肌断食にホホバオイルを使うのはOK?答えのヒントは”自分に合うか”

肌断食にホホバオイルを使うのはOK?答えのヒントは”自分に合うか”

実践している人も多い肌断食ですが、ワセリンの代わりにホホバオイルなどの他の物を使ってみては駄目なのかと考えたことはありませんか?どうしてワセリン以外がおすすめされないのか、その疑問をこの記事で解決してみましょう。

肌断食でホホバオイルは使っていいの?

美容法の一つであり、極力化粧品を使わないまたはまったく使わずに、肌を健康に保つ肌断食では基本的に保湿はワセリンのみとされています。

しかし、そんなワセリンの代わりにホホバオイルを使ってみてもいいのではないかと思ったことはありませんか?

界面活性剤も入っておらず、植物性ということを考えてみればワセリンよりもずっと肌によさそうだと思います。

そんなホホバオイルを使ってもいいのかどうかこの記事で確かめてみましょう。

【答え】ホホバオイルは基本的にNG

肌断食をするとき、どのような方法を参考にしますか?

特に有名なのは宇津木式の肌断食法ですが、そんな宇津木式ではホホバオイルは基本的に使ってはならないものになります。

なぜ使ってはならないのか、ここで解説していきます。

保湿はワセリンのみの理由を振り返ろう

宇津木式の肌断食で使われる保湿剤はワセリンのみである理由についてきちんと知っていますか?

肌に対して影響しないようなものを使うことが推奨されるような肌断食ですから、保湿剤ももちろん肌に影響のないものが好まれます。

ワセリンは肌に影響を及ぼさず、また乾燥して剥けている角質などをうまくつなぎとめてくれる効果もあります。

保湿以外にも肌に影響を出さないまま、これだけの効果が期待できることもあって、宇津木式ではワセリンを使っているのです。

ホホバオイルがNGな理由

ではなぜホホバオイルが駄目なのか、その理由としては成分の違い「オイル焼け」という長期間オイルを肌に使うことで起こる肌の黒ずみが関係しています。

まずその成分の違いとしては、ホホバオイルの50%がワックスでできているという事です。

肌に成分を浸透させつつ、オイルによって水分の蒸発を防いで乾燥や刺激から守ってくれますが、ワセリンと違い肌に対して影響力を持つがゆえに良くないというのが成分の違いによる理由です。

もう一つの理由は、ホホバオイルを始めとした多くのオイルは時間が経つと有害な過酸化脂質に変化していきます。

肌にとって刺激物質である過酸化脂質は肌に炎症を起こしてしまい、その炎症が慢性化することでメラニンが増加してしまい肌の黒ずみが引き起こされてしまいます。

また、ホホバオイルはオイルの中でも酸化しにくいとはいえ、酸化してしまうものです。

この酸化により肌に対しても悪影響を及ぼしますし、肌断食でいらないダメージを負う事にもつながってしまうでしょう。

ワセリンがどうしても肌に合わない、という人の場合は使用を考えてみてもよいのではないでしょうか?

ホホバオイルでクレンジングもNG

そもそもクレンジングが必要なメイク自体が肌断食中は禁止事項に近いものです。

クレンジングはぬるま湯、または水で洗い流すか純石けんでやさしく洗ってあげるくらいです。

肌断食中はホホバオイルでなくてもクレンジング自体がNGなのです。

肌断食に関係なくクレンジングとして使いたい、という場合は合成界面活性剤の含まれていない肌に優しいクレンジング剤として使用することが可能ですから、使用している人も相当数いるようです。

しかし、馬油やオリーブオイルと比べて保湿力や肌を整える効果は期待できずメイクを落とすというよりも浮かせる、ということに対して力がありますから、メイクを浮かせて洗って終わりというわけにはいきません。

オイルですから落ちにくく、浮かせた状態のメイク汚れを含めて洗顔料で更に洗い落として始めてクレンジングを終えたと言えるでしょう。

このように、多少使いにくさもありますので使う場合は注意して使いましょう。

自己流肌断食におすすめオイルは?

宇津木式ではなく、自己流の肌断食でオイルを使いたいという場合、どのようなオイルを選べばいいのでしょうか?

ここでどんなオイルがおすすめなのかを解説していきます。

ホホバオイル

クレンジングや保湿まで、多くの効果を期待できるホホバオイルは宇津木式でなければ使う保湿剤の候補にあげられます。

特徴50%がロウでできている為、保湿や刺激から肌を守ることができる
他のオイルと比べて酸化しにくい
効果保湿
バリア効果
黄色ブドウ球菌を消滅させるなど
保湿力
肌負担の低さ低い

保湿力もそれなりに高く、クレンジング、日焼け止め、ヘアケアまで多くのことにも効果を発揮してくれます。

しかし、成分からみても肌に対して効果的なものが多いため、あまり率先して進められるオイルではないということはきちんと理解しておいてください。

しかし、ホホバオイルを購入する際に気を付けなければならないことは、精度の低いオイルを購入しないということです。

市販のオイルの中には精製度が低いことで、不純物を多く含んでいる場合もあります。

アルガンオイル

アルガンツリーの実から取れる希少なオイルである、アルガンオイルも肌断食に使用することもあるオイルの一つです。

オレイン酸を豊富に含み、天然のビタミンEにより抗酸化力や活性酸素に対する高い除去力もあるため、肌断食以外の美容にもよく取り入れられています。

特徴高い抗酸化力、活性酸素に対する除去力
刺激が少なく、浸透力は高い
効果アンチエイジング
保湿
エモリエント効果
肌細胞の活性化
肌のキメを整える
保湿力
肌負担の低さ低い

全身に使えるだけあり、美容成分も豊富なオイルですので、肌に対して影響力を持たないものをなるべく使うようにする肌断食にはあまり向いていないオイルではあります。

しかし、その刺激の少なさ浸透力の高さは折り紙付きですので肌断食以外の美容にて使うならばかなりおすすめのオイルです。

ただし人によっては肌に合わず、肌荒れが起こる場合もありますので気を付けて使うようにしてください。

オリーブオイル

オリーブオイルは調理から美容まで幅広く使える用途のオイルです。

オレイン酸という皮脂に似た成分が豊富で、肌荒れの心配なく使うことができるクレンジングなどを始めとした美容品も多く販売されています。

またオレイン酸以外にもビタミンEやポリフェノールも豊富なため、肌に対する効果も大きく期待できます。

特徴料理からスキンケアまで使うことのできる体に対する負担の低さ
効果アンチエイジング
抗酸化作用
デトックス効果
保湿力
肌負担の低さ低い

こちらも肌に対する成分が豊富ですので、肌断食にはあまりおすすめできませんが、オイルの中では比較的成分も安定しており、保湿力も高いためオイルで肌断食をしたいというのであればオリーブオイルが良いかもしれません。

馬油

馬油の中でも特に話題なのが「ソンバーユ」です。

このソンバーユは全身に使えるだけではなく、花粉症、やけど、切り傷、傷跡にまで効果を発揮してくれるまさに万能薬に近いオイルです。

保湿力と浸透力も高く、肌の毛細血管を刺激して血流を改善してくれる効果もあるため、しわにも効果的です。

特徴全身に使用可能なオイルのため、刺激も少なく安心して使用可能
効果除菌効果
殺菌効果
血流促進作用
保湿力
肌負担の低さ低い

オリーブオイルに次いで高い保湿力、浸透力を誇る馬油の中でもソンバーユは肌の改善にはかなり効果的です。

口の中にも使えるこの万能性からも人気が高く、あのIKKOさんも愛用しているそうです。

効果が高すぎる点は肌断食には向いていないとも言えるのでお勧めできるかと言えばそうでもないオイルでもありますが、オイルを使っての肌断食がしたい、という人であればこの刺激の低さは魅力的なオイルです。

スクワラン

深海鮫の肝臓に含まれる油脂オリーブオイルや紅花からも抽出されるスクワレンを科学的に安定させたスクワランオイルは、化粧品などにも良く含まれています。

沸点と引火点が高い代わりに、凝固点が低いため固まりにくく、酸化しにくいため工業用としても使われていることもあるようです。

天然の保湿剤とも言われ、化学成分も無く安全に使うことができるのも特徴の一つとして挙げられます。

特徴皮脂への親和性の高さ
安全性の高さ
効果新陳代謝の促進
しみ、くすみの予防
保湿力
肌負担の低さ低い

肌へのなじみやすさの高さはこのスクワランが一番高いでしょう。

普通の皮脂膜同様に、肌に馴染んでバリア機能を発揮してくれ、肌に対する影響力もそこまで高くはないので、その効果から肌断食に使用している人も中にはいるようです。

他のオイルと比べてもこちらのスクワランが一番効果的に肌断食が行えるオイルかと思います。

ベビーオイル

ベビー用や子供用ということで、安全性の高さを売りに販売されているベビーオイルなら肌断食にも安心して使うことができるのではないか、と思っている人もいるかと思います。

確かにベビーオイルはワセリンと同じく肌のバリアを作るだけなのですが、実はそれ以外の働きでは肌の内側の皮脂も表面に吸い取る力を持っています。

つまり、肌の内部で作られた保湿成分が内部から引っ張り取られてしまうため、表面は潤っても内部がカサカサになってしまうのです。

特徴肌の表面にバリアを作り、刺激から守る
使用後にサラリとした肌触り
効果肌のバリア機能
外部刺激からの保護
保湿力
肌負担の低さ低い

基本成分はワセリンと同じと言われていますから、大丈夫では?と思っても使えば使うほど肌の内部がどんどん乾燥していくことから考えてまず使うべきではないオイルです。

このベビーオイルを使うなら、オリーブオイルやホホバオイルを使ったほうが肌断食には良いでしょう。

例え成分的に同じでも、このベビーオイルを使用しての肌断食は決してお勧めできません。

番外編・ニベア

番外編でニベアを使ってみては駄目なのか、ということについてここで解説していきます。

高級クリームと似たような成分配合で全身に使える保湿クリームですので、人によっては乳液などよりもこちらを使っているという人も多いようです。

肌断食に使っていいのかどうか、と言われるとワセリンよりも油分が多いため、逆に肌断食中に使うことで荒れる人もいるでしょう。

しかし、むしろ酷く乾燥してしまう人の中にはこのニベアを肌断食中の乾燥がひどい部位の保湿剤替わりに使っている人もいるようです。

使用するかどうかは肌断食中の肌の乾燥具合を見てから決めた方が良いでしょう。

自己流肌断食中のオイルの使い方

では自己流肌断食中はオイルをどう使えばいいのでしょうか?

ここで肌断食中のオイルの使い方や注意点などをきちんと知って、肌断食にオイルを使っていきましょう。

つける量やつけ方

オイルを使うのは純石けんやぬるま湯で洗顔した後、時間が経過して乾燥がどうしても気になってくる場合にのみ乾燥する部位に軽く置くように付けてあげてください。

つける量はごく少量薄く付けられる程度にとどめましょう。

あまり多く付けすぎると油分過多の原因になり、ほぼ毎日つける場合はオイル焼けの原因にもなってしまいます。

じっくりと時間をかけて行うことを心がけて肌断食をしていきましょう。

注意点

オイルを使用しての肌断食で気を付けることは、まずオイルをたっぷりと付けないことです。

オイルの付けすぎはどれだけ肌に対して負担がないオイルでも、酸化した挙句黒ずみを招いてしまいます。

シミやくすみの原因にもなりますので、軽くつける程度にとどめておきましょう。

次にオイルの保管方法はきちんと守って保存し、期限内に使い切れるようにしましょう。

オイルの保管方法を間違えると、酸化や凝固しにくいオイルもあっという間に悪くなってしまったり固まってしまい使えなくなってしまいます。

そうしたことを避けるため、保管方法はきちんと守って保管し、使いきれずに放置したりもしないように、使い切れる量を考えて購入することも大切です。

肌断食の基本をおさらい

ではここで一度肌断食の基本をおさらいしていきましょう。

やり方を間違えると、肌断食は酷いダメージを肌に与えてしまいかねません。

きちんとやり方や注意点を覚えて肌断食を行いましょう。

スキンケアは水洗顔とワセリンで

基本的に、スキンケアは簡単かつ簡素に行います。

洗顔は水、または必要に応じて純石けんでやさしく洗ってあげましょう。

洗顔後の保湿はワセリンを使用します。

ワセリンも大量に使わず、パール二つ分くらいの少量を顔全体に塗って保湿します。

それでもひどく乾燥する場合のみ、乾燥する部位の上から軽く重ね塗りしてあげましょう。

効果とその理由

普段の肌は優しい洗顔料や、成分の豊富な化粧水、乳液、クリームなどでしっかりと保湿される肌は、それが繰り返されることで徐々に自ら肌を潤わせる働きが衰えていきます。

そんな肌を潤わせる働きが衰えないように、自ら自然に肌を潤わせるように導くのが肌断食です。

そのため、肌に対して効果的な成分が配合されたものや刺激になりかねないものは使用を控え、肌の自力を底上げすることが目的です。

しかし、特に乾燥しやすい洗顔後などは保湿を手助けしてあげなければ肌断食初期は肌荒れや肌への刺激も大きいため、肌に浸透せず、有効な成分も特に含まれていない、バリアの機能のみ発揮してくれるワセリンを塗り、バリア機能の補助をしてあげることで、徐々に肌自体の素の力を高めていくのです。

肌荒れ悪化の危険もある

しかし、肌断食はやる人すべてが良い効果を得られるわけではありません。

人によっては肌荒れの悪化の危険性もあるため、ネット上などでも「肌断食をしたことで逆に肌荒れした」などの口コミなども多くあります。

ではどのような悪化のケースがあるのでしょうか?

好転反応のケース

まず肌断食をしている最中に起きやすいのが好転反応のケースです。

好転反応とは良くなっていく過程で一時的に起こる身体反応の事を言い、肌断食を始めてからしばらく経ってから肌荒れやニキビなどの肌の状態が悪化してしまう場合がこのケースにあたります。

一時的なもので、良くなっていく過程での体の反応とはいえ、元の状態に戻すためには長くかかる場合もありますし、酷く悪化してしまうことで肌断食を一時期中断しなければならなくなることもあります。

肌に合わないケース

元々肌断食を行うこと自体が肌に合わず、悪化してしまうケースというのも存在します。

子供から乾燥肌敏感肌の人年齢肌の人などは肌断食をするには向いておらず、乾燥が悪化したり、受ける刺激が強すぎたりしてしまうこともあります。

また、ちゃんときちんとしたメイクをしたい、という人もどうしてもメイクをする以上クレンジングを行わなければなりませんので、向いていません。

脂漏性皮膚炎の危険

それまできちんと肌のバリア機能を補助する化粧品などを使ってきたところを、肌断食により化粧品を絶ってしまうことで一気にバリア機能を低下させてしまい皮脂分泌が過剰になったり、肌の常在菌のバランスが崩れやすくなったります。

そうすることで起きやすくなるのが、脂漏性皮膚炎です。

肌断食の初期症状であるかゆみや赤みなどの好転反応の症状と見分けがつきにくいのが難点ですが、かさぶたの様なものが剥がれ落ちてきたときは皮膚科を受診しましょう。

ずっと肌断食を続けるためのメイクのコツ

では、肌断食を続けるためにはどんなコツがあるのでしょうか?

特にメイクではどんなことに気を付けておけば、肌断食を続けられることができるでしょうか。

ベビーパウダーを使う

あまりきちんとメイクできないため、肌の誤魔化しもほとんど効かない状態ですから、ひどい状態の肌をそのまま見せてしまうことがとても苦痛になってしまうこともあります。

そんなときはベビーパウダーを使いましょう。

肌断食をしていけば、徐々に肌の黒ずみなどは減っていきます。

それまでに簡単にファンデーションの代わりをしてくれるのがベビーパウダーです。

ベビーパウダーは肌の表面を滑らかに見せてくれ、毛穴を隠すだけでなく肌の水分を均等に保ってくれる効果も期待できます。

石鹸で落とせるならファンデもOK

簡単に石鹸などで落とせるような、多少力が弱めのものであればファンデーションを使っても大丈夫です。

おすすめはリキッドよりもパウダーのミネラルファンデーション

薄めに塗って、何度か塗り直すことでUVカットの力を持たせていきます。

またリキッドタイプよりも落としやすいため、石鹸洗顔で簡単に落とすことができるものも多くあるのが魅力的です。

中でもエトヴォスのミネラルパウダーファンデは、SPF30PA++という強いUVカットの力を持ちながらさっと軽く一塗りするだけで綺麗に仕上がってくれますので、パウダーのミネラルファンデーションでお悩みならばこちらもおすすめですよ。

またお試しのスターターセットもありますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

  • 商品名 ミネラルファンデーションスターターキット
  • 価格 2,300円(税抜)
  • 販売元 株式会社T&M

公式サイトはこちら

  • 良かったので購入
    お試しセットが良かったので購入しました。 エンリッチシルキープライマーと合わせて使用すると、自分のお肌とは信じられないくらい綺麗に仕上がって感動しました。 これからもお世話になります!.

    エトヴォス

  • 今後もリピートしたい
    燥肌&アトピー肌です。以前は某製薬会社の敏感肌用化粧品を愛用していましたが、妊娠を機に体質が変化したのか、痛みや痒みが起こり肌に合わなくなりました。 そしてとにかく肌に優しいものを、と探してETVOSさんに辿り着きました。 このスターターキットはファンデーションだけでなく基礎化粧品も入っているのでETVOSさんのスキンケアをまるごと体験できるし、値段も手ごろなので気軽にお試しできて良いと思います。 私はお試しで使って肌トラブルがなくなりすごく気に入ったので、今後もリピートしようと思います。.

    エトヴォス

軽い付け心地で、つけたまま眠ることもできるスキンケア処方のファンデーションですから、肌にやさしく綺麗に仕上がるので、悩んでいるなら一度使ってみるのが良いでしょう。

ポイントメークを楽しむ

肌断食の最中はあまり肌を見せたくない、ということが多くあります。

そんな時に活躍してくれるのがポイントメークです。

アイメークを始めとしたポイントメークで、その箇所を注目させて肌自体に注目が行かないようにし、で肌への視線なども気にならなくなります。

こうしたメーク用品はクレンジングが必要になりがちですが、ポイントメークのメーク用品にはお湯で落ちるものも販売されていますので、安心して使うことができます。

選ぶときはなるべく自然のものお湯で落ちるもの使い心地が良いものを選ぶようにしましょう。

ホホバオイルの使用はお肌と相談

ホホバオイルを始めとしたオイルを肌断食で使用するときは、肌の状態や健康状態をきちんと把握してから使うようにしましょう。

下手に使うと逆に肌を悪化させかねない、というのが肌断食の怖いところです。

好転反応や肌に合う合わない、他にも多くの悪化の理由は存在しています。

自分がお手本とする肌断食をアレンジして、ホホバオイルなどを使う時は慎重に行うことが求められるでしょう。