冬になると肌のかゆみに悩まされる方必見!原因と乾燥を防ぐ方法

冬になると肌のかゆみに悩まされる方必見!原因と乾燥を防ぐ方法

冬になるとひどくなる肌のかゆみに悩まされる人は多く、その原因や防ぐための対策法が分からないという人はこの記事で一緒にその解決方法を知っていきましょう。ひどいかゆみや乾燥も対策して快適な冬を過ごしましょう。

寒い季節になると肌がかゆくなる…

寒い季節になると肌がカサカサした上、無性にかゆくなってしまいますよね。

どうしてこんなに肌がカサカサしてしまうのか、全身にかゆみが出てしまうのか原因がなかなか分かりません。

しかし、そんなかゆみやカサつきを何とかしたい人のため、この記事では寒い時期のかゆみを抑えるための方法をしっかりと解説していきます。

寒い日のかゆみをこれから抑えて快適な日々を過ごしていきましょう。

冬のカサカサ肌の大きな原因は「乾燥」

冬のカサカサした肌の大きな原因は、肌の乾燥にあります。

冬は空気自体が乾燥していますが、肌にも何か関係しているのでしょうか?

ここでは肌の乾燥の原因とそのメカニズムなどについて解説していきます。

冬は肌の水分が奪われる条件がいっぱい

冬は寒くて家の中で暖房をつけて温かく過ごす日が多いですが、そんな家の中を始めとして肌の水分が奪われる条件がたくさんあります。

部屋の中で使う暖房も実は肌の乾燥を招いてしまう原因の一つです。

冬の乾燥した空気と同じで、加湿器などを一緒に付けない場合の暖房はより肌を乾燥させていきます。

この乾燥してしまう原理は、肌の中の水分は乾燥しているところへ強く惹かれてしまう性質があるためです。

そのため、肌よりもずっと乾燥している空気中に水分が摂られてしまうことで肌が乾燥してしまうのです。

また熱いお湯のお風呂に入ることも乾燥する原因に挙げられます。

熱いお湯のお風呂に入ると、体の皮脂をより多く奪われてしまい結果、肌の乾燥に繋がってしまうのです。

肌が乾燥してかゆくなるメカニズム

乾燥してかゆくなるのは、肌のバリア機能が乾燥と冬の寒さによって低下してしまい、刺激をよりダイレクトに受けやすくなるからです。

生活習慣や乾燥によるターンオーバーの乱れから肌のバリア機能が低下して、乾燥により角質細胞の隙間から刺激がそのまま肌の奥へと進入してしまいます。

更に乾燥や肌荒れなど、肌のトラブルが改善されない限り、刺激が侵入し続ける肌はどんどんその刺激を感じやすく、またかゆみなども感じやすく変化してしまいます。

そこにかゆいから、と肌をかいてしまうことでかゆみの原因物質である「ヒスタミン」が分泌されてしまい、かゆみが延々と繰り返されていくのです。

特に肌の乾燥が気になる場所

冬になって乾燥が特に気になってくる場所は皆さんあると思いますが、意外と腰回りや背中、すねなどが気になるという人が多いのです。

こうしたところは保湿ケアがきちんと行き渡らない箇所でもあり、冬になると結構な確率でかゆみを発してしまう場所でもあります。

寝ている時にかゆくて掻きむしってしまい、翌朝気づいたらかさぶた状になっていたり血が出ていたりしたことはないでしょうか?

この場所のかゆみは肌の老化現象や乾燥が原因で起こります。

年齢肌の他にも肌の乾燥の原因などが思い当たる場合は、このかゆみに対してきちんと対策してあげましょう。

繰り返すブツブツ・かゆみは乾燥だけが原因じゃないかも?

しかし、繰り返しできる肌のブツブツやかゆみの原因はなにも乾燥だけではありません。

実は別の症状が原因でできていることも考えられます。

ここでは乾燥以外でかゆみやブツブツを発生させることもある症状について解説していきます。

アトピー性皮膚炎

乾燥を始めとして、かゆみを伴う湿疹が全身の色々なところにできるのがこのアトピー性皮膚炎です。

皮脂の分泌量が極端に少なく、角質層の水分を保つ力が弱い状態であるため、バリア機能も低く外部からの刺激に弱くなっています。

生まれつき持っているアレルギーとの関連も考えられているそうですが、今のところ完治させるための治療法は確立されておらず、良くなったかと思えば再び悪化するなどを繰り返していきます。

冬以外にもこうしたかゆみを伴う湿疹や肌の乾燥などを繰り返している場合は、このアトピー性皮膚炎の可能性もあります。

湿疹

手や指に洗剤などが触れてアレルギー反応などを起こしてかゆみなどを発生させる手湿疹肌のバリア機能が損なわれてしまい角質が剥がれてしまっている状態の皮脂欠乏性湿疹などもかゆみやブツブツを引き起こすことがあります。

手湿疹はアトピー性皮膚炎のように、良くなったり悪くなったりを繰り返すため、主婦の方で何十年もかゆみなどに苦しめられている人も多くいます。

酷くなると水疱のような状態になる場合もあるため、このような状態になると治すのはかなり苦労してしまいます。

皮脂欠乏性湿疹は肌のバリア機能が損なわれ、角質が剥がれたことで見た目は白い粉をふいていたり、ひび割れができたりしていることが多く、痛みやかゆみも同時に発生していることもあります。

バリア機能が損なわれたことで、使い慣れた化粧品や髪の毛、衣服にこすれる位の軽い刺激でひどいかゆみを感じてしまうこともありますので、手湿疹と同じくひどく苦しめられている人は多くいます。

蕁麻疹

それまでかゆみなどを特に感じていなかったのに、突然赤い湿疹やむくみ、強いかゆみを感じた場合蕁麻疹の可能性もあります。

最初はミミズ腫れのような赤いふくらみが起こった後、かゆみや灼熱感を感じて来る症状で、数分から数時間程度で消えますが、その後何度も反復して発疹が生じてしまうのが特徴的です。

蕁麻疹は食べ物や植物、薬などが原因で起こるアレルギー性のものと服などに擦れることで生じる摩擦やバックの持ち手などの圧迫、寒暖の変化、入浴や運動による発汗が原因で起こる非アレルギー性のものに分かれます。

他にも体調不良やB型、C型肝炎が原因で引き起こされることもありますので、蕁麻疹が現れた時は様々な可能性で発症したということを考えておきましょう。

肝臓などの内臓疾患の可能性

かゆみなどが特にひどい場合は、内臓疾患が原因で引き起こされていることも可能性の一つとしてありえます。

普通のスキンケアや抗ヒスタミン薬などのかゆみ止めが効かないほどの厄介なかゆみが出ている時肝臓や腎臓の疾患糖尿病や悪性腫瘍の症状として肌に影響が出ていることもあるのです。

全身のかゆみが続いている場合甲状腺疾患や各種悪性腫瘍の前兆の可能性もありますので、一度医療機関で検査を受けてみることも考えてみましょう。

全身のかゆみ対策に!冬の入浴ポイント

全身のかゆみを軽減、またはしっかり対策して冬を快適に過ごしたい、と思った時一番対策をしておきたいのが冬の入浴です。

この入浴のポイントをきちんと押さえておけば、全身のかゆみに対する対策も取れますので、しっかりとポイントを覚えて入浴しましょう。

お湯の温度は40℃以下

冬は暖かいお風呂に入りたい、とお湯の温度を高めにする人も多いですが、かゆみを覚える人はお湯の温度を40℃以下にして入浴しましょう。

40℃以上のお湯になると、体中の肌を守るバリア機能の役目をしている皮脂が多量にお湯に溶けだして、全身がひどい乾燥肌に近い状態になってしまいます。

直接刺激を受けやすい状態になっているため、ちょっとした刺激がかゆみのもとになってしまいます。

なるべくお湯は40℃以下を基本として覚えておきましょう。

入浴剤で保湿効果アップ

入浴する際に、保湿効果のある入浴剤を入れることも効果的です。

ボディーソープなどで保湿効果のあるものを選んで使っても、簡単にはかゆみなどは改善されてくれません。

そんな時には入浴剤でさらに保湿効果を得ることも改善の近道です。

保湿効果のある入浴剤も多くありますが、何を使えばいいかお悩みなら「みんなの肌潤風呂」はいかがでしょうか。

別府明礬(みょうばん)温泉で栽培された天然温泉成分である湯の花が油脂や汚れを綺麗に落とし、潤いを浸透させる砂糖成分や潤いを保つ潤いヴェール成分がしっかりと全身を保湿してくれます。

  • 商品名 みんなの肌潤風呂
  • 価格 8,960円(税別)
  • 販売元 北の快適工房

公式サイトはこちら

ナイロンタオルでゴシゴシ洗わない

体をしっかり洗おうとして、ナイロンタオルでゴシゴシ体を洗っていませんか?

洗顔でゴシゴシと肌を洗うことがダメージになり、肌荒れの原因を作るのと同じで、ナイロンタオルでゴシゴシと洗うこともダメージの原因になります。

特に手で洗う洗顔と違って、ナイロンタオルの場合は摩擦力も強く洗顔以上にダメージを与えます。

そこにお湯で柔らかくなっている肌ですから、ひどい状態になるのは良く分かる結果でもあります。

かゆみがひどい場合は、手でボディーソープを泡立てて手で洗うようにしてみると改善されることもあります。

湯上りは素早く保湿剤を塗る

お風呂上りは洗顔後の顔と同じで、肌の内部の水分が蒸発する水分と一緒に一気に失われてしまう可能性があります。

肌の乾燥を防ぐためにも、湯上りは素早く保湿剤を塗ってあげましょう。

保湿剤を塗るのが早ければ早いほど、体から失われる水分は少なく、乾燥を防ぐことにも繋がります。

乾燥やかゆみが気になる部分にはしっかりとケアしておくことが大切です。

冬の保湿剤(クリーム)は何がおすすめ?

冬に保湿が大切なのは良く分かっていますが、一体どんな保湿剤やクリームを遣えばいいのでしょうか?

人によって肌に合うものは違いますが、乾燥肌の人におすすめされる保湿剤やクリームは以下のようなものが多いでしょう。

肌に負担をかけない低刺激のもの

まず第一に肌に負担をかけない低刺激のものがおすすめされます。

乾燥肌は小さな刺激でも過敏に反応して、ひどいかゆみなどを感じてしまうほど弱っています。

つけても肌の刺激になって、かゆみなどが悪化するような保湿剤よりも、つけるのなら肌に負担をかけない低刺激のものが保湿剤を選ぶときの条件の一つとしてあげられるでしょう。

保湿力が高いもの

保湿剤やクリームをせっかくつけても、そのものの保湿力が低い場合は改善するものもできません。

保湿剤やクリームはバリア機能の補助も担いながら、肌に足りない油分も補う役目をもっています。

保湿力が低い場合、バリア機能の補助なども期待できず乾燥肌がひどいままになったままか悪化してしまうでしょう。

保湿剤やクリームは、保湿力が高いセラミドやワセリンなどが含まれているものがおすすめです。

選ぶポイント

保湿剤やクリームを選ぶときには、低刺激のもの、保湿力が高いものを基準として、自分の肌に合うものを選びましょう。

どれだけ低刺激で保湿力が高くても、肌に合わなければかゆみだけでなく肌荒れの原因にもなってしまいます。

サンプルやお試しセットなどの短期間で試すことができる製品やセットを利用して自分にあったものを選んでいきましょう。

お顔の保湿におすすめのクリーム

では顔の保湿におすすめのクリームをここで2つ紹介していきます。

こちらの製品などを参考に、自分にあったものを選んだりしてみると良いのではないでしょうか?

エマルジョンゲルEX

乾燥は勿論、シワやくすみ、たるみなどの年齢によるものも気になってしまうという人は、こちらのエマルジョンゲルEXを使ってみてはいかがでしょうか。

美容乳液ゲルの製品であるエマルジョンゲルEXはセラミドカプセル型ヒアルロン酸により肌に潤いを与えつつ、浸透型コラーゲンや美肌カクテルなどの美容液成分でつや、透明感も与えることが可能です。

シアバターやスクワランも配合されていますから、たるみやシワにも効果が期待できます。

保水マスク効果でしっとり潤い、美肌になれるエキスもたっぷりなエマルジョンゲルEXで乾燥肌から美肌へ変えていきましょう!

  • 商品名 ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX
  • 価格 4,644円(税込)
  • 販売元 株式会社ハイサイド・コーポレーション

公式サイトはこちら

  • モチモチ&透明感も!リピート決定!
    シミやクマ、全体的にもくすんでいて鏡を見るのも嫌でした。 でも、これを使ってから肌はモチモチするし透明感も出てきてビックリです。 メイクやスキンケアの時間がこんなに楽しくなるなんて!リピート決定です!

    株式会社ハイサイド・コーポレーション

  • これ1つでキレイになれて、もう手放せない!
    肌悩みが多く、スキンケアにお金も時間もかけていたのですが、「エマルジョンゲル」と出会って、本当にこれ1つでキレイになれて、美容液もいらないくらい! 今までのケアには戻れません。

    株式会社ハイサイド・コーポレーション

化粧水を使った後はこれ1つでキレイな肌を目指すことができる製品です。

たっぷりの美容成分と保湿、潤い成分が肌に浸透しつつ、乾燥以外の悩みもきちんとケアしてくれます。

ビューティーモール

毎日のお手入れに時間をあまりかけられないという人は、保湿ケアにオールインワンジェルなどを使用することが多いのですが、オールインワンジェルの中でもこのビューティーモールのWフラーレンオールインワンジェルは別格です。

最高峰のビタミンC誘導体であるAPPS、肌の悩みに関わる活性酸素に高い効果を発揮してくれるフラーレンでも、水溶性と油溶性の2種類を配合したWフラーレンの他にもプラセンタアーチチョークやナノ化ヒアルロン酸など多くの成分が入っています。

化粧水やから美容液、乳液までの成分がこれ一つにたっぷりと入っている、まさにオールインワンな製品です。

  • 商品名 Wフラーレンオールインワンジェル
  • 価格 3,240円(税込)※初回限定お試し価格
  • 販売元 BEAUTY MALL

公式サイトはこちら

  • ほんとにすごいです!!
    これまで化粧品ジプシーで,有名メーカーの自然派化粧品はほぼすべてつかってきました。天然主義のア〇カとかH〇BAとかドクター〇ーラボとかetc.。もともと超敏感肌で半分アトピーなんですが,年とともに上の化粧品でも合わなくなってきてしまい,化粧品のせいで肌が猛烈に荒れ,ブツブツができるようになりました。 そんな中で大人ニキビで有名な〇カミのスキンピールを使い始め,若干ニキビが落ち着いてきました。 しかし,お値段的につづけるのは厳しいなぁ,と思っていたところ,〇カミとほぼ同じ成分で作られたこちらのメーカーのピールローションに出会いました。さらに,こちらのジェルを使い始めたところ,びっくりするほど肌が変わりました。半信半疑で使い始めたので本当におどろいてます。

    Amazon

  • 肌に透明感が♪
    こちらのメーカーさんの商品は以前にも使用したことがあり、 最近肌のクスミが気になったので再使用に至りました。 非常に濃厚でしっとりとしています。 肌がオイリーの方には少し重たい感じがするかもしれません。 私はノーマルスキンですが、真夏に使用したため、 夜使用して翌朝は少し重たく感じました。 これから秋冬にかけては期待したいです。 肌の透明感もアップしたように思います。

    Amazon

濃厚でしっとりしているからこそ、その分成分がたっぷり入っている感じがする製品ですね。

オイリー肌の人にはちょっと重たいかもしれない、という口コミなどもありますので、オイリー肌の人や近い人は一度お試しセットなどを使ってみましょう。

かゆみを抑える市販薬3つ

かゆみがひどく、薬で抑えつつ改善していきたいという人も多くいます。

乾燥肌などで発生するかゆみを抑えてくれる市販薬のおすすめを3つ紹介していきます。

メンソレータムAD

メンソレータムADはクロタミトン、リドカイン、ジフェンヒドラミンの3つのかゆみ止めの成分が配合されています。

クロタミトンは温感神経に働きかけかゆみを軽減し、リドカインはかゆみ神経の働きを弱め、ジフェンヒドラミンはかゆみの原因物質であるヒスタミンの作用を止めてくれますので、使うことでかゆみを原因から軽減してくれます。

クリームやスプレーなど、様々なタイプが販売されていますので、自分が使いやすいものを選びましょう。

  • 製品名 メンソレータムADクリーム
  • 価格 50g 780円(税抜)※メーカー希望小売価格
  • 販売元 ロート製薬

購入はこちら

  • 冬場には欠かせない
    冬は乾燥による痒みやヒリヒリした刺激があり、とても辛かったので 買いました。 お風呂上りに全身塗っているのですが、痒みや刺激は治まりました。 もう冬場には欠かせないクリームです。

    @cosme

  • 手放せなくなる
    毎年乾燥が気になる季節になると手放せなくなります。 お風呂上がりや服と肌が擦れたりすると背中や腕や脚が痒くなるので、お風呂上がりにたっぷりめに塗っておくと夜中に痒くて寝れなくなるということがなくなります。痒くならない部位は保湿クリームで良いのですが、痒くなるところにはこのクリームがかかせまん。 使用感は伸びも良くて、ベタつきなども特に気になりません。 この時期にお泊まりで出掛ける時なども必ず持って行くようにしてます。

    @cosme

乾燥が気になる季節には大活躍のクリームですね。

クリーム以外にも乳液タイプやスプレータイプなどもありますので、手を汚したくなかったりクリームのベタつきが嫌な時には成分の変化の心配もなく変更が可能です。

ヘパソフトプラス

かいてしまってかゆみが更に酷くなってしまった、そんなかきむしり乾燥肌にはこのヘパソフトプラスがおすすめです。

かきむしり乾燥肌の治療薬、として紹介されているこの製品はヘパリン類似物質、パンテノールといった2つの乾燥肌修復成分とクロタミトンとジフェンヒドラミンの2つのかゆみ止め成分が配合されていますので、塗って使うことで乾燥肌と掻きむしってしまった肌の修復、かゆみの軽減の効果を得ることができます。

  • 商品名 ヘパソフトプラス
  • 価格 50g 1,100円(税抜)※メーカー希望小売価格
  • 販売元 ロート製薬

購入はこちら

  • 肌に良く伸びてくれる
    この秋冬は肌の乾燥とかゆみに悩まされ、口コミを頼りに色々なクリームを試していたのですが、なかなか肌にあったものに巡り合えず、ついには首や腕に湿疹が出てしまいました。皮膚科で処方されたお薬の成分を調べると、ステロイドとあわせてヘパリン類似物質が入っていたので、皮膚炎が落ち着いたあとはこちらを使っています。。。。洗面所と寝室に常備して着替えの度に湿疹痕を中心に体全体に塗っています。 塗り心地は肌によく伸びます。変な刺激やにおいもなく、逆にかゆみ止めとして効いているのかなと心配になるくらいですが、かゆみに悩まされることはなくなったので助かっています。

    @cosme

  • 掻き壊し修復効果も良い
    ひどく化膿していた湿疹が落ち着いた時にアフターケアのために購入しました かゆみ止め効果もしっかりありますが、掻き壊し修復効果がよかったです 患部とその周りの肌がぼろぼろになっていたのですが保湿成分でしっとり ずいぶんひどい湿疹だったのですが、いまではうっすら跡が残っている程度です こちらのヘパリン類似物質とパンテノールのおかげだと思います テクスチャーも伸びが良くてベタつかない オールシーズン使い心地がよいです

    @cosme

良く伸びてくれるため、使い心地も悪くなく掻き壊しの修復効果によりボロボロの肌をきれいに治してくれるのが嬉しいところです。

掻かないことが一番ですが、掻いてしまった時はこのような修復効果のあるものを使ってみるのも良いでしょう。

メンタームEXプラス

かゆみを伴う乾燥肌には、このメンタームEXプラスもおすすめの製品です。

老人、成人の乾皮症や小児の乾燥性皮膚にも使えるので、家族みんなでかゆみや乾燥肌に使うことができます。

ジフェンヒドラミン塩酸塩、リドカインの2種類のかゆみ止め成分と保湿成分として尿素が入っていますので、保湿しつつかゆみを軽減することができます。

ステロイド剤は配合されていませんので、ステロイド剤が入っていないものを使いたいという人も安心です。

  • 商品名 近江兄弟社メンタームEXプラス
  • 価格 90g 1,490円(税については非表示)
  • 販売元 株式会社近江兄弟社

購入はこちら

  • 本当に効きます!
    乾燥によるかゆみに本当に効きます! テクスチャーはべたつかず、しっとりと使えて心地よい。さっぱりとしたクリームです。 全身に使えます。冬は乾燥しがちで肌にかゆみを感じることも多いのですが、すぐに鎮静化して1日効きますので、本当にお薦めできます。

    @cosme

  • びっくりするくらい
    びっくりするくらい痒みがおさまります。 最近酷いストレスからアトピー悪化。夜も掻きむしって寝れず。さらにストレスをためる最悪の循環でした。 ステロイドもたまに使いますが、やっぱり積極的には使いたくない感じ。 薬局で派手なパッケージが目に入り、なんとなくダメもとで買ったらなかなかよいかも、と思っております。 ただし、塗った瞬間から痒みが治まるわけではなく5分くらいしてじわじわ効く感じ。掻きむしった肌には超しみる。ひたすら我慢ですり込みます。 取りあえず掻きさえしなければアトピーは悪化しないので、今はコレに賭けています。アトピー肌に大量にすり込むので値段も安いのも助かります。

    @cosme

一番小さいタイプでも結構な量が入っていますので、たっぷり使いたいという人にはこちらがおすすめです。

修復効果はあまり期待できませんが、かゆみ止めとしてはかなり高い効果が期待できます。

習慣付けたい肌の乾燥・かゆみ対策

おすすめの市販薬なども紹介した後は、乾燥やかゆみに対する具体的な対策について解説していきます。

これらの対策を心がけておけば、肌が傷ついたり更に酷いかゆみなどに悩まされることはないでしょう。

かゆくても掻いちゃダメ!

かゆみがひどいとどうしても掻いてしまいますよね。

しかし、かゆいからと掻いてしまうと肌のバリア機能を壊してしまう事にもつながってしまい、より刺激に弱くなってしまいます。

大事なのは掻かないこと。

かゆい時は保湿剤やかゆみ止めなどで素早くカバーしてあげることが大事です。

決して掻いたりはしないようにしましょう。

部屋の湿度を保つ

部屋の湿度を一定に保つことで、肌の乾燥を防ぐこともできます。

暖房などを使う時は一緒に加湿器を付けておいたり濡れタオルを部屋に干しておくなどして、部屋が乾燥してしまわないようにしておきましょう。

空気の乾燥は肌の乾燥です。

湿度計などがある場合は、湿度を気にしながら暖房をつけることを心がけるとより良い改善が見込めます。

食事や生活習慣にも工夫を

食事や生活習慣にもちょっとした工夫をしてみましょう。

乾燥肌に良いと言われる栄養素はビタミンA、B、C、Eとセラミド、亜鉛などが挙げられます。

野菜や果物、ナッツ類、大豆製品、海藻などに多く含まれているので、率先してこれらの食材を食べるようにすることで少しずつ体の内から改善していくことができます。

また、摩擦などでかゆみなどを生じやすい衣類コットンやシルクなど、刺激の少ない物などを選ぶことをお勧めします。

冬の乾燥肌対策は入浴後が大事!

冬の乾燥肌を対策するなら、入浴後がとても大切です。

もちろん、生活面や部屋などの生活空間に対することも大切ではありますが、肌が一番乾きやすい入浴後にしっかりとケアしてあげることでずいぶんと刺激などが軽減されます。

対策するならまずは入浴後から、かゆみや刺激に負けない肌を手に入れましょう。