熱を持ってるニキビが痛い!3つの応急処置と治し方で綺麗に治そう

熱を持ってるニキビが痛い!3つの応急処置と治し方で綺麗に治そう

ニキビができているところが熱があって痛い、と思ったことはありませんか?こんな熱を持ったニキビの改善方法はどうすればいいのか、そんな悩みを持つ人はこの記事で応急処置と治し方をきっちりと学んでみましょう。綺麗に治すための方法を解説していきます。

ニキビが熱と痛みを持ってる!

ニキビができたとき、熱や痛みが併発していてとても痛いし、熱くてどうすればこのニキビを治すことができるの、と悩んでいる人も多いのではないのでしょうか?

こういった熱や痛みを持ってできたニキビはどういった対処を行えばいいのかをこの記事で一緒に知っていきましょう。

間違った方法はニキビの治りを遅くすることもあります。正しい方法を知ってきれいに治していきましょう。

ニキビが熱をもつ原因2つ

ニキビが熱を持ってしまう状態を血熱といい、血が熱を持っている状態でもあります。

そんな熱を持ってしまう原因が以下の2つです。

ニキビの状態や、肌の状態なども関係してきますので自分のニキビの状態を一度ここで確認して、原因を特定してみましょう。

化膿して炎症を起こしている

ニキビの原因菌などが炎症を引き起こす原因になりますが、これはニキビの内部で皮脂や古い角質をエサにして、アクネ菌などの菌が毛穴などで増殖していることで起こるのです。

毛穴の中にアクネ菌が入って増殖する以外にも、洗顔の後に毛穴が開いている最中に雑菌などが付着して進入することでも炎症が起きることもあります。

このような炎症が起きると、痛みと共に熱やかゆみを持ってしまいます。

特に熱を持ってしまうと、外部刺激を受けやすい肌になってしまうので、かゆみや痛みを特に感じやすくなってしまうのです。

ヒスタミンの過剰分泌

炎症を起こしたニキビは、外部刺激を受けやすくなり、その刺激によってかゆみなどを感じやすくなります。

そのかゆみというのはヒスタミンという原因物質によって感じます。

ヒスタミンはかゆみを感じてしまう原因物質で、掻いてしまえばどんどん分泌されてしまうのでひどいかゆみが収まることなく連続してしまうのです。

この状態の肌は刺激を受けやすい状態にどんどん変化して、かゆみを受けやすく、ヒスタミンの分泌量もどんどん増えやすい状態に変化していきます。

熱を持っている時の対処法3選

そんな熱を持ってしまっている時のニキビへの対処法は3つあります。

この3つの対処法を正しく行うことで、かゆみや痛み、腫れなどの熱を持ったニキビの悩みが大きく改善されるため、この3つの対処法を活用して、ニキビの悩みを改善していきましょう。

一時的に冷やす

熱を持っているニキビを冷やすことで、熱を下げて痛みや腫れを抑えつつ、かゆみを感じにくく、そしてかゆみの原因物質であるヒスタミンを分泌しにくくしてくれるのです。

しかし、冷やすと言っても保冷剤などを直接肌に付けるのはやめましょう。

冷えすぎてしまい、血行不良などの症状が出てニキビの治りが遅くなる可能性があります。

冷やす場合は保冷剤などはタオルに巻いて、3分~4分程度を目安にニキビにそっと当ててあげてください。

長時間当ててしまうと、血行不良に陥ることもありますし、肌がダメージを受けることもありますので当てる時間はほどほどにしてあげましょう。

効果的なのは化粧水を染み込ませたコットンなどを冷蔵庫で冷やしたものを患部にあててパックしてあげることです。

保湿と同時に冷やして上げることで、乾燥からの症状悪化や熱を持った患部を冷やすことで、かなりの症状の改善が見込めます。

カラミン化粧水を塗る

カラミンという成分を配合している化粧水を肌に塗ってあげるのも良いでしょう。

カラミンとは、微量の酸化第二鉄を含んだ酸化亜鉛のことで、肌荒れを防止する効果や緩和な収れん作用を始め、軽い日焼けなどの火照りを冷ます効果が期待できます。

熱を持ったニキビに塗ってあげることで、肌荒れの防止や毛穴が開くことを予防する収れん作用、そして熱を冷ます効果が期待できますので、こちらも保湿と冷やすという効果を同時に得られるのです。

資生堂|カーマインローション

\肌をすこやかに整える/

Source: 公式サイト

カーマイローション

編集部評価★★★★ 総合点80点
価格378円(税込)
1回あたりの値段3円(1日2回2か月分として)
保証・特典資生堂オンラインショップからの購入で送料無料
メーカー・会社資生堂

カラミン配合の化粧水では、資生堂のカーマインローションがおすすめです。

夏場には家族全員でこの化粧水を使っている、という方もいるほどさっぱりとした使いごこちと、穏やかな収れん作用によって日焼けなどの火照りなどを収めつつ、肌荒れを防いでくれるのです。

配合成分も以下の通りシンプルで、使うのにたっぷりの成分が配合されているより安心して使うことができるのです。

公式サイトを見てみる

精油を活用する

こうした熱を持ったニキビに対しては、精油を使ってあげるのも一つの改善方法として挙げられます。

精油を水を含ませたコットンなどに1滴垂らして使ってあげることで、ひんやりとした冷たさを肌に与えつつ、精油の肌トラブルの改善効果も期待することができます。

中でもティートゥリーフランキンセンスの2つの精油がおすすめです。

ティートゥリーはオーストラリア原産の常緑樹の葉から抽出されるエッセンシャルオイルで、元はオーストラリアの原住民が風邪や皮膚病の薬草として使っていたものでもあります。

そのため、高い抗菌作用や鎮痛作用、皮膚再生作用があるため、ニキビに対しても高い効果を期待することができます。

フランキンセンスは古代エジプトやバビロニアなど、多くの文明で宗教儀式などに使用されたという記述がされているような、白か薄い紅色の花を咲かせます。

このフランキンセンスもティートゥリーと同じく抗菌作用や鎮痛作用、皮膚再生作用が期待できるほか、アンチエイジングに対しても期待ができるオイルでもあります。

こうしたオイルを使用することで、肌の改善を行いつつトラブルを解消していくことができます。

しかし、使用するのはオイルでも必ず精油に限ります。

それ以外のオイルを使用すると、不純物の問題はもちろんですが肌に使うためのものではない場合もありますので、必ず精油を使用するように気を付けましょう。

熱湯での洗顔ってどうなの?

正しくは洗顔の項目で説明していきますが、熱湯での洗顔はおすすめできるものではありません。
熱いお湯での洗顔はニキビに熱を持たせることに繋がる上に、肌の乾燥を招いてしまいニキビの悪化につながることもあります。

熱のあるニキビの治し方

では、熱のあるニキビの治し方についてここで解説していきます。

ニキビができたからとゴシゴシ何度も洗顔したり、気になって何度も触って結果自分で潰してしまったりなどはしてはいませんか?

これらはニキビを治すうえで決してやってはいけないことです。

この項目で症状を軽減させつつしっかりと治し方を知って、正しく治していきましょう。

正しい洗顔を行う

ニキビを改善するためには正しい洗顔を行うことが必要不可欠になってきます。

毎日分泌される皮脂や、付着してしまう汚れをしっかりと洗い落とさなければニキビの悪化につながり、炎症が激しくなってかゆみや痛みの原因にもなってしまいます。

ニキビが熱を持っている場合、炎症が起こっていることからも極力触れるのは止めて、1日1回程度に抑えて洗顔しましょう。

洗顔も以下のステップに沿ってきちんと行うことが大切です。

  1. 手をまず綺麗に洗う
  2. 毛穴を開かせて汚れを落としやすくするために、ぬるま湯のみでまず軽く洗顔する
  3. 泡立てネットなどを使って、洗顔フォームをしっかりと泡立てる
  4. 泡立てた泡を顔に乗せたら、手が顔に触れないように泡を移動させる感覚で洗顔する
  5. 洗い終わったらすすぎ残しが無いように、ぬるま湯で洗い落とす
  6. すすぐ時は10回程度を目安にすすぐこと

抗炎症作用のあるスキンケア用品を使う

ニキビのためにスキンケア用品を使うのであれば、抗炎症作用があるスキンケア用品を使うことをおすすめします。

痛みや腫れ、かゆみを伴うニキビはそのほとんどが炎症を起こしているため、抗炎症作用のスキンケア用品を使うことで改善することができます。

そのため、炎症ニキビには抗炎症作用が期待できるものを選んでみましょう。

富士フィルム|ルナメアAC

\植物のやさしさとしっかりと浸透する力/

Source: 公式サイト

ルナメアAC1週間お手入れキット

編集部総評★★★★★ 総合点93点
価格1,080円(税込)
1回当たりの値段77円
保証・特典送料無料
泡立てネットのプレゼント付き
メーカー・会社富士フィルム

富士フィルムが独自で開発した成分であるアクネシューターは潤いとニキビに対する有効成分がナノ化した状態でニキビに直接届いてくれます。

潤い成分である天然ビタミンE、大豆リン脂質、グリセリンの他、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステルという有効成分が配合されていますので、これらが直接ニキビに届いて抗炎症作用や肌に対する潤い成分がきちんと届いてくれるということでもあります。

フェイスラインを始めとした口の周りのニキビが気になる人はこのルナメアACがしっかりとケアしてくれます。

柔らかいマイクロファイバーで洗顔し、有効成分もたっぷりのローションでしっかりケアすることができますよ。

まずは1週間試してみて、自分のお肌に合うかどうかを確認してみましょう。

公式サイトを見てみる

NOV|ノブACアクティブ

\臨床皮膚医学に基づいたスキンケア/

Source: 公式サイト

NOVACアクティブ7日間トライアルセット

編集部評価

★★★★★ 総合点90点

価格1,500円(税別)
1回当たりの値段107円
保証・特典送料無料
最短翌日お届け
メーカー・会社常盤薬品

ニキビといえばNOVの製品ですが、その中でも大人ニキビに大きな効果を発揮してくれるのがノブACアクティブです。

臨床皮膚医学の元作られた製品ですので安心して使うことができるほか、オイルフリー処方や毛穴に化粧品の製品が詰まりにくいということまでしっかりと確認しているところが大変嬉しいですね。

ビタミンC、Eの誘導体やビタミンB、ビタミンEという有効成分や潤い成分だけではなく、ヒアルロン酸よりもしっとりと保湿してくれるリピジュア(R)も配合されていることからも、使えば使うほど肌やニキビに対して有効的な成分がしっかりと肌に浸透してくれるのです。

NOVだからこそできる大人ニキビのケアというものがあります。

全てがセットになっているお試しセットで自分の肌に合うかをまず確かめてみて、この製品でキレイな肌を取り戻しましょう。

まずはお試しセットで肌に合うかを確認です!

公式サイトを見てみる

皮膚科へ行く

ニキビと言えば肌のトラブルですので、何とかしたいと皮膚科に行く人もいるでしょう。

炎症が酷くて痛みやかゆみが酷い場合なども医師に相談するだけでずいぶんと変わりますので、自分ではどうしてもケアしきれないという人は皮膚科を受診するのも良いでしょう。

ニキビを潰してもらう

ニキビを自分で潰している人もいますが、基本的にニキビは自分で潰さない方が良いものです。

自分で潰す際に指や毛抜きなどを使っている場合、傷口から簡単に雑菌が侵入してしまうこともありますし、指や毛抜きなどの潰すときに使ったものが原因で余計に酷い炎症になることもあります。

そのため、皮膚科で専用の器具を使ってニキビを潰して膿を取り出してもらいましょう。

赤ニキビだけではなく、黄ニキビや紫ニキビといった状態のニキビは特に自分で潰さずに皮膚科に行って処置してもらうことが大切になってきます。

薬物療法

皮膚科に受診すると、ニキビや肌荒れなどを改善するために薬が処方されます

イオウ系の薬や保湿系のクリームなどが主な処方薬として挙げられますが、ニキビの炎症の度合いによっては抗生物質などの抗炎症作用を持った薬を処方されることもあります。

特に痛みや腫れが酷いときにはこうした薬に頼ることも必要になりますので、一度皮膚科に受診した際には相談してみてもいいでしょう。

風邪や熱でニキビが出来ることも!

風邪や熱といった体調不良からもニキビができるということもあります。

ではどうして風邪や熱と言った体調不良などからもニキビができてしまうのでしょうか?

中医学からみるニキビ

中医学では血熱から赤く腫れたニキビができやすいとされています。

血熱というのは、血液が熱を持っている状態、体が無駄な熱を持っている状態のことをいい、こうした状態になりやすい人は血熱体質といい、特に赤く腫れたニキビなどができやすい人でもあります。

こうした血熱になりやすい人や、血熱体質の人は辛い物が好きだったり、お酒が好きだったりする人が多いため、体調不良からの免疫力が低下したり、辛い物やお酒によって内臓機能が低下することでもなりやすいため、飲酒量が多い人や辛いものなどが好きな人は一度摂取を少なくするのも考えてみてもいいかもしれません。

体調不良でもなりやすいということからも分かる通り、風邪や熱を出して免疫力が低下してしまうことで簡単にできます。

体調管理もきちんと行うことも大切です。

熱でニキビができた時の対処法

では熱でニキビができてしまったら、どのように対処すればいいのかをここで解説していきます。

熱でニキビができたときは、軽く冷やしてあげつつ、熱が引いてから丁寧に洗顔をしながら改善していきます。

無理をして熱がある時から洗顔するのは控えて、熱が引いてから少しずつ対処していきましょう。

また、熱が冷めて仕事に行かなければならないからと言って、ばっちりのメイクをするのもNGです。

肌がまだバリア機能や免疫力を完全に取り戻せていないので、肌に負担のかかるばっちりとしたメイクは止めて、パウダー系の落としやすいファンデーションなどを使用して、ポイントメイクを重視したナチュラル系のメイクにしてみるといいでしょう。

きちんとしたメイクをするのは、体調やニキビの状態がきちんと整った後からにすると肌の負担も少なく、ニキビも治りやすくなるでしょう。

おでこに熱さまシートは貼っても良い?

熱さまシートをおでこに貼って熱を冷ます人は多くいます。
しかし、おでこにニキビがある状態では控えておきましょう。
ニキビがおでこにできしまったときには、首の後ろに貼ると太い血管を冷やすことにもなるので、良く冷えておでこに貼るより効果的に熱を冷ますことができます。

ニキビの熱は適切な対処を行おう

ニキビが熱を持つということは、その内部でひどい炎症が起こっているという事です。

熱があればあるほど、痛みや腫れ、かゆみは感じやすくなりどんどんひどい肌の状態に近づいていきます。

そんな時は適切に対処をして、症状を改善していきましょう。

ニキビを冷やして、スキンケアなどをしっかりと行って少しずつ改善していくことが大切で、いきなり急激に改善していきたいというのは肌にも負担になりますし、急激に改善できるような肌トラブルはほとんどありません。

肌に急激な変化を、と何度も洗顔したり、スキンケアを力強くしたりはせずにゆっくりと徐々に治していきましょう。