女性ホルモンの乱れで肌荒れ!美肌の為のホルモンバランスの整え方

女性ホルモンの乱れで肌荒れ!美肌の為のホルモンバランスの整え方

ホルモンバランスの乱れによる肌荒れに悩んでいませんか?生理前に必ずニキビができるという女性も多いと思います。肌荒れの関係からバランスが乱れる原因まで徹底解説。自分でできる改善法や病院で受けられる治療法も知って美肌を手に入れましょう。

生理前は毎月のように肌が荒れる

生理前には必ずと言っていいほど肌が荒れてしまう、これってホルモンバランスのせい?と疑問に思ったことはありませんか?

ニキビを始めとした肌トラブルの原因の一つに挙げられる、ホルモンバランスの乱れと肌荒れは深い関係があり、女性の場合は生理周期などの関係からも月に1度は乱れてしまうことが多いでしょう。

この記事ではホルモンバランスと肌荒れの関係や、改善方法や治療法まで解説していこうと思います。

ホルモンバランスの乱れと肌荒れの関係

まずはホルモンの働きと共に乱れてしまう原因や崩しやすい時期について知っていきましょう。

また、ホルモンバランスが乱れてしまうことで起こってしまう肌トラブルもここで解説していきます。

女性ホルモンの働き

まず女性ホルモンの働きについて知っていきましょう。

女性ホルモンはプロゲステロンエストロゲンの2つが挙げられます。

黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンは、女性の体が妊娠しやすいように子宮内の環境を整えるとともに、基礎体温の上昇や乳腺を発達させる働きがあり、他の働きも多くが妊娠に関係するものが多いのが特徴です。

そしてもう一つがエストロゲン、別名卵胞ホルモンと呼ばれており、骨の形成や血管の収縮、女性らしい丸みを帯びた体を作ったり、自律神経や感情の動き、脳の働きを整えたりするほか、卵胞の成熟を促す、受精卵が着床しやすいように内膜を厚くするなど妊娠に関わる働き以外にも女性らしさなどを高めてくるホルモンです。

女性の場合はこの2つのホルモンが周期的に入れ替わるようにそれぞれが増減を繰り返すことで生理周期などは形成されています。

ホルモンのバランスが崩れる原因

ホルモンバランスが崩れてしまう原因は様々です。

まず一つがストレス

このストレスは睡眠不足や生活習慣の乱れ、職場でのいざこざなど多くのことが原因で蓄積されていきます。

こうしたちょっとしたことの積み重ねは知らず知らずのうちに体の内側からいろんな不調を引き起こします。

だるさや頭痛などの体調不良からホルモンバランスの乱れなどまで数多の症状に悩まされてしまいます。

次に男性ホルモン

男性ホルモンは女性の場合は副腎や卵巣で分泌されており、骨格や筋肉の成長などに関わっています。

しかし、この男性ホルモンが多く分泌されてしまうことで、女性ホルモンとのバランスが乱れてしまう上、皮脂が分泌されやすくなってしまうことでオイリー肌などになりやすい肌になってしまうのです。

ホルモンバランスを崩しやすい時期

女性の場合、ホルモンバランスを崩しやすい時期というのが3つあります。

まず一つ目は生理前です。

エストロゲンが減少し、プロゲステロンが増加するホルモンの分泌量の急変化が起こるのが生理前の週ですので、イライラしたり心が不安になったりするだけでなく、皮脂分泌が高まり、メラニン色素が定着しやすいためしみやソバカスなどもできやすい時期でもあります。

二つ目は出産前後です。

妊娠中は赤ちゃんに栄養を送るための胎盤を完成させるためと流産を防ぐためにプロゲステロンが、子宮を大きくし、母乳を運ぶための乳管を発達させるためにエストロゲンが多く分泌されます。

しかし、産後はそれらの役割をすべて終えている状態ですから、急激に分泌量が減ってしまうため、バランスがいきなり崩れてしまうのです。

抜け毛が増えたり、肌が敏感になりかゆみやかさつき、湿疹などのトラブルも多くなります。

三つ目は更年期です。

女性が閉経を迎える前後の期間のことを言い、40~50歳ごろが多いと言われています。

この更年期を迎えると卵巣の機能が衰えてしまい、卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減少してしまいます。

そのため、減少してしまうエストロゲンを分泌させようと脳は盛んに卵胞刺激ホルモンを刺激して促すのですが、更年期を迎えた卵巣は必要量のエストロゲンを分泌することができないため、卵胞刺激ホルモンが増加し、エストロゲンが減少するというバランスの乱れが引き起こされるのです。

ホルモンバランスの乱れで起こる肌トラブル

ホルモンバランスが乱れることで起こる肌トラブルは多く、その中でも代表的なのがニキビと肌荒れでしょう。

ニキビは男性ホルモン、プロゲステロンが増加することで皮脂の分泌が多くなってしまうことで発生しやすくなります。

皮脂はニキビの原因菌であるアクネ菌の大好物でもあり、毛穴の詰まりを起こしてしまい、ニキビを発生させたり、悪化させたりすることもあります。

次に肌荒れは女性ホルモンのバランスが乱れることで、男性ホルモンの影響が強く出ることで発生します。

肌の毛穴が開いてしまい、キメが粗くなりニキビなどの炎症反応が見られることもあります。

こうした肌のトラブルだけではなく、だるさや肩こり、頭痛などの体調不良、イライラなどの心理的な不安などの自律神経の不調、生理不順なども引き起こすこともあります。

ホルモンバランスを整える方法

乱れたホルモンバランスはどのように整えていけばいいのでしょうか?

自分でできる改善方法や整える方法をここで解説していきます。

食事で改善する

ホルモンバランスは食事でも改善することができます。

中でも積極的に摂っていきたいのが、ビタミンBビタミンE、そして大豆イソフラボンです。

ビタミンBの中でもカツオやマグロなどの魚類に多く含まれているビタミンB6は女性ホルモンの一つである、エストロゲンに働きかけバランスをと整える効果があり、アーモンドなどに多く含まれるビタミンEは高い抗酸化作用で肌に対して効果的な上、脳下垂体や卵巣に働きかけてホルモンの分泌量をコントロールしてバランスを整えてくれる効果があるので、乱れたバランスを整えるのには最適です。

また、大豆製品などに含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと同様の働きをしてくれる成分ですので、少ない女性ホルモンの補助を担ってくれる頼もしい成分なのです。

これらの栄養素を積極的に摂っていくことで、ホルモンバランスはきちんと整っていってくれます。

生活習慣で改善する

ホルモンバランスが崩れてしまうのは、生活習慣が乱れてしまっているせいであることもあるのです。

睡眠不足、ストレス、運動不足などを始めとした生活の乱れが直結しているともいえるでしょう。

自分の生活習慣を今一度見直してみて、乱れている所や体調不良の原因になったりしたことがあるものに関しては注意していきましょう。

ストレスの発散方法を確保したり、恋愛をしてみるのもいいでしょう。

ストレス発散によるリラックス効果を得るだけでなく、恋愛のドキドキする感情は女性ホルモンを活発化させる効果もありますので、バランスが崩れた状態ではこうした感情だけでもかなり違ってきます。

しかし、こうした規則正しい生活はホルモンバランス以前に、健康的な生活を送るためにも必要不可欠。

毎日の生活習慣があなたの健康を支えているのです。

漢方薬

女性ホルモンのバランスが乱れた時の体調不良などで、婦人科や産婦人科と言った医療機関を受診したことがある人は、漢方薬を処方されたことがあるのではないでしょうか?

漢方薬は体質改善や体力低下などを始め、西洋医学では病気と認められないものや治療で副作用があるもの、再発を繰り返してしまうようなものといった症状に対して効果的で、逆に手術や救命措置、伝染性の強い病気などにはあまり効果的ではないという特徴があります。

ホルモンバランスの乱れによる不調は冷え性や肩こりなども含まれますが、そういった症状の中には西洋医学的に病気と認められないものも多くあります。

血行不良などによりさらに引き起こされることもありますので、複数の症状に対して効果がある薬を飲まなければならなくなりますが、漢方薬は複数の生薬を使用して作られた薬ですので、多くの症状に効果を発揮します。

そのため、ホルモンバランスによる体の不調などを根本から解決していくことでホルモンバランスの乱れを結果的に整えていってくれるのです。

サプリ

漢方薬などの薬は苦手でサプリメントで整えていきたい、食事が偏っていることが多いからサプリメントできちんと栄養を補っておきたい、という人はビタミンBやビタミンEが多く含まれているものを選んでみるのをおすすめします。

毎日の食生活をきちっとするのはなかなか大変で、続けるのは苦痛になることもありますし、ホルモンバランスを整えるのに有効なビタミンを毎日毎日摂るためには手間暇かけなければなりません。

そんな時にはサプリメントで毎日の食事をサポートすることでより楽に整えていくことができるでしょう。

また、漢方薬などの薬が苦手な場合はサプリメントに頼ることで、他の解決法や改善法と相乗効果を狙っていくこともできるでしょう。

改善しない場合は病院でホルモン治療

どれだけ改善方法を続けても、どうしても改善しない場合もあります。

そんな時には無理をせずに病院に行って医師と相談しながら治療を受けてみるのも大切です。

自分だけでは解決しない、改善しない場合は専門家の手を借りるのも必要になってきます。

医療機関の選び方

ホルモンバランスの乱れの場合、どのように医療機関を選んでいけばいいのでしょうか?

産婦人科

ホルモンバランスの乱れを改善するならば、一番に選ぶのは産婦人科です。

生理周期や体調不良なども合わせて診察してもらうことができ、他の婦人科的な悩みもあるのならその点も合わせて相談してみるのも良いでしょう。

漢方を始めピルなどの多くの薬を選択することもできるので、より自分の体などにあった治療法を選ぶことができるのも特徴としてあげられるでしょう。

一度出産を経験している人やよくかかっている産婦人科などがあるのであれば、そちらで相談してみると以前のカルテなども合わせてより状態が分かることもあります。

皮膚科

ホルモンバランスの乱れによる肌荒れやニキビなどがひどい場合皮膚科に行くことも良いでしょう。

皮膚科でも漢方薬は処方されることも多く、それと一緒に肌荒れやニキビなどにも効果的なビタミン剤なども処方してもらうこともできます。

またホルモンバランスの検査を受けることができる皮膚科の医療機関も多いので、先に肌トラブルが悪化した時などは敢えて皮膚科に受診してみるのも一つの方法でもあります。

ホルモン治療の内容

ホルモンバランスを整えるための治療としては、ホルモン治療としてホルモン剤やピルの処方などが挙げられます。

このホルモン剤はその人の状態によって処方されるものが変わります。

月経不順の治療に使われるホルモン剤や更年期治療に使われるものなどと多くの種類があるため、医師が状態をしっかりと診察してその人の状態にあったものを処方してくれます。

副作用やリスクが高め

しかし、ホルモン剤による治療は体内のホルモンバランスに対して直接的な変化を与えて効果を発揮しますので、副作用なども強く表れる場合があります。

副作用や合わない場合の不調などのリスクが高いことがホルモン治療における不安な点でもあります。

用法容量をきちんと守って服用すれば副作用は心配することはありません。

けれど服用することで体調不良や体に違和感がある場合はすぐに医師に相談しましょう。

編集部おすすめスキンケア:ラ・ミューテ

ホルモンバランスが乱れている時に使うスキンケア用品は、原因が原因だけに何を使えばいいのか分かりませんよね。

しかし、そんなお悩みも解決できる編集部おすすめのスキンケア用品がこちらのラ・ミューテです。

ラ・ミューテの魅力

ラ・ミューテの魅力は敏感肌にも使うことができるという点もあげられますが、その効能で女性ホルモンに働きかけてくれることも挙げられます。

ダマスクローズの優しい香りで女性ホルモンに働きかけながら、他の有効成分が肌に浸透してくれることで、根本的な原因を改善しつつ肌トラブルをの解消にも効果を発揮してくれるのです。

肌トラブルが生理周期の関係で悪化することもある人で、敏感肌の人の場合このラ・ミューテは大きな助けになってくれるスキンケア用品です。

お悩みならば一度試してみるのはいかがでしょうか?

ラ・ミューテ美肌セット

ラ・ミューテの販売している製品の中に『​美肌セット』という洗顔、化粧水、美容液の3点セットがあります。

ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸といった潤い成分がどの製品にも配合されているので、どれを使ってもしっかりと潤いを与えてくれます。

そして同じくどの製品にも配合されている熟成ダマスクローズウォーターは無農薬栽培の国産天然ダマスクローズを使用していますので、安心して使うことができますね。

ダマスクローズの香りにはホルモンバランスを整える以外にも体臭を押さえる効果、リラックス効果もありますので、ストレスの軽減や美容的な面からみてもとても大きな効果が期待できるのが嬉しいところです。

またヒト型セラミドも配合されていますから、肌荒れやニキビの悪化の原因になる乾燥もきちんと予防することができます。

ラ・ミューテ美肌セットのポイント

  • ダマスクローズの香りによる女性ホルモンのバランスにアプローチ
  • ナノ保湿成分による保湿力とバリア機能の補助
  • 「補う」「守る」だけではなく強い肌に育てることができる
  • 使うほどに肌がきれいに強くなる
  • 製品名 ラ・ミューテ美肌セット
  • 価格 17,100円(税抜)
  • 販売元  株式会社ラ・ミューテスタイル

公式サイトはこちら

  • トラブルがなくなって、お肌絶好調です!
    高校生の頃からニキビに悩んでいて、治そうと思って使った化粧品が敏感肌の私に合わず、赤くなってしまうこともありました。 季節の変わり目などで、今まで使っていた化粧品が急に合わなくなることも。 ラ・ミューテは、使いはじめは美容液までのお手入れで大丈夫かな?と思いましたが、使い始めるとお肌がいい感じに整ってきました! 季節の変わり目で乾燥や肌荒れしやすい時期なのですが、トラブルなくお肌の調子が絶好調で嬉しいです!

    ラ・ミューテ

  • すっぴんの自分が好きになってきました
    妊娠、出産をして肌トラブルが増え、ニキビが治りにくく肌荒れしてるなと感じることが増えました。 敏感肌なので、合う化粧品があまりなく苦労していたのですが、ラ・ミューテと出会って変わりました。 洗顔フォームの泡のキメ細やかさや肌の汚れ落ちが良くて感動! 化粧水も敏感な私の肌にやさしく浸透して言って、美容液の保湿力にお肌が癒されています!! すっぴんでいる自分が好きになってきました。

    ラ・ミューテ

妊娠や出産などの関係でホルモンバランスが崩れてしまい、肌トラブルに悩まされることになった人の中には、敏感肌ということが原因で、なかなか良い化粧品に巡り合えない人が多くいます。

特に妊娠中や産後は赤ちゃんに対しても気を遣いますから、あまり刺激の強い成分や赤ちゃんにも悪い成分が配合されているかもしれない、と考えてしまいがちになることもあるでしょう。

しかし、このラ・ミューテの美肌セットを使っている人の中には出産後の人もいます。

こうした口コミを見ると安心して使うこともできるので、凄く助けになりますね。

ホルモンバランスを整えて美肌になろう

ホルモンバランスの乱れは簡単に起きてしまい、そして整えるためにはなかなか難しいことです。

体調不良や肌トラブルといった不調を起こしやすくなるのも嫌なところではありますが、普段の生活や食事などを気を付けていくことでホルモンバランスの乱れはある程度予防することが可能です。

しかし、女性の場合は生理周期や出産前後、更年期などどうしてもバランスが崩れやすくなってしまい、不調になってしまいがちな時があります。

そんな時には周りの手を借りたり、医療機関に受診するなどして改善策を取っていくことも大切です。

ホルモンバランスが整っていれば、健康的な生活はもちろん綺麗な肌を手に入れることもできます。

毎日の生活習慣などのちょっとしたことに気を付けながら、ホルモンバランスを整えてトラブルに悩むことのない美肌を目指していきましょう。