潰していい?黄ニキビの芯の対処方法。状態の見極めが跡にしないコツ

潰していい?黄ニキビの芯の対処方法。状態の見極めが跡にしないコツ

黄ニキビの芯。これは自分で取りだしていいものなのでしょうか?医学の場でも賛否両論なこの問題ですが、素人である私たちが行う時は、適切に行わなければなりません。確かに安全に行えばメリットもありますが、リスク・デメリットもあるのです。要確認です!

黄ニキビの芯、潰す?潰さない?

ぽつっとできてしまった黄ニキビ。それは早く改善したい肌トラブルです。それを鏡で見ていると、潰して芯を出した方が、治るのではないか?とも思えてきます。確かに潰すこともアリと言えるのです。けれどそれにはリスクがつきもの。そのリスクや注意点を知ったうえで行うのか、止めておくのかを決めてください。

黄ニキビの芯と膿の違い

黄ニキビの芯

このというものは、黄ニキビとなる前の白ニキビ、黒ニキビの時点から毛穴に存在してたものです。その正体は簡単に言ってしまえば、「角栓」、「コメド」と呼ばれるものです。また医学的には「微小面皰」とも呼ばれています。ただ単にメイクなどの汚れやターンオーバーの乱れによる正常にはがれなかった古い角質が毛穴に詰まっただけなら、食事に気をつけるなどを意識する、適切な洗顔を行うことで解消されますが、そこに皮脂が分泌されともにたまり始めると、ニキビへと進行していきます。

まず最初の段階が「白ニキビ」です。これは先にも伝えた毛穴の中に古い角質と皮脂がまじりあって固まっているもので、角栓、コメドの状態です。そしてその毛穴の出口にある角栓が酸化し黒ずんだものを黒ニキビと呼びます。そしてそこにアクネ菌が繁殖してしまい、炎症を起こしてるのが赤ニキビ、さらに進行して黄色ブドウ球菌が繁殖したものが黄ニキビです。

黄ニキビとなった時もその芯は存在します。形状は縦に長い米粒のようなもので、色は白です。固形で固いのが特徴です。たまに黄ニキビの先に芯が出ている時もあります。

ですが黄ニキビの膿と芯は固さは違いますが、色が区別しにくいため、黄ニキビが何らかの理由で潰れてしまった時も膿なのか、芯であるのかということはわかりにくいでしょう。

黄ニキビの膿

黄ニキビと白ニキビを間違えてしまうこともあるようですが、黄ニキビの特徴として、

  • 黄色っぽい色
  • 肌から黄色いものが盛り上がっている
  • ニキビの皮膚が薄くなっている
  • ニキビに固さがない

それは見た目で白ニキビと似ていると思うこともあると思うのですが、こういった特徴は黄ニキビならではのメカニズムから来ています。ニキビにアクネ菌が繁殖し、そしてさらに黄色ブドウ球菌も繁殖します。それらは「菌」ですから体の免疫作用が働き始め、好中球と呼ばれる白血球の一種が菌を殺します。そしてそれらの戦いの後、死んだ白血球の残骸が残ります。これが黄ニキビの膿なのです。

先ほど伝えた黄ニキビにもある「芯」との違いは、ドロッとした液状であるという形状上も違い、そしてまたメカニズムも全く違うものなのです。

芯をとって良い黄ニキビとは

膿のたまった黄ニキビならOK

この状態の黄ニキビであれば潰すことも可能です。ですが「それがオススメ」というわけではありません。

ただし間違いのない方法で芯をとるのなら、この状態のニキビはOKです、という意味です。膿がたまっているのみの黄ニキビの場合、炎症は治まっています。そして毛穴の中に作られた袋の中に死んだ白血球の残骸が入っているという状態ですから、その膿を出すと同時に芯をとることもできるのです。

ただし失敗をするとリスクを伴うことも事実です。というのは白血球まで動員されるということは、それだけ皮膚の炎症も広がっているというとです。それはもしかしたら真皮にまで達している可能性もあります。すると自然治癒より、潰す方が、その真皮のダメージがニキビ跡として残りやすいという可能性もあるからです。

なかなかわかりづらいとは思いますが、出てきた膿の中に固い固形物が混じっています。それが芯です。

固い黄ニキビはNG

黄ニキビが固いという場合、それは白血球のアクネ菌や黄色ブドウ球菌との戦いが終わっていないという可能性もあります。まだ炎症が治まっていないという状態とも言えます。つまり赤ニキビから黄ニキビへと移行している最中です。そんなタイミングで芯を出そうと、ニキビに触ったり、潰そうとすると、炎症も悪化していまいます。

またなぜ黄ニキビが硬くなるのかというと、それはニキビの芯が肌の奥深くでできたという場合が多いのです。するとニキビがある皮膚の表面が固まった黄ニキビができてしまうこともあります。またその肌ダメージを修復しようとコラーゲンが集まってしまい、そのせいで肌が固くなるということもありえます。

この状態の黄ニキビは抗炎症剤や抗生物質が効果を発揮します。またそれほど気にならないなら、放置も1つの手段です

硬くなってきた治りかけの黄ニキビはNG

治りかけの黄ニキビがカサカサと固くなってきたら、それは自然治癒へと向かう兆候です。このニキビの芯や膿はとるべきではないというより、とる必要もありません。そして無理にとれば跡となりやすくなります。

特に黄ニキビの治りかけには、戦ってくれた白血球の残骸が自然治癒に従って、乾燥してきたという状態です。その乾燥した部分が取れそうだと感じ、とっていまいたくなる気持ちもわかるおですが、それはNGです。その乾燥した箇所も自然治癒と人間が本来持つターンオーバーの力で、自然にとれることを待つことがベストです。すると跡も残りにくいのです。この黄ニキビは放置でOKです。

黄ニキビはオロナインでは治せないの?

治せません。確かにオロナインの効能として「ニキビ」とあるのですが、これは白ニキビや黒ニキビに対して使うことがおすすめです。というのはオロナインにはクロルヘキシジングルコン酸塩液という殺菌作用のある成分が含まれています。そのため白ニキビや黒ニキビなど初期の段階のニキビの悪化を防ぐ意味では有効ですが、黄ニキビは炎症が終わっているものでもあり、そこにオロナインを使っても意味がないという可能性もあります。

確かにオロナインでは黄ニキビを治せないと思います。けれど黄ニキビの撲滅に何か薬を使いたいと思う人も多いでしょう。そんな時は抗炎症剤や抗生物質などがおすすめです。抗炎症剤は文字通り、炎症を抑える作用をもっています。そして抗生物質ですが、これは細菌を殺すという作用も持ちますが、特徴的なのが細菌の増殖を抑えるという点です。早急に治したい場合は使いたいものです。

黄ニキビの芯を正しくとる方法

黄ニキビの芯をセルフで取り除く、メリットも確かにあります。けれど失敗によって、跡が残るというリスクも覚えておいてください。ただし、この黄ニキビの芯を取り除くということに関して、推奨している皮膚科医も確かにいるのです。ですが、その反面「リスクが高すぎる」という意見の皮膚科医もいます。

その様に医学の場でも意見が分かれるところです。そして自分で芯を取り除くことにためらいがある人は皮膚科でとってもらいましょう。すると当然、素人が行うより、プロフェッショナルで機器も充実した皮膚科で、芯を取り除く方が、リスクは低くなります。

黄ニキビの芯の取り方

黄ニキビの場合、白ニキビや黒ニキビと違って芯(角栓・コメド)だけを取り除くことはできません。芯を取り出そうとすれば、同時に膿も出てきます。つまり膿を出すことで芯が取れるということがあり得るのです。では黄ニキビの芯出し法です。

用意するのは、家中で最も細い針、消毒液(マキロンなど)、コットンです。準備として針を消毒液で殺菌し、コットンにも消毒液を浸しておいてください。そして洗顔も済ませておきましょう。

  1. 消毒液を浸したコットンで、黄ニキビを消毒する
  2. 針でゆっくり黄ニキビを刺していく(この時、プチっという感触があったらそこでストップ。血が出たら芯出しを止める)
  3. ニキビの周囲を優しく押して、膿を出す(出し切るという意識はしないでOK)
  4. 顔を流水で洗い流す

という方法です。

この時の注意点はまず、針を奥まで刺さないことです。針が膿の入った袋の底に達すると、その肌細胞を傷つけてしまい、跡が残りやすくなるためです。また血が出たときは、やはり袋の奥まで針が達したという可能性、そして炎症が治まり切っていなかった黄ニキビに針を刺してしまった可能性もあります。ですからこの時もストップです。そして流水で洗い流しておきましょう。

また膿を出し切ろうという意識は持たないほうが良いのです。膿が残ったとしても、自然に分解されます。指で押しすぎると、やはり肌のダメージとなってしまい、それによってニキビ跡が残りやすくなってしまいます。

取れた後のケア

以上で伝えた黄ニキビの芯を出す方法の中、器具やハリを刺す前の黄ニキビは消毒するというのに、最後は「流水で」となっていることに疑問を抱きませんでしたか?この消毒液を使わないという点は、その後のケアに大きな関係があります。そのケアには湿潤療法を使いたいためです。

キズなどでも透明な体液が染み出すことに気が付くこともあると思います。その体液とは「湿潤液」と呼ばれるものです。

この浸出液とは、血清成分で白血球なども多く含まれるものです。どんな役割を持つのかというと傷の修復です。その修復の能力から、最近では湿潤療法もメジャーになっています。その湿潤液を利用すれば、潰した後のケアとして、「早く」、「痛みもなく」、「跡も残さず」治すことが可能です。

それに対し、湿潤液を使わず、傷を治すこともあります。私たちが子供のころ転んでけがをしても、消毒液を吹きかけ、絆創膏を貼り、その傷がカサブタとなるのを待ちました。そしてカサブタがはがれて完治というものでした。けれどそういった治療法は、デメリットとして、跡が残りやすいという点が挙げられます。

キズパワーパッドを使う

キズパワーパッドとは外側はポリウレタンフィルム、内側はハイドロコロイドというものでできています。ポリウレタンフィルムは外側からの雑菌・水などの侵入を防ぎ、ハイドロコロイドは傷と密着し湿潤液をゼリー状にします。

今までの常識では、傷はまず消毒が必要なものでした。けれどその消毒のメカニズムは菌のたんぱく質を攻撃して消毒するというものです。すると傷口の皮膚、そのたんぱく質までも傷つけてしまうのです。雑菌は流水で流した程度で落ちるのだそうです。

手順を紹介します。

  1. 流水で洗い流す
  2. キズパワーパッドを貼る(そのキズパワーパッドが貼られている際、湿潤液が傷口を回って修復していきます)
  3. 最大5日間貼ったままで構わない(けれど、フィルムの端がはがれてくるなどしたら新しいキズパワーパッドに貼り換えます)
  4. 浸出液が出なくなったら完治です。
  5. その後は保湿をするようにしましょう

注意したいのはキズパワーパッドをニキビに貼っても治らないという点です。キズパワーパッドを使う際はニキビの芯と膿を出した後です。つまり肌に傷がついていて、浸出液が出ているという状態です。そうであればキズパワーパッドは有効なものですが、ニキビ自体に浸出液は出ていません。つまりニキビに貼っても何の意味もないのです。

キズパワーパッドを使わない場合

キズパワーパッドがないという場合にも、家庭に良くあるもので代用できます。用意したいのはワセリンとラップ、絆創膏です。

ラップは芯を出したニキビに貼れる程度の大きさにカットしておいてください。

  1. 流水で洗い流します
  2. ラップにワセリンを塗ります
  3. そのラップを患部に貼り付けます
  4. ラップが外れないよう絆創膏を貼ってください

この治療法の時ワセリンを塗るのはワセリンの「入れない、出さない」という性質を利用しているという点が1つ、そして傷口に密着させるためでもあります。そして、ワセリンを使用したときの湿潤療法では、1日に2~3回貼りなおさないといけないようです。その貼り換えの際は1の流水で洗い流すから始めましょう。こうしてみるとやはりキズパワーパッドを常備していた方がよさそうに思えます。

キズパワーパッドは普通サイズ10枚入りで通常1,012円(税込)ですが、Amazonでは806円(税込)で販売されています。メーカーはジョンソン・エンド・ジョンソン。ブランド名はバンドエイド®です。

気になる人はコチラをCheck!

芯を取る場合の注意ポイント

さきにも伝たのですが、黄ニキビの芯を出すには注意が必要です。失敗が怖いからです。失敗したリ、適当な芯の出し方をすると、跡が残る確率も高まります。その跡とは凹凸やクレーターなどです。するとニキビの治療後深い悩みとなってしまいます。以下に注意点をまとめます。

  • 使う針などの消毒は念入りに
  • 針を刺すときは、ゆっくり。プチっとした瞬間に針を刺すのをやめる
  • 血が出たらストップ!
  • 膿を出し切らない
  • 治療後は消毒せず、流水で洗い流す

というものです。ニキビの膿や芯を出す場合、この注意点をしっかり忘れないようにしてください。

芯を出したら固くて黒いものが出てきたけど?

これには2つのことが考えられます。1つには毛穴の中で何らかの理由によって内出血が起こっていて、その出血が固まったものかもしれません。もう1つは芯が黒かったという理由です。ニキビの過程の黒ニキビの際、皮膚表面に突き出ていた角栓・コメドが酸素に触れて酸化していたというケースです。その2つのものが、黄ニキビを潰したときに出てきているのでしょう。

黄ニキビを潰したつもりが、黒ニキビを潰した可能性もあります。その際に出てくるものはやはり酸化した角栓・コメドです。

いずれにしても、適切な方法で芯を出したのだとしたら、「固くて黒いもの」が出てきたとしても、そう心配は必要ないと思います。

はるこ先生
このような点に気をつければ、黄ニキビを潰すリスクも減るのね!
アッキーはどう思う?
アッキー
いや、その点は理解できたんですけど、僕はニキビの推移を見守る派です。

黄ニキビをできるだけ早く治す4か条

今黄ニキビで悩んでいる人は芯をとるor芯をとらない、で迷っていませんか?確かに黄ニキビであっても自然治癒はします。けれどその自然治癒を待てない、けれど黄ニキビは早く治したいという人も大勢だと思います。そのためにはご自身でなにができるのでしょうか?それは体の中からのサポートももちろん必要です。そして日常生活で気をつけたいことも多くあります。芯をとる、とらないにかかわららず、以下の点に注意すれば、黄ニキビの治りが早くなります

①必要がなければ触らない

黄ニキビは、ニキビのトラブルの中でもトップクラスの気になるものだと思います。そのためつい触ってしまいがちにもなります。手のひらには約45万個、爪には約440個の菌がついていると言われています。それらは手を水で洗っただけでは落ちないのです。

通常の手にそのような菌がついているのですから、ニキビを潰すとき以外は、黄ニキビに触れるべきではないのです。ニキビの悪化を招きます。またスキンケアのときは手をよく石鹸で洗ってから行いましょう。

洗顔方法に気をつける

この洗顔の際も注意が必要です。ついゴシゴシ洗ってしまうのが癖という人はいませんか?けれどそれはNGです。黄ニキビを覆う皮膚は薄いものが多数です。そのためゴシゴシ洗顔の時、黄ニキビが潰れてしまう可能性もあります。黄ニキビができている時の洗顔はいつも以上に慎重に、優しく行いましょう。

そして黄ニキビがある場所の洗顔ですが、洗顔料をよく泡立て、そのボリュームのある泡を黄ニキビに置くような意識で洗顔することをおすすめします。

洗顔中誤ってニキビを潰したとき、乾燥した膿が取れてしまったときは上記した湿潤療法で治療するといいでしょう

栄養たっぷりの食事を摂る

黄ニキビを治していこうと思った場合、やはりターンオーバーの正常化が必要となってきます。それはターンオーバーによって、黄ニキビの膿や芯が押し出され、健康な皮膚が表面に現れるためです。

ターンオーバーを正常化する栄養素と含まれる食品は

  • タンパク質(肉、魚、大豆食品など):皮膚を作る元となるものです。
  • ビタミンA(レバー、ニンジン、しそなど):ターンオーバーを促す栄養素です。
  • ビタミンC(緑の濃い緑黄色野菜、フルーツなど):この栄養素はニキビを修復するうえで必要なコラーゲンの生成に欠かせない栄養素です。
  • 亜鉛(牛肉、卵、納豆):細胞の合成を助けます。
  • ビタミンE(かぼちゃ、ナッツ類、ウナギなど):血行を促す作用があることからニキビに栄養がいきわたります。
  • ビタミンB群(卵、レバー、魚介類など):これはニキビ予防にも効果的で、粘膜や皮膚を健康な状態にキープさせる力をもった栄養素です。

せめて黄ニキビがあるときは、ジャンクフードはお休みにしましょう。というのはジャンクフードのほとんどは「脂質・糖質」でできています。するとその脂質や糖質の代謝にニキビに必要な栄養素が使われてしまい、ニキビも治りにくく、そして新たなニキビもできやすくなってしまうのです。

睡眠時間をしっかりキープ

体はダメージを受けると、それを夜間、寝ている間に修復するという働きがあります。それは成長ホルモンが分泌されるからです。この成長ホルモンは組織の成長や代謝のコントロールを司っています。夜間成長ホルモンが分泌されれば、美肌にもなり、黄ニキビの修復もしてくれます。

成長ホルモンの分泌が活発なのは、22時から2時までとも言われていますが、寝付いてからの3時間、脳も休んでいる、ノンレム睡眠時に質の良い眠りをとることもまた成長ホルモンを分泌させます。睡眠時間としては6時間は取ることがベストです。

また、

  • 適度な運動
  • ストレスの発散(入浴、アロマなど)
  • 内臓の機能を落とさない(暴飲暴食をしない、アルコールも程々にする、内臓を冷やさない)

ということも黄ニキビを治りやすくします。

アッキー
やっぱり黄ニキビになってしまうと、芯をとる・とらないにしてもリスクがあることが分かったんで、僕は断固として黄ニキビにさせない派に修正です!以上の注意点に気をつけたいです!
はるこ先生
アッキー、今日は絶好調ね。
けれど万が一っていうこともあるじゃない?
私の友達にも黄ニキビケアを教えてあげようっと♪

早期ニキビケアにおすすめ基礎化粧品2選

ニキビが黄ニキビになってしまうと、治療も難しく、潰すにしても潰さないにしても、やはりリスクは伴います。黄ニキビは真皮まで達してしまうと、治っても凹凸やクレーターなどの跡として残りやすくなるからです。それを未然に防ぐには「ニキビを黄ニキビにしない」ということが基本ではないでしょうか。以下に黄ニキビまで進行させない化粧品を2選で伝えます。

大人のニキビ悩みに【ノブAC】

このノブACは敏感肌にも使える処方となっていて、低刺激です。潤い成分と肌荒れ予防成分を同時に配合しています。特に大人ニキビにおすすめとのこと。刺激のない、優しい保湿、ニキビケアに効果ありそうです。ニキビもできるのに、乾燥肌という人にもおすすめできます。初めてなら1週間分のトライアルセットで試せるところもいいですね。クレンジング、洗顔フォーム、フェイスローション、モイスチュアジェルのセットです。1,620円(税込)、送料無料です。メーカーは常盤薬品、ブランド名はノブです。

効果有効成分コスパ
保湿、ニキビ予防、ニキビの改善
リピジュア®、ヒアルロン酸Na,アラントイン、感光素201号、ビタミンB6誘導体等
  

このノブACは保湿成分がたっぷりなことから、乾燥しやすい部分にできる大人ニキビに効果的です。そしてその成分のうち、アラントインが配合されています。このアラントインは速やかに傷を修復させる効果を持っているため、黄ニキビに効果的なのです。一時カタツムリの粘液を利用した化粧品が流行りましたが、このカタツムリの粘液にもアラントインは含まれています。

  • 仕上がりは吹き出物のできにくい肌
    普段は乾燥気味なのですが、周期的にオイリー肌となり吹き出物が気になる時期があるため、その時期にトータルでこちらのトライアルキットを利用してみました。 メイククレンジングは、脂っぽいかなと感じましたが、毛穴の中にきちんと入りこんで余分な汚れや皮脂を溶かし込んでくれるので、寧ろすっきりとメイクオフすることができます。 また、クレンジングフォームは泡立ちがよく、お肌への負担も感じることなくマイルドなピーリングで肌表面の角質を取り除いてくれます。 洗った後は、化粧水がしっかりお肌の深部に浸透してきます。 この化粧水、さらっとタイプですが、つけるとしっとりとお肌がしっかり潤います。 その後に使う保湿ジェルは、べとつかずにお肌を保湿してくれます。きれいになった毛穴を塞がないので吹き出物もできにくいお肌に仕上がります。

    @コスメ

  • お肌が改善!メイクもできるように
    原因不明で数か所にひどいかぶれが出来て、お医者さんでステロイドの薬を処方してもらいました。 ひどいかぶれ箇所だけでなく、顔全体がゴワゴワしてひどくくすみ、 顔にスジが出来、ほうれい線が出てくる状態でした。 手持ちの化粧品では飛び上るほど沁みてしまうし・・・ (中略) ゴワゴワしていた顔は柔らかく、茶色くくすんでしまっていた肌は元通りになっていき、ほうれい線もほぼ消えました。 メイクが全くできなかったのですが、落ち着いたおかげで簡単なメイクもできるようになりました。 化粧水以外も低刺激で使い心地はよく、私には合っていたようです。

    @コスメ

確かにこのノブACは大人ニキビも治す力があるようです。やはりニキビはうっとうしい悩みです。ニキビのできない肌へと導き、肌のゴワゴワ感、くすみも改善されたよう。メイクをできるようになると、女性にとって嬉しいことです!

気になる人はコチラをCheck!

思春期~脂性肌に【プロアクティブ+】

プロアクティブ+はまず、毛穴の汚れを徹底除去、黒ずみもなくなります。繊細な日本人の肌に配慮した優しい処方となっていて、3ステップでニキビを予防します。使い続ければ、ニキビのできない肌へと導かれます。メーカーはザ・プロアクティブカンパニー、ブランド名はプロアクティブ+です。3つのセットで4,900円(税込)です。

効果有効成分コスパ
毛穴の汚れも除去、日本人に合わせた処方、ニキビの改善
サリチル酸、グリチルリチン酸2K、ビタミンC誘導体、ホホバオイル等
  

このプロアクティブ+でどのように黄ニキビケアができるのかというと、それは配合されているサリチル酸の効果が高いのではないかと思います。サリチル酸はマイルドなピーリング作用を持ち、黄ニキビがピーリングされていくうちに膿も芯も排出されていくのでしょう。

  • 簡単なステップなのにニキビに効果
    3ステップでニキビケアが完了できます。 簡単なのにニキビケアがしっかりできるのが嬉しいです。 全体を通して表面はサッパリしているのに内側はしっとり潤っている感じがするのが良いです。 洗顔料にソフトスクラブが入っており、ソフトなので肌に負担をかけずにザラザラ角質をとってくれます。洗顔ブラシを併用するとさらに毛穴の奥から汚れをとってくれます。 使っているうちに鼻の周りの毛穴汚れが改善されてきました。 ニキビケアにはもちろんですが、角質や毛穴汚れを気にしている方にもオススメです。

    @コスメ

  • 気になっていたニキビが……。
    スキン スムージング クレンザーは、角質や皮脂をすっきりきれいに洗えて、肌がつるつるして、さっぱりした洗い上がりでした(*^^*) 肌がしっとりしていました(^_^*) ポアターゲティング トリートメントと、スキン ブライトニング ハイドレイターは、ベタつかなくて、肌にしっとり馴染んでくれました(*^_^*) ずっと気になっていたニキビが、段々良くなってきました(*゚∀゚*) 毛穴が目立ちにくくなって、少し肌が明るくなった気がします(*゚▽゚*) スキン スムージング クレンザーと、ディープ クレンジング ブラシの使い心地が特に気に入りました(*´ω`*) 毛穴がすっきりきれいになったので、嬉しかったです(*´∀`*)

    @コスメ

ニキビケアといったらコレ、というほど有名なプロアクティブ+ですが、簡単な3ステップでケアができる、それぞれのテクスチャも良い、という所も魅力です。特にソフトスクラブの入った洗顔料は使ってみたいものです。そしてニキビ改善にプラスして毛穴ケアも。毛穴がきれいになれば、透明感も得られます。続けたい化粧品です。

気になる人はコチラをCheck!

黄ニキビの芯は状態によって違う対処を

今、「黄ニキビを潰して芯を出してしまおう!」と考えている人もいるでしょう。ですがそれには、その黄ニキビは本当に黄ニキビか?そして黄ニキビなら、それは本当に潰して芯を出していい黄ニキビなのか?を見極めなければなりません。黄ニキビが治ったら、今度こそニキビのできない生活習慣、そしてスキンケアを極めましょう。