化粧水をつけないと肌の調子が良くなる!?自分の肌に合うかは要確認

化粧水をつけないと肌の調子が良くなる!?自分の肌に合うかは要確認

化粧水をつけないと肌が乾燥して、老化が促進するのでは?と心配になります。しかし、つけすぎてしまうと思わぬ肌トラブルが起こることがあるので、必要に応じて保湿法を変えるのもオススメです。皆さんの肌は化粧水をつけない方がキレイ派!?

化粧水をつけないとお肌はどうなる?

みなさんこんにちは、皮膚科編集長のはるこです!化粧水をつけないと肌のコンディションがよくなるという噂が立っていますが、それは本当でしょうか。せっかく良い化粧水をつけて肌がシュンとしてしまっては、肌には逆効果となるほか、無駄遣いになってしまいます。また化粧水を省けばスキンケアの時間が短縮できるのもメリットでしょう。

アッキー
化粧水を使わなくても肌がみずみずしく維持できるに越したことありません。でもその場合にはどのようなケアが必要でしょうか。はるこ先生教えてください!
はるこ先生
化粧水は基本的に保湿の最初のステップとして欠かせないものよ。でも場合によっては、過剰なスキンケアで肌に負担がかかっていることもあって使用しない方が良い場合もあるのよね。そこで化粧水なしのスキンケア法やコスメ法などを参考に、化粧水なしのスキンケア法をレッスンしましょう!

化粧水が肌にダメージを与えていたとは!?ドキッとするような事実が広まっていますが、それは肌を過度に保湿してしまうことが原因にあるようです。そこで肌に良いスキンケア法や化粧水がわりの保湿法、オススメのコスメ製品などを参考に肌を健やかに整えましょう! 

つけない日は調子がいいとウワサに

化粧水をつけるのを忘れた!と思っている方がいれば、逆に化粧水をつけないと肌がイキイキしていると言った意見もあります。化粧水がなくても肌が美しく維持できるのは、どのような状態で実感しているのでしょうか。ここで10個の口コミを元に化粧水なし美肌効果をチェックしましょう!

保湿スキンケア製品で肌しっとり

化粧水を省いてダイレクトに保湿クリームやオイルをつけるだけでも肌はしっとりと潤うようです。季節や体調により肌のコンディションも異なるので、必要に応じて量やつける頻度を調整しましょう。また乾燥を防ぐためにも洗浄力の強い洗顔料は避け、浸透力の良い天然保湿成分をたっぷり配合した保湿クリームやオイルをつければ肌がしっとりと潤うでしょう。


肌自体が保湿してくれる

肌を過保護に保湿してしまうと、自力で保湿することができなくなったり逆に肌荒れが起こってしまうこともあるようです。しかし、乾燥してまでも化粧水をつけずにいると皮脂の分泌が多くなってしまいニキビの原因になることも。肌が乾燥しているなら少しは化粧水で潤いを補給してあげるのが必要でしょう。


化粧水をつけないと肌が元気

化粧水が肌に負担をかけていると、みずみずしくなるどころか負担をかけてしまうでしょう。すっきり毛穴を維持することができ、スーッと肌を軽くしてくれます。でも突っ張る感じがあるときは無理をせずにお肌に適度な水分補給をしてあげましょう。特に乾燥しやすい時期や女性ホルモンが減少し始める30代には気をつけてください!


皮膚科もびっくり!乾燥なし

化粧水の代わりにオイルで保湿したり、厚化粧でも肌にダメージを与えずに洗顔できれば化粧水の必要がないでしょう。乾燥せずにみずみずしく肌を潤うには、やはり肌自体の保湿力が大切です。そのためには必要以上に保湿をしないこともポイント!

乳液も必要ない

化粧水だけでなく乳液も不使用のスキンケアで快適に肌を維持することができそうです。しかし肌タイプは人によって異なりますので、ちょっと試して肌の様子を見ながら行うと無理のないケアができるでしょう

化粧水をつけない美容法は2種類

 化粧水をつける代わりとなるオススメのスキンケア法には、肌断食とガッテン式があります。それぞれの方法や概念をチェックしましょう。

肌断食

肌断食は肌へのスキンケアや化粧を数日間ストップすることを言います。これはスキンケア製品やメイクなどによって負担がかかっている肌を休ませるために行うもので、完全にスキンケアをしなかったり多少のメイクはできるなど様々な方法があります。この作用によって肌本来の保湿力が蘇り、水分や皮脂のバランスを整えたりする能力を取り戻すことが期待できます。

ガッテン式

ためしてガッテンで紹介されたスキンケア法は、化粧水を使用せずに洗顔後に保湿クリームを塗ることです。これは肌に保湿を与えすぎることで逆に肌が疲れてしまうなどのトラブルが起こったことから、改善方法として化粧なしで肌への負担を軽くしたもの。

保湿はターンオーバーを促したり、毛穴を引き締める、シワなどを防ぐために必要なジェスチャーですが、高保湿スキンケア製品を使用しすぎると肌の調子が悪くなることも事実です。 

【肌断食】化粧水をつけないとどうなる?

肌断食をして肌をクリーンアップするのはいいけれど、今までつけてきた化粧水を急にストップしてしまうと肌にどのような影響を与えるでしょうか。洗顔後の肌を潤ってくれる化粧水を、いきなりゼロにしてしまうことで起こりうる症状はこちらです。

《経過1》乾燥がひどくなる

保湿をしてくれる化粧水をつけないと、 やはり洗顔で奪われてしまった水分を補給することができず肌が乾燥してしまうでしょう。とりわけ乾燥肌ではカサつきが倍に感じては肌の防御力が失われ、そのまま放置してしまうとシミやシワの原因にも繋がります。またメイクのノリや化粧持ちも悪くなってしまうでしょう。

《経過2》角栓やニキビ・毛穴が悪化

化粧水をつけないと少なからず肌が乾燥してしまっては、肌がどんどん皮脂を分泌してしまい毛穴の中でアクネ菌を増やしてしまうでしょう。皮脂を餌とするアクネ菌が増加するとニキビができやすくなります。さらにターンオーバーがうまくできないため、古くなった角質や皮脂が溜まっては角栓となり、いわゆるいちご鼻の原因になってしまうでしょう。

《結果》化粧水がいらない肌になる

肌断食をするのは、もともと肌が持っている肌を健やかに保つパワーを呼び起こすためです。肌に必要以上に保湿を与えてしまうと本来持っている保湿力がなくなるため、化粧水を控えることで肌が自然に潤うことが期待できるでしょう。

《将来》老化の恐れは?

 肌を潤う化粧水はシワやシミなどを防止してくれる土台となりますが、そもそも化粧水を使用しないと老化しやすくなってしまうのでしょうか。それは個人の肌状態により、化粧水なしでも乾燥が起こらなければまず安心して化粧水を省くことができます。

しかし、化粧水なしのスキンケアにこだわってそのまま肌を乾燥させてしまっては、老化が促進してしまうことがあるので程よく保湿をすることも大切です。


【肌断食】化粧水をつけない人の化粧方法

 化粧水なしでスキンケアを行なっている方は、どのような方法で肌を保湿しているのでしょうか。またクレンジングを必要としないメイク法のコツなどもお伝えします!

洗顔後ワセリンを薄くつける

 洗顔後に軽くワセリンをつけるのもオススメです。もちろん保湿がそれほど必要でない場合は無理にワセリンをつける必要はありません。ワセリンは肌に負担をかけないため、高級なクリームよりも気軽に保湿ケアができ、肌も保湿クリームに頼ることがなく自力で潤いを生み出すようになるでしょう。

石鹸で落ちるベースメイクを使う

メイクをするときは肌に負担をかけずにクレンジングがさっとできるナチュラルメイクがオススメ。 お湯でも落とせるBBクリームやマスカラなども利用すれば、肌に刺激の強い洗顔料を使用したりゴシゴシ落とす必要がなく乾燥が防げるでしょう。

そこでオススメのベースメイク、トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション​ならさっと石鹸でメイクオフすることができ、肌の乾燥も抑えることができます。


トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション

石鹸で落とせる!17種類の美容成分と保湿成分たっぷり配合したファンデーション/

Source: 公式サイト


トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション

編集部評価​​★★★★​★ 総合点98点
​価格​2,370円
​内容量​12g
​保証・特典・​レビューを書くと送料無料
・色交換可能
・300円割引キャンペーン中

シリコンフリーのミネラルパウダリーファンデーションは、肌に優しい17種類の美容成分をたっぷり配合しています。さらにセラミドやヒアルロン酸など高い保湿成分により、化粧水なしでもしっとりと肌を一日中潤ってくれるでしょう。

下地やパウダー、日焼け止めSPF30も兼ねたファンデーションなので、手早くメイクアップができたり石鹸でオフできるのもメリットです。きめ細かな肌が持続するのはもちろん、光の拡散効果でシミなど肌の気になる部分も目立たない!

トゥヴェールについて詳しく知るならコチラ


【肌断食】化粧品が必要な人も入る

肌断食は基本的に一切スキンケアやメイクをせずに肌本来の保湿力を引き出すものです。しかし、そのまま乾燥状態にしておくと、肌のタイプによっては乾燥したりニキビができやすくなったりするためある程度の保湿スキンケア製品が必要となります。以下のような傾向がある方は必要に応じて保湿をすると良いでしょう。

アトピーの人

 アトピーの場合、肌が乾燥するとかゆみが強くなってしまうので保湿をしてあげることが大切です。また保湿をすることによって、ステロイドから皮膚のバリア機能を正常に保つ役割をし、ステロイドの量を減らすことも可能なのです。みんなの肌潤ローションは低刺激で、アトピーでも安心した使用ができ肌をしっとり潤ってくれるでしょう。

みんなの肌潤ローショ

​こんにゃくセラミドで保湿パワーアップ!もっちり肌が持続/

Source: 公式サイト


みんなの肌潤ローション

編集部評価​​★★★★​★ 総合点90点
​価格​2,980円
​内容量​80ml
​保証・特典​25日以内なら全額返金保証

こんにゃくセラミドやリピジュアなどの保湿成分を配合した化粧水は、肌の内側からスピーディーに潤い閉じ込めます。モチモチとした肌が実現できる他、着色料や香料フリーでアトピーや敏感肌でも安心した使用ができる​でしょう。全額返金保証が利用できるので、初めてでも気軽に購入ができるのもメリットです。

みんなの肌潤ローションについて詳しく知るならコチラ

しっかりメイクをする人

メイクはたっぷり派の方はアイシャドウからリップまでこってりと塗ってしまうもの。そのためクレンジングも洗浄力の強い成分を配合したものを使用しては肌がガチガチになってしまうでしょう。

またアイメイクやリップなど重ね塗りをする部分は、ついゴシゴシとこすってしまうため肌を痛めがち。そのため肌が乾燥しやすくなるので、セラミド配合のエトヴォスから販売されているセラミディアル モイスチャライジングセラム​でしっかり肌を角質層まで保湿しましょう。

エトヴォス|セラミディアル モイスチャライジングセラム

​高保湿成分配合で肌を乾燥から防ぎ潤いをたっぷり補給/

Source: 公式サイトはコチラ


エトヴォス|セラミディアル モイスチャライジングセラム

編集部評価​​★★★★​★ 総合点97点
​価格​4,000円
​内容量​50ml
​保証・価格​定期コース10%オフ、送料無料

浸透力抜群のヒトセラミドやリピジュア、そしてヒアルロン酸などのスーパー保湿成分を配合したセラムです。肌の乾燥を内側からしっかりと改善しながらモチモチ肌に導くでしょう。脂溶性のセラミドは化粧水よりもクリームや美容液に使用されており、化粧水や乳液では不十分な場合、一度与えた潤いをしっかり閉じ込めてくれるでしょう。

日頃のヘビーなメイクを落とした後でも、カサカサ肌を防ぎみずみずしさを持続させてくれるでしょう。パラベンやシリコンなど6つの添加物フリーで、肌に負担をかけない保湿スキンケアができます。

エトヴォスについて詳しく知るならコチラ

自分本来の肌状態がよくない人

 スキンケアをしていても、やめるとすぐに肌トラブルが起こってしまう時には完全にスキンケアを除去してしまうのはお勧めできません。自分の肌がもともと敏感だったり、乾燥していたりする時には、添加物の少ないスキンケア製品を使用することも大切です。

さらにシワやたるみを予防したい、シミを消して透明感を与えたい時などは、むやみにスキンケアをストップするのは逆効果になってしまうでしょう。そこで肌を過保護にせずに、しっかりエイジングケアや美白ケアができる、2つのスキンケア製品をピックアップしましたので、ぜひトライしてみましょう!

ラピエル

​エイジングケアならお任せ!肌をキュッと引き締めてハリを高める/

Source: 公式サイト


ラピエル

編集部評価​​★★★​★★ 総合点95点​ 
​価格​7,389円
​内容量​30g
​保証・価格​定期コース毎月先着200名に送料(650円)のみでお試しサイズプレゼント

ヒアルロン酸やローズ水、5つのセラミドなどの保湿成分をたっぷり配合したクリームなら一日中もっちりとした肌が実感できるでしょう。さらっとしたテクスチャーでメイクもすぐに行うことができるほか、ローズのほのかなアロマに包まれながら快適なスキンケアを実感!

ラピエルについて詳しく知るならコチラ

ビーグレン QuSomeホワイトエッセンス​

紫外線をカットしながら肌に透明感をもたらす美容液/

Source: 公式サイト


ビーグレン QuSomeホワイトエッセンス

編集部評価​​★★★​★★ 総合点96点​​
​価格​5,000円
内容量​15ml
保証・特典​・送料無料
・一年間の返品・返金保証

シミに効果を発揮するハイドロキノンの効果をプラスしたエッセンスは、さらにエバーセルホワイトをはじめとする4つの美容成分を配合しています。肌にしっかり浸透しながら長時間しっとり感を与え、紫外線によるメラニン色素の増加を防ぎ、健やかな肌に整えてくれるでしょう。

ビーグレンについて詳しく知るならコチラ

【ガッテン式】化粧水をつけないとどうなる?

 ガッテン式は化粧水なしで保湿クリームをすぐに塗ることにより、シンプルに肌に潤いを与えて負担を軽減する方法です。このガッテン法ではどのように肌が変化するか見てみましょう!

《結果1》調子がいい&美肌になる

化粧水は肌へ水分を補給してくれますが、クリームなどより保湿力は低いものです。水分は時間がたつと蒸発してしまい乳液などを塗らない限り肌が乾燥してしまうのもデメリットでしょう。保湿をしっかりするには、保湿成分を配合したクリームなら化粧水分カバーできます。

化粧水なしで乳液のみはOK?

乳液には油分と水分でできているため、基本的には化粧水の水分をカバーすることができます。しかし乾燥肌の場合には、乳液だけでは物足りないことがあるため、ほぼ油分でできているクリームで潤いを閉じ込めると良いでしょう。

二ベアの効果のウワサは本当?

ガッテン内で話された保湿クリームがニベアとなっているようですが、実際には関係なく、一般的に保湿成分が配合されているクリームのことを例にあげているようです。要は、化粧水で保湿を過度にすると肌に負担をかけるということで、直接保湿クリームをつけようという話題です。

《結果2》ニキビや肌荒れが悪化する

油分が多い保湿クリームを使用すると、オイル成分が肌に合わなかったりすると肌荒れが起こったりします。また脂性肌ニキビを改善する収斂化粧水に含まれる有効成分が得られないため改善ができなくなることもあるでしょう。さらに保湿美容成分が配合された化粧水が肌にあっている場合には、その効果も諦めてしまうことになります。

化粧水をつける・つけないは肌次第

ガッテン式、肌断食などの方法で肌を健やかに保つことができますが、あくまでも一つのスキンケア法として参考にしておくと良いです。それは全ての方の肌が同じ状態ではないため、場合によっては肌トラブルが起こってしまうリスクがあるからです。

しっかり自分の肌と相談しながら最適な化粧水の使用法を覚えるようにしましょう。また、無理な洗顔によって乾燥しないためにも、メイクをやりすぎないこともポイントです!