まつげ美容液に失明の危険性は?正しく知り安全に使うための手引き

まつげ美容液に失明の危険性は?正しく知り安全に使うための手引き

まつ毛美容液を使う時に心配なのが副作用です。意見の中にはまつ毛美容液を使って失明したというようなものもあり、使って本当に大丈夫なのか心配になりますね。ですがそんな不安をこの記事で一気に解決してしまいましょう。気になる副作用について解説します

まつげ美容液で失明する危険は…?

まつ毛を伸ばしたり、太くしたりするために使用するまつ毛美容液ですが、目に使うものですから目に入ったりすると失明したりしないのか、というのがとても心配なところです。

そんなまつ毛美容液の副作用を始めとした、気になることをこの記事では解説していきます。

はるこ先生
こんにちは、水野春子です!まつ毛を長くしたい人が使うまつ毛美容液やまつ毛育毛剤だけれど、目に使うからこそ失明の危険がないか心配になっちゃいます。そんな疑問をこの記事で解決しちゃいます♪
調べたサイト数調査時間調べたまつ毛美容液・育毛剤
55サイト3時間10種類

まつげ美容液やまつげ育毛剤の不安な点やリスクなどについてもしっかり調べた上で、おすすめできるものも紹介していきます。

失明や目に関するリスクで、やってみたいけどまつげ美容液などを購入していないという人はぜひ見てください!

まつ毛美容液で失明した人はいない

まつ毛美容液は目元に使われるものですから、成分や副作用などがとても気になる製品でもあります。

しかし、目元に使うものだからこそ成分などには拘り抜いたものも多くあるうえ、まつ毛美容液で失明したという話は聞いたこともありません。

ではどうして失明した人がいないのでしょうか?

まつ毛美容液はもともと緑内障の薬

実は、まつ毛美容液はもともと緑内障の薬の副作用に着目されて作られています。

緑内障の治療で処方された目薬を使っている人のまつ毛が副作用で太く長くなっているところに着目して作られているため、目に悪い成分というのはまず入っていないと考えていいでしょう。

アッキー
元々が緑内障の薬だからこそ、目に入ってもそこまで心配はいらないみたいですね
はるこ先生
緑内障の薬だからだといって、目に優しいだけではないのよアッキー。むしろ健康な目だからこそ気を付けなきゃいけないことだってある可能性もあるんだから

国が安全を認めまつ毛育毛剤が誕生

まつ毛育毛剤や美容液は、緑内障の薬の副作用に着目して作られましたので、実は化粧品などとは違い、配合されている成分によっては医薬品として扱われます。

最初に作られた製品は、その製造の過程でアメリカの厚生労働省にあたるFDAという機関においても認められて販売されることが決定され、まつ毛育毛剤が2008年に初めて世界で販売されました。

1)ルミガン

\世界初のまつ毛育毛剤/

Source: u-eyelash

ルミガン

編集部評価★★★★ 総合点80点

価格

購入先によって異なるが、大凡3千円程度

1回あたりの値段

約100円(1ヶ月分3,000円と仮定)

保証・特典

オオサカ堂にて購入の場合送料無料
あんしん通販薬局の場合7,000円以上で送料無料のため、まとめ買いがお得

メーカー・会社

アメリカ ALLERGAN社

その製品こそがこのルミガンです。

まつ毛美容液や育毛剤としても販売されはじめた製品であり、アメリカの厚生労働省にあある機関であるFDAに安全性も認められた製品でもあります。

有効成分であるビマプロストの増毛効果が医学的にも証明され、その安全性が認可されたこともありますが、効果の確実性が根強い人気の秘密となっています。

日本で購入するためには皮膚科などでの自費購入または、通販サイトによる個人購入が主ですが、ほとんどの人が通販サイトにより購入しています。

ただし、通販サイトで購入する場合、類似品によるトラブルなども発生しやすくなりますのでその点においては注意が必要です。

オオサカ堂で見てみる

2)グラッシュビスタ

\まつ毛育毛剤として日本国内初の承認品/

Source: 公式サイト

編集部評価★★★★ 総合点85点

価格

医療機関によって異なるが1万円~数万円程度

1回当たりの値段

販売価格により異なる

保証・特典

医療機関にて処方、または自費購入

メーカー・会社

アラガン・ジャパン株式会社

グラッシュビスタとは、以前はラティースと言う名前で販売されている、まつ毛貧毛症の治療薬でもあります。

厚生労働省の認可を受けて、名称のリニューアルとともに販売されました。

まつ毛に塗るためのブラシがセットになっての価格のため、ルミガン単体よりもこちらを皮膚科などで購入する人が実は多かったりもします。

日本国内でも個人輸入などせずとも購入できることもこの製品の強みともいえます。

まつげ「育毛剤」と「美容液」の違い

まつ毛に関する製品には「育毛剤」と「美容液」の2つがありますが、この違いとは一体何なのでしょうか?

この2つの違いは、配合されている成分にあります。

まつ毛育毛剤はまつ毛が細い、少ないという悩みを改善するために使われるいわば薬でもありますから、医薬品として認められる成分が配合されており、まつ毛の生え変わるサイクルや長さや太さを改善するために直接働きかけることもできるのが「育毛剤」です。

美容液はその成分が育毛剤の様なつ毛の発毛などに対する悩みへの改善が期待できる成分が配合されていません。

そのため、育毛剤は分類も医薬品とされ、基本的に医師の判断により処方されることがほとんどで、美容液は化粧品として分類されます。

また使い方を誤った場合の副作用なども美容液に比べて、複数あるということも違いに挙げられます。

美容液は副作用の少ない天然成分が主

育毛剤と違い、美容液は現在生えているまつ毛に対してアプローチするための製品で、髪の毛で言うトリートメントのような効果をもたらします。

育毛剤のように量や太さなどを改善するのではなく、今あるまつ毛のコシやハリを高めるための成分ダメージからまつ毛を守るための保湿成分などが配合されているので、育毛剤と違ってこちらの分類は「化粧品」に当たります。

まつ毛を綺麗に、そして保護するための美容成分が主であるということもありますが、美容液ということもあり、基本的に副作用の少ない天然成分を主に使っているので副作用の心配もあまりなく、化粧品という分類もあって育毛剤よりも購入しやすいという利点もあります。

【結論】育毛剤も美容液も安全

元々緑内障の治療薬ということもあって、基本的に普通の内服薬などと違い副作用は元々少ない薬や美容液ですので、使い方さえ間違えなければ失明などと言うような危ない副作用はありません。

目元に使うからこそ心配になってしまいがちですが、目に重篤な危険を及ぼすような成分もありませんので、安心して使うことができるでしょう。

でもまつげ美容液が目に入ると悪影響

とはいえ、まつ毛の美容液が目に入ると悪影響を及ぼすこともあるということは知っておきましょう。

極力目に入れないように気を付けて使うとはいえ、目にはいることでの悪影響は頭に入れておくとより注意が行き渡ります。

はるこ先生
さっきちょっとだけ言及したところね。しっかりと読み込んで危険かどうかを判断しましょう。

ビマプロストまつげ育毛剤の副作用

ビマプロストのまつ毛育毛剤を使用した際に起こる可能性があるのが、以下の副作用です。

今実は悩まされている、という症状があるのであればまつ毛育毛剤によるものということも一度考えてみましょう。

1)視力が低下する可能性

ビマプロストは緑内障を改善するために配合されている成分で眼圧を下げる効果を持っています。

しかし、この成分が入った育毛剤が目に入ってしまうことでビマプロストが本来の効力を発揮してしまい、視力に変化が起こってしまったのではないかという意見もありますので、目に入ってしまった時には説明書きなどに書かれている通りの対処法を行い、心配ならば眼科に受診しましょう。

2)眼圧が低下する可能性

上記でも書いた通り、ビマプロストには眼圧を下げる効果があります。

目に入ってビマプロストが本来の効力を発揮してしまうことで、特に異常のない目の眼圧を下げてしまうことにもなってしまいます。

元々は緑内障の治療薬ということをきちんと理解して使用していきましょう。

3)ドライアイになる可能性

緑内障というのは、目の中の房水が多く眼圧が高くなってしまいます。

ビマプロストはそんな房水を流出させて眼圧を下げる効果を持っています。

しかし、特に問題ない目の場合は余分に房水を流出させてしまうことに繋がってしまうのでドライアイになってしまう可能性があります。

4)色素沈着(シミ)になる可能性

ビマプロストというのは、メラニンを作り出すメラノサイトという部分に働きかける効果も持っています。

メラニンは通常、紫外線や外部刺激と言ったものから肌を守ろうとすることで作られるのですが、ビマプロストがまぶたなどに付着することで、意図せずメラノサイトに働きかけることでメラニンが作られ、色素沈着してしまう可能性があるのです。

しかし、このビマプロストが原因でできた色素沈着は元に戻る可能性が高いとも言われていますので、まぶたにつかないように気を付けるほか、できてしまった後のケアもしっかりしてあげると良いでしょう。

アッキー
健康な目に使うからこそ、悪影響が出る可能性もあるということがわかりましたね。使う時は極力目に入らないように気を付けないと

まつ毛美容液が目に入ったら?

まつ毛美容液が目に入ってしまったらどんな症状が引き起こされる可能性があるのでしょうか?

1)目の充血

まつ毛美容液の場合、ビマプロストが配合されている場合はビマプロストが原因で、配合されていない場合は微量に配合されている防腐剤が原因で充血が起こることもあります。

特に肌の弱い人や敏感肌の人は充血しやすい傾向にあるため、使用については一度考えてからの方が良いかもしれません。

2)まぶたのかゆみ

まぶたを始め、目の周辺の皮膚というのはかなり薄い部分です。

刺激が特に伝わりやすい部位でもあることもあって、まつ毛美容液などに刺激成分になりえるものが配合されている場合、まぶたのかゆみを感じる人もいます。

敏感肌でかゆみや刺激を受けやすい人に多く出ていることもありますので、使用や購入前に一度配合成分を見直してみるのも良いかもしれません。

3)目やにが出る

目に使うものは、眼球やその周辺の部位の反応によってかゆみなどを発生させます。

その中には目やにが出るという症状もあり、塗った後にまつ毛に塗った美容液などが乾いてパサパサになって翌朝目やにになってしまうということもあるようです。

一番大事なのは使用方法を守ること

どんなものでも、一番大事なことは使用方法を守ることです。

特にまつ毛育毛剤や美容液に関しては特に、目の周辺に付けるので気を付けなければいけません。

医薬品まつ毛育毛剤は医師の指導厳守

医薬品として医師の診断によって処方されるまつ毛育毛剤は、医師の指示をきちんと聞いて、その指導を守って使うようにしましょう。

誤った使い方をすると、目に悪影響を及ぼす可能性もありますから指導されたときに分からなかったことや疑問に思ったことはきちんと聞いておくことも大事になってきます。

他に処方されている薬や服用している薬があるということも先に伝えておくことも大切です。

中には成分的に一緒に使わない方が良いものもあります。

いまどんなものを服用や使用しているのかはきちんと伝えておきましょう。

はるこ先生
使っていて何か違和感を感じた時にはすぐに医師に相談することが大事よ。あと、使い方に疑問がある時もね!目元に使うものだから、きちんと使い方は守りましょう。

使用方法と保管方法を守る

薬や美容液は使用方法や保管方法がその製品によって定められています。

使用方法はもちろんですが、保管方法も守れていますか?

常温のものを冷蔵庫に入れて保管したり、冷蔵保存のもの常温で保管したりなど、その保管方法とは違う方法で保管しないでください。

成分が劣化してしまったり、劣化の影響で刺激になってしまったりすることも考えられます。

美容液は開封から3ヵ月を目安にする

美容液のどのくらいで使い切ればいいのかと言うのを知っていますか?

普段肌に使っているのもそうなのですが、美容液というのは雑菌が繁殖しやすく、開封して蓋を開けたりするだけでも雑菌が侵入してしまいます。

そのため防腐剤を配合していても、成分の劣化は抑えきれません。

美容液を開封したときは、その日から大体3ヵ月程度を目安に使い切りましょう。

開封していない場合は2~3年程度製品も持ちますので、3ヵ月で使い切らなきゃと慌てる必要はありません。

目に入った場合の対処法

目に入った場合は綺麗に水で洗い流してあげるなど、その製品の注意点に書かれているような対処の仕方をしましょう。

また、痛みやかゆみといったちょっとした異常があるかないかもきちんと確認して、異常がある場合は使用を止めて一度眼科に受診して相談するのもよいでしょう。

目に入っても大丈夫なまつ毛美容液

では逆に目に入っても大丈夫なまつ毛美容液ってあるの?と思われた方、あります!

以下の3つが目に入っても大丈夫なまつ毛美容液ですので、目に入っちゃいそうで怖いなと思った方も安心して使うことができます。

1.ラッシュケアエッセンス(キャン メイク)

\2012年@cosmeベストコスメ大賞殿堂入り/

Source: 公式サイト

ラッシュケアエッセンス

編集部評価
★★★★ 総合点83点

価格

580円(税抜)

1回当たりの値段

約9.6円

保証・特典

Chomotto BEAUTEにて1,900円(税込)以上で送料無料

メーカー・会社

株式会社井田ラボラトリーズ

マスカラのように使うことができる美容液で、マスカラ代わりに使う人もいるようです。

パンテノールやシルクなど、保湿効果が期待できる成分以外にもきちんとまつ毛を補修できる成分も配合されていますから、毎日使うことでツヤやハリをまつ毛に与えることができます。

また使いやすさからほとんど目に入ることもないので安心して使えます。

Amazonで見てみる

2.スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム(アンファー)

\4年連続NO.1の製品/

Source: 公式サイト

ピュアフリーアイラッシュセラム



編集部評価★★★★ 総合点84点

価格

1,730円(税込)

1回あたりの値段

19.2円

保証・特典

アンファーストアにて3,000円以上で送料無料
定形外の場合送料無料
定期購入の場合初回から15%オフ

メーカー・会社

アンファー株式会社

育毛剤などで有名なスカルプDからもまつ毛美容液は販売されています。

成長期や退行期などのヘアサイクルに着目して配合された美容成分と、浸透力を更に高めるラッシュDカプセルがナノ化した成分をしっかり届けることで太くハリやコシのある綺麗なまつ毛を手に入れることができるのです。

公式サイトを見てみる

3.THEまつげ美容液(フローフシ)

\指で塗るクリーム系美容液/

Source: 公式サイト

THEまつげ美容液

編集部評価★★★★★ 総合点92点

価格

1,200円(税別)

1回当たりの値段

約13.3円(3ヵ月分として)

保証・特典

WEB限定で7.3%オフ
メール便であれば送料無料

メーカー・会社

株式会社フローフシ

まぶたに塗るだけで抜けにくく、しっかりとしたまつ毛の土壌を整えて育てていくことができるまつ毛美容液です。

自然界と同じ高濃度のマイナスイオンを発生させるエンドミネラルを配合した、世界初のまつ毛美容液は目にも入りにくいクリーム系の美容液で、また配合されている成分も刺激が少なく目に入っても普通のまつ毛美容液よりも目に対する負担が少ないところも安心できるポイントです。


公式サイトを見てみる

用法容量を守れば副作用無し

化粧品を始め、多くのものを使う時に求められるのはその使い方を正しく使うことです。

特に体に関して使う物であればあるほど、その副作用なども当然ついてくるわけですから、正しく使うことが求められます。

それはもちろんまつ毛美容液や育毛剤も同じで、目と言う重要な器官の周囲に使うものですから、用法や容量をきちんと守ることが目に対しての影響が出るのを防ぐことに繋がります。

副作用が心配だ、という人ほどまつ毛美容液などもきちんと用法容量を守って使えば副作用の心配は特にありません。