鼻の毛穴汚れを取るには?即効性のある方法2選と皮膚科での方法3選

鼻の毛穴汚れを取るには?即効性のある方法2選と皮膚科での方法3選

男女を問わずお肌の悩みの一つと言えば「鼻の毛穴の汚れ」ですよね。顔の真ん中にあるパーツですからとにかく目立ちますし、鏡を見るたびに気になって……。そんな鼻の毛穴の汚れをしっかりとオフする方法についてご紹介しちゃいます♪

男女共に悩みが多い毛穴汚れ!

お肌のお悩みは色々とありますが、中でも多いのが毛穴の汚れ。鼻の頭という事もあり、目立つためなんだか気になりますし、下手に処理しようとすると却って悪化してしまう厄介なヤツです。

そんな悩ましい毛穴の汚れですが、なってしまったらどうしようもないというワケではありません。きちんと処理をしてあげればだんだんと改善してゆくものです。

今回はそもそもの毛穴汚れの原因から、男女関係なくトライできる毛穴汚れの取り方、そしてやってはいけないNG例まで毛穴の汚れに関するアレコレをご紹介してゆきます。

鼻に毛穴の汚れが溜まる原因

肌のごわつきによる毛穴の開き

本来お肌は柔軟で、毛穴が開いてしまってもすぐに閉じ、汚れが溜まりにくいものなのですが、食生活の乱れ、過剰なスキンケアなど様々な要因によってお肌の柔軟性が失われてしまいます。いわゆるお肌のターンオーバーが乱れている状態です。

そんな状態ではお肌の柔軟性が失われ、毛穴が開いた際にそのままになってしまうのです。そこに皮脂やお肌の角質などが詰まってしまい、毛穴を塞いでしまいます。

毛穴の奥には皮脂を分泌する皮脂腺もあり、そこからは新たな皮脂が分泌されて……。そんな悪循環によって、毛穴が開き、毛穴につまった汚れは酸化によってだんだんと黒ずんでゆきます。そこまで来ると元の状態に戻すのにはそれなりの時間が必要になってきます。

皮脂の過剰分泌

もう一つの原因が皮脂の過剰な分泌です。

しっかりと洗顔したはずなのに、いつの間にかお肌が皮脂でテカテカなんて事ありますよね。そんな過剰に分泌された皮脂も毛穴が詰まる原因の一つです。皮脂を洗顔できちんと落としきれない場合、それが毛穴に溜まってゆきます。それがお肌の汚れと混じって角栓となってしまうんです。

いわゆるオイリー肌に多い症状です。そんな皮脂の過剰分泌、遺伝的に皮脂の分泌が多いという人もいますが、実はお肌の乾燥が原因かもしれません。

脂でテカテカなのに乾燥?と思う人もいるかもしれませんが、お肌が乾燥しているという状態は「水分」が足りない状態。テカテカしているのとは似て非なる状態です。皮脂にはお肌の乾燥を防ぐという目的もあり、乾燥したお肌を守るために過剰に分泌されているんです。

はるこ先生
毛穴に汚れが溜まってしまう原因はお肌のハリが無くなってしまう事や皮脂の過剰な分泌です。その本質的な原因はお肌の潤いが失われている事かもしれません。毛穴の汚れが気になる人はついつい洗顔をしっかりとやりすぎてしまいがちですが、皮脂や角質を落とし過ぎると乾燥の原因となってしまいます。角栓が気になる時こそ洗顔は優しくしてあげましょう。

即効性あり!鼻の毛穴汚れの取り方

酵素クレンジング・洗顔を行う

いやーな毛穴の汚れですが、それを除去するためには、そもそも皮脂の性質を知らなくてはいけません。

毛穴に汚れが溜まる原因でも触れましたが、毛穴に詰まった角栓はお肌の皮脂と角質に汚れが付いたもの。基本的にはタンパク質でできています。その皮脂のタンパク質を溶かす作用のある酵素を含むクレンジングや洗顔が販売されています。それらアイテムを効果的に使ってあげる事により、角栓を取り除く事ができるんです。

ただし、酵素クレンジングや酵素洗顔を使う場合には注意点があります。それは使いすぎないという事。酵素はお肌に本来必要な皮脂や角質に対しても溶かす作用があります。そのため、使いすぎると本来お肌に必要な成分まで取り除く事になってしまうんです。ですので、酵素クレンジングや酵素洗顔を使うのは週に1回程度にとどめておきましょう。

また酵素洗顔を行った後のお肌は乾燥しがちですので、しっかりと保湿してあげる事も重要ですよ。お肌の乾燥は過剰な皮脂の分泌を招いてしまい本末転倒になってしまいます。

ホットタオル + クレンジングで取る

酵素クレンジングは週に1度程度に実施するとして、日頃のケアで実施したい方法がホットタオル+クレンジングです。

毛穴汚れが出来る原因でも触れましたが、毛穴に汚れが溜まってしまう原因の一つがお肌が硬くなってしまっている事。そのため、洗顔していても毛穴の奥に詰まった汚れがなかなか取れないんです。

ですので毛穴を柔らかくするためにあらかじめホットタオルをあてておき、お肌を柔らかくしてあげましょう。そこでクレンジングをしてあげれば毛穴につまった汚れをオフしやすくなるんです。

クレンジングをする際、ゴシゴシこするのはNG。本来必要な成分まで洗い流す事になってしまいます。あくまでも優しくマッサージするようにしてくださいね。毛穴の汚れが気になる場合のクレンジング選びは保湿成分を含んでいるものがおすすめ。お肌の乾燥を防ぎ、余計な皮脂の分泌を抑えてあげる事が毛穴汚れを防ぐコツです。

オイルと綿棒で取る方法って良いの?

あまりお勧めできません。角栓を無理に取ろうとすると、どうしても毛穴が開きがち。そこに再び汚れが溜まりという悪循環のもとになってしまいます。

気になってもやってはいけない方法

爪で押し出す

鏡の前に立つとついついやってしまうのが角栓を爪で押し出す作業。目に見えて角栓が取れますので、気持ちよくてついついやってしまいますよね。

けれど、これはNG行為。角栓を無理に取り除くと、毛穴が開いてしまう原因となります。毛穴が開いてしまいますと、そこに汚れが溜まってしまい、毛穴の汚れスパイラルがはじまってしまいます(同様の理由で米戸プッシャーなどの専用器具もおすすめできません)。

また、爪には雑菌が付いている事もあり、その雑菌からニキビができてしまう事も。毛穴の汚れケアでは角栓を無理に押し出すのはご法度です。

スクラブ洗顔を行う

汚れが気になりますと、ついつい洗顔作用の強い洗顔料を選びがち。そこで魅力的に見えるのがスクラブ洗顔ですが、これもおすすめできないんです。

というのも毛穴の汚れの原因の一つである皮脂の過剰な分泌を引き起こす原因になりがちなんです。そもそも皮脂はお肌を乾燥や傷などから守るために分泌されるものです。スクラブ洗顔をヘタに使うとお肌に必要な角質や皮脂まで落としてしまいがちですし、汚れを落とそうとゴシゴシこすってしまいますとお肌には細かな傷ができてしまいます。そこには当然のように過剰な皮脂が分泌されてしまうんです。

過剰に皮脂が分泌されている時こそ、しっかりと泡立てた洗顔料で優しく優しくなでるように洗うのがポイントですよ。

はるこ先生
爪で角栓を押し出すのって、目に見えて角栓が取れるので面白いんですが、雑菌などによってニキビが出来てしまったりと思わぬ肌トラブルの原因となってしまいます。また毛穴がひらいてしまう原因になりますのでやめておきましょうね。

美容皮膚科で毛穴汚れを除去する方法

角栓吸引

美容皮膚科にて毛穴汚れを除去する方法の一つが角栓吸引。毛穴を柔らかくする専用の溶剤や蒸気を用いて、角栓を取りやすい状況を作ってから専用の吸引器を用いて角栓を取り除いてゆきます。無理に吸引するのではなく、然るべき処理をしてからの吸引ですので、お肌に負担をかける事はありません。

ケミカルピーリング

開いてしまった毛穴を引き締めるために行われるのがケミカルピーリング。その名の通り、科学薬品を使って、古い角質をピーリング。お肌のターンオーバーを促進するという方法です。施術後しばらくしますと、生まれたてのツヤツヤお肌になる事が期待できるんです。

イオン導入

美肌に欠かせない成分と言えば、何といってもビタミンC。お肌にビタミンCを行きわたらせるため、様々な方法が用いられるのですが、美容皮膚科ではイオン導入という方法が一般的です。これは微弱な電気を用いてお肌への浸透を促すというもの。お肌の奥深くまで浸透したビタミンCなどの有効成分がしっかりと働いて、毛穴を引き締めてくれます。

はるこ先生
美容皮膚科では、毛穴の汚れケアのため、上記の方法を組み合わせた施術が一般的です。毛穴の状況によって、どの組み合わせが最適なのかは変わってきますので、きちんと相談して決めてください。自由診療の為、価格は様々ですが、いくつかの組み合わせで10,000円前後というのが一般的です。

黒ずみになる前に出来る毛穴ケア

乾燥による毛穴開きのケア

スキンケアで保湿を徹底する

乾燥による毛穴開きをケアしてあげるためには、何といっても保湿が大切。しっかりと保湿するためには日頃のスキンケアが大切です。

まず基本の基本である洗顔はしっかりと泡立て、お肌を傷付けないよう、優しく洗います。やさしく洗顔した後はぬるま湯でしっかりと洗い流します。続いては清潔なタオルで顔を拭いて、間髪を入れずにしっかりと化粧水で保湿します。そして化粧水の潤いが蒸発しないように、クリームで蓋をしてあげましょう。

毎日の事ですので、化粧水やクリーム選びは肝心です。各々のお肌の状態にあったものが一番ですので、これが良いと一概には言えませんが、お化粧水はアルコール分を含まないものの方が、よりお肌に潤いを与えてくれます。

体内からターンオーバーを整える

お肌の状態を整えるためには外からのケアと並んで身体の中からのケアもとっても大切なんです。お肌の調子もそうなのですが、身体の調子を整えるにはバランスの良い食生活が何より大切。

そもそもお肌の調子を整えるためには、腸の調子を整えてあげる必要があるため、食物繊維や乳酸菌などは欠かせません。食物繊維と一口に言っても水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、それらをバランス良く食べる事が肝心です。

またお肌の基礎となるコラーゲンにはビタミンCが欠かせませんし、そもそもお肌の細胞を作るのは良質なタンパク質。またタンパク質の吸収をよくするためにはビタミンB群が必要で……と書き出すときりがないほど。つまり、バランスの良い食生活を心がけて、それを続けてゆくという事が何より肝心なんです。そうしているうちにだんだんとターンオーバーが整ってきますよ。

過剰な皮脂による毛穴のケア

ビタミンC誘導体入りの化粧品を使う

皮脂の分泌量が多く毛穴が詰まりやすいという人であれば、ビタミンC誘導剤入りの化粧品を使うのがおすすめ。

そもそもメラニンの生成を抑え、さらにはコラーゲン生成を助けてくれたりとお肌の状態を整えるためにはビタミンCが欠かせません。とは言えビタミンCをお肌に直接塗り込んでも、それが吸収される事はありません。お肌に吸収しやすくしたビタミンCがビタミンC誘導体なんです。

お肌にしっかりと浸透する事によって、お肌にハリと潤いを与えてくれます。その結果としてお肌を守ろうと過剰に分泌されていた皮脂が抑えられる効果が期待できるんですね。多くの化粧水でビタミンC誘導体を含むものが販売されていますので、購入する際の参考にしてみてくださいね。

皮脂が気になる時はティッシュオフ

仕事中などにだんだんと皮脂が分泌していつの間にか鼻の頭がテカテカなんて事、ありますよね。そんな場合にはティッシュによるオフがおすすめ。

その際のポイントは取り過ぎない事です。何度も書いていますが、皮脂はお肌を守ろうと分泌されている成分でもあります。そのため、完全に拭きとってしまいますと、お肌にとっては緊急事態。それを補おうとますます皮脂を分泌する事になってしまうんです。

ですので、ティッシュを優しくお肌にあてて、それで終了。それだけでも十分に皮脂を落とす事ができます。その際に決してこすったりしてはダメですよ。お肌に傷がつくと共に、更なる乾燥を招いてしまう事に繋がってしまいます。

自宅ケアや皮膚科で汚れを除去♪

​毛穴の汚れケア特集、如何でしたか?毛穴の汚れケアで最も大切な事は無理に角栓を取り除かないという事と、そもそもの角栓が出来てしまう前の細かなケア。そしてお肌をしっかりと保湿して、お肌の乾燥を防ぐこと。これをしっかりと守り、そもそも毛穴汚れができにくいお肌を目指してゆく事が最も大切な事ですよ。まずは自宅ケアや皮膚科で汚れを除去して、素肌美人を目指してゆきましょう♪