ニキビへのステロイド治療は3種類!副作用で悪化する可能性も!?

ニキビへのステロイド治療は3種類!副作用で悪化する可能性も!?

いろいろな薬に含まれるステロイドは、ニキビ治療に有効なものもあります。しかし、気になるのが効果や影響です。本当に効くのか?悪化することはないのか?不安に思う人にステロイドによるニキビ治療を基礎からわかりやすく説明します。

ニキビ治療にステロイドは効く?


ステロイドとは、もともとは私たち人間の副腎という臓器で作られるホルモンのことです。これを人工的に作ったステロイド剤は、体内の免疫や炎症を抑える働きがあり、アレルギー疾患などを中心に様々な病気の治療に役立てられています。

ニキビの治療では、ステロイドは外用薬(塗り薬)として用いられることが多いです。しかし、賛否両論で本当のところどうなのかわからないと思う人もいるでしょう。

ステロイドを使うときは効果はもちろん、副作用が起きる原因を正しく知る必要があります。この記事で詳しく紹介するので、ぜひチェックしておいてください。

ステロイドで治るニキビ

まずはどのようなニキビだとステロイドで治るのか確認しましょう。

自分のニキビと照らし合わせて、近いものであればステロイドでの治療ができる可能性があります。

赤く腫れているニキビ

赤く腫れているニキビは皮膚の炎症によって赤くなってしまっているため、炎症を抑える効果のあるステロイドが有効です。

赤ニキビの炎症の原因は毛穴に詰まった皮脂とアクネ菌で、この2つが増えることで発生します。

ステロイド外用剤と呼ばれる塗り薬を使用すると、炎症のほか、かゆみや熱などの症状改善も期待できます。人によっては炎症がひどいと痛みを感じることがありますが、ステロイドは痛みにも効果を発揮するので赤く腫れたニキビの治療におすすめです。

しかしニキビそのものを治すわけではなく、あくまで炎症を抑えてくれるだけなので、長期間の使用や炎症を起こしている部分以外への使用は控えましょう。

しこりニキビ

しこりニキビとは、芯がなく蚊に刺されたときのような盛り上がったニキビのことです。サイズが大きく痛みを伴うことが特徴で、1度できると長期化し治りづらいという厄介さがあります。

通常のニキビは肌の表面にできますが、しこりニキビはアクネ菌が皮膚の奥深くまで進むため、皮膚の下にできます。赤くなりこそしないものの、皮膚の下で炎症を起こしているため、ステロイドが有効です。

使う際は部分的に、1週間ほどの短い期間で使うようにしましょう。

また、しこりニキビは悪化するとさらに拡大し、ケロイド状になることがあります。ケロイドとは、傷跡が治る過程で皮膚が引っ張られ盛り上がることです。

赤みのあるケロイドの場合はステロイドの副作用である皮膚萎縮を利用して、ケロイドそのものを小さくすることができます。

はるこ先生
ステロイドはニキビによる皮膚の炎症を抑えるのにピッタリの薬です。赤くなったり腫れてしまったりしたときは、ステロイドを使うことで改善が期待できるでしょう。

 ニキビへのステロイド治療の種類

では、ニキビへのステロイド治療にはどのような種類があるのでしょうか。

具体的な治療法の前に、ステロイドには強さのレベルがあることを知っておきましょう。

知っておきたい!ステロイドのレベル

ステロイドのレベルは5段階で分けることができます。

段階強さ
Ⅰ群最も強い
​Ⅱ群​とても強い
​Ⅲ群​強い
​Ⅳ群​中くらい
Ⅴ群弱い

上記レベルに従って、ステロイドの適切な使用期間や使う体の部分を決めていきます。

他に年代や体質も、どのステロイドをどのように使うかの判断基準になります。たとえば大人と子どもでは同じレベルのステロイドでも、期間や使う部分が異なることがあります。

最も弱いⅤ群は成分の吸収率こそ低いものの、ステロイドの含有量は多いので使う際注意が必要です。

ステロイドのレベルは新しい商品が出ることで変動する可能性があります。常に最新の情報を調べておくことが、適切なステロイド治療に欠かせません。

ステロイド注射(局所注射)

ニキビそのものにステロイドを注射することを、ステロイド注射または局所注射と呼びます。

メリットとしては、直接注射するので即効性が高く、炎症を早く抑えることができます。特に炎症が進行しているニキビの場合早期治療が求められるので、ステロイド注射は最も有効な方法と言えます。

しかし、あくまで炎症を抑えるのが目的なので根本的な治療にはなりません。また、通院する必要があるため人によっては手間に感じることがあるでしょう。

治療時間は大体10分程度で、うまく薬が入れば1度の注射で終わります。人によっては2~3週間に1回のペースで3~8回ほど通院することがあるようです。

注射後のダウンタイムには個人差がありますが、軽い赤みや内出血が出る程度で済むことが多く、出ない人もいます。赤みは数時間で、内出血は1~2週間で消えていき、痛みはほとんどありません。

費用は使用するステロイドによって変わりますが、2,000円~10,000円の間であることが多いです。1回につき数千円かかるため、箇所が増えるとその分費用も上乗せされていきます。

保険が適用されると負担は少なくなりますが、医師の判断によるため適用外になってしまうこともあるようです。

使用されるステロイドで一般的なのは、Ⅳ群に分類されるケナコルトです。しかし注射でダイレクトに届くため、人によってはⅡ群くらいの強さに感じる場合もあります。

ステロイド軟膏

外用剤としてもっとも多く使われているのが、ステロイド軟膏です。炎症している部分に塗ると、3~4日ほどで赤みが消えていきます。

1週間ほど経ったら通院し、様子を見て次の治療にうつります。個人の判断で塗るのを止めることはせず、しっかり塗り続けましょう。

塗り方は簡単で、指先に少し出したら患部の上に乗せるように塗るだけです。顔に数個程度できたニキビの治療に適しています。

ステロイド自体がもともと強力なので、塗りすぎないように注意してください。塗った後にうっすら光る程度で充分です。

ほとんどのステロイド軟膏はⅤ群のレベルに該当しますが、顔に塗る場合はⅣ群程度のものが使用されます。あまり弱すぎる薬をただ漠然と塗っても効果が表れにくいためです。

原則として、1日2回塗ります。炎症がひどく回数を増やす必要がある場合は、医師に相談の上指示に従って塗りましょう。

ステロイド内服薬

ニキビのステロイド治療は外用薬によるものがほとんどです。そのため、ステロイド内服薬(飲み薬)が皮膚科で処方されることはあまりありません。市販でも流通していないことが多いようです。

しかし、外用薬を使っても効果が見られない場合にステロイド内服薬が処方されることがあります。ニキビが悪化したときも同様です。

処方される内服薬は主にデカドロンリンデロンの2つです。

外用剤のようなレベルは存在しません。強さは効果の持続時間で決まり、デカドロンとリンデロンは長い効果が期待できる内服薬です。

しかし、効果が長続きするほど副作用が出る可能性が高くなるといわれています。さらに体の内側で活躍する薬なので、外用薬よりも強い副作用が出ることが多いです。

はっきりとはしていませんが、ステロイド内服薬による副作用は以下のものが考えられます。

  • 副腎機能の低下
  • 骨粗しょう症
  • 白内障や緑内障
  • 高血圧による糖尿病

ニキビを治すためにこれら副作用の可能性があることを考えると、内服薬の使用はあまりおすすめできません。

もし皮膚科で内服薬をすすめられた場合、慎重に検討して判断するようにしましょう。

はるこ先生
ステロイド内服薬での治療はあまり見られませんが、強い薬だというのは注射・外用薬でも同じです。効果と副作用をしっかり確認したうえで使用するようにしてください。

 ステロイドでニキビが悪化する理由は

ステロイドを使用してニキビが悪化する場合があります。

主に「ニキビ以外の症状だった」「ステロイドの副作用が出た」という2つの理由が考えられます。

それぞれの原因をしっかりチェックし、万が一ニキビが悪化してしまった時に備えましょう。

ニキビではなく「毛嚢炎」だった場合

毛嚢炎(もうのうえん)とは、毛を剃ったときに毛穴の奥に細菌が入ることで起きる炎症のことです。

小さな赤いぶつぶつが皮膚上にでき、ニキビとよく似ています。悪化するとぶつぶつが硬くなり、痛みや熱を伴うことがあるそうです。

ひげやムダ毛を処理したときにできることがあるため、顔にできてしまう人も多いです。他に太もも、腕、胸元などもできやすいと言われています。

毛嚢炎の治療にステロイドを使うこともありますが、長く使い続けると炎症を抑えるだけでなく免疫も抑えるため、他の菌に感染しやすくなり悪化する可能性があります。

ステロイドを使っているのに症状が悪化しているようなら、毛嚢炎かもしれません。すぐにステロイドの使用を止めて、皮膚科に相談しましょう。

ステロイドの副作用が出た場合

ステロイドは使い方によって、副作用が出る時があります。

もともと体の一部に効果が出るように作られているので、広い範囲に長期間使用すると副作用が出ることがあり、ニキビの悪化につながってしまうのです。

副作用の中には「ニキビができやすくなる」というものもあり、副作用によってできたニキビはステロイドニキビと呼ばれています。

肌の免疫の低下によるニキビ

ステロイドは肌の炎症を抑える一方、免疫を抑える作用もあります。肌の免疫が抑えられると、皮膚の上にもとからいた細菌が増えて感染しやすくなるため、ニキビが発生してしまうのです。

このような免疫低下による細菌やカビ(真菌)の増加でニキビが悪化することは、決して珍しくはありません。しかし、早く治療するためにも悪化はできるだけ防ぎたいものです。

ステロイドの強さや使う期間をしっかり理解し、皮膚科での指示通り正しく使うようにしましょう。

皮膚が薄くなることによるニキビ

ステロイドの使用で皮膚萎縮という皮膚が薄くなる症状が出ることがあります。ステロイドを塗ることで、皮膚のバリア機能が落ちてしまうことが原因です。

皮膚が薄くなると、それに伴って免疫も低下します。結果ニキビができやすくなり、かゆみが出たり他の皮膚感染症にかかりやすくなります。

ランクが高く強い薬であればあるほど皮膚萎縮は起こりやすいといわれていますが、どのランクのステロイドでも起こりうるということを覚えておきましょう。

皮膚萎縮が起きたらステロイドを塗るのを止めると回復します。回復のスピードは個人差があるので、あまり遅いようであれば医師に相談してください。

副作用が出た時の対策法は?

ステロイドの使用をいったんやめて、皮膚科で相談しましょう。

ステロイドによる副作用の種類は様々です。共通して「こうした方がいい」というものはないので、まずは使用をいったんやめて、皮膚科で相談してください。

上記2つ以外の副作用では、以下のものがあります。

  • 毛が伸びる、濃くなる
  • 塗ったところが赤くなる
  • 色素が薄くなる
  • 毛細血管が拡張する

ほかに、主に男性が使う筋肉増強剤に含まれるアナボリックステロイドの副作用でニキビができるケースもあります。このようなホルモン剤を使用している人は、一度成分表示を確認することをおすすめします。

ステロイド配合の代表的な薬6つ

ステロイドが配合された代表的な薬6つを紹介します。

すべて外用薬で、皮膚科での処方のほか市販で手に入れられるものもあります。自宅でのケアを視野に入れている人は覚えておくと便利です。

市販のステロイドのみ配合の薬

テラ・コートリル軟膏

価格ステロイドの種類強さ副作用
1,000円(税抜)
1本5g
ヒドロコルチゾンⅤ群
  • 皮膚が薄くなる
  • 皮膚が弱くなるなど

ジョンソン・エンド・ジョンソンのテラ・コートリル軟膏ヒドロコルチゾンというステロイドが配合されています。

ヒドロコルチゾンは最も弱いレベルのⅤ群に分類されるため、皮膚の薄い顔はもちろん背中や胸、お尻にも使うことができます。

強い抗菌作用のあるオキシテトラサイクリン塩酸塩も配合されているため、ニキビの原因であるアクネ菌を倒し、皮膚炎や感染症を未然に防ぎます。

市販のニキビに使えるステロイドとしてもっとも知られている薬で、ドラッグストアで気軽に買うことができます。

テラ・コートリル軟膏の口コミ

  • 赤ニキビの常備薬
    女性
    赤ニキビに効果あり。 スキンケア後、この薬をニキビにピンポイントで塗って、上から絆創膏を貼って寝ます。 すると、翌朝、完全にとまではいかなくても、かなり治ってます。 皮膚科に行くのがベストなんだろうけど、忙しくて時間無いとき、この方法でなんとかしのいでます。 絆創膏がかなりハイペースで消費されるので、安いものを大量買いします。安すぎると、絆創膏の粘着剤で肌荒れするという…(T_T) 広範囲にニキビが発生してしまったときは、この薬の上からガーゼで覆って、医療用テープで固定します。 安いし、私の常備薬です。

    @cosme

 赤ニキビ対策に使う人が多く見られました。中には上からガーゼや絆創膏を貼って固定する人も。すぐに病院に行けない人は応急処置用に1つ持っておくと安心できると思います。

テラ・コートリル軟膏

抗生物質も配合された薬

抗生物質ってどんなもの?

感染症の原因となる細菌の成長を止めたり、死滅させたりする物質です。

抗生物質は別名「抗菌薬」とも呼ばれる、細菌の成長や繁殖を防ぐ物質です。

ステロイドと一緒に配合することで、ステロイド由来の免疫低下による細菌感染を防いでくれます。

ステロイド特有の副作用が出る可能性はありますが、抗生物質が配合されていることが危険につながることはありません。
細菌に対して強い効果を発揮するため、強く炎症を起こしている・化膿しているニキビに効果を発揮します。

ベトネベートN軟膏AS

価格ステロイドの種類強さ副作用
1,050円(税抜)
1本5g
ベタメタゾンⅢ群
  • 発疹
  • 赤み
  • 腫れなど

第一三共ヘルスケアのベトネベートN軟膏ASは、ベタメタゾンというステロイドと、フラジオマイシン硫酸塩という抗生物質が配合されています。

無色透明な油性の軟膏でニキビをしっかり保護してくれるため、ジュクジュクと化膿したニキビに効果的です。

あせもやじんましん、しもやけなどにも効きます。
ベトネベートN軟膏ASの口コミ

  • 小さくなり赤みが引く
    ベトネベートは市販の中では『最強の薬』です。 ステロイドクラスの中では上から3番の強さだったような気がします。 私は顔にできものや赤ニキビができたら、寝る前に綿棒ではみ出さないようちょこんと塗ってます。 たいてい、赤みやできもの自体が小さく引いてるような気がします。 最後にしつこいようですが、使用する時は外に出ない日に限ります。

    知恵袋

 高い効果が期待できますが、強いため使うときは慎重になるという口コミがありました。

顔に使う際は紫外線などを避けたほうがいいようです。

ベトネベートN軟膏AS

フルコートf軟膏

価格ステロイドの種類強さ副作用
1,800円(税抜)
1本10g
フルオシノロンアセトニドⅢ群
  • 皮膚が薄くなる
  • 血管が浮き出て見えるなど

田辺三菱製薬のフルコートf軟膏は、フルオシノロンアセトニドというステロイドとフラジオマイシン硫酸塩という抗生物質が配合されています。

Ⅲ群に分類されますが刺激は少なく、保湿作用もあるため皮膚をうるおわせながら保護してくれます。そのため、化膿したニキビのほか乾燥したニキビにも効果的です。

2週間以内の部分的な使用であれば副作用の発生確率は低く、比較的安心して使えます。
フルコートf軟膏の口コミ

  • かなりリピしてます
    女性
    ニキビでも引っ掻き傷でもなんでも治ります。 これステロイドなんですかね…・ω・? 強力なので連続使用では使わないようにしてます^^ かなりリピしてます。 これからもリピします!

    @cosme

 少量ずつ長く使っているという声が多かったです。リピートしている人が多く、中には子供のころから使っているという人もいましたが、小学生未満の使用は控えましょう。

フルコートf軟膏

ドルマイコーチ軟膏

価格ステロイドの種類強さ副作用
910円(税込)
1本6g
ヒドロコルチゾンⅤ群
  • 発疹
  • 赤み
  • かぶれなど

ゼリア新薬のドルマイコーチ軟膏は、ヒドロコルチゾンというステロイドとバシトラシン、フラジオマイシンという2つの抗生物質が配合されています。

Ⅴ群に分類されるため肌への刺激は少なく済み、2つの抗生物質によって細菌感染症や他の皮膚疾患を予防します。

市販のステロイド剤の中では価格が安いため、購入しやすいという利点があります。
ドルマイコーチ軟膏の口コミ

  • 赤ニキビの治りが早いです
    女性
    ニキビというか、表面が詰まってできるというより、中からできたようなニキビが結構出没します。更に化膿もしやすくすぐ赤ニキビになるのでこちらを買いました。 ステロイドが入っているだけあって治りはかなり早いです。常備しておこうと思います。

    @cosme

 赤ニキビに使用する人が多いようです。効果が表れるまでそれほど時間がかからない様なので、早く治したい人におすすめします。

ドルマイコーチ軟膏

皮膚科で処方されるもの

リンデロンVG軟膏

価格ステロイドの種類強さ副作用
782円(税込)
1本5g

ベスメタゾン

Ⅲ群
  • 刺激
  • かゆみ
  • かぶれなど

リンデロンVG軟膏は、ベスメタゾンというステロイドとゲンタマイシンという抗生物質が配合されています。

ベスメタゾンには抗炎症作用のほか抗アレルギー作用があるため、ニキビの炎症を抑えるほかに細菌の感染を防ぎます。

強さはⅢ群の強さに分類されますが、副作用は発生しにくく起きても軽い程度です。1~2週間程度の使用であればほとんど副作用はないと考えていいでしょう。

ニキビ以外に湿疹などにも効果があります。

ロコイド軟膏

価格ステロイドの種類強さ副作用
1,500円(税抜)
1本10g
ロコイド
(主成分:ヒドロコルチゾン酪酸エステル)
Ⅳ群
  • 皮膚炎
  • かゆみ
  • 湿疹など

ロコイド軟膏は他のステロイド剤に比べ、強さのレベルが低く副作用も発生しにくいという特徴があります。

副作用発生率は0.3%と言われているので、他のステロイドよりも安心して使うことができるでしょう。とはいえステロイドであることに変わりはないので、広範囲に長期間使わないように注意してください。

穏やかな強さのため、症状の軽いニキビに使われることが多いです。顔などの皮膚が薄い場所に向いています。

軟膏タイプのほかにクリームタイプが使われることも多いです。軟膏に比べ、べたつきが少ないですが、その分刺激が強いという違いがあります。

アッキー
ステロイドといっても、様々な種類と強さに分かれます。
市販のものを自分で選ぶ時は、ニキビの症状を客観的に見て、どのステロイドが適しているか検討してください。
迷ったときは皮膚科で相談すると安心です。

 ステロイドが不安な時は医師に相談を

ステロイドは強さや種類で細かく分かれているため、ニキビ治療に使う際は慎重になる必要があります。

副作用なども考えられる分、個人で判断しきれない場面が出てくるでしょう。そんな時は、ぜひ皮膚科の先生に相談してください。

ニキビは主に顔にできるもので、どうしても人目につくものです。正しい方法できれいに治すためにも、ステロイドの使用は医師と相談しながら行うことを忘れないでください。