ニキビの黒ずみが目立って困る!原因や治す方法&おすすめ商品4選

ニキビの黒ずみが目立って困る!原因や治す方法&おすすめ商品4選

ニキビの黒ずみが目立って恥ずかしい、何とかしたいと悩んでいる人も多いのでは?実はそれ「黒ニキビ」と呼ばれるものなのです。ではなぜ黒ずみができてしまうのかその原因はもちろん、正しい治し方やおススメのケア用品まで一挙大公開していきます!

毛穴の黒ずみ、それは黒ニキビ!

こんにちは、編集長の水野春子です。

いつの間にかニキビが黒ずんでしまい、目立って恥ずかしいと悩んでいる人も多いですよね。そもそもこの黒ずんだ出来物の正体って一体何か知っていますか?実は「黒ニキビ」というニキビの初期段階のものなのです。

でも黒ニキビと言われても、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。

はるこ先生
黒ニキビの原因を知ることが、黒ずみを除去する一番の近道。ここでしっかり黒ニキビの知識を深めて、私と一緒に美肌を目指しましょうね♪
試したニキビケア用品の数使った金額ニキビに効果があったケア用品の数
25種類35万8200円7種類

黒ニキビとは一体どんなものなのか、黒ニキビが発生してしまう原因や対処法、もう一つの黒ずみ「ニキビ跡」のケア方法まで気になる疑問を、詳しく解説していきます。

黒ニキビとはどんなニキビ?

そもそも黒ニキビとは一体どういったニキビなのか知っていますか?まずは黒ニキビとはどういうものなのか、知るところから始めていきましょう。

白ニキビが酸化したニキビ

黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂などが酸化して黒くなったニキビのことで、「開放面皰(めんぽう)」とも呼ばれています。そもそもニキビはなぜできるのかというと、皮脂の過剰分泌などが原因で、毛穴に皮脂などが詰まってしまうことで引き起こされるのですが、この状態が白ニキビです。

白ニキビが悪化すると、毛穴に詰まった皮脂などが毛穴に収まりきらず表面に出てくることがあるのですが、この表面に出てきた皮脂が酸素に触れることで酸化し黒ずんでしまうことで黒ニキビはできます。ちなみによく鼻の頭にいちごのような黒ずみができることも多いですよね。このいちご鼻も黒ニキビになります。特に鼻は皮脂の分泌が盛んな部分なので、黒ニキビができやすい部位と言えるでしょう。

酸化して黒くなる原因

では白ニキビができると必ず黒ニキビになるのかというとそうではありません。白ニキビができて治っていくこともあれば、そのまま悪化し黒ニキビになることもあるのです。

上記でも紹介した通り、白ニキビが悪化し毛穴から顔を出した皮脂が空気に触れることで酸化し黒ニキビになってしまうため、白ニキビを悪化させないことが大切と言えます。白ニキビから黒ニキビに悪化させてしまうNG行動は以下の通り。

黒ニキビに発展させてしまうNG行動

  • 油っこいものや糖分の多いものをたくさん食べる
  • 不規則な生活を送っている
  • ストレスがものすごく溜まっている
  • ニキビを爪などで潰したり、ごしごし擦る
  • 保湿をしない

これらの行動を行っている人は、黒ニキビにも発展しやすいので十分注意してくださいね。

痛いなら粉瘤を疑おう

黒ニキビとよく似たものに「粉瘤(ふんりゅう)」と呼ばれる出来物があります。粉瘤は皮膚の内部に嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋ができ、袋の中に皮脂などの老廃物が溜まったものです。

粉瘤も黒ニキビと同じように黒く見えることがあるため、黒ニキビだと勘違いしてしまう人も少なくありません。ただ粉瘤は放置するとどんどん大きくなってしまうため、早めに病院を受診し治療を受ける必要があります。

では粉瘤と黒ニキビ、どんな点に違いがあるのかというと、まず痛みがあるかないかの違いです。黒ニキビの場合、ただ毛穴に皮脂が溜まっているだけで炎症を引き起こしているわけではないため、痛みはありません。しかし粉瘤の場合はヘソと呼ばれる黒く小さな開口部分があるのですが、そこから菌が入り込み炎症を引き起こしたり膿が溜まることがあるため痛みや痒みがあるのが特徴です。

痛み以外に粉瘤と黒ニキビの違いは以下の通り。

粉瘤と黒ニキビの痛み以外の違い

  • 粉瘤には固くて動かないしこりがある場合がある
  • 黒ニキビは数ミリ程度ですが、粉瘤は数センチまで成長することがある
  • ニキビは臭いませんが、粉瘤は臭うことがある

これらの違いも粉瘤と黒ニキビを見分けるポイントになりますので、覚えておきましょう。

粉瘤の治療法ですが、完全に治すためには手術で袋を取り除くしかありません。手術で取り除く場合も、大きくなるにつれ傷が残るリスクもあがるため、小さいうちに対処するようにしてください。

はるこ先生
ついつい粉瘤を潰したくなる人もいるかもしれませんが、潰すと細菌が袋に入りやすくなり悪化してしまうため、絶対に潰すのはダメよ!
必ず病院を受診して適切な処置を受けてくださいね。

黒ニキビのできる4大原因

黒ニキビができる原因は一体何なのか気になりますよね。原因が分かれば対策も取りやすいです。では黒ニキビができる4大原因を詳しく解説していきましょう。

肌の乾燥

肌の乾燥とニキビ、一見まったく関係ないように感じますよね。実は肌の乾燥はニキビができる原因の一つ。特に思春期以降にできる大人ニキビは、肌の乾燥が原因で引き起こされることも多いです。

そもそも皮脂は元々肌を外の刺激から守る役割を持っています。そんな皮脂が乾燥によって減ってしまうと、体は肌を守るためたくさんの皮脂を分泌してしまうことで毛穴に皮脂が詰まりやすくなりニキビができてしまうのです。

また水分量の少ない乾燥した肌はカサカサで角質も厚く毛穴も細くなってしまっているため、そういった点もニキビができやすい原因の一つと言えます。特にオイリー肌の人はついつい保湿を忘れがちですが、洗顔後などは化粧水などでしっかり保湿するようにしましょう。

また肌が乾燥する原因には

  • 紫外線などによる刺激
  • ターンオーバーの乱れ(早い)
  • 洗顔のしすぎ

などがあるので、覚えておいてくださいね。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーという言葉を聞いたことがある人も多いのでは?ターンオーバーとは肌が新陳代謝を繰り返すことで、古い肌から新しい肌へと生まれ変わることを言います。このターンオーバーが早くなったり遅くなったりして周期が乱れることでも、ニキビを引き起こしてしまうのです。

なぜならターンオーバーが早くなると肌が未熟で潤い成分を持っていないまま肌の表面に出てきてしまうため、肌が乾燥しニキビができやすくなってしまいます。逆にターンオーバーが遅くなると古い角質がいつまでも肌の表面に残ってしまい、角質が分厚くなることから毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

ターンオーバーが乱れる原因は以下の通り。

ターンオーバーが乱れる原因

  • 睡眠不足や偏った食生活など生活習慣の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • タバコ
  • ストレス
  • 紫外線

原因を取り除くことでターンオーバーの正常化を目指しましょう。

アッキー
ターンオーバーは早すぎても遅すぎてもダメなんですね。確かターンオーバーは28日周期で行われているんですよね?はるこ先生。
はるこ先生
う~ん、確かに28日周期と言われているけれど、実は年齢によって周期が違うの。28日は20代前半の人の周期と言われているのよ。実際は「自分の年齢×1.5」程度が適切なターンオーバーの周期になるから覚えておいてね。

皮脂の過剰な分泌

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まりやすくなるためニキビの原因になります。ではなぜ皮脂が過剰に分泌されるのか、その原因を見ていきましょう。

ストレスや睡眠不足

ストレスや睡眠不足になると、心身共に緊張状態状態になるため興奮作用のある「交感神経」が常に優位に立ちます。交感神経は男性ホルモンの分泌を促すのですが、男性ホルモンには皮脂の分泌を増やす働きがあるため、皮脂の過剰分泌に繋がるのです。

食生活の乱れ

甘いお菓子や油っこい食事を好んで食べる人も多いですよね。ただ糖分や油っこい食べ物など動物性脂肪は、皮脂を作る材料になったり皮脂の分泌を促す作用があるため皮脂の過剰分泌に繋がります。またビタミンB群には皮脂をコントロールする働きがあるため、ビタミンB群の摂取不足も皮脂の過剰分泌を引き起こす原因の一つです。

成長ホルモンの影響

思春期頃はやたらニキビができて悩んでいる人も多いのでは?実は思春期の時期は成長期でもあるため、成長ホルモンの分泌が盛んです。成長ホルモンには皮脂の分泌を刺激する働きもあるため、成長ホルモンの分泌が盛んな時期は皮脂も過剰に分泌されます。ちなみに思春期の時期にできるニキビを「思春期ニキビ」と呼ぶので、覚えておいてくださいね。

他にも上記で紹介した乾燥も、皮脂の過剰分泌の原因の一つになります。

間違ったニキビケア

ニキビを早く治そうとして色々と頑張ってみたけれど、逆に悪化してしまったという人もいるでしょう。実はケア方法が間違っていた可能性があります。例えばニキビは潰せば良くなるなどの理由から、手などで無理やり潰したり、毛穴詰まりを何とかしようと頻繁に毛穴パックを使うなどです。

手などで無理やりニキビを潰すと傷口から細菌が入り込んでしまいますし、頻繁に毛穴パックを行うことで肌への負担が増えたり、強引に毛穴の皮脂を取ることで毛穴が開いてしまい、皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまいます。そのためニキビは正しく潰す(後で正しい潰し方を紹介します)、毛穴パックは月1回でパック後は水で引き締め毛穴開きを防止するなど対策を取りましょう。

また間違ったニキビケアの中で一番多いのが、洗顔のしすぎです。少しでも肌を綺麗にしたくて、1日に何度も洗顔を行う人も多くいます。

しかし洗顔のやりすぎは必要な皮脂も一緒に落としてしまうことから肌が乾燥しやすくなりますし、肌への負担も大きくなることから逆にニキビができやすくなってしまうのです。洗顔は1日2回程度行えば十分ですので、多くても2回までに留めておきましょう。

黒ニキビを治す方法【根本対策編】

黒ニキビを繰り返さないためには、根本的に対策を行なうことが大切です。ではどんな点に気を付ければよいのか詳しく紹介していきますので、再発防止を目指したい人はしっかり確認してくださいね。

取らずに自然排出を目指すのが◎

黒ニキビを治し再発を予防するためには、ニキビが発生する原因を取り除くことが根本的な解決に繋がります。原因を取り除くことで肌は水分をしっかり含んだハリのある肌になり、肌バリアも正常に働くことでニキビができにくくなるのです。また正常なターンオーバーにより、定期的に肌が生まれ変ることから古い角質と一緒に黒ニキビも排出されるため、自然にニキビのないきれいな肌に生まれ変ります。

では具体的にどんなことを行なえば、ニキビを発生する原因を取り除くことができるのか気になりますよね。下記ではニキビができにくく治りやすくなる具体的な方法、ケア用品の選び方や注意点などを詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

洗顔方法を見直す

洗顔は1日2回までというお話をしましたが、洗顔方法もとても大切です。間違った洗顔方法は必要以上に皮脂を取り除いてしまい、肌を乾燥させる原因にもなるため、正しい洗顔を行いましょう。

正しい洗顔方法は以下の通りです。

1.手をきれいに洗う

まず洗顔を行う前にハンドソープや石鹸などを使い、手を綺麗にしておきましょう。なぜなら手が汚いと手に付いた菌が顔についてしまい、ニキビが悪化してしまうことがあるからです。

2.ぬるま湯で顔を洗う

次にぬるま湯で顔を優しく洗います。そうすることで毛穴が開き、毛穴に詰まった角質などが取れやすくなるのです。このとき洗顔料はまだ使わないでくださいね。お湯の温度は体温よりも少し低めの、32~34度くらいが良いでしょう。また蒸しタオルなどを顔に乗せたりお風呂に浸かるなどして毛穴を開かせてもOKですよ。

3.洗顔料をしっかり泡立てる

洗顔料をしっかり泡立てていくのですが、このとき泡のキメが細かいほど汚れがきれいに落ちますので、できるだけキメの細かい泡をたくさん作りましょう。うまく泡立てられない場合は、泡立てネットなどを使うと上手に泡立てられるのでおすすめです。

4.優しく洗顔する

3で作った泡を顔に乗せ、優しく洗っていきます。このときゴシゴシ擦らず、泡を転がすように円を描きながら優しく洗うのがポイントです。このときできるだけ手が肌に触れないよう、たっぷり泡を顔に乗せてください。

洗う順番ですが、皮脂の多いTゾーン→頬→目や口の周りの順で洗うと良いでしょう。

5.ぬるま湯でしっかりすすぐ

桶などにぬるま湯をため、優しくすすいできましょう。泡が残っているとニキビの原因になってしまいますので、しっかりすすぐようにしてください。特に毛の生え際・アゴ・こめかみなどはすすぎ残ししやすい部分なので、特に入念にすすぎましょう。

中にはシャワーなどですすぐ人もいるかもしれませんが、シャワーは肌への刺激が強くニキビの原因になってしまうため、必ず手ですくって優しくすすぐのがポイントです。

6.清潔なタオルで水分を優しくふき取る

清潔なタオルで、水分を取っていきます。タオルで水分を拭くときはポンポンと軽く押し当てるようにして水分を取るのがポイントです。間違ってもゴシゴシと擦るようなことはしないでくださいね。

7.化粧水などでしっかり保湿する

最後は化粧水などでしっかり保湿しましょう。どうしても洗顔によって肌が乾燥してしまっているため、洗顔後すぐに保湿するのがポイントです。

はるこ先生
上記の手順を参考に、1日2回正しく洗顔を行いましょう。ただし朝は顔もあまり汚れていないので、洗顔料なしでも大丈夫よ。

化粧水は保湿に重点を置く

黒ニキビの原因の一つ、乾燥を防いでくれるのが化粧水です。ただニキビができているとどうしても皮脂の分泌を抑えようと、保湿力の少ない「さっぱりタイプ」の化粧水を選ぶ人もいるでしょう。しかしニキビの原因でも紹介した通り、ニキビは肌の乾燥で引き起こされてしまうため、保湿力の高い「しっとりタイプ」がニキビには良いとされているのです。

ちなみに保湿成分は主にセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどがあります。また肌バリアを低下し肌細胞を老化させる活性酸素を除去し肌への浸透率も良い、ビタミンC誘導体ビタミンE誘導体入りのものを選ぶと良いです。

化粧水を付ける場合、手とコットンどっちが良いの?

どちらでも問題ありません。
ただしニキビができているときにコットンで化粧水を付けると肌に刺激を与えてしまうことがあります。そのため手の平全体を使い、化粧水がしっかり肌に浸透するよう優しく押さえるように付けると良いでしょう。

アッキー
化粧水を付けた後、保湿美容液などを使い化粧水の蒸発を防ぐことも重要なポイントと言えます。保湿美容液は、セラミドやヒアルロン酸などの保湿効果の高い成分が入っているものを選ぶとよいですよ。

皮脂のコントロールをする

ニキビは皮脂の過剰分泌も原因の一つなので、皮脂をうまくコントロールすることでニキビの改善に繋がります。では具体的にどうすれば皮脂の過剰分泌を防げるのか一つ一つ説明していきますね。

化粧品でコントロール

化粧品を使うことで皮脂をコントロールすることも可能です。特にビタミンC誘導体には少しですが脂の分泌を抑えたり酸化するのを予防する働きがあります。またビタミンC誘導体の中でもパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na・3-O-エチルアスコルビン酸・リン酸アスコルビルMg・アスコルビルリン酸Naと記載されているものを選ぶと良いですよ。

ただし乾燥がひどい人の場合、あまり皮脂を取る化粧品を使い続けると逆に皮脂の分泌が盛んになってしまうこともあるため、その点は注意しましょう。

睡眠不足やストレス解消でコントロール

睡眠不足やストレスは男性ホルモンの分泌を増やす原因の一つ。そのため睡眠は約7時間程度を目安にしっかり眠る、ストレスを溜めないように自分の好きなことをする時間を作るなどし、睡眠不足解消とストレス発散をうまく行いましょう。

また有酸素運動もおすすめです。有酸素運動には精神を安定させる「セロトニン」が分泌されるので、ストレス発散に一役買ってくれますし、適度に体を動かすことで体が程よく疲れるため、安眠にも導いてくれます。有酸素運動には、ウォーキング・ジョギング・水泳・サイクリングなどがあるため、普段の生活に取り入れてみると良いかもしれませんね。

毎日の食事でコントロール

食事でも皮脂をコントロールすることができます。特に皮脂の分泌を抑えたり皮脂の過剰分泌の原因にもなる脂質の代謝を促してくれる物を積極的に摂取しましょう。

皮脂の分泌を抑える栄養素

  • ビタミンB2…レバー・うなぎ・卵・ワカメなどの海藻類など
  • ビタミンB6…にんにく・まぐろ・かつおなど
  • 食物繊維…きのこ類・さつまいも・ゴボウなど

などを積極的に摂取すると良いです。

また上記以外にも積極的に摂取したい栄養素があります。

ニキビ改善に一役買ってくれる栄養素

  • 潤い成分コラーゲンを生成する「ビタミンC」…ほうれん草・アセロラ・パセリ・ブロッコリーなど
  • 抗酸化作用で肌細胞を活性化する「ビタミンE」…レバー・うなぎ・ほうれん草などの緑黄色野菜など
  • ターンオーバーを促し肌の潤いを保つ「ビタミンA」…人参・ほうれん草・かぼちゃなど
  • 自律神経を整えターンオーバーを促進する「ミネラル類」…牡蠣・チーズ・穀物類・牛乳・ナッツ類など

これらの栄養素をバランスよく摂取しましょう。逆に糖質の多いものや油っこいものは皮脂の過剰分泌に繋がるため、できるだけ控えてください。

はるこ先生
上記以外にも
・お風呂にゆっくり浸かる
・タバコや過度のお酒は控える
なども皮脂のコントロールに繋がるので、覚えておいてくださいね。

黒ニキビの根本解決におすすめ商品4選

黒ニキビを根本から改善したい人におすすめ!人気のおすすめニキビケア用品4撰の特徴はもちろん、気になる口コミまで詳しく紹介していきましょう。

洗顔料のおすすめ「どろあわわ」

\泥洗顔料市場5年連続売上No.1の超人気洗顔料/

Source: Amazon

どろあわわ

商品名どろ豆乳石鹸 どろあわわ
特徴・吸着力の強い「沖縄県産マリンシルト」と、火山灰由来の泥「国産ベントナイト」の2種類の泥を配合
・美のホルモン「エストロゲン」と同じ働きをするイソフラボンを含んだ「豆乳発酵液」を始め、保湿成分の高いコラーゲン・ヒアルロン酸・黒糖エキスなどを配合
・もちもちで濃密な泡を作ることで、肌への負担を軽減
効果・2種類の泡が毛穴の奥の汚れもしっかり吸収するのはもちろん、毛穴を引き締めることで毛穴詰まりを引き起こしにくくしてくれます。
・高保湿成分配合で、肌の奥深くまで潤いを与えみずみずしいハリのある肌へと導いてくれます。
注意点大豆を使っているため、大豆アレルギーの人は使用を避けた方が良いでしょう
有効成分マリンシルト、ベントナイト、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、サクシニルアテロコラーゲン、黒砂糖エキスなど
コスパ
使い方どろあわわを2~3cm程度とり、専用ネットなどを使いしっかり泡立てる
内容量110g
価格1個2980円・10個20,860円
定期コース(6ヵ月継続)初回1,490円・2回目以降2,533円
定期コースフリー初回1,490円・2回目以降2,831円
※全て税抜金額
※単品1個購入以外は送料無料・専用ネットなどのプレゼント付き
販売元健康コーポレーション株式会社

どろあわわはその名の通り、泥(クレイ)を使った洗顔料です。泥にはミネラルを多く含んでおり、毛穴の汚れをしっかり取り除いてくれるのに肌にやさしいすぐれものなのです。また毛穴の引き締ま屋皮脂の分泌を抑えてくれるので、ニキビ改善にも一役買ってくれます。そんな泥洗顔料の中でも「どろあわわ」は、泥洗顔料市場「5年連続売上No.1」を記録している人気の洗顔料です。

公式サイトを見てみる

基礎化粧品のおすすめ「ノブAC」

\売上100万個突破!ニキビに悩む人のために作られた基礎化粧品/

Source: Amazon

ノブAC

商品名ノブACアクティブシリーズ トライアルセット(7日分)
特徴ビタミンC・E誘導体やビタミンB6に加え、保湿効果の高い「AHA」「BHA」も配合
・ノンコメドジェニックテスト済
・無香料・無着色・ノンアルコールで肌にやさしい
効果1.クレンジングリキッド(メイク落とし)が化粧や顔に付いた汚れをしっかり除去しながらも、肌に潤いを与えてくれます。(AHA、ビタミンC・E誘導体配合)
2クレンジンフォームがマイルドピーリング効果で、肌の古い角質や毛穴に詰まった皮脂を洗い流す洗顔料です。(AHA、BAH、ビタミンC・E誘導体など配合)
3.フェイスローションモイスト(化粧水)は美肌効果も高い「リピジュア(R)」を始め、保湿成分をたっぷり配合で、肌に潤いを与えるのはもちろん鼻のテカリや黒ずみのケアにも効果を発揮。(AHA、BAH、ビタミンC・E・B6誘導体、ビタミンB2・E配合)
4.モイスチュアミルク(乳液)が、化粧水の成分が逃げないようしっかり肌に蓋をするのはもちろん、美容成分配合でメラニン色素の生成も抑制してくれます。(AHA、ビタミンC・E誘導体・リピジュア(R)・ヒアルロン酸・セラミドなどを配合)
有効成分AHA、BHA、ビタミンC・E・B6誘導体、ビタミンB2・E、リピジュア(R)・ヒアルロン酸Na-2・天然型セラミドなど
コスパ
使い方(洗顔方法)1~2cm程度手に取り、しっかり泡立ててから洗顔する
内容量・クレンジングリキッド:20ml
・クレンジンフォーム:15g
・.フェイスローションモイスト:20ml+2ml×2個
・モイスチュアミルク:6ml
価格1,500円(税別)
送料無料・プレゼント付き
販売元常盤薬品工業株式会社

ノブACはニキビで悩んでいる人とために作られたスキンケア用品で、メイク落とし・洗顔料・化粧水・乳液がセットになっています。そんなノブACはニキビの原因にもなる毛穴詰まりを起こしにくい成分を使用。実際ニキビが出来にくいことを示す「ノンコメドジェニックテスト」も実施しているのです。

公式サイトを見てみる

背中におすすめ「ルフィーナ」

\現役モデル多数愛用!背中専用ニキビケア用品/

Source: Amazon

ルフィーナ

商品名ルフィーナ アクネピュアスキンケアクリーム
特徴・保水力に優れた「シロキクラゲ」を始め、8種類の保湿成分を配合
・背中ニキビに有効とされる水溶性プラセンタエキスやグリチルリチン酸ジカリウムも配合
・無添加なので肌にやさしい
・100%国内で作っているため安心
・全身に使える
効果・8種類の保湿成分などの有効成分が分厚い背中の奥深くまでしっかり浸透し、乾燥予防や肌バリアの強化の手助けをしてくれます。
・水溶性プラセンタエキスやグリチルリチン酸ジカリウムが炎症を抑えたり、メラニンを外に排出することで黒ずみのないきれいな背中に導いてくれるのです。
有効成分水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウムなど
コスパ
※1日あたり約89円
使い方朝と晩1日2回、10円玉程度の量を気になる部分に塗り込む
内容量60g
価格通常価格:9,720円(税込)+送料
定期コース初回特別価格:2,689円(税込)・送料無料
※120日間返金保証付き
販売元キュアメディカル株式会社

気が付くと背中に黒いブツブツがたくさんできていた、なんていう人もいますよね。そんな背中ニキビの主な原因はズバリ乾燥です。肌が乾燥し肌バリアが低下したり皮脂の過剰分泌によって引き起こされます。また見えにくい分、シャンプーやボディソープの洗い残しなどもニキビの原因の一つです。

背中ニキビが出来た時、顔用のニキビ薬を使う人もいるかもしれませんが、実は背中は皮膚が分厚いため、顔用のニキビ薬では効果が出にくいことも多くあります。そのため背中ニキビには、背中用のニキビ薬を使うようにしましょう。

そこでおすすめなのが「ルフィーナ」です。ルフィーナは背中専用のニキビケア用品。芸能人の愛用者も多く、気になる部分に塗るだけなので手間なく続けることができます。また保湿成分はもちろん、美容成分など背中に嬉しい成分がたっぷり入っているのもルフィーナの特徴の一つです。

公式サイトを見てみる

サプリのおすすめ「きらりのおめぐ実」

\顧客満足度97.2%!肌に嬉しい栄養素がぎっしり詰まったサプリメント/

Source: Amazon

きらりのおめぐ実

商品情報

商品名ファンファレ きらりのおめぐ実
特徴・腸内環境を整えるビフィズス菌(1粒当たり約2億個)・天然のオリゴ糖・食物繊維・クロレラを配合
・美容成分のレスベラトロールやマキベリーを始め、ビタミン類も豊富に含まれている
・粒が比較的小さめなので飲みやすい
・100種類以上の素材の中から選び抜かれた素材の実を使っている
効果・腸内環境を整え老廃物をスムーズに外に出すことで、便秘改善はもちろんニキビが出来にくい肌へと導いてくれます。
・美容効果はもちろん肌の健康にも不可欠なビタミン類や美容成分配合で、肌にハリが生れるのはもちろん肌バリアもアップし肌荒れ予防にもつながります。
注意点一度にたくさん飲むと下痢を引き起こすことがあるため注意しましょう。
有効成分ビフィズス菌末(デキストリン、殺菌ビフィズス菌)、クロレラ、マキベリー・ブドウ抽出物、ビタミンB6・C・E、クチナシなど
コスパ
飲み方1日3~6粒程度を目安に、水またはぬるま湯で飲む
※2~3回程度に分けて飲むと良いです
内容量360mg×90粒入り
価格定期便:初回1,980円(税込)・2回目以降3,980円(税込)
送料無料
※何回目でも解約可能
販売元株式会社ファンファレ

きらりのおめぐ実は自然由来のサプリメント。そんなきらりのおめぐ実は「体の内側からキレイに」をコンセプトに、腸内環境を整える栄養素はもちろん、ビタミン類や美容成分などがたっぷり含まれた天然の素材を1粒のサプリにギュッと閉じ込めています。また余計な添加物なども使われていないため、安心して飲めるのも人気の理由の一つです。

公式サイトを見てみる

はるこ先生
気になる商品は見つかりましたか?どの商品も顧客満足度やリピート率が80~90%以上とかなり高めのものばかりなので、ぜひに気なるものがあれば試してみて♪

黒ニキビを治す方法【取り方編】

「とにかく一刻も早くこの黒ずみを何とかしたい」そう考える人も多いですよね。そこで今すぐ何とかしたいアナタにおすすめ!黒ニキビを即効で治す方法をご紹介。早く治すことで見た目がキレイになるのはもちろん、炎症予防にもつながります。ただしこれから紹介する方法は即効性はありますが、根本的な解決にはつながりません。またニキビが悪化してしまうリスクもありますので、その点を理解したうえで行ないましょう。

方法【1】潰す

黒ニキビの場合、潰して治しても問題ありません。むしろ潰して芯を出してしまうことで早くなることも多いのです。ただし間違った潰し方をすると、跡が残ったり悪化することもあるため、今から説明するやり方を必ず守ってくださいね。今回は「コメドプッシャー」という、ニキビの芯を出すための道具を使った潰し方を説明します。コメドプッシャーを使うことで、簡単にニキビが潰せるのでおすすめですよ。

1.潰す前に消毒や洗顔を行う

ニキビを潰す前の準備として、コメドプッシャーをアルコールや熱湯などで消毒しておきましょう。消毒と合わせて洗顔を行います。なぜ消毒や洗顔を行うのかというと潰したとき菌が入り込むリスクを減らし、悪化させないようにするためです。また手もしっかりハンドソープなどで洗って清潔にしておいてくださいね。

2.コメドプッシャー使いニキビを潰す

コメドプッシャーの輪の中心に芯がくるように当て、優しく少しずつ押していきます。そうするとニキビの芯がニュルニュルと出てくるので、出てきた芯を取り除きましょう。

3.雑菌が入らないよう毛穴をケアする

芯を取り除いた状態のニキビは毛穴にぽっかりと穴が開き、雑菌が入りやすい環境です。このまま放置すると雑菌が入り込み、悪化してしまうこともあるため芯を出したらすぐに水で洗い流し、化粧水などで肌をケアしましょう。場合によってはニキビ用のスキンケア用品や軟膏などを塗っても良いです。

ニキビを潰す場合、やはり細菌が入り込むというリスクが付いてきます。そのため上記の手順を参考に正しく潰すことはもちろん、悪化するリスクも考慮したうえで潰すようにしてください。

大きい黒ニキビも潰して良いの?

潰さない方が良い
なぜなら大きいニキビは「粉瘤」の可能性が高いからです。粉瘤を潰すと細菌が入り込み悪化してしまうだけでなく、強烈な臭いも漂ってしまうため潰すのは避けましょう。
もし大きい黒ニキビを見つけたら、一度皮膚科を受診し適切な処置を受けてください。

アッキー
黒ニキビを潰す場合、数ミリ程度のものを潰すようにしてください。特に芯が飛び出しているものは積極的に潰すと良いです。また間違っても爪などで潰すようなことはしないで、必ずコメドプッシャーなどを使うようにしましょう。

方法【2】薬

黒ニキビを早く治すためには、薬を使って治療することも一つの方法です。特に皮膚科を受診し治療を受けることで、適した治療を受けることができますしニキビの原因の特定や改善のアドバイスももらうことができます。ちなみに黒ニキビの場合ニキビの初期段階になりますので必ずしも薬で治療する必要はありませんが、悪化して赤ニキビや黄色ニキビになった場合は薬での治療を行なった方が良いでしょう。

皮膚科では主に下記の薬を処方されることが多いです。

ディフェンゲル

黒ニキビの原因でもある毛穴詰まりを解消し、毛穴を詰まりにくくする塗り薬です。思春期ニキビから大人ニキビまで幅広く対応しており、その効果の高さから最も良く処方されている薬の一つになります。ただし赤み・乾燥・かゆみなどの副作用もあり、約80%の人が何らかの副作用が出ると言われているため、その点がネックと言えるでしょう。

ペピオゲル

2015年に発売されたばかりの比較的新しいニキビ薬で、毛穴詰まりの原因にもなる古い角質を柔らかくし、剥がし落とす働きがあります。ピーリング作用があるため、毛穴の引き締めや美肌などの効果も期待出るのです。ただし肌がヒリヒリする・赤みがでる・粉をふくなどの副作用もあります。

イオウカンフルローション

硫黄を使い毛穴に溜まった皮脂などを溶かし外に排出してくれる、ローションタイプの薬です。黒ニキビだけでなく赤ニキビにも使用することができます。ただし硫黄なので独特な臭いがするのと、副作用として肌の乾燥や赤み、痒みなどが出ること言う点がデメリットと言えるでしょう。

ニキビ薬と一言に言っても特徴などに違いがあるため、医師と相談のうえ自分に合った薬を選ぶようにしてくださいね。

はるこ先生
他にも男性ホルモンを抑える治療として
・ピル
・抗男性ホルモン薬
など、飲み薬が処方されることもあるので、覚えておいてくださいね。

また中には病院を受診する時間がないなどの理由で、市販薬の薬で黒ニキビを治そうとする人もいるかもしれません。しかし一部の商品を除いて基本的に市販のニキビ薬は炎症を抑えたり殺菌する薬がほとんどです。そのため毛穴が詰まり酸化してできた黒ニキビには効果は期待できません

それどころか炎症を起こしていない黒ニキビに抗炎症作用や殺菌効果のある薬を付けることで、肌を守っている菌まで殺菌してしまうためかえって症状が悪化してしまうこともあります。特にオロナインを使ったオロナインパックは毛穴の黒ずみが取れると人気のようですが、オロナインパックは毛穴が開きやすくかえって悪化させてしまうこともあるため控えた方が良いでしょう。

方法【3】ピーリング

ピーリングを行うことでもニキビを改善することができます。ピーリングとは肌に溜まった古い角質を剥がしとることを言うのですが、ピーリングを行うことでターンオーバーを正常化することができるのです。またピーリングを行うことで、ニキビやニキビ跡・毛穴の開き・肌が明るくなるなど女性にとって嬉しい効果がたくさんあると言われています。

そんなピーリングですが、自宅で行う場合とクリニックで行う場合の2パターンがあるのでそれぞれ詳しく紹介していきますね。

自宅で行う場合

自宅で行う場合は、石鹸やジェルなどピーリング専用の商品が販売されていますので、そういったものを購入しピーリングを行う方法です。市販薬で販売されているピーリングの成分は

  • 刺激の少ないAHA…リンゴ酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸
  • 効果が高いBHA…サリチル酸、トリクロール酸

の2種類があります。ちなみに市販のもののほとんどがAHAです。

ただ自宅でピーリングを行う場合、頻度ややり方によっては肌バリア機能を持っている角質まで取り除いてしまうこともあります。そうなると肌バリアが低下し逆にニキビができやすくなることもあるため、頻度は週1回程度、ピーリングの成分は刺激の少ないAHAを選ぶようにしましょう。

またAHAを使っても肌が乾燥したり肌荒れを引き起こす場合は、酵素洗顔がおすすめ!酵素洗顔は天然植物のタンパク質分解酵素の力で古い角質を取り除くので、より刺激を与えずピーリングを行うことができますよ。

クリニックで行う場合

クリニックでのピーリングは主に

  • ケミカルピーリング…AHAやBHAを使いピーリングを行う方法
  • レーザーピーリング…レーザーの光を使いピーリングする方法
  • ダイヤモンドピーリング…細かい粒子を使い肌を削り取っていく方法

などがあります。クリニックでのピーリングは自宅で行うより効果が高く、医師のもと治療を受けられるため万が一トラブルが起こっても対処してもらえますが、費用が高いという点がネックと言えるでしょう。

アッキー
ピーリングはどうしても肌に負担が掛かってしまうため、敏感肌や乾燥肌の人や肌に赤みや傷がある場合は控えてくださいね。

もう1つの黒ずみ「ニキビ跡」

黒ずみと言えば黒ニキビ以外にも「ニキビ跡」があります。このニキビ跡に悩んでいる人も多いのでは?そもそもニキビ跡の黒ずみは一体何なのか、どうしてできてしまうのかなどニキビ跡が原因でできる黒ずみに関する気になる疑問を解決していきましょう。

黒ずみの正体は色素沈着

「ニキビが治ったと思ったら跡ができてしまいさらに黒ずんでいる」なんてこともありますよね。

そもそもなぜニキビ跡が黒ずんでしまうのかというと、ニキビが出来アクネ菌によって炎症を引き起こすと、アクネ菌と戦うため体はたくさんの活性酸素を作り出すのです。作り出された活性酸素はアクネ菌を攻撃するだけでなく、通常の肌まで攻撃することから肌を守ろうとメラノサイトが活性化し、たくさんのメラニン色素を作り出します

このメラニンはシミなどの原因の一つで肌を黒くする働きがあるのですが、このメラニンが肌の奥まで浸透してしまうことで色素沈着を引き起こしてしまうことで黒ずみができてしまうのです。またニキビ跡が出ている肌に紫外線を浴びることでも黒ずんでしまいます。なぜなら紫外線を浴びることで肌を守ろうとメラニンが大量に作り出されることから、ニキビ跡が黒ずんでしまうのです。

ニキビ跡の黒ずみを改善するためには、肌の奥深くまで入り込んだメラニンを体外に出す必要があります。消し方は後で紹介しますが、主に美肌効果のあるケア用品を使う・レーザーで取り除く・薬などで治すなどの方法があるので覚えておいてくださいね。

ニキビ跡の黒い芯はいったいなに?

ニキビが完全に治っていない、または粉瘤の可能性があります。ニキビ跡に黒い芯がある場合、まだニキビが完全に治っておらず膿や皮脂などが毛穴に溜まっていることも珍しくありません。また粉瘤も真ん中にヘソと呼ばれる黒い芯のようなものがあるのが特徴なので、ニキビ跡だと勘違いしている人も中にはいるのです。いずれにせよ一度皮膚科を受診して適切な処置を受けることをおすすめします。

色素沈着のニキビ跡を消す方法

ニキビ跡の黒ずみの原因、色素沈着を消す方法にはいったいどんなものがあるのか気になりますよね。そこで自宅でケアできる方法と皮膚科で消す方法を詳しく紹介していきましょう。

セルフケアで消す

黒ずんでしまったニキビ跡は、まずはターンオーバーを正常化させることを行いましょう。なぜならニキビ跡の黒ずみはメラニンによる色素沈着が原因なのですが、メラニンはターンオーバーを正常に行わせることで徐々に排出することができるからです。ターンオーバーを正常化させるためには生活習慣の改善を行うことはもちろんですが、早く何とかしたい場合は上記でも紹介したピーリングを行うと良いでしょう。

また化粧水などのケア用品を使う場合、美肌効果の高い成分が含まれているものを選んでください。美肌効果の高い成分には、メラニンに直接働きかけ少しずつ色素を薄くしてくれます。美肌効果の高い成分には、ビタミンC誘導体・プラセンタ・トラネキサム酸・ハイドロキノンなどがありますが、中でもハイドロキノンは特に美肌効果が高いためおすすめですよ。

皮膚科で消す

皮膚科で色素沈着してしまったニキビ跡を消すこともできます。セルフケアよりも効果が高いため、早く何とかしたい人やセルフケアでは思うように効果が出なかった人は、皮膚科で治療を受けると良いでしょう。

皮膚科で消す方法は以下の通りです。

レーザーや光治療

レーザーや光治療には主に以下の方法があります。

【フラクセルレーザー治療】

極細のレーザーを肌に当てダメージを与えることで、メラニン色素を破壊する方法です。月1回ぐらいのペースで5回程度施術を行います。

【IPLフォトフェイシャル】

ニキビ跡に特殊な光を当てメラニンを浮き上がらせる方法です。光を当てることでコラーゲンやヒアルロン酸の生成も促すため、黒ずみを消すのはもちろん肌にハリと潤いも与えてくれます。施術は3~4週間のペースで5回程度行っていくことが多いです。

レーザーや光治療の場合、他の施術に比べると比較的短期間で効果が現れますが、保険適用外のため治療費に数万円かかったり、何回か病院を受診しなければいけない点がネックと言えますね。

薬による治療

色素沈着によるニキビ跡には、薬を処方されることもあります。主に処方される薬には主にハイドロキノントレチノインが配合された塗り薬が処方されることが多いです。それぞれの特徴は以下の通り。

  • ハイドロキノン…メラニン色素を作り出すメラノサイトの自体を減らす働きがあります。そのため今あるメラニン色素を抑え、新しいメラニンが作られるのを抑えることができるのです。
  • トレチノイン…ターンオーバーを促し、メラニン色素の排出を手助けします。

また抗酸化作用やメラニンの生成を抑える働きがある「ビタミンC内服薬」が処方されることもあります。それぞれ特徴が違いうため、医師と相談のうえ自分に合ったものを処方してもらうと良いでしょう。

ちなみにハイドロキノンやトレチノインが配合された塗り薬は基本的に保険適応外、ビタミンC内服薬は保険適用です。

はるこ先生
他にもピーリングやビタミンCのイオン導入などを使って黒ずみを除去することもあるのよ。ただ皮膚科によっては行っていない方法もあるから、事前に問い合わせておくとスムーズね!

毎日のお手入れで黒ずみニキビをキレイに

肌の黒ずみの主な原因、黒ニキビは正しいスキンケアや生活習慣の見直しで改善することができるということがわかりましたよね。またすぐに何とかしたいという人は、薬やピーリングなどを利用するのも良いです。毎日のお手入れはもちろん、今回紹介したニキビにおすすめの商品4選もうまく取り入れながら肌をケアし、黒ずみのない美しい肌をぜひ手に入れてくださいね。