ニキビの病名「尋常性ざ瘡」の種類は?症状や治療方法まとめ

ニキビの病名「尋常性ざ瘡」の種類は?症状や治療方法まとめ

誰もが一度は悩んだことがあるニキビ、実はきちんとした病名があることを知ってましたか?病名があるなら、それに合った治療法もあるはず。病院では一体どんな診察・治療をしてくれるのでしょう?今回はニキビのアレコレを解説します!

ニキビには正式な病名があるって知ってた?

治ったと思ったのに、また新しいニキビがプツプツ……毎朝、鏡を見てため息をついている人は多いのではないでしょうか。目立つ所に出来てしまうと、気持ちもどんより沈んでしまうニキビ、実は正式な病名があります。つまり、ニキビはれっきとした病気!病院で診察を受けて治療して治すものなのです。知っているようで意外と知らないニキビの基礎知識、そして「病院ではどんな治療をしてもらえるの?」「治療と平行して自宅で行うケア方法を教えて!」など、様々な疑問・質問をここで全て教えます!

はるこ先生
ニキビは私も10代の頃によく悩まされたわ。起こる人が多い肌トラブルだから、「病院なんで大げさな……」って思っちゃう人も多いわよね。でも、ニキビは立派な病気!病気としてのニキビの情報、徹底的にリサーチしてきました!

ニキビとは?

ニキビが出始める時期は平均して13~18歳、軽い症状も含めて90%以上の中高生が経験していることから「青春のシンボル」とも呼ばれています。大人になると自然と治っていくことが多いですが、最近は大人になって再び発症することも。何度も繰り返すニキビはつい潰してしまいたくなりますが、そうすると傷跡やシミになって跡が残ってしまいます。間違った自己流ケアで後悔しないためにも、まずはニキビについて学んでいきましょう。

ニキビ=尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)

ニキビは医学的に「尋常性ざ瘡」と呼ばれる皮膚疾患で、男女関わりなく顔や胸、背中にできます。病名にすると難しい名前ですが、俗に言う「吹き出物」と同じ。皮脂の分泌、毛穴の周りの角質が溜まることが原因で、毛穴が詰まって発症します。日本皮膚科学会のガイドラインでは炎症を起こしているニキビの数に応じて、症状の重症度を測るための基準が設けられています。

  • 軽症:顔の半分に5個以下
  • 中等症:顔の半分に6~20個以下
  • 重症:顔の半分に21~50個以下
  • 最重症:顔の半分に51個以上
アッキー
このガイドラインはニキビを皮膚科で治療する人が少なくて、間違ったケアをする人が多いから作られたそうですよ、はるこ先生。
はるこ先生
よく調べてきたわね、アッキー!こう見ると、自分の症状がどの程度なのか分かりやすいわ。このガイドラインにはニキビの症状別に、もっと詳しい分類もされているんでしょう?早く見てみましょう!

ニキビ(尋常性ざ瘡)の種類

ニキビは進行段階によって数種類に分類されます。

微小面ぽう

微小面ぽうは毛穴が徐々に狭くなり、そこに皮脂や角質が溜まり出した状態です。肉眼では見えないくらい初期段階なので「隠れニキビ」とも呼ばれます。

面ぽう

面ぽうは穴に皮脂や角質が溜まって、毛穴がプクッと膨らんだ状態のことを言います。小さな白い点が、目で見て分かるくらいの大きさで出てきます。詰まった皮脂が毛穴を押し広げて表面まで出てくることもあり、先端が酸化して黒く見えるものもあります。

丘疹

丘疹(きゅうしん)は毛穴の中で皮膚の常在菌の1種、アクネ菌が増えて炎症が起こった状態です。直系5ミリ以下の赤い膨らみで、触ると痛いこともあります。

膿胞

丘疹からさらに症状が進み、毛穴の中が膿んだ状態です。周りが赤く、先が白や黄色っぽい膿が溜まっているのが分かります。表面が膨らんでいるので皮が薄くなり、潰れやすくなっています。

なじみの深い呼び名で解説

いかがですか?思った以上に細かく分類されていましたね。「難しい言葉ばかりでピンと来ない……」そんな人のために、一般的なニキビの種類と照らし合わせてみましょう。

  • 面ぽう→白ニキビ、黒ニキビ
  • 丘疹 →赤ニキビ
  • 膿疱 →黄ニキビ

白ニキビや赤ニキビも種類が違うのではなく、進行段階によっての呼び名が変わっていくという事が分かりますね。

アッキー
ちょっと待って下さい、はるこ先生。ニキビの進行段階で名前が変わるのは分かりますが、ニキビは他にも呼び名がありますよ。思春期ニキビや大人ニキビは、どこに分類されるんでしょう?
はるこ先生
良い所に気がついたわね、アッキー!思春期ニキビは10代、大人ニキビは20代から発症するニキビのことよ。ニキビそのものの症状はさっき説明した通りだけど、その他にも違うポイントがあるの。ちょっと詳しく説明するわね。

10代は成長ホルモンの影響で皮脂の分泌が最も活発になる時期。そのため、思春期ニキビは顔の中でも最もオイリーなTゾーンや鼻、頬などの広範囲にできやすいという特徴があります。ホルモンバランスが整ってくる20代前後には自然とできなくなります。

20代になってできる大人ニキビは顎やフェイスライン、デコルテ部分に発生します。大人ニキビの原因はストレスや生活習慣の乱れとも言われていますが、はっきりとは解明されていません。一説によると、ストレスや生活習慣によって肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が毛穴に溜まって大人ニキビになると言われています。大人ニキビは繰り返しできて悪化しやすく、跡に残りやすいのが特徴です。

尋常性ざ瘡の治し方:皮膚科の治療

ニキビに悩んだら病院に行ったほうがいいという事は何となく分かってきましたね。では、具体的に皮膚科ではどんな治療をしてもらえるのでしょうか?

ニキビの検査・診断

皮膚科ではニキビについて特別な検査を行うことはありません。問診票に記入し、診察ではその情報を元に話が進められます。主な内容は「ニキビが出来やすい場所」「生活習慣」「食生活」ですが、女性の場合は普段のスキンケアやメイクについて聞かれることもあります。男性なら普段使用している髭剃り、部活などについて聞かれることも。症状が重いと判断されたら、血液検査やホルモンバランスをチェックされる場合があります。

ニキビの治療方法

皮膚科で行われるニキビの治療は、投薬とカウンセリングがメインです。カウンセリングは問診で聞かれた情報から、日常生活やケア方法の改善点を探っていきます。投薬は内服と外用薬があり、症状に合わせて処方してもらえます。

<健康保険適応>

  • 外用レチノイド

2008年にニキビ治療薬として認可された、比較的新しい塗り薬です。ニキビは肌の角質層が固くなって、毛穴を塞ぐことでできます。レチノイドは角質層の1つ下にある顆粒層の細胞が角質細胞に変化することを防ぐため、角質層を柔らかい状態にキープします。白ニキビや黒ニキビの改善、今後のニキビ予防にも効果があります。ただし、炎症を改善する効果がないので、赤ニキビや黄ニキビには効果がありません。

  • 抗生物質

炎症を抑える効果があるため、赤ニキビと黄ニキビの改善に効果があります。塗り薬と飲み薬の2種類があり、症状に合わせて処方されます。ニキビの炎症を起こす原因となるアクネ菌を倒してくれるので、ニキビを早く治すことができます。悪化する前に治すことで、凸凹のニキビ跡になることを防ぐことができます。

  • 漢方薬

ニキビ治療でも漢方薬は使用されます。服用は体力が中程度以上の人に限られていますが、全身の状態を良くすることで抵抗力をアップし、ニキビが出来にくい状態に整えます。とはいえ漢方薬だけではニキビの根本治療は難しいため、他の治療法と併用して使用されることが多いです。

  • 外用イオウ製剤

イオウ製剤は昔からニキビ治療薬として使われています。アクネ菌を倒す抗菌効果、角質を柔らかくして毛穴の詰まりを改善する効果、そして肌を乾燥させてニキビを出来にくくする効果があります。ただし、思春期ニキビは皮脂の分泌が活発なため改善が期待できますが、大人ニキビは逆効果になることもあります。20代の皮脂分泌量が通常に戻った状態で皮脂を抑えると、肌の乾燥を抑えようと皮膚の分泌量が増えます。そうなると結果として皮脂の分泌が増え、毛穴が詰まりやすくなってニキビが悪化してしまうのです。

  • 面ぽう圧出

こちらは薬ではなく、ニキビの中に詰まった皮脂や膿を専用の器具で取り除く処置になります。主に白ニキビに行われる治療法で、ニキビ表面に小さな穴をあけ、アクネプッシャー(面ぽう圧出器)で皮脂や汚れを排出します。ニキビの中身が全て無くなるので、早くキレイに治すことができます。

<保険適応外>

  • 過酸化ベンゾイル製剤

アメリカ合衆国のニキビ治療で最もポピュラーな塗り薬です。ニキビの原因菌の働きを抑え、毛穴を広げてニキビをできにくくします。初期の白ニキビ、黒ニキビの治療に有効です。ただし、ピーリング効果と肌を乾燥させる効果があるので、肌が弱い人は痒みが出ることもあります。日本ではまだ未承認薬ですが、国内でも一部の皮膚科で保険適応外の治療に使用されています。

  • ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは肌の表面にフルーツ酸を塗って、古くなった角質や汚れを溶かすニキビ治療です。白ニキビや黒ニキビの場合は毛穴に詰まった皮脂を取り除くことで赤ニキビへの進行を食い止め、肌表面に溜まった角質を取り除くので毛穴を詰まりにくくする効果があります。2週間に1回の施術を6回程度行い、その後は1ヶ月に1回、2ヶ月に1回と徐々に間隔を開けていきます。医療機関は治療目的として酸の濃度を調整しているため、ニキビ治療のために行うならエステよりも経験豊富な医療機関を尋ねるようにしましょう。

  • レーザー治療

ニキビ治療に用いられるレーザーは、肌表面に波長の異なるレーザーを照射して小さな穴を開け、毛穴に詰まった皮脂や汚れを溶かし出す治療法です。使用するレーザーの種類を変えることで、赤ニキビやニキビ跡を改善することもできます。軽症のニキビなら1~3回、重度のニキビでも1~2ヶ月の治療で改善されます。

ニキビと似ている皮膚疾患

自分ではニキビと思っていても、実は全く別の皮膚疾患だったということもあります。治療方法が全く異なるので、ニキビ用のスキンケアをしても効果がない場合は皮膚科を受診してみましょう。

慢性膿皮症

慢性膿皮症はニキビに似た発疹で、膿を伴った炎症を繰り返します。ニキビの原因菌はアクネ菌ですが、慢性膿皮症はブドウ球菌化膿連鎖球菌が原因菌になります。初期症状はニキビに似た小さな発疹が複数発生し、次第に数が増えて融合します。皮膚の下には膿が溜まり、圧迫されると悪臭がある膿が排出されます。

  • 治療法

主な治療は抗生物質の内服薬を使用します。皮膚の下に膿が溜まっている場合、再発防止のために外科的処置で患部を切除することもあります。

<切除縫合法>

患部の皮膚を切除し、中の膿を出して縫合します。比較的軽症で患部が小さい場合に行われます。

<くり抜き法>

症状が進んで皮膚の表面が固くなった場合、その部分を皮下組織まで円形にくり抜きます。広範囲な場合は複数箇所行い、皮膚の下に開けた穴を繋いで裏側から壊死した部分を切除します。くり抜いた部分は1~2ヶ月かけて肉が盛り上がり、再生します。

<皮膚移植>

病変部を切除して皮膚移植を行う治療法です。

アッキー
慢性膿皮症は初期なら簡単に治療することができますが、重症になると範囲が広がって治療も難しくなってきます。
治りにくいな……って思ったら、早めに受診した方が良さそうですね。

酒さ性ざ瘡

酒さ性ざ瘡(しゅさせいざそう)は女性に多く発症する慢性の皮膚疾患です。酒さの初期症状である赤ら顔やほてり、ヒリヒリした痛みと一緒に出て来ることが特徴です。ニキビのような発疹や膿疱がポツポツがたくさん出てくるため、大人ニキビと間違えられることもあります。酒さの原因は詳しくは解明されていませんが、紫外線やストレス、アルコール、化粧品などにより引き起こされると考えられています。酒さの疑いがある女性はなるべく低刺激な化粧品を使い、日焼け止めで紫外線対策をして予防しましょう。

  • 治療法

酒さ性ざ瘡の治療は対処療法で、根本の治癒ではありません。発疹が膿を含んでいる場合は抗菌薬や抗生物質が内服・外用薬として処方され、場合によってはレーザー治療を行うこともあります。発疹や膿疱を治療することで顔の赤みも徐々に薄くなり、症状を緩和することができます。

<アゼライン酸>

海外では酒さ・ニキビなど皮膚トラブルの治療に使用されているのがアゼライン酸です。小麦やライ麦に含まれる成分で、抗炎症作用や抗菌作用、皮脂の分泌をコントロールして毛穴の詰まりを改善させる効果があります。さらにメラニンの生成を抑える美白効果があり、酒さの症状が治まった後の色素沈着を予防することもできます。

日本では医薬品としての使用が許可されておらず、化粧品という取り扱いです。医薬品並に高濃度な商品は、クリニック専用として制限されています。

マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎はマラセチア菌の異常繁殖で起こる毛穴の炎症です。光沢がある赤い発疹が現れ、ニキビよりも小さく全体に広がる特徴があります。マラセチア菌は真菌、つまりカビの1種で脂分を好みます。そのため主に背中、胸、腕など比較的脂分が多い所によく発生します。発疹が起こる原因は異常発生したマラセチアに対して免疫反応が働くこと、そしてマラセチアが皮脂を分解した時に出る代謝物が炎症を引き起こすと考えられています。病院では膿を検査し、マラセチア菌が入っているかどうかを調べて診断します。

<治療方法>

  • 抗真菌薬(ケトコナゾール)

病院ではケコトナゾールという抗真菌薬の塗り薬を処方されます。クリームタイプとローションがあり、ベタかず広範囲に塗ることができるローションが多く用いられます。

  • 内服薬(イトラコナゾール)

塗り薬だけで治らない場合や、広範囲に発疹が広がっている場合は内服薬も処方されます。真菌の細胞膜の合成をブロックし、活動を抑えて炎症を抑えます。

新生児座瘡

新生児座瘡は生後3ヶ月までの赤ちゃんの額や頬にできるニキビのような発疹です。生まれてから3ヶ月までの赤ちゃんは男性ホルモンの分泌が盛んで、皮脂の分泌量も増えます。皮脂が毛穴を塞ぎ、中に溜まってニキビと同じ症状になります。痒みはほとんどありませんが、稀に炎症を起こしたり膿んでしまうこともあります。

<治療方法>

赤ちゃんの男性ホルモンは生後3ヶ月以降になると分泌されなくなるので、治療しなくても自然と治ってきます。ただし、炎症を起こして広がっている場合は、非ステロイド外用薬や抗生物質入りの軟膏が処方されます。寝具や衣類は清潔なものを、顔も石鹸で洗って皮脂が詰まらないようにケアしてあげることが大切です。

そもそもニキビは何故できる?尋常性ざ瘡の原因

人によって症状の重い軽いはあるものの、ニキビは誰もが一度は悩むものといっても過言ではありません。そもそもニキビって、どうしてできるんでしょうか?そのメカニズムをご説明します。

ホルモンバランスの乱れ

先ほども少し説明しましたが、ニキビ発生にはホルモンが非常に深く関わっています。ホルモンの中でも、特に男性ホルモンのアンドロゲンは皮脂の分泌を増やし、皮膚の角化を促進する働きがあります。思春期はホルモンの分泌が盛んに行われるため、男性はこのアンドロゲンが大量に分泌されます。皮脂は通常なら毛穴から排出されますが、同時に毛穴周辺の皮膚の角化が進んでいるので出口が詰まってしまいます。そうなると、面ぽうと呼ばれる初期段階のニキビが発生するのです。

また、女性は生理前になると黄体ホルモンが大量に分泌されます。黄体ホルモンもアンドロゲンと同じ、皮脂の分泌を促す作用があるため、生理前はニキビができやすく、悪化しやすい状態です。

はるこ先生
男性ホルモンだからといって、女性は関係ない訳じゃないわよ!女性も副腎で男性ホルモンが作られているから、思春期になると分泌量が増えてニキビができるの。
このアンドロゲンはストレスを感じると分泌が増えるから、大人ニキビの原因にもなるんですって。

アクネ菌が増殖する理由

ニキビの原因菌として知られているアクネ菌、正式にはプロピオバクテリウム・アクネスという名前です。実はアクネ菌にも善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌は肌のphを4~6の弱酸性にキープする働きをしてくれます。しかし悪玉菌は皮脂を分解して毒性のある過酸化脂質を生み出し、ニキビの原因になります。

アクネ菌は空気が入らず皮脂が多い場所を好む習性があるので、毛穴の出口が角栓で塞がれて皮脂が溜まっている面ぽうに入り込みます。アクネ菌にとって最適な環境なので、存分に皮脂をエサにして増殖します。アクネ菌はもともと人間の身体に住み着いている常在菌なので、いくらニキビを治したくても全て退治することは不可能です。そのため、アクネ菌が好む環境である面ぽうを作らないことが、ニキビ対策の第一歩です。

自分で出来るニキビの予防方法

できてしまったニキビは治るまでに時間がかかるので、毎日の生活で予防するのが1番!自宅で取り組める予防法を教えます。

バランスの取れた食事

「甘い物を食べすぎるとニキビが増える」なんて、誰もが一度は耳にしたことがある言葉ですね。特定の食べ物でニキビが悪化する因果関係はハッキリしませんが、肌に良い栄養素はニキビ予防にも効果的です。好き嫌いが多かったり、外食中心という人は、少し食生活を見直すだけでもニキビが改善されるかもしれませんよ。

ニキビ改善に効果がある栄養素

  • ビタミンA

ビタミンAには肌のターンオーバーを促して毛穴の詰まりを解消する効果があります。また、肌のバリア機能をアップさせ、皮膚や粘膜の潤いをキープしてくれます。多く含まれる食品はウナギやレバー、ニンジン、カボチャ、ホウレン草などです。

  • ビタミンB2

ビタミンB2は肌を柔らかくして角化を防ぎ、皮脂の量をコントロールしてくれます。卵や乳製品、ウナギ、海藻類に多く含まれます。

  • ビタミンB6

ビタミンB6は新陳代謝を活発にし、新しい肌細胞を作る働きをします。皮脂の分泌を抑えてくれるので、思春期ニキビの改善に効果的です。多く含まれる食品はマグロ、カツオなどの赤身魚、鶏ササミとニンニクです。

  • ビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用とコラーゲン生成を助ける働きをします。またシミや黒ずみの原因になるメラニンの働きを抑えるため、ニキビ跡の色素沈着が起こりにくくなります。緑黄色野菜やレモン、オレンジなどの果実、イモ類に豊富です。

  • ビタミンE

ビタミンEは高い抗酸化作用があり、血液の循環を助ける働きがあります。豊富な食材はレバー、ウナギ緑黄色野菜などです。

  • ミネラル

ミネラルはカルシウム、マンガン、鉄、亜鉛など、生きていく上で必要不可欠な必須栄養素です。身体の中で作ることができないため、食べ物から摂取する必要があります。肌のターンオーバーを促し、ホルモンバランスを整える働きがあります。豊富に含まれる食品は、カルシウムなら乳製品やキャベツ、ニンジン、亜鉛はカシューナッツや牡蠣、マグネシウムは昆布や穀類などです。

  • コラーゲン

コラーゲンはタンパク質の1種で、肌を柔らかく弾力を持たせる働きをします。酸素や栄養素を肌細胞に届け、新しい肌の材料にもなります。豊富に含まれる食材は鶏皮、牛と鶏の軟骨です。

  • 食物繊維

食物繊維は便秘や腸内環境を改善する効果があります。便が溜まると腸内に有毒ガスが充満し、血液から全身を巡って肌荒れの原因になります。便秘を解消することで肌のターンオーバーが正常化し、ホルモンバランスを整えることができます。サツマイモやゴボウなどの根菜類、キノコや豆類に豊富に含まれています。

はるこ先生
皮脂の分泌を増やさないためには、低カロリーで脂肪を抑えた食事内容がおすすめよ。タンパク質は鶏や魚、大豆から。ビタミンやミネラルがたっぷりの野菜はスープや鍋にするとたくさん食べられるし、身体も温まるから一石二鳥ね♪

規則正しい生活

不規則な生活は疲れやストレスが溜まりやすく、それがニキビを悪化させる原因に繋がります。しかし、「今日から規則正しい生活をしよう!」と思っても、具体的には何に気をつけたらいいんでしょうか?ポイントを絞って紹介します。

いくつできてる?規則正しい生活チェック

  • 早寝早起き
  • ぐっすり眠る
  • 適度な運動
  • 夏でも湯船に浸かって温まる
  • ストレスを溜めない

睡眠

早寝早起きは規則正しい生活の基本ですね。毎日7時間程度の睡眠時間が確保できれば、肌が日中に受けたダメージを寝ている間に回復することができます。一般的にお肌のゴールデンタイムと呼ばれているのは22時~2時。特に、入眠後の3時間は脳から成長ホルモンがたっぷり分泌されるので、ぐっすりと眠れるような工夫ができればいいですね。

質の良い睡眠を得るためのポイントは、以下の5つです。

  • 眠る前のスマホはNG
  • パジャマを着て眠る
  • 起床後、すぐにカーテンを開けて朝日を浴びる
  • 日中は活動的に過ごす
  • 夜は明かりを消してリラックスする

眠る前は脳の活動を緩めるために、明かりを消してベッドに横たわるリラックスタイムをもつことがおすすめ。交感神経と副交感神経のスイッチを上手く切り替えることができて、スムーズに眠りに入ることができます。また、入眠前のスマホのブルーライトは脳を活性化させるので、習慣になっている人は控えましょう。急に全部やることは難しいですが、できることから1つずつ毎日の生活に取り入れましょう。

運動

ニキビ予防のために運動するなら、激しい運動よりもウォーキングやスイミングがおすすめ。有酸素運動で汗をかくと、角質肌が潤ってバリア機能がアップします。運動後のサラっとした汗は毛穴から出る油分と共に、肌の表面に皮脂膜を張って保湿効果がアップ!ニキビ予防にとっても効果的です。

ただし、あまり激しい運動をすると活性酸素の働きによって肌トラブルが起こりやすくなります。少し心拍数が上がるくらいのストレッチやウォーキングでOKなので、楽にできる運動を始めましょう。忙しくて運動の時間が取れない人はエスカレーターを階段にしたり、ひと駅歩いてみるなど、毎日少し意識するだけでも変わりますよ!

ストレス

ストレスは男性ホルモンの働きを活発にし、ニキビができやすくなります。イライラして小さなニキビを潰してしまうと、跡が残ったり色素沈着にも繋がるので、上手にストレスをコントロールすることがニキビ予防の大切なポイント!そうはいっても、職場や学校など人間関係のストレスは自分ひとりの力で解消することは難しいですよね。

しかし、ストレスは何も精神的なものだけではありません。気温の変化や冷暖房による物理的なストレス、花粉や細菌など生物的なストレス、添加物やお酒、タバコなど体内に入る科学的なストレスもあります。ストレスに繋がるものを知り、なるべく避けるよう工夫するといいでしょう。

適切なスキンケア

アクネ菌の増殖を防いでニキビの進行を食い止めるためには、毎日のスキンケアが大切です。余分な皮脂が毛穴に溜まらないように、洗顔でしっかり洗い流しましょう。石鹸選びのポイントは、界面活性剤が含まれていない低刺激なものを選ぶこと。界面活性剤入りの石鹸は洗浄力が強すぎて、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

  • 正しい洗顔の手順
  1. 人肌程度(30度前後)のぬるま湯で顔を濡らす
  2. 石鹸をよく泡立て、顔に優しく泡を付けていきます
  3. こすらず、泡を押し当てるようにして軽くマッサージします
  4. ぬるま湯でしっかりすすぎます
  5. 化粧水で開いた毛穴を引き締め、乳液や美容液で保湿します

「ニキビは肌が脂っぽい時にできるものだから、保湿はしない方がいい」と考えている人も多いかもしれませんが、実はニキビが出来ている時こそ保湿が大切!健康な肌は水分と油分のバランスが取れているものですが、ニキビの時はバランスが崩れて油分が多すぎる状態です。ここで水分を補うことで肌のバランスが整うので、できてしまったニキビの改善や予防に繋がります。

  • 化粧品選びのポイント

ニキビができやすい人は、保湿効果が高く油分が少ない化粧品を選ぶことがポイント。肌は乾燥すると表面が固くなって毛穴が詰まりやすくなってしまいますが、保湿重視で油分の多いクリームを使うと逆にアクネ菌のエサになってしまいます。油分が少ないオイルフリーのもので、肌に潤いを与える水溶性の保湿成分が配合された化粧水と乳液がおすすめです。水溶性の保湿成分は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸など。肌にスッと馴染んで潤い、肌を柔らかく保って毛穴詰まりを予防してくれます。

アッキー
食事や運動で身体の内側、洗顔で外側と、両方ケアすることがニキビ予防に繋がるんですね!
はるこ先生
そう、できてしまったニキビを治すのは大変だから、ニキビができないようにケアすることが大切なの。できる範囲で少しずつ習慣にしていくと、負担なくニキビ予防することができるわね♪

ニキビ予防におすすめの化粧品

ニキビ予防のためには、直接肌に塗る化粧品にもこだわりたいものですね。ここではニキビ予防に効果がある、おすすめの化粧品を紹介します。

ルナメアAC

ルナメアACは大人ニキビ改善に効果的な化粧品です。富士フィルムは独自の研究で、大人ニキビは部分的に水分量が低下した「脱水毛穴」によるものと解明。糸状の植物繊維を配合した洗顔フォームで優しく毛穴の奥まで洗い上げ、写真フィルムで培った独自のナノ化技術「アクアシューター」でニキビ有効成分と潤い成分を毛穴に届けます。

ルナメアAC
ラインナップクレンジング、洗顔料、化粧水(ノーマル・しっとり)、ジェルクリーム
主な有効成分<潤い成分/全商品に配合>
セイヨウナシ果汁発酵液、ヒオウギエキス、ビルベリー葉エキス、アーチチョーク葉エキス
<洗顔料>
ファイバースクラブ、フランス産クレイ
<化粧水、ジェルクリーム>
グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル、天然ビタミンE、大豆リン脂質、グリセリン(独自の技術でナノ化し、アクネシューターという複合成分として配合)


期待できる効果<クレンジング>刺激が少なく、撫でるだけで毛穴詰まりを解消。
<洗顔料>ファイバースクラブが毛穴の汚れを絡め取り、クレイが余分な皮脂を吸着します。
<化粧水>毛穴に浸透するアクネシューターの働きで、毛穴の乾燥と詰まりを集中的に解決。ニキビ予防に有効な成分と潤い成分を毛穴の奥まで届け、炎症を抑えます。
<ジェルクリーム>化粧水と同じ、アクネシューターの働きでニキビを防ぎながら潤いをキープします。
容量、価格クレンジング120ml 2,268円/洗顔料60g 1,944円、120g 2,268円/化粧水120ml 2,376円/ジェルクリーム 60g 2,592円(いずれも税込み)  ※定期購入なら10~15%の割引あり。
販売元富士フイルム
  • ファイバーフォーム(洗顔料)の口コミ
    20代 女性
    ネットで泡立てて使用していますが、ふわふわもちもちの泡で、気持ち良く洗えます。洗顔後に気持ちが良く、たくさん汗をかいた日でもさっぱりする感じがします。元々肌の調子が悪かったのですが、使い続けて違いが出たのか(?)、最近では、肌の調子が良くなりました。

    FUJIFILMビューティ&ヘルスケアOnline

  • ジェルクリームの口コミ
    27歳 女性
    ベタつかないのに、潤って、むっちりした肌に仕上がります。 乳液だと大抵毛穴に詰まって白ニキビに発展しがちなのですが、これを使っていると、全くニキビができないわけではないですが、数が減り、悪化もしづらくなっている気がします。 よく伸び、気になるところに重ね付けしやすいのも、よいと思います。

    @cosme

はるこ先生
写真フィルム製造の技術を化粧品に応用して、従来の化粧品では不可能な浸透力を実現させたって訳ね。潤いをキープしながらニキビ予防の有効成分を届ける、Wケアができる商品はルナメアACだけ!
でも、あくまでも化粧品だから、使ってすぐにニキビが消える訳じゃないの。肌の調子を整えて新しいニキビを予防するもの、と思っておいたほうが良さそうね。

ルナメアAC FUJIFILMビューティ&ヘルスケアOnline

ノブAC

敏感肌用化粧品のノブからは、大人ニキビに悩む人に向けて「ノブACシリーズ」が販売されています。臨床皮膚医学の観点から、繰り返す大人ニキビとニキビの原因となる乾燥にアプローチします。オイルフリーで肌への負担も少なく、ニキビができにくい肌へと導いてくれます。

ノブAC
ラインナップクレンジング、洗顔料、化粧水、保湿ジェル
主な有効成分<クレンジング、洗顔料>
感光素201号、グリチルリチン酸2K
<化粧水、保湿ジェル>
感光素201号、アラントイン、塩酸ピリドキシン 
期待できる効果

<全商品共通>

感光素201号でアクネ菌の生育を抑える

<クレンジング、洗顔料>

ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸を配合。水分がメインのオイルフリージェルだから、肌に優しく潤いをキープします。

<化粧水、保湿ジェル>

抗炎作用と美白作用、肌のターンオーバーを促すアラントイン、肌荒れを防ぐ塩酸ピリドキシンを配合。肌を柔らかくすることで乾燥を防止し、ニキビが出にくい肌へ改善してくれます。

容量、価格クレンジング 110g2,160円/洗顔料 90g 2,160円/毛書水 120ml 2,376円/保湿ジェル 40g 2,700円 (いずれも税込み)
販売元常盤薬品工業

ノブではニキビ肌の種類に合わせて、3種類の基礎化粧品があります。大人ニキビに効果があるACシリーズ、思春期ニキビに強いAシリーズ、ピーリング効果があってニキビの集中ケアができるACアクティブシリーズ。自分にどのシリーズが合うか迷ってしまうなら、まずはトライアルセットを試してみるといいでしょう。

  • 化粧水の口コミ
    30歳 女性
    ストレスなのか、顎ニキビが繰り返しできるようになり、こちらにたどり着きました。 かなりさっぱりのローションですが、香りもなく使いやすいです(*^^*) (中略) ただ顎ニキビはかなり改善されました。そんなに高くない化粧水なのに感激です。ですので、大人ニキビに今一番悩んでる方にはオススメです!

    @cosme

  • 保湿ジェルの口コミ
    36歳 女性
    ちょっと黄色っぽい保湿ジェルですが、肌にすっとなじんで後肌はべたつかないのに保湿はちゃんとしてくれます。 もちろん、大人ニキビ対応なので、今あるニキビを悪化させることはありません。 (中略) こちらのノブACはどちらかと言えば守りのスキンケア、ですかねぇ。 かなりの敏感状態を脱してくると、少し物足りなくなる方もいるかもしれません。

    @cosme

アッキー
他の化粧品で荒れてしまった人でも「ノブACシリーズなら大丈夫だった」という人も多いです。さすが敏感肌専用のノブですね!
弱った肌にも馴染みやすいですが、健康な肌に戻るともっと保湿力が欲しくなるようですね。ニキビが多い時期や季節の変わり目など肌が弱る時期に限って使っている人もいるそうですよ。

NOV ACシリーズ

ベルリアン

ベルリアンは赤ニキビの原因、活性酸素とメラニン色素に直接アプローチし、ニキビができにくい肌に改善してくれます。ニキビを悪化させるのはアクネ菌の排泄物ポリフィン。紫外線の刺激を受けると、ポリフィンが肌の内側で活性酸素を発生させ、何度もニキビを繰り返したりニキビ跡が残ったりします。保湿と乾燥、ニキビを改善する有効成分がしっかり配合された、ニキビ肌を集中ケアする化粧水です。

ベルリアン
ラインナップ化粧水
主な配合成分<有効成分>
アスコルビン酸2-グルコシド、アラントイン

<その他成分>

濃グリセリン、BG、 1,2-ペンタンジオール、DPG、PEG(120)、PEG6000、 トリメチルグリシン、DL-PCA・Na液 、PCA、水酸化Na、 L-グルタミン酸ナトリウム、クエン酸Na、ヒアルロン酸Na-2、オウバクエキス、 レモン果汁、プルーン酵素分解物、ツボクサエキス 、オウゴンエキス 、イタドリエキス 、キウイエキス、甘草エキス、茶エキス-1、スターフルーツ葉エキス、ローズマリーエキス 、カモミラエキス-1、テンニンカ果実エキス、アマチャヅルエキス、フェノキシエタノール、精製水
期待できる効果
  • 抗菌成分アラントインが赤ニキビの原因を抑えます。
  • アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)が活性酸素の働きを抑制。クエン酸と共に、ターンオーバーを正常化させることで肌を柔らかく保ち、毛穴を詰まりにくくします。
  • 天然フルーツ酸エキスがメラニンの取り込みを抑えて、肌の黒化を防ぎます。
  • テンニンカ果実エキスの働きで紫外線による肌ダメージを抑え、肌のバリア機能をアップさせます。
  • ヒアルロン酸とアマチャヅルエキスが肌の内側まで水分を与え、潤ったハリのある肌へ導きます。
容量・価格80ml(1ヶ月分) 通常コース7,980円+税/120日集中コース(4ヶ月継続、42%OFF) 4,628円+税/ナチュラル美肌コース(6ヶ月継続、初回42%OFF 2回目以降44%OFF)初回4,628円、2回目以降4,468円+税/すっぴん美肌コース(1年継続、初回42%OFF、2回目以降45%OFF)初回4,468円、2回目以降4,389円+税
その他通常コース以外は60日間の返金保証あり
販売元あいび
ベルリアンはニキビ肌やニキビ後のシミやボコボコした肌を改善する化粧品「ベルシリーズ」の中の1つ。他にも美容液、美白美容液、保湿クリームの3種類があり、シリーズで使うと相乗効果を上げることができます。
はるこ先生
「ベルシリーズ」4種類すべての定期購入を1年続けると、1ヶ月18,339円(税抜)…。45%割引き後の金額だから、かなりお高めね。
2種類だけ、3種類だけ購入できるコースもあるから、まずはベルリアンを試してみて合ったら他のも試してみるといいかも!
  • ベルリアンの口コミ1
    30代 女性
    使い始めたときはあまり効果を実感できなくて不安になりましたが使い続けてみてニキビやニキビ跡への効果を実感するようになってきました。化粧水ですが、すごくしっとりとして肌に馴染みやすいのにつけると肌がモチモチしている気がします。

    Pigry

  • ベルリアンの口コミ2
    32歳 女性
    ニキビ用化粧水だったのでさっぱり系かと思っていましたが、もっちり系のテクスチャーでした。 手に出して肌になじませハンドプレス。これでかなり潤います。 (中略) 夜これを使うと朝には赤みがひいています。 大きめのニキビ跡はだいたい3日ほどで気にならなくなります。

    @cosme

アッキー
ベルリアンはニキビが治った後のケアも考えられているので、ニキビ跡で悩んでいる人にも良いみたいですね。ニキビ用化粧品には珍しくトロッとした化粧水で、保湿もバッチリ!酷いニキビで悩んでいる人の強い味方になってくれそうですね。

ベルリアン 公式販売サイト

ニキビは立派な病気!しっかり治そう

一言でニキビと言っても、原因も症状も思った以上にたくさんの種類がありましたね。自分ではどんな薬を買えばいいか分からなくても、皮膚科なら症状に応じた治療法でしっかりニキビを改善してくれます。「ニキビは皆が悩むこと、大したことない」と思って我慢せず、ニキビが小さいうちに皮膚科へ足を運んでみて下さい。悪化したニキビを治すのは、初期ニキビを治すよりも何倍も時間と労力が掛かります。「しっかり治しきって、繰り返させない」どんな病気でもこれが一番ですね!