マツエクの持ちが平均より悪い!持ちを良くする種類とケア法で改善を

マツエクの持ちが平均より悪い!持ちを良くする種類とケア法で改善を

マツエクを長持ちさせるには、【種類】と【ケア】がポイント!持ちをよくする上で注意すべく点を徹底分析したこの記事を読んで、平均よりも悪かったマツエクの持ちを改善しましょう。くるっとカールが聞いた美しい目元で女子力アップ!

マツエクの持ちが悪い気がする…

朝のメイク時間が短縮できる上に、一日中綺麗な目元をキープできるマツエクは、今や女性の強い味方として浸透している美容ケア。「マツエクなしではやっていけない!」とすっかりその魅力の虜になっている人も多いのではないでしょうか。

通常マツエクは3週間程度もつと言われていますが、中には「私はつけてもすぐ落ちちゃう!」とお悩みも人も多いようです。実際の女性たちの声を見てみましょう。

アッキー
マツエクの持ちが悪いと、テンションも下がってしまっているようです。持ちが悪く回数が増えると、そのぶんコストも上がってしまいますしね。
はるこ先生
そうなの、リペアや一から付け直すとお金もかかるし、何よりまつげのダメージになっちゃうこともあるのよ。なるべくなら持ちが良いマツエクを楽しみたいというのは、マツエク愛用者の願いよね。
アッキー
マツエクの持ちがいいか悪いかは、一体どうやって決まっているんでしょう?長持ちさせるコツがあるんですかね?
はるこ先生
お!アッキー、いいことを聞いてくれたわね♪もちろん、持ちが悪くなってしまう理由も、長持ちさせるコツちゃんとあるのよ。まずは、持ちが悪くなる理由から学んでみましょう。

マツエクの持ちが悪い理由2パターン

マツエクの持ちが悪い場合、考えられる理由は大きくふたつ。このふたつの理由を回避するだけでも、よりマツエクを長持く楽しむことができるでしょう。マツエクサロンに行く前に、しっかり確認しておいてくださいね。

デザインに問題がある場合

「せっかくマツエクするなら、より長く!よりくるっとしたい!」そう思って、とにかく長くてカールの強いマツエクを選んでいませんか?実はデザインによってはマツエクが取れやすくなってしまうものもあります。

人それぞれの自まつ毛の特徴などによって、持ちが悪くなるデザインや長さ。あるいはマツエクの種類なども異なってくることがありますので、少しでも長くマツエクを保たせたいという人は、「可愛い」というだけでマツエクのデザインを決めないように注意する必要がありますよ。

自まつ毛に問題がある場合

そもそも自まつ毛自体にダメージがある場合は、いくら可愛くマツエクをしても長持ちしてはくれません。細く痩せたまつ毛や、切れかかっているまつ毛になってはいませんか?そのようなまつ毛にエクステをつけるとさらにダメージを与えてしまうことになり、簡単にマツエクが落ちてしまうのです。どんなシチュエーションが自まつ毛を痛めてしまうきっかけとなるのかを確認して、なるべく自まつ毛を痛めないようにしましょうね。

自まつ毛を痛める行為

  • 毎日何度もビューラーでまつ毛をあげる
  • ビューラーのゴム部分が古い
  • メイク落としの際にゴシゴシ目元をこする
  • ホットビューラーを長く当てすぎている

マツエクってどのくらい持続するの?

そもそもマツエクはどのくらい持つのが平均的なのかを知っていなければ、自分のマツエクが長く持ったのかどうかを知ることもできませんよね。また、デザインやマツエクの種類。オフやリペアによってもその持ちは変わってきます。

はるこ先生
マツエクがどれくらいの期間持つかどうかが、どんなポイントに左右されて決まってくるのかを知っておくと良いですよ♪

平均期間は3〜4週間

基本的には、マツエクは3週間から4週間は持続するものと言われています。それはまつ毛が毛周期によって、平均一日5本抜けて生え変わっていくことと関係があります。人の片目に生えている上まつ毛は平均100本。一日5本抜けるとすると3週間で105本抜ける計算となりますよね。100本の自まつ毛全てにマツエクをつけても、3週間程度でマツエクをつけた自まつ毛全てが抜け落ちてしまうため、マツエクの平均期間も3週間から4週間と言われるのです。

オフやリペアで持ちが変わる

マツエクを施術してから時間が経つと、取れかかったマツエクや方向が曲がってしまったマツエクが増えてきます。このようなマツエクは、まだしっかりとマツエクが付いているまつ毛が抜けてしまう原因。あるいは方向が曲がってしまったマツエクが、他のマツエクに引っかかり引っ張って抜けてしまう原因となります。そこで、しっかりとしたオフやリペアをしているかどうかでも、マツエクの持ちは変わってくるのです。

はるこ先生
マツエクの「オフ」と「リペア」。よく聞く言葉だけど、違いがわからないという人も多いかもしれませんね。それぞれがどのようなケア方法なのかもしっかり確認しておきましょう!

マツエクのオフとは?

「マツエクのオフ」とは、今すでに付いているマツエクを自まつ毛から取り除くことを意味します。マツエクは専用の糊でぴったりと自まつ毛に付いている状態ですが、これは専用の除去液を使用すると自まつ毛はそのままに。マツエクだけをするっと落としてあげることができるのです。マツエクがほとんど取れてしまって新しく付け替えるという時には、まず今ついている古いマツエクをオフしてあげることが大切です。

マツエクのリペアとは?

一方「マツエクのリペア」は、今ついているマツエクはそのままに。エクステの落ちてしまった自まつ毛に追加でマツエクを足したり、方向が曲がってしまったマツエクを付け直したりするお手入れ方法です。マツエクを新しく付け替える時にオフをすることが多いのに対して、リペアはマツエクが半分くらい落ちてしまった際に新たに付け足して長持ちさせるケア方法となっています。

持ちがいいマツエクデザインの種類

それでは、一体どんなマツエクをつけるとより長くマツエクを楽しめるのでしょうか?マツエクの毛質やカール。デザイン、そして長さなどを的確に選ぶことで、グッと長持ちしやすいマツエクとなりますよ。

毛質はミンクかセーブルを

マツエクの毛質はお店によって様々。呼び名もたくさんありますので、「一体どれがどう違うの?」と混乱してしまいがちです。そもそもマツエクはどんな素材も全てナイロン素材の人工毛。その処理の仕方によって質感や硬さが変わるため、それぞれに名前がつけられ多くの種類が存在しています。今マツエクの主流毛質となっているのがシルク、ミンク、セーブルの3種類。それぞれの特徴を確認しておきましょう。

シルク

主流の3つの中で最もお手軽価格なのが、シルク。その名の通り、シルクのようなツヤ感があるのが特徴です。しかし一方で、毛質が硬く自まつ毛とのフィット感が少ないという短所もあり。長くマツエクを楽しみたいなら、あまりおすすめはできない毛質となっています。

ミンク

最も人気がある毛質が、こちらのミンク。つけ心地が非常に軽く、自まつ毛への負担が少ないのが特徴です。そのため、マツエクを長持ちさせるのにもぴったりなタイプとなっていますよ。また、お値段の面ではシルクとセーブルの間に位置するので、 気軽に選びやすい毛質でもあります。

セーブル

セーブルは主流3タイプの中で最も高級な毛質。本物のまつ毛とそっくりに作られており、つけ心地も軽やかです。こちらもミンク同様長持ちするマツエクを目指すならおすすめの毛質となっています。ネックとなるのがお値段。高級毛質のため、少し値が張るのがデメリットです。

シルクミンクセーブル
軽さ
柔らかさ×
お値段
ツヤ感
持ち

Q&A:ボリュームラッシュの持ちはどう?

最近マツエク愛好者の中で話題の的となっているのが、「ボリュームラッシュ」。通常使われるマツエクは0.11mmから0.15mmの太さが多いのですが、それをより極小の0.07mmと細くした毛を3本。あるいは4本ひとまとめにして自まつ毛につけていく方法となっています。根元は従来通りの太さでそこに枝分かれするように3本から4本の超極細エクステがついていますので、同じ量の自まつ毛でも従来のマツエクよりもふさふさにまつ毛を増やすことができると人気があります。

適切にボリュームラッシュを施術できるサロンで行えば、ボリュームラッシュだから持ちが悪くなるということはなく、むしろ持ちがよくなると感じる人も多いようです。しかしながら、まだまだこれからの技術でもありボリュームラッシュに対しての知識が未熟な施術者も。自まつ毛への負担を考慮できずに、自まつ毛がごっそり抜けてしまったなどのトラブルもあるようですので、ボリュームラッシュでマツエクを長持ちさせたいという人はしっかりとしたサロン選びが必要となります。

長さは自まつ毛プラス2mmが理想

自まつ毛への負担が少なく、マツエクを長持ちするのに適している長さも要チェック。自分のまつ毛の長さにプラス2mmした長さが 適切な長さとなっています。ついついより長いまつ毛を手に入れたいと長めのマツエクをお願いしたくなりますが、すぐに落ちてしまっては元も子もないですよね。そこはグッと我慢しましょう。

太さは自まつ毛と同じくらいを

また、マツエクの太さもその持ちを左右する大事なキーポイントとなります。日本人女性の平均的なまつ毛の太さは0.12mm。もちろん自まつ毛の太さは人によって変わってはきますが、だいたい0.12mmから0.15mm程度の太さを選ぶようにすると良いでしょう。

はるこ先生
自分のまつ毛の長さや太さがわからない人もご安心を!マツエクサロンで聞くと、しっかりと教えてくれますよ。自まつ毛に適した長さと太さを選んで、より長くマツエクを楽しみましょう♪

カールは接着面の大きいJタイプ

マツエクのデザインを大きく左右するポイントの一つに、カールの形状もありますよね。今では様々なカールの種類が出ていますが、基本となるのは3種類。Jカール、Cカール、Dカールです。Jカールは最もカーブが少なく、何もしていない自然な自まつ毛のカーブとよく似ています。一方のCカールはビューラーで軽くあげたくらいのカーブ。Dカールはしっかり上に持ち上がるようなカーブをしています。

カーブがきつくなればなるほど、自まつ毛との接着面は少なくなり粘着力が弱くなってしまいます。そこで、マツエクを長持ちさせたいという人におすすめなのがJカール。自然なまつ毛のカールとほぼ同じですので、まつ毛への負担も少なくしっかり自まつ毛についてくれますよ。

マツエクの持ちをよくする方法

どのようなマツエクをつけるかだけではなく、実際につけた後にどのようなお手入れをするのかもその持ちを大きく左右します。マツエクは毎日の小さなきっかけで自まつ毛へのダメージを与えてしまうこともある、大変繊細なもの。これから紹介するいくつかのポイントを頭に入れて、ケアしてあげてくださいね。

クレンジングに気をつける

マツエク愛好者なら知っているの人も多いでしょうが、マツエクをしている時にはメイククレンジングに注意してあげなければいけません。マツエクを自まつ毛とくっつけてくれているグルーは、オイルに弱い粘着剤。クレンジングの多くによりメイクをしっかり落とせるようにとオイルが含まれていますが、このオイルがマツエクを長持ちさせるためには天敵なのです。

特にアイラインなどの目元のメイクは落ちにくいので、しっかり素早くメイクが落とせるクレンジングを使いたくなりますが、マツエクをしている際には要注意。必ず「オイルフリー」と明記されているもの。あるいは、「マツエクOK」と明記されているものを選ぶようにしましょうね。もしアイメイクのオチが悪いときになる人は、思い切ってアイラインを引かないメイクをして見るのがおすすめです。アイラインを引かないだけでも、こすらずすっきりとメイクが落ちやすくなりますので、オイルフリークレンジングでも充分にメイクを落としてあげることができます。

アッキー
へぇー、メイク落としにも色んな種類があるんですね。オイルフリーのクレンジングって、どこでも手に入るんですか?
はるこ先生
そうなの!マツエクサロンで購入することもできるけど、最近では薬局やコンビニでも手に入るようになっているのよ。一つおすすめクレンジングを紹介しておくわね。

クレンジングリキッド(オルビス)

マツエク愛好者さんたちがこぞって好んで使うクレンジングが、オルビスから発売されているクレンジングリキッドです。オルビスの全商品の中で最も多く売れている商品として、売上ナンバーワンの座を15年間も守る、人気商品となっています。その特徴は化粧浮きの速さ!オイルフリーのクレンジングとは思えないほど、さっとメイクが落ちてくれますよ。また、とろりと美容液のようなテクスチャーなので肌への刺激も少なく、マツエクだけではなくお肌自体にも優しい商品となっています。

注目成分健康的なお肌へと導くグリチルリチン酸ジカリウム配合。オイルフリー、アルコールフリーでマツエクにもお肌にも刺激を与えません。
販売元オルビス株式会社
内容量150mL
価格税込1,440円

クレンジングリキッド(オルビス)

まつげ美容液を使う

自まつ毛にハリやコシを与える美容成分がたっぷりと配合された「まつげ美容液」も、マツエクを長持ちさせるのに一役買ってくれるアイテムです。自まつ毛にハリやコシが出ることで、少しの外部刺激でダメージを受けてしまうことを防ぐことができますよ。自まつ毛の健康はマツエクを長く維持するための重要ポイント!マツエクをしている時も、していない時も、まつげ美容液で自まつ毛をいたわってあげましょう。

アイラッシュトニック(DHC)

不動の人気を誇るまつげ美容液が、DHCから販売されているアイラッシュトニックです。手軽なお値段であるにも関わらず、その効果を実感する人が多いこちらの商品。センブリエキスプラセンタエキスといった、自まつ毛の健康を促す成分が配合されています。メイクを落とした清潔なまつげに、根元から一本一本ブラシを通して持ち上げるように散布してくださいね。

注目成分無香料、無着色、無パラベンと三つの「無」にこだわって作られた、優しいまつげ美容液。センブリエキスやプラセンタエキスがまつげの健康を支えます。
販売元株式会社DHC
内容量6.5mL
価格税込1,296円

アイラッシュトニック(DHC)

リバイタラッシュ アドバンス(リバイタラッシュ)

まつげと眉毛の美容液を開発販売する専門メーカー、リバイタラッシュより販売されているまつげ美容液。それがこちらのリバイタラッシュ アドバンスです。独自研究によって生み出された成分配合が、健康的かつラグジュアリーな輝くまつげへと導いてくれますよ。メイク落とし後にしっかりとまつげを乾かし、一本一本細い線を書いていくかのようにまつ毛に塗っていきます。一日1ストロークを確実に毎日行うことで、違いがわかる効果を得ることができるでしょう。

注目成分グリーンティーとペプチドなどの美容成分を、独自で開発した特許技術を用いて配合。強く、柔軟のあるまつ毛に仕上げダメージを受けにくいものへと変えていきます。
販売元有限会社メディカル・リサーチ・インターナショナル
内容量2ml
価格税込10,584円

リバイタラッシュ アドバンス(リバイタラッシュ)

外部刺激を避ける

指でマツエクを触らない

くるんと可愛いまつ毛を見ると、ついつい触って確かめたくなりますよね。また、目が痒くなってこする際にゴシゴシとマツエクがついている部分も気にせずこすってしまっていることもあるでしょう。ところが指でマツエクを触ってしまうと、それだけでもすでにダメージの元。もっと長持ちするはずだったマツエクが落ちてしまう原因となります。 マツエクをつけたら、なるべく指で触らないように常に気をつけるようにしておくと良いですよ。

前髪の刺激を避ける

前髪がマツエクに触れることで、刺激が多くなってしまうのもマツエクの持ちが悪くなる原因の一つです。髪の毛とマツエクがそれぞれこすれ合い、摩擦を引き起こしてしまいます。マツエクをつけたら、なるべく前髪は短めに揃えるようにするか、目にかからないようにサイドに分けてしまうと良いでしょう。その方が、マツエクでぱっちりした目元がより際立って、一石二鳥。しっかりマツエクでプラスされた目力をアピールしつつ、マツエクへの負担も最小限に防ぎましょう。

水に濡れたら丁寧に乾かす

マツエクは水に強く、プールや入浴で濡れても大丈夫。しかし、マツエクを自まつ毛にくっつけているグルー(粘着剤)は水に濡れ続けると粘着力が弱まってしまいます。また、水に濡れると毛同士がくっついて重くなり自まつ毛への負担も増えます。そのため、水に濡れたら丁寧に乾かしてあげることがおすすめです。

乾かし方は簡単!まずはタオルやコットンを優しくまつ毛に触れさせ、ざっと水気を落とします。その後、冷風にしたドライヤーを遠くから目元へ当てて乾かすだけです。ドライヤーが近すぎると風圧が強くなりすぎるので、逆効果。また熱風を当てるのもグルーが溶けて粘着力が弱まるので、逆効果となってしまいます。「冷風を遠くから当てる」というポイントを押さえて、丁寧に乾かしてあげましょう。

ケアとデザインの見直しをしてみよう

今回は「マツエクがすぐに落ちてしまう!」とお悩みの人へ、その持ちをよくするポイントを紹介してきました。 マツエクはくるんと大きな目を簡単に作り出してくれる便利なもの。朝のメイク時間も短縮できて、忙しい女の子たちの強い味方となっています。そんなマツエクを少しでも長く長持ちさせたいというのは、マツエク愛好者なら当然の悩み。

マツエクの持ちは、どのような毛質、デザイン、長さ、カールを選ぶのか。そしてどのようなケアを毎日行うのかによって大きな差が出てきます。それぞれのポイントをしっかりおさえて、可愛い目元をキープしましょう!