NO IMAGE

超痛い足の巻き爪を治す方法【セルフケア&病院編】予防も大切!

足の巻き爪が痛い時に出来るセルフケアや病院での治療法を確認しておこう!巻き爪は普段からできる予防がとても大切です。原因を取り除いて巻き爪にならないようにして、痛い巻き爪がもう出来ないようにするのも大切なフットケアです!

足の巻き爪が痛い!治し方は?


はるこ先生
こんにちは。日常生活にも影響のある巻き爪について私、水野はることアッキーと一緒に学んでいきましょ!
巻き爪になると痛くておしゃれがしにくい、爪の状態が悪くて足が出せない、痛みで歩くのが難しいといった悩みがありませんか?普段からの生活でしっかりと予防が出来ていないと辛い思いをすることが多いわね。
アッキー
こんにちは。はるこ先生が言うとおり、日常生活に影響がでることが多いものとして僕も聞いたことがありますが、まだまだ巻き爪は知らないことが沢山あります。
はるこ先生
そうねアッキー。男性は巻き爪と関係なく、女性に多い症状のイメージがあるけど、実は男女関係なく巻き爪に悩むい人は多いの。原因などを正しくしって取り除くことが巻き爪を治すためにも大切なことね!
まずは手っ取り早く治し方を確認しておきましょ。

もしかしたら、普段から行っている爪切りだけでも巻き爪になる可能性があるので知らないうちに巻き爪が進行してしまっているかもしれません。まずはセルフケアでどうやったら巻き爪が改善するのかを知って、出来てしまった巻き爪の対処から始めましょう!

巻き爪を治す方法【セルフケア】

巻き爪ロボ

\医療機器の認可取得!早い・簡単・痛みなし矯正/

Source: 公式サイト

巻き爪ロボ

自分で爪の形が変えられる新しい巻き爪矯正器として注目されているのが巻き爪ロボです。今までの巻き爪治療は病院に向かって矯正器具を付けてもらうしかなかったのですが、この巻き爪ロボなら簡単にセルフケアで巻き爪の治療が行なえます。AタイプとBタイプの2種類の販売で、どんな巻き爪でもきちんと矯正できるのが魅力の一つ。

使い方

爪の状態を確認して、腫れ・出血・爪水虫がある場合は巻き爪ロボを使う前に治療しておく。爪は両端を伸ばして先端を平らにカットして用意しておきましょう。マニキュア等は落としておき、除光液はしっかりと除去しておけば準備は完了です。

  1. 爪抑え具を付けたあと、器具の上にあるつまみを最大まで緩めておきます。
  2. フックを爪の前から奥側に向けて挿入していく。最初に片側をかけて、次に挿入したフックを抑えながら逆側もかけていく。
  3. 挿入したフックを指で抑えて垂直に立てた状態でつまみをしめていきます。
  4. 巻き爪ロボを取り付けたまま、足浴を行います。約38℃〜42℃位が理想的な温度です。
  5. 足をお湯に浸けたまま、爪が柔らかくなるまで約20分程度待ちます。遅い人でも約30分程度で爪が変化します。
  6. お湯から足をあげたら、つまみを緩めて巻き爪ロボを動かせる状態にします。
  7. 巻き爪ロボのフックをできるだけ爪の根元側である奥に押し込みます。
  8. 抑え具と爪が平行になるように整えて、つまみを締めて矯正しましょう。出来るだけ左右均等にして綺麗に仕上げます。
  9. 爪の形が決まったら、ドライヤーで約10分間乾燥させていきます。
  10. 乾燥させたら巻き爪ロボを外して巻き爪の矯正の完成!

アフターケア

爪の変形が大きい人の場合は、爪と肉の間に隙間ができてしまうことがあります。その場合は肉が盛り上がるまでの間のアフターケアが重要です。別売りされている巻き爪ブロックを使うことで簡単に爪戻りの防止が出来ます。

使用上の注意点

  • 一度で持ち上げられる量は安全をみて2mm以下に抑えること
  • 足浴を十分に行って爪の割れを防ぐこと
  • ドライヤーの乾燥をしっかりとして爪を固めること
  • 爪と肉の隙間が盛り上がるまでに数週間〜数ヶ月かかるのでアフターケアをすること

 よくあるQ&A

痛い部分にフックをかけるのは大丈夫なの?

装着する前に足浴をしておくと、温浴効果で痛みが緩和されるのでフックをかけても問題ないとされています。

AタイプとBタイプどっちが合うのかわからなくて選べない

爪の正面写真・変形の大きい側の側面写真の2枚を公式サイトで送ることで、判断して選定してくれます。

爪が硬い時に巻き爪ロボを付けるけど痛くないの?

爪が硬い時にはソフトに、柔らかい時には強力に矯正できるようにバネとネジの調節機関が作られているため、痛みが少ないまま装着できるとされています。

編集部評価★★★★★ 総合95点
初回価格19,800円(送料別)
製品のセット内容
  • Aの場合


    • 巻き爪ロボ
    • 爪抑え具5点セット
    • 専用ケース
    • 取扱説明書
    • 医療機器証明書
    • 巻き爪ブロック用測定シール
  • Bの場合
    • 巻き爪ロボ
    • 爪抑え具1点+予備
    • 専用ケース
    • 取扱説明書
    • 医療機器証明書
    • 巻き爪ブロック用測定シール

保証・特典

  • 保証期間はお買上げから1年間
  • 送料は送付場所によって変更あり

A・Bタイプの選び方

  • 片側が大きく変形している爪
  • 左右で厚みが極端に違う爪

これらの場合は左右非対称のフックになっているBタイプがおすすめされています。直角より深く巻き込んだ爪には対応できないため、深い場合にはABセットタイプを選びましょう。

  • 曲がり方が左右ほぼ均等な爪
  • 巻き込みが深い爪
  • 厚みが左右ほぼ同じの爪
  • 足の親指以外や手などの小さい爪

両端を均等な力で持ち上げるので、左右ほぼ均等であればAタイプですべての巻き爪に対応が出来ます。片側が大きく変形している場合や厚みが極端に違う爪の場合はABセットタイプを選びましょう。

また、A症状とB症状が合併している場合にもABセットタイプを選ぶのが効果的です。Aタイプで浅い角度まで持ち上げ、Bタイプで左右の形を整えるという方法で綺麗に戻すことが出来ます。

【公式・巻き爪ロボ】について詳しく知るならコチラ

巻き爪ブロック

\幅広い矯正力とサイズで巻き爪ロボをサポート/

Source: Amazon

巻き爪ブロック

軽度な巻き爪程度なら巻き爪ブロックでも簡単に矯正ができるとして人気のアイテム。他社からの乗り換えをする人も多く、安全性と使いやすさで多くの人気を集めています。巻き爪ロボを使った後の矯正や、軽度の巻き爪矯正などが最大4ヶ月効果が持続するためコスパも良い点が大きなポイントです。

使い方

​巻き爪ロボと同様に爪の状態を確認してから行いましょう。

  1. 補正具の片方に取付具をセットする。
  2. 爪の片側に補正具のフックをかける。
  3. 取付具を使って爪の反対側にフックをかける。
  4. 取付具を外す。
  5. おしゃれなカバーを取り付けたら完成!

注意点

  • 重度の巻き爪には装着が出来ないことがあるので巻き爪ロボを活用する
  • 爪が極端に欠けやすい人は使わない
  • 何度でも使えるが、4ヶ月経過した場合は効力が低下するので買い換えるのがおすすめ

 よくあるQ&A

付ける時に痛くない?爪が傷まない?

説明書通りに行なえば痛みはなく、爪を傷つけることもないとされています。

ランニングなどの運動をしても平気?

運動を含め、日常生活に支障が無いことを目的として開発されているのでカバーをつければ行っても良いとされています。

そのままお風呂に入っても大丈夫?

お風呂に入っても落ちるものではないため問題ないとされています。

編集部評価★★★★★ 総合94点
初回価格3,600円(送料別)
一番上手な購入の手順
  • サイズを測り選んで購入する(測れる人の場合)
  • S.M.Lセット品を購入する(測るのが難しい人の場合)
  • 必要品を単品で購入する(足りないものがほしい場合)
保証・特典
  • 必要な人は測定シールを無料配布
  • 送料は場所によって変動あり
  • ノーマル・ハードタイプなどの種類がある
  • SSサイズも完備

選び方

​爪表面の長さに合わせてS・M・Lのサイズから選ぶことができるため測定シールを使って調べてから購入するのが確実です。また、ノーマル・ハードから選べるセット品を購入するのも楽に購入ができますが、初めての人の場合は爪の割れや欠けを考慮してノーマルタイプを選びましょう。

爪の長さが測れない人の場合は、フルセット品を用意されているのでそちらを選んでも良いですね。こちらもノーマルタイプからの使用がおすすめされています。爪測定シールについては公式に手続き方法が詳しくかかれているため、参考にしてみましょう。

【公式・巻き爪ブロック】について詳しく知るならコチラ

ワイヤー

巻き爪ロボと同じ要領で爪をワイヤーで矯正する方法ですが、ワイヤーを使って止めるため爪にワイヤーをつなぐ穴を開ける必要があります。ネイルドリル、超弾性形状記憶合金、切断用ニッパーを準備して行います。

  1. 爪の両端に穴を開ける
  2. 片方にワイヤーを差し込む
  3. 差し込んだワイヤーを抑えながら反対側も差し込む
  4. 余ったワイヤーを切断して終了

セルフで行うワイヤー治療ですが、どうしてもワイヤーの切断面での怪我や穴を開ける時の怪我が多発している傾向があります。行う場合は自己責任で行うようにしましょう。また、巻き爪の部分にワイヤーの切断面があたり悪化することもあるので工夫が必要です。​

はるこ先生
今ではセルフケアで巻き爪のワイヤーが販売されてきて、上記のようなセルフで穴を開けて行うという方法が減ってきているわ。怪我をする確立も少なくなって、安全性がありますが矯正力が少し少ないのがデメリットね。

 テーピング

​必要なものはテーピングとはさみだけです。テーピングを持っていない人の場合は絆創膏で代用ができるので、そちらの方法も一緒に紹介するので実践してみましょう。あくまでセルフケアとしては応急処置で行える方法なので、痛みが出ている場合や膿が出ている場合の処置として使ってみてくださいね。

  1. テープを5センチくらいの長さにカットする
  2. ベタベタする法を外側にして半分に軽く折る
  3. 折り目の中央からハサミで切り込みを入れる
  4. 切れ込みを爪の端にかませる
  5. 余ったテープの端を引っ張りながら巻きつけて完成

絆創膏で行う場合はガーゼの部分にハサミで切り込みを入れてから同じような手順を行うだけで簡単に出来ます。​

注意点

  • 根本的な解決にはなりません
  • テーピングの緩みや爪が伸びると痛みが再発します
  • 爪の矯正力はありません
  • あくまで一時的な応急処置として使うようにしましょう

 コットン

テーピングと同じようにコットンでも応急処置をすることができます。用意するものはコットン(できれば殺菌済み)消毒液、綿棒です。

  1. 手を石鹸で洗って清潔にしておく
  2. 消毒液があれば綿棒に染み込ませて巻き爪部分を消毒しておく
  3. コットンをちぎって米粒くらいの大きさに丸める
  4. 痛みのある爪と皮膚の間にコットンを挟む

これだけで痛みの緩和ができます。軽く丸めた柔らかいコットンを使うことで効果がでるので、硬く丸めたコットンにならないように丸めましょう。ちょうど良い大きさを見つけるのがコツです。​

はるこ先生
セルフケアで最も優秀なのが巻き爪ロボね。巻き爪ロボと巻き爪ブロックを合わせて使うことでセルフケアでも簡単に巻き爪の解消ができるわ。もちろんセルフだと不安な点も多いわよね。そんな時は病院で巻き爪の処置をしてもらうのが効果的よ!

 巻き爪を治す方法【病院の治療法】


評価項目巻き爪のカットフェノール法プレート法ワイヤー法爪母全切除法
巻き爪の程度軽度中度〜重度軽度軽度〜中度重度
メリット短時間で終わる
運動制限がない

短時間で終わる

回復が早い

爪を傷つけない
痛みがない
早く結果が出る
普段通り生活可
完治までの時間が短い
再発の可能性がない
保険適応
デメリット病院によって費用が変わる
根本的治療にならない
小爪が再生する
足に負担がでる
矯正力が弱い
受診が長引く
高額医療になる
縦割れの原因になる
爪が無くなる
2日間安静が必要
激しい運動などは3週間程度控える
予算2,000〜5,000円程度5,000〜8,000円程度10,000〜15,000円程度​
10,000〜15,000円程度15,000〜20,000円程度
保険対応

巻き爪のカット

専用の爪切りを使って、巻き爪の部分のカットを行います。手術として扱う医院や、手術としない医院があるため費用にばらつきが出てきているようです。爪切りだけなので費用が抑えられますが、根本的治療にならないためあまり行われていません。

フェノール法

湾曲している部分の爪を縦に切り、抜いていく方法です。その部分に肉芽があればそこにもフェノールという薬液を付けて、巻いた部分の爪母から爪を生えないようにする方法です。残った爪は狭くなり、爪母が焼き潰せていない場合は小爪が伸びてしまい靴下などに引っかかることがあります。

足の爪があることで、足にかかる負担の軽減を行っています。力を逃す部分が小さくなるため足に負担がかかりやすくなりますが再発しにくいため多くの施術実績があります。

プレート法

戻る力のあるプラスチックや金属を爪に貼り付けて巻き爪の矯正をするものです。爪を傷つけることなく、痛みもないため安心して行えることが大きなメリットとなります。比較的安価で治療が受けられますが、矯正力が他の方法と比べると弱いので軽度の巻き爪の対処でおすすめです。

最低でも治療期間は半年かかり、1〜2年の間治療する人もいます。保険の適応がないため治療費が高額になる可能性があるため注意が必要です。

ワイヤー法

VHOやコレクティオと呼ばれる方法の場合は両端に針金状のものをかけることで、巻き爪を矯正して行きます。引っ張ることで爪を正常な状態に導くものです。2〜3ヶ月に1回のワイヤー取り替えを行いゆっくりと治療していきます。1度行うと定期的に通う必要があるため、医療費がかかります。また、やめると巻き爪に戻っていくため根本的治療にはなりません。

マチワイヤー法の場合は爪を伸ばして両端に穴を開けてワイヤーを通す方法です。ワイヤーの張替えは1〜2ヶ月に1回で1ヶ所10,000前後の費用がかかります。早く結果がでるため、陥入爪​の人にとってはメリットが大きいと言えます。

爪母全切除法

重度の巻き爪の場合は、医師の判断で爪母全切除法を行うことがあります。爪をすべて除去してしまうので、新しい爪が生えてこないため巻き爪の悩みから開放されます。見た目が悪くなるほか、おしゃれが楽しめない、安静が必要などのデメリットが多くあります。今でも減ってきてはいますが、主流の方法として知られています。

巻き爪は何科?爪でも皮膚科?

爪は皮膚の一部のため、皮膚科で受診することができます。外科や形成外科、美容外科でも受診は可能です。巻き爪の症状や改善の目的に合わせて受診科を変えてみましょう。

はるこ先生
セルフでは行なえない方法も多くあるのが皮膚科での巻き爪治療なの。少し費用がかかるけど安心して行うことができるのも大きなメリットね。自分の目的や、どのような状態にしたいのかを見極めて受診しましょ!

 自分でできる巻き爪の予防方法

爪の切り方はスクエアに

はるこ先生
巻き爪を予防するためには、爪切りからきちんと考え直すことが大切です。巻き爪の予防で何よりも大切なのが爪の切り方。深爪などをしてしまうとそれだけで巻き爪の原因となるから爪は正しい切り方を覚える必要があるわね。

 爪切りのは先がカーブしているタイプは爪が丸く切れて深爪になりやすいので、刃先がまっすぐのタイプを選ぶようにして準備していきます。爪切りを使うことに抵抗がある人の場合は、目の細かいガラス製の爪やすりを使うようにすると効果的です。

手の爪はある程度好みで整えますが、足の爪の形や長さは爪のトラブルを予防するためにスクエアカットと呼ばれる方法が理想的とされています。爪をまっすぐに切り、両端の角を少し丸めるように整えるのがスクエアカットという方法です。

爪を切った後はなるべく目の細かい爪やすりを使ってなめらかに整えます。やすりは一方方向にかけるようにすると滑らかに整えやすくなります。爪を正しく切ることができれば、足の負担も軽減するので日常生活で足が疲れやすい人の対策にもなります。

足の爪の長さですが、指の肉と同じ高さ程度までにしておくのが理想的です。スクエアカットでも短くしすぎてしまうと巻き爪の原因となります。

爪表面を削って薄くする

年齢を重ねてしまうと爪が分厚くなってしまうので、下からの圧力に対して強くなってしまい巻き爪の対処の効果が出なくなってしまいます。爪が分厚くなってしまっている場合は爪の表面をヤスリで削って適度な薄さを保つようにしてみましょう。自分で行うとやりすぎることがあるので、クリニックやネイルサロンがおすすめです。

食い込んで肉と当たっている湾曲した巻き爪の部分だけを削るという方法もあるので、一言に削るといっても臨機応変に対応してもらえるのも皮膚科などで受けるメリットになります。

具体的な削り方

​やすりをかける場所は巻き爪になっている側の爪の表面を削っていきます。巻き爪の部分を削っていくことで、歩いた時に爪が押し上げられて巻き爪の改善が出来ます。入浴後に削ると削りやすく、削り過ぎてしまうと爪が割れてしまうことがあるので注意しておきましょう。

また、セルフで行う場合は巻き爪で食い込んでいる部分を削るとかえって逆効果になってしまうことがあるので、できるならば病院で丁寧に施術してもらうことをおすすめします。

足にあった靴を履く

​自分の足の幅を計測してちょうど良い靴を選ぶようにしましょう。

具体的な選び方のポイント

  • 自分の足のサイズを正しく測る
  • つま先にゆとりは必須
  • 靴底は衝撃を吸収する素材を選ぶ
  • ヒールの高さは3cm以内のものを選ぶ

ビーチサンダルやレインブーツ、ムートンブーツやサボサンダルなどで痛みが軽減したという口コミもありました。足の歪みにより巻き爪になってしまうのを予防するためにも窮屈すぎたり大きすぎたりする靴を選ばないようにしましょう。

適度に歩く

​筋力が弱いと体が歪んでしまうため、適度に歩くことも大切なことです。姿勢を支える筋力が弱い人の場合は骨盤が歪みやすくなってしまっているため、がに股や内股などの足の変形が見られます。毎日の積み重ねで巻き爪を引き起こすため適度に歩いて筋力を付ける必要があります。

  1. 腰をまっすぐ立てて両肩の力を抜く
  2. 目線は遠くを見るようにすると姿勢がよくなる
  3. 片足のかかとを前に出し着地する
  4. 足の裏を地面につけたら、もう片方の足で地面を押し上げるようにして体を前に出す
  5. 自然に前にあった片足の指先が地面につくので、続いて足の親指で地面をおしながらかかとを蹴り上げて後ろに合った足を前に出す
  6. 再び、親指で地面を押しながら体を前に出し、かかとで蹴り上げて後ろに合った足を前へと出す

これが正しい歩き方とされているものです。体を前へ押し出す役目は後ろ足という部分がポイント。膝が曲がり、膝の負担が大きくなるため前にある足で体を歩かせようとしないようにしましょう。​

アッキー
適度な運動にもなるため、少しでも歩く癖を付けるのも大切です。普段からインナーマッスルを意識するだけでも違ってきます。正しい姿勢で歩くというのは健康のためにも巻き爪のためにも良いということですね。

 ところで巻き爪ってどんなもの?

巻き爪の種類

陥入爪・巻き爪の違い

​巻き爪は足の指にある爪の両端の先端部が強く内側に湾曲した状態のこととされています。巻き爪になるのは比較的負担のかかりやすい親指の爪で有ることが多いのですが、他の指の爪も巻き爪になる可能性があります。

巻き爪は医学的に陥入爪​、湾曲爪、爪甲鈎弯症​の3種類があるとされており、爪の周囲の皮膚に食い込んで痛みがが出てきてしまう陥入爪​の症例が最も多いとされています。陥入爪​が悪化すると湾曲爪になってしまうことがあります。

軽度・中度・重度の爪の状態

​軽度の巻き爪中度の巻き爪​重度の巻き爪​
​状態​食い込み型とされる軽度の食い込みがあるタイプです。足の指の肉に爪が食い込んでしまっている状態で患者さんの約90%が軽度の巻き爪とされています。丸くなり食い込みを起こしてしまっているものが中度の巻き爪とされています。軽度のものよりも食い込みが激しくなって着ているものです。​重度の場合は折り返したり、ホチキス型だったり、複合型、ひどい食い込み型などがあります。痛みがひどいものが多く早急に治療が必要です。​
​セルフ対応​◯△​☓​
​病院セルフでの対応で問題が無くなることが多い​中度から病院に受診することで早期に改善することができる​早急に受診して治療をするのがおすすめ​

糖尿病の人の場合

糖尿病と巻き爪には強い関係性があり、糖尿病を発症していると感染病に対する抵抗力が低下し巻き爪を引き起こしやすい状態になってしまいます。細菌や水虫といったものは爪が硬くなってしまい巻き爪を誘発してしまうだけではなく、血流の悪化や動脈硬化などの影響で傷が治りにくいので巻き爪によって傷ついた部分の炎症や化膿も悪化しやすいとされています。

糖尿病の人の場合は爪が巻き爪で巻いているだけの状態であれば問題ないとされていますが、爪の角が皮膚に刺さる程度の糖尿病になると非常に危険です。細菌が容易に骨まで到達してしまうので、指だけのトラブルではなく思わぬ症状を引き起こしてしまいます。

アッキー
残念なケースは、ケアを怠り指を切断しなくてはいけないという状態になったという報告があることですね…糖尿病の場合に限らず足の爪のケアは怠りがちになるので、丁寧なお手入れを心がける必要があります。

 巻き爪になるデメリット​

巻き爪のデメリット

  • 爪が湾曲してしまう
  • ネイルなどが楽しめないことがある
  • 痛みや化膿で歩くことができなくなる
  • 痛みなどをかばうとひざや腰の痛みにつながる
  • ヒールやパンプスが履けない
  • 人前で素足になれない

 これは多くの人が実感している巻き爪になってしまった時のデメリットです。進行すると痛みがひどく、化膿してしまうため歩行にも問題が出てきてしまいます。正しいバランスを保って歩くことができないので、他の部分にも負担がかかり腰や膝なども痛くなります。

はるこ先生
おしゃれなんて出来ない状態になるわね。巻き爪の痛みは歩くととてもひどいの。大切な靴が汚れてしまったり、履けなかったり、素足がだせなかったりと女性にとっても死活問題よ!

 巻き爪の原因

靴の影響

履いている靴のサイズが合わない場合は巻き爪になることがあります。女性の場合に多いのが先の尖ったパンプスやハイヒールです。足の指が圧迫された状態を続けてしまうため外反母趾が引き起こされて、そこから巻き爪に発展します。また、血流が悪くなってしまうので女性に大敵な冷えをも引き起こします。爪の圧迫によって巻き爪が起きることもあるので靴はサイズが合ったものを選びましょう。

また、圧迫されていない場合でも足の指が動きにくい革靴なども巻き爪の原因になることがあるので、女性でも男性でも巻き爪の要因が靴にあることが多いとされています。​

深爪

​足の爪を切る時には特に気をつけてほしいのが深爪です。指先よりも下に爪がきてしまうため、伸びる工程の間に爪が食い込んでしまうことがあります。足の爪は切り方が難しいからといってあまり切らないのも巻き爪に繋がってしまいます。爪は切り方によって生え方も変わってくるので注意が必要です。

スポーツ

​体を動かすので健康維持にも良いスポーツも巻き爪の原因となっているケースがあります。足の爪先に圧力がかかるものや、体重がかかるスポーツをしていると爪周辺の肉に炎症を引き起こすことがあります。

  • サッカー
  • バレー
  • バスケットボール
  • テニス
  • バレエ

などはつま先に圧力がかかりやすいスポーツなので十分に注意が必要です。巻き爪になりそうな場合はつま先の負担を軽減するために緩衝材を入れたり、靴や靴下にそのような機能がついたものを選ぶようにしましょう。

急激な体重増加

​巻き爪の大きな原因は爪の圧迫なので急激な体重の増加が起きてしまうと爪への負担も大きくなってしまい巻き爪となってしまいます。体重の増加と運動不足は巻き爪になるリスクが非常に高く対策をする必要があります。

はるこ先生
急激な体重の増加には妊娠も含まれるわ。妊婦さんは急激な体重の増加が起きやすく、妊娠前の体重よりも増えるから巻き爪と無縁な人でもなることがあるの。爪のケアが難しいこともあるからしっかりと普段からケアをして体重管理も必要ということね…

手の巻き爪の原因は?

巻き爪の原因は圧迫や爪切りなどです。爪が弱い人や、両端の深爪、指を挟むような外部からの衝撃、ジェルネイルの重ね塗りなどによって巻き爪が引き起こされます。

 軽度のうちに自分で巻き爪矯正や予防が◎

巻き爪は悪化してしまうと病院での治療が必要となったり、歩くのが困難になるケースもしばしばあります。普段から継続した矯正や予防を続けることで日常生活に負担をかけることなく過ごしやすくなります。

アッキー
今回もとっても勉強になりました!女性でも男性でも巻き爪になるケースは多いので僕も気をつけなきゃ…
はるこ先生
そうねアッキー。普段からの予防はとっても大切よ!みんなも日頃から少しずつケアを続けて綺麗な足元で過ごせるようになりましょうね。