水クレンジングの人気TOP5!フランスでは当たり前に使ってる!?

水クレンジングの人気TOP5!フランスでは当たり前に使ってる!?

今話題の水クレンジングは、肌に優しい洗顔剤?!急激に注目され、国内外の多くの商品が量販店に並んでいます。ここでは、そんな水クレンジングの中でも人気が高い厳選5商品をピックアップ!効果的な使い方や注意点も見ていきましょう。

水クレンジングのおすすめは?

メイクを落とすときに使うクレンジング剤には、いくつの種類があります。そのなかでも、「水クレンジング」が、洗浄力と低刺激性を兼ね備えていると、最近話題になっています。

水クレンジングという名前から、水のような液体であることが想像できますが、どのようなメカニズムでメイクが落ちるのか多くの疑問が残りませんか。ここでは、「水クレンジングが気になる」という方に、人気の理由を分かりやすくご紹介していきます。

肌に刺激とならない水クレンジングの選び方を、おすすめの商品紹介を交えながら見ていきましょう。

水クレンジングの選び方

初めての方でも失敗しない、水クレンジングのおすすめの選び方のポイントは以下の2つです!

はるこ先生
肌にやさしいといわれている水クレンジングですが、選び方がとても大切になりますよ!
しっかりチェックしてくださいね♪

オイルフリーのものを選ぶ

水クレンジングを探すときは、肌の負担となるオイルが入っていない商品を見つけましょう。オイルが入っている商品は、成分表を見るとオイル成分が配合されていたり、二層に分離していたりします。

非イオン界面活性剤のものを選ぶ

メイクが綺麗に落ちるのがにわかに信じられないくらい、水のようにさらさらとしている「水クレンジング」。メイク落としができるメカニズムは、界面活性剤の存在です。

水クレンジングには、たくさんの界面活性剤が使われているので、コットンにたっぷりと水クレンジングを含ませて肌に乗せるだけで、するりと化粧が落ちていきます。

界面活性剤というと、「肌に悪いもの」という概念にとらわれがちですが、すべてが全て悪いというわけではありません。水クレンジングには、非イオン界面活性剤のみを使っている、肌に優しい商品が多くあります。

非イオン界面活性剤とは

非イオン界面活性剤とは、界面活性剤としての洗浄力はありながら、水に溶けたときでもイオン性を示さないものです。ノニオン界面活性剤とも呼ばれる界面活性剤で、化粧品だけではなく食品の乳化剤としても使われています。

洗浄性だけではなく、浸透性、乳化・分散性に優れていて、近年人気が出ている界面活性剤の一つです。

非イオン界面活性剤は、分子内での結合方法によって「エステル型」、「エーテル型」、「エステル・エーテル型」などに分類できます。

化粧品などに表示される際の成分名

  • エステル型:グリセリン脂肪酸エステル 、ソルビタン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステルなど
  • エーテル型:脂肪アルコールエトキシレート、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテルなど
  • エステル・エーテル型:アルキルグリコシドなど

肌への負担は少ない

ここまでのまとめですが、「非イオン界面活性剤」という界面活性剤は静電気を帯びません。そのため、身体に対しての負担が非常に少なく、肌が弱い人でも安心して使えるようになっています。

実際に、非イオン界面活性剤は、敏感肌、ベビーソープ類、食品添加物などに使われてきました。その他でも、近年人気が高まっている、低刺激性コスメにも多く配合されています。

以前までは、成分が安定しないことから、非イオン界面活性剤のみで化粧品を作るのは難しいという難点がありました。しかし最近では、セラミド研究などが進み、安定乳化できる技術が進歩。

その結果、水クレンジングのような非イオン界面活性剤のみを使った化粧品が増えてきました。最新の技術から生まれた、新しいタイプのコスメという点でも、ほかのクレンジング剤よりも一歩リードした存在と言えるでしょう。

マツエクにも使える!人気ランキング

マツエクにも使えて、人気が高い水クレンジングをおすすめ順で紹介していきます。

はるこ先生
上記2つの条件を満たしている、おすすめの水クレンジングです。
迷ったときには、この5つから選んでいいかと思います!

アルファピニ28|ボタニカルリキッドクレンジング

植物性の美容成分を約70%配合しているクレンジング剤です。

美容液のような肌へのやさしさを感じますが、しっかりと落ちにくいメイクも落とせる優れものです。古い角質も落とすので、肌表面が整い透明感のある素肌が作られます。

内容量価格成分
120ml3,056円(税抜)
98%以上 植物由来成分(界面活性剤含む)を使用しています。こんにゃく根とコメヌカ由来のセラミド(保湿成分)配合でしっかりメイクを落としても、肌に必要な油分を奪わずにお肌のうるおいはキープします。また、リキッドなのでメイクなじみが早く、摩擦を最小限にとどめます。
全成分表記は見つかりませんでしたが、植物由来成分を98%以上配合。クレンジング剤としてだけではなく、保湿成分や整肌成分をたっぷりと植物由来で補うことで、肌にやさしくクレンジングができる商品のようです。
肌への優しさ洗浄力顔の全体に使えるか
  • 初めてつかいましたが、かなりいい
    マツエクをしていますが、マツエクもとれず、メイクのみきちんと落とせました。 きちんと落とせるのに、つっぱりもなく、アミノ酸で潤う。 かなり素敵です。 成分名の一番最初にクマケタランが書いてあるのもいいですよね。

    @cosme

  • 敏感肌にもピッタリ
    クマタケランベースの美容成分が70%以上ふんだんに配合されたクレンジングだから、お肌がしっとりとしてつっぱらない。 肌の上でくるくるすれば、あっという間にメイクが落ちます。 洗浄力が高く優秀だと思います。 油分がないのでぬるつきがなく、使いやすいです。

    @cosme

 たっぷりの美容成分が配合されていることから、肌が弱い方から「安心して使えた」とうれしい口コミが多く寄せられていました。油分がないので、さらりと使えて肌のハリ・ツヤがアップするそうです。

アルファピニ28|ボタニカルリキッドクレンジング

リメイ|ターマルウォータークレンジング

大手口コミサイトのランキングで人気が高い水クレンジングの一つです。

他の水クレンジングとは違い、とろみがあるのが特徴。こっくりとしている液は、濃い目のアイメイクもしっかりと吸着し、クレンジング後は肌をしっとりと保湿してくれます。

容量価格全成分
400ml2,200円(税抜)
水、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、DPG、グリセリン、ペンチレングリコール、温泉水、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、水溶性プロテオグリカン、カニナバラ果実エキス、セージ葉エキス、ラベンダー花エキス、クエン酸Na、水酸化Na、クエン酸、フィトスフィンゴシン、コレステロール、キサンタンガム、BG、(アクリレーツ/イタコン酸ステアレス-20)コポリマー、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、ラベンダー油、フェノキシエタノール
肌への優しさ洗浄力顔の全体に使えるか
  • 容量もたっぷりでコスパも凄くいい
    濃いメイクが好きでアイメイクだかクレンジングウォーターを替えて使用したりしてましたが、 Remeiのクレンジングウォーターは優しい力で自まつげを傷めることなく肌にも少しの摩擦でメイクを落としてくれるので睫毛の抜け具合も落ち着き洗顔後の肌の乾燥もせず特に冬場重宝してます!!

    @cosme

  • 凄い落ちて肌にやさしい
    水クレンジング初めて使用しましたが、想像と違いました! クレンジング力はあるのに、しっかり保湿されます。 マツエクでも使用出来るし、いいこと揃いです! 値段もそんなに高くないので7にしました!

    @cosme

洗浄力が高く、マツエクやまつ毛パーマにも安心して使えることから、人気の高い水クレンジングです。お値段も優しいので、人気が高くなっています。

リメイ|ターマルウォータークレンジング

ローザカルム|ミセラークレンジング水

肌が弱い人でも安心して使える、クレンジング・洗顔・保湿の3つの機能を備えているクレンジングウォーターです。

低刺激性なので肌にやさしく、目の周りのアイメイクも綺麗に落とします。フランス産の輸入製品ですが、安心して使える商品と言えるでしょう。

内容量価格全成分
500ml2,400円(税抜)
水、ヤグルマギク花水、マンニトール、ジグリセリン、ブッチャーブルーム根エキス、マカデミア種子エキス、オリーブ葉エキス、チャ葉エキス、ヒポファエラムノイデス果実エキス、グリセリン、(カプリリル/カプリル)グルコシド、カプリロイルグリシン、クエン酸、ソルビン酸K、安息香酸Na、水酸化K、レブリン酸、レブリン酸Na、テルピネオール
肌への優しさ洗浄力顔の全体に使えるか
  • いやー。いいモノを見つけました。
    メイクはノンケミもしくはミネラル系。そして絶対的なこだわりはノンシリコン! こちらで綺麗サッパリ落ちます。 ついでに成分良好なので、子供のクレンジングにも使ってます。

    @cosme

  • 肌にやさしいですよ
    オーガニックなので、気になっていました オイルのように油分が顔に残らないので、 肌の負担にならず安心できます。 定番になりそうです。

    @cosme

日本製のブランドと比較をすると、少しさっぱりとしているという声もありました。ただし、500mlの大容量でコストパフォーマンスがいいので、顔のメイク落としだけではなく、身体の日焼け止めクリーム落とし用として活用するといいという意見もありました。

ローザカルム|ミセラークレンジング水

ビオデルマ|サンシビオエイチツーオーD

 2012年の大手口コミサイトのベストコスメ大賞クレンジング・洗顔部門で第3位に輝いた人気の商品の一つです。

敏感肌でも安心して使える、4つの保湿成分(ルクトオリゴ糖・キシリトールなど)を含み、洗顔後の肌をふっくらと仕上げてくれます。

内容量価格全成分
100ml・ 250ml1,200円・2,800円(税抜)
水、(カプリル酸/カプリン酸)PEG-6グリセリズ、フルクトオリゴ糖、マンニトール、キシリトール、ラムノース、キュウリ果実エキス、PG、セトリモニウムブロミド、EDTA-2Na (10-2)
肌への優しさ洗浄力顔の全体に使えるか
  • 人気の理由がわかります 絶対にリピートします!
    拭き取りクレンジングは全然落ちないイメージがあったのですが、そのイメージを覆した商品です! ウォータープルーフのメイクも一拭きで落ちます。オイルじゃないと落ちないと思っていたので衝撃、、! コットンでさっと拭くだけで落ちるので、どんなに疲れて帰ってもしっかりメイクを落とせるようになりました(^^)

    @cosme

  • 使い勝手がいいです
    拭き取りクレンジングには抵抗が少しありました、が何きっかけかは忘れたのですが買って使ったら落ちるし、びっくりしました!面倒くさがりなので飲み会後や、帰りが遅くなった時、あとはもちろん面倒臭い時に使用してます。肌も荒れないので家に置いとかないと落ち着かないです。

    @cosme

保湿力に加えて、キュウリ果実エキスにより鎮静効果も感じられる水クレンジングです。 香料、着色料、アルコール、オイル、防腐剤を使っていない弱酸性なので、敏感肌にもやさしい商品です。

ビオデルマ|サンシビオエイチツーオーD

クリー|ふきとり水クレンジング

メイク落としだけではなく、洗顔、角質ケア、化粧水としても使える水クレンジングです。

水は島根県にある出雲の温泉水、また植物由来の成分を配合しています。肌の潤いを残して汚れをしっかりと落とせるので、肌が弱い方にもおすすめです。

内容量価格全成分
330ml800円(税抜)
水、(カプリル酸/カプリン酸)PEG-6グリセリズ、温泉水、BG、塩化Na、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na
肌への優しさ洗浄力顔の全体に使えるか
  • リピートしたくなりました
    お試しで安く販売されていたので購入しました。疲れてメイクを落とすのもしんどい時に使用しています。 ウォータープルーフのアイラインやマスカラもするっと落ち、使用後もツッパる事もなく、肌トラブルもありません。

    @cosme

  • これは肌にやさしいようです
    合わないものは3回続けて使えません。だいたいは芯のある吹き出物ができたり赤くなったりします。でもこれは5回使っても大丈夫なので使えそうです。 敏感肌は摩擦に弱いので、クレンジングウォーターもケチらずコットンにたくさん含ませて拭き取る方がよいと思います。

    @cosme

イクキャッチミセルというマイナスイオンの効果を使い、するりとメイクを落とす商品。少し洗浄力が弱いという声がありますが、その分肌にやさしい植物由来でW洗顔不要ということから、人気が高いようです。

クリー|ふきとり水クレンジング

ビオレ等のシートタイプってどう?

とても手軽な商品ですが、あまりお勧めできません。

時間がないときにも手軽に使えるシートタイプのクレンジングですが、最も肌を痛めてしまうクレンジング剤と言われています。肌への刺激を抑えたいということであれば、旅行でも、忙しくても、使用を控えるのが安心でしょう。

肌に悪い理由は、シートで擦ることで肌表面の角質が傷つくこと、そしてシートに含まれている界面活性剤が刺激となることの2つがあります。界面活性剤は、肌表面のセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分も溶かしてしまいます。

シートタイプのクレンジング剤は、油分の代わりに界面活性剤をたくさん使っています。多くの商品は、「水」と「洗剤」と「アルコール」を染みこませているので、かなり肌への刺激となるのが分かります。

また、シートはコットンよりも肌にとって刺激となることが多く、ごしごしとこすることで、赤ら顔になりシミ・シワの原因に、また肌のターンオーバーが乱れ乾燥肌や敏感肌になりやすいとされているのです。

拭き取りメイン?フランス式洗顔

フランスで行われている驚愕のスキンケア方法の一つが、「フランス式洗顔」と言われるものです。

日本とは違いフランスは、水は硬水、湿気がなく、肌に負担がかかりやすい住環境と言われています。そんな環境下で、洗顔剤を使ってメイクを落とすのは、肌ダメージを増やしてしまうだけです。

ということで、編み出されたフランス式洗顔。方法は、「ミルククレンジングでメイクを落とし、化粧水でふき取る」だけ、まさに洗わない洗顔方法です。

水での洗顔は基本的にしない

フランスの水は日本の軟水と違い硬水なので、肌の角質に刺激を与えてしまいやすいそうです。そのため、フランスでは水を使わずミルククレンジングと化粧水のみでメイク落としから洗顔まで済ませてしまう女性が多いということです。

このようなアイディアに近いのが、水クレンジングによる洗顔。水クレンジングは、フランス式洗顔と似たシンプルな使い方が魅力です。

水クレンジングでの汚れの落とし方

それでは、水クレンジングを使った、正しいクレンジング方法を見ていきましょう。

  1. コットンに水クレンジングをたっぷりと含ませる
  2. アイメイクの上にコットンを乗せる
  3. 数秒なじませてアイメイクが浮いたら、優しくふき取る
  4. 新しいコットンに水クレンジングを含ませ、顔全体を優しくふき取る

水クレンジングでのコツの一つが、コットンを惜しまずに使うということです。コットンが汚れたら、新しく水クレンジングを含ませたコットンとつくり、取り換えながら化粧を落とします。

また、比較的洗浄力が高い水クレンジングですが、ウォータープルーフマスカラを落とすほどの洗浄力はありません。がっつりとメイクをしたときは、アイメイクリムーバーを使うなどして、綺麗にメイクを落とすことが大切です。

水クレンジングを朝の洗顔がわりにして良い?

はい、もちろんおすすめです。

水クレンジングはコットンにクレンジング剤を含ませて、ささっと落とすだけと、お手入れが大変お手軽です。

寝ている間にも、意外と汚れがついてしまうので、メイク前には水クレンジングを使って肌を整えてあげるといいでしょう。

水クレンジングは肌に悪い!?の真相

肌に優しいといわれている水クレンジングですが、中には「肌荒れが起こってしまった」という方がいます。

はるこ先生
正しく選んでも肌トラブルが起こるなんて、どうしてなのでしょうか。考えられる理由を見ていきましょう。

肌質に合っていない

非イオン界面活性剤のみ、オイル無配合の水クレンジングでも、肌荒れが起こってしまう人が時々いるようです。その場合は、配合されている成分で、何らかの刺激となる(合わない)成分があることが多いです。

また、コットンで擦りすぎてしまうと、低刺激な水クレンジングを使っていても肌への負担が大きくなります。クレンジングをするときは、コットンを複数枚使い、たっぷりと水クレンジングをしみこませて、優しくぬぐうようにしてください。

肌に残りやすい配合成分を使っている

肌に優しい種類の界面活性剤を使っている水クレンジングですが、さらさらとした液の中には、たくさんの界面活性剤が配合されています。

また、水クレンジングも種類によっては、肌に残りやすい配合成分が使われていることがあります。そのため、クレンジングの後に、しっかりと水で洗わなければ、肌荒れの原因になってしまうことがあるのです。

例えば、非イオン以外の界面活性剤には、両性界面活性剤というものがありますが、肌への刺激となりやすいデメリットがあります。実際に、イオンを発生させて肌にとどまり、肌の乾燥を招いてしまうことがあるので、注意が必要です。

保湿を怠っている

水クレンジングは、「1本で保湿もOK」と書かれているものもありますが、全ての方が適応ではありません。実際に、肌が乾燥する人にとっては、水クレンジングに含まれている保湿剤だけでは、潤い不足となりやすいです。

乾燥肌・敏感肌の方、また冬の時期は、しっかりと保湿・美容成分を肌に届ける、スキンケアを行いましょう。

水クレンジングは肌負担の少ないものを

クレンジングで肌の刺激を抑えることで、肌のターンオーバーが整い、肌質がいい方向へ改善することが多いです。

肌への負担がかからないクレンジング剤として、今ブームになっている水クレンジング。

しかし、選び方や使い方次第では、肌トラブルの原因となりかねないことが分かりました。フランス式洗顔も少し参考にしていただきながら、商品の選び方・使い方など、ぜひ参考にしてください。