マツエクで自然なたれ目に!つり目や元々たれ目の人に人気のデザイン

マツエクで自然なたれ目に!つり目や元々たれ目の人に人気のデザイン

たれ目に憧れている人はマツエクでその願いを叶えましょう。カールや長さを工夫すれば一重でもつり目でも大丈夫!たれ目が印象的なあの芸能人のマツエクのデザインも教えます。これでもうオーダーするときに迷いません。

マツエクで自然なたれ目にしたい!

マツエクでデザインを選ぶ時、たれ目について考えたことはありませんか?実は、たれ目はマツエクで人気のデザインつり目がコンプレックスで、たれ目に憧れている人はもちろん、もともとたれ目だけどマツエクを付けたい人も、みんなサロンでお願いすれば「ほどよいたれ目」が手に入るかもしれないのです!理想的なたれ目を手にするために、マツエクを上手に使ってみましょう!

たれ目風デザインのオーダー方法

たれ目の作り方には2種類ある

マツエクでたれ目を作るということは、エクステのつけ方​を工夫してたれ目に見えるように詐欺る、ということです。でも実は、たれ目の作り方には2種類あるんです。

Cカールの曲線を利用する場合

Cカールとは、エクステのカールのタイプのこと。ビューラーでまつげをグッと上げた時のように、まつげ全体にカールがかかっているのが特徴です。このもともとの曲線を上手に利用して、たれ目を作ってみましょう

Cカールは、目尻までしっかりカールしてあります。この目尻のカールが曲線になっているので、この部分を使います。自然なたれ目に見えるように、曲線を目尻に向かって落とすイメージで作ります。あまり曲線を下げ過ぎると眠そうな顔になってしまうのでほどほどにするといいでしょう。

目尻のカールや長さを変える場合

また、目尻のカール部分をいじる方法もあります。目尻の長さが長ければ長いほど目元全体の印象はたれ目に近づくので、曲線を使うのが嫌な場合はこの方法でたれ目を作ってみるのもアリです。目頭から目尻にかけて少しずつマツエクの長さを長くしていくイメージです。この方法だと、目全体の横幅がボリュームアップするのでデカ目効果もあります!ただ、もちろんこちらもあまり長くしすぎるとやぼったい印象になってしまうので、くれぐれもやり過ぎには注意しましょう。また、比較的派手な印象にはなるので、ナチュラルな雰囲気にとどめたい人には向いていないかもしれません。

一重さんはぱっちりたれ目に

一重だから、どんなことをやってもぱっちり目にはなれない……いえいえ、決してそんなことはありません!マツエクでたれ目を作れば、一重さんでも十分ぱっちりとしたたれ目に変身することができちゃいます。ここからは、一重さんのたれ目オーダー方法について紹介しますね。

まず、使うカールの種類は2種類です。違う種類のカールを組み合わせて使うことで、より複雑でかわいいまつげを演出できるのです!目頭から真ん中にかけては一般的なCカールを使いますが、目尻にのみJカールを使います。Jカールは、Cカールと比べて長さが長めでカールが緩やかなので、目尻につけるとたれ目感が出せるのです。また、この方法なら、目の真ん中部分を勝手に強調してくれるので、黒目が大きめに見えます

二重さんと比べて比較的長めのエクステを使うようにお願いすると、一重さんでも二重と同じくらいぱっちりした目元になれるので、オーダー内容に追加してみるのもおすすめです!

二重さんは自然なたれ目に

もともと二重で目がパッチリしている人は、あまり「作ってる感」を出し過ぎると不自然な印象になってしまいます。だからこそ二重さんがマツエクでたれ目を作る場合は、ナチュラルさと自然な印象を与えられるように気を付けましょう。

使うカールは全部Cカールにして、その曲線を使ってたれ目に見えるように調整してもらうといいです。エクステは付ける位置によって与える印象がまったく違うので、曲線が自然に目尻に向かって落ちていくイメージでお願いしましょう!

目尻だけ別のカールを使う……といった方法は、人によっては合わない場合もあるので注意したいですね。

芸能人で見るオーダー例

芸能人の中には、たれ目風マツエクをしている人がたくさん見られます。もともとたれ目の人もいますし、そうでない人も。「こんなたれ目になりたい!」という願望がある場合は、その旨をオーダー時に言ってより具体的な希望を伝えるとより理想的なたれ目に近づけるかもしれません。ではここからは、芸能人別にたれ目のタイプについてまとめていきましょう。

スザンヌ

たれ目芸能人の代名詞でもあるタレントのスザンヌさん。優しい印象の目元に憧れている女子も多いですよね。スザンヌさんのたれ目を再現するには、目尻にのみ長めのエクステを付けるといい感じになります。下まつげにつけると派手な印象になるので、上まつげだけにつけるようにするといいですね。

ダレノガレ明美

ダレノガレ明美さんのたれ目は、ただ女の子っぽいだけじゃない芯のある可愛さが魅力です。目頭から目尻にかけて、グラデーションのように少しずつまつげの長さが長くなっていくようにオーダーするといいでしょう!

木下優樹菜

木下優樹菜さんは、目尻はCカール・真ん中はJカールという変則的な組み合わせでたれ目を作っています。どこかエキゾチックな雰囲気が出るので、個性的なたれ目にしたいならこのデザイン一択ですね。

多岐川華子

多岐川華子さんのたれ目は、大人っぽくて素敵ですよね。目尻を長めにする方法で、自然なたれ目を作っているそうです。

元々たれ目の人のオーダー方法

もともとたれ目だけれど、わざわざつり目に変わりたくはない。自分の目の形を生かしてもっと魅力的なたれ目にしたい!という人も多いでしょう。そんな人は、マツエクをどうやってオーダーすればいいのか紹介します。

Cカールを活用する

たれ目ではない人がたれ目を作る時はCカールを上手に使って目尻にボリュームを出していましたが、この場合は目頭から真ん中にかけてCカールを付けて、目全体をぱっちりと主張させることがポイントです。長さはあまり長めのものを選ばずに、短め・かつ太めでグッとボリュームが出るような種類を選ぶといいですね。この時にJカールのような長めでカールが緩やかなものを付けてしまうと、せっかくの自前のたれ目が隠れて見えなくなってしまうので注意してください!

目尻の長さは短めに

目尻に印象を付けるためにあえて長めのマツエクを付けてしまうと、目元全体の印象がぼやけて眠たげに見えてしまいます。自分のたれ目を最大限に有効活用するためには、最初から垂れている目元を「隠すのではなく、あえて見せる!」スタイルで行きましょう。そのたれ目を目立たせるために、目頭から真ん中にかけてはCカールでぱっちりさせて、目尻を引き立たせる……完璧な計画ですよね。

やっぱりやりすぎるとまつげだけが悪目立ちしたり、変に作りこまれ過ぎた顔になってしまうので、自分の素材を生かした自然なたれ目になるように考えてオーダーするといいと思います!

たれ目にならない人はココを見直そう

たれ目にしたくていろいろとオーダーしたり自分でセルフでいじってみても、なかなか思い通りのたれ目にならない……それどころか、なぜかつり目に見えてしまう!そんな経験がある人もいるのではないでしょうか。そういう場合は、だいたい同じポイントで躓いているケースが多いです。今から紹介するポイントを見直してアレンジすれば、きっと理想のたれ目がゲット出来るはずです!

長さ・ボリュームのポイント

とにかく目元全体にボリュームを出すことに意識が向きすぎて、目尻と目頭・真ん中のボリュームに差を出すのを忘れてはいませんか?たれ目にするには、今まで何回も説明してきたとおり目尻にボリュームを出すことが大事です。目元全体にボリュームを出してバサバサのまつげにするのも魅力的ではありますが、「たれ目」という目標を達成するには引き算も重要目頭・真ん中部分のボリュームは勇気を出して抑えて、目尻のみにボリュームが出るように調整すると、自然なたれ目が作れるはずですよ。もちろん、これはまつげの長さも同じです。全体を長くするのではなく、目尻の長さのみを伸ばすようにするといいです!

カールのポイント

目尻のみにボリュームを与えるのは、カールも同じです。一般的なマツエクは目頭から目尻にかけて円を描くようなカールを作っていくものですが、これだとたれ目にはなりません。目頭・真ん中はノーマルなCカールでぱっちりさせて、目尻のみIカールやJカールのようなカールが大きめ・緩めの種類を付けるようにすると目尻が重くなってたれ目に見えます。

やっぱり、引き立たせたい部分があるなら一部分は抑え目にする。この計算式を頭に入れておくことが大事だということですね。

目尻にカラーマツエクを付ける

カラーマツエクの力を借りるのも一つの手でしょう。マラーマツエクとは、その名の通り様々な色がついた特別なマツエクのこと。これを目尻にのみ付けると、派手なカラーが人の視線を集めるのでたれ目に見えやすくなります。なかば強引なやり方ではありますが、他の人とメイクが被りたくない!自分だけのメイク、たれ目を仕上げてみたい!と考えている人にはおすすめの方法です。

今はカラーマツエクもいろんなメーカーから豊富なカラーバリエーションが出ているので、自分の好きな色を探すだけでも楽しいのでやってみるといいですよ!赤や青、緑はもちろん、黄色やオレンジなども目立つので可愛いです。ライブやフェス、海やプールなどのイベントでも目立つこと間違いなしなので、他の子と差を付けたいなら試してみる価値はあります

【番外編】たれ目さんがつり目にしたい時

ココからは番外編です。確かに、たれ目は女の子っぽくて優しい印象を出せるので可愛い。でも、たまには普段と違うまつげになってみたい!そんなことを考えているもともとたれ目さんにおすすめなのが、マツエクでつり目になる方法です。つり目は一見キツイ印象や怖いイメージがあるかもしれませんが、「猫目」とも言われているようにスッと上がった目元が涼し気&色っぽくて、素敵な目でもあるんです。大人っぽいメイクをしたい時は、たれ目よりもつり目の方が良くマッチしますしね。でも、具体的にどんなことをすればいいのでしょうか。

ナチュラル猫目に仕上げるなら

そこまでガッツリ猫目にするつもりはないけれど、何となくつり目だなあ……くらいの自然な猫目にしたい!そういう場合は、たれ目マツエクと逆のことをしてみればいいのです。目尻は短めの種類を選び、目頭・真ん中はよりカールが強いJカールなどを付けるようにすると、たれ目が気にならなくなって自然な感じの猫目になります。

また、もっとナチュラルな印象を与えたいなら、マツエクの色をブラックからダークブラウンなどに変更してみるのもいいかもしれません。主張が強すぎない優しげな猫目になるので、あまり冒険し過ぎたくない人におすすめです!

ゴージャスな猫目に仕上げたいなら

ナチュラルではなくて、とにかく周りから目立つゴージャスな猫目にしたい!そんな時は、逆に目尻に向かって長さを出すデザインにしましょう。とはいっても普通に目尻だけが長いデザインだとたれ目になってしまうので、太さは細めのものを選ぶと目尻にそこまでのボリュームが出ないのでおすすめです。

また、目頭・真ん中は抑え目なカールにしておいて、目尻のみとにかく上へ大きくカールしている種類を付けるとさらに猫目度がアップします。大事なのは、たれ目に見えないように目尻のカールを大きく上向きにすること。これだけを守れば、グラマラスでセクシーな大人の女感たっぷりの猫目になれるので、オーダーの時に参考にしてみてくださいね。

もっとゴージャスにしたいなら、一緒にカラーマツエクをたれ目にならないようにしてつけると目立って素敵かもしれません!

マツエクで理想のたれ目にしよう

たれ目になりたい!芸能人のような可愛い目元になりたい!という願望は、マツエクに行くだけで簡単に叶うということがわかったでしょうか。自分の理想の顔に、こんなに簡単に近づけるなんて夢みたいな話ですよね。自分はいったいどんなまつげになりたいのか、よく考えてからスタッフさんにオーダーを出して、みなさんが理想的なまつげを手に入れられる事を願っています!