肌荒れで赤みやかゆみがひどい?スキンケアを変えなきゃ悪化の危険!

肌荒れで赤みやかゆみがひどい?スキンケアを変えなきゃ悪化の危険!

しっかりケアしているのに肌荒れや赤みにかゆみがひどくなる一方!もしかするとそのスキンケア自体が間違っているのかもしれません。原因を知り、改善方法におすすめの化粧品を試してみて!きっと健康的な肌が戻ってくるはずです。

顔の肌荒れがケアするほどひどくなる…

赤みやかゆみを伴う肌荒れ。スキンケアをしっかりしてるつもりなのに、なぜか治らないし、かゆいからかいてしまって、一層赤みが広がってしまう……そんな繰り返しでイヤになる……。

その赤みの原因が乾燥や皮膚の薄さにあることは知っていましたか?

この記事では、そんな辛い肌荒れの時の対処法や改善方法を紹介していきます。

原因を知って、改善法をしっかり行えば、その肌荒れは良くなっていくことも期待できますよ。

頬が赤みにかゆみ、ヒリヒリも!どうして?

頬に赤みやかゆみが……まずは原因を知らないと対処もできません。こちらでは「乾燥」「皮膚の薄さ」に絞って原因を紹介します。

原因1:乾燥

皮膚の乾燥は赤みやかゆみの大きな原因のひとつです。潤いの保たれた肌は皮脂によりバリアが張られている状態で、外部からの侵入などをしっかりと防いでいます。

ですが、乾燥してしまっている肌は外部からの刺激をガードできずに、過剰に反応してしまい、かゆみの原因となるヒスタミンという物質を分泌してしまいます。

このかゆみ成分ヒスタミンは「かゆいから体を掻こう」と働きかけてくるのですが、掻いてしまうと皮膚を傷つけてしまい、さらにバリア機能を低下させるという悪循環に陥ってしまいます。

症状としては以下の項目が挙げられます。

  • かゆみ
  • ぶつぶつ
  • 赤み
はるこ先生
冬場なんか空気が乾燥しているから肌がかゆくなってしまうこと多いですよね。でもそれだけでなく、オフォスなどは空調でかなり乾燥している状態だから、肌もとっても乾燥していて、かゆくなることが多いのよ。

原因2:皮膚の薄さ

皮膚の薄さにもかゆみや赤みを帯びる原因があります。皮膚が薄い方もバリア機能が低下してしまい、ニキビや肌荒れ、外部刺激などで炎症を起こしやすいのです。

炎症の赤みだけでなく、紫外線などの外部刺激により体温を上げようとする働きがおき、毛細血管に必要以上の血流が流れることで赤みがおきる原因にもなるのです。

症状としては以下の項目が挙げられます。

  • チクチク・ぴりぴりする
  • 熱を帯びた赤み
  • かゆみ
はるこ先生
皮膚の薄さは生まれつきの場合もありますが、洗顔やスキンケアが原因で角質層の菲薄化(ひはくか)が進んだり、ビニール肌と呼ばれるキメがほとんどないような状態の肌になってしまうの。
アッキー
もちろん赤みやかゆみの原因が、乾燥や皮膚の薄さだけではありません。顔ダニや花粉や黄砂、アレルギー、更年期障害などでも症状が出ることが考えられます。
はるこ先生
アッキー、その通り!赤みやかゆみの原因は様々あるの。でも今回は女性に特に起こりやすい「乾燥」や「菲薄化」に焦点を当てて、お話していこうと思うの。

肌の乾燥や菲薄化が進む原因

では肌の乾燥や菲薄化はどのように進むのでしょうか。大きく「スキンケア」「加齢」この2つが原因と言われています。

スキンケア

スキンケアはしっかりしてる!という人でも乾燥していたり、菲薄化している原因となっていることがあります。本来、肌を健康を維持していくためのスキンケアがなぜ乾燥や菲薄化を進める原因になっているかを説明していきます。

肌が潤いを保っていられるのは、皮脂・皮脂膜、角層の細胞内にあるNMF(天然保湿因子)、細胞間脂質(セラミドやコレステロール)の3つが水分をバランスよく保っていることで成り立ちます。

間違ったスキンケアを行っていると、角質層を知らず知らずに傷つけてしまい、角質層が持つバリア機能を壊してしまい、乾燥肌になったり、菲薄化が進んでしまうのです。

例えば、以下のようなスキンケアに心当たりはありませんか?

  • 洗顔やクレンジングの時、ゴシゴシ洗う
  • 1日何回も洗顔をする
  • ピーリングを頻繁に行う
  • ふき取りのクレンジングや化粧水を頻繁に使用する
  • 化粧水を使用するときに、手でパチパチとパッティングをする
  • クリームや日焼け止めを塗りこんでつける
アッキー
誰しもがやってしまいがちなことばかりですよね。化粧水をパッティングしたり、クリームを塗りこんだり……
はるこ先生
そうなの。実は一昔前のスキンケア法では当たり前だったことまで、肌には刺激が強すぎてよくないと言われているのよ。特に洗顔の回数が多い人は要注意!乾燥肌を加速させてしまう恐れもあるわ!

加齢

年齢を重ねることで、肌の状態が変わってきているなと実感している方、それは皮膚が薄くなってきている「菲薄化」という現象かもしれません。

年齢とともに女性ホルモンが減少していきますが、それに伴い真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが減少していきます。

肌の弾力を失い、肌の細胞を作り出す力も減ってきてしまうので、皮膚自体も薄くなってきてしまいます。それが菲薄化です。

赤くてかゆいお肌の改善方法

お肌の赤みやかゆみの原因が見えてきましたね。では実際どう改善していけばいいか、具体的に見ていきましょう。

これからご紹介する改善方法は、予防法にもなります。正しく身に着けて健康的な肌を目指しましょう。

クレンジングや洗顔を見直す

赤みのある肌やかゆい肌にさらに刺激になりかねないクレンジングや洗顔。まずはこちらを1番に見直してみる必要があります。

正しいクレンジング法

まずはクレンジング。オイルタイプやシートタイプは刺激が強いので使用はおすすめできません。水性ジェルタイプやミルクタイプは比較的刺激が弱めなのでこちらを使用してください。ゴシゴシこすらず、1分程度で終わらせるようにしましょう。

赤みやかゆみの時のしっかりメイク。強めのクレンジングは使っちゃダメ?

肌の状態が良くない時に、刺激が強いクレンジングじゃないと落ちないようなメイクはご法度です。よけい悪化させてしまいます。肌の調子が良くなるまで、メイクを控えるか肌に負担をかけない程度にしましょう。

正しい洗顔法

正しい洗顔を行ってる人はなかなかいないようです。健康的な肌、美しい肌を目指すにはまず洗顔から!しっかりと覚えておきましょう。

  1. まずは手を洗い、手の雑菌を落とします。
  2. 32~34度くらいのぬるま湯でしっかりと予洗いします。
  3. 洗顔料をしっかりと泡立てます。クッションのような泡で手と肌との摩擦を減らします。
  4. Tゾーンから泡を乗せ、洗い始めます。鼻は指の腹でクルクル円をかくように。
  5. 次に頬。泡を乗せる程度でOKです。
  6. 最後に目と口を洗います。
  7. ゆすぎは手のひらに貯めたぬるま湯に、顔をつけるようにしてゆすぎます。こめかみや髪の生え際、あごはすすぎ残しが多いので注意!
  8. 清潔で柔らかいタオルを押し当てるように水分を取ります。
はるこ先生
洗顔は朝晩の1日2回程度にしておきましょう。洗いすぎは一層乾燥肌になってしまうので、乾燥していると感じた場合は朝は洗顔料なしで、ぬるま湯だけでもOKですよ。

保湿をしっかり行う

保湿は大事!というのは様々なサイトなどで必ず書かれてることでしょう。しっかりと保湿してる!という人も、もしかすると間違った保湿をしているかもしれません。次のうち、心当たりはありませんか?

  • 化粧水はしっかりパッティング
  • 1回でたっぷりの化粧水を使っている
  • クリームはたっぷり塗って保湿
  • テカりが苦手で化粧水だけで保湿している
  • お気に入りの化粧品をずっと使い続けている

「え!?ダメなの?!」と思った人も多いかもしれません。これらは保湿のNG行為。パッティングは肌への刺激となりますし、使用量を越える化粧水は浸透しきれません。乾燥している肌にたっぷりのクリームは保湿効果が出ませんし、テカりの原因が乾燥の場合は、クリームの使用が不可欠です。

年齢で肌の状態が変わってきているのに、ずっと同じ化粧品は合ってないかもしれません。年齢に合った化粧品選びが必要です。

これらを踏まえて、正しい保湿法を見ていきましょう。

  1. 洗顔後、すばやく化粧水を押し当てるように付けます。
  2. 乾燥が気になる場合は美容液を付けます。
  3. 乳液もしくはクリームで潤った肌に薄く蓋をします。

特に保湿におすすめなのが、セラミド配合の化粧品。セラミドは水には溶けませんので、化粧水ではなくセラミド配合のクリームか美容液を選びましょう。

夜のスキンケアの際に使用するだけでも効果がありますが、朝に美容液をサッと塗れば肌のバリア機能をより高めてくれますよ。

角質ケアをお休みする

肌を綺麗に見せたくて、ピーリングなどの角質ケアを定期的に行っている人も多いかもしれません。ですが、結果から言うと赤みやかゆみが出ているような肌の状態で角質ケアはだめ!

乾燥や菲薄化で角質層のバリア機能が弱っている状態で、ピーリングを行ってしまうとさらに悪化してしまいます。しっかりと肌を改善し、その後気になるようであれば、角質ケアを再開してください。

生活習慣を改善する

食事でサポートする

肌荒れは生活習慣の乱れからくることも多いです。外食やコンビニなどのお弁当ばかりで、栄養バランスが崩れているのであれば、食事面を解消しましょう。

おすすめの栄養素はビタミンA、C、Eです。

栄養素効果食材
ビタミンA肌の新陳代謝を促進
ターンオーバーを正常に整える
うなぎ、鶏レバー、ニンジン、かぼちゃ、ほうれん草、牛レバー
ビタミンCコラーゲンやエラスチンの生成を助ける
活性酸素を除去
免疫機能を高める
ブロッコリー、キャベツ、ピーマン、レモン、キウイ、グレープフルーツ
ビタミンEバリア機能の向上
抗酸化作用
血行促進
モロヘイヤ、卵黄、かぼちゃ、ピーマン、ナッツ類、魚類
はるこ先生
栄養バランスは偏っても意味がありません。基本はバランスよく摂取し、上記のビタミンを積極的に摂る事でより効果が見えやすくなりますよ。もし摂るのが難しいようであれば、サプリを摂取してみてはいかがですか?

刺激物は避ける

肌によくない食べ物はどのようなものでしょうか。ルコールや香辛料、カフェインは胃腸に負担をかけてしまい、その結果肌荒れを起こしてしまうことがあります。

また、甘い物や脂っこい物も油分や添加物、砂糖など、肌にいいとは言えません。あまり摂りすぎないようにしましょう。

タバコも血行を悪くしてしまうので、美肌には大敵ですよ。もし可能なら禁煙をおすすめします。

睡眠はしっかりとる

睡眠不足が肌に良くないというのはもう常識ですよね。睡眠不足になってしまうと、自律神経の交感神経が優位な状態となり、男性ホルモンが分泌されやすくなります。

その結果、肌バリア機能が正常に作動しなくなり、肌荒れやニキビが起きてしまうのです。

じゃあ、睡眠は長く取ればとるほどいいの??

いいえ、長いことよりも「質がいい睡眠」をとることが大事なんです。
夜10時~深夜2時までは肌のゴールデンタイムとも呼ばれており、ターンオーバーが活性化される時間帯です。さらに新陳代謝が一番良いとされるのが、入眠から3~4時間ですので、夜11時ころ寝始めるとゴールデンタイムに質のいい睡眠を取ることができるのです。

ストレスは溜めない

ストレスとは切っても切れない現代。ではストレスは肌にどのような影響を与えるのでしょうか。

ストレスを感じると肌は、免疫力が落ちてしまい、外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。その結果、肌が炎症を起こしやすくなり、赤みを帯びたり、かゆみを感じてしまうのです。

なんでもいいので、ストレスを解消できることを1つや2つ持っておきましょう。ウォーキングやストレッチなどの軽い運動や、映画を見て泣いてみるのもいいです。あなたに合ったストレス発散を見つけてくださいね。

【注意】重度な肌荒れの場合

保湿成分が含まれているからといって、何でもいいわけではありません。食品と同じように、どのような成分が使用されているかをチェックすることが大事。

使用されている成分の中に、界面活性剤や防腐剤、着色料、香料などの肌に刺激が強い物が含まれていると、バリア機能の弱った肌に入り込み、さらに悪化してしまう恐れがあります。

あまりに肌荒れがひどい場合は、ぬるま湯のみで洗顔し、低刺激・ノンケミカルでセラミドなど保湿成分の入ったものの中でも、水溶性成分の入った化粧水で保湿しましょう。純度の高い白色ワセリンを少量手で温め、柔らかくしてから肌に薄く塗ると最低限の肌の保護ができます。

はるこ先生
重度の肌荒れの場合は、化粧品の成分も慎重に選ぶ必要があるわね。そして、速やかに皮膚科を受診し、医師の診察を受けることをおすすめするわ。肌荒れくらいで……なんて思わずにね。

赤みとかゆみを伴う肌荒れにおすすめな化粧品4選

では実際にどのような化粧品を選べばよいのか、赤みやかゆみを持つ肌荒れにおすすめの化粧品を4つご紹介します。

セラミド配合の化粧品3選

アナヤス

敏感肌用に作られたとろみのあるアナヤスの高保湿のローション。肌になじみやすく、浸透していくのもとても早いです。香料や着色料無添加。

ラインナップはローション125ml5,400円(税込)、エッセンス36g8,100円(税込)、クリーム30g5,940円(税込)、アイクリーム15g5,400円(税込)です。それぞれ約1か月半使用することができます。公式サイトだと定期購入があり、ローションは通常5,400円(税込)ですが、定期購入で10%OFFの4,860円(税込)で購入することができます。

使用後はリフィルもあるので、エコでさらにお得に購入することができます。

試してみたいという方のために、10日間使えるトライアルセットも用意されています。お試し価格で1,480円(税込)で購入することができますので、まずはお試しください。

  • 敏感肌でもトラブルなし
    5/5
    33歳
    乾燥がひどい時に、何かいいものがないかと探していてたどり着いたもので、使い心地は少しとろみのある液で、刺激は全くなく敏感肌の私でもトラブルは出ませんでした。

    @cosme

  • 今まで使っていた敏感肌化粧品とは全く違った
    5/5
    43歳
    エアコンの効いた場所の長い時間いても、乾燥を感じなくなりました。肌にハリも感じるようになって、使ってみて本当に良かったと思えるスキンケアです。

    アナヤスクチコミ

はるこ先生
高保湿だけでなく、約1か月半使えるならこのお値段でも納得いくわよね。使い続けるならリフィルがあるのも嬉しいわね。

アナヤスはこちらをチェック

ノブⅢ

臨床皮膚医学に基づいて作られたノブの中でも、乾燥肌・敏感肌・低刺激のためのラインナップ「ノブⅢ」。

刺激のある成分を極力排除し、精製度の高い成分で作られているだけでなく、肌のバリア機能と同じ構造にすることで浸透性を高め、高い保湿性と美肌効果が期待できます。

ラインナップはクレンジングクリーム・ウォッシャブルクリームは各120g3,780円(税込)、ローションはしっとりタイプとさっぱりタイプがあり、120ml4,320円(税込)、美容液バリアコンセントレイトは30g5,400円(税込)、ミルキィローション80ml4,320円(税込)、モイスチュアクリーム45g4,860円(税込)です。公式サイトなら1品からでも送料無料で購入することができますよ。

  • しっとり
    5/5
    つけた瞬間は少しべたつくような感じなのですがなじんでいくと問題ないです。乾燥と肌のキメの粗さに悩んでいたのですが、キメが整ってきたように感じます。

    NOV

  • 1本使い切りました
    5/5
    39歳
    1-2週間使用して肌荒れが改善してきたので、他の化粧水に変えるとまた少し肌荒れ(赤味)がでてしまい、こちらの化粧水に戻すと治まるという感じでした。

    @cosme

はるこ先生
潤いを与えるだけじゃなく、改善を期待できそうで使ってみる価値あるわよね。

ノブⅢはこちらをチェック

 エトヴォス モイスチャーライン

5種のヒト型セラミド配合で、肌の保水力に焦点を置いたエトヴォス。界面活性剤やシリコン、パラペンなど肌に負担となる成分は不使用で超敏感肌の方にもおすすめ。

細胞接着装置である「タイトジャンクション」の形成を助ける高保湿成分「POs-ca」を配合し、トラブル肌を改善に導きます。

ラインナップはモイスチャライジングローション150ml3,456円(税込)、モイスチャライジングセラム50ml4,320円(税込)、モイスチャライジングクリーム30g4,104円(税込)。

公式サイトでローションだと通常価格3,456円(税込)のところ、定期コースで10%OFFの3,110円で購入することができます。送料も無料になり、お届けサイクルもご自身で決めることができるので便利でお得です。

  • もっちりふっくら肌に
    5/5
    20代
    モイスチャライジングセラムと共に購入しました。 保湿力が高いので、使い続けるともっちりふっくら肌になれました。 無くなったらまたリピします!

    ETVOS

  • しっとり感が嬉しいです
    5/5
    58歳
    ローションはぐんぐん浸透してしっかり潤ってくれました。 モイスチャーライジングセラムは美容液とクリームの間のようなテクスチャーで伸びがよくよくなじみべとつきません。 とても気持ちよい使い心地です。

    @cosme

はるこ先生
5種のセラミド配合となると、潤いにも期待が持てるわよね。定期コースのサイクルを自分で決めれるのもポイント高いわ。

エトヴォスはこちらをチェック

超敏感肌に使える化粧水

白漢 しろ彩

菲薄化した肌の毛細血管の広がりにアプローチする和漢化粧水。約1か月使用して、赤ら顔が86%もの人が軽減したと実感。超敏感肌の人にも使用できるように無添加にこだわり、さらに1本使い切っても30日間の返金保証までついています。

通常6,048円(税込)のところ、公式サイトで定期購入されると20%OFFで送料無料の4,838円(税込)で購入することができます。

  • これ以外考えられません
    5/5
    35歳
    使って2ヶ月位ですが赤みはだいぶ引きました。今までこんなに目に見えて赤みが引く化粧品には出会わなかったので嬉しくリピしてます。

    @cosme

  • 買ってよかった
    5/5
    めちゃめちゃ潤います。 そして使い始めてすぐに赤みがひいてきているのが分かりました! 使用しはじめて1ヶ月弱、最初に比べたら赤みへの効果は少し停滞してますが、このまま使い続けてみようと思います!

    amazon

はるこ先生
毛細血管の広がりに着目した赤ら顔のための化粧水。大学病院の皮膚科で臨床試験が行われているので、安全性も高いわよね。

白漢しろ彩はこちらをチェック

おすすめ度数を表にしてみたので比較の参考にしてください。

商品名保湿度低刺激度使い心地価格おすすめ度
アヤナス
ノブⅢ
エトヴォス
白漢しろ彩
はるこ先生
使い心地は個人差があるので、評価しにくいけど、使い続けることを考えると値段も関係するわよね。
どれも低刺激だから、トラブルは出にくいんじゃないかしら……まずは使ってみて自分の肌で確かめてみて。

顔がかゆい時の対処法

スキンケアなどで改善をしていても、今かゆい!という時がありますよね。そのようなときの対処法を紹介します。

基本は保湿で対処

乾燥が原因でかゆくなっているので、まめに保湿をすることが基本です。保湿をすることで、バリア機能を一時的に回復することができ、かゆみを軽減することができます。

肌の状態によって、より効果を発揮する保湿成分を紹介します。

肌の表面が乾燥しているような軽度だと、表面をコーティングするワセリンがおすすめ。さらに各層に作用するのがセラミドや尿素です。それでも繰り返してしまうしつこい乾燥肌にはヘパリン類似物質という成分を処方されるのが皮膚科では一般的になってきています。

ヘパリン類似物質は赤ちゃんから使用することができ、全身どこでも使用することができます。これらの成分の保湿剤を選びましょう。

もちろん掻くのは厳禁!掻いてしまうと、皮膚を傷つけてしまい、さらにかゆみを引き起こすヒスタミンを分泌させてしまいます。掻くと気持ちいいからと、掻いてしまうのは悪循環を引き起こしてしまいます。

冷やす

体温が上がると強くかゆみを感じやすくなります。塗れたタオルや保冷パックなどでかゆい部分を冷やすとかゆみが抑えられますよ。

出先などだと、濡れたタオルが用意できない場合もありますよね。そういう場合は、冷たい飲み物を買って、ハンカチなどでくるんで顔に当てるのもいいでしょう。

最終手段は薬

保湿したり、冷やしたりするけどやっぱりかゆい!というときには、やはり薬を使うのがいいでしょう。

かゆみに効く成分としては、ステロイド・非ステロイド(炎症を抑える)や、抗ヒスタミン(かゆみを引き起こすヒスタミンを抑える)が有効です。

市販薬でおすすめ

キュアレア(小林製薬) 

赤ちゃんにも使うことができる弱酸性非ステロイドのクリームです。目の周りにも使えるほど優しい処方で、かゆみを抑えてくれます。第二類医薬品です。

IHADA(資生堂)

こちらも非ステロイドで肌に優しく、しっかりとかゆみに作用します。クリームタイプや乳液、エッセンスタイプ、スプレータイプと色々なタイプがあるので、好みで選べますし、持ち運びにも便利です。第二類医薬品です。

医師から処方される代表的な薬

ロコイド軟膏

炎症を抑えるステロイドの薬ですが、5段階あるステロイドの中で4番目のやや弱いタイプなので、赤ちゃんにも処方されます。かゆみ止めではないので、塗る回数は医師の指導のもと正しく使用しましょう。

キンダベート軟膏

こちらも4番目のやや弱いタイプのステロイド。ロコイドと同じく赤ちゃんや子供も使用が可能です。ロコイドとの大きな違いは特になく、製薬会社の違いと思ってよいでしょう。

はるこ先生
ステロイドは長期で使用すると副作用が心配になるわよね。でも炎症が強い時にはとっても効果的よ。医師の処方に従って、使用することが大切ね。
アッキー
副作用はやっぱり心配になる人が多いですよね。例えばどのようなことが考えられますか?
はるこ先生
例えば、ツルツルなビニール肌の人は入念なスキンケアが原因で起こるの。なので、保湿をメインとする薬を塗っても、効果が出ないことがあるの。角質をさらに落としてしまうことも……
ビニール肌の人はまずはターンオーバーを正常にすることが先決よ。

【乾燥以外】赤み・かゆみの原因3つ

乾燥以外にも顔に赤みやかゆみになる原因があります。代表的な3つをご紹介します。

アレルギー

アレルギーと一言でいっても、ダニやハウスダスト、化粧品の成分、動物の毛、紫外線など数多くあります。もしアレルギーが原因なのであれば、医師の診断を仰ぎ、何が原因のアレルギーなのかの特定をすることが先決です。

対処法もそれぞれ異なってきますので、医師の指示に従いましょう。

ストレス

色々な原因を探っていても改善が見られない、皮膚科を受診しても薬が効かない場合は、もしかするとストレスが原因かもしれません。

仕事や人間関係などで大きなストレスがないかご自身を振り返ってみて、うまく解消できないようであれば、心療内科を受診してみてもよいかもしれません。

病気

まれに「顔がかゆい病気」にかかっていることがあるので長引いている場合は注意が必要です。

脂漏性皮膚炎といい、カビの一種が原因で、顔や頭にかゆみや炎症が起きます。Tゾーンや小鼻などにできやすいのが特徴。慢性化してしまう恐れもあるので、セルフケアで良くならない場合は、皮膚科を受診し、きちんと治療しましょう。

保湿重視で辛い肌荒れを治そう

なかなか原因がわかりにくい肌荒れ、赤み、かゆみ。まずは自分の肌の状態を確認して、ひどいようなら迷わず医師に相談しましょう。それと平行してスキンケアや生活習慣を見直すことが大事です。

状態が一時的に良くなっても原因が取り除けられなければ、また肌荒れを繰り返してしまいます。保湿重視で健やかな肌を取り戻しましょう!