ニキビの別名「尋常性ざ瘡」の原因と治し方。種類別に詳しく解説

ニキビの別名「尋常性ざ瘡」の原因と治し方。種類別に詳しく解説

ニキビの別名を知っていますか?医学的には尋常性ざ瘡​(じんじょうせいざそう)と言われるれっきとした皮膚の病気です。ニキビが重症化するとニキビ跡の大きな原因にもなります。そうならないためにもニキビの種類別に対処法を詳しく解説していきます。

ニキビは種類や呼び名で治し方も違う?

ニキビは美肌を目指す女性の大敵です。どうにか治せないものかと長年悩んでいる人も少なくないはずです。

ニキビにも思春期ニキビ、大人ニキビ、そして進行具合によっても種類が違います。そして、それぞれのニキビに対してのケアも少しずつ違います。

改善の近道はそれぞれの症状に合った適切なケアを行う事。原因と対処法をしっかり知って美肌を手に入れましょう。

ニキビの別名は?

肌荒れでニキビのような状態の事を、「吹き出物」とも呼びます。ニキビと吹き出物は同じ症状の事を言うのでしょうか?

そしてニキビの医学的な病名を知っていますか?まずはそこから解説していきます。

吹き出物との違い

吹き出物とニキビの違いを説明していく前に、まずニキビには「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」がある事を知ってください。

詳しい説明は後でしますが、今のところは吹き出物は大人ニキビと呼ばれるものの事と覚えておいてください。

「吹き出物」という表現はとっても不潔な感じに聞こえますよね。これを近頃では「大人ニキビ」という言い方をしているのです。

ニキビの病名は尋常性ざ瘡

ニキビは医学的には尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という病名が付いています。日本皮膚科学会ガイドラインでは

尋常性痤瘡は,アクネあるいはニキビとも呼称される,思春期以降に発症する顔面,胸背部の毛包脂腺系を場とする脂質代謝異常(内分泌的因子),角化異常,細菌の増殖が複雑に関与する慢性炎症性疾患である.

Source: 日本皮膚科学会ガイドライン

と記されています。

ニキビは青春のシンボルとも言われ多くの人が経験するものとされていますが、案外皮膚疾患であることを認識している人は少ないのではないでしょうか。

大人ニキビと思春期ニキビ

ニキビには大人ニキビと思春期ニキビの2種類があります。それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

思春期ニキビ

思春期ニキビとは、まさに思春期に性ホルモン、成長ホルモンの分泌が急増しその事により皮脂量も増えて、それが毛穴を詰まらせてしまうことでできるニキビの事を言います。

皮脂腺が多いTゾーンにできやすいのが特徴です。成長期特有のもので、成長過程においては避けては通れないものかもしれません。

こまめにケアを行えば一定期間で自然と無くなっていきます。

大人ニキビ

大人ニキビは原因も、できる場所も思春期ニキビとは異なります。

大人ニキビは頬からアゴにかけて(Uゾーン)発生しやすく、日常の生活習慣、食生活の乱れ、ストレスや睡眠不足などの不規則な生活、その他様々なことが複雑に絡み合って起こるニキビです。その複数の原因を改善しないといけないので、治りにくいのが特徴でしょう。

【ニキビの種類別】原因と治し方

ニキビはその進行度によって種類分けされています。改善する方法もそれぞれ違います。紹介する段階は初期のものからだんだん重症のものになっていきます。

なるべく早い段階で処置するのが望ましいのですが、それぞれの段階に合った適切な治療をしていくことも改善の近道です。ニキビの種類別の特徴と治療方法を詳しくみていきましょう。

 白ニキビ

白ニキビは初期の段階のニキビです。毛穴に詰まった皮脂や老廃物が毛穴の内側から盛り上がっている状態です。かゆみや痛みはまだありません。肌の表面は白くプツっとした状態になっています。

この段階では炎症を起こしていないのでニキビの悪化を防ぐことができ、ニキビ跡が残ることはまずないでしょう。できる限りこの段階で直しておきたい状態です。

白ニキビの治療

白ニキビは面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)という、肌の表面に穴をあけてアクネプッシャーという道具を使って毛穴の中に詰まっている皮脂と老廃物を押し出します。これによって肌表面を傷つけることなく、白ニキビを治していきます。

但し、この白ニキビのケアは皮膚科などの医療機関で行ってください。自己流の方法で、清潔でない道具や指を使って押し出したり、間違ったケアをするとそこから雑菌が入り込み、炎症を起こしてしまい悪化の原因になります。絶対にやめてくださいね。

黒ニキビ

黒ニキビは毛穴の内側に溜まっていた皮脂や老廃物の塊が毛穴の中に納まらずに肌の表面に出てきている状態で、空気中の酸素によって黒く変色している状態です。

まだまだ初期のニキビの状態ですが徐々に、でも確実に悪化してきています。

黒ニキビの治療

毛穴の詰まりを改善するディフィリンゲル、ピーリング効果のあるサリチル酸ワセリンという塗り薬を使って治療していきます。

医療機関では白ニキビと同様面皰圧出を行って毛穴に詰まっている老廃物を取り除きます。

赤ニキビ

この状態になると、いよいよ毛穴の中でアクネ菌が繁殖してニキビも炎症を起こしてきます。この段階からニキビ跡が出来てしまうリスクが徐々に高まってきます。

またかゆみが出てくるので決して手などで掻かないようにしましょう。余計に雑菌が繁殖しニキビが更に悪化してしまう危険性があります。

頻発する場合は皮膚科を受診したり、薬を使って治療を行いましょう。

赤ニキビの治療

赤ニキビになると、黒ニキビに使っていたディフェリンゲルでは効きません。

アクネ菌と皮脂が混ざり繁殖した雑菌の増殖を抑える働きのある抗生物質、ダラシンTゲル、アクアチムクリーム等の塗り薬を使ったり、抗生物質の内服薬のルリッド錠、ミノマイシン錠、クラリス錠などを使って治療していきます。

この段階からは炎症を抑える事が治療で大切になってきます。

黄ニキビ

赤ニキビの炎症が更に悪化して化膿し、毛穴に黄色い膿が溜まってしまった状態です。炎症も肌の奥の方まで進んでしまっています。かゆみが痛みに代わってきます。

赤ニキビを放置したり、間違ったケアをすると黄ニキビになってしまう原因にも。この状態になるとニキビ跡になるリスクがかなり高まってくるので、注意しましょう。

かなりの確率でニキビが治った後にクレーター状に肌の表面に凹みができたり、色素沈着を起こしてしまいます。

黄ニキビの治療

この段階になったら、もう肌の病気の状態です。セルフケアで治そうとするのには限界があります。皮膚科などの専門の医療機関を受診して適切な治療を行うことをおすすめします。

治療の第一はこれ以上の悪化を防ぐために、何より炎症を止める事が最優先になります。

強力な抗生物質の内服薬であるエリスロマイシン、テトラサイクリン、ミノサイクリンなどを使って炎症を抑えます。

炎症の状態によっては、ステロイド剤を注射する場合もあります。完治までにはかなりの時間がかかってしまいます。

紫ニキビ

ニキビの中では極限まで悪化してしまった重症の状態です。毛穴の中には膿と血が混ざってしまっているので、紫色になります。かなりの痛みが伴います。

ここまで悪化するとほとんどの場合ニキビが治っても跡が残ってしまいます。もはやセルフケアは完全に不可能だと言われていますので、この状態になったら一刻も早く皮膚科などの医療機関を受診しましょう。

紫ニキビの治療

早急に炎症を抑えることが必要になるため、集中的な治療を行う必要があります。

まずは毛穴の内部に溜まった膿や血を取り除くために、切開を行うなどかなり大がかりな治療になります。

副腎皮質ホルモン(ステロイド)の注射を行って皮脂の過剰な分泌を抑えて、細菌の繁殖を抑えることもあるでしょう。

またニキビの原因の一つは男性ホルモンなので、ホルモン療法を行って女性ホルモンを優位にすることで体の内側からニキビができにくい体質になるように改善を行うことも大切です。

いずれにせよ長期的な根本治療が必要になります。

はるこ先生
ここで紹介した治療法はあくまでも一般的なもの。クリニックによっていろいろな治療法があるし。ニキビに対する考え方も違うのよ。でも、とにかく悪化させないことと一刻も早く皮膚科を受診することが大切ね。

ニキビの芯を出したり潰すと早く治るって本当?

自分でニキビを潰すのは絶対に避けましょう!NGです。
特に爪で潰すのは最悪です。
爪で回りの正常な肌まで傷つけてしまうばかりか、毛穴に雑菌が入り込んで更にニキビを悪化させる原因になってしまいます。
間違ったケアはニキビ跡の原因にもなってしまいます。百害あって一利無しです。

皮膚科でのニキビの治療法

皮膚科でニキビの治療を行う場合、毛穴に詰まっている皮脂や膿に直接アクセスして取り除いたり、ニキビの種類別のところでも紹介した外用薬や内服薬を使うのが最も一般的ですが、最近では他にも様々な治療法があります。

それぞれの治療法とメリット&デメリットを解説してきましょう。

ホルモン治療

出来てしまったニキビに対して治療を行うのではなく、そもそものニキビの根本原因の一つはホルモンバランスの乱れ。

体の中が男性ホルモン優位に偏っているために、毛穴が詰まりやすくなったり、皮脂が過剰に分泌されるとして、男性ホルモンの働きを抑える女性ホルモンを投与したり、ピルを服用したりする事で体の中を女性ホルモンにシフトする治療を行います。

また女性ホルモンを含んだ軟膏をニキビに塗ることで重点的に治療を行う方法もあります。

内服薬と外用薬で同時に治療を行っていくと効果がより上がると言われています。

治療の時には、ホルモン療法の専門医の指導のもと行いましょう。安全かつ確実に根本からニキビ治療を行うことのできる方法です。

ピーリング

多くの医療機関で行われている、ケミカルピーリングについて解説します。ニキビの原因は肌の表面に古い角質が溜まる事と、毛穴の角栓や汚れが詰まる事にもあります。

ケミカルピーリングは肌の表面に酸を塗布し汚れや角質を溶かしてニキビの原因を取り除こうという治療方法です。効果と安全性のバランスを考えて細かくpHを調節する必要があります。エステやサロンでも行っていますが、ピーリングについてしっかりとした実績のある皮膚科を受診することをおすすめします。

安全とはいえ、肌の表面に刺激を与えてしまう治療法です。敏感肌の人や炎症を持っている赤ニキビより悪化してしまっている場合には避けたほうが良いでしょう。

局所注射

ニキビに直接薬剤を注射して治療を行います。局所注射には3種類あります。

  • ケナコルト注射……ステロイド剤を注射する事でニキビの炎症を抑えます。免疫が過敏に反応するのを防いで腫れや炎症を抑えるのがステロイドの効果ですが、長期間使い続けて免疫を抑えてしまうことで細菌が増えてしまってニキビができてしまうというリスクもあります。
  • プラセンタ注射……アンチエイジングや肌トラブルに効果がある言われていますが、医学的にははっきりと効果が証明されているわけではないようです。
  • ヒアルロン酸注射……ニキビを予防したり、ニキビの炎症を抑えたりすることはできません。クレーター状になっているニキビ跡をほんの一時期だけ改善することができます。

レーザー治療

ニキビにレーザー治療も行われています。レーザー治療にも何種類かあるので解説していきます。

  • 炭酸ガスレーザー……二酸化炭素のレーザーを使ってニキビの表面に小さな穴を開けることで毛穴の中に溜まった膿や老廃物を出す治療法です。
  • ロングパルスYAGレーザー……ニキビの赤みを抑えたり、ピーリング効果で肌の新陳代謝を促進させます。肌に対して優しいのがメリットですが、それだけ高い効果もあまり望めない治療法です。
  • フラクショナルCO2レーザー……ニキビ跡に照射する事で、肌に微量の刺激を与えて肌の再生能力を活性化させ、肌をキレイに入れ替わらせようという治療法です。ニキビ跡に悩んでいる人にはおすすめの治療です。

イオン導入

美容成分(主にビタミンC)を肌に塗り、そこにごくわずかな電流を流します。そうすることで肌の内部に美容成分が浸透しやすくなります。

ビタミンCには、過剰な皮脂の分泌を抑える働きがあります。ニキビの原因である毛穴の詰まりを起こしにくくもしてくれます。

ケミカルピーリングで肌の古い角質を取り除いた後にイオン導入で美容成分を入れるセット治療を行うクリニックが多いようです。しかし、肌にかなり刺激と負担を与えてしまうので、敏感肌の方は注意が必要かもしれません。

LED光治療

最近急速に普及し始めている最新のニキビ治療です。青色、赤色、黄色とそれぞれに効果があるらしいのですが、その中でも効果の高い青色LEDによるニキビ治療をご紹介します。

青色LEDは、殺菌作用があり、アクネ菌が青色LEDを浴びると死滅するのだそうです。皮脂を抑える作用もあるので、殺菌&予防ができると言われています。

アッキー
ニキビに悩んでいる人が多いだけに、それを治療しようとする医療技術も日々進歩しているんですね。特に治りにくい大人ニキビに悩む人達には心強い情報ですね。
はるこ先生
そうなの、でも大切なのはその治療が自分に合っているかどうかという事!しっかりカウンセリングを行って、メリットやデメリットを確認した上で治療方法を選ぶ事が改善の近道よ!

【ニキビのできる場所別】原因と対処法

ここからは、ニキビのできる場所によってその原因と解決策を探っていきましょう。

特徴

頬は顔の中でもニキビができやすい場所です。ほかの部分に比べて炎症を起こしやすいのも頬にできるニキビの特徴です。

炎症が進むと膿を持ち肌の内部深くまで広がってしまい、ニキビ跡ができやすい状態になってしまいます。できるだけ早期に正しいケアをして、進行を防ぎ、ニキビを改善しましょう。

対処法

頬の片側だけにニキビが多く出る場合、枕などの寝具が清潔でないなどが原因になっている場合もあります。清潔なものに交換して様子をみていると治る場合があります。

また、大人ニキビの場合は寝不足、ストレス、偏食などの不規則な生活が原因で起こる場合も多いので、ニキビを治す対処療法と並行して規則正しい生活を心がけましょう。

また、ホルモンのバランスが男性ホルモン側に偏っていることもニキビの原因になります。ホルモンバランスを女性ホルモンにシフトするホルモン治療を行ってみるのも一つの手です。

口周り 

特徴

口周りにできるニキビは顔全体にできるニキビと一緒にできる場合と、口周りだけにできる場合があります。口周りだけにできるニキビの場合は、体調が悪いとき、疲れている時、風邪をひいている時などの体の抵抗力が弱くなっているときに出来やすいといわれています。

対処法

口周りに集中してニキビが出来ていて、体調不良の自覚がある場合はまず体調を回復することに重点を置きましょう。

ホルモンバランスも大きく影響してくる部位です。ニキビの対処療法だけではなく、ホルモン療法を行っていくと改善する場合もあります。

あご

特徴

大人ニキビが出来やすい部位です。顔の中でも皮脂腺が多くある部分で、そういう意味でも毛穴の詰まりが起こりやすい場所でもあります。

何度も同じ場所に出来たり治ったりを繰り返し、治るまでにかなり時間がかかることも多いかもしれません。ここにニキビができやすい人は体の中に原因がある場合が多いので、外側と内側、両方からケアをする良いでしょう。

対処法

顎ニキビの大きな原因にホルモンバランスの乱れが大きく関わっています。大人ニキビの原因特有の不規則な生活やストレスなどで、男性ホルモン側に偏ってしまうために起こっている事が多い部分です。

健康のバロメーターと前向きに考えて、生活スタイルを一度見直してみるいいチャンスかもしれません。

もちろんホルモン治療も有効な対処法の一つです。

おでこ

特徴

おでこから鼻にかけてのいわゆる「Tゾーン」と呼ばれている部分にできるニキビは思春期ニキビの特徴ともいえます。

おでこは顔の中でも格段に皮脂腺が集中していて、皮脂の分泌も盛んです。ニキビが起こらないようにする予防。

すでに出来てしまったニキビに対してはできるだけ早めに治療して改善することが、ニキビ跡の予防に繋がる大切なポイントになってきます。

対処法

おでこにニキビが出来ると恥ずかしくて、特に女性の場合は前髪で隠してしまいたくなるかもしれません。でも、これがニキビを刺激して悪化につながってしまう原因になってしまいます。思い切って髪をピンで留めて、清潔な状態を保ちましょう。

また、シャンプーや整髪料の成分が残ってしまっていると悪化しやすくなります。シャンプーは良くすすいで、整髪料などの成分も極力肌に着かないように注意しましょう。

セルフケアでは悪化してしまう場合は、一日も早く皮膚科を受診しましょう。ニキビ改善、ニキビ跡予防にとって最善の策です。

 鼻

特徴

顔の中で最も毛穴、皮脂腺が多いのが鼻です。思春期ニキビが出来やすい場所ですが、大人ニキビにもできます。

皮脂量が多いので一度ニキビが出来ると炎症を起こしやすく、ニキビの状態もそこから進行しやすくなります。ニキビが出来たと自覚したら、悪化する前になるべく早めに適切な対処を行うのが良いでしょう。

対処法

これはどこに出来るニキビに対しても共通して言えることですが、炎症を起こしてしまっているニキビに対しては刺激を与えないことが大事です。これはニキビケアの鉄則とも言えるかもしれません。

刺激は悪化のもと。洗顔を行う時も汚れを取ろうとゴシゴシ洗うのはNGです。洗顔料を良く泡立てて泡の力で優しくマッサージするように洗いましょう。

白ニキビや黒ニキビの段階では、毛穴パックやピーリングを行うことで毛穴の詰まりを解消できますが、炎症を起こしたニキビの場合は早めに皮膚科を受診したほうが良いでしょう。

また、体の内側からニキビのできにくい体質にするために、生活リズムを整えたり、食事の脂肪分の摂りすぎを控えたり大豆製品をとったりなど生活面もこの機会に見直してみましょう。

背中・デコルテ

特徴

ニキビが出来やすいのは顔だけではありません。デコルテ(首から胸元にかけて)や背中にもニキビはできます。

ここは体の中でも皮脂腺が多くある部分です。その上、首は凹凸があり、背中は洗いにくく、スポーツなどでかいた汗をそのまま放置していると、皮脂汚れが溜まりそれが毛穴を詰まらせてしまう原因になります。

また肌の乾燥によって毛穴が細くなり少しの皮脂でも毛穴が詰まってしまうこともあります。

対処法

とにかく汗をかいたら拭き取る、シャワーで洗い流すなど、清潔に保つ事が悪化を防ぐポイントです。肌の乾燥によってニキビができている場合は、保水美容液などで水分を補ってあげましょう。

体の中が男性ホルモン側に偏ってしまうことで、皮脂の分泌が過剰になりニキビができやすくなるのは、顔も体も同じです。ホルモン治療などを行って体の内側からニキビのできにくい体質に整えていくことも大切なポイントです。

アッキー
共通しているところもありますが、ニキビのできる場所によって、原因と対処法がそれぞれ微妙に違ってくるんですね。
はるこ先生
そうね、ニキビのできやすい場所も、思春期と大人とでは違いがある事も分かったわね。悪化させない原因は適切な対処を行うかどうか!これにかかっているのよ。ホルモン治療で体の内側からニキビのできにくい体質にしていくのも有効だっていうことが分かったわね!

ニキビは作らない予防が大事

ここまでは、ニキビができてしまう原因と改善策を中心に解説してきました。ここからはニキビを作らない予防策を一緒にみていきましょう。

スキンケア

ニキビのできる原因は毛穴の詰まり。なので、予防は毛穴ケアが大切なポイントになってきます。

女性の場合は寝る前にしっかりメイクを落としてから洗顔しましょう。この時オイリー肌の人の場合、オイルクレンジングを使うと油分の多い肌に重ねて油分を塗る事になるので、毛穴が詰まりやすくなる場合があります。使用していてニキビが出てくる場合は控えて様子をみましょう。

クレンジングのポイント

  1. 手を洗って手の汚れを落とす。
  2. クレンジング剤を手に取り、ファンデーションを浮き上がらせます。
  3. 軽く濡らしたコットンでふき取りましょう。(乾いたコットンはNG。肌を痛める原因になります)

洗顔のポイント

  1. まず、あたかかいお湯で顔を洗います。
  2. よく泡立てた洗顔料を顔の上にそっと置いて円を描くイメージで優しくマッサージして汚れを落とします。
  3. 温水で洗顔料を落とします。
  4. ソフトタッチの素材のタオルでポンポンと顔を押さえるように水分をふき取ります。

洗顔は汚れをスッキリ落とそうとごしごし擦りがちになりますが、肌への負担が大きいので控えましょう。

また、肌に必要な油分まで洗い流してしまう事にもなります。そうなると不足した皮脂を補うために逆に皮脂の分泌が過剰になる場合がありますので注意してください。

洗顔後には肌のバリア機能を高めるために化粧水や保湿美容液などを使って水分を補ってあげましょう。

ピーリングもおすすめ

古い角質の除去や、毛穴の詰まりを防ぐために、ピーリングもおすすめです。ドラッグストアなどでAHA(アルファヒドロキシ酸)が配合されているピーリング効果のある石鹸やローションも販売されています。そのようなものを使って古い角質、毛穴の詰まりを解消しましょう。

市販のピーリング剤はクリニックや美容サロンで使われるものよりも弱い成分のものなので、肌にはマイルドですが敏感肌の人、使用中に肌が赤くヒリヒリする場合は使用を中止してください。

生活習慣

様々な生活習慣の乱れによってニキビができてしまうのが、大人ニキビの特徴です。その中でも大きな原因になる睡眠とストレスについて解説していきましょう。

睡眠

睡眠不足はニキビの大敵です。私たちの体は寝ている間に肌のケアを行っています。なので、睡眠が不足すれば肌へのダメージも高まります。特に眠り始めてから3~4時間後にしっかり熟睡している事が、肌の新陳代謝を高める条件です。

睡眠の質を上げる対策として、眠る前の2~3時間前に半身浴で体を温めて、体温が下がってきた頃(体温が下がると自然に眠くなります)にベッドに入るのも良いとされています。

ストレス

ストレスも大人ニキビの原因の大きな割合を占めています。

ストレスを感じると男性ホルモン、ノルアドレナリンが活性化して、皮脂が過剰に分泌されるため毛穴が詰まりやすくなります。ストレスが長期間にわたって続けばニキビもそれだけできやすくなります。

大人は様々なストレスの中で生活をしているので、完全に周囲のストレスを取り除くというのは難しいかもしれません。

生活の中に、ストレス対処の3R

  • Rest(休息)
  • Relaxation(リラクゼーション)
  • Recreation(娯楽)

これを上手に取り入れて、ストレスの原因となっている事から離れる時間を作ってあげるのも大切です。

食生活

食生活とニキビにも密接な関係があります。ニキビに良い食べ物、良くない食べ物があります。

ニキビが改善、おすすめ栄養素

ニキビケア、ニキビの予防に有効な食べ物を意識して摂る事で美肌を手に入れましょう。ニキビケアに役立つ栄養素、食材を表にまとめてみました。これを参考に日頃の食生活に意識的に取り入れてみましょう。

栄養成分働き食材
ビタミンAビタミンAは肌のターンオーバー(肌の再生の周期)を正常化し、健康な肌を作る働きを補助してくれます。
  • 鶏レバー
  • ほうれん草
  • 味付けのり
  • うなぎ
ビタミンB群脂質の代謝をコントロールして過剰な皮脂の分泌を抑える働きで、ニキビの炎症を悪化させるのを防ぐ働きがあります。
  • 豚レバー
  • 牛レバー
  • にんにく
  • ゴマ
ビタミンC美白効果、細胞のサビを防ぐ抗酸化作用、皮脂の過剰な分泌を抑える作用があります。
美白効果で、ニキビの色素沈着を防いだり、クレーター状になってしまったニキビ跡の改善を助けてくれる効果も期待できます。
  • パプリカ
  • 芽キャベツ
  • 水菜
  • ブロッコリー
ビタミンE別名「美肌ビタミン」とも呼ばれています。男性ホルモンをコントロールして、女性ホルモン側にシフトした状態にする効果で、体の内側からニキビのできにくい肌質に整えてくれます。
  • アーモンド
  • たらこ
  • いくら
  • ハマチ
  • しそ
  • パプリカ
食物繊維便秘はニキビの原因にもなります。食物繊維が腸内の善玉菌を増やし、余分な老廃物を体の外に排出してくれます。
  • ごぼう
  • 納豆
  • 海藻

ニキビのために控えたい食べ物

オイリー肌やニキビが気になる時に控えたい食べ物があります。これも表にまとめてみました。

分類控えたい理由食材
カフェイン皮脂の過剰分泌を抑えるビタミンB群の吸収を阻害してしまう
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ダークチョコレート
脂質たくさん食べると皮脂の分泌量が増えて毛穴を詰まりやすくする
  • スナック菓子
  • 揚げ物
  • バター
スイーツ体の中で糖質を分解する時にビタミンB群とミネラルを大量に消費してしまう
  • 甘いお菓子
  • 洋菓子
  • 清涼飲料水
辛み成分食べ過ぎると胃に負担がかかり、体調不良の原因にもなる
  • 唐辛子
  • コショウ
  • わさび
アルコール肝臓の機能を低下させ、分解時にせっかく体の中に取り込まれたビタミンB群を消費する
  • 梅酒
  • ビール
  • ワイン

ニキビに良い食べ物、悪い食べ物を上手に取り入れ、回避してニキビの予防、早期改善に努めましょう。

ニキビケアにおすすめの化粧品3選

ニキビをケアするのにおすすめの化粧品を紹介していきます。でれも優秀なものなのでぜひ参考にしてください。 

顎ニキビ「メルライン」

日本で一番売れている顎ニキビケアの薬用化粧品がこちらのメルラインです。多くの女性誌にも取り上げられ、累計販売数も15万個を超えている人気商品です。実際にメルラインを使ってみた人の満足度は91.3%の人が良さを実感しています。

顎とフェイスラインにできるニキビは大人ニキビの特徴です。

大人ニキビの原因

  • 加齢によってターンオーバーが乱れて乾燥肌に。さらに古い角質が毛穴に詰まりやすくなる為
  • 乾燥しやすい部分で、乾燥により元から細い顎の毛穴が細くなり少しの皮脂でも毛穴が詰まりやすくなる為
  • 乾燥で肌の内側が乾燥するため、皮脂分泌が活発になってしまいニキビの原因に

このように乾燥が大人ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

そんな大人ニキビに対して、メルラインは以下の特徴で人気があるようです。

  • 10種類の保湿成分が乾燥を防いでくれることで、肌をニキビから守ってくれます。
  • 美白成分も入っているので、ニキビ跡などの色素沈着のケアもしてくれます。
  • 保湿した上で、コラーゲンがハリを与えてくれます。

年齢で気になる肌荒れ、乾燥、ハリのケア全部カバーしてくれるのが同世代の女性に共感を呼んでいます。アロマオイルを配合しているので優しい香りでリラックス効果も抜群です。顎やフェイスラインのニキビに悩んでいる方におすすめの美容ジェルです。

【使い方】 1日2回(朝、晩)洗顔後すぐに、専用のヘラでジェルを2杯分掌に取り、気になる部分にやさしく塗ります。

【内容量・価格】 55g(約1か月分) 通常価格 7,000円(税抜) 集中ケアコース 4,980円(税抜)

  • メルラインありがとう!
    5/5
    19歳 女性
    高校の時からずっとニキビに悩まされて沢山のニキビにいいクリームや洗顔、化粧水、化粧品など、本当に沢山のお金をかけてきたのですが全くよくならず… (中略) 最初のころはあまり変化が出ませんでしたが二ヶ月…三ヶ月と続けた結果どんどんニキビが引いていき、一年半たった今では全くなくなりました!本当にすごい!! (中略) 友人や先生にも肌本当に綺麗になったね、と言われることが多くなりました。

    @cosme

  • ニキビ跡が薄くなった
    3/5
    34歳 女性
    最初の使用感は、潤いが足りなくて物足りないし、 1カ月使用しただけでは全く治らなくて解約も考えましたが、 2カ月過ぎた頃に肌がどんどん改善されていきました。 一番驚いたのが、吹き出物で出来てしまっていた赤い跡も薄くなったことです。 後、周りから色が白くなったと言われました。全体的に炎症していたのかな(涙) (中略) 値段が高めなのでその点だけマイナス1です。

    @cosme

使用者の満足度が高いだけあって皆さん効果を実感していますね。顔の肌荒れは本人にとっては思った以上に深刻な悩みです、それが改善されたら嬉しくてもう手放せません。絶対試してみる価値ありです。

顎ニキビ「メルライン」の公式HPはこちら

 大人ニキビ「ラミューテ アドバンス保護美容液」

ラミューテは多くのメディア、特に女性誌から高い評価を得ているうるおい化粧品です。そのシリーズの中で今回ご紹介するのはアドバンス保湿美容液です。

大人ニキビの原因の多くは乾燥によるもの。乾燥肌はバリア機能が低下しているため、外からの刺激も直接受けてしまい、さらに皮膚の奥にある水分までも奪ってしまうので更に乾燥を招いてしまします。

アドバンス保湿美容液に含まれるプラセンタ(栄養たっぷりの胎盤エキス)や、ヘキサペプチドー3(保湿成分)が肌に潤いと、ハリを作り出して、バリア機能を再生してくれます。

さらに、ダマスクローズが体の内側にアクセスして女性ホルモン優位にホルモンバランスを整えてくれます。しっとりと潤いながらべたつかずモチモチの肌を実現してくれる最高の美容液です。

ラミューテ化粧品シリーズの「ビオリズム洗顔フォーム」、「エンリッチ化粧水」とセットで使ってみるのもおすすめです。

【使い方】6~10滴程度を手に取ってゆっくりと肌になじませるように優しく押さえ込んで肌の内部まで浸透させます。乾燥が気になる季節などには洗顔フォームに数滴たらすと美容成分入りのリッチな洗顔料になります。

【内容量・価格】 30g 通常価格 7,300円(税抜) 定期価格 6,570円(税抜)

  • 調子のいいお肌を維持
    5/5
    37歳 女性
    中は、柔らかめの美容液で癒やされる様なフローラルの香りが ふんわり匂います(^m^ ) (中略) この香りで癒やされながら、スキンケアが少量でしっかり広範囲に伸ばせました。私は、オールインワンや化粧水、乳液、美容液の後の最後のスキンケアに使っています! (中略) しっかりと保湿が守られて 翌朝まで、スキンケアした後のしっとり感が 残っているのを実感出来ました(^ー^)

    @cosme

  • すっぴんも綺麗に
    5/5
    26歳 女性
    とろみのあるテクスチャーですがお肌の上ではスーッとのび、広がります。ベタつかずサラッと仕上がる美容液で潤ってるなと感じました。その後の乳液やクリームの邪魔にもならず使いやすかったです。 美肌セットを使っていてお肌の調子が段々と変化していくので、ケアするのが楽しかったです。素っぴんも綺麗になってきたので、素っぴんでいる時間も増やしたいなと思っています。

    @cosme

しっとりと肌なじみが良く、潤いが持続していると「効いているな」と効果を実感しますね。アドバンス保護美容液を使っている人は他のシリーズと一緒に使っている人が多いようです。効果を実感したら周りの仲間にもぜひすすめてみてください。

ラミューテアドバンス保護美容液の公式サイトはこちら

思春期ニキビ「プロアクティブ+」

プロアクティブ+はテレビCMでもおなじみ。知らない人がいないほど有名なニキビケア専門の商品です。大手口コミサイトでも口コミランキングトライアルキット部門で1位を獲得しています。

洗顔、美容液、薬用クリームの3ステップでニキビをケアします。

Step1:スキンスムージングクレンザー 60g(30日サイズ)180g(90日サイズ)

毛穴の詰まりの原因になっている古い角質を肌に優しいソフトスクラブで洗い流します。有効成分サリチル酸の持つ高い殺菌力でアクネ菌の増殖を抑えます。保湿成分も配合されているので、洗顔後のツッパリ感もありません。

Step2:薬用美容液 30g(30日サイズ) 90g(90日サイズ)

プロアクティブが独自に開発した「スマートターゲットテクノロジー」の技術で、美容液の有効成分が毛穴の奥まで浸透します。肌に付けるとすっと伸びてすぐに肌に浸透。毛穴をひきしめて潤いのある肌へ導いてくれます。

Step3:スキンブライトニングハイドレイター 30g(30日サイズ) 90g(90日サイズ)

ベタつかず使い心地のいいクリームが、肌を乾燥から守ってくれます。ビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑えて、色素沈着を防いでくれます。

サリチル酸が毛穴の詰まりを防いでニキビの進行を防いで、グリチルリチン酸ジカリウムがすでに出来てしまったニキビに対しては炎症を鎮め、ビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑えてニキビ跡をケアしてくれます。

大人ニキビ、思春期ニキビ、ニキビ跡、すべての肌質に有効なニキビケア商品です。

購入すると付いてくる電動ブラシ

プロアクティブ+を購入すると電動洗顔ブラシが付いてきます、手で洗うよりも気持ちよく、泡立てた洗顔料をやさしく肌に乗せるだけで、まんべんなく汚れを洗い流してくれると好評です。

プロアクティブ+を使った多くの人がニキビ改善の効果を実感しています。ぜひ試してみてください。

【価格】

  • 薬用3ステップセット30日サイズ 初回特別価格 4,900円(税込)
  • 薬用3ステップセット90日サイズ 初回特別価格 14,700円(税込) 2回目以降 15,600円(税込)
  • おすすめのニキビケアコスメです!!
    3/5
    28歳 女性
    今回使用してみて、ニキビ予防コスメの印象がガラッとかわりました! (中略) 洗顔料はスクラブが入っていて毛穴の奥の汚れまで綺麗になります。 付属のブラシを使用することで、小鼻の黒ずみがかなり綺麗になりました。 角ずみもプツプツあったのですが、プロアクティブ+を使用してからピタッとなくなりました!!! (中略) 思春期のお子さんがいる家庭、アゴニキビなどの大人ニキビにお悩みの方、ウエディングを控えていて、背中ニキビに悩んでいる方などに絶対おすすめのニキビケアコスメです!!!

    @cosme

  • 小鼻の黒ずみが改善されました
    4/5
    42歳 女性
    簡単なのにニキビケアがしっかりできるのが嬉しいです。 (中略) 洗顔料にソフトスクラブが入っており、ソフトなので肌に負担をかけずにザラザラ角質をとってくれます。洗顔ブラシを併用するとさらに毛穴の奥から汚れをとってくれます。 使っているうちに鼻の周りの毛穴汚れが改善されてきました。 ニキビケアにはもちろんですが、角質や毛穴汚れを気にしている方にもオススメです。

    @cosme

さすがに評判のニキビケア商品だけあって、口コミも評価が高いものばかりです。毛穴詰まりの原因になる古い角質や皮脂、角栓などの汚れをしっかりと取ってくれるのはもちろん、その後の保湿にも重点を置いて、肌を乾燥から防いでくれるのが魅力です。

使ってみて効果が無いと感じたら60日以内なら使い切っていても返金というシステムも商品に対しての自信の表れでしょう。ニキビに悩んだら一度使ってみてください。

プロアクティブ+の公式サイトはこちら

ニキビも吹き出物も基本的なケアは同じ

思春期ニキビ、吹き出物も毛穴に皮脂や古い角質が詰まる事で起こります。それに対しての基本的なケアも、清潔を保つことと保湿を行うという意味では同じです。

ある一定期間が過ぎれば自然に少なくなっていく思春期ニキビと違い、大人のニキビは原因も複数で治療に時間がかかってしまいます。

ニキビ跡が残るリスクも考えると、生活習慣や食生活をしっかり見直してニキビの出来にくい体質になるように、普段から心がけておくことが大切ですね。

悩みのニキビを改善して、きれいなすっぴん肌を手に入れましょう。