水虫は市販薬や処方箋で治す!選びたい成分4種類とおすすめ市販薬6選

水虫は市販薬や処方箋で治す!選びたい成分4種類とおすすめ市販薬6選

水虫はどんな薬で治るのでしょうか?人に相談できない「水虫」という症状。一刻も早く治したいものですが、どんな成分の薬が効くのでしょう?薬を塗っているのになかなか治らない、薬を変えても治らないと悩んでいませんか。薬には正しい塗り方があるのです

水虫におすすめの最強な薬ってある?

水虫になった場合、どんな薬を使用すれば治るのでしょう?「すでに何種類か試してみたけど再発してしまう」「そもそもどんな薬が効くのかわからない」「オススメな薬を聞くにも……ちょっと人には聞きにくい」と悩んでいませんか。今回は水虫に効く成分から徹底的に調査し、水虫の症状に合わせた市販薬を6つ厳選してみました。その中にはきっと自分の水虫症状にあう薬があるのではないでしょうか。

水虫治療薬の成分4種類

抗真菌成分

真菌(しんきん)は細菌よりも大きな菌で、より高等なものと言えます。「カビ」というとわかりやすいかもしれません。その他きのこやパンの酵母なども真菌の一つです。

そんな真菌の中でも、体に害を与える真菌に感染すると真菌症と呼ばれ「水虫」はその代表的なものなのです。

はるこ先生
まずは水虫を引き起こす「真菌」に対抗する成分を紹介していきます。

 塩酸ブテナフィン

塩酸ブテナフィンはベンジルアミン系と呼ばれる種類の抗真菌薬で特に「白癬(はくせん)」いわゆる水虫に対しての抗菌力が強いのが特徴です。

  • 足白癬(水虫)
  • 股部白癬(いんきんたむし)
  • 体部白癬(ぜにたむし)
  • 癜風(でんぷう)という癜風菌というカビが原因のもの

などに効果的です。しかしカンジタには効果がうすく適用していません。

どのように作用するの?

スクアレンエポキシダーゼという酵素を阻害することで、真菌の主成分エルゴステロールの合成を抑制します。1日に1回塗布すれば効果が持続します。

どんな市販薬に含まれている?

久光製薬の「ブテナブロック」、佐藤製薬の「ラマストンMX2 クリーム」など

アッキー
液剤タイプのものは浸透力が強く、角質化している患部に効果的ですが刺激が強いので、現在はがクリームのものが多く使用されています。

塩酸テルビナフィン 

塩酸テルビナフィンはアリルアミン系と呼ばれる種類の抗真菌薬で抗真菌作用が強く、幅広い真菌に効果を発揮する(抗真菌スペクトル)が特徴です。

  • 足白癬(水虫)
  • 股部白癬(いんきんたむし)
  • 体部白癬(ぜにたむし)
  • 癜風(でんぷう)
  • 皮膚カンジダ症

などに効果的です。

どのように作用するの?

塩酸ブテナフィン同様にスクアレンエポキシダーゼという酵素を阻害し、真菌の主成分エルゴステロールの含量を低下させます。1日に1回塗布すれば効果が持続します。

どんな市販薬に含まれている?

大正製薬の「ダマリングランデ」、ノバルティスファーマの「ラミシール プラスクリーム」など

はるこ先生
塩酸テルビナフィンは幅の広い抗真菌作用があるので、多くの製品に使用されているものです。

 塩酸アモロルフィン 

塩酸アモロルフィンはモルホリン系と呼ばれる種類の抗真菌薬で白癬菌に対し抗菌力が強いという特徴があります。

  • 足白癬(水虫)
  • 股部白癬(いんきんたむし)
  • 体部白癬(ぜにたむし)
  • 癜風(でんぷう)
  • 皮膚カンジダ症

などに効果的です。

どのように作用するの?

真菌の主成分エルゴステロールの合成を抑制し、真菌細胞膜を破壊したり発育を抑制します。こちらも1日に1回塗布すれば効果が持続します。

どんな市販薬に含まれている?

大正製薬の「ダマリンエース」が在庫が無くなり次第発売停止となります。

はるこ先生
塩酸アモロルフィン配合の市販薬は少ないみたいです。市販薬ではないけれど病院で処方される塗り薬にはペキロンクリーム(塩酸アモロルフィン)というものがあります。

 ラノコナゾール 

ラノコナゾールはイミダゾール系と呼ばれる種類の抗真菌薬で、白癬菌に対し抗菌力が強く、また幅が広い抗真菌スペクトルを持っています。角質内での貯留性が高いのも特徴の一つです。

  • 足白癬(水虫)
  • 股部白癬(いんきんたむし)
  • 体部白癬(ぜにたむし)
  • 癜風(でんぷう)
  • 皮膚カンジダ症

などに有効です。

どのように作用するの?

真菌の主成分エルゴステロールの合成を抑制し、真菌を殺す作用があります(殺真菌作用)効果が強力と言われており、1日1回の塗布で効果が持続します。

どんな市販薬に含まれている?

第一三共ヘルスケアの「ピロエースZ」など

 硝酸オキシコナゾール

硝酸オキシコナゾールはイミダゾール系と呼ばれる種類の抗真菌薬です。幅広い抗真菌スペクトルも持っているようですが、特に足白癬(水虫)の原因と言われている紅色白癬菌に高い殺真菌効果を発揮します。

  • 足白癬(水虫)
  • 股部白癬(いんきんたむし)
  • 体部白癬(ぜにたむし)
  • 癜風(でんぷう)
  • 皮膚カンジダ症

などに有効です。

どのように作用するの?

ラノコナゾール同様に真菌の主成分エルゴステロールの合成を抑制し、殺真菌作用がるとされています。

どんな市販薬に含まれている?

白癬用のクリームは市販されていないようです。窒カンジダの錠剤として田辺三菱製薬の「オキナゾールL100」が市販されています。

はるこ先生
硝酸オキナゾールは1日に2~3回塗ることになります。これまでの抗真菌薬の成分は1日1回の塗布なので、作用時間の短さに関しては短所と言えるものです。

 硝酸ミコナゾール

硝酸ミコナゾールもイミダゾール系と呼ばれる種類の抗真菌薬で、幅広い抗真菌スペクトルを持ち副作用と言われる刺激痛なども少ないものです。

  • 足白癬(水虫)
  • 股部白癬(いんきんたむし)
  • 体部白癬(ぜにたむし)
  • 癜風(でんぷう)
  • 皮膚カンジダ症

などに有効です。

どのように作用するの?

真菌の主成分エルゴステロールの合成を抑制し、殺真菌作用があります。適度な貯留性がありますが硝酸ミコナゾールも1日に2~3回の塗布となっています。

どんな市販薬に含まれている?

日水製薬の「ベスメント<クリーム>」、日邦薬品工業の「ローレンミコナクリーム」など

かゆみ抑制成分

水虫になると、痒みがひどくて夜もつらいという人もいるのではないでしょうか?水虫の痒みは人間の免疫機能の現れです。水虫を引き起こす白癬菌(はくせんきん)が角質層の奥に入り込むと、免疫機能が作動して菌を排除しようとします。同時にヒスタミンを放出するのですが、これが痒みとして現れると言われています。

リドカイン

リドカインは局所麻酔作用のあるものです。皮膚の表面を麻痺させヒスタミンの作用を抑えることでかゆみをとめてくれるのです。

ヒスタミンってなに?

ヒスタミンは体内に入った病原体などと免疫細胞が戦いやすいようにするものです。

体内に病原体などが入った時に細胞がヒスタミンを放出し、血管の内壁などにあるヒスタミン受容体(受け皿)にくっつきます(皮膚が腫れ空間をつくる)。免疫細胞はこれを合図に病原体の場所へ行き戦うのです。この時同時に痒みを感じることもあります。

メントール

スースーとする清涼感でおなじみのメントールには、防虫や抗アレルギー、抗菌などの効果もあるようです。痒みどめの効果もあるようで、清涼感を与えることで痒みを抑えていきます。

脳の錯覚が清涼感を感じる

メントールは体内の「冷感受容体」という低温を感じとるタンパク質を刺激することで、脳に冷たいという伝令を送り清涼感を感じる仕組みです。

クロダミン

ヒスタミン受容体(受け皿)を遮断することで、ヒスタミンが結合することを防ぎます。ヒスタミンが引き起こす痒みなどを抑える成分です。

アッキー
クロダミンのような作用を持つ薬は「抗ヒスタミン薬」と呼ばれてます

抗炎症成分 

グリチルリチン酸

グリチルリチン酸は甘草(かんぞう)の根や茎から抽出される成分です。優れた抗炎症作用、高アレルギー作用がありニキビケアなどでも有名な成分です。

主な作用

  • 痒み防止
  • 抗炎症
  • 殺菌
  • ニキビ予防
  • 抗アレルギー など

角質軟化成分

尿素

尿素は誤解を受けやすい表記ですが、尿からできているものではありません。尿の中から見つかった成分という意味で「尿素」と名がついています。

尿素は角質を溶かし肌をツルツルにする成分です。かかと水虫などでは硬くなった角質を柔らかくして抗真菌剤の浸透率を上げていきます。

かぶれに注意

尿素は過剰に使用することで、角質を分解し溶かしバリア機能が大きなダメージを受けてしまいます。尿素のクリームと水虫の薬(尿素配合)の使用には注意が必要です。

症状に合わせて薬を選ぼう

水虫と言ってもその症状は大きく分けて4つのタイプに分けることができます。その症状によって使う薬も変わってくるのです。まずは自分がどのタイプの水虫なのかチェックしてみましょう。

  1. 趾間型(ジュクジュク系)ジュクジュクしていて、赤みや痒みを伴う、指の間に多く見られる
  2. 角質増殖型(ガサガサ系)かかと等の角質が乾燥して硬くなる、ひび割れをおこすこともある
  3. 水泡型(ブツブツ系)足に小さな水泡が出来る、痒みを伴い皮がむけることもある
  4. 爪白癬(爪の水虫)爪が白くなり硬くなったり、もろくなったりする
はるこ先生
爪水虫は市販の塗薬では治すことができないので、病菌で処方されるの水薬で治していくしかないようです

 薬の形状で選ぶ

クリーム

一般的に市販されている多くの薬がクリーム状になっています。誰にでも塗りやすく浸透力がいいので人気です。また軟膏ほどのべたつきがないのも特徴です。

適しているタイプ

  • 趾間型
  • 角質増殖型

軟膏

高い保湿効果を持っていますが、その分べたつきが強いのが特徴です。掻いて傷がある部分もしみにくいと言われています。

適しているタイプ

  • 角質増殖型

液剤

サッパリとしたつけ心地で、クリームや軟膏のようなべたつきがないのが特徴です。また浸透力にも優れていますが、刺激が強めでただれた箇所だとしみるという欠点もあります。

適しているタイプ

  • 趾間型
  • 水泡型のつぶれていない箇所

スプレー剤(エアゾール)

ひんやり感が心地いのがスプレータイプのものです。手を汚さずに使用できるという特徴がありますが、その分効き目が弱いのが欠点です。

適しているタイプ

  • 趾間型
  • 角質増殖型
  • 水泡型
クリーム軟膏液剤スプレー剤
趾間型
角質増殖型
水泡型

症状に合わせて選ぶ

水虫は、ただれてしまっているもの、硬くなっているものなど症状が様々に出るものです。辛い症状を静めてあげる事が出来る成分を選ぶようにします。

角質増殖型

角質がガサガサと硬くなる水虫には、尿素の配合されているものを選ぶようにします。角質を柔らかくすることで、薬の成分を浸透しやすくしてくれます。

痒い場合

主成分に+αで配合されている副成分をチェックし、痒みを抑制する成分や消炎成分が配合されているものを選ぶといいでしょう。主なものを紹介します。

  • クロタミトン
  • ジフェンヒドラミン
  • クロルフェニラミンマレイン酸
  • リドカイン
  • ジブカイン など

臭いが気になる場合

水虫で臭いが気になる人もいるようです。しかしこれは水虫だから臭うのではなく、臭う状態だから水虫になったと言えるようです。

足裏の汗で高温多湿環境になり、白癬菌(はくせんきん)が繁殖します。菌が繁殖しやすい状態なので臭いが発生するのです。そんな臭いを解消するには「冷感刺激作用」のある副成分を選ぶといいでしょう。

  • メントール
  • dlカンフル など

薬局で買えるおすすめ市販薬6選

趾間型(ジュクジュク)におすすめ

 ラミシールプラス

グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパンの「ラシミールプラス」は、殺真菌成分テルビナフィン塩酸塩を主成分とした水虫薬です。クリームタイプで塗りやすく1日1回の塗布でを継続していきます。

また副成分として、痒みを静めるクロタミトンやl-メントール、炎症を抑えるグリチルレチン酸、角質を柔らかくする尿素が配合されています。

アッキー
10ℊで1,400円のコスパとなっています。当然、各薬局によって価格は多少違ってきますが、市販の水虫薬の中では高い方と言えるようです。

 尿素が配合されているので、硬くなった皮膚にも浸透しやすくなっています。

テルビナフィン塩酸塩 1g、 クロタミトン 5g、グリチルレチン酸 0.5g、l-メントール 2g、尿素 5g

Source: 100ℊ中の有効成分

ピロエースZ

第一三共ヘルスケアの「ピロエースZ」はクリームタイプの水虫薬で、主成分はラノコナゾールです。その効果の高さから人気の上位を占める商品のようです。

副成分として、痒みを静めるクロタミトンやl-メントール、かき壊しの感染を抑制するイソプロピルメチルフェノール、炎症を抑えるグリチルレチン酸が配合されています。

1日1回の使用、15ℊで2,268円の価格設定となっているようです。

はるこ先生
他の市販薬にも言えることですが、1日1回の使用と記載されているものは、その用法をしっかり守りましょう。2回塗った方が効きそうだと多めに塗ることで、皮膚がただれてしまったりするケースもあるようです

 ピロエースZは塗布後ほてり(熱感)を感じることがあるようです。短時間のうちに消失するので心配はないようです。

ラノコナゾール 1.0g、イソプロピルメチルフェノール 0.3g、クロタミトン 5.0g、グリチルレチン酸 0.5g、l-メントール 1.0g

Source: 100ℊ中の有効成分

エクシブクリーム

ロート製薬の「エクシブクリーム」はテルビナフィン塩酸塩が主成分となった水虫薬です。15gで1,600円と比較的お手頃な値段設定になっているようです。

はるこ先生
爽やかな石鹸の香りがついているようです

 副成分として痒みを静めるリドカイン・ジフェンヒドラミン塩酸塩、炎症には作用するグリチルレチン酸、そしてニオイの元菌の殺菌を行うイソプロピルメチルフェノールが配合されています。

テルビナフィン塩酸塩 1.0g、イソプロピルメチルフェノール 1.0g、リドカイン 2.0g、ジフェンヒドラミン塩酸塩 1.0g、グリチルレチン酸 0.1g

Source: 100ℊ中の有効成分

角化型におすすめ

メンソレータムエクシブ10

ロート製薬の「メンソレータムエクシブ10」は主成分がテルビナフィン塩酸塩のかかと用水虫薬です。角質化したかかとに働きかける尿素が配合され、主成分のテルビナフィン塩酸塩が患部に浸透しやすくなっています。

副成分として痒みを抑えるリドカインやジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン薬)、炎症を抑えるグリチルレチン酸が配合されています。

1日1回使用、35ℊで2,000円となっています。こちらも爽やかな石鹸の香りがついています。


テルビナフィン塩酸塩 1.0g、イソプロピルメチルフェノール 1.0g、尿素 10g、リドカイン 2.0g、ジフェンヒドラミン塩酸塩 1.0g、グリチルレチン酸 0.1g

Source: 100ℊ中の有効成分

強いかゆみに

ブテナロックVa

久光製薬の「ブテナロックVa」は主成分がブテナフィン塩酸塩の水虫薬です。クリームタイプ、液剤タイプ、スプレータイプがあります。ピンポイントの効果をねらうなら液剤タイプがオススメです。

痒い水虫に効くとうたっている事からもわかるように、痒みに特化した水虫薬と言えそうです。

副成分として痒みを抑える成分クロルフェニラミンマレイン酸塩、ジブカイン塩酸塩、クロタミトン、l-メントールを配合し、炎症を抑えるグリチルレチン酸、そして抗菌成分のイソプロピルメチルフェノールを配合しています。

ブテナフィン塩酸塩 : 10mg、ジブカイン塩酸塩 : 2mg、クロルフェニラミンマレイン酸塩 : 5mg、グリチルレチン酸 : 2mg、l-メントール : 20mg、クロタミトン : 10mg、イソプロピルメチルフェノール : 3mg

Source: 1ℊ中の有効成分

ダマリングランデ

大正製薬の「ダマリングランデ」もクリームタイプ、液剤タイプ、スプレータイプがあるようです。主成分はテルビナフィン塩酸塩で、タイプの違う形状から自分に合ったものをチョイスすることができます。

副成分は殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノール、痒みを抑えるリドカインやl-メントール、そして炎症を抑えるグリチルレチン酸が配合されています。

テルビナフィン塩酸塩1.0g、イソプロピルメチルフェノール0.3g、リドカイン2.0g、グリチルレチン酸0.5g、l-メントール2.0g

Source: 100ℊ中の有効成分

はるこ先生
強いかゆみがあると、かきむしってしまう場合もありますよね。液剤は効果が強いと言われていますが、傷がある時は刺激が強すぎるので避けた方がいいようです。クリームタイプは刺激も少なく伸びがいいので、やはり主流となるようです。

薬を変えても治らないのだけど…?

「薬を変える=商品を変える」という考えでは、配合されている成分が一緒の可能性があります。中の成分を見て変えていく必要があります

 主成分が同じ薬は、商品名が違っても同じ薬という事が出来るのです。水虫の原因とされている白癬菌は約10種類もあるようです。自分の水虫に何があっているのか探すことから始まるのです。

皮膚科でも探すところから始まる

医療機関で水虫を治療する際も、実際に処方された薬を使用して1週間様子を見ます。再診をして効果が見られないようなら成分が違う別の薬に変えるようです。

違う主成分のものを試してみて

もし使用した薬で改善が見られないようなら、違う主成分の薬を試すようにします。それでも効果がない場合は使用した薬を持参するなどして皮膚科で適切な処置をしてもらいましょう。

病院の処方箋2タイプ

一般的にはクリームかジェルタイプ

病院で処方される薬は主にクリームタイプかジェルのタイプになるようです。どんなものが処方されるのか主なものを見ていきましょう。

イミダール系(刺激、副作用が少ない)
  • エンペシド
  • エクセルダーム
  • オキナゾール など
チオカルバミン酸系(刺激、副作用が少ない。効く菌が少ない)
  • ハイアラージン 
  • ゼフナート
N-ヒドロキシピドン酸系 (刺激、副作用が少ない)
  • バトラフェン
ベンジルアミン系 
  • メンタックスボレー

医師で処方される薬は国家資格免許がないと扱えないものです。どの薬を使用するか、その量や種類は一人一人に合ったものとなります。

爪水虫には内服薬

爪水虫は白癬菌が爪に侵入した状態でおこる水虫のことです。

  • 爪が厚くなる
  • 爪が変色して黄色や白になる
  • 爪がもろくなって剥がれる

といった症状が現れますが、痛みや痒みはありません。医療機関での治療となり処方される飲み薬はラミシール、イトリゾールのどちらかとなります。

ラミシール錠

真菌細胞膜成分の合成に必要とされる酵素を抑制し真菌抑えていきつつ、殺真菌作用をもち菌を消滅させて行きます。1日1回(1錠)を約6ヶ月間以上飲むことになります。1ヵ月で6,000円程の薬代となるようです。

肝臓や血液障害の人はNG

ラミシール錠の副作用として肝機能障害、赤血球、白血球、血小板が減少することがあるようです。この薬を使用の際は定期的に肝機能検査や血液検査を行った方がいいでしょう。3週間で30,000円程の薬代となります。

イトリゾール

 エプレレノン、アリスキレン等の降圧薬や、抗精神病薬、睡眠薬、抗凝固薬と一緒に服用すると、どちらかの効果がとても強く出てしまうので併用は禁忌とされています。

アッキー
医師から処方された薬は、自己判断で量を減らしたり増やしたりしないようにしましょう。勝手に量を変えたりすると症状が悪化する場合もあるのです。

通販(amazon等)の個人輸入販売って安全?

ラミシールなどは通販で買うことが可能のようです。しかし使用した結果の観察が必要なので、医師の相談のもと診察を受けた方がいいと言えます。

通販での購入は大変便利ですが、個人の症状とマッチしていない場合もあります。

本来なら服用してみての途中経過の状態なども医師にみせ、その後の量やなどを決めていくものですが、通販の場合はそれができません。出来れば医療機関でしっかり処方してもらうことがイイでしょう。

通販を利用する場合は全て自己責任の下、使用することになります。

水虫の薬の塗り方

患部より広めに塗る

水虫薬は決して低価なものではありません。しかし患部にのみ塗っていてはなかなか完治せず、結果治療が長く続いてしまうものです。

水虫の菌は症状が出ている幹部から周囲5~6センチは存在していると言われています。薬を塗る際は自覚症状が出ていない部分もしっかりと塗るようにしましょう。

足の指の間はしっかりと塗る

足の水虫で最も多いのが、指の間に多く見られる趾間型です。蒸れやすく菌が繁殖しやすいので症状が出ていなくてもしっかりと塗っておきましょう。

多少べたつくほどの量をすり込むようにしながら塗っていきます。

お風呂上りがベストなタイミング

1日1回の使用は厳格に時間が決められていませんが、ベストなタイミングは入浴の後です。角質が柔らかくなり薬が浸透しやすくなるのです。

塗った後も大切

水虫で重要なのは…

  1. 清潔にする
  2. 乾燥させる

ことです。薬を塗った後は、そのまま裸足でいることが理想です。しかし床に薬がついたりするのが気になる人は5本指の靴下をはいて指の間を乾燥させるといいでしょう。

症状が治まっても塗り続ける

水虫は40%~50%の確率で再発をしていると言われています。その大きな原因が自己判断による治療の終了です。痒みや赤みと言った症状が治まると、薬をやめてしまう人が多いようです。

しかし、症状が治まっても白癬菌は潜伏している可能性が高いのです。

2週間程度でやめる人が多い

市販の薬は一般的に2週間程度でその効果が現れます。そのため、症状が消えた2週間程度で薬を止めてしまう人が多いようです。2週間ではまだ菌は存在しているので、再発を招いてしまいます。

症状が消えて、その先はいつまで薬を塗ればいいのですか?

肌がターンオーバーを終えるまでです

水虫の薬は菌の増加を抑え込んでいます。菌が潜んでいた角質が剥がれおち、新たな皮膚が生まれてくるまで薬は継続したほうがいいでしょう。

ターンオーバーは28日位

肌のターンオーバーは20代~30代で約28日、40代で45日、50代で60日位と言われています。薬の使用もこれに比例して同日数は継続したほうがいいようです。

一般的にメーカーが推奨している治療期間は、症状がなくなってから1ヵ月としています。年齢に沿って治療期間を決めていきましょう。

水虫治療は市販薬や処方箋の活用を

水虫はしつこい病気と言われています。自分の症状にあった市販薬や処方箋を利用して、一度の治療でしっかりと完治することが出来たら理想的です。薬の成分に注意しながら広い範囲てしっかりと塗るこみ、根気強く継続した治療を行っていきましょう。また再発防止のために清潔と乾燥をおわすれなく。