突然のかゆみはストレスが原因かも!症状別の原因と対策方法

突然のかゆみはストレスが原因かも!症状別の原因と対策方法

突然感じる肌のかゆみはもしかしたらストレスが原因かもしれません。しかしその原因は他にも様々あるため、一概にそうだと決めつけるのは難しいため判断できかねます。そんなかゆみの原因やストレスによる影響をこの記事では解説していきます。

突然のかゆみの原因はなんだろう?

気づいたときにいきなり感じるかゆみ、一体何が原因なのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

原因も分からないまま、ひたすらにかゆみに耐えたり、かゆいところをかいてしまって肌に傷をつけたりしなければいけないのは嫌ですよね。

しかし、そのかゆみの原因はもしかしたらストレスのせいかもしれません。

この記事でかゆみの原因を探ってみましょう。

原因不明の全身のかゆみはストレスのせいかも!?

突如としてかゆみを全身に感じるときというのがたまにあったりしませんか?

虫に刺されたりしたわけでもなく、見渡しても普通の肌なのにひどくかゆい、けれど原因が全くわからない、そんなかゆみはもしかしたらストレスが原因の可能性があります。

ストレスが原因で病気になることは分かるけど、かゆみが出たりもするの!?と思われる人はここでストレスでかゆみを感じるメカニズムなども解説していきますので、自分のかゆみがストレスによるものかを判断するための参考にしてください。

ストレス性皮膚炎とは

ストレスでかゆみを感じたりする場合、病名として当てはめられるのが「ストレス性皮膚炎」です。

基本的にかゆみが起こる場所も人によって様々ですので、絶対的な特徴というものはありません。

症状としても湿疹が出る人もいますし、出ない人もいるのですがその原因は、慢性的な血行不良腸内環境の悪化ホルモンバランスの乱れといったストレスから悪化しやすい3つです。

この3つの内のどれか1つでも崩れると、肌のバリア機能が弱くなり、ちょっとした刺激でかゆみや湿疹が出やすくなるのです。

ストレスでかゆくなるメカニズム

ストレスによりかゆみ出てしまう要因は内因的なものと外因的なものの2つに分けられます。

内因的な原因の場合、ストレスが溜まると特に起こりやすい自律神経のバランスが崩れてしまう、ということが原因です。

自律神経のバランスが崩れると、血行が滞って老廃物が溜まってしまったり腸内環境が悪化して肌のトラブルを引き起こしたり睡眠不足などからホルモンバランスが崩れやすくなる、などの症状が出てしまいます。

上記でも説明した通り、この3つは特にかゆみや湿疹などとも関係しており、肌のバリア機能を低下させて刺激に弱くするほか、かゆみや湿疹が出やすい肌の状態を作り上げてしまいます。

また、かゆみに直接的な関係がある「ヒスタミン」という物質はストレスが溜まった状況で特に分泌されやすくなるため、こういった要因も関係してストレスによってかゆみが生じてしまうのです。

外因的な要因はストレスによる発汗などでの湿疹などが挙げられます。

特にこうした外因的な要因では湿疹ができやすく、汗をかきやすい腕や脇などに湿疹やかゆみが生じます。

時には湿疹のみでかゆみを生じない人もいるようですが、汗の他にも肌が刺激に弱くなったことで、物に触れたり不潔な状態のもので汗を拭ったりなど肌に触れた場合などによくかゆみなどは生じます。

かゆみの症状で探す【原因と対策法】

では、かゆみの症状でその原因や対策をそれぞれ知っていきましょう。

今かゆみを感じている人は、自分がどんなところにかゆみを感じるのかを理解して、その部分ごとの対策を取っていきましょう。

かゆい場所

ではかゆい場所ごとにそれぞれの対策法や原因について解説していきます。

全身

全身にかゆみが生じている場合、まず疑うのが蕁麻疹やアトピー性皮膚炎などの傷病です。

他にも全身のかゆみの原因になるような傷病などはありますが、ほとんどが花粉やほこり、ダニなどが原因で起こるかゆみの症状が多くあります。

全身にではなく、顔のみにかゆみや湿疹が出る場合は接触性皮膚炎脂漏性皮膚炎に注意しましょう。

接触性皮膚炎は原因物質が直接皮膚に触れることでかゆみが生じますので、顔に触れたものが原因であることを考えた方が良いでしょう。

脂漏性皮膚炎は生後3か月までの赤ちゃん思春期以降の成人がかかりやすい病気ですが、成人の場合はマラセチア菌というカビの一種が異常繁殖することで起こるので、ストレスの他にも洗顔などにも問題がないかを確認してみましょう。

他にも、湿疹などができる場所によっては内臓器官などに負担がかかっている場合もあります。

首回りにかゆみが出る場合は、元々皮膚が薄いうえに、皮膚が刺激に弱くなっているせいで髪の毛などの刺激を受けてしまいかゆみが出る場合と、熱いお風呂に入ったり、強く擦るせいで乾燥してかゆみが出るなど、外的要因にてかゆみが出る場合がほとんどです。

また、汗をかきやすい場所でもあるので、汗疹などの湿疹を作ってしまいかゆみを感じてしまう場合もあります。

腕はストレスなどで湿疹やかゆみが出やすい場所として知られています。

その理由としては、腕の皮膚が柔らかく弱いためです。

ストレスによる過剰な発汗による湿疹や、肩こりや首こりなどによる血流の悪化でも腕の皮膚はすぐに反応してかゆみや湿疹を引き起こしてしまいます。

腕にかゆみや湿疹がでたら、発汗の有無、肩こりや首こりなどを確認してみると原因が良く分かります。

そしてこれらの湿疹やかゆみが生じた場合、対策としてできるのはかかないようにすること、そしてかゆみを感じたところを冷やすようにすることです。

体温が上がるとかゆみを強く感じるようになりますので、それを抑えつつ、ヒスタミンの分泌を抑えるためにも冷やすことはとても効果的な対策です。

肌の状態

肌の状態でもかゆみの原因などは異なってくる場合もあります。

あなたのかゆみを感じている場所の状態はどんな状態ですか?

ミミズ腫れ

ミミズ腫れの状態になってかゆみを感じる場合、一番疑われるのは蕁麻疹です。

ストレスを感じてふと気を抜いた時などに発症することもあるため、かゆみと共にかいてしまった部分にミミズ腫れがあるのなら、まず蕁麻疹を疑ってください。

機械的蕁麻疹色素性蕁麻疹など蕁麻疹にも複数の種類がありますので、まずは医療機関を受診することが解決の近道です。

ブツブツ

皮膚にブツブツなどの湿疹などが出て、かゆみを感じるときもあります。

そんなブツブツなどは、触れたものを刺激に感じて反応し、湿疹が出る接触性湿疹皮脂が良く分泌されるところに発生する脂漏性湿疹などが疑われます。

これらの対策としては、かゆみを感じる原因となった衣服や物などをなるべく遠ざける肌を優しく洗い清潔に保つ、といったことです。

それ以上にひどい状態の場合は医療機関を受診しましょう。

発疹なし

発疹ミミズ腫れのような明らかな異常が目に見えない、普通の肌の状態でかゆみを感じる場合は、乾燥によるかゆみを疑ってみましょう。

気温低下による皮脂分泌量の低下にともなう乾燥、保湿ケアが不十分40度以上のお湯での入浴やシャワー体の洗いすぎや擦り過ぎなどが原因としてあげられます。

他にもホルモンバランスの乱れや肝障害の症状としてもあげられます。

肝障害の場合はかゆみの後、黄疸が出ますのでこのような症状が出た場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

それ以外の場合は保湿ケアを十分にしたり、お湯の温度を下げたり、擦り過ぎないようにするなどで対処は可能です。

ストレス性皮膚炎?セルフチェック法

では自分のかゆみがストレス性皮膚炎かどうか、セルフチェックしてみましょう。

ストレス性皮膚炎セルフチェック

  • 現在ひどいストレスを感じている
  • 生活習慣が乱れがち
  • 食生活が荒れている
  • アレルギー体質ではない
  • かゆみの原因が見当たらない
  • 突発的にかゆみを感じる

簡単にチェックするのであれば、この6項目が当てはまるかどうかをまず考えてみましょう。

かゆみはアレルギー反応で引き起こされることもありますので、ストレス性皮膚炎であると判断するには、かゆみという症状は様々な要因が絡むために難しいことです。

このチェック項目を参考に、自分がストレスによるかゆみを感じているのかどうかを判断しましょう。

ストレス以外に考えられるかゆみの原因

ストレス以外に考えられるかゆみの原因は多くあります。

食べ物や花粉などの植物金属などによるアレルギー反応内臓器官に不調が起こっているための症状としての発症、肌の乾燥ダニや蚊などの虫によるかゆみと多くのものが挙げられるのです。

時期によってかゆみが出る出ないというものがあるのであれば、花粉などのアレルギーや肌の乾燥の可能性がありますし、健康診断などで内臓器官の数値が著しくないことが分かっているのであれば、内臓器官の不調も疑ってみるべきです。

かゆみの原因はストレス以外にも多くありますので、一概にかゆみをストレスによるものである、と決めつけるのはとても難しくもあり、他の可能性を考えることで体の不調を防ぐことにもつながるのです。

ストレス性のかゆみが起きたときは?

ではかゆみが起きた時にどんなふうに対処すればいいのでしょうか?

ここではかゆみが起きてしまった時にするべき簡単な対処法について解説していきます。

かゆい場所を冷やす

上記でも少し触れていますが、かゆみが出た時はそのかゆい場所を冷やしてあげることが特に効果的です。

体温の上昇によるかゆみに対する感度を抑え、かゆみの直接的な原因の物質であるヒスタミンの分泌を抑えることができるので、かなりかゆみが軽減されます。

保冷剤をタオルなどで包んで当てたり冷やした濡れタオルを当てるだけで十分ですので、職場などに一応保冷剤を持っていくなどすると、家以外でも対処ることができます。

外的要因を避ける

ストレス皮膚炎の場合、皮膚のバリア機能が非常に低下している為、肌が刺激を受けやすい状態になっています。

そのため、一度かゆみを感じた衣服や物などはなるべく避けるようにしましょう。

そうした外的要因を避けるだけでも、かゆみの原因がかなり減ってくれます。

またダニなどの虫などからの影響も避けることを考えるのであれば、寝具などはなるべく清潔に保つように、洗濯の回数などを増やすと効果的かもしれません。

湿疹・蕁麻疹がある時は皮膚科を受診

しかし、いくらストレス性のかゆみを対処できるとはいえ、自分で対処するにも限界があります。

特に湿疹や蕁麻疹などが出た場合は、ストレス以外にも他の原因が絡んでいる可能性が高く、自分だけではその原因を探ることは不可能に近いでしょう。

そんな時はまず皮膚科を受診して、医師に状態を説明したり、検査を受けて原因を探るなどするようにしましょう。

湿疹や蕁麻疹を治すためには薬を使うのも必要になってきますので、きちんと医師に自分の状態を把握してもらうことが必要です。

ストレス性のかゆみを予防するには?

ではストレス性のかゆみを予防するための方法はどんなものがあるのでしょうか?

酷くなる前に、自分でできる予防策をここで解説していきます。

ストレスを溜めこまない

ストレス性、と名称がつくだけあって一番の原因であるストレスを溜めこまないことが第一です。

ぬるま湯の半身浴などでリラックス効果を得たり、自分の趣味などが運動系などであるのなら汗を流してストレスを発散したりするなどして、ストレスを溜めこまないことが一番です。

あまりに職場でのストレスがひどく、痒みの他にもストレスによる症状が重たい場合は診断書を書いてもらって異動させてもらうのも一つの方法でもあります。

自律神経を整える

食生活、睡眠時間などが崩れると、自律神経のバランスも崩れてきます。

自律神経が崩れると、かゆみ以外にも倦怠感や血圧の上下、めまい、頭痛、動悸を始めとした多くの症状に苛まれることになります。

ひどい体の不調にもつながりますので、必要な睡眠時間をしっかりと取り、バランスの良い食生活を心がけて、自律神経をなるべく整えるようにしましょう。

スキンケアを見直す

ストレス性のかゆみを予防するためには、スキンケアも重要な役割を担ってきます。

洗顔、保湿ケアを正しく行えていますか?また、使っているスキンケア用品はあなたの肌にきちんと合っている物を使っていますか?

こうしたちょっとしたことが、実は肌へ刺激を与えて知らない間にストレスの原因になっている可能性もあります。

また、スキンケアがきちんと行えていない場合は乾燥肌の原因にもなります。

ストレス性のかゆみと同時に乾燥によるかゆみも感じてしまうことにもなりますので、スキンケアを一度見直してみるのも良いでしょう。

健やかな肌を保つ♪おすすめの保湿アイテム

健やかな肌を保って、かゆみや乾燥のない状態になりたい人はこちらの保湿アイテムを使ってみると良いかもしれません。

ここでおすすめのアイテムを紹介させていただきます。

みんなの肌潤セット

バリア機能が低下している肌に対し、充分な潤いを届けて保持、そしてバリア機能を向上させるのであれば、このみんなの肌潤セットがおすすめです。

別府明礬(みょうばん)温泉の成分を配合し、湯の花によって皮膚や皮膚の幹線の油脂や汚れを取り除く、入浴剤の「みんなの肌潤風呂」。

肌なじみの良い微粒子のてん菜糖を植物オイルでコーティングしたことにより、高い浸透力、吸水、保湿力を誇るスキンケア用品の「みんなの肌潤糖」。

肌にやさしく実感度の高いこんにゃくセラミド、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリピジュアも配合された化粧水である「みんなの肌潤ろーしょん」。

この3つをセットで使うことで、相乗効果により普通のスキンケアよりもより高い潤いや保湿力を感じることができる製品です。

乾燥などのかゆみを感じる人はもちろん、普段の肌のケアに自身がなかったり、効果を実感できない人にもおすすめです。

・価格 8,960円(税抜)

・販売元 北の達人コーポレーション

公式サイトはこちら

使った人の口コミ

  • とても保湿感が良い商品で満足できました。
    この商品を使うまでは、違和感を伴う肌荒れが腕にあり気にしていたのですが、使い始めて3回目位ですっかり気にならなくなっていました。 乾燥が原因だったのですね。 とても保湿感が良い商品で満足できました。有難うございました。

    北の快適工房

  • 敏感肌用に作られていて満足しています。
    つけた感じのモチモチ感がすごい!!顔の肌荒れも減りましたし、季節の変わり目でいつも刺激を感じるこの時期でも快適に過ごせています。 敏感肌用に作られているということにも、満足しています。 是非今後も使いたいです。

    北の快適工房

敏感肌の人にも安心して使うことができる成分配合、そして乾燥肌にも効果的なこの3つのセットを使うことでこのような口コミもあります。

乾燥に悩んでいる人は一度購入を考えてみてはいかがでしょうか?

体の内側と外側からストレスに負けない肌作り!

ストレスはいわば万病のもとです。

かゆみだけではなく、多くの体調不良の原因になったり、内臓器官などにも負荷を与えてしまうこともあります。

肌を健康に保つためにも、体の内側や外側からそうしたストレスから負けないように強くしていかなければいけません。

規則正しい健康的な生活、バランスの取れた食生活から始めて、余裕があればそこへ徐々にスキンケアや他の必要なことを付け足していきましょう。

まずは体を第一に、健康的に過ごしていくことが大切です。