あかぎれを治す方法は?自宅7選&皮膚科2選!痛い場合の対処法も

あかぎれを治す方法は?自宅7選&皮膚科2選!痛い場合の対処法も

あかぎれでお悩みの人はいませんか?水仕事が多い人や乾燥しやすい時期にさしかかると、あかぎれができて、なかなか治らなくて困っているという人も多いことでしょう。そんな人のためにも、効果的な薬や治し方などについて一緒に考えてみましょう。

手の甲や指のあかぎれを治したい!

手にあかぎれがよくできてしまう……という悩みを持っている人はいませんか。あかぎれってぱっくり割れたりして痛いですし、繰り返しできてしまったりして厄介ですよね。手は特に目につく場所ですし、炎症が起きているのを見るだけでテンションが下がってしまいますよね。しかし、適切な保湿や工夫、薬などでそんな悩みが吹っ飛ぶかもしれませんよ。一緒にあかぎれについて知って、肌を強く健康に保ち、あかぎれに悩まされない肌を目指しましょう。

あかぎれの自宅での治し方7選

あかぎれの原因は、気温の低下による血行不順や乾燥などによって、本来肌を保護している肌の皮脂膜がそぎ落とされ、乾燥した状態となり、肌のバリア機能が低下したところに刺激を受けることにより起こる炎症です。そんなあかぎれは、なかなか改善しずらく、赤くなったり、割れたりと痛みをともなうものです。早く治すためにはどうすればよいのか見ていきましょう。

あかぎれ用の塗り薬を使う

ヒビケア

血行不順により手先の細胞に栄養が通わなくなり、細胞が元気をなくし、修復できない状態を繰り返すことにより、あかぎれはできてしまい、繰り返しできてしまいます。このヒビケアは、乾燥して手指がぱっくりと割れてしまうとか、ささくれ割れ、繰り返すあかぎれなどに効果的です。

ヒビケアを塗ることにより肌の新陳代謝を促して肌細胞を活性化させます。そのことにより、傷ついた肌が修復され、しっかりと治癒し、繰り返しなりやすいあかぎれなどを再発しない強い肌へと導きます。触り心地はべたべたせず、傷があって痛みがある患部でもしみないです。優しく患部を刺激しないようにマッサージしながら塗りましょう。

☆有効成分

アラントイン…割れた皮膚に直接働きかけ修復させます

パンテノール…肌細胞を元気にさせます

トコフェロール酢酸エステル…血行を促進して、あかぎれを治癒させます

ジフェンヒドラミン…かゆみを抑えます

グリセリン…保湿成分の一つで、肌に潤いを与えます

株式会社池田模範堂 ヒビケア ¥1,060

  • パックリ割れが治った!
    33歳 女性
    乾燥の季節が過ぎても、パックリ割れが良くならず (ハンドクリームを使用しても効果がなく)、これはいい加減に何とかしなければ!とドラッグストアにて購入しました。 パックリ割れの痛みとその周辺にかゆみがあったので、1日に数回、まめに塗ったところ、1~2日で症状が改善されました。皮膚はまだ荒れていますが、パックリ割れの痛みはなくなりました。 ハンドクリームでなんとかしようとせず (値段が高めなので買うのを躊躇していました ^^;) 初めからこれを買っていればよかったと後悔です。常備して置きたいモノの1つとなりました!

    アットコスメ

  • 治りが良い
    20歳 女性
    手荒れがひどくて購入しました。 寝る前に塗っていて、手のかさつきやぱっくりわれがすぐに治ります。 ベタつかないサラッとしたテクスチャーで伸びがいいです。 類似品のも試してみましたがやっぱりヒビケアが一番治りがいいです。

    アットコスメ

ぱっくりと割れたあかぎれが治ったとか、治りが早いといった即効性を感じる人もいるようです。痛いのが早く治るのであれば嬉しいですよね。

ケラチナミンコーワ

硬くなった皮膚を柔らかくして潤いを保つクリームです。ケラチナミンコーワの成分の一つである尿素が、肌の皮膚に浸透し、肌にある水分を閉じ込め、みずみずしさを維持させる効果があります。また、尿素には、肌を滑らかにする効果もあり、傷ついた皮膚を正常な状態に導きます。

水仕事で手がガサガサするのに困っている人、肘・ひざ・くるぶしなどが黒ずんでいる人、かかとが硬くなっている人におすすめです。肌に浸透するように優しくマッサージするように塗りましょう。

☆有効成分

尿素…20g配合されています。皮膚に浸透し、しっとりと滑らかな肌を実現します

興和株式会社 ケラチナミンコーワ ¥1,354

  • しっとりします
    25歳 女性
    これ最強です。 年中手荒れとガサガサかかとで、パッケージが可愛らしい女子力たっぷりのハンドクリームなんか、まるで効果なしな私。 これだけは2日も塗り続ければ、ガサガサが落ち着いてしっとりしてきます。 パケがちょっと ババくさいのがたまにキズです(笑)

    アットコスメ

  • 1年中使っています
    48歳 女性
    0gの特大サイズがお安くなっていたので購入しました。 尿素20%の威力はすごいです。固くなった甘皮やささくれもしっとり。 香りもなく、べたつき・ぬるつきもも少ないので一日に何度も使っています。 おしゃれなハンドクリームは携帯用にして、家ではもっぱらこちらのお世話になっています。

    アットコスメ

しっとりとしていて保湿されている感じがしっかりとするという人が多くいました。べたつかず、使い心地も良いとの事ですので、重宝しそうです。

ヒビエイド

繰り返すヒビやあかぎれの症状にヒビエイドを使用すると、患部を修復するだけでなく、繰り返さない様に丈夫な肌へと導いてくれます。また、肌の乾燥や角化を防ぎ、あかぎれなどを修復します。水仕事の多い人や、冬などになると乾燥がひどくなりあかぎれを繰り返してしまう人におすすめです。

☆有効成分

アラントイン・パンテノール…割れた皮膚に働きかけ修復させます

グリチルレチン酸…痛みの炎症を抑えます

ビタミンE…血行促進し、肌のターンオーバーを促進させます

グリセリン…保湿成分で、肌の角質層の水分を補い肌の角化を防ぎます

興和株式会社 ヒビエイド ¥1,195

  • ガードしてくれる
    40代 女性
    あかぎれが酷く沢山できてしまい、家事をするのが辛かったため購入しました。あかぎれ箇所に塗るとガードしてくれて治りもとても早かったので、もう手離せません。

    本音と口コミ

  • 良くなってきました
    50歳 女性
    家事で水を使っていると手荒れが酷いので改善したくて使っています。まだ完全には治ってませんが、ひびが出来ていた部分が少しずつ良くなってきました。手荒れが治るまで使いつづけます。

    本音と口コミ

痛い患部をうまくガードしてくれるとのことで、水仕事をしている人にも使いやすいとの声が聞けました。

オロナイン

オロナインは万能な軟膏で、ひび・あかぎれ・しもやけ・切り傷・擦り傷・にきび・水虫・やけどなどに効果があります。

あかぎれは、空気が乾燥したり、寒い時に起こりやすく、皮脂分泌や発汗が少ない手の皮膚にできるものです。予防には血行を良くすることと保湿が大切で、マッサージしたり、結句を良くする成分のビタミンEの補給が有効です。また、洗剤などは皮脂を取りずぎてしまい乾燥させてしまう原因となるため、保湿し、手袋を付けるなどして肌を守るといった工夫も必要です。

オロナインの使い方は、直接指先にとって患部に塗るか、患部の状態に応じてガーゼや脱脂綿などに塗って使用します。副作用などが懸念されるため、湿疹・ただれ・かぶれ・化粧下地・虫刺されには使用せず、なにか分からないことがある場合は医師に相談してください。

☆有効成分

クロルヘキシジングルコン酸塩液

大正製薬 オロナイン ¥538

  • 乾燥にも効きます
    34歳 女性
    ペットが居るので常に傷だらけ、仕事のせいでケガも良くするし、たまにニキビもできるので常備しています。 冬には寝る前に、乾燥で粉をふいた手にも塗ります! 気に入ってる点は、ケガやペットの爪でホリホリされてヒリヒリしている時に塗ってもしみないところです。 痛くないのですりこむように塗れます。

    アットコスメ

  • 万能薬です
    36歳 女性
    小さい頃から実家に常備薬として家にあったので 大人になってからもなんとなく家に置いています。 主にすり傷やあかぎれ、靴ずれなんかに使っていました。 脱毛サロンを経営している知り合いから 毛嚢炎に効くと聞いたので、最近では主にそれ用に使っています。 私は昔からデリケートゾーンに出来てしまうことが多く 自分で「こんなところにもニキビが~。」と 悲しんでましたが、 どうやらニキビと毛嚢炎は違うみたいです。 ニキビ=ニキビの芯(角栓)が毛穴に存在してアクネ菌という細菌による炎症。 毛嚢炎=ニキビの芯がない状態でブドウ球菌という細菌による炎症。 だそうです。 オロナインの公式サイトでは、ニキビにも勧めているので どちらか分からない場合でも 自己責任で使っています。 お風呂上りなどの肌が清潔な状態で ほんの少し塗っています。 生理中のムレや、脱毛による傷口からの感染、 免疫力の低下などが原因により、炎症が起きるみたいで 1ヶ月に1回は毛嚢炎が出来ちゃいます。 脱毛はしていないから、ムレや免疫力低下のせいだと思っています。 白ニキビみたいに膿が出て、痛くて困っていたのですが オロナインを定期的に塗るようになって 小さいニキビみたいな状態からは悪化しないようになりました。 塗り続けていると無くなるようになったので 効いてるんだなーと思ってます。 デリケートな部分なので、使用の際は自己責任でお願いします。 毛嚢炎に使うようになってから 生理前に出来る、顎周りのニキビにも使用しています。 お風呂上りに塗ると、翌日には小さくなっています。 万能で安くてすごいなと思ってます。 私は一人で使っていて、消費するにはジャータイプは大きすぎるので チューブタイプ20グラムを使っています。 400円(税抜き)でした。 どこの薬局にもたいてい置いているので、買いやすい商品です。 公式サイトを見ると、50グラムのスタンドタイプのチューブが発売されてます。 ワンタッチキャップで便利そうなので 無くなれば次はそちらにしたいです。 コストパフォーマンス良すぎて なかなか無くならないので、いつリピート出来るか分からないです。

    アットコスメ

オロナインは、色々な部位に効く万能薬です。家に昔から常備されているという人も多くみられました。安心して使えるクリームですね。

ユースキンA

ユースキンAは、ひびやあかぎれ、しもやけなど様々な箇所に万能に効果があります。肌は空気が低下していたり、乾燥していたり、水仕事をしたりという場面で皮脂が失われ、肌バリアが低下し、ちょっとした刺激にも肌が敏感になり肌トラブルを起こしてしまいます。そんな肌の新陳代謝が低下している肌をユースキンAは4つの有効成分で効果的に肌を改善し守ります。角質層の水分を保持し、柔らかく健康的な肌へと導いてくれます。

☆有効成分

ビタミンE酢酸エステル…血行促進

グリセリン…保湿成分

dl-カンフル…消炎成分

グリチルレチン酸…消炎成分

ヒアルロン酸ナトリウム

ビタミンC

黄色いクリームの色はビタミンB2の色です。

ユースキン製薬 ユースキンA ¥702

  • 効きます
    43歳 女性
    しもやけや、手荒れがあるとき使っています。独特の香りがします。(^_^;)それから、伸びは良いのですが、少し間ベタつき感があるのが気になります。でも、しもやけなどの症状の治りが早いので助かっています。(’-’*)♪

    アットコスメ

  • リピします!
    23歳 女性
    手荒れが酷くて前から気になってたユースキン。 これをつけてから手の荒れが落ち着いてきたー! これは、リピ確定ですね!!

    アットコスメ

効果があったとの事が多くみられました。塗ってからしっとりと保湿した感覚や、傷口の炎症がおさまったとの声も多く、その効果は本当のようです。

ザーネクリーム

手がガサガサしていたり、顔や全身がかさついてなかなか症状が良くならないというお悩みはありませんか。この手や顔、全身の乾燥や荒れた症状は、肌のうるおい成分が少なくなり、肌のバリア機能の低下が原因です。乾燥した肌の角質層が外からの刺激を敏感に受け、肌荒れなどに発展してしまいます。

一度このような症状が出てしまうと、適切なケアをしない限り、肌のバリア機能は低下する一方と言われています。そういう意味からも肌の保湿というのはとても大切なことなのです。水を使った後や、入浴後というのは急激に肌の乾燥が進んでしまいます。こまめに保湿することが肌トラブルを回避する得策なのです。

保湿剤としても有効なのが、このザーネクリームです。ザーネクリームは、有効成分が直接肌の角質層に働きかけ、肌荒れや荒れ性を改善させます。

デリケートな赤ちゃんも安心して使える、手・顔・全身につかえるクリームです。べたつかずサラッとしているので使いやすいクリームです。水仕事の後やスキンケアに使ってみてください。

☆有効成分

天然型ビタミンE…肌のターンオーバーを促進します

グリチルチリン酸二カリウム…炎症を抑えます

大豆由来レシチン…天然系の保湿成分です

エーザイ ザーネクリーム ¥706

  • 低刺激です
    36歳 女性
    冬によく使ってましたがすっごく濃厚なしっとり感のあるクリームで良かったです。 乾燥肌の自分も満足でした。 ただつけたあとのベットリ感は気になるかも。 低刺激だし肌も荒れにくく使いやすいです。 ですがパケや匂いとかどうも医療品ぽくて気分が上がらない…。

    アットコスメ

  • かなり効きます
    46歳 女性
    冬になるとハンドクリームを塗ってもあかぎれがひどく、ずっと困っていました。皮膚科の先生に処方してもらったオイルを塗っても効果がなく、ドラッグストアの薬剤師さんに相談したところ、このザーネを紹介してもらいました。手洗いの度に薄く、夜寝る前にはたっぷり塗って、コットン素材の手袋をしたらいいよと教えてもらったんです。寝る前マッサージしながらたっぷり塗りこみ、さらにもう一塗り。で手袋をはめ就寝。そしたらあんなに悩んでいたあかぎれが2日で完治しました!!お医者さんより薬剤師さんに先に相談すれば良かった・・・。このクリームはもう手放せません!!

    アットコスメ

かなり効くとの実際の声が聞けました。あかぎれなどを繰り返しやすい人はこのクリームを使ってみると、直りが早いかもしれませんね。

手を濡らさない

あかぎれができてしまっている時には、極力手を濡らさないということがポイントでしょう。水に触れる作業がる時にはゴム手袋をつけたりするなどして手を守りましょう。あかぎれがひどく、痛い時には薬や保湿剤を塗った後に、木綿やビニール手袋の上からゴム手袋をすると良いでしょう。手の保湿も保てるほか、手自体が刺激物を触らないため、あかぎれをそれ以上悪化させることがないということも利点です。あかぎれで作業するのが億劫というときには手袋を使ってみると良いでしょう。

ビタミンEを摂取する

食べ物からあかぎれを改善するという方法もあります。ビタミンEを摂取するというのも肌の再生に良い効果をもたらします。ビタミンEは、肌の皮膚の血行を促進して皮膚の温度をあげたり、皮膚の角質硬化を予防する働きがあります。ビタミンEを多く含まれる食べ物は、魚・卵・アーモンド・かぼちゃなどに多く含まれています。日頃から食べ物のバランスを考えて栄養を摂るということもあかぎれのみならず、健康のためには必要なことなのですね。

ツボ押しをする

ツボを押すと体のいたるところに効果があると言われています。不調を感じるときに血簿を利用して改善してみましょう。

合谷(ごうこく)

合谷は、親指と人差し指の骨がぶつかるところから少し人差し指側に位置します。合谷は万能なツボで、頭痛・冷え性・目の疲れ・歯の痛みなど主に肩より上の様々な箇所に効くツボです。血のめぐりを良くし冷え性にも効くツボですので、あかぎれにも効果があります。

後谿(こうけい)

後谿は、肩こり、目の疲れ、精神に効果のあるツボです。主に筋肉の緊張緩和や痛みに効くと言われています。後谿は、小指の付け根近くで、手のひらと甲の境目に位置します。指を軽く曲げて押すと効果的です。手の冷えをとるのに効果的なツボの一つです。気が付いた時に押してみると効果があるかもしれません。

手三里(てさんり)

手三里は、肩こり、全身の疲れ、胃腸、寝違えなどに効果的なツボです。肘を曲げ、肘の外側から手の方向に指3本分のところに位置します。ゆっくりと押すと効果的です。全身の血のめぐりも良くなりますので、あかぎれなどの原因の冷えにも効果的です。

水仕事はぬるま湯を使う

水仕事をする時には、ぬるま湯を使うようにしましょう。冷たすぎる水や35度以上のお湯は手が急激に冷たくなったり、厚くなったりして、それが刺激となり皮膚に負担をかけますので、水仕事の際には水の温度にも気を付けましょう。もし冷たい水やお湯を使わなければならないというときには、直接触らないように手袋を使って防御するというもの良いかもしれません。

寝るときには手袋をつける

寝るときの手の修復力というのは大きいものです。眠る時にはハンドクリームやワセリン、薬などを塗ってしっかりと保湿し、綿手袋などをはめて保湿力を高めましょう。水分の蒸発を防ぐほか、浸透力も増しますので、あかぎれを早く治すことができるでしょう。

保護バンで外部刺激を緩和する

保護バンで外部刺激を緩和するというのも良い方法です。あかぎれができてしまうと、その傷口に直接刺激を受けてしまい、なかなか傷が治らないということがあります。傷口を保護するためにも保護バンを有効に使ってあかぎれを早く治しましょう。

あかぎれが痛い場合の対処法

液体絆創膏+キズパワーパッド

あかぎれが痛い場合の対処法として、液体絆創膏とキズパワーパッドを使うという方法があります。

手に塗る絆創膏で、液体絆創膏というものがあり、様々なメーカーから販売されています。液体絆創膏は、普通のテープタイプの絆創膏が使えなかったり、水にぬれやすい箇所にできたあかぎれを守るのに長けています。水仕事をする際には便利な絆創膏です。

使い方としては、患部にぬって数分放置すると、液体絆創膏の成分が空気と反応して固まり、傷口に薄い膜を張ります。水でふやけたり、ばい菌が侵入する恐れはありませんし、傷口が早く完治します。普通の絆創膏のように、水にぬれては取り換えるという手間もいりませんし、衛生的というのが良いところです。塗る際に少ししみたり、痛みを感じることがあったり、通常の状態ではがれにくいため、はがす時になかなか剥がれないというデメリットがありますが、傷口を保護し、完治させるという点では使える絆創膏です。

キズパワーパッドは貼るだけであかぎれの痛みを軽減し、早く治してくれる絆創膏です。キズパワーパッドは、あかぎれの傷口から出て来る体液を利用し、モイストヒーリングという手法で自然治癒の力で完治を目指します。キズパワーパッドは、防水加工ではがれにくいため、水仕事をする際にも使用でき、手を守ってくれます。

その液体絆創膏とキズパワーパッドを使うことにより繰り返しあかぎれに有効ですので、なかなか治らないというお悩みの人におすすめです。

ワセリンや馬油で保湿する

ワセリンは石油から精製されたもので、低刺激で副作用がないことが特徴です。ワセリン自体は肌に潤いを与える成分はありませんが、肌にある水分を閉じ込める、つまり、皮膚の水分を失わせないことができます。肌をコーティングしているイメージです。手にあかぎれのような、すでに傷ができている場合にも使えますし、しみることがありません。

一方、馬油もあかぎれに有効です。馬油は人の皮脂に性質が似ており、肌に馴染みやすく、肌細胞の内部にしみこみやすいという性質を持っています。馬油は低刺激であるのに、抗菌、殺菌作用もあると言われているため、あかぎれのような肌の炎症の痛みをともなうものにも有効です。さらに、馬油には血行促進の効能もあり、あかぎれを治す栄養素を循環させる効果もあります。

馬油を塗る際には、手をきれいに洗い、馬油の浸透を良くし、水仕事の際にはその上からナイロン製の手袋をつけて、さらにビニールやゴム手袋をつけるとあかぎれの手を保護できます。馬油は低刺激な上に、その成分は肌に良いものですので、あかぎれの改善や予防につかえますので、あかぎれに悩んでいる人は一度使ってみてください。

皮膚科での治し方2選

ステロイドでの治療

皮膚科で処方される薬では、リンデロン軟膏があります。このリンデロン軟膏にはVG軟膏、V軟膏、DP軟膏の3種類があります。

VG軟膏は、ゲンタマイシン硫酸塩という抗生物質が含まれており、あかぎれに即効性のある薬として処方されます。しかし、その即効性に反して副作用も強くあり、発疹や腎障害などの症状が出てしまう可能性があります。

V軟膏は、吉草酸ベタメタゾンエステルというステロイドが成分です。VG軟膏ほど強い薬ではありませんが、同じく強い薬で皮膚の感染症、副腎への影響など副作用がある場合があります。

DP軟膏はベタメタゾンジプロピオン酸エステルというステロイドが成分です。V軟膏と同じく強い薬で副作用もあります。

これらの軟膏はそれぞれ効き目はありますが、強い薬であるだけ副作用もありますので、使用用法を守り、医師の指示に従って使うようにしましょう。

飲み薬での治療

ビタミン剤

主にはステロイドを処方されることが多いですが、医師によっては患者の体質によってビタミン剤を処方する人もいるようです。ビタミン剤は体の血のめぐりを良くしたり、肌の新陳代謝を良くしたりすることが期待できます。塗り薬などと一緒に処方される場合があります。

漢方薬

漢方薬を利用するということもできます。漢方薬はどちらかというと薬よりも即効性には欠けますが、じわじわと体の中から各部位に効いていくという感じです。あかぎれは、冷えが原因であったり、肌の乾燥が原因であったりしますが、そのような原因を体の中からアプローチします。漢方の中でもおすすめなのが、澄肌漢方堂です。

澄肌漢方堂は、ビタミンB2、ビタミンB5、ビタミンB6、ビタミンCといった多くのビタミンを含んできます。そのため、肌のターンオーバーを促進して、あかぎれなどを治します。

澄肌漢方堂には以下のような有効な漢方成分が含まれています。

・ダイオウ・サンキライ・キキョウ…腸の働きを整えて肌トラブルを改善させることかがあります。

・トウキ…体を温め体のめぐりを良くします。

・ケイヒ…血管拡張作用と血管修復作用があり、血行を良くすることによりセラミドの生成を良くし肌のターンオーバーを良くします。

・オウゴン…肌の老化を予防し、肌に潤いをもたらします。肌の乾燥が原因のあかぎれに効果的です。

・ボタンビ…肌の炎症を抑える効果があります。

・ニンドウ…解毒や排膿農家があります。

・センキュウ…ホルモンバランスを整える効果があります。

・レンギョウ・ケイガイ…炎症を抑えたり、解熱効果があります。

・ヨクイニン…かゆみやアトピーに効果的です。

かゆみがある場合は「手湿疹」かも

手湿疹(主婦湿疹)とは?

手湿疹とは、別名で主婦湿疹とも呼ばれる手荒れ症状のことを言います。手湿疹は主に水仕事を多くする人、例えば、主婦、美容理容師、調理師といった人たちに多くみられる症状です。症状としては、手にひび割れやかゆみ、水疱といったものがあらわれます。

特に多くの人が経験する、この手湿疹独特のかゆみは、体内にあるヒスタミンという物質が原因です。ヒスタミンは皮膚の下にあるマスト細胞というところから出され、神経を刺激してかゆみが起こります。神経を刺激することにより何度も掻きたくなるようなかゆみが発生するのです。

本来ならば皮膚の皮膚膜により肌が守られて、外からの刺激物に反応しないようにバリア機能が正常に働くのですが、肌が乾燥したりすると皮膚を守っていた皮膚膜が剥がれ、直接刺激を受けてしまうため、かゆみを生じてしまうのです。乾燥が手湿疹の最大の原因の一つと言っても過言ではありません。

この手湿疹の種類としては、手に水ぶくれや水疱ができる湿潤型と手がカサカサしてひび割れなどを起こす乾燥型見分けられます。手湿疹は、発症原因の特定が難しく、水仕事のしすぎや肌荒れ、アレルギーなど様々な原因があります。

また、手湿疹は、あかぎれと違って、肌荒れと共にかゆみを伴い、なかなか治りずらく季節関係なく発症します。かゆみがあった後で症状がひどくなり、傷やひび割れがおき、痛みが生じるということも多くあります。このように悪化してしまうと、なかなか自分の力だけでは完治することが難しく、皮膚科で診てもらい薬を処方してもらうことで良くなります。

手湿疹もあかぎれも同じく肌の乾燥や刺激が主な原因です。保湿や塗り薬を有効に使うということが予防であったり、改善には不可欠です。日頃からこまめに保湿することは大切なことなのです。

「湿潤型」と「乾燥型」

手湿疹は、「湿潤型」と「乾燥型」の二つに分類されます。

湿潤型とは、手に小さな発疹や水ぶくれができることが特徴的で、指の腹や手のひらから徐々に出始め広がります。

一方、乾燥型とは、肌の皮膚がカサカサし、悪化するとひび割れが生じます。皮膚が硬くなったり、指紋が消えたりするといった症状も見られる場合があります。利き手の親指や人差し指などから始まり、徐々に手全体に広がっていくことがあります。

どちらにちても乾燥が大きな要因となっています。

あかぎれとの違いは?

手湿疹は年中できやすく、なかなか完治しずらいものですが、あかぎれは乾燥が激しい冬に多く発症します。あかぎれは皮膚に亀裂が入り痛みをともない出血したりする一方、手湿疹は、肌荒れと一緒にかゆみを伴うということも特徴です。かゆみから始まり症状が悪化するにつれて出血したりひび割れしたりします。

手湿疹もあかぎれも乾燥や外部からの刺激により肌荒れしてしまい発症してしまいますので、こまめな保湿や薬を適切に使いながら、症状と向き合うということが必要です。日頃からの保湿などの手入れ習慣が大事になるということです。

かゆみに我慢できない時の対処法

かゆみ止めの後に保湿剤を塗る

手湿疹ができるとそのかゆみに苦労するという人は多いかと思います。皆さんはそんなかゆみをどのように沈めていますか。かゆみを我慢できない時の対処法としては、様々あると思いますが、肌がかゆくてしょうがないという時は、かゆみ止めを塗ってから保湿剤を塗ると良いでしょう。肌に直接有効成分を塗って炎症を鎮めたあと、乾燥防止や肌のバリア機能を高めるという意味でも保湿剤を塗ると良いでしょう。保湿剤は肌を守り乾燥を防ぐという目的ですので、自分に合ったものを選んで塗る習慣をつけましょう。

ステロイド配合の軟膏を使う

なかなか改善されない手湿疹には、ステロイド配合の軟膏を使うというもの良いでしょう。

ロート製薬から販売されている、メンソレータムメディクイック軟膏は、手湿疹の炎症や赤み、かゆみを止め、患部を殺菌しつつ改善させます。炎症を抑えるアンテドラックステロイドのプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、かゆみを抑えるリドカインやクロタミトンを配合し効果的に治癒させます。1日数回こまめに塗るようにし、朝や寝る前にじっくりと塗ると効果的とのことです。繰り返す手湿疹を治すためには保湿ケアが大事です。薬や保湿剤を有効的に使用して健康的な肌を目指しましょう。

☆5つの有効成分が配合されています。

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル…炎症を抑える成分

リドカイン・クロタミトン…かゆみ止め成分

アラントイン…肌の修復成分

イソプロピルメチルフェノール…殺菌成分

手湿疹の治し方

手湿疹がなかなか治らないとか、悪化してしまったといった人は、生活のちょっとしたことを気を付けるだけで、改善できるかもしれません。

患部は常に常温で

手湿疹の出ている幹部がかゆくなり、掻いてしまうのを防ぐために、水などで冷やしてかゆみを摂るという方法もあります。冷やした一時はかゆみがとれて、気持ちが良く感じます。

流水や濡れたハンカチで患部を覆うくらいであれば、かゆみに効きますが、氷や保冷材のようなものを使うと逆にその急激な冷たさが刺激になってかゆみを増してしまうということがあります。患部は常に常温に保ったほうがかゆみには効きます。

刺激を避ける

シャンプー・化粧品・洗剤・洗濯など直接手に触れるもので刺激となるものなるべく避けることが必要です。低刺激の商品を使うようにしたり、洗剤などは薄めて使ったり、手袋をしてブロックしたり工夫して使うようにしましょう。

使用した後に、肌がやけに乾燥したり、かゆみが出てきた場合は、肌に合っていないということですので使用を中止して、成分などをチェックして、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

保湿を徹底する

乾燥を防ぐためにも、保湿を徹底するということも必要です。手を洗った後や、入浴後などは水分や油分が急激に減り乾燥しやすい状態になっています。手を洗った際などには保湿する習慣をつけましょう。特に朝晩は保湿力の高いハンドクリームやワセリンなどを使用してケアすると良いでしょう。

市販の薬や保湿剤を使ってもなかなか手湿疹が良くならなかったり、逆に悪化してしまった場合には皮膚科を受診して医師に相談しましょう。

あかぎれを防ぐ4つの方法

ハンドクリームをこまめに塗る

あかぎれを防ぐのに効果的な方法は、ハンドクリームをこまめに塗るということです。ハンドクリームの保湿力で肌を乾燥から守り、肌のバリア機能を高め、あかぎれを防ぎます。

どのハンドクリームを使うと良いのかは、人それぞれ好みもあるかと思いますが、保湿力のあるハンドクリームであればどんなものでも良いのではないでしょうか。

入浴後や水で手が濡れた後は、特に肌が急速に乾燥し始めますので、すぐに塗るようにしましょう。拭いたままにしてしまうと乾燥してしまい、あかぎれの原因となってしまいます。塗る際にはしわのある関節部分にもマッサージするように丁寧に塗り込みましょう。

手先を冷やさないようにする

あかぎれの人の中に多いのが冷え性な人です。あかぎれは体の血行不順が原因とも言われています。冷えて手先が冷たいという人も多いかと思います。日常生活から冷えに気を付け、手先を冷やさないようにしましょう。冷え対策としては、冷たい物よりも温かい物を食べたり飲むようにしたり、食生活をバランスの良いものに変えてみたり、冷房を使過ぎないように気を付けたり、体の血のめぐりを良くするために適度な運動を心掛けたりするとよいのではないでしょうか。体の血のめぐりが良くなると自然に冷え性も解消され、あかぎれのような症状も起こりにくい体になっていくことでしょう。

水仕事はなるべく手袋をする

毎日水をよく使う職業の人や主婦の皆さんは、特にあかぎれに悩んでいるという人が多いかと思います。あかぎれを防ぐために、保湿することはもちろん、水仕事をする際にはゴム手袋やビニール手袋をつけて、直接水を触らないようにするという方法もあります。

水は乾燥のもとですが、食器洗いなどの洗剤には手の皮脂膜を落としてしまうような成分が入っているものが多いため、さらにあかぎれを悪化させることがあります。

水仕事をする時には、ビニール手袋やゴム手袋といったものを付けて作業してみるというのが、肌に直接刺激を与えない方法です。あかぎれができている状態でも手袋をつけていれば水や洗剤などに触れることなく作業できますし、痛くないので便利です。ちょっとした工夫であかぎれを改善できるかもしれません。今では使い捨ての手袋も多く販売されていますので、毎回新しいものを使って手を清潔に保ちましょう。

水に触れたらすぐに拭く

皆さんは水で手を洗った後や、水仕事をした後、手をそのままの状態にして居るということはありませんか。水に触れたらすぐに拭くということもポイントです。水にぬれた後、そのままにしていると肌は急激に乾燥してしまい、肌のバリア機能が低下しているところに外部からの刺激が加わるとあかぎれなどを引き起こす原因となってしまいます。

水を使った後は水を拭き取り、きちんとハンドクリームなどで保湿することが大事です。そのままにしないで保湿する習慣をつけましょう。そうすれば、毎回悩ましかったあかぎれを改善でき、健康な肌を取り戻せるかもしれません。

痛みを対処しながら着実に治そう

繰り返しできて、なかなか治らないあかぎれは辛いですよね。特に水仕事をする人にとっては痛いですし、悩みの種なのではないでしょうか。あかぎれを治すには、保湿をして、適切な薬を使うこと、そして、水に触れるときには手袋などを使って直接水に触れないという工夫も必要なのですね。また、肌を健康的に保つには栄養面からもビタミンなどを総合的に摂ることも大切なのですね。ちょっとした心掛けが、いつも悩みの種だったあかぎれを治してくれるかもしれませんよ。