PM2.5の肌荒れ対策7選!症状が出たらすぐに薬などで対処しよう

PM2.5の肌荒れ対策7選!症状が出たらすぐに薬などで対処しよう

何かと話題のpm2.5、実はお肌にも悪い影響を与える事があるんです。しかも花粉と違ってPM2.5は1年中対策が必要なもの。そんなPM2.5について、「そもそもどんなもの?」というところから、その「対策方法」まで一挙にご紹介してゆきます。

その肌荒れはPM2.5のせいかも!

いつも通り暮らしているだけのはずなのに、なんだかお肌がムズムズ。それはひょっとするとPM2.5の仕業かもしれません。PM2.5とは非常に小さな粒子の事で、その成分は炭素成分、硝酸塩、アルミニウムなどなど実に様々。それらがお肌に付くと予想外の肌荒れを引き起こす事があるんです。しかもPM2.5は春に濃度が高くなる傾向はあるにせよ、それ以外の季節でも空気中を浮遊しているので、1年を通じて注意する必要があるんです。そんなPM2.5からお肌を守るための対策方法、PM2.5で肌荒れが起こってしまう原因、PM2.5で肌荒れが起こってしまった場合の対処方法まで一挙にご紹介してゆきます。

PM2.5による肌荒れの対策方法

空気清浄機をつける

PM2.5対策、やはり何といっても対策は空気をキレイにする事。住んでいるエリアの空気全体をクリーンにできれば良いのですが、なかなかそうは行きませんよね。となるとまずはやはり一日の中でも多くの時間を過ごす、自分の部屋の空気をクリーンにする事が大切です。

こんなとき、やはり大活躍してくれるのが空気清浄機の存在。最近の空気清浄機は基本的にPM2.5に対応していますので、あるのと無いのとでは大違い。リラックスして過ごす事ができる状態を整えてあげましょう。

これから空気清浄機を選ぶという人であれば、加湿機能を持ったものや、蚊まで除去してくれるものなど様々ですので、ご自身の生活スタイルに合った1台を見つけてみて下さい。空気清浄機、あるのと無いのとでは大違いです。PM2.5だけでなく、ハウスダストや花粉対策としてもおすすめです。

マスクをつける

残念ながら空気清浄機でキレイにできるのは限られたエリアだけ。その空間だけで生きて行く事はなかなかできません。外出時に大活躍してくれるのは、やはりマスク。昔ながらのアイテムですが、ずっと使われているという事はそれだけ効果が高いという事なんですね。PM2.5対策用という事で多くのマスクが発売されていますが、とりあえず防げれば良いというのであれば、簡易的なものでも十分に効果を発揮してくれますよ。

ワセリンで皮膚をカバーする

PM2.5なのですが、吸い込む事だけでなく、肌に直接付着する事によっても、影響を受ける事があるんです。そんな場合にはマスクで口をガードするだけでなく、皮膚もカバーしてあげる必要が出てきます。そんな時に大活躍してくれるのがワセリン。薄く塗っておくだけで、PM2.5が肌に直接触れる事が無くなります(PM2.5は物凄く小さいので、本当に薄く塗るだけで、十分です)。目の周りや口の周りなど、気になる場所限定で塗るだけでも効果がありますよ。

ファンデーションをつける

男性では使えない手ですが、女性であれば、リキッドファンデーションによってPM2.5からお肌を守るというのもテクニック。お肌全体にしっかりと馴染ませておけば、それだけでPM2.5が直接お肌に触れる事がなくなります。ただし、塗り残しの無いように、しっかりと伸ばしてくださいね。もちろん家に帰った後はクレンジングでしっかりとオフしてあげる事をお忘れなく。

粒子をブロックするスプレーを使う

SHISEIDO|イハダアレルスクリーン

Source: Amazon

​朝の忙しい時間帯、朝食を準備したり、お弁当を作ったり、とてもじゃないけどワセリンを塗ったりする余裕はない……なんて人におすすめのアイテムがイハダアレルスクリーン。お出かけ前に顔にしゅっとひとふきするだけで、PM2.5からお肌をブロックしてくれるんです。メークした上からでも使えるという点もうれしいですよね。子供が出かける前にもしゅっとひとふきするだけですので、お母さんたちにもおすすめのアイテムです。

ご購入はこちらから

dプログラム|アレルバリア エッセンス

Source: Amazon

こちらはスプレーではありませんが、おすすめのアイテムという事でご紹介。化粧下地として使う事で、PM2.5などのアレルギー物質からお肌を守るとともに、お化粧のノリもよくなるという優れもの。SPF40、PA+++ですので、紫外線からもお肌を守ってくれます。ちなみにこちらのdプログラムは資生堂が敏感肌の人向けに作ったブランドの事。安心と信頼のメーカーですので、商品への信頼感も抜群です。その他、様々なアイテムが販売されていますので、敏感肌の人はdプログラム、是非チェックしてみてください。

ご購入はこちらから

肌を守るスキンケアをする

エトヴォス|セラミドスキンケアモイスチャーライン

お肌が乾燥しているとどうしてもPM2.5による影響を受けがち。という事は、そもそもの保湿をしっかりとしておけば、ダメージを受けにくくなる事が期待できるんです。編集部おすすめの保湿ケアアイテムがエトヴォスの「セラミドスキンケアモイスチャーライン​」。洗顔用のせっけん、化粧水、美容液、美容クリームのセットです。こちらの商品の特徴は何といってもセラミドを配合しているという事。しかもお肌馴染みの良いヒト型セラミドをなんと5種類という贅沢さ。2週間分のお試しセットが販売されていますので、とりあえず試してみたいという人にもおすすめ。もちろん単品での販売もあるので、美容液だけ愛用なんて人も数多くいます。

Source: 公式サイト


ご購入はこちらから

ディセンシア|つつむシリーズ

Source: 公式サイト

敏感肌の人に向けたラインナップで人気を集めているのがディセンシアの「つつむシリーズ」。そもそもの化粧品として、お肌に刺激を与えない事はもちろん、外からの刺激に負けないような潤いをお肌に与える事をコンセプトとしています。​ラインナップもクレンジングから洗顔用せっけん、化粧水、クリーム、パックと豊富に取り揃えられていますので、このシリーズだけでスキンケアはすべて完了する事もできますよ。こちらのアイテムも2週間分のお試しセットが販売されていますので、とりあえず試してみたいという場合にも無駄なく試す事ができますね。

ご購入はこちらから

生活習慣を整える

PM2.5でお肌がダメージを受けてしまうという場合、そもそもお肌の免疫力が弱っているという事も考えられます。お肌はストレスや食べ物などなど、様々な要因によって影響を受けてしまう場所でもあるので、気づかぬうちに弱っているという事があるんです。お肌の免疫力を回復するために最も重要なのが生活習慣を整えるという事。きちんと睡眠をとって、毎日同じ時間に起きる。これだけでお肌にとって休養をしっかりととれる事になりますし、ストレスの軽減にも繋がってきます。また、規則正しい生活リズムができますと、身体の中にもリズムが出来てきます。朝起きると空腹感を感じ、朝ごはんを食べる事によって、腸の動きが活発化してお腹もスッキリ。これもまたお肌にとって良い影響を与えてくれます。さらに食生活を見直してバランスの良い内容を心がけておけば、腸内の環境はますます整い好循環が生まれてきます。そこに適度な運動を加えるとさらに効果的。​適度な運動は代謝を上げて、お肌のターンオーバーを促す効果があるんです。また適度な運動によって身体が適度に疲れると夜もぐっすりと眠れて、さらなる好循環がうまれるんです。そのすべてを一度にするのはなかなか難しい事ですが、少しづつでも良い方向にと意識しておけば、生活習慣はだんだんと整ってゆきます。良い事ずくめですので、是非トライしてみてください。もちろん、たまにハメを外して夜更かししたり、食べ過ぎたりしても問題ありません。長い目で見て整えて行けば良いんです。

はるこ先生
目には見えないPM2.5。目には見えないからこそ、日頃からしっかりとした対策が必要なんですね。しかもPM2.5は花粉と違って1年を通じて空気中を漂っているため油断できないですよね。空気清浄機で部屋の空気をキレイにしつつ、外出時には対策をとる。そしてそもそもお肌の状態を整えてゆくという地道な努力が大切なんです。続いてはPM2.5で肌荒れが起こる原因について見て行きましょう。

PM2.5で肌荒れが起こる原因2つ

外部刺激に敏感な肌である

もともと外部刺激に敏感なお肌ですと、PM2.5の影響によってやはりダメージを受けやすくなります。目には見えないPM2.5がお肌に付着した状態で、頬づえをついたりなど刺激を与えますと、当然ながらお肌が傷つき、そこから肌荒れへと繋がってしまう事も。また乾燥肌もPM2.5の影響を受けやすいため注意が必要です。なにせ小さなPM2.5ですから、お肌が乾燥して柔軟性が失われていますと、お肌の奥にまで侵入し悪影響を与えてしまうんです。乾燥が気になるという人は、いつも以上に保湿をしっかりと。

一時的に肌のバリア機能が低下している

お肌の健康には自信があるという人でも、風邪などをひいて体調が悪くなっていますとそれをきっかけとして肌荒れが起こってしまう事もあるので注意が必要です。また睡眠や食事もお肌には様々な影響を与えるもの。仕事がたまたま忙しくて、ご飯も睡眠もイマイチなんて時に急に肌荒れに発展してしまう事もあります。誰しも忙しい瞬間というのはあるものですが、そんな時こそスキンケアは怠らずにお肌をしっかりと守ってあげましょう。

はるこ先生
普段であればどうってことない事でも、たまたま一時的にお肌のバリア機能が弱ってるというだけで、肌荒れが起こってしまう事もあるんです。忙しい時こそ注意が必要なんですね。またお肌の乾燥は様々な肌トラブルの原因となりますので、しっかりと保湿するように心がけてください。続いては、そもそもPM2.5ってどんなものなのかについて見て行きましょう。相手の正体が良くわからないのではしっかりとした対策が出来ません。

PM2.5について知ろう

花粉や黄砂より小さいPM2.5

そもそもPM2.5のPMとはParticulate Matte​rの頭文字。微粒子状の物質という事です。また2.5というのは2.5μm​(1μm​​は1mmの1000分の1)というそのサイズから来ています。2.5μm​​と言ってもなかなか実感がわきにくいですが、通常髪の毛が70μm程度と言われていますので、髪の毛の約30分の1程なんです。工場の排気ガスや車・飛行機などの排気ガスなどがその発生源と言われています。花粉と違って、その発生源は1年中稼働していますので、1年を通じて漂っています。それが偏西風によって流されるため、日本では春にその濃度が高くなる傾向にあります。そんなPM2.5ですが、あまりにも小さいため、クレンジングや洗顔などでは落としきる事が難しいとも言われており、そもそも寄せ付けないための工夫が必要となってくるんです。

PM2.5で起こる皮膚症状

PM2.5でどのような肌トラブルが起きるのか、現在でも研究中との事なのですが、多くの人がお肌の「かゆみ」であったり「かぶれ」あるいは湿疹という症状を訴えています。PM2.5は様々な物質からなるため、その因果関係をはっきりとさせるのは難しい所ですが、それだけに恐ろしい部分ではありますよね。

肌トラブルの他に起こること

最近の研究ではシミやシワなど、お肌の老化にもPM2.5が影響しているのではという事も言われています。そのメカニズムはPM2.5がお肌の内側にまで入り込み、コラーゲンや皮膚内構造を壊してしまうというもの。そこにさらに紫外線がダメージを与え……、考えるだけでもうんざりしてきますよね。そうならない為にはPM2.5からのダメージを最小限に減らすよう、空気清浄機を活用したりといった工夫が大切なのかもしれませんね。

はるこ先生
PM2.5はとにかく小さな物質。風にのってそこら中をフワフワと漂っているんです。発生源が人の活動のため、1年を通じて影響があるというところも怖いですよね。そんなPM2.5ですが、お肌へのトラブル以外に吸い込む事によって呼吸器系のトラブルを引き起こす可能性があるとも言われています。いずれにせよ、注意するに越したことはありませんね。続いては肌荒れが起こってしまった場合の対処方法についてご紹介してゆきます。

PM2.5で肌荒れした時の治し方

摩擦を極力避ける

PM2.5で肌荒れしてしまった時には普段以上にお肌はダメージを受けやすくなっています。そんな時にお肌への摩擦は厳禁。洗顔もしっかりと泡立てて、泡でやさしく洗う必要がありますし、洗顔を流す際もゴシゴシしないよう、ぬるま湯で優しく洗い流す必要があります。また普段何気に顔を触ってしまう癖がある人は、意識してぐっと我慢。極力摩擦を避けるようにしてください。

市販薬を使う

小林製薬|キュアレア

忙しくて皮膚科に行く時間は無いけど、とりあえず出来てしまった肌荒れを鎮めたいという場合には、やはり市販薬を使っての治療という事になりますよね。そんな場合には小林製薬のキュアレアがおすすめ。痒みの原因を鎮めてくれて、同時に炎症を鎮めてくれます。赤ちゃんにも使えるほどお肌に優しい成分ですので、かゆくなりがちな目の周りにも使う事ができますよ。

Source: Amazon


ご購入はこちらから

皮膚科で薬を処方してもらう

PM2.5の肌荒れでお悩みの場合、一番良い方法ややはり皮膚科の受診です。お肌の状態に合わせてお薬を出してもらえますし、場合によっては内服薬によって体の中から肌荒れを鎮めてくれる事も。皮膚科の受診でさっと治せば、逆に時間とお金の節約につながるかもしれませんよ。なお、お薬には飲み合わせの問題もありますので、普段服用しているお薬があるという人はそのことをお医者さんと薬剤師さんにしっかりと伝えておく必要があります。ついつい忘れがちという人はお薬手帳を手に入れておくこともおすすめ。薬剤師さんに言えば無料で作ってくれます。お薬手帳を提示する事によって、お薬代がお得になる事もありますよ。持ち歩くのがめんどくさいという人には「eお薬手帳」というスマホアプリが便利です。この機会に導入してみては如何ですか?

PM2.5での肌荒れを次こそ防ごう

​PM2.5特集、如何でしたか。ここまで見てきた通り、目には見えないほどの小さな粒によってお肌がダメージを受ける事があるんです。目には見えないからといって油断は禁物です。PM2.5から身を守るには、PM2.5に負けないようにお肌の状態を整えておくことと​、空気清浄機を使ったり、マスクを着用したりと「ちょっとした事の積み重ね」が何より大切。PM2.5の飛来に備えて、万全の体勢を整えておきましょう。