顔の肌荒れの治し方は?肌トラブルに決着つけて明日から美肌

顔の肌荒れの治し方は?肌トラブルに決着つけて明日から美肌

顔の肌荒れには様々な症状があって、どんな対処法をすればいいのか分からなくなるのが悩みですよね。ですがそんなトラブルに決着をつけて明日から美肌になるためにこの記事で一緒に肌荒れについて学んでいきましょう。薬や生活習慣まで解説しています。

顔の肌荒れ・赤みの治し方

顔の肌荒れや赤みにお悩みの人も多くいますが、その具体的な治し方を実は知らない人も多くいます。

また、その肌荒れの症状によっては治し方もそれぞれ変わってくるのも悩みの種になってしまいますよね。

そんな悩みの種でもある顔の肌荒れや赤みの治し方をこの記事では解説していきます。

一緒に肌の悩みを解決していきましょう。

顔の肌荒れとは?主な5つの症状

ではまず、顔の肌荒れの主な症状について知っていきましょう。

そして自分の肌荒れの症状がどれなのか、今もう一度きちんと理解して、どんな状態なのかも知っておくと、対処法を楽に探すことができます。

1.肌がカサカサ・ガサガサ

肌荒れで、肌がカサついたりガサガサしたりするなどの乾燥による症状が出てしまうこともあります。

これは季節的なものや、セルフケアや生活習慣によってもたらせるものなどもあり、多くの要因があります。

季節的なものであれば、冬などの乾燥した空気に肌の水分が奪われてしまい乾燥してしまうのですが、セルフケアや生活習慣で乾燥する場合はそのケアの方法などが間違っている場合があります。

熱いお湯などで顔を洗ったり、洗ったり顔を拭くときにゴシゴシと擦ったりするなどもちょっとしたことではありますが、間違いなくダメージを与えてかさつきなどの原因になりますので気を付けましょう。

2.吹き出物やニキビが発生

肌荒れの状態では、肌が刺激に弱くなる他にも、内因的なことから皮脂などが過剰分泌されてしまったり、汚れがきちんと取れていないことも多々あります。

そんな時に起こってしまうのが、吹き出物やニキビなどの発生です。

皮脂の過剰分泌や汚れがきちんと取れていないことで、角栓が出来てしまい、毛穴がアクネ菌などのニキビの原因菌の温床となっていることで起こってしまいます。

もちろん、それ以外にも肌のターンオーバーの乱れなども原因で起こる場合もありますので、こちらも様々な要因で起こってしまうトラブルです。

3.かゆみのあるブツブツ(湿疹)

肌荒れの状態になると、時々あるのかかゆみのあるブツブツ、湿疹の発生です。

皮膚が乾燥することで、肌のバリア機能が低下してしまい刺激がダイレクトに伝わりやすくなってしまっています。

そんなときにアレルギー体質の人が、ハウスダストダニなどから受けた刺激に体が反応してしまい、湿疹ができてしまうのです。

肌の乾燥だけでなく、自分のアレルギー体質も関わってきますので、自分のアレルギー体質もきちんと把握しておくことも大切です。

4.頬がリンゴのように赤い

肌荒れ状態の症状でよく見られるのが、頬が赤くなる赤みです。

これは肌が薄くなる、非薄化という症状によってダイレクトに刺激を受けるようになったことが原因で起こります。

肌が薄くなると、真皮の毛細血管が浮き出て見えることでより赤みが強く見えてしまうのです。

他にも肌の免疫力が落ちてしまい、ニキビや湿疹などができるなど、赤くなる以外にも多くの症状と共に現れることが多いので、赤みの改善だけではなく、他症状の改善とともに対処していくことも多いかと思います。

5.くすみやシワが増える

肌荒れによるトラブルはくすみやシワの増加にも繋がっています。

シワは乾燥はもちろん、外部からの細菌の侵入などが主な原因で、くすみはターンオーバーの低下による古い角質が剥がれないままになったり、肌のバリア機能の低下による紫外線ダメージによってメラニン色素が生み出されることが原因で起こります。

年齢と共にできてしまうこともあるくすみやシワが、肌荒れでもできてしまうのです。

保湿クリームで顔の肌荒れ乾燥を治す

顔の肌荒れによる乾燥を治すときに、保湿クリームを使って保湿することで治す人も多いかと思います。

ではどんな保湿クリームを使ってケアしていけばいいのでしょうか?

セラミド配合+浸透力が高いものが良い

保湿クリームを使って肌荒れを治す場合、成分としてセラミドが配合してあるものを使うのが良いでしょう。

セラミドというのは、肌の表面細胞の間に潤いをため込む性質がある成分で、その中でも人型セラミドは人の体細胞とそっくりに作られているので、使うことでより効果を発揮してくれます。

また、こうした化粧品を使う場合は浸透力が高いものを使うことで、乾燥してダメージを受けている角層などにしっかりと潤いや有効成分を届けることができます。

化粧水・美容液・保湿クリーム

化粧水や美容液、保湿クリームを使う時、どんな順番で使っていますか?

これらの化粧品は使う順番というものがほとんど決まっている為、使い方を間違えると別の化粧品の効果が全く期待できない状態になってしまいます。

また、単品では全く効果を期待できないこともあります。

ここで一度使う順番をおさらいしましょう。

洗顔した後、一番最初に使うのが化粧水です。

化粧水で洗顔したことで蒸発と共に失われる水分を補い、清潔な肌を保つようにします。

次に美容液を使用します。

化粧水で潤いを補った後、不足した栄養素や美容成分を補充してあげましょう。

最後に使用するのが保湿クリームです。

油分を多く含むクリームを最後に使うことで、潤いや栄養などを蓄えた肌に蓋をしつつ、必要な油分も補う役目をしています。

製品によっては使い方が違う場合もありますので、製品を購入したら使い方をしっかりと読んで正しく使用しましょう。

おすすめ高保湿クリーム

では、どんな保湿クリームを使うのが良いのでしょうか?

ここでおすすめのものを紹介しますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

①ニベアクリーム(ニベア)

保湿クリームといえば、特に有名なのがニベアの青缶ことニベアクリームです。

しっとりとした使い心地で、缶とチューブの2種類の容器があるのも特徴的ですが、成分にスクワランやホホバオイルなどの潤いを与える成分がしっかりと配合されているのも良いところです。

セラミド成分は期待できませんが、油分が豊富ですので化粧水や美容液の後に使用することで潤い効果を持続させてくれることは間違いありません。

・価格 ニベアクリーム大缶 810円(Amazon参考価格)

・販売元 花王株式会社

購入はこちら

②潤浸保湿フェイスクリーム(キュレル)

弱酸性、無香料、無着色という肌に優しい処方で、潤い保持を助ける潤い成分も配合された保湿クリームが、このキュレルの潤浸保湿フェイスクリームです。

角層の深部までじっくりと浸透してくれる浸透力の高さ、そして潤い成分に配合された潤浸保湿セラミド機能成分、ユーカリエキスが荒れた肌にしっかりと潤いをもたらしてくれます。

また、消炎作用のある成分も含まれていますので、肌荒れによるニキビなどの炎症にも効果が期待できますし、日ごろから使うことで予防することも可能です。

・価格 2,484円(Amazon価格)

・販売元 花王株式会社

購入はこちら

③薬用ユースキンSクリーム(ユースキンS)

この薬用ユースキンSクリームはエアコンなどによる乾燥、紫外線やアレルギーによって敏感になっている肌を優しく守るように作られたクリームです。

潤い成分にはしその葉エキスを始め、濃グリセリン、油溶性カモミラエキスなどが配合されていますので、しっとりとした使い心地でお肌を守ります。

乾燥によって紫外線やアレルギーの症状にも悩まされ始めた人は、こちらの製品の方がいいかもしれません。

・価格 1,280円(税抜)※メーカー希望小売価格

・販売元 ユースキン製薬株式会社

購入はこちら

洗顔で顔の肌荒れニキビを治す

肌荒れによって起こるニキビを治すには、洗顔を行うことが必要不可欠です。

では、肌荒れニキビを洗顔によって治すことについてここで解説していきます。

洗顔で汚れをしっかり落とす

洗顔をしっかりと行っていますか?

肌荒れの有無にかかわらず、私たちは常日頃から埃や皮脂などを始めとした汚れを肌に付着させています。

この汚れをきちんと落とすことが出来なければ、ニキビや吹き出物に悩まされてしまうのです。

特に肌荒れが起こっている場合、普段以上にきちんと行っておかなければよりひどい肌トラブルを招きかねません。

かといって、やりすぎも肌に対して負担をかけてしまいますので、1回1回の洗顔を丁寧にしてあげましょう。

適当ではダメ!正しい洗顔方法

洗顔をきちんと行う、とはいえその方法が適当では全くダメです。

その適当さのせいで逆に汚れが落ちず、肌にダメージを与えてしまう可能性があるという事をきちんと理解しておきましょう。

では、実際にどのような洗顔が正しい方法なのかをここで解説していきます。

  1. まず手を綺麗に洗い、雑菌などをほとんどない状態の手にする
  2. 30度程度のぬるま湯のみで、まず顔を洗って毛穴を開きやすくする
  3. 洗顔フォームを手に適量取って、泡立てネットなどでしっかりと泡立てる
  4. 泡立てた泡を顔に乗せて、泡を移動させるように手が触れないようにして洗う
  5. すすぐ時には洗い残しが無いように気を付けてすすぎ、10回程度を目安にすすいでいく
  6. 清潔なタオルで顔にやさしく当てるようにして水分を取っていく

これが泡洗顔の基本的な正しい洗顔方法です。

しかし、製品によっては使い方が違う場合もありますので、きちんと使用方法の説明を読んで正しく使いましょう。

おすすめ洗顔料

ではここで洗顔に少し自信がない人にもおすすめできる洗顔料を紹介していきます。

ここに紹介していく洗顔料は汚れを落としやすいものですので、きちんと洗うだけでちゃんと汚れが落ちてくれますよ。

①Non.A(プライマリー)

しっかりと泡立って、ニキビもきちんと予防していきたいという人はこの薬用ニキビ専用洗顔石鹸、Non.Aがおすすめです。

普通の石けんの約4倍弾力のある泡が簡単にできてくれるため、泡が弱くて肌に手が当たってしまうということもなく、丁寧に洗い上げることができます。

またローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュアといった潤い成分も配合されている為、乾燥肌のトラブルからのニキビ、肌の汚れによる炎症からのニキビをばっちりと対処してくれるのが特徴です。

・価格 2,940円(税込)

・販売元 プライマリー

公式サイトはこちら

②クレイウォッシュ(ビーグレン)

洗顔しすぎてしまい、皮脂すらも落として乾燥したり、逆に余計に皮脂が出てしまったりしてしまう、という人はこのビーグレンのクレイウォッシュを使ってみてはいかがでしょう?

落とすものと残すもの、それぞれを見極めてなめらかに洗い上げてくれます。

また、泡立てずに天然クレイであるモンモリロナイトの成分で汚れを吸着して落とす吸着洗顔ですので、肌に余計な傷をつけることなく優しく、けれど確かに汚れを洗い落とすことができるのです。

泡立てるのも苦手だな、と思う人はこちらの製品が楽に洗顔できるかもしれません。

・価格 4,212円(税込)

・販売元 ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

公式サイトはこちら

③どろ豆乳石鹸 どろあわわ(健康コーポレーション)

汚れをしっかり落として、確かに潤いを与えたい、という人は、こちらのどろ豆乳石鹸、どろあわわがおすすめです。

豆乳発酵液による高い保湿効果が期待できるところを更に浸透しやすくした状態で配合しているため、洗うだけで大豆の保湿成分がしっかりと浸透してくれます。

更にヒアルロン酸やコラーゲン、黒砂糖エキスも配合されているので、保湿はばっちりです。

そして2種類の泥を使ったことで、洗顔力も毛穴の奥まで吸着できるほどの折り紙付きです。

・価格 2,980円(税別)

・販売元 健康コーポレーション

公式サイトはこちら

市販の薬で肌荒れ・カサカサを治す

ここまで様々な化粧品を紹介してきましたが、市販の薬で治したいという時はどのようなものが良いのでしょうか?

肌荒れでできやすい状態に合わせたものをこちらで紹介していきます。

ブツブツにおすすめ「イハダ」

ブツブツなどの湿疹が顔にできた場合おすすめなのが、資生堂が販売しているイハダです。

湿疹などができる場所は特定できず、目元や口元といったかなりデリケートなところにできる場合もあります。

しかし、湿疹に効く薬というのは多くがステロイド剤が配合されていることもあり、そうしたデリケートなところに使えませんでした。

けれどこのイハダは非ステロイド剤配合の市販薬になりますので刺激も少なく、目元や口元などのデリケートなところにも使うことができるのです。

エッセンスタイプやクリームタイプ、乳液タイプなど多くの種類がありますので自分にあったものを選ぶことができるのも特徴的です。

・価格 エッセンスタイプ/プリスクリードD 1,944円(Amazon価格)

・販売元 資生堂

購入はこちら

かゆみにおすすめ「メンソレータム」

肌がカサつくと刺激があるのも相まってひどい痒みに悩まされる人も多くいます。

そんな人におすすめなのが、メンソレータムのカユピットです。

この製品にはアラントイン、リドカイン、ジフェンヒドラミン塩酸塩、グリチルリチン酸ニカリウムという4つのかゆみを抑えるための成分と抗炎症作用のある成分が配合されており、かゆみと湿疹の両方に効果的なのです。

また非ステロイドの製品ですので、安心して使うことができます。

・価格 15g 1,296円(Amazon参考価格)

・販売元 ロート製薬株式会社

購入はこちら

幅広い支持を集める「日本薬局方」

顔の肌荒れに対して効果的な薬はいくつもありますが、その中にはやはり人によっては刺激になってしまう成分というのもあるのです。

絶対に安心して使いたい、というのであれば白色ワセリンもおすすめです。

特に日本薬局方の白色ワセリンは傷ついた皮膚に使うことを想定して作られていますので、酸化防止剤や香料などの皮膚の刺激になりかねない成分は全く配合されていません。

顔、目の周りといったデリケートな部分への使用はもちろん、赤ちゃんへの使用も大丈夫な安全性です。

肌の乾燥に対して使うのなら、スキンケアの最後にクリームなどの代わりに塗ると効果的です。

あまり大量に塗るとべたつきがひどいため、なるべく薄めに塗るようにして、気になる所は重ね塗りするとより良い効果を得られます。

・価格 443円(Amazon参考価格)

・販売元 健栄製薬

購入はこちら

病院・皮膚科で顔の肌荒れを治す

化粧品や市販薬よりも、やっぱり病院や皮膚科で診察してもらって治したい、という人はこちらで目的によって異なる選び方などについて知っていきましょう。

目的で選ぶ皮膚科と美容皮膚科

湿疹や水虫、いぼなどを治療することで知られている皮膚科美容皮膚科というものがあることを知っていますか?

美容皮膚科は基本的に皮膚科と違い、ヒアルロン酸治療やしみ治療などを行うことで知られており、医学的に必要とは感じられていないため自由診療という、保険制度が使えない診療体系を取っています。

それぞれが分かれていればわかりやすいのですが、最近では美容皮膚科も行う皮膚科の医療機関が多く、どちらにいけばいいのか迷ってしまうこともあるようです。

そんな時は自分の症状と求める治療をきちんと理解したうえで選びましょう。

かゆみや湿疹などの症状を治すなら皮膚科へ、しみをレーザーなどで治療したいといった美容目的に近い場合は美容皮膚科へ相談してみましょう。

肌荒れを治療するなら皮膚科へ

肌荒れを治療する場合は、それに付随する症状などを考えてみても皮膚科へ行った方が良いでしょう。

美容皮膚科で治療するような症状はほとんどなく、炎症やダメージによる刺激での症状が多いので、検査をしたり有効成分の薬などを処方するのにも皮膚科の医療機関の方が適していると言えます。

肌荒れに処方される皮膚科の薬

皮膚科を受診して処方される薬は、軽度の場合と重度の場合で異なってきます。

軽度の場合

  • ヒルドイド…ヘパリン類似物質を配合した保湿剤のような薬
  • プロペト…白色ワセリンが主成分の皮膚保護剤
  • 非ステロイド剤…オイラックスやレスタミンなどのかゆみを伴う肌荒れに有効な薬

重度、かゆみが強い、アトピー性皮膚炎の場合

  • ステロイド剤…外用副腎皮質ホルモン剤、高い効果があるが副作用の危険もあるので様子を見ながら処方される場合が多い
  • 抗ヒスタミン剤…アレルギーなどによるかゆみを和らげる
  • ビタミン剤…乾燥肌に効果があるため、処方されることもある

治らないなら生活そのものを見直す

ケアをきちんと行ったり、薬を飲んだりしても肌荒れが全く治らない、という場合は生活習慣にその原因があるかもしれません。

一度生活そのものを見直してみましょう。

食べ物は野菜中心

肌荒れを起こしている時におすすめする食事は野菜中心の食事です。

特に緑黄色野菜などのビタミン類が豊富な野菜や果物をしっかりと摂るようにしましょう。

皮膚を健康に保ったり、ターンオーバーの促進の効果のほかに体内で発生する活性酸素に対抗できる抗酸化作用に対しても効果を期待できますので、肌荒れを悪化するのを予防することができます。

ストレスを発散する

ストレスを溜めこんでしまうと、ホルモンバランスの崩れを始め体調不良を起こしやすくなります。

体調不良の中には腸内環境の悪化などに繋がることもありますので、余計に肌荒れがひどくなってしまうこともあります。

ストレスは適度に発散できるように、趣味に没頭したり、お風呂にゆっくり浸かってリラックス効果を得るなど、発散方法をいくつか持つようにしましょう。

十分な睡眠時間を確保する

睡眠時間がきちんと確保できていないと、肌のターンオーバーが滞ってしまう原因になります。

肌のターンオーバーが滞ると、古い角質がずっとそのままの状態となってしまい、汚れやシミくすみの原因にもなってしまいます。

更にホルモンバランスも崩れやすくなってしまいますし、ストレスにも繋がりますのできちんと睡眠時間は十分に取るようにしましょう。

紫外線を浴びない工夫をする

肌荒れの原因の一つは紫外線によるダメージをきちんとケアできていないということもあります。

特に夏場は紫外線が強くなりがちです。

日傘を使ったり日陰をなるべく歩くなど紫外線を無駄に浴びるようなことがないように工夫してみることも大切です。

使用化粧品に刺激物がないかチェック

いつも使っている化粧品ですが、肌が突っ張ったり肌に染みたりなどの刺激を感じたことはありませんか?

こうしたわずかな異変や刺激は肌に対しては大きなダメージにもつながります。

余計に肌荒れが悪化することにもなりますので、そうした刺激などがある時は一度使うのを止めて成分などをチェックしてみましょう。

女性は生理周期で肌調子が変わる

女性の場合は生理周期によってホルモンの分泌量が変化してしまいます。

生理周期の一部では肌のバリア機能が極端に下がってしまう時もあるようですので、毎日のお手入れの時に調子をきちんと確認するようにしましょう。

毎日の肌の調子は簡単に変化してしまいます。

その変化を見逃さないようにすることで、大きなトラブルは避けられるでしょう。

男性は髭剃りのやり方に注意

男性の場合、髭剃りを行うことで口まわりの肌がダメージを受けることもあります。

剃刀は清潔なものを使っているかシェービングクリームなどに肌の刺激物などは含まれていないかももちろん大事なことですが、髭剃り前に洗顔をして髭を濡らし、蒸しタオルなどを使って髭を柔らかくして剃りやすくするなどの工夫をするだけで、ずいぶんと肌荒れの危険性が少なくなります。

過剰にケアし過ぎないこと

肌荒れになるとどうしても早く治したい、という思いが先走ってしまい過剰なケアをしてしまいがちです。

しかし、そんな過剰なケアは肌に対して逆効果で、ダメージになってしまいます。

適度で正しい方法でのケア、規則正しい生活習慣、そして刺激を避けるなどを少し気をつけるだけでも随分と改善されます。

過剰にケアをしすぎないことに注意して、肌荒れを治していきましょう。