美肌づくりにおすすめ泡の洗顔料

美肌づくりにおすすめ泡の洗顔料

キレイな肌への近道は、たっぷりと泡立った洗顔料を使うこと。もっと美肌になりたいと願うなら、高価な化粧品を買う前に「毎日の洗顔」を見直してみましょう。たっぷりの泡で洗顔する習慣をつければ、1週間後のお肌が違ってくるかもしれませんよ!

美肌作りにおすすめ泡の洗顔料

突然ですが、みなさんは普段どんなふうに洗顔をされていますか?

「手に水と洗顔料をつけて何回か手をこすって、それで顔をごしごし、っていう感じ。正直、適当にやってるかも…」という方、今夜のバスタイムでは「泡で洗顔すること」を意識してみることをお勧めします。たっぷりとした豊かな泡で包み込むように洗顔すれば気持ちもリラックスできますし、肌にも様々な嬉しい効果が望めます。この記事では泡の役割から泡立てのテクニック、定番の泡洗顔料、さらに今注目される泡の進化形まで、泡洗顔のあれこれについてご紹介しましょう。

アッキー
やっぱりスキンケアの基本っていったら洗顔ですからね。ぼくもやってますよ〜泡洗顔。
はるこ先生
「泡洗顔をはじめてから肌の調子がよくなった」という人、けっこう多いみたいよ。お肌に優しい泡洗顔のこと、一緒にちょっとお勉強しましょう♪

美肌にいい泡、4つの条件

洗顔における「泡」の役割

そもそも、洗顔は何のためにするのでしょうか。

そうです。「肌の汚れや余分な皮脂をきれいに落とすこと」ですね。このことはそのまま「化粧水などのスキンケアアイテムがよく浸透するためのベースをつくること」でもあります。

適当な方法で洗顔していると肌に汚れが残ったままになってしまい、その後の化粧水や乳液も十分に浸透しません。いいアイテムを使っているのに、効果がいまいち感じられない…ということにもなりかねないのです。

だから、洗顔は正しい方法できちんとすることが大切。そしてきちんとした洗顔の第一歩は「きちんと泡をたてること」です。私たちが使っている洗顔料の多くが「泡立てて使うことで十分な効果を発揮する」ように作られているため、十分な効果を得るためには泡立てる必要があるのです。

では、たくさん泡立てないと肌の汚れは落ちないのでしょうか?答えは「いいえ」です。泡は洗顔において大切な役割を果たしていますが、汚れを落とすこと自体は泡の役割ではありません。肌の汚れを落とす、いわゆる洗浄成分は界面活性剤です。

界面活性剤って?

1つの分子の中に、「水になじみやすい部分(親水基)」と「油になじみやすい部分(親油基)」の両方を持つ物質のことです。親油基が肌に付着した汚れ(古い角質や皮脂、ほこりや汗が混じったものなど)となじみ、同時に親水基が水となじむことで、本来水と混ざらない肌の汚れを水となじませて落とすことができます。
界面活性剤には、もともと食品などに含まれている「天然界面活性剤」と、人の手で原料を合成するなどして作られた「合成界面活性剤」があります。洗顔料に使われているのは、ほとんどが洗浄力が高く扱いも容易な「合成界面活性剤」の方です。
さらに「合成界面活性剤」は原料によって「石油系」「高級アルコール系」「石鹸系」「脂肪酸エステル系」「アミノ酸系」などに分類されます。このうち「石油系」「高級アルコール系」は洗浄力が高く肌への刺激が強い傾向、逆に「アミノ酸系」は肌に優しいけれど洗浄力も控えめな傾向にあります。

では顔を洗うとき、泡はどんな働きをしているのでしょうか。それは大きく分けて2つ。

「泡立つことによって洗顔料全体の表面積を増やし、すみずみまで汚れを落とせるようにすること」と、「手でこすることによる摩擦などの刺激から、肌を守ること」です。この2つの役割をよりよく果たしてくれる泡こそが健康な美肌にいい泡である、といえるのです。

アッキー
「きちんと泡立てないと汚れが落ちない」って思ってたけど、それって「そうしないと肌に触れる表面積が足りなくて、洗浄成分が肌に十分行き渡らないから」だったんですね〜。

役割をしっかり果たしてお肌をきれいにしてくれる「いい泡」には、次のような条件があります。

【いい泡の条件1】量がたっぷり

泡が少ないと、その泡を顔のすみずみまで広げるために手で無理やり広げる必要があります。でも、顔全体に少ない泡をなんとか薄くのばせたとしても、それでは顔についた汚れの全てを落とすことはまずできません。1日活動した後の私たちの顔には、汗や垢や皮脂、チリやほこり、ファンデーションなどが混ざった様々な汚れがついているのです。それらを全部包み込んで落とせるだけの、たっぷりした泡をたてましょう。

また、手のひらで泡を顔にのばす過程で、肌を手のひらや指でこすって表面の角質層を傷つけてしまう危険も考えられます。角質層が傷つくと、角質細胞どうしのすきまが増えてそこから水分が逃げやすくなったり、外部刺激が入りこみやすくなったりして、肌荒れを招きます。洗顔で角質層を傷つけることがないように、泡は「手で広げなくても、そのままで無理なく顔全体を包みこめる」くらいのたっぷりした量が理想です。

角質層って?

皮膚のいちばん表面にある、厚さ0.02ミリほどの組織。肌細胞が死んで内部の「核」を失い、細胞膜が厚く変化してできた「角質細胞」が10層ほど重なってできています。
隣り合う角質細胞どうしは「細胞間脂質」によってつなぎとめられています。この「細胞間脂質」は、セラミドと呼ばれる保水力に優れた脂質の一種を主成分としており、肌の水分を保持して潤いを保つために大切な働きをしています。
洗顔で肌をこすったりすると、0.02ミリの厚みしかない角質層は簡単にめくれて細胞どうしの間にすきまができ、そこからセラミドなどが流出して肌の水分が失われやすくなります。

【いい泡の条件2】キメが細かい

肌の汚れは、肌表面だけについているのではありません。毛穴ひとつひとつに汚れが詰まっています。これらは放っておくと酸化して黒ずみ、小鼻のポツポツの原因になったりしてしまうので、きちんと取り除きたいもの。

毛穴の奥の汚れをきちんと取り除くには、泡の粒ひとつひとつが毛穴よりも小さくなければいけません。たとえ量が多くても、粒が大きくキメの粗い泡では毛穴に入り込めず、奥の方の汚れをとることはできないのです。従って肌の汚れを十分に落とすには、泡のキメが細かいことが大切です。

【いい泡の条件3】弾力がある

「泡立てることで、肌を摩擦などの刺激から守る」とお話しました。ちゃんと刺激から肌を守るには、泡の量だけでなく質も大切なポイント。肌への刺激を防げるのは「適度な固さがあり、へたりにくくい泡」です。柔らかすぎてすぐに崩れてしまうような泡では、洗っていても手のひらや指で顔をこすって傷つけてしまうかもしれません。手のひらで顔につけた時に、少し押し返されるようなクッション性を感じる泡であれば、摩擦で手指が角質層を傷つけるのをかなり防げます。

【いい泡の条件4】すすぎやすい

このように、洗顔の時にとても大切な役割を果たしている泡ですが、洗顔が終わった後も顔に残ったままでは、逆に肌への刺激になりよくありません。また、「完全に洗い落とさないと!」とすすぎながら手で一生懸命こすって肌を傷つけてしまうことにもつながります。すすぐ時にはできるだけさっと洗い流せて、後に残らないということも肌のためには大切。「泡立ちがよく、泡切れもいい」のが理想です。

泡洗顔愛用者100人の口コミ調査

たっぷり泡に包まれると気持ちいい

肌に優しく汚れをすっきりと落とせて、スキンケアアイテムの浸透もよくしてくれる「泡洗顔」。でも、泡洗顔のよさはまだ他にもあります。

泡で洗顔するのは、単純にとても気持ちがいいのです!たっぷりの弾力ある泡で一度でも洗顔したことがある方なら、このことに同意して下さるのではないでしょうか?実際「泡洗顔が脳をリラックスさせ、幸せな気分をもたらす」ということを、科学的に実証した実験もあります。

脳も幸福を感じている?

これは資生堂が「光トポグラフィー」という装置を使って行った実験で、女性に「豊かな泡」と「少ない泡」を触ってもらい、その時の脳の血流をそれぞれ測ることで、脳の活動量を測定するというもの。結果は豊かな泡を触っている時に明らかに血流が増えた、つまり脳活動が活性化したのだそうです。たっぷりの泡を目で見て、手のひらやひたいや頰で泡の感触を味わうことが、快い刺激となって脳をリラックスさせているということですね。泡洗顔でクリーミーな感触の泡に包まれれば、その日のストレスもすっきり洗い流せるかもしれません。

みんなのモコモコ泡立てテクニック

そんな、肌にも心にもいいことがいっぱいの泡洗顔ですが、実践している人たちはどうやってたっぷりした泡を作っているのでしょうか。

泡立てネットで泡立てる

いくらふわふわの泡で洗うのが気持ちいいといっても、洗顔は毎日のこと。なるべく早く、簡単に泡を作りたいと考える人が多いでしょう。そうした人たちに支持されている方法のひとつに「泡立てネットを使って泡立てる方法」があります。


この方は無印良品のものを使っているようですが、100均でも売られていますし、ファンケルやDHCといったブランドからも出ています。どれもお手頃価格ですから、使い比べてみてもよいでしょう。

使い方は簡単。ぬらしたネットに洗顔料をとり、ネットを揉み込むようにしながら泡を立てていきます。泡立ちが足りないと思ったら水や洗顔料を少しずつ足しながら、しばらく繰り返し揉み込んでみましょう。固めのもっちりした泡を作りたい場合は洗顔料を多めにしますが、水があまりにも少ないと泡立ちません。洗面器にお湯をとっておいて、手のひらですくってちょっとずつ加えていくと、微調整しやすくなります。

容器型の泡立て用グッズならもっと簡単

発売されるや否や「泡立てネットよりずっと簡単に泡が作れる!」とネット上で話題をさらった、ダイソーの「ほいっぷるん」容器に水と少しの洗顔料を入れふたをして、スティックを上下にしゃかしゃかとシェイクするだけで、不器用な人でもホイップクリームのように濃密な泡が作れます。うまく作れない時は、水を少し少なめに、洗顔料を少し多めにしてみると泡立ちやすくなるようです。ふわっふわのモッチモチ泡に包まれる幸せを、 108円で手に入れてみてはいかがでしょう。

ちなみに「ほいっぷるん」のように容器の中で泡を作るタイプのグッズでは、「マイクロバブルフォーマーawahour(あわわ)」という商品も人気。なんと、泡立てネットの約7倍の細かさの泡が作れるそうです。こちらは1,000円前後と少し値がはりますが、あのIKKOさんも愛用しているということでクオリティはお墨付き。もちろん口コミでも高い評価が集まっています。

  • 便利だけど置き場所には困る
    泡立ちがすごい。 簡単にモコモコの泡になります。 難点は場所を取ることか。

    Amazon

人気の容器型泡立てグッズですが、あえて欠点をあげるなら、まず上の口コミにもあるように「場所をとること」。「スティックを動かすのに力が要る」という意見もありました。それからこれは泡立てネットにも言えることですが、使った後はきちんと洗って干さないと雑菌が繁殖して不衛生になる恐れもあるので、そこは気をつけましょう。

自分の手でじっくりと、こだわりの泡を作る!

一方、「きめ細かい泡を作るなら、手で泡立てるのがいちばん!」という意見もあります。

  • 泡立てグッズには弊害も
    泡立てネットを使用するのはOKですが、使用後、洗面所やお風呂場に置いておくと、雑菌が繁殖する可能性があります。毎回しっかりと干して乾かすことが大切です。 また、ネットでつくることができる泡のきめ細かさには、限界があります。理想的な泡にするには、さらに手で泡立てる必要があります。 この2点を踏まえて考えると、実は手で泡立てた方が意外と手間がかかりません。

    美レンジャー

十分な量の泡を手だけで作るのには少し時間がかかりますが、慣れてしまえば水と洗顔料の量のバランスを細かく調整できるため、最初からきめ細かくてほどよい固さの上質な泡ができます。おおよその作り方は次の通りです。

洗った両手全体にしっかりと洗顔料をのばす

片方の手を少しくぼませて、手のひらの泡の表面を反対の手の指先でなでるようにして泡立てる

泡立ちが悪くなってきたら水を「少しずつ」足しながら泡立てていく

泡が増えたら、両手で泡をはさんで手のひらの間で転がすようにする。これで泡の粒が細かくなる
 ※泡を完全に潰さないように、手と手の間はほんの少し開けるのがポイント

最後にできた泡を手のひらに集める

いかがでしょうか。手先が器用な方、バスルームにあまりものを置きたくない方などは試してみる価値ありですね。

ポンプ式には3つのメリット

泡洗顔をやっている人が、日頃どうやってモコモコ泡を作っているのかを見てみました。みなさんいろいろと試しながら、少しでも簡単にいい泡ができる方法を探して楽しみつつ頑張っていらっしゃるようです。でも、こんなふうに思った方はいませんか?

「洗顔のたびに泡つくるなんて面倒……」「毎晩クタクタで、泡立てなんかやってる時間も心の余裕もない……」「やってみたけど、難しくて私にはムリ……」

はるこ先生
みなさん、お仕事や家事に育児で大変だものね。毎回泡なんか作ってられないっていう気持ち、よくわかるわ〜。

あきらめなくても大丈夫。「泡洗顔をしてみたいけれど時間がない」「手先の器用さに自信がない」という方も、最初から泡で出てくる「ポンプ式の泡洗顔料」があれば簡単に泡洗顔を始められます。

泡が出て時短

手だけでたっぷりの泡を立てようとすると、慣れた人でも1分〜1分半くらいはかかってしまいます。「ほいっぷるん」や「あわわ」を使った場合でも20秒や30秒くらいはかかるようです。忙しいこのご時世「その時間すらもったいない」と考える方も多いのではないでしょうか。

でも、ポンプ式ならかかる時間は0秒。何も考えず数回プッシュすれば、たっぷりの泡が出てくるのです。あなたは出てきた泡で優しく顔を洗ってあげればいいだけ。これなら、時間と手間をかけずに正しい洗顔方法で美肌を目指せます。

また、時間がかからないことには別のメリットも。洗顔料を泡立てる時には、まず顔をぬらしてから泡立てますが、泡立てに時間がかかっているとその間に顔の水分が蒸発してしまいます。そうすると肌の内部にあった水分まで一緒に逃げてしまい、顔をぬらす前よりも乾燥した状態になってしまう危険もあるのです。その点、ポンプ式なら顔をぬらしてすぐに洗い始められるので、心配は要りません。

不器用でもモコモコ

「泡立てネットなどを使っても泡立たない」「面倒になって、そのうち使わなくなってしまった」という方も意外に多いようです。うまく泡立てられないことがストレスになっては、元も子もありませんね。でもポンプ式なら、時間をかけて泡立てた時ほどの弾力はなくても、肌に負担をかけずに洗顔できるだけの十分な泡が出てきてくれます。

種類が豊富

泡洗顔の気持ちよさと効果を気軽に味わえるポンプ式の泡洗顔料の需要は大きく、各メーカーがこぞっていろいろなタイプの商品を発表しています。プチプラでスーパーなどで気軽に買えるもの、シンプル&低刺激な処方で敏感肌の方も安心して使えるもの、様々な美容成分が配合されたものなど、自分のライフスタイルやお肌のコンディションに合わせて選べます。

アッキー
選ぶ楽しみがあるって、テンション上がりますよね。次からは定番のポンプ泡洗顔料から、驚きの効果を味わえる「進化した泡」まで、いろんな泡洗顔料をご紹介していきます!

泡で出てくる洗顔料ランキング

ここからは定番のポンプ式泡洗顔料のうち、泡立ちや汚れ落ち、肌への優しさ、価格など様々な観点からの検証をもとに編集部がピックアップしたおすすめ商品をランキング形式でご紹介します!

肌ラボ 極潤 ヒアルロン泡洗顔

2種類のヒアルロン酸とワセリン配合で、お肌のうるおいに徹底的にこだわった泡洗顔料。メレンゲのように柔らかい泡で優しく包み込むように洗えます。洗顔後、化粧水をつけるのを忘れてしまいそうなほどのうるおい感はピカイチ!

  • しっかりした泡
    しっかりした泡で、へたることもなくさっぱりと洗えます。 ぬるま湯でしっかりすすぐとヌルつきは感じません。 洗顔後にもお顔はつっぱりません。 今2個目を使用中ですが、またリピートしたいと思います。

    @cosme

  • ぬるぬる感が……
    乾燥肌なので、洗いあがりにつっぱらないのもありがたい!と思ったのですが… これはしっとり感ではなく、ぬるぬる?(´`;) なんか洗っても洗っても残ってる感じがどうしても苦手で洗顔としては最後まで使いきれませんでした

    @cosme

口コミのうち、よくない評価をしているのはほとんどが「使用感」に関するものでした。2種類のヒアルロン酸とワセリン(油分)の保湿効果が裏目に出たのか、「何度すすいでも洗い上がりがぬるぬるしている」「落ちているか心配になってしまう」と、違和感を感じた人が多いようです。

一方美肌効果については「肌の調子はよい」「しっとりもちもちになる」と全体に高評価。汚れ落ちも「使い続けると毛穴がキレイになってきた」という声が複数ありました。乾燥肌の方や、お子さんの世話などで入浴後なかなかスキンケアができない方などには特におすすめの泡洗顔料といえます。泡は柔らかくとろとろとした感触で弾力があるとはいえませんが、「わりとしっかりした泡」「持ちがよい」などのコメントが複数ありました。

【評価】

泡立ち 4点/汚れ落ち 4点/美肌効果 5点/使用感 2点/口コミ 4点

全体評価 3.8点/5点

肌ラボ 極潤ヒアルロン泡洗顔
商品の特徴ヒアルロン酸の2倍の保水力を持つ「スーパーヒアルロン酸」と、すすいだ後も肌に吸着して残る「肌吸着型ヒアルロン酸」、保湿剤として皮膚科でも処方される「ワセリン」を配合。洗顔後もしっとりうるおい感が続く
メイクも落とせる(ポイントメイクは専用のリムーバーをお使い下さい)
弱酸性、香料・着色料・鉱物油・アルコール不使用
内容量
/希望小売価格
160ml/648円(税込) つめかえ用140ml/540円(税込)

特徴的な成分
アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸),ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム(肌吸着型ヒアルロン酸),ワセリン,グリセリン,ココイルグルタミン酸2Na,コカミドプロピルベタイン,コカミドDEA,など
使用上の注意
・傷、はれもの、湿疹、かぶれ等異常のある部位には使わないこと。
・赤み、はれ、かゆみ、刺激等の異常があらわれた場合は使用を中止し、皮ふ科専門医等へ相談すること。そのまま使用を続けると症状が悪化することがある。
・目にはいらないよう注意すること。万一目に入った場合は、すぐに水またはぬるま湯で洗い流すこと。なお、異常が残る場合は眼科医に相談すること。
・高温又は低温の場所、直射日光をさけて保管すること。
・乳幼児の手の届かないところに保管すること。

肌ラボ 極潤ヒアルロン泡洗顔のご購入はこちらから

キュレル 泡洗顔料

ほどよい洗浄力のアミノ酸系洗浄成分で、肌のうるおいを保つのに欠かせない「セラミド」を洗い流さずに、汚れだけをすっきり取り除きます。抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。健康なお肌と同じ弱酸性、無香料、無着色、エチルアルコール無添加。

  • 洗いすぎない感じが好き
    市販の洗顔料をネットで泡立てたものよりは、泡がゆるめです。私は一度の洗顔で2~2.5プッシュです。洗ってもスース―したりヒリヒリしたりすることはなく、さすがキュレルだな、という感じです。洗いあがりもつっぱりません。以前はモコモコの泡ですみずみまで洗っている!という感じでつっぱったりしていましたが、こちらは洗いすぎてない感じがして私は好きです(*^^*)

    @cosme

  • 泡の弾力が皆無
    使用法の目安のとおり2プッシュで肌につけてみてびっくり、え、泡足りなくないですか… もう4プッシュ追加しても柔らかいため意味がない。泡の弾力感が皆無なので、いくら使っても洗えてる気がしないんです。普段手を肌につけないよう気をつけて洗っているので、包み込んでくれるような泡を求めていた私には合いませんでした。

    @cosme

「さっぱりした洗い上がりで、かつつっぱらない」と使用感のよさを挙げるコメントが多くありました。「他社の洗顔料で肌荒れしたがキュレルに変えて治ってきた」という声も多く、敏感肌の方も安心して使える優しさはさすがキュレル、といったところです。一方泡立ちについては「水っぽい」「スカスカ」「すぐ潰れる」と、芳しくない評価が多いようです。

【評価】
泡立ち 3点/汚れ落ち 4点/美肌効果 3.5点/使用感 4点/口コミ 4点
全体評価 3.7点/5点

キュレル泡洗顔料
商品の特徴肌のセラミドを守りながら汚れを落とす優しい洗浄力
抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムを配合、肌荒れを防ぐ
弱酸性、無香料、無着色、エチルアルコール無添加
内容量
/希望小売価格
150ml/オープン価格(参考:890〜1,300円程度)
つめかえ用130ml/オープン価格(参考:730〜1,030円程度)
特徴的な成分
グリチルリチン酸2K,グリセリン,ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na,ラウロイルアスパラギン酸Na液,ラウリルヒドロキシスルホベタイン液,など
使用上の注意
傷、はれもの、湿疹等異常のある所には使わない
肌に異常が生じていないかよく注意して使う。肌に合わない時、使用中に赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が出た時、直射日光があたって同様の異常が出た時は使用を中止し、皮フ科医へ相談する。使い続けると症状が悪化することがある
目に入らないよう注意し、入った時は、すぐに充分洗い流す。異常が残る場合は、眼科医に相談する
子供や認知症の方などの誤飲等を防ぐため、置き場所に注意する
直接水がかかる状態でポンプを押さないでください。
容器を振ったり、傾けて使用すると泡にならない・ポンプが押せなくなります。
メイク落としではありません。

キュレル泡洗顔料のご購入はこちらから

ちふれ 泡洗顔

シンプルな成分、高い品質と続けやすい価格で人気のちふれの泡洗顔料です。適度な洗浄力ながら優しい洗い心地。保湿成分として天然由来成分のローズマリーオイルを配合、さわやかな香りに癒されます。2016年のリニューアルを経てさらにへたりにくい泡に生まれ変わりました。

  • しっかりした洗浄力
    泡は緩いです。 しかし汚れはしっかり取れていると思います。 (中略)これが一番汚れがしっかり取れているのにも関わらず、突っ張らない、しかも安い! 成分も悪いものは入ってなさそうです。 詰め替えがあるのもいい。

    @cosme

  • 泡の弾力はない、でも洗い上がりはさっぱり
    泡で出てくるので忙しい朝など泡がすぐ出て便利ですが(個人的に期待し過ぎてしまったのか)思っていたより泡の弾力がありませんでした。 手に取ると泡がしぼんでいく感じで泡で顔を洗うという感じはありませんでした。 ただ、洗い上がりは肌がさっぱりしていて香りも気にならなかったのは良かったです。

    @cosme

さっぱりした洗い上がりだけどつっぱらず、優しい洗い心地が支持されているようです。ただ泡はきめ細かいものの、弾力がなくすぐにしぼんでしまうという意見が多数。プッシュしてでてきた泡をさらに泡立てネットで泡立てると、モコモコの泡になった、という口コミもありました。「これでないと絶対ダメ!」という人はそこまで多くありませんが、「特にトラブルはないし使用感もよいので安心して使っている」という人が多いようです。

【評価】
泡立ち 3点/汚れ落ち 4点/美肌効果 3.5点/使用感 4点/口コミ 3.5点
全体評価 3.6点/5点

ちふれ泡洗顔
商品の特徴ほどよい洗浄力で、洗い上がりもつっぱらない
きめ細かく柔らかな泡でしっとり洗い上げる
保湿成分として天然由来成分のローズマリーオイルを配合、さわやかな香り
内容量/希望小売価格180ml/594円(税込)
つめかえ用:180ml/486円(税込)
特徴的な成分
グリセリン,ジグリセリン,ローズマリー葉油,ココイルグリシンK,ラウロアンホ酢酸Na,など
使用上の注意
○お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。
○傷やはれもの・湿しん等の異常がある場合はお使いにならないでください。
○お肌に合わない時は、ご使用を中止してください。
 ●使用中、赤み・はれ・かゆみ・しげき・色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
 ●使用したお肌に直射日光があたって、上記のような異常があらわれた場合。
○そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

ちふれ 泡洗顔のご購入はこちらから

カウブランド 無添加泡の洗顔料

洗顔石鹸の定番中の定番「牛乳石鹸」と同じ、カウブランドから出ている泡洗顔料。肌のバリア機能を保つのに欠かせない保湿成分「セラミド」を配合し、洗顔後の肌の乾燥を防ぎます。洗浄力も比較的マイルドで、皮脂を取り除きすぎることがありません。「無添加」の名の通り、お肌に刺激を与える可能性のある成分を極力カットした低刺激な処方になっています。

  • しっとりした洗い上がり
    ポンプを押すと濃厚な泡ではないですが洗顔には十分な泡が出てきます。洗い上がりはしっとりとしていて余計なものを流さない感じはします。肌荒れも最近ないので使い続けようと思います。

    @cosme

  • 泡切れがいまいち
    無添加でいいのですが、泡切れがやや悪く、何回もすすがないとぬるぬる感がなかなかとれません。

    Amazon

マイルドな洗浄力、肌に刺激を与える成分を極力カットした低刺激処方だからか「優しい洗い心地で安心して使える」という口コミが多く見られました。「セラミド」などの保湿成分の働きで、お風呂上りに顔がつっぱりにくいことも高評価です。

一方「無添加で優しい」という声の一方で「ぴりぴりして使えなかった」という声も少しありました。セラミドとともに保湿成分として配合されている「DPG」はこのブランドに限らず多くの洗顔料に使われている成分ですが、まれに刺激を感じることもあるとされているので、気になる方はパッチテストなどをしてから使うのがおすすめです。

【評価】

泡立ち3.5点/汚れ落ち3.5点/美肌効果4点/使用感3点/口コミ3.5点
全体評価 3.5点/5点

カウブランド 無添加泡の洗顔料
商品の特徴香料、着色料、防腐剤、品質安定剤、鉱物油、アルコールを使わず敏感肌にも安心
肌のうるおい保持に欠かせない「セラミド」を配合、お風呂上がりも肌を乾燥から守る
マイルドなアミノ酸系洗浄成分
内容量
/希望小売価格
200ml/734円(税込)詰め替え用180ml/594円(税込)

特徴的な成分
セラミドNG,ラウロイルメチルアラニンNa,ココイルグルタミン酸Na,ラウリルヒドロキシスルタイン,ラウロイルアスパラギン酸Na,など
使用上の注意
・お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。
・お肌に合わない時は、使用を中止してください。
・目に入った時はすぐに洗い流してください。
・乳幼児の手の届かないところに保管してください。
・高温になる場所や直射日光のあたる場所に置かないでください。
・低温で泡になりにくい場合は、常温に戻してご使用ください。
・開封後は早めにご使用ください。
※この商品は香料や品質安定剤が無添加のため、原料特有のにおいや変色がみられることがありますが、品質には問題はありません。

カウブランド 無添加泡の洗顔料のご購入はこちらから

ビオレ マシュマロホイップ

2017年春のリニューアルに伴い、花王独自の「泡膜強化処方」で洗ってもきめ細かい泡がへたらず長続きするように。最後まで、手で肌をこすることなく優しく洗えます。さらに「SPT(Skin Purifying Technology、肌清浄化技術)」で、角質層の潤いは守りつつ汚れだけをきちんと包み込んで落としてくれます。肌の状態に合わせて「薬用アクネケア」「オイルコントロール」「モイスチャー」「リッチモイスチャー」の4タイプをご用意。

  • さらっとした洗い上がり
    リッチモイスチャー についての口コミ
    ビオレの洗顔はあまり好みではなかったのですが、さらっとした洗いあがりで気に入りました!

    Amazon

  • 塗り始めからヒリヒリ
    モイスチャー についての口コミ
    泡はふわふわとある程度弾力があって良かったんですが、他の方も書いている通り、塗り始めからヒリヒリします。人を選ぶ製品かと思います。

    Amazon

このシリーズは、口コミでの評価にかなりばらつきがありました。高評価ももちろん多かったですが、その一方「ヒリヒリした」「皮がむけた」などの低い評価も見られました。敏感肌などで肌荒れが気になる人は控えたほうがよいかもしれません。
いちばんしっとりしているリッチモイスチャータイプでも「さっぱり」と感じた、という口コミが多かったことから、洗浄力は比較的強めといえそうです。泡は、今まで紹介してきた他の洗顔料と同程度の、「もっちり」というよりは「ふわっ」とした軽い質感という意見が主流でしたが、「水気がありすぐにへたってしまう、泡の質が悪い」というレビューもありました。

【評価】

泡立ち3.5点/汚れ落ち4点/美肌効果3点/使用感3点/口コミ2.5点
全体評価 3.2点/5点

ビオレマシュマロホイップ
商品の特徴花王独自の「泡膜強化処方」で洗ってもきめ細かい泡がへたらず長続き
「肌清浄化技術」で、角質層の潤いは守りつつ汚れだけを落とす
内容量/希望小売価格150ml/オープン価格(参考:500円〜720円程度) 
詰め替え用130ml/オープン価格(参考:400円〜520円程度)
特徴的な成分
水添ポリイソブテン(オイルコントロール)
イソプロピルメチルフェノール,グリチルリチン酸ジカリウム(薬用アクネケア)
グリセリン,PPG-9ジグリセリル(リッチモイスチャー)など
使用上の注意
●傷、はれもの、湿疹等異常のあるところには使わない。
●肌に異常が生じていないかよく注意して使う。肌に合わない時、使用中に赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が出た時、直射日光があたって同様の異常が出た時は使用を中止し、皮フ科医へ相談する。使い続けると症状が悪化することがある。
●目に入らないよう注意し、入った時は、すぐに充分洗い流す。
●誤飲等を防ぐため置き場所に注意する。

容器は振らない。傾けて使用しない。
泡にならないことがあります。

ビオレマシュマロホイップアクネケアのご購入はこちらから

ビオレマシュマロホイップオイルコントロールのご購入はこちらから

ビオレマシュマロホイップモイスチャーのご購入はこちらから

ビオレマシュマロホイップリッチモイスチャーのご購入はこちらから

人気急上昇!今年の「トレンド泡」を比較検証

定番の泡洗顔料も安心感があってよいのですが、そこにしか目を向けないのは少しもったいない!今はプラスアルファの配合成分で、より上質な洗顔ができる洗顔料がたくさんあります。ここからは、 自宅にいながらちょっとしたサロン気分を味わえる「進化した泡洗顔料」の中から、編集部のおすすめを3つほどご紹介しましょう。

話題No.1 炭酸の美肌効果をお手頃価格で!ビフェスタの炭酸泡洗顔

ここ数年、美肌を願う女子たちから熱い注目を浴びながら、値段の高さなどから「贅沢なスペシャルケアアイテム」というイメージが先行している感のある「炭酸美容」アイテム。そんな炭酸をお手頃価格で、普段のケアに気軽に取り入れてほしい、という思いから生まれたのがマンダムの「ビフェスタ炭酸泡洗顔シリーズ」です。

缶をよく振ってポンプを一押しすると、炭酸が含まれたきめ細かい泡がたっぷり出てきます。泡の弾力性は、上で紹介してきた定番のポンプ泡洗顔料とはケタ違い。毛穴の奥の汚れや古い角質が原因のくすみまですっきり落としてくれます。

肌タイプに合わせて「ブライトアップ」「オイルクリア」「モイスト」の3種類から選べます。3種類全てに、洗顔後も肌に吸着して残る「吸着性ヒアルロン酸」を配合し、お風呂上がりのつっぱりを防ぎます。

ところで「炭酸」ってどうして肌にいいの?

「炭酸」とは、水に溶け込んだ二酸化炭素(炭酸ガス)のことです。特別な美容成分などでは決してありません。ただの二酸化炭素が水に溶けたものが、どうして美肌に効くのでしょうか。その鍵は、炭酸のもつ次のような性質にあるのです。

【炭酸はたんぱく質を吸着する】

炭酸には「たんぱく質を吸着する」という性質があり、顔にのせると皮脂やファンデーション、古い角質などが混ざったたんぱく質汚れを吸着して落としてくれます。「ビフェスタ炭酸泡洗顔」の泡はとてもきめ細かく、毛穴の奥まで入り込めるので、炭酸成分が毛穴の奥の汚れまで届き、すっきり落とせるというわけです。

【炭酸は血行を促進してターンオーバーを活発にする】

炭酸は分子構造がとても小さく、肌に浸透しやすい性質を持っています。

肌に浸透した炭酸が毛細血管に届くと、血管の内側の二酸化炭素の濃度が上がります。すると毛細血管は内部の気圧が上がって拡張するため、血流が増えて血行がよくなります。その結果、肌細胞に必要な栄養素などが十分に行き渡り、ターンオーバーが活発になるのです。

【炭酸は「ボーア効果」によって肌細胞に酸素をたくさん送り込む】

また炭酸には、血液中でヘモグロビンと結合している酸素を切り離す性質(これを「ボーア効果」といいます)があります。血管内に炭酸が増えると、ヘモグロビンから分離する酸素の量も増え、したがって体内に取り込まれ肌細胞に送られる酸素の量も増えるのです。これによって、やはり肌の栄養状態がよくなり、ターンオーバーが活性化します。

【炭酸は肌表面の悪玉菌を抑制する】

炭酸には抗菌作用もあり、様々な肌トラブルの原因となる悪玉菌が、肌の表面で増殖するのを防いでくれます

はるこ先生
こんなふうに、たくさんの美容効果を秘めた炭酸。バスタイムやスキンケアに炭酸を取り入れる方法はいろいろあるけど、「ビフェスタ 炭酸泡」なら普段と同じ洗顔をしながら気軽に炭酸美容の効果を味わえるのが嬉しいわね。

ビフェスタ 炭酸泡洗顔シリーズの特徴

  • きめ細かく、手を逆さにしても落ちないほどしっかりした弾力泡
  • 泡に含まれた炭酸が毛穴の奥の汚れまですっきり落とし、血行促進効果、酸素供給効果、抗菌効果で美肌へ導く
  • 「ブライトアップ」は角質を柔らかくする乳酸配合。古い角質を効果的に落とし肌のくすみをとる
  • 「オイルクリア」は皮脂を溶かす「エトキシジグリコール」とひきしめ効果の「グリーンティーエキス」を配合
  • 「モイスト」はコラーゲンを配合、保湿を追求しより肌に優しい処方
  • 3種類全てに「吸着性ヒアルロン酸」を配合、お風呂上がりの肌の過ぎ乾燥を防ぐ
  • このお値段でこの効果は優秀!
    炭酸泡洗顔 モイストについての口コミ
    最後まで泡と共に炭酸が残ってくれてます。 ビフェスタの同ラインのものでも一番炭酸感が弱いそうですがジワっと感じることができましたよ。 泡ももこもこ、ボリューミーで良いです♪ ただ洗顔してると泡のへたりはありますね。 そこが残念なポイントかな。 洗顔後も突っ張らず、しっとりなお肌になります。 安くてこれだけの働きがあると十分です!!

    @cosme

  • 少しヒリヒリ感
    炭酸泡洗顔 ブライトアップについての口コミ
    缶スプレーで廃棄が面倒だろうなと思いつつ評価良いので購入。ワンプッシュで濃厚泡がでてきたのは感動しました。泡立てなくていいので時短になります。なんとなく毛穴に効いてる感じもしました。洗いあがりもサッパリで夏に良いです。 気になったのは肌の突っ張り。他の方も書いてますが、肌の水分が奪われてる感じや泡を肌にのせた時にヒリヒリ感が少しありました。毎日、使うの少し心配。とりあえず一本は使い続けてみます。

    @cosme

  • 洗顔というよりフェイスパック
    炭酸泡洗顔 オイルクリアについての口コミ
    かなりキメが細かく 弾力のある濃密泡です。 炭酸入りですが、手で潰しても 泡がへたらない程でとてもリッチな使用感です。 洗顔をしているというより フェイスパックをしているような感覚です。 使用後もさっぱりするのに肌はしっとり。 くすみもオフでき、肌が引き締まったような感じでキメも整います。

    @cosme

やはり、クッション性のある固めのモチモチ泡が多くの人から高い評価を得ていました。「炭酸泡はすぐに消えてしまうが、これは他に比べると持ちがよい」というコメントも。洗い上がりについても全体的に「さっぱりしているけどつっぱらない」と好評です。

美肌効果についても、「あまり効果は出ていない」というコメントも少しありましたが、おおむね「毛穴が引き締まってキメが整った」「くすみがとれて明るくなった」「しっとりした肌になった」と高い評価だったと言ってよいでしょう。

ただ、紹介したコメントにもありましたが「洗っている最中に炭酸によるぴりぴりするような刺激を感じた」という人もいました。洗い流すと刺激はおさまる場合が多いようですが、お肌が敏感な時は使用は控えた方がよいでしょう。

【評価】

泡立ち5点/汚れ落ち4.5点/美肌効果4点/使用感3.5点/口コミ4点
全体評価 4.2点/5点

ビフェスタ炭酸泡洗顔シリーズ
商品の特徴炭酸を含んだ濃密な弾力泡が、毛穴の奥の汚れまですっきり落とし、血行を促進してターンオーバーを活性化
3つの種類全てに「吸着性ヒアルロン酸」配合
香料、着色料、アルコール、パラベン不使用
内容量/希望小売価格180g/702円(税込)
特徴的な成分
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム(吸着型ヒアルロン酸),二酸化炭素,ミリスチン酸ポリグリセリル-10,ココイルグルタミン酸Na,ステアリン酸PEG-150,など
(ブライトアップ)エトキシジグリコール,乳酸,など
(オイルクリア)エトキシジグリコール,チャ葉エキス,など
(モイスト)加水分解コラーゲン,など
使用上の注意
お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌に合わないとき、即ち次のような場合には使用を中止し皮フ科医等にご相談ください。
1)使用中に、赤み・はれ・かゆみ・刺激・色抜け(白斑等)・黒ずみ等の異常があらわれた場合
2)使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合
傷やはれもの、湿疹等のある部位にはお使いにならないでください。
目に入らないよう注意し、入ったときはすぐ洗い流してください。
高温になるところには置かないでください。
泡に含まれるガスにより、ご使用中お肌にピリピリ等の刺激を感じることがあります。洗い流せばおさまりますが、お肌に合わないときはご使用をおやめください。
天然由来成分の性質により、匂いに変化の生じることがありますが、本質には問題ありません。
子供の手の届かないところに置いてください。

ビフェスタ炭酸泡洗顔シリーズのご購入はこちらから

話題No.2 「粘る泡」が毛穴汚れに効く!MoccHiSKINの吸着泡洗顔

2016年11月に先行販売を開始するや否やたちまち売り切れが続出、1ヶ月以上もの間入荷待ち状態となるなど、ブームを巻き起こしたのが「MoccHiSKIN(モッチスキン)」。現在もその人気は全く衰えを見せていません。菜々緒さんをはじめとする有名人にSNSで紹介されたり、「ビーズアップ」や「美人百花」などの雑誌で取り上げられたり、テレビで特集を組まれたりと、むしろ人気は高まっているといってよいでしょう。

そんな「MoccHiSKIN」の最大の特徴は、単に弾力があるだけではない、まるで納豆かトルコアイスか?と言いたくなるほどよく「のびる」「粘る」泡にあります。そしてこの個性的な泡の中に、つるんとした美肌を実現してくれる様々な成分がぎっしり詰まっているのです。

粘り気のある濃密泡につまった贅沢な美容成分

モッチスキンに配合されている美容成分には、次のようなものがあります。

成分名効能、効果
パパイン酵素たんぱく質や脂質を分解する作用がある。肌に必要な皮脂や健康な角質に影響を与えず、余分な皮脂や古い角質からなる毛穴の汚れだけを分解して落ちやすくする。
マリンシルト沖縄の特定地域の海底からのみ採取される、数百万年かけてできた特殊な粘土(クレイ)。5ミクロン(0.005ミリ)以下のとても細かい粒子からなり、毛穴の奥まで容易に入り込む。粒子がマイナスイオンを帯びているので、プラスに帯電している皮脂汚れや古い角質汚れを引き寄せる性質がある。パパイン酵素によって分解された余分な皮脂やたんぱく質汚れ、皮膚についたアレルギー物質などを吸着する。また豊富な海洋ミネラルを含み、肌に潤いと栄養を与える。
はちみつきめ細かく、毛穴の汚れを効果的にからめとれる良質な泡を作る。保湿効果、抗菌・消炎効果も。
バオバブオイルアフリカのサバンナ地方に自生する「バオバブ」の種から抽出される。別名「魔法のオイル」。優れた保湿力で肌の水分を閉じ込める。抗酸化作用もあり、活性酸素による肌細胞の老化を防いでターンオーバーを整える。
アルガンオイルモロッコ南西部の過酷な自然環境下に自生する「アルガンツリー」の実から採れる、「モロッコの黄金」とも呼ばれるオイル。ビタミンE、ポリフェノールなどを多く含み、強い抗酸化作用で活性酸素を除去、ターンオーバーを活性化する。肌にすばやく浸透し、角質層で水分を抱え込んでいる「細胞間脂質」になじんで肌のバリア機能を整える
その他保湿成分セラミド、ヒアルロン酸、スクワランなどの保湿成分を配合し、お風呂上がりも肌のうるおいをしっかりガード。

これらの美容成分が互いに連携しながら「分解」→「吸着」→「からめとる」→「保湿」のサイクルを作って、潤いを保ったまま肌をすっきり洗い上げます。使い続けることで、きっと毛穴が目立たない透明感のあるお肌に近づけるでしょう。

  • 毛穴の汚れがきれいになる!
    泡で出てくる洗顔料です。 1プッシュするだけでものすごく濃密なモチモチ泡が出てきます。 この泡がビックリするくらいのびるのびる! このモチモチ泡がお肌にしっかり吸着するので、毛穴の汚れをキレイに取り除いてくれる感じがします。 洗い流すのにちょっと時間がかかるくらいの吸着泡。 こんなに濃密な泡は初めてです! 洗い上がりの肌はしっとり、すべすべ! ベタつきもないので気持ち良い洗い上がりです。 そして何となくお肌のくすみも取れてきたような…。 この吸着泡がクセになりそうな洗顔料です!

    @cosme

  • 効果はあるが、泡切れ悪すぎ!
    本当にねば~っとしていて、糸を引くほど!納豆みたい! 泡ももっちりしていて、好感触でした。 洗っている間も泡がつぶれることなく、もこもこに包まれながら洗えます。 ただ、本当にネッバネバなので、流したいときにとっても時間がかかりました。 夜の洗顔なら時間をかけてゆっくり洗えますが、急ぎたい朝の洗顔にはとっても不向きでした。 いつまでも顔がねばねばしていて、本当に洗い流すのが大変です。 でも、気になっていた鼻の黒ずみも落ちて、スッキリ感もありつつ、しっとりしたお肌になります。 肌の弱い(幼い頃はアトピーでした)私でも問題なく使えています。

    Amazon

「こんな感触初めて」と、まるで納豆のようにのびる泡に驚く人が続出!「爽快感がない」というマイナス評価も若干ありましたが、「のびる泡が肌に吸い付く感じが気持ちいい!」という声の方が圧倒的に多く見られました。美肌効果についても「毛穴の黒ずみが薄くなった」「洗った後もしっとり」「メイクのノリがよくなった」など好評です。一方悪い評価で多かったのは「洗い流すのに時間がかかる」というもの。糸を引くくらいにのびる泡が肌にぴったり密着するので、確かに落とすのに時間がかかるかもしれません。また「プッシュが硬くてなかなか泡が出てこない」という声も複数ありました。この点は改善を期待したいところ。ですが全体的にはとても口コミ評価が高く、実際優れた効果が期待できるアイテムといえます。

はるこ先生
ただし、酵素が入っていたりして洗浄力はちょっと強めなので、肌荒れしているときは少し使用をお休みするなどして、様子を見ながら使ってね。敏感肌の人は使う前にパッチテストをしておくと安心よ。

【評価】

泡立ち5点/汚れ落ち4.5点/美肌効果5点/使用感3.5点/口コミ4.5点
全体評価 4.5点/5点

MoccHiSKIN
商品の特徴もっちりと弾力があり、さらによく伸びる濃密泡が肌にぴったりと密着
酵素、クレイ、はちみつ、オイルなどの美容成分を贅沢に配合
内容量/希望小売価格150g/1,944円(税込)※1回につきピンポン玉1個程度の量(推奨量)を使用する場合、約60回分
特徴的な成分
パパイン,水添ハチミツ,海シルト,スクワラン,アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル),セラミドNP,フィトスフィンゴシン,セラミドNG,セラミドAP,ヒアルロン酸Na,バオバブ種子油,など
使用上の注意
■お肌に合わないときはご使用をおやめください。お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。そのまま化粧品類のご使用を続けますと症状が悪化する場合がありますので皮フ科専門医等にご相談されることをおすすめします。以下の場合は、ご使用を中止してください。
(1)ご使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
(2)ご使用されたお肌に、直射日光があたって、上記のような異常があらわれた場合。
■傷やはれもの、湿疹等異常のあるところにお使いにならないでください。
■目に入らないように注意し、入ったときはすぐに水かぬるま湯で充分洗い流してください。異常が残る場合は、眼科医にご相談ください。
■寒冷時、泡になりにくいときは、常温に戻してからご使用ください。
■容器をよく振ってから、立てた状態でご使用ください。
■乳幼児の手の届かないところに保管してください。
■横向きや逆さまでお使いにならないでください。ガスだけが抜けて中身が残り、最後までご使用できない恐れがあります。
■捨てるときは、火気のない屋外で噴射音が消えるまでボタンを押し、ガスを抜いてから、各自治体の廃棄方法に従ってください。

ちなみに「MoccHiSKIN」は公式サイトをはじめ、アマゾンや楽天などの各通販サイト、ドンキホーテやロフトなどの店舗で販売されています。ですが、お得に続けたいなら公式サイトからの購入がいちばんおすすめ

1本だけの購入なら税込1,944円(送料648円)ですが、3本セットで購入した場合は1本あたり108円オフで5,508円(税込)、送料は無料※になります。さらに2本を2ヶ月ごとにお届けする定期コースなら、もっとお得。1回の注文で、1本あたり162円オフの税込3,564円になります!もちろん、送料は毎回無料※。お肌に合わなければ、1回だけの注文でコース解約することも可能ですから、安心して試せますね。(※沖縄全域は別途送料1,290円)

アッキー
1本1,944円で60回分使えるということは、1回あたり30円ちょっとですね。朝晩使ったとしても、1日60円くらいでこんなにスキンケアできてしまうんですね〜。すごい!

MoccHiSKINのご購入はこちらから

話題No.3 これ1本で泡洗顔から泥パックまで!イッテンコスメの泥練洗顔

2014年に大手口コミサイトの洗顔料部門で1位を獲得し、その後も安定した支持を誇る「泥練洗顔」。こちらも「VOCE」「美的」「GINGER」等々、多数の雑誌で紹介され注目を集めています。「洗顔マニアのための洗顔料」というキャッチコピーも、商品の質へのこだわりとプライドをはっきり表しています。

厳選した6種の泥+保湿&引き締め成分を絶妙にブレンド

泥に秘められた美肌効果を最大限に活かして今までにない完成度の泥洗顔料を作るために、「泥練洗顔」では徹底的に原料と製法にこだわっています。

世界中で採れる泥について研究を重ね、異なる性質をもつ6種類を厳選し、適切なバランスでたっぷりと配合。そのため「汚れをしっかり吸着し、根こそぎ落とすこと」と「潤いを守ること」の両方を同時に実現することができるのです。

「泥練洗顔」に配合されている6種類の泥

  • 沖縄の海底からしか採取できない、皮脂や古い角質汚れをパワフルに吸着する「マリンシルト」
  • モロッコの鉱山で採れる、しっとり優しい洗い心地でミネラル豊富な「ガスール」
  • ひきしめ効果があり乾燥肌や敏感肌にも優しい、フランス産の「ホワイトクレイ」
  • 優れた洗浄力があり、水分を含みやすく保湿効果もあるフランス産「レッドクレイ」
  • 殺菌力のある「酸化鉄」を含みニキビなどにも効果があるフランス産「グリーンクレイ」
  • 汚れを吸着する力がありながら肌に優しくベビーパウダーなどにも使われるイタリア産「タルク」

泥の吸着力で毛穴の汚れを一掃したあとは、肌をひきしめる効果のあるヒマラヤ産の「ルビーソルト」が毛穴をきゅっと小さくしてくれます。さらに「アルガンオイル」でしっかり保湿。泥の洗顔料にありがちな、使用後の乾燥がかなり抑えられているため、乾燥肌の方も使えます。

専用の練り機と手作業のダブル練りで、想像を超える濃密な泥泡

泥のパワーを最大限に活かすためには、泥の「質」とともに「配合量」も大切なポイント。「泥練洗顔」に使われるのは、粘りが強く練り上げるのがとても難しい、高密度な泥です。それらを多量に配合して洗顔料にするという作業は、従来の機械ではできないことでした。

そこで「泥練洗顔」を製造販売するイッテンコスメは、この商品だけのために専用の製造機を開発。この専用練り機と職人の手作業による「ダブル練り」によって、肌にぴったり吸いつくようなもっちり弾力泡が誕生したのです。

1本で3つの使い方!

もうひとつ「泥練洗顔」で注目すべきは、泡洗顔料なのに泡立てなくても使える、さらに泥パックもできてしまうというところ。その時その時の肌の状態によって、ベストな使用方法を自分で選べるのです。

  1. 普通肌、脂性肌向け:少量の水で練ってクリームのように顔にのばし、毛穴の汚れをしっかり落とす「ねりねり洗顔」
  2. 乾燥肌向け:たっぷりのもちもち弾力泡を作って、優しく汚れを落とす「濃い泡洗顔」
  3. 週2〜3回のスペシャルケアに:泥をそのまま顔にのせて1分。肌の汚れという汚れを一掃する「泥パック」

使い方によって洗浄力を自分で選ぶ洗顔料というのは、かなり画期的ではないでしょうか。ちなみに洗浄力は「泡洗顔」が最も控えめ、「泥パック」がいちばん強くなります。泥パックの時は、長時間放置すると皮脂などを過剰に取ってしまう可能性があるため、1分くらいで洗い流しましょう。

  • 肌色が明るくなる
    毛穴目立ちやくすみ、赤みがだいぶ減ってきました。 勿論、使っていきなりなくなった!っていう事はありません。 でもこれを使うと、だいぶお肌がすべすべになる上に、すっきり・さっぱりとしてきました。 特にくすみの変化は、助かってます。 洗顔後のお肌は、軽くパウダーをした様に、なんだか明るく見えるんです。 エイジングケアにも良いので、これは嬉しいです。

    @cosme

  • 大高博幸先生も絶賛
    美的で、美容研究家の大高博幸先生が絶賛してたので、 買ってみたんですが、たしかに汚れは根こそぎ取れます。 これを使ってから肌がくすみ抜けし、毛穴も小さくなりました。 根こそぎ落とせるのに、洗い上がりが、しっとりふわふわで、 洗顔後の肌の感触は、最高です。 でも、粒子が細かいからか、目に入るとすごく痛いんですよ。 あと、残り少なくなると、容器が少し固めなので、 押し出して使うのがけっこう大変です。

    Amazon

こちらも全体的に非常に高い評価でした!上で紹介した「ビフェスタ」や「MoccHiSKIN」のように、最初から泡が出てくるわけではないのですが、1センチくらいの量を泡立てネットで泡立てると、すぐにモコモコの弾力泡ができあがるようです。1回の使用量が少ないのでコスパがいい!というのも嬉しいポイント。もちろん美肌効果や洗い心地についても「くすみがとれてきた」「半月ほど使ったら毛穴が小さくなってきた」「泥洗顔は乾燥するイメージだったがこれは乾燥しない」など、感動の声がたくさん寄せられています。一方悪い口コミで多かったのは「容器がよくない」というもの。ふたが転がってどこかへ行ってしまう、チューブが固くて出しにくい、といったものでした。せっかく商品の中身がよいのですから、これはぜひ改善してほしいですね。

はるこ先生
それから、「泥パックの時は少しピリピリした」という声も若干あったわ。吸着力の高い泥がたくさん配合されているので、これも洗浄力はかなり高いです。肌が敏感なときは様子をみて使用を控えましょう。

【評価】

泡立ち5点/汚れ落ち4.5点/美肌効果5点/使用感4点/口コミ4.5点
全体評価 4.6点/5点

泥練洗顔
商品の特徴厳選した6種類の泥を、従来の常識を覆す高い割合で配合。泥の吸着力を最大限に活かす
ひきしめ効果のあるルビーソルト、高い保湿力のアルガンオイルも配合
内容量/希望小売価格120g/1944円(税込)※約45日分
特徴的な成分
アルガニアスピノサ核油,海シルト,モロッコ溶岩クレイ,カオリン,イライト,タルク,ヒアルロン酸Na,サクシノイルアテロコラーゲン,豆乳発酵液,など
使用上の注意
傷やはれもの、しっしん、かぶれ等のある場合はご使用をおやめください。
お肌に合わないとき、すなわち次のような場合は、ご使用を中止してください。そのまま化粧品類のご使用を続けますと症状が悪化する場合がありますので皮フ科専門医等にご相談されることをおすすめします。
(1)ご使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激等の異常があらわれた場合。
(2)使用されたお肌に、直射日光があたって、上記のような異常があらわれた場合。
目に入らないように注意し、入ったときはすぐに水かぬるま湯で充分洗い流してください。異常が残る場合は、眼科医にご相談ください。
清潔な手で取り扱い、一度取り出した中身を容器の中へ戻すことは絶対におやめください。
直射日光や高温多湿を避け、お子様の手の届かないところに保管してください。
天然由来原料使用のため、色調に多少の違いが生じる場合がございますが、品質に問題はありません。

この「泥練洗顔」も各通販サイトやドラッグストアなどでの取り扱いがありますが、お得に長く続けたいなら公式サイトからのご注文がおすすめ。 1個のみの注文では1,944円(送料648円)ですが、まとめ買いなら個数に応じて5〜15%の割引が受けられます(3個以上の注文で送料無料)。もちろん定期購入もお得。10%オフから始まって続けるほどに割引率があがり、最終的にはなんと25%割引の1,458円(税込)になります!また、万一お肌に合わなかった場合は、お届け後30日の間なら使用後であっても返品を受け付けてもらえます。これは商品に自信があるからこそできることですね。

さらに、今なら「泥練洗顔」3回分にクレンジングと美容液のサンプルがついたトライアルセットが540円で公式サイトから購入できます(2017年7月現在)。あなたのお肌に合うのかどうか、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

泥練洗顔のご購入はこちらから

泡洗顔よくない?泡洗顔が向かない人

肌に摩擦という刺激を与えることなく、毛穴の奥の汚れまできちんと落としてくれて、スキンケアアイテムの効果が出やすい肌を作ってくれる。しかも、もっちりふわふわで気持ちいい……。よいことばかりのように思える泡洗顔ですが、泡洗顔にも落とし穴はあります。「泡洗顔を始めてみたものの、いまいち肌の調子がよくないな……」と感じる方もいるかもしれません。ここでは、泡洗顔が向かない場合について簡単にお話しておきましょう。

洗浄力を求める人にはポンプ式は不向き

この記事でも、最初から泡で出てくる「ポンプ式」の洗顔料をいくつかご紹介しました。これらは毎日のスキンケアに手間なく泡洗顔を取り入れられる、という点でとても優れているのですが、残念ながらデメリットもあります。

それは「あらかじめ水で薄めてあるので、1回あたりの洗浄成分も洗顔フォームなどより少ない」つまり「洗浄力が低めのものが多い」ということです。多少洗浄力が低くてもよい、それより皮脂を取りすぎないことの方が大切!という乾燥肌ぎみの方などはよいのですが、毛穴の角栓や黒ずみが気になる方だと洗顔料によっては「効果が感じられない」という場合もあるかもしれません。「同じ洗顔料で、自分で泡立てる洗顔フォームタイプとポンプ式の泡タイプがある」という場合は、洗顔フォームタイプにしておいた方がよいでしょう。

「洗浄力はほしいけど濃密な泡を作るのが苦手」という人は泡洗顔をやめるだけで解決!

洗浄力はもちろん必要。余分な皮脂や汚れをしっかり落としたい。 でも、どうしても泡立てが面倒だしうまくできない……という方もいらっしゃるでしょう。そういう方は、何も泡洗顔だけにこだわる必要は全くありません。「泡立てずに使う前提で作られている」洗顔料を使えば、泡立てなくてもきちんと洗顔できるのです。

例えば乳液のような「ぬめり」で洗う「泡立てない石鹸」や、顔にのばすだけで汚れに無理なくなじんで落とすジェルタイプの洗顔料など。上でご紹介した「泥練洗顔」も、泡立てずに水で練って使う方法がありました。

「泡洗顔、自分には向いてないのかな……」と思われた方は、泡洗顔をすっぱり諦めてそういったものを検討するのもよいでしょう。くれぐれも、普通の洗顔フォームを適当に泡立てて肌をこすりながら洗うという、もとの方法には戻らないようにしましょうね。

たっぷり泡は肌も心も癒す

以上、泡洗顔が美肌作りに有効な理由から、泡立ての方法やおすすめの洗顔料まで、たっぷりとご紹介しました。

洗顔はスキンケアの基本。化粧水や美容液選びと同じくらい、もしかするとそれ以上に「正しい洗顔ができているかどうか」が肌の状態を左右します。それに何より、たっぷりもちもちした泡に包み込まれるひとときは、本当に気持ちよくて癒されます。あなたも一度、いつものお風呂をちょっとしたエステタイムに変える「泡洗顔」の虜になってみてはいかがでしょうか。