黄ニキビの原因を徹底調査!炎症が悪化するには理由があった

黄ニキビの原因を徹底調査!炎症が悪化するには理由があった

白ニキビと勘違いされやすい黄ニキビの原因を知っていますか?顎・頬・鼻・口周り・鼻の下など顔の部位別に解説。正しい治し方、おすすめの市販薬やスキンケア用品を使ってきれいに治しましょう。原因を知ることは予防にも繋がります。

顔の黄ニキビ、どうしてできるの?

白ニキビに似た見た目ですが、周囲が赤っぽかったり赤褐色の色をしているニキビを見たことがありますか?

それが黄ニキビです。

時折痛みを生じるときもあるこの黄ニキビ、実はニキビの最終形態とも呼べるようなニキビということを知っていますか?

そんなニキビがもしかすると知らない間にできているかもしれません。

この記事で黄ニキビについて知っていきましょう。

黄ニキビのできる原因

黄ニキビができる原因というのは基本的にはほとんど同じことです。

しかし、どのようにしてできるのかということをきちんと知っておきましょう。

基本原因はニキビの炎症

黄ニキビの基本的な原因は赤ニキビの炎症です。

毛穴の中でアクネ菌が増殖し、肌が炎症を起こすことで発生する赤ニキビが炎症を悪化させることにより、体はその炎症を収めようと白血球を向かわせます。

白血球とニキビの原因菌が戦うことで、徐々に内部が膿んでいき、赤ニキビから黄ニキビへと悪化していくのです。

炎症悪化で化膿した黄ニキビになる原因

では炎症が悪化して、化膿した黄ニキビになる原因についてここで詳しく解説していきます。

もしかしたら、いつも何気にしている仕草がニキビが悪化する原因だったりするかもしれません。

気になって触ってしまう

赤ニキビを始めとしたニキビができると、やはり意識してしまうせいで気になってしまいます。

そしてつい、ニキビに触ってしまうということもあるでしょう。

しかし、そのニキビに触る手には雑菌や脂がべっとりとついています。

肌のバリア機能が低下して刺激に弱くなっていることもあり、そうした雑菌による刺激余分な脂により皮脂が増えることでニキビが増えたり、更に炎症が悪化するという事態になり、最悪の場合は肌に傷をつけることにもなってしまいます。

ニキビケアのやりすぎ

ニキビができるとしっかりとケアをして早く治そうという気持ちが出てしまうため、何度も何度もニキビケアをしてしまうという人も中にはいるでしょう。

しかし、ニキビケアのやりすぎは逆に肌に対して悪影響を与えてしまいます。

特にニキビケアをするということは、皮脂を落とすことも多いので皮脂を落とし過ぎた結果、肌の乾燥や逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまい、乾燥からのニキビや皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まり、さらにアクネ菌の増殖といったニキビの炎症の悪化やニキビの増殖、肌へのダメージも大きくなります。

油分の与えすぎ

肌の乾燥がニキビや肌荒れに繋がるため、クリームや乳液などを使用して保湿ケアを行う人もいますが、ニキビがある場合この油分が悪化を招くこともあります。

特に赤ニキビがある場合、油分を与えることで量が逆に多くなってしまい、アクネ菌の餌が増えてしまう事にもつながります。

それだけではなく、この油分が毛穴の詰まりを引き起こすことにもなるので、悪化してしまうことにもなりかねません。

生活の乱れ

基本的に、ニキビができる原因にあげられる一つに生活習慣の乱れというものがあります。

睡眠不足からの肌のターンオーバーの乱れホルモンバランスの乱れ食生活の乱れによる皮脂の過剰分泌や消化・吸収能力の低下といった体の不調が起こることでの肌トラブルも多く、ニキビの悪化にもつながりやすくなります。

また、こうした体の不調が起こると体内で活性酸素という身体を酸化させる毒素も発生するため、肌トラブルを始め、体の老化なども起こりやすくなります。

ストレス

ストレスは万病のもとですが、ニキビの悪化などにも関係してきています。

特にホルモンバランスの乱れ肌のターンオーバー皮脂の分泌にも関係してきますし、体調不良による肌環境の悪化にもつながってしまいます。

特にストレスは活性酸素を生み出しやすい状態にしてしまい、活性酸素が多くの細胞を酸化させることで、体を老化させたり、肌に良いというビタミンCがこの活性酸素に対して効果的であるがために肌などに行き渡ることなく、この活性酸素に使われてしまうため、ニキビが一向に改善されなくなってしまいます。

ストレスを発散するために運動したり、リラックスできる時間を設けるようにしてみてはいかがでしょうか?

体質

元々皮脂を多く分泌しやすい体質であったり、肌に何かが触れることで炎症を起こしやすい体質の場合、ニキビが悪化しやすくなります。

元々ダメージを受けやすくなり、弱っている肌ですので外的刺激を受けることで余計に傷を負ったり炎症をしたりすることで、より炎症が悪化してしまうのです。

また、皮脂を分泌しやすい体質、つまりオイリー肌の場合はそうした皮脂の過剰分泌によりアクネ菌が増殖しやすくなりがちですので、ニキビが増えたりと悪化してしまいます。

紫外線を浴びている

日差しが強い時などに、弱った肌の状態で浴びる紫外線のダメージ強い刺激になります。

また紫外線からのダメージを弱めるために、角質層がより厚くなってしまい結果的に古い角質が肌の表面に集中するため、より毛穴の詰まりを引き起こしやすくなります。

また紫外線を長く浴びすぎると体内で活性酸素も発生し、肌の老化現象によって肌のターンオーバーの乱れも発生し、炎症を治す時間が遅くなるのも合わさって悪化してしまいやすくなります。

大量にできる場合

赤ニキビや黄ニキビが大量発生する場合があります。

そんな時は自分の生活習慣が乱れていなかったかを一度省みてみましょう。

大量にニキビができてしまう時は、生活習慣が乱れに乱れた結果、肌の限界を超えたことで肌のターンオーバーの乱れも限界になり、毛穴が小さく詰まりやすくなったこともあって一気にできてしまうのです。

睡眠不足栄養バランスの崩れを始め、私生活や職場などでストレスを溜めこんでいたりはしませんか?

スキンケアなどをサボってしまうというのも原因に挙げられますが、こうしたスキンケアは1日程度サボってもなんら問題はありません。

しかし、他の生活習慣の乱れは一気に肌への悪影響が出てくるのです。

顔の場所別の原因

黄ニキビの原因は主にニキビの炎症ではありますが、顔の場所によってニキビができてしまう原因がまたそれぞれ違ってくることもあります。

ここで場所によってできてしまう原因について知っていきましょう。

顎は特にできやすい部位の一つでもあります。

ふとした時に触れたりすることも多く、口周りと同じで食べかすがついていたりすることもある顎には細菌が繁殖しやすく、手から皮脂や細菌がついてしまうことの多い箇所でもありますので、白ニキビや赤ニキビも出来やすく、男性の場合は髭剃りなどで肌もダメージを受けやすい箇所ということもあって、炎症が悪化して黄ニキビへとなりやすいのです。

頬はふとした時に触れたりするだけでなく、寝具に特に肌を密着する部位でもありますので、寝具が不衛生な場合は特に影響が出やすい部位でもあります。

細菌の繁殖や肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れの影響が出やすいこともあって、生活習慣の乱れや肌状況によって黄ニキビが簡単にできてしまうこともあるでしょう。

鼻は実は1日に知らぬ間に30回は誰でも触れている可能性がある箇所です。

無意識のうちや癖で触れている人も中に入るのではないでしょうか?

Tゾーンの一つであり、皮脂の分泌量も多い鼻に細菌や皮脂がたっぷりとついた鼻で知らぬ間に触れていることでニキビが多くできやすい箇所ともいえるでしょう。

更に生活習慣の乱れも加わると黄ニキビがポツリと突然できていることもあるでしょう。

口周り

口周りには食べかすが良くついてしまう影響で細菌が繁殖しやすい箇所で、更に乾燥しやすいことからニキビが多くできがちです。

また、口周りにニキビができるのは内臓、特に胃に負担がかかっていることの表れでもあるのです。

偏った食事や食べ過ぎ、アルコールの飲みすぎなどの食生活の乱れなどが肌に現れている可能性もありますので、一度自分の食生活を見直してみると実は胃に負担がかかっているかもしれません。

鼻の下

鼻の下というのは皮脂腺が多く、ニキビが発生してしまうと悪化して炎症しやすい場所でもあります。

今まで黄ニキビができた、という人は鼻の下やその周辺にできたことが多いのではないでしょうか?

またこの鼻の下は髭が生えたりなど、男性ホルモンの影響を受けやすい場所ですのでホルモンバランスが崩れてしまうと一気にニキビができやすい環境になってしまうのです。

黄ニキビの治し方、正解はどれ?

ではどのように黄ニキビを治していくのが正解なのでしょうか?

以下で正解の治し方について解説していきます。

放置

黄ニキビで一番やってはいけないことは触ることです。

触ることでより細菌や皮脂を付けてしまい、悪化させたりはもちろんですが、一番最悪なのは誤って潰してしまうということです。

これにより真皮に大きなダメージを残してクレーターになってしまうこともあります。

しかし、だからといって放置することもおすすめできません。

必要最低限肌へのスキンケアは必要ですし、清潔に保ってあげることも必要なケアですので、放置してしまうことで逆に悪化してしまうこともあります。

ほぼ治りかけであれば放置してもさほど問題はないでしょうが、出来たばかりや気づいたばかりであるならきちんとケアしてあげましょう。

オロナイン

黄ニキビができたということで、ニキビに対して有効であると言われるオロナインを塗る人もいるかと思います。

しかし、黄ニキビに対してオロナインは全く効果を期待できません。

むしろそのクリーム状の薬自体がニキビを悪化させてしまう可能性もあります。

オロナインが効果を発揮してくれるのは赤ニキビの初期状態です。

例えニキビに効果的だと言われても、黄ニキビに対してオロナインを塗るのは止めておきましょう。

芯を潰す(膿を出す)

ニキビの改善のために芯を潰したり、膿を出したりする人もいるでしょう。

しかし、無理に黄ニキビを潰した場合、ひどいクレーター状のニキビ跡が出来てしまったり、真皮に大ダメージを与えることに繋がりますのでおすすめできない改善法でもあります。

しかし、どうしてもこの黄ニキビの膿を出したいという人は、美容皮膚科でニキビの膿出しの処置をしてもらうことが可能です。

どうしても潰してしまいたい、という人は処置をしてもらうようにすることをおすすめします。

テラコートリル

薬を使うのであれば、炎症によって起こっている黄ニキビには抗炎症作用のある薬がおすすめです。

特にテラコートリル炎症を鎮めると同時に悪化するのを防いでくれるので化膿状態である黄ニキビに特におすすめの薬ともいえます。

1,000円(税抜) 販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン

テラコートリル

他にもアクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌など黄ニキビの原因菌を殺菌できるペアアクネクリームや、2つの抗生物質が配合されているドルマイシン軟膏もおすすすめです。

自分のニキビにあった薬を使用しましょう。

『ペアアクネクリーム』14g 950円、24g 1,450円(税抜) 販売元:ライオン

ペアアクネクリーム

『ドルマイシン軟膏』1,000円(税抜) 販売元:ゼリア新薬工業

ドルマイシン軟膏

処方箋の薬

黄ニキビを改善するために皮膚科に受診することも一つの方法です。

そこで処方してもらう薬も医師や状態によって様々ですが、多くはこのような薬を処方してもらうことが多いでしょう。

飲み薬であれば抗生物質のミノマイシン抗炎症剤であるブルフェンなどを始めとした錠剤が挙げられます。

人によってはビタミン剤であるハイチオールなども処方されることもあるでしょう。

塗り薬は皮脂抑制効果の期待できるイオウカンフルローション抗生物質であるアクアチム系の薬抗炎症剤のスタデルクリームなどを処方されることが多くなるかと思います。

薬以外の皮膚科治療

薬以外の皮膚科治療を希望するのであれば、重症度の度合いによってステロイド注射を受けることもできますし、レーザーによる炎症抑える治療法を受けることが可能な医療機関も存在します。

こうした薬以外の治療法を受けたいのであれば、そのような治療を行っているかどうかきちんと医療機関に問い合わせた上で受診することが大切になってきます。

もちろんこれらの治療を受けても薬が処方されることもあるでしょうが、きちんとその薬も服用することで改善により近づいてくれるということをきちんと理解しておくことも必要です。

中には美容皮膚科での自由診療でこれ以外の治療を行うことも可能なこともありますので、美容皮膚科での治療を行う人もいるようです。

黄ニキビ予防におすすめ「ノブAC」

黄ニキビを予防したい、というのであればまずは根本的な原因になりやすい赤ニキビを予防することが必要です。

そんな時におすすめなのが、ノブACの製品です。

ノブACは、ほぼすべての製品にビタミンC、ビタミンE誘導体が配合されており、他にもビタミン類が配合されているだけでなく、リピジュアなどの保湿成分もしっかりと配合されていますので、ニキビに対する有効成分はばっちりです。

また、マイルドピーリング効果で古い角質などを優しく、綺麗に洗い落とすことができるので、汚れも角質もきちんと対処できる製品でもあります。

効果マイルドピーリングによる古い角質の洗い落とし
保湿ケアと透明ケアを同時に行える
有効成分ビタミンC誘導体
ビタミンE誘導体
ビタミンB2
ビタミンB6誘導体
ヒアルロン酸
リピジュア(R)
価格 7日間お試しセット1,500円(税抜)
販売元常盤薬品工業

公式サイトはこちら

こちらも注目、白ニキビの原因と治し方

ニキビの中でも一番最初にできる、皮脂を溜めている白ニキビを対処することで多くのニキビを対処することができます。

白ニキビの原因とその治し方をここで解説していきます。

肌の乾燥

肌の乾燥により、皮脂の過剰分泌が起きやすくなります。

皮脂が多く分泌されることで毛穴の詰まりがひきおこされ、白ニキビができやすくなってしまいます。

更に乾燥による肌へのダメージの受けやすさは、肌の傷をつけることにもなりますので白ニキビだけではなく、肌の炎症や大きなダメージ自体を作りやすくなってしまうのです。

改善するためにはきちんとした保湿ケアを行う必要があり、毎日のスキンケアを正しく行っていくことが大切です。

過剰な皮脂

食事の乱れ、偏食傾向肌の乾燥などによって、時に過剰な皮脂が分泌されてしまいます。

この過剰な皮脂は毛穴の詰まりを引き起こし白ニキビを簡単に生み出してしまいます。

更に雑菌やニキビの原因菌の餌になる皮脂が多いという事で、こうした菌の繁殖も行われやすくニキビが出来やすい環境が整えられてしまうことにも繋がります。

皮脂の抑制効果の期待できるビタミンを多く含む化粧品や、余分な皮脂を洗い流す洗顔が大切になってきます。

優しく肌を労わるように洗顔や保湿ケアなどを行ってあげましょう。

食生活の乱れ

食生活が乱れることで簡単に皮脂は過剰に分泌されやすくなります。

ファストフードや油もの糖類を多く含む菓子類を多く食べたり、肉食傾向にある場合、普段と比べてより皮脂が分泌されやすくなりがちで、このような食生活が原因でニキビはできやすくなると共に、コラーゲンやビタミン不足により肌のターンオーバーや活性酸素に対抗できるものがなくなりますので、肌をはじめとした体の老化や酸化現象に対応できなくなることにもなります。

食生活の乱れは肌を始めとした体の不調の元です。

バランスの良い食生活を心がけ、ニキビや肌トラブルを改善するのであれば野菜や果物を多く食べるように心がけると良いでしょう。

睡眠不足やストレス

睡眠不足は肌のターンオーバーの低下を招いてしまうため、古い角質が重なっていき、これらを除去することがどんどん難しくなります。

さらにこの睡眠不足からストレスをため込みやすくなり、ストレスによる体調不良を始め、ホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまい、皮脂分泌の過剰を引き起こすこともあります。

また体内で活性酸素を発生させやすくしてしまうため、肌に対しても悪影響を与えつつニキビを発生させやすくすることにも繋がります。

規則正しい生活習慣を心がけ、睡眠時間はしっかりと取ること、そしてストレスは溜めないできちんと発散できる手段を持つか、自分がリラックスできる時間をきちんと取れるようにしてあげると良いでしょう。

原因を理解して黄ニキビ予防しよう

黄ニキビができる原因はとても単純ですが、出来てしまった時は治すのはとても難しく、時間がかかります。

更に痛みを伴ったり、かゆみを伴ったりすることもありますから、触ったりかいてしまったりすることでより悪化してしまうこともあります。

そのようなことにならないようにまずは、ニキビ自体にたいして予防をすることが大切です。

皮脂の分泌、肌の乾燥、食事の偏食など多くのことに気を付けながら毎日を過ごすようにしてみてください。

また洗顔やスキンケアにも気を配ってあげ、成分もビタミンや保湿成分などの有効成分が配合されている物を選んだり、そんな製品を使って優しくケアしてあげると効果的です。