【まつげ美容液】付け方講座!ブラシ別の塗り方・頻度・タイミング

【まつげ美容液】付け方講座!ブラシ別の塗り方・頻度・タイミング

まつげの育毛を始めるなら、まつげ美容液の正しい付け方を抑えましょう。効果的に使うためには、用法容量を守って毎日使い続けるのが鉄則!いくつかあるブラシタイプごとに塗り方の違いを見ながら、使いやすい商品を探してください。

まつげ美容液の付け方は1つじゃない

皆さん、ご自身の目元に自信がありますか。多くの女性は、「まつ毛のハリ・ツヤを出したい」、「短いまつ毛を長くしたい」、「もっとボリュームが欲しい」、そのような悩みを持っているのではないでしょうか。

マツエクやツケマで痩せたまつ毛を蘇らせたいと思い、いくつものまつげ美容液を試していても正しく使用していないとあまり意味がないかもしれません。

効果的な使い方をしてこそ効果の現れが早いとも言えるのではないでしょうか。

ここでは、まつ毛の悩みを持っている人に、最短で実感できる付け方や注意点について紹介していきます。

マツエク歴マスカラ歴まつ毛美容液に使った金額
約5年15年以上約50,000円
はるこ先生
編集長のはるこです。まつ毛美容液はしっかり正しく使ってこそ効果が実感できるものなのよ♪
これから紹介されている使い方をばっちりチェックしてね☆

ぜひ、まつ毛美容液の使い方の参考にしてください。 

まつげ美容液の正しい塗り方

沢山の種類のまつ毛美容液がありますが、基本の正しい塗り方を抑えていきましょう。 

美容液の前にまつ毛の汚れを落とす

どの種類のまつ毛美容液を使うのでも、使用前に目元を綺麗にすという点はどれでも共通しています。

まず、まつげ美容液を使う前には、必ず顔を洗い目元を清潔にしてから利用をするようにします。目元が汚れていると、せっかく使うまつ毛美容液に配合されている有効成分を、まつ毛やまぶたの患部に届けることができません

次に、マスカラやアイライン、アイシャドウなどのアイメイクの汚れが残っていると、まつ毛美容液の中に汚れが混ざり、雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

「美容成分の効果を高めるため」と「美容成分の成分を腐敗させないため」の2つの観点から、 目元の汚れをしっかりと落としましょう。

はるこ先生
それと、アイメイクリムーバーの使い方にも注意が必要なの。
メイクを落とした後にリムーバーの油分が、目元に残ってしまうことがよくあるの。リムーバーの成分も、化粧品同様にまつ毛美容液によくないわ。

毛先ではなく根元へ塗る

まつ毛美容液の美容成分は、今生えている毛だけではなく、根元の毛根に働きかけることで育毛効果を発揮します。ただし、美容成分は、粘膜部分に塗ったり、目に入るほどたっぷりと塗ったりするのは逆効果です。

適量をしっかりと根元に塗ることを心がけて、正しく使いましょう。

ブラシタイプ別の正しい付け方

まつげ美容液として発売されている商品は、主に「チップタイプ」「マスカラタイプ」「筆タイプ」の3つの形状があります。

1)チップタイプ

ふわふわとしたスポンジ状のチップがついているのが、「チップタイプ」のまつ毛美容液です。タッチが柔らかいので目元にやさしく、隅々までしっかりとケアできるのが魅力です。

  1. チップに適量の液をつけて、縦に持ちまつ毛の根元に当てる。まつ毛の隙間を埋めるように、目頭→目尻の方向で塗っていく
  2. 横にチップを持ち、マスカラを塗るように左右に揺らしながら、まつ毛の根元から先に向かって塗る
  3. 横にチップを持ったまま、マスカラを塗るようにしたまつ毛も、根元から先に向かってつける

2)マスカラタイプ

マスカラのような感覚で手軽にケアできるのが、「マスカラタイプ」のまつ毛美容液の魅力です。美容液を毛先までムラなく塗ることで、今生えている毛のトリートメント効果を期待できます。

  1. ブラシに美容液を適量付け、ブラシを左右に揺らしながら、上まつげの中央部から液をつける
  2. ブラシを盾にして、目尻や目頭の細かい部分も丁寧に塗っていく
  3. 下まつ毛も、マスカラをつけるような感覚で、まつげの根元から毛先に向かってなぞりながら塗る

3)筆タイプ

「筆タイプ」は、アイラインをひくような感覚で、しっかりとまぶたのケアができるのが魅力です。まつ毛に塗らない分、目元に液が垂れにくいです。

  1. 筆に美容液を適量付け、アイラインをひくような感覚で、目頭→目尻に向かい美容液をのせていく
  2. 上まつげと同じように、下まつげも目頭→目尻に向かい、線を引くように美容液をのせていく
はるこ先生
例えば、同じチップタイプでも商品によって塗り方に関する、細かいルールが異なります。
原則として説明書の使い方に従って、使うようにしてください。

まつげ美容液はいつぬるのが効果的?

正しい塗り方について理解を深めたら、続いて押さえておきたいのが効果的なタイミンです。正しく使って、育毛効果を存分に発揮させていきましょう。

【ベストタイミング】洗顔後

先ほど「正しい塗り方」の部分でご紹介した通り、まつ毛美容液は清潔な目元に使うことで、美容成分の効果を存分に発揮させることができます。朝に使う場合も、夜に使う場合も、洗顔をした後がベストタイミングと覚えておきましょう。

【頻度】毎日1~2回

商品によって細かな規定は違いますが、1日1~2回を推薦しているものが多いです。朝起きてメイクをする前、夜のスキンケアに合わせて、商品に書かれているタイミングでケアをするようにしましょう。

【化粧前】美容液が乾いてからメイク

朝のケアでは、朝起きて洗顔をして、化粧をする前に美容液を塗るといいです。まつ毛美容液を塗った後にメイクをするのであれば、美容液が完全に乾いてからアイメイクを施しましょう

まつ毛美容液の成分が残っていると、アイメイクが崩れてしまう原因になります。また、美容成分がしっかりと目元に届かなくなるので、1~2分程度置いてからメイクをするようにします。

【寝る前】つけてから寝るのもアリ

夜のケアでは、お休み前にまつ毛美容液を活用するようにしてください。

寝ている間(特に22:00~2:00の間)は、成長ホルモンが多く分泌されます。この間にまつ毛美容液をつけていると、成分が効果的に目元に働きかけて、まつ毛がぐんぐんと伸び・太さや濃さがアップしやすいので、活用するといいでしょう。

はるこ先生
ただし、それぞれの商品によって、推薦使用回数が異なります。
たくさん使えば使うだけ効果を発揮するというわけではないので、あくまでも用法容量を守って、正しく利用しましょう。

まつげ美容液を使う時の注意点

まつ毛美容液は、商品のパッケージに従って1日1~2回、洗顔後に根元から塗ることで、効果を最大限に引き出せることが分かりました。早速、使い始めたいところですが、更に効果を高めるために注意点についても抑えておきましょう

初めて使用するときはパッチテスト

目の粘膜近くに使うまつ毛美容液。目元は、皮膚の中で最もデリケートな部分の一つなので、本格的に使う前にパッチテストをしておくと安心です。

パッチテストは、腕の内側、太ももなど、目に見えにくく肌の柔らかい部分を使います。朝に付けて夜までトラブルが無ければ問題はありません。早速目元に塗って、まつ毛の育毛を始めていきましょう。

一方で、赤み・痒み・痛みなど、何かしらのトラブルが出た場合には、そのまつげ美容液が肌に合っていない証拠です。すぐに使用を中止して、目元に使うのはやめましょう。

目に入らないよう注意する

目元に使うことを想定して製造されているまつげ美容液ですが、全ての人に眼病トラブルが起こらないというわけではありません。もちろん、目に入れて使うものではないので、絶対に目に入らないように気をつけましょう

しっかりと効果を出したいがために、必要以上にまつ毛美容液を塗りすぎてしまったり、ブラシやチップで、まつ毛や根元をごしごしとこすってしまったりする事があります。これらの使用方法は、効果を上げるどころか、皮膚トラブルを起こしやすくなります。

安全に使っていても、目に入ってしまうことがあります。その場合はすぐに水で洗い流し、目の見え方に支障があったり、痛み・痒みが続いたりする場合には、眼科医に相談の上で適切な処置を求めましょう。

回数を増やしても効果は上がらない

まつ毛美容液はたくさん使ったからと言って、効果が上がるものではありません。必ずメーカーが推奨している使用頻度を守り、適切な回数で適切なタイミングで使ってください。

自己判断でたくさん使ったことにより、目のトラブルを引き起こしてしまう可能性すらあるようです。使う前に使用方法をしっかりと押さえ、まずは1本その通りに使い続けていくといいでしょう。

はるこ先生
まつ毛美容液は、まつ毛の毛周期に沿って、少しずつ効果が出ていくものです。
最初は効果が見えにくいかもしれませんが、地道に使い続けるうちに伸び・太さ・量などで、違いを実感できるようになるわ!

まつ毛ダメージとなる4つの原因

まつ毛美容液を使ってコツコツとケアをし「育毛」に励むのは効果的ですが、それ以前にまつ毛のダメージを減らし「抜け毛」を抑えるのがとても大切です。

1.濃すぎるアイメイクの負担

顔全体の印象を左右するのがアイメイクです。ぱっちりとしたまつ毛を作るために、マスカラを重ね塗り、アイシャドウでがっつりと濃淡をつけて、アイラインを上下引く、なんていうメイクをしていることはないでしょうか。

特に、落ちにくいウォータープルーフタイプのアイメイクは、目元へ大きな負担をかけてしまいやすいです。メイクをする時、そしてメイクを落とすとき、ダブルでまつ毛へのダメージを増やしてしまいます。

はるこ先生
どうしてもONで濃いメイクをしたいのであれば、OFFですっぴん・薄化粧で過ごすなど工夫をしてください。
少しでも、目元への負担を積み重ねないようにするといいでしょう。

2.ビューラー・ホットビューラー

まつ毛に直接大きな刺激を与えるのが、まつ毛のカールを作るビューラーです。根元から上にぎゅっと引っ張りすぎると、まつ毛の根元に負担がかかります

「引っ張ったと同時に、数本抜けてしまった」というような経験がある人は、強く引っ張りすぎの証拠です。余分な力をかけずにビューラーはゆっくりと優しく挟むようにしましょう。

 ホットビューラーを使っている人は、毛が細くなったり痛んで短くなったりしやすいです。髪の毛のドライヤーと同じように、まつ毛も熱で痛みやすくなるので、ホットビューラーは充て過ぎず適切に使いましょう。

はるこ先生
それともう一つ。ビューラーのゴムって、どれくらいで交換していますか?ゴムに溝がついている場合は交換時期の証拠ね。
古いゴムは必要以上にまつ毛を強く挟んで、痛みを加速させやすいから気を付けて。毎日使っている方なら、2~3ケ月おきには交換しましょう。

3.まつ毛エクステのグルー

ぱっちりとした目元が手軽に作れるまつげエクステは、年代を問わずに人気が高いです。しかし、これもやりすぎるとまつげに大きな負担を与えてしまいます。

マツエクをつけるときに、自まつげの根元に接着剤を付けますが、接着剤の成分は少なからずまぶたに負担をかけます。時に肌に合わず、まつ毛の抜け毛につながってしまうことがあるので注意が必要でしょう。

また、まつ毛の毛根にはいつも以上に重たい毛が付いた分、大きな負担がかかります。マツエクを取る時には、エクステと自まつげを引っ張りながら不必要になった古い毛を外すので、退行期以外のまつ毛も一緒に抜いてしまいやすいです。

はるこ先生
つけまつげよりも、多少負担が少ないと言われていますが、それでもまつ毛に負担がかかるのは間違いないわ。
通常の毛周期よりも、成長期を縮め・対抗機を早めるから、やりすぎには注意が必要です。

4.刺激の強いクレンジング

まつ毛美容液のつけ方でもお伝えしましたが、目元は皮膚が薄くて、とてもデリケートな部分です。メイクを落とすときに、ごしごしとこすったり、まつ毛についたマスカラを引っ張って取るなんてことをすると、目元のダメージが増えてしまいます。

アイメイクリムーバーでメイクを落とすときは、コットンを使い優しく目元になじませて、拭き取るようにして落としましょう。洗顔はたっぷりの泡を立てて、包み込むようにして汚れを落とします

はるこ先生
まつ毛にも毛周期があるので、一定の周期で自然に抜け落ちていきます。退行期にあるまつ毛が、クレンジングやメイクの刺激で、数本抜けるのは自然現象なので大きな心配はいりません。
しかし、明らかにたくさん抜けるのは目元の刺激が多い証拠なので、目の負担の原因を少しでも埋める努力をしてくださいね。

まつげ美容液の選び方

ここまでしっかりと読んでいただけたのであれば、まつ毛美容液の使い方は完璧と言えるのではないでしょうか。ここでは、ダメージタイプ別におすすめしたい4つの商品をご紹介していきます。

マツエクダメージに「スカルプD」

\ダメージケアにぴったり/

Source: 公式サイト

スカルプDボーテピュアフリーアイラッシュセラム

価格1,730円(税込)
容量6mL
使用頻度朝と晩(1日2回)
使用タイミング朝晩のスキンケア前
ブラシタイプチップタイプ
全成分
水、ペンチレングリコール、ビオチノイルトリペプチド‐1、アセチルデカペプチド‐3、オタネニンジン根エキス、グリチルリチン酸2K、パンテノール、加水分解シルク、加水分解コラーゲン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10‐30))クロスポリマー、ホウケイ酸(Ca/Na)、BG、グリセリン、オリゴペプチド‐20、オクタペプチド‐2、酢酸トコフェロール、サリチル酸シランジオール、水溶性ケラチン(羊毛)、グルコシルセラミド、α‐グルカン、酸化銀、水酸化K

渡辺直美さんが広告塔として起用され、4年連続売上NO1の人気のまつ毛美容液。育毛のプロフェッショナル・予防医学のアンファーが作っていることから、期待値が高い商品ではないでしょうか。

独自開発したラッシュDカプセルという育毛成分を新配合し、まつ毛のハリとコシをアップさせます。まつ毛のヘアサイクルに着目。ヘアサイクルを整えて育毛するタイプの商品なので、マツエクやツケマツゲ、マスカラなどで増えたダメージをケアしたいという人に、特におすすめの商品です。

スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム

まつ毛を太く長く「ロレアル」

\大人のきれいなまつ毛に/

Source: アマゾン

ラッシュ セラム・ロレアル パリ

価格1,600円(税抜)
容量7.5mL
使用頻度朝と晩(1日2回)
使用タイミング洗顔後
ブラシタイプスプーン型スポンジブラシ
成分
水、変性アルコール、グリセリン、ヒドロキシエチルセルロース、フェノキシエタノール、パンテノール、ポリソルベート21、マデカッソシド、(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、メチルパラベン、オクチルドデカノール、イソヘキサデカン、ヒアルロン酸Na、アルギニン、セリン、クエン酸、グルタミン酸、ポリソルベート80、水酸化Na、オレアミドオクタデカンジオール.

ロレアルではいくつかのまつ毛美容液の種類がありますが、口コミサイトで人気が高く、リピーターが多いのがこちら。2010年に発売されてから人気が高まり、ベストコスメに輝くなど、高い評価を受けているまつ毛美容液の一つです。

まつ毛のボリュームが足りないと感じている方におすすめのまつ毛美容液。まつ毛のケアをして成長期をサポートするマデカッソシド・アルギニンの2つの成分が、健康的でツヤのある美しいまつ毛を作ります。

ラッシュ セラム・ロレアル パリ

目元にハリを「フローフシ」

\エンドミネラルで目元全体をケア/

Source: アマゾン

フローフシTHEまつげ美容液
価格1,296円(税込)
容量5mL
使用頻度
1日1回
使用タイミング夜のスキンケアの最後にマッサージするように塗る
ブラシタイプ手で塗るタイプ
全成分
水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ガーネット末、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-13、ヒトオリゴペプチド-9、パンテノール、ビオチノイルトリペプチド-1、オクタペプチド-2、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-20、加水分解ケラチン、水溶性プロテオグリカン、ハチミツ、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、加水分解エラスチン、グルコシルセラミド、アラントイン、オタネニンジン根エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、カミツレ花エキス、α-グルカン、デキストラン、レシチン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー 、キサンタンガム、塩化Na、リン酸Na、水酸化K、ペンテト酸、フェノキシエタノール

新しいタイプのまつ毛美容液として注目されているのが、フローフシのTHEまつ毛美容液です。これまでのまつ毛美容液と少し違うのが、ブラシではなく手で直接アイクリームのように、目元全体をケアするところ。

さらに注目したいのが、血流促進作用のある有効成分のエンドミネラルです。独自配合したエンドミネラルは、目元の新陳代謝を上げてまつ毛の育毛に欠かせない土台からケア。まつ毛の長さ・太さをアップさせ、目元全体のハリ・ツヤを上げる効果も期待できるでしょう。

フローフシTHEまつげ美容液

プチプラ優秀「キャンメイク」

\圧倒的なコスパと実力が魅力/

Source: アマゾン

キャンメイクラッシュケアエッセンス

価格580円(税抜)
容量4.2グラム(約2ヶ月分)
使用頻度1日2回(朝と夜)
使用タイミング洗顔後
ブラシタイプチップタイプ
成分
水、BG、エタノール、ジグリセリン、ヒドロキシエチルセルロース、(VP/VA)コポリマー、カルボマー、メチルパラベン、水酸化K、ポリソルベート80、グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パルミチン酸アスコルビル、酢酸トコフェロール、サクシニルグリチルレチン酸2Na、加水分解シルク、ステアレス-20、加水分解エラスチン、センブリエキス、アルゲエキス、オタネニンジン根エキス、ビワ葉エキス、加水分解コラーゲン、セージ葉エキス、加水分解コンキオリン、パンテノール、オランダガラシ葉/茎エキス、N-ヒドロキシコハク酸イミド、デキストラン、ビオチノイルトリペプチド-1、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、クリシン、パルミトイルオリゴペプチド、パルミトイルテトラペプチド-7、オクタペプチド-2、デカペプチド-4

しっかりとマツ育を続けていきたいという方におすすめなのが、プチプラコスメのキャンメイクです。値段の安さと効果のバランスがとてもよく、コストパフォーマンスに優れています。

育毛に欠かせない美容成分・保湿成分がたっぷりと配合されているのが魅力。口コミでの評価が高く、年代を問わずに人気の商品です。安いのでリピートしやすく、着実にしっかりと目元のケアをしたいという方に向いています。 

キャンメイクラッシュケアエッセンス

まつげ美容液は正しく使って効果実感

目元のケアをするまつ毛美容液は、いくつかの種類があります。種類ごとに細かいタイミング・使用方法が異なりますが、洗顔をした清潔な肌に毎日欠かさず塗るという点など、いくつかの共通点があることが分かりました。

そのうえで、抱えているまつ毛の悩みやなりたい目元の理想に合わせて、使いやすい商品を選びましょう。ここで紹介した正しい使い方を活用して、しっかりと素早い効果を実感できたと感じてもらえればうれしいです。