秋の肌トラブルはスキンケアで解消♪夏が終わっても気を抜かないで!

秋の肌トラブルはスキンケアで解消♪夏が終わっても気を抜かないで!

夏や冬に比べて過ごしやすくなる季節の秋にも肌トラブルの危険がたくさんあるんです。夏のダメージを引きずったまま冬が来てしまうと、そのダメージはますます深刻なものに!秋の肌トラブルは秋のうちに解消しておきましょう!

秋には肌トラブルの危険がいっぱい

夏の紫外線ダメージが蓄積された秋の肌は「シミ・ソバカス」「くすみ」といったトラブルが起こりやすくなります。さらに、空気の乾燥が強くなると「かさつき」も気になります。早めにケアしておかなくては、冬の肌状態はますますひどくなってしまうかも!?

アッキー
これは、秋が終わる前にしっかりと夏のダメージを回復しておきたいですね!
はるこ先生
そうね!冬になるとさらに空気が乾燥してくるわ。そんなダメージが積み重なった春の肌状態を想像するだけでもおそろしい!さっそく秋の肌トラブル改善ポイントを見ていきましょう!

秋に肌トラブルが増える原因

はるこ先生
まずは秋の肌トラブルの原因をしっかり探っていきましょう!

夏に蓄積された肌ダメージの影響

夏は紫外線が強い季節。日焼け止めなどで対策していても夏は一年で一番日差しが強い日が多く、アスファルトの照り返しなど思った以上に紫外線を浴びてしまっているのです。

そんな紫外線をたっぷり浴びたお肌にはダメージもしっかり蓄積されています。紫外線は正常な肌細胞にダメージを与えるので保湿機能を低下させてしまいます。それによってお肌は乾燥しがちに。さらに、紫外線を浴びると肌ダメージを軽減しようとメラニンの生成が促進されます。つまり、それがシミやくすみの原因に。

「日焼け止めはもちろん、サングラスや帽子で紫外線対策は念入りにしていた!」という人も、SPF数値の高い日焼け止めを愛用し続けていたらやっぱりお肌はお疲れモードなんです。

もちろん紫外線をブロックしてくれるのでありがたいのですが、紫外線吸収剤など肌に負担となる成分が入っているものを使っていると、日焼け止めそのものによって肌がダメージを受けてしまいます。

気温の変化

季節の変わり目はその気温の変化に肌の状態も大きく左右されます。気温が下がってくると体が冷えて血行不良が起こり、肌の代謝リズムも低下していきます。

急激な寒暖差は自律神経の乱れも引き起こして、体全体の倦怠感も招き体にストレスがかかりやすくなってしまいます。季節変わり目に肌荒れだけでなく、体調を崩しやすいのもこうした気温の変化が原因です。

どうして冷えによって血液の巡りが悪くなると肌に悪影響なのかというと、血液は肌細胞に酸素や栄養も運んでくれますが血行不良になると酸素や栄養供給が滞ってしまうからです。すると肌細胞の機能が低下してしまうというわけです。

空気の乾燥

湿度の高かった夏場に比べてぐっと空気が乾燥する秋。肌はそんな乾いた空気に常に触れている状態なので当然、肌の水分が奪われやすくなりかさつきやゴワつきなど乾燥によるトラブルが引きおこりやすくなります。肌が乾燥すると、肌の水分を保つ機能が低下して肌のバリア機能が弱まります。バリア機能が低下した肌は外部刺激に弱くとても敏感になりがちです。

紫外線

夏場は日焼け止めなどを念入りに塗っているという人も多いかもしれませんが、秋にはつい紫外線ケアを忘れてしまっていませんか?

夏のきつい日差しから解放される秋は夏に比べて紫外線対策を油断しがちに。たしかに夏場に比べて降り注ぐ紫外線の量は季節が冬へと進むにつれて減っていきます。

しかし、紫外線は「減る」ことはあっても「なくなる」わけではないということは頭に置いておきましょう。

花粉

花粉と言えば春先のものというイメージがありますが、秋でも花粉は飛散しています。花粉というとスギ花粉が有名ですが、秋にはヨモギやブタクサなど背の低い植物から花粉が飛散します。

これらの花粉が肌に触れるとアレルギー反応などで肌が荒れる原因になるので、なるべくマスクや帽子で肌を覆うようにして、帰宅後は早めに洗顔をするなどしてできるだけ肌に花粉が付着している時間が短くなるように心がけましょう。

気のゆるみ

日差しの強い夏の間は、紫外線対策、美白ケアなど夏用のスキンケアを念入りにしていたという人も多いはず。それが、季節が移り替わり少しずつ日差しが柔らかくなってくるとなんとなくスキンケアもゆるくなってしまいがち。たしかに、紫外線の強さは多少弱まってきますがそれでも紫外線は紫外線。きちんとケアをしなくては、乾燥やシミ、くすみといったトラブルの元に。

アッキー
秋は乾燥する季節ですけど、紫外線や花粉にもまだまだ注意が必要なんですね。

はるこ先生
特に夏のダメージで弱ったお肌は敏感だから早めに正しいケアを取り入れたいわね。次は秋のスキンケアの方法を紹介するわよ!

秋のスキンケア方法【基本編】

はるこ先生
秋に気をつけたいスキンケアのポイントと、それに合わせたおすすめアイテムを紹介していきます!

 保湿ケアを重視

とにかく空気が乾燥しがちな秋は肌の保湿に最大のポイントを置きましょう。夏場にさっぱり系の基礎化粧品を愛用していた人は、しっとり系のラインに変えるなどスキンケアアイテム自体を見直すこともおすすめ。化粧水でしっかり肌に水分を与えることも大切ですが、美容液や乳液などで与えた水分を逃がさない工夫も必要です。

保湿成分として注目したいのはセラミド。表皮の角質層に存在している成分で、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質のひとつなんです。セラミドによって肌に潤いが満ちると肌のバリア機能がアップします。

エトヴォス モイスチャーライン

効果有効成分価格
・高保湿成分で潤いに満ちた肌に導く・ヒト型セラミド・リピジュア・ヒアルロン酸・モイスチャーライン3点セット……¥11,000(税抜)

化粧水、美容液、クリームのすべてにヒト型セラミドを配合。ヒト型セラミドは人の肌に存在するセラミド同様にラメラ構造をしているので、肌なじみが抜群です。しっかり浸透するので保湿力がアップ。他にも1gで6リットルの水を保持できるとされるヒアルロン酸や植物性プラセンタエキスで肌に潤いとハリを与えます。肌にやさしい低刺激処方なので、安心して使えるのも魅力です。


ご購入はこちらから

ラミューテ

効果有効成分価格
・3ステップで肌本来の機能を高める・セラミド ・スクワラン・ヒアルロン酸・ラミューテ美肌セット……¥13,680(税抜)

ローズ由来の天然のうるおい成分とセラミドやヒアルロン酸などによって肌の内部を潤いで満たしハリと弾力を生み出します。お手入れのたびにダマスクローズの優雅な香りに癒されるのも多くの女性に支持されるヒミツです。このダマスクローズの新規成分は女性ホルモンバランスにも働きかけて加齢による衰えなどにもアプローチ。パラベンやアルコールなど5つのフリーにこだわっているから敏感なお肌でも安心して使うことができます。

ご購入はこちらから

美白ケアも続行

夏に浴びた紫外線の影響が出始める秋。夏場と比べて弱くなっているとはいえ、秋も紫外線は降り注いでいます。浴びてしまった紫外線と、継続して降り注ぐ紫外線対策として日焼け&美白ケアは続けていきましょう。くすみやシミを防ぐためにビタミンC誘導体が配合されているスキンケアアイテムがおすすめです。

saeru

効果有効成分価格
炎症を抑えながら美白し肌機能を取り戻す・セラミド ・ビタミンC誘導体・アルブチン・トライアルセット……¥1,480(税込)

乾燥によってバリア機能が低下した肌は肌の内部で炎症を繰り返しメラニンを過剰生成するのでシミやくすみが定着してしまうのです。「saeru」は肌のバリア機能を高めて炎症を抑えて美白成分が効きやすい土台作りを目指します。敏感肌でも使えるほど肌に優しいのもうれしい。

ご購入はこちらから

シーボディ イデアアクト

効果有効成分価格
紫外線ケアとコラーゲンケアの両立・プラチナナノコロイド・ビタミンC誘導体・アルブチン・プラチナVCスターターセット……¥1,080(税込)

紫外線による目に見えているダメージ、さらに肌の奥に潜む透明感を阻害するプロセス自体に着目してそれらが表面化してしまう前に先手を打てるシリーズです。うるおい成分で肌全体にアプローチすることで本格的な透明感のあるお肌に導いてくれます。

  • これからもリピートすると思います
    44歳・女性
    もう5、6本使用しています。「劇的に変わった」というわけではないのですが、気がついたら大人ニキビも落ち着き、頬のニキビ跡(色素沈着)も気にならなくなっていました。敏感肌なので、無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフリー・石油系界面活性剤フリー・鉱物油フリーというのが何より安心して使用できます。顔のくすみも以前より気にならず、美容師さんにも肌の透明感を褒められました。

    @cosme

  • 肌がもちっとした
    50歳・女性
    シミが悩みで美容液を探していた時に、 プラチナVCセラムのトライアルを使い始めました。 トライアルは1週間で、シミが薄くなる事はなかったけど、 保湿効果も高くて気に入って 本品を購入しました。 とってもしっとりしているんだけど、 塗ってから少し経つと ベタつきもなくて、 肌がもちっとした感じになります。 肌のくすみ抜けは特に良くて、 半年ほど使っていたら、 頬に合った小さいシミは ほぼ分からないくらいになりました。

    @cosme

ご購入はこちらから

余分な角質をすっきりさせる

肌の古い角質は本来は自然に剥がれ落ちるものですが、ターンオーバーの乱れによって余分な角質が肌の残ってしまう場合も。古い角質は肌のくすみやごわつきの原因に。メイクのノリが悪いと感じる時も古い角質が邪魔をしているせいかもしれません。そこで、人工的に古い角質を剥がすスキンケアであるピーリングがおすすめ。新陳代謝を促して秋の肌トラブルを改善します。

トゥヴェール スキンピーリングローション

効果有効成分価格
不要な角質を落とす・グリコール酸・乳酸・アミノ酸・アロエベラ葉エキス・DOROwa どろあわわ定期コース初回……¥1,490(税抜)

角質を除去するWフルーツ酸が8.5%と高配合されています。肌に残った古い角質を優しく取り除くので次につけるスキンケアアイテムの美容成分の浸透率がアップ!肌に潤いを与えるアミノ酸や透明感を与える植物成分も配合されています。毛穴が気になる、ニキビができやすいという人には「ピーリング力高め」のタイプも選べます。

  • 手軽で良い
    28歳・女性
    前のより、新しくでたピーリング力強めタイプのほうがいいです。 肌がごわついてきたなと思ったら週に1度ほどコットンで拭き取りしてます。 直後はつるつる。 ピーリングをサボるとコメドや吹き出物が出やすいので、ピーリングは必須なのですが、洗顔泡タイプもありますが、こちらのほうが手軽で良いです。 トゥベールさんのほど強めのものはなかなかないので、これからもリピします。

    @cosme

  • 肌が柔らかくなる
    37歳・女性
    額のニキビと言うには小さく、ざらつきというには大きいニキビ?が気になったので 買ってみました。 グリコール酸なのでコットンでふき取ると多少ピリッと刺激を感じますが、 拭取った後、水で洗い流してから化粧水をつけていますし、刺激は拭取っているとき だけなので問題ありません。 これを使いはじめてからは、やはり不要な角質が落ちるせいか、肌が柔らかくなって ファンデーションのつきがいいです。

    @cosme

  ご購入はこちら

洗顔は優しく丁寧に

汚れをしっかり落とすことが洗顔の基本。ですが、秋は乾燥によって肌が敏感な状態に。そんなお肌をゴシゴシこするように洗うと余計にダメージを与えてしまいます。できるだけ肌に負担を掛けずに、洗顔料をたっぷりと泡立てて泡で洗うイメージで洗顔しましょう。

どろあわわ

効果有効成分価格
肌に優しく酸化皮脂や古い角質を落とす・マリンシルト・ベントナイト・DOROwa どろあわわ定期コース初回……¥1,490(税抜)

 マリンシルトとベントナイト、2つの天然泥が配合された洗顔料。濃密な泡が特徴です。天然泥が汚れを吸着するので力を入れずに汚れをオフ出来て、4種類の保湿成分によって肌のキメを整いながらしっとりと洗い上げます。泥洗顔市場5年連続売上NO.1に輝いていることが実力のある証拠です。

ご購入はこちら


秋のスキンケア【月別編】

はるこ先生
季節が進むのに合わせてどういったところに重点を置いてスキンケアをするべきか、ポイントをまとめてみました!

9月のスキンケア

住んでいる地域によって違いはありますが、9月に入ると日中の残暑は厳しくも朝晩は気温も涼しくなってくる頃です。そんな9月の肌は夏の疲れが最も現れやすい状態です。基本的に肌は個人差はありますが、28日~40日ほどの周期でターンオーバーを繰り返します。真夏に紫外線を浴びた肌のダメージがターンオーバーによって明るみになるのもこの頃。シミやそばかす、乾燥といった肌トラブルが出てくるので、美白ケアや保湿ケアを見直しましょう。また、朝が涼しく過ごせるようになると、紫外線対策まで油断しがちに。真夏のような日差しの強さはなくても、もちろん9月でも紫外線は降り注いでいます。紫外線対策もしっかり行いましょう。

10月のスキンケア

9月よりも朝晩の冷え込みが進んでくるこの時期は気温の変化に注意が必要です。暑かった夏から、気温差が激しくなってくるので自律神経が乱れがちになります。お肌だけでなく、体全体が不調に陥りやすくなるのもこの時期です。10月の肌は自律神経の乱れによって、皮脂の分泌が過剰になってニキビができたり、逆に水分不足になって乾燥による小じわなどが気になってきます。ストレスをためずゆったりと過ごして自律神経を整えるよう意識しましょう。丁寧な保湿ケアも忘れずに。

11月のスキンケア

秋も深まると外気の乾燥が進んできます。それに伴って肌の乾燥も進むので11月の肌はとにかく乾燥から守りましょう。保湿パックを定期的に取り入れるなど基礎化粧品で保湿ケアをするのはもちろんですが、加湿器を使って部屋の湿度を一定に保つようにする工夫も必要です。また、寒さによって血行不良が起こると内臓機能が低下して、その影響で肌トラブルが起きる場合も。できるだけ体が冷えないように温かい服装で過ごしましょう。

おまけ・12月のスキンケア

一年で一番気温が低くなる冬のお手入れは乾燥だけでなく、冷え対策をしっかりと。肌の乾燥によるターンオーバーの乱れで肌のキメが乱れ、さらに冷えによる血行不良で肌の活力が低下。まずは体を温めてあげることで全身の巡りが改善し、肌細胞にも活力が戻ります。保湿クリームを塗る時にマッサージしながらケアすると効果的。

より効果的なマッサージを知りたい人は銀座にある資生堂の様々な美容サービスが受けられる「SHISEIDO THE GINZA」で美容レッスンを受けてみるのも良いかも。

スキンケア以外で肌トラブルを防ぐ方法

アッキー
はるこ先生、スキンケア以外で肌トラブルを予防する方法にはどんなことがありますか?
はるこ先生
基本的には日頃の生活の仕方や食事内容を見直すことがポイントですよ!

体の冷え解消

体が冷えると体はまず内臓を守ろうとして、手足まで循環させていた血液の量を少なくして体の中心部に血液を集中させるようになります。すると全身の血液の巡りが滞り、血液が運ぶ酸素や栄養が肌細胞にまで十分行き届かなくなります。その結果、肌細胞が栄養不足になり、保湿機能やバリア機能が低下して肌荒れを引き起こすことに。そこで、なるべく体が冷えないような服装を心がけて、夜はゆっくり湯船につかるなどして体を温めましょう。血行が良くなると、肌細胞にもしっかり栄養や酸素が行き渡るようになります。

加湿器を使う

秋になると空気がどんどん乾燥します。保湿ケアをしっかりしているつもりでも、常に肌は乾いた空気にふれているので乾燥を防ぐことはできません。そこで、室内にいるときは部屋の湿度管理にも気をつけましょう。加湿器を使うと手軽に湿度管理ができます。空気が一定の水分を保っていれば肌を乾燥から守ることができます。

最近はアロマ機能のついた加湿器などもあるので、好きな香りでリラックスするのもお肌にとって良い作用があります。

食事内容に気をつける

肌荒れを防ぐにはビタミンAを積極的に摂取しましょう。ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあるので肌トラブルを防ぐのに役立ちます。

ビタミンAはレバーやうなぎに多く含まれています。

また、ビタミンAの一種であるβ-カロテンを含むニンジンやカボチャもおすすめ。美白に効果的なビタミンCや、便秘を解消する食物繊維も含まれていて優秀な食材なので意識して摂りいれたいですね。

冷え性が気になる人には生姜がおすすめ。身体を温める効果があるので、血流改善に役立ちますよ。

自律神経を整える

自律神経は交感神経と副交感神経から成っていて、人間が生きていくために欠かせない働きを担っています。体温の調節なども自律神経が行っていますが、夏から秋への季節の変わり目は気温の寒暖差によって自律神経が乱れがちに。自律神経が乱れると腸の働きが低下したり、血流が低下したりします。腸の働きが低下すると老廃物が体内に溜まるので、肌が荒れる原因となりますし、血流の低下も肌細胞の働きを低下させて肌荒れを引き起こします。

自律神経を整えるにはストレスをためずにリラックスすることが大切です。睡眠を十分とったり、ゆっくりと湯船につかったり好きな音楽を聞いたりすることで自律神経が整います。簡単なエクササイズなどを取り入れてリフレッシュするのも良いですね。

秋のうちにベストな肌を取り戻そう

夏のダメージが蓄積された秋のお肌のまま冬がきてしまうと、より厳しい乾燥によってお肌は深刻なダメージを受けてしまいます。ますます乾燥が強くなる冬を迎える前の秋のうちに、お肌をベストな状態に整えておきましょう!