのまま自分の身体になっていくという意識を忘れずに。

なかなか改善しない時は病院を受診しよう

背中ニキビの原因であるマラセチア菌は、顔ニキビのアクネ菌に比べて改善が難しいといわれています。セルフケアをしていても、なかなか改善がみられない場合はすぐに病院で診察を受けましょう。早期改善のための治療やアドバイスをしてもらえます。

皮膚科などで相談

背中ニキビを治すための診察は、皮膚科や美容皮膚科で受けることができます。まずは気軽に相談し、ニキビの状態や治療の方法を医師と一緒に考えていきましょう。

皮膚科美容皮膚科では、少し診療の内容が変わってくる場合があります。比較して自分の目的に合う方へ受診することをおすすめします。

皮膚科の特徴

皮膚科で診察や治療を受けた場合、病気の治療と同じように保険が適用されます。また治療の内容は、主に外用薬内服薬となります。中には、レーザー治療をとり入れている病院もあるため、治療の方法をよく相談することが大切です。

皮膚科のメリット

  • 治療費の保険が適用される
  • 肌の疾患を総合的に診てくれる
  • 「治療」という観点なので、比較的改善が早い

皮膚科のデメリット

  • 「美容」の視点からの治療は行えない
  • エステのようなアフターケアがない
  • 他の目的の患者も多いため混み合うことがある

 美容皮膚科の特徴

美容皮膚科は、皮膚科とは違い「美容」という視点から治療を行います。ですから、病的治療とは判断されず治療費に保険が適用されないことがあります。

しかし、肌を美しくするためのノウハウに長けているので、手厚いカウンセリングアフターケアなどが充実している病院が多いようです。

治療方法は、ケミカルピーリングやレーザー治療、注射などもあるため、幅広い選択肢を考えることができます。

美容皮膚科のメリット

  • カウンセリングなど患者に寄り添ったケアができる
  • 治療の選択肢が幅広い
  • 美容を意識した治療方法を考えてくれる

美容皮膚科のデメリット

  • 治療費が高い
  • 保険が適用されないことがある
  • 美容を意識した治療により改善に時間がかかることもある

病院で行う背中ニキビの治療方法

 病院で治療を行う場合、さまざまな手段から治療方法を選ばなくてはなりません。医師との相談で判断することはもちろんですが、その治療内容をあらかじめ理解しておくことも重要です。いくつかの方法をチェックしてみましょう。

 内服薬

処方される一般的な内服薬として、殺菌作用のある抗生物質や炎症を抑える抗炎症剤、肌の状態を整えるビタミン剤、皮脂の分泌を抑える皮脂分泌抑制剤などを処方されます。保険が適用され、いづれも1ヶ月分でかかる費用は1,000~2,000円程度です。

 塗り薬

内服薬と同様、殺菌作用のある抗生物質や抗炎症剤、皮脂分泌抑制剤などの塗り薬が処方されます。いづれも保険適用で、チューブ1つ200~500円程度の費用になります。

 ホルモン治療

ホルモン治療では、一般的に低用量ピルを服用するケースが多いといわれています。ピルを服用することによってホルモンバランスを調整し、ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑えます。費用は、保険適用で1ヶ月分2,000~3,000円程度です。

 ケミカルピーリング

肌にピーリング効果のある薬剤を塗って古い角質を取り除き、ニキビのできにくい新しい肌をつくる治療です。保険が適用されない治療で、費用としては平均で1回8,000~15,000くらいだといわれています。薬剤にはいくつか種類があるので、医師と相談して適切なものを選びましょう。

 レーザー

ニキビだけでなく、できてしまったニキビ跡にも効果を発揮するレーザー治療。ニキビに直接的に働きかけることができるので、即効性が高い治療方法です。

ただし、肌の状態によってはレーザー治療を受けられないこともあるので医師との相談が必要。

費用は全額負担になるケースが多く、1回につき10,000~80,000と治療する医院や内容によって幅があります。費用をあらかじめ確認しておくことが必要になりそうです。

背中ニキビはインナーケアも大事!

背中ニキビは、一度できてしまうと顔ニキビに比べて改善に時間がかかり、場合によっては医師の診察が必要なものもあります。まずは、生活の改善や正しいスキンケアなど、できることから実践しニキビができにくい肌へと導いていきましょう。

また、自分に合った化粧品や薬、治療法を見つけることも早期改善には必要です。肌の状態を常に把握しながら、より良い治療方法を考えていきましょう!毎日のケアの積み重ねで、きっと美しい背中を自分のものにできるはずです。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事