大人ニキビに効く洗顔石鹸ランキングTOP5!選び方&正しい洗顔方法

大人ニキビに効く洗顔石鹸ランキングTOP5!選び方&正しい洗顔方法

しつこく繰り返す大人ニキビ、石鹸を使って洗顔しているけどなかなか改善しない……。その原因とは一体?石鹸を選ぶポイントや正しい洗顔方法をおさらい。オススメ洗顔石鹸5つも発表!一刻も早く悩みを解決したいのなら、その洗顔法止めた方がいいかも……?

大人ニキビのケアには石鹸選びが大切

お肌に不安を抱えているなら洗顔は石鹸を使うのが効果的というのは、もはや常識になりつつあるのをご存じでしょうか?ですが、それでも中にはなかなかニキビが改善しないという方もいるのでは?実は、「ただ石鹸で洗顔すればいいか」というとそうでもないのが難しい、大人ニキビ対策。

今回は、大人ニキビのための石鹸選びのポイント正しい洗顔方法、編集部オススメの石鹸ランキングなどを紹介。お肌の変化は1日2日では現れません。少しでも早くニキビとお別れしたいなら、早速今日から洗顔の見直しをオススメします。

大人ニキビに良い洗顔石鹸とは?

思春期にできるいわゆる思春期ニキビの原因は、多くの場合成長ホルモンの影響により皮脂の分泌が過剰になってしまうことが原因だと言われています。ですが、大人ニキビの場合、考えられる原因が複数あり、なかなか改善させるのが難しいのが特徴です。

そんな中、ニキビを含め肌荒れの改善に洗顔石鹸がおすすめされるのには理由があります。ここに洗顔石鹸の選び方のポイントがあるのです。まずは選んで欲しい石鹸の特徴をご紹介していきましょう。

(1)有効成分が配合されている

市販で販売されている洗顔石鹸の多くには洗浄成分の他にそれぞれ保湿成分抗炎症成分などが配合されています。その中でもニキビに効果が期待できる成分がグリチルリチン酸ジカリウムビタミンC誘導体、その他、ヒアルロン酸セラミドなどの保湿成分です。表で確認していきましょう。

成分名主な作用役割・働き・特徴など
グリチルリチン酸ジカリウム抗炎症・抗アレルギー作用
  • 漢方の生薬である「甘草」から抽出された成分
  • 石鹸だけではなく、歯磨き粉、シャンプー、育毛剤等にも配合
  • 医薬品では、アレルギーの薬や風邪薬にも使用される
  • 大人ニキビの有効成分といえば、まずこれといっていいほど有名な成分
ビタミンC誘導体抗酸化作用
  • ニキビの原因菌(アクネ菌など)が出す活性酸素を抗酸化し炎症しにくくなる
  • 免疫力が上がるため、原因菌の繁殖を抑制
  • 皮脂が過剰に分泌されるのを抑制
グリコール酸ピーリング作用
  • フルーツ酸の一種
  • 古くなった角質や角栓などを取り除く
  • ニキビだけではなく、ニキビ跡、シミにも効果的
ヒアルロン酸保湿作用
  • 乾燥が原因で出来るニキビに効果的
  • 元々ヒトが持っている成分で水分保持能力が高い(1gで6Lの水分を保てる)
セラミド保湿・抗菌・消炎作用
  • 乾燥が原因で出来るニキビに効果的
  • 保湿し肌が潤うことで肌のバリア機能も改善
コラーゲン肌のターンオーバーを促す
  • 乾燥が原因で出来るニキビに効果的
  • 肌のハリを保つ成分
  • 老廃物の排出をする働きもある
  • 25歳をピークにどんどん減少していく

上記であげたような成分が入っている石鹸を選ぶ様にしましょう。ただ注意したい点も。

ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンの3つに関しては乾燥が原因になっている肌トラブルには効果が期待できますが、肌タイプが「脂性肌」などである場合、必要以上に使いすぎた場合逆効果になる事があるのです。(使い過ぎに関しては全ての成分において注意しましょう)

脂性肌(オイリー肌)の方は皮脂の分泌が多いため、油分が元々多い状態で、さらに油分を上塗りする事で毛穴が詰まりやすくなったり、肌がべたつき、汚れなどが付着しやすくなり雑菌が繁殖しやすくなることも。ご自分の肌タイプがどれに当てはまるかによっても配合されていた方が良い有効成分は違ってくるということを覚えておきましょう。

  • グリチルリチン酸ジカリウムですが、商品によってグリチルリチン酸ジカリウムやグリチルリチン酸カリウム、グリチルレチン酸、グリチルリチン酸2Kなど様々な表記があります。それぞれに多少の違いはあるようですが、どの表記でも甘草由来の成分であることを示しており、名称の違いはさほど意識しなくても良いようです

(2)保湿力がある

これは上の(1)ですでにまとめて説明させて頂きましたが、大人ニキビの原因には乾燥が多くあげられます。乾燥することで肌のバリア機能が正常に働かなくなるほか、シミやたるみなどができやすくなってしまうのです。

洗い流すにもかかわらず石鹸に保湿力があった方が良いというのは不思議に感じる方もいるかもしれません。理由としては、顔を洗いタオルで拭いてスキンケアするまでのその間にも肌を乾燥から守るためです。

石鹸に保湿力があるかどうかというのは(1)で紹介した保湿成分が配合されているかどうかでも確認できますが、石鹸を作る製法でも確認する事ができます。

以下に見分けるポイントをご紹介します。

乾燥しやすい乾燥しにくい(副産物である保湿成分「グリセリン」が残りやすい)
  • 連続けん化法
  • 連続中和法
  • 機械練り製法
  • ホットプロセス・釜炊き鹸化法・バッチ法(伝統的な製法、数日間で完成、大量生産)
  • コールドプロセス(加熱しないため保湿成分が失われにくい、数ヶ月かかる、手作り)
  • 枠練り製法(美容成分が配合できる、手作り、時間をかけゆっくり冷却)

製法で分けると鹸化(けんか)法、中和法、コールドプロセスの3つがあり、成型する方法に、機械練りと枠練りの2つがあります。

鹸化法で作られた石鹸でも、比較的安価なタイプは大量生産するためスピードを早めた「連続けん化法」で製造されている場合があり、その場合製品を安定させるために化学物質などの添加物が配合されている場合もあるため注意が必要です。

また、乾燥しやすいかどうかは石鹸にグリセリンが残っているかどうかというのがポイントに。グリセリンは石鹸を作る過程で自然に発生する天然の保湿成分ですが、紹介したように連続けん化法、連続中和法、機械練り製法で作られた石鹸にはグリセリンが残りにくいため、乾燥しやすくなります。

(3)低刺激である

低刺激である為には石鹸の基本成分の他に、添加物ができるだけ少ないことが条件になります。先ほど紹介した製造法によっては添加物が配合されていたり、洗浄効果UPのため合成界面活性剤が配合されているケースもあります。石鹸を選ぶ際には、配合成分を購入前に確認することが大切です。

注意したい成分は、保存料(パラベンなど)、防腐剤(フェノキシエタノールなど)、合成香料合成着色料(黄(黄色)4など)、合成界面活性剤(○○グルタミン酸、○○硫酸塩、○○グリシンなど)、酸化防止剤(エデト酸塩)などがあげられます。

沢山の商品の中から選ぶポイント

石鹸を選ぶ際に参考にして欲しいポイントをまとめると以下のようになります。

石鹸を選ぶ時チェックすべきポイント

  • 有効成分配合
  • 保湿力がある(肌タイプに注意)
  • 低刺激タイプ
  • ノンコメドジェニックテスト済み
  • 泡立ちがイイ
  • 使い続けられる価格帯

上3つに関してはすでに詳しく説明させて頂きましたので、下3つについて簡単に補足を行うと、

  • ノンコメドジェニックテスト済み……コメドはいわゆるニキビのこと。皮脂量が多い人の背中でニキビができやすいかどうかテストした商品ということ。一般的には「皮脂量が多い」方にオススメです。ただ、全ての方にニキビができにくいというわけではないので注意してください。
  • 泡立ちがイイ……泡立ちが良いというのは、皮膚に吸着した汚れを落とす上で重要なポイントになります。きめの細かい泡は毛穴まで入り込んで、皮脂汚れなど毛穴の奥に入り込んだ汚れもしっかり落としてくれるのです。
  • 使い続けられる価格帯……ニキビを治したい、綺麗な素肌を維持したいのであれば、外せないのが価格。どんなに良い石鹸でも使い続けられなければ逆戻りしてしまいます。
はるこ先生
ニキビ対策専門商品などはラインで揃えて購入すると驚く程高額な商品も。実はもっと低価格であなたの肌にあった石鹸もあるかもしれないということをしっかり頭に入れておきましょう。

 おすすめ洗顔石鹸ランキングTOP5

ここからは大人ニキビにお悩みの方におすすめしたい洗顔石鹸をランキングでご紹介していきます。どの商品もニキビ対策に有効であると口コミサイトなどでも話題の商品ですが、ランキング1位の石鹸が必ずしもあなたに向いているというわけではありません。

しっかりと商品の特徴とあなたの肌タイプ、ニキビの原因を見極めて選びましょう!

然(しかり)よかせっけん

ランキング第1位は然(しかり)よかせっけんです。この商品には有効成分でご紹介した「グリチルリチン酸」が配合。その他にも、チャエキス、ウーロン茶エキスなどが配合されており、グリチルリチン酸カリウムと共に働きます。

  • チャエキス・ウーロン茶エキスに期待できる効果:抗酸化作用、殺菌作用、消臭効果、抗炎症作用


【評価のポイント】

  • ニキビの有効成分……グリチルリチン酸カリウム配合、【医薬部外品】
  • 保湿力……美容成分60%以上(コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、アロエエキスなど)
  • 低刺激……無着色、無香料、防腐剤不使用、鉱物油不使用、エタノール無添加、石油系界面活性剤無添加
  • 価格……【定期】1個88g 1,841円(税込み)、1個で1~1ヶ月半ほど使用できる。(1ヶ月使用できるとして1日あたり約59円。)
  • 泡立ち……純度の高い超微細シリカパウダー、ミクロ加工&バルーン加工(肌に負担をかけず汚れをしっかり吸着)

口コミでもニキビ対策に使用している方、実際に効果を実感している方が多いよかせっけん。1つ1つ丁寧に手作りにこだわり、丁寧につくられています。

会社名株式会社 長寿乃里
価格
  • 1個88g  1,944円(税込み)+送料540円(5,400円(税込み)以上で送料無料) 
  • 定期コース 最大10%OFF 1,841円+送料540円
保存期間開封後3ヶ月(極端に高温・低温になる場所を避ける)
お問い合わせ先0120-32-3594(営業時間9:00~19:00)

よかせっけんを公式サイトでチェックする

ノンエー

第2位の商品はNon.A(ノンエー)。こちらの商品は薬用ニキビ専用洗顔石鹸で、とにかくきめの細かい泡と泡立ちの良さが魅力の商品。グリチルリチン酸ジカリウムを有効成分に。その他、天然のうるおい成分ローヤルゼリーやヒアルロン酸なども贅沢に配合されています。全額返金保証(初回購入限定)もあり人気の商品です。

【評価のポイント】

  • ニキビの有効成分……グリチルリチン酸ジカリウム 配合【医薬部外品】
  • 保湿力……ローヤルゼリー・ヒアルロン酸・リピジュア(保湿・うるおい成分)配合、ダイズエキス(皮脂の分泌を整える成分)配合
  • 低刺激……着色料、香料、エタノール、鉱物油 不使用
  • 価格……1個100g 2,940円(税込み)、1個で2~3ヶ月使用できる(2ヶ月もつとして、1日あたり49円
  • 泡立ち……「カリ含有ケン素地」を開発・配合し、通常の石ケン素地に比べ約4倍の泡立ち

7万件という肌トラブルを分析し、日本人向けに開発されたノンエーは口コミでも「ニキビに効果あり!」と話題。今回ランキング第2位で紹介しましたが、よかせっけんとも比べる事ができない程良い商品です。

会社名有限会社 プライマリー
価格
  • 1個100g 2,940円(税込)+送料540円
  • 3個セット 約10%OFF 7,980円(税込)送料無料
保存期間1年間(未開封の場合)・開封後は3ヶ月以内に使いきる
お問い合わせ先0120-374-475(営業時間9:30~12:00/13:00~17:00(土・日・祝除く))

ノンエーを公式サイトでチェックする

VCOマイルドソープ

第3位の商品はVCOマイルドソープ。 VCOというのはヴァージンココナッツオイルのことで、このVCOには母乳と同じ成分であるラウリン酸がとても豊富に含まれているのが特徴。VCO使用することで泡立ちの良さと肌への優しさを実現しています。

さらに、初回購入限定15日間の返金保証も設けられているので気になる方はまず試して欲しい商品です。

【評価のポイント】

  • ニキビの有効成分……有効成分として特別な成分は配合ナシ。全配合成分がとてもシンプルなのが魅力の石鹸。
  • 保湿力……VCO(ヴァージンココナッツオイル)、ヒアルロン酸配合
  • 低刺激……合成界面活性剤、香料、保存料、防腐剤 不使用、VCOは皮脂と似た成分→つっぱらないのが魅力
  • 価格……【定期】 1個85g 2,277円(2回目以降の価格) 、1個で朝晩の使用で1ヶ月使用できる(1ヶ月間もつとして1日あたり82円
  • 泡立ち……VCOに含まれるラウリン酸(脂肪酸)は分子が小さいためキメが細かく濃厚な泡が作れる

口コミではニキビに対する効果はもちろん、肌に透明感やハリがでるといった投稿がありました。VCOに含まれるラウリン酸には免疫力を高める、細胞を強くするといった働きも期待でき、ニキビだけではなく様々な肌トラブルや悩みに対応してくれる石鹸のようです。

会社名さくらフォレスト株式会社
価格
  • 1個85g 2,847円(+税)送料500円(+税)
  • 定期コース 初回特別価格 1,423円(+税)送料500円(+税)
  • 定期コース 2回目以降 2,277円(+税)送料500円(+税)
保存期間3年間(未開封)、開封後はできるだけ早く使いきる
お問い合わせ先0120-842-555(営業時間 平日 9:00~19:00 / 土 9:00~18:00 /日・祝休み)

VCOマイルドソープを公式サイトでチェックする

以下、4位以下の石鹸については簡単に紹介させて頂きます。

4位:シャボン玉石鹸

公式サイトはこちら

ニキビの有効成分は?有効成分は配合ナシ。石鹸素地のみのシンプルな配合
保湿力は?1週間から10日かけじっくり作るシャボン玉石鹸。
その過程でうまれるグリセリンが成分の中に残っている
低刺激?香料、着色料、エデト酸塩(酸化防止剤)、合成界面活性剤 不使用
皮膚アレルギーテスト・皮膚刺激テスト済み
価格は?1個155g 一般価格 194円(税込み) 
     会員価格 175円(税込み)
泡立ちは?泡立ちは良いがキメが粗いといった声あり

はるこ先生
シャボン玉石鹸は大手コスメクチコミサイトでランキング1位を獲得する人気商品!
余計な成分は配合せず、石鹸成分のみのシンプルな配合。
石鹸での洗顔がオススメといわれる、「石鹸」はまさにこの商品のことですね。

5位:肌美精 大人のニキビ薬用洗顔石鹸

購入はこちら

ニキビの有効成分は?有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム配合
その他、グリコール酸配合
保湿力は?コラーゲン、天然精油(ユーカリオイル)配合
低刺激?エデト酸四ナトリウム四水塩(酸化防止剤)が配合されているため注意!
価格は?1個70g 2,200円(編集部調べ)
泡立ちは?泡立ちは評価の高い口コミが多い
アッキー
この商品はニキビ対策でとても評価の高い商品なんですが、なんともう製造されておらず、公式サイトでは購入できない様子。
Amazon等のショッピングサイトではまだ取り扱いがあるので、気になる方はお早めに!

無添加石鹸でニキビが悪化…なんで?

「無添加石鹸」と表示がある石鹸を使っても、ニキビが悪化してしまうことも……。その理由についても解説していきます。

固形石鹸の特徴を理解しよう

まず、洗顔に使用する石鹸を選ぶ時に注意したいのが無添加という表示について。この表示は実は、合成界面活性剤、合成香料、合成保存料などどれかの添加物が配合されていないだけで、無添加石鹸と表示する事ができます。

例えば、合成香料が配合されていなければ、合成界面活性剤が配合されていても無添加石鹸になるわけです。ここに無添加せっけんでもニキビが悪化してしまう一つ目の原因があります。

肌に優しい石鹸を見分けるポイントは純石鹸であるかどうかというのがポイントになります。純石鹸とは、脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムが98%以上で尚かつ添加物が全く配合されていない石鹸のこと。

先ほどおすすめ石鹸4位で紹介したシャボン玉石鹸の成分を確認してみると、「純石けん成分99%」。シャボン玉石鹸は本当にシンプルな純石鹸になのです。純石鹸だから界面活性剤が配合されていないかというとそうではありません。実は、石鹸自体が界面活性剤であるためです。

はるこ先生
界面活性剤は、水と油(本来混ざり合うことがない性質があるものを)を混ぜ合わせ汚れを落とす作用をもつもののことを指すんです!

 そのため、石鹸も界面活性剤の一種なのです。ただ界面活性剤全てが悪であるわけではなく、注意すべきは合成界面活性剤。(先ほど例にあげた様な、○○グルタミン酸、○○硫酸塩、○○グリシンなどを差します。)

こういった合成界面活性剤は石油などを原料に作られ、化学合成を繰り返し作られています。洗浄力は強いですが、肌に必要な油分まで取り去ってしまうため、肌が乾燥しやすくなるほか、肌に残る事で肌細胞を壊してしまうといわれています。

市販でも洗顔料として広く販売されている洗顔フォームは、値段もお手頃、泡立ちも良いと多くのメリットを感じ、実際に使用している方も多い商品。ですが実は洗顔フォームには多くの場合、合成界面活性剤が含まれているのです。

肌が荒れてしまう大きな原因はこの合成界面活性剤。見た目は固形石鹸でも含まれている場合がありますし、洗顔フォームでも含まれていない場合もあります。大切なのは購入前に配合成分をしっかりとチェックするということなのです。

肌のバリア機能が低下していると刺激を感じる

肌がとても乾燥している場合、お肌のバリア機能が著しく低下し敏感になっています。肌は本来弱酸性。TVCMでもよくやっているので、ご存じの方も多いかと思います。一方、石鹸は弱アルカリ性

そのため、バリア機能が低下し炎症がおこっているような肌は石鹸の弱いアルカリ成分にさえ過剰反応し、ピリピリしたり刺激に感じてしまう事があるのです。ただ、弱アルカリ性である石鹸は、界面活性剤の中で唯一、水に触れる事で洗浄力が落ち、界面活性剤でなくなります

これが石鹸が環境に優しいといわれる所以ですが、肌にも同じように優しいのです。水に溶ける事で肌に界面活性剤の成分が残らないため、洗顔後の肌に残り攻撃し続ける心配がないのです。

ただ、ピリピリとした刺激を感じるのにもかかわらずムリに使用を続けるのは肌が悪化してしまう原因になります。肌に優しいといっても、アルカリ性分が刺激であることに変わりはないためです。

炎症の強いニキビなどがあるときには石鹸の使用を止め、水洗顔(ぬるま湯で30回以上すすぐ)など界面活性剤を使用しない洗顔を行うなど対策をおすすめします。

洗顔フォーム派には皮膚科でも推奨のNOVがおすすめ

ここまで、石鹸をおすすめしてきましたが、実は皮膚科で推奨している洗顔フォームも存在しています。皮膚科推奨洗顔料NOVについて詳しく紹介していきます。

ノブACアクティブの特徴

ノブACアクティブは、今回のテーマである大人ニキビ肌用スキンケアシリーズ。臨床皮膚医学に基づき、30年という歳月をかけた研究成果から開発された毛穴ケア。年齢と共にニキビができやすくなったという方を美肌へ導き、98.8%の方が「リピート希望」と答えた評価の高い商品です。

ニキビの有効成分は?サリチル酸(角質溶解剤)、グリチルリチン酸ジカリウム
その他、グリコール酸、ビタミンC誘導体配合
マイルドピーリング処方【医薬部外品】
保湿力は?セラミド、ヒアルロン酸、リピジュア配合
低刺激?香料、着色料 不使用、オイルフリー
ノンコメドジェニック、パッチテスト、アレルギーテスト済み
価格は?1本100g 2,700円(税込み)(約2ヶ月ほど)
泡立ちは?ふわっ、もちっとした軽い泡が特徴

口コミ

 口コミの評価も確認してみましょう。

  • サリチル酸が穏やかに古くなった角質をオフしてくれます。
    敏感肌 20第 女性
    少量でモコモコの泡になるので全然減りません?☆ 一本買うとかなり持ちます。 洗い上がりはさっぱりしてるのにつっぱらず、その後のスキンケアの吸い込みが良いです!

    @cosme

今回調査した中でも、ニキビに対する効果を皆さん実感している様子。マイルドピーリング効果でお肌がツルツルになったり、肌がワントーン明るくなったというような声もありました。

トライアルセットがお得!

もしお試ししてみたいという方には、トライアルセット(初回購入限定)がとてもお得です。価格 1,620円(税込み)で7日分。クレンジング20ml、洗顔料15g、化粧水20ml(モイスト)乳液6ml、化粧水2ml×2個(ノーマル)がセットになっています。

さらに、期間限定で化粧水20mlミニボトル、(モイスト)クリアポーチ、大人ニキビ肌GUIDE BOOKのおまけもついて来ます!ノブACアクティブは全品医薬部外品、パッチテストなどの安全試験済みです。

ノブACを公式サイトでチェック!

正しい洗顔で大人ニキビを予防しよう

最後に洗顔石鹸以外でのニキビ対策法をご紹介していきます。洗顔方法はもちろんですが、気をつけたい生活習慣なども。ニキビ対策のイロハをしっかりチェックし、覚えておきましょう。

やりがちなNG洗顔

まずはやってしまいがちな間違った洗顔法をあげてみます。

NG洗顔法

  • 冷水・熱いお湯を使っている
  • 水の量が少ない
  • ゴシゴシとこすっている
  • 1度の洗顔の時間が長い
  • 1日に何度も洗顔している
  •  冷水・熱いお湯……どちらも肌に負担をかけます。熱いお湯で洗うことで皮脂を落としすぎる事も。
  • 水の量……水を充分に含ませ泡立てることで、弱アルカリ性の石鹸も中性に近づき、肌への刺激を弱くしてくれます。
  • ゴシゴシこする……肌の厚みは約0.2mm。ゴシゴシこすり洗いする事で、色素沈着や炎症を起こす原因に。
  • 洗顔の時間……先ほども解説しましたが、石鹸は弱アルカリ性。例えば泡パックなどをするなど、泡が顔に乗っている時間が長いほど肌に負担をかけるのです。
  • 洗顔の回数……石鹸を使った洗顔の理想の回数は、1日に1~2回。それ以上は、肌に必要な皮脂を過剰に落とし乾燥してしまう原因に。

当てはまった項目はありますか?その他、洗顔料を泡立てる時間が長すぎると、せっかく事前に素洗いした顔が乾き乾燥してしまう事もあります。洗顔はとにかく素早く丁寧にを心がけましょう。

正しい洗顔方法の手順

  1. 手を洗い、水の温度を確認(水の温度は32~34℃が理想です。)
  2. 顔を水で洗う(素洗い)
  3. しっかりと水と空気を含ませ石鹸を泡立てる(顔が乾燥してしまう前に手早く!)
  4. 皮脂分泌の多いTゾーンから乾燥しやすいUゾーンへ泡を広げ、手のひらで優しく洗う(目安は2分以内
  5. しっかりとすすぎ、清潔なタオルを使用し水分を押さえる様に拭き取る

理想の洗顔の手順はこのようになります。毛穴の汚れをしっかり落としたい時には、洗顔を始める前に、蒸しタオルで毛穴を温め、広げておくというのもオススメです。

目安としては週に1回程度。あまり頻繁に行うと毛穴が収縮しにくくなる事もあるため、休みの前の日などお肌をリセットしたい時に行いましょう。

洗顔後の保湿は重要

ニキビケアを行う上で保湿も決して侮ってはいけません。ニキビの原因になる皮脂が過剰に分泌されてしまうのはお肌を乾燥から守るためであるケースがあるためです。

お肌が乾燥すると、バリア機能が低下しニキビの原因菌が繁殖しやすくなるだけではなく、ターンオーバーのリズムが乱れシミやシワなどの原因になることも。

洗顔後はできるだけ早く保湿ケアを行う様にしましょう。保湿の順番は、化粧水、美容液、クリームもしくは乳液です。製品にもよりますが、に取り温めてからハンドプレスする方法が乾燥しやすい肌にはオススメです。

特に乾燥しやすい箇所がある場合(目元・口元など)はクリームをしっかり塗り込む様にしましょう。

大人ニキビを改善するコツ

その他、ニキビの原因になってしまうといわれる生活習慣をしっかり見直すことも大切です。肌質によってニキビになってしいまいやすい方ももちろんいるかと思いますが、大人ニキビは生活習慣が原因になっていることがとても多いためです。

【今すぐ止めるべきNG習慣】

  • 睡眠時間が短い・不規則……睡眠時間は特に大切。寝ている間に新陳代謝が活発に行われるています。
  • 暴飲暴食……糖分、アルコール、辛いもの、油が多い食事はニキビの原因に。
  • 便秘がち……便秘の場合、便から老廃物を排出できずに、体中を老廃物が再循環。別の場所(皮膚など)から排出しようとし、肌が荒れる。
  • 布団や枕カバーあまり洗わない……せっかく洗顔しても顔が直接つくことがある枕などを洗っていなければ、自分から顔に汚れをなすりつけている様なものです!

そのほか、ストレスもニキビの原因に。ストレス社会の現代でストレスを感じるなというのは難しい話ですが、ストレス解消法を何か見つけておくのは大切です。

ですが、やはりニキビ対策で重要なのは洗顔食習慣の見直しです。ニキビ対策にオススメの成分はビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類。便秘の解消におすすめの食物繊維、乳酸菌などです。

こういった様々な栄養成分と一気に摂取できるオススメのメニューは、グリーンスムージーお鍋など。様々な食材を一気に摂れ尚かつ、食材をカットするだけ。あとは、ミキサーに入れるかぐつぐつ煮込むかなので、驚く程簡単ですよね。オススメです。

【ニキビ対策に摂りたい栄養素を多く含む食材】

  • ビタミンA……レバー類、ウナギ、いか、にんじんなど
  • ビタミンB群……納豆、マグロ、卵、レバー、いわし、サンマなど
  • ビタミンC……ピーマン、アセロラ、柑橘類、イチゴ、小松菜など
  • ビタミンE……魚卵(いくら、すじこなど)、アーモンド、アボカド、ぶりなど
  • 食物繊維……豆類、ごぼう、りんご、バナナ、椎茸、わかめ、ブロッコリーなど
  • 乳酸菌……ヨーグルト、キムチ、塩小路、チーズなど

忙しくても泡立てやすすぎは手を抜かないこと!

さて、食事のメニューに関しては簡単・手軽であることを優先させてしまいましたが、洗顔において手抜きは禁物。しっかりと泡立て優しくなでるように洗いましょう。また、固形であるから「石鹸(純石鹸)である」「肌に優しいんだ」と思い込むのではなく、購入の前に成分を確認するのも大切です。

やっかいな大人ニキビ、石鹸選びや洗顔のポイントを押さえて効率的にサヨナラしましょう!