オリーブオイルで角栓除去は効果なし!2つの理由と正しい除去方法

オリーブオイルで角栓除去は効果なし!2つの理由と正しい除去方法

ちょっと前にネットを賑わせたオリーブオイルを使った角栓除去方法、実は効果が期待できないんです。その理由から、角栓の特性を理解したうえで試してほしい、正しい除去方法まで、一挙にご紹介しちゃいます。角栓でお悩みの方、是非ご覧ください。

オリーブオイルで角栓除去はNG!

鼻の頭にできるポツポツ、気になりますよね。しかも鏡を見るたびに嫌でも目に入るため、尚更です。そんな角栓を除去しようと、様々な情報が飛び交っています。その一つがオリーブオイルと綿棒を使って角栓を除去しようというもの。オリーブオイルで角栓を溶かしつつ、その滑りの良さでツルんと角栓が取れるはず……、なんですが上手くいっていないという人いませんか?実はそもそもの方法として、オリーブオイルで角栓を取ろうとする方法自体がナンセンスで、場合によっては余計な肌トラブルを引き起こしてしまう事だってあるんです。なぜオリーブオイルによる角栓除去がNGなのかから、その他の角栓除去のNG行為、そして角栓除去のためのテクニックまで角栓に関するアレコレについてご紹介しちゃいます。

オリーブオイルで角栓が取れない理由

角栓はタンパク質なので相性×

そもそも角栓って何?なんでできるの?

毛穴に溜まった黒いポツポツ汚れ、これってなんで出来るんだろうと考えた事って、皆さんありますよね。これは毛穴から分泌された皮脂にお肌の角質、お化粧やほこりなどの汚れが混じって毛穴に溜まってしまったものなんです。皮脂を含んでいるため、時間がたつにつれて、酸化して黒ずんできます。

そして一番のポイントは多くの角質を含んでいるため、ほぼタンパク質でできているというところ。そんな汚れがなんで毛穴の奥にたまってしまうのかと言いますと、一つはお肌の柔軟性が弱くなっているという事。柔軟性が弱いと毛穴の奥に溜まった汚れをうまく排出できず、ついついため込む事になってしまいます。

そしてもう一つの原因が皮脂の過剰な分泌。皮脂は粘り気が強いため、角質やほこりなどの汚れを吸着しやすいんです。皮脂か過剰に分泌される原因は複数ありますが、中でも多いのがお肌の乾燥によるもの。乾燥したお肌を外からのストレスから守ろうと、余計に分泌されるんです。

タンパク質はオイルに溶けない

角栓を構成している成分の多くはタンパク質です。これを除去しようとオリーブオイルを用いるわけですが、残念ながらタンパク質はオイルには溶けません。

お鍋にしいたオリーブオイルでお肉が溶けるシーンってみたことないですよね。ここがオリーブオイルを使った角栓除去の弱点なんです。もちろんオリーブオイルで滑りが良くなるため、角質がつるりと取れる事もありますが、そこには落とし穴も。続いてはその落とし穴についてみてゆきましょう。

不飽和遊離脂肪酸が増加する

さて、皆様、手にオリーブオイルが付いてしまった時、通常は手を洗いますよね。その時、スッキリ洗い流せていますか?石鹸を使って手をしっかりとあらったものの、なんだか手の表面はツルツルして、油が残っている感覚ってありますよね。

このようにオリーブオイルを洗い流すのって結構大変なんです。ましてや毛穴の中にオリーブオイルが入り込んでしまいますと、それを除去するのは大変です。オリーブオイルが毛穴の奥に溜まってしまいますと、不飽和遊離脂肪酸が増加してしまいます。これは毛穴の開きにつながると言われている成分。角栓を除去するつもりが、毛穴が開く原因となってしまったら、本末転倒です。

ホホバオイルでの除去方法はどう?

オリーブオイルと似たところでホホバオイルが気になっているという人も多いですよね。基本的にはオイルですので、角栓の主成分であるタンパク質を溶かす事はできません。ただし、ホホバオイルの多くはクレンジングなど化粧用途として販売されていますので、アイテムによってはオリーブオイルとは違った結果も期待できます。とは言え、使用後はオイルが毛穴に溜まらないよう、しっかりと洗い流す必要がありますよ。

実際にやってみた人の口コミ

余計に角栓ができる気がする

  • 余計に溜まるように……
    取れない。 角栓スティックでグイグイやってたら最近尋常じゃないくらい溜まるようになっちゃったよ。

    ママスタ

こちらの方は角栓除去のためにオリーブオイルと角栓スティックにて除去を試みたようですが、結果としては余計に角栓が出来やすくなったと感じているそう。あまりに毛穴をこすったりしてしまいますと、お肌を守ろうと余計に皮脂が分泌されてしまいます。その結果として余計に角栓が出来やすくなってしまったのかもしれませんね。

べたべたして気持ち悪い

  • べたべたします
    オリーブオイルだよね?私も綿棒二本使ってグイグイ押してみたけど、何にも変わらずベタベタするし一回でやめた。

    ママスタ

 当然と言えば当然なのですが、こちらの方はべたつきが気になって1回でやめたそうです。手に付いたオリーブオイルを落とすのも大変なのですから、ましてや毛穴の奥に入り込んだオリーブオイルを落とすのは大変な事なんです。また効果も実感できなかったようですね。

たいして角栓が取れない

  • 効果は実感できず
    効果ありましたか? 何度かやってると綺麗になるのかな? 主はあまり実感できません。 コツとかあれば聞きたいです。

    ママスタ

こちらの方のように、やっては見たけど、効果を実感できないというコメントを多く見かけます。もちろんお肌がツルツルになったというコメントもありますが、それは酷くない角栓がマッサージする事によって取れたというだけかもしれません。いずれにせよ、毛穴の奥にオイルが溜まってしまう危険がありますので、オリーブオイルをつかった角栓ケアはおすすめできません。

はるこ先生
ネット上には効果があったという意見もありますが、同様に効果を感じていないというコメントも多く見られるんですね。続いては、オリーブオイル以外の角栓ケアのNG例について見て行きましょう。どれもついついやりたくなる事ですので、注意が必要です。

オリーブオイルの他のNG行為

ピンセットで角栓除去をする

鏡の前に立ちますと、目の前には角栓。ついつい除去したくなりますよね。そこにピンセットや毛抜きなどがあればなおさら。けれどやりたい気持ちはぐっと抑えておく方がベター。無理に角栓を取り除きますと毛穴が傷つき、場合によってはクレーター状の毛穴になってしまう事だってあるんです。

また、そもそも角栓ができるような状態では、角栓だけを取り除いても、そこから回復には簡単に繋がってゆきません。あいた場所に新しい汚れが溜まって悪循環を繰り返す事になってしまいます。

爪での角栓の押し出し

コレもついついやりたくなってしまう事の一つですが、爪をつかって小鼻をぎゅーっと。これはピンセット以上におすすめできません。この方法ではお肌の表面を傷つけてしまい、乾燥やさらなる皮脂の分泌を招いてしまうと共に、爪についた雑菌が毛穴の中に侵入してニキビの原因になってしまう事だってあるんです。

またピンセットでの処理同様に、毛穴が開いてしまい、クレーター状の結果を招く事もあるんです。そうなってしまいますと、さらに毛穴の奥に汚れが溜まって……、悪循環の始まりになってしまいます。

毛穴パックを使用する

角栓を一網打尽にしてくれる必殺アイテム毛穴パック。これについてもピンセットや爪での処理同様に大きな問題があります。そもそも角栓を無理に引っ張り出しますと、毛穴の入り口を無理にこじ開ける事に繋がります。無理に開かれた毛穴はそう簡単に閉じる事はありません。ましていわんや、それが鼻全体に及ぶのですから、その衝撃たるや。

一網打尽にしてさっぱりしたいという気持ちはわかりますが、今後の毛穴ケアの事を考えるのであれば、そこはぐっと我慢する事をおすすめします。

オロナインパックをする

オリーブオイルを使った角質除去と同様に、ネット上で一世を風靡したのがオロナインパック。

オロナインと言えば家にありがちなので、ついついやりたくなる方法として流行ったのかもしれませんね。その方法はと言いますと、オロナインを鼻に塗ってしばらく放置、その後洗い流して毛穴パックを使用するというもの。

そもそも毛穴パックを使うという時点でおすすめはできかねるのですが、オロナインを使って皮脂を柔らかくしておくことによって、角栓に加えて、余計な角質まで取ろうというもの。この方法では毛穴に負担がかかるだけでなく、必要な角質までごっそりと持って行かれてしまいますので、お肌にとっては一大事。毛穴へのダメージに加えて、お肌の乾燥を招いてしまいます。

はるこ先生
どんな事でもそうなのですが、急激に物事を解決しようとしますと、その急激な変化によって、思わぬところに思わぬ事を招いてしまう事もあるんです。この場合では毛穴へのダメージですね。毛穴はいったん開いてしまいますと、それをもとに戻すのはかなりの努力が必要となってしまいます。角栓のケアは、毛穴に余計なダメージを与えないよう、正しい角栓除去方法を知る事が大切なんです。続いては角栓除去方法についてご紹介してゆきますね。

正しく角栓除去するやり方

ホットタオル + クレンジングで除去

角栓を除去したいという際に、急ぐ気持ちは分かりますが、とにかく焦りは禁物。無理に取ろうとして、毛穴を傷つけてしまいますと、毛穴が開きっぱなしになって、見た目も良くありませんし、ますます毛穴に汚れが溜まりやすくなるという悪循環を生じてしまいます。また開いてしまった毛穴を閉じるのにはお金も時間もかかる事になってしまうため、大変です。

それよりもゆっくりじっくりとした解決方法ではありますが、ホットタオル+クレンジングでの除去がやはりおすすめ。ホットタオルでお肌の表面を柔らかくして、毛穴の奥までクレンジングが届きやすいようにして、優しくマッサージするように毛穴に溜まった汚れをオフしてあげましょう。さらなる効果を得たい場合には酵素入りのクレンジングを使う事もおすすめ。そもそも角栓はタンパク質の塊ですので、酵素の力によって、それを溶かして、より効率的に角栓をオフする事が可能となります。

角栓を綺麗にするまでの頻度や回数

角栓除去に効果の高い酵素入りのクレンジングですが、効果があるからといって、毎回のように使ってはいけません。そもそもタンパク質を溶かす効果があるという事は、お肌そのものににも負担となるという事。お肌に負担がかかりますと、乾燥の原因にもなりますし、それをカバーしようと余計な皮脂の分泌に繋がってしまいます。それでは本末転倒ですよね。

酵素入りのクレンジングを用いるのであれば、週に1度ほど。クレンジング後はお肌が乾燥しやすいため、しっかりと保湿をする事もお忘れなく。それ以外の日には通常のクレンジングで毛穴の奥までキレイにしてあげましょう。こちらもお肌の乾燥を防ぐためにも、保湿効果のあるクレンジングを選んでおく方がベターですし、当然ながらクレンジング後の保湿も大切です。

これを続けているうちに、だんだんと角質が目立たなくなり、いつの間にか気にならなくなってくるはずです。どれくらいの時間がかかるかはその人の状況によって違ってきますので一概には言えませんが、とにかく焦らない事が将来のお肌の状態も踏まえて、一番の近道です。

生活改善で肌質から改善するのも大切

毛穴に溜まってしまった汚れ。そもそもはお肌のハリが失われてしまったり、皮脂が余分に分泌されるなどなど、お肌の状態に原因が隠されていることも。本質的な改善を目指すのであれば、生活を改善し、お肌の状態そのものを改善してあげる事もとっても重要なんです。

お肌の改善には生活スタイルの改善と食生活の改善の2つの方向からのアプローチが大切。お肌が回復するように、夜はしっかりと眠る。それだけでもお肌の調子は全然変わってきますし、朝は出来る限り決まった時間に起きる事を続けていると、生活リズムが整う事により、お腹のリズムも整って、腸もスッキリする事が期待できます。

そんな状態で、お野菜、お魚にお肉、炭水化物などなど、バランスの良い食事を続けていると、さらに調子も整ってきます。

食生活の改善という際、ビタミンCを摂らなきゃと、特定の成分に目が行きがちですが、それよりも大切なのはバランス。そもそもお腹の調子を整えるには食物繊維が欠かせませんし、発酵食品も欲しい所。またお肌をはじめ、身体のベースとなるのはタンパク質。タンパク質を効率よく摂取する為にはビタミン・ミネラルも欠かせません。脂質や糖質だってある程度は必要です。

このように、健康や美しさの為には多くの栄養素を必要とします。それらをバランス良く摂取するという事が何よりも大切なんです。さらには適度な運動をする事によって、代謝を上げれば、さらに肌質改善につながってゆきますよ。

角栓の特性を活かした除去をしよう

かつては流行したオリーブオイルを使った角質の除去、実は効果が見られないどころか、却って肌トラブルに繋がってしまう事だってあるんです。そんな状態を招かないためには角質の特性をきちんと理解し、それに沿った除去をする事が大切なんですね。

また、角質の除去をする場合には毛穴が開いてしまわないように、そっと行うのが基本の基本。すぐに解決したいという気持ちはわかりますが、焦りは禁物。毛穴は一度開いてしまうと閉じるのは大変ですよ。焦らずじっくりと取り組む事が大切です。

本質的な解決のためにはお肌そのものの調子を整えてあげる事も重要。簡単な事ではありませんが、生活リズムをきちんと整えて、食生活も見直すなど、できるところから取り組んでみてください。そうした細かな積み重ねこそ、きれいなお肌への最短距離かもしれませんよ。