マツエクキットで美まつ毛!準備編・実践編・知るべき5つのリスク

マツエクキットで美まつ毛!準備編・実践編・知るべき5つのリスク

マツエクをセルフで行うキットがある事をご存知ですか?これを使えば、サロンに行かなくてもマツエクをすることができます。セルフマツエクの方法に加えて、知っておくべきリスクなど、セルフマツエクに関する情報を詰め込みました。

【準備編】セルフマツエクの道具

こんにちは、web皮膚科クリニック編集長の水野春子です。


最近、メイクで気を付けていることは年齢にふさわしい、ナチュラルメイクです。とはいえ、なんにもしていないと思われるのは嫌なので、必ずポイントを作るようにしています。その中でもお気に入りなのが「まつげエクステ」。周りのママ友からも自然でいい!と評判いいんですよ♪だけど、まつげエクステの難点といえば、サロンに行かないといけないこと。2人の子育て真っ最中の私としては、なかなか行く時間が取れなくて・・・><


何かいい方法はないかと調べていたら、見つけました!なんと今はマツエクがお家で出来ちゃう時代なんです!そこでセルフマツエクについて調べてみたら、色々なことが分かりました。


今回ご紹介するキットは、全て初心者向けのものです。紹介したもの以外でもキットはありますが、注目してほしいのは、金額だけではなく、安全面に考慮している商品かどうかです。セルフマツエクは目の近くに使うものですから、そこは絶対に外せません。

この記事では、やり方やおすすめのキットはもちろん、セルフでする上で絶対に知ってほしいことなど、セルフマツエクを考えている方の必見の情報を集めたので、早速ご紹介します! 

セルフマツエクに必要なもの

1)まつ毛エクステ

お好みのまつ毛エクステを用意します。エクステの種類はたくさんあり、値段もデザインも様々です。お好みのエクステを見付けるために5つのポイントをご紹介します。

①カールの種類

​セルフマツエクで使うカールの種類は3種類あります。Jカール、Cカール、Dカールです。

​カールの種類カールの形​おススメの人​
​Jカールアルファベットの「J」の形に似ていて、緩やかなカーブがあります。​
日本人のまつげに一番近い形だと言われています。
・ナチュラルな仕上がりにしたい人
・メイクが薄めのひと
・エクステをしていると分からない仕上がりにしたい人​
​Cカールアルファベットの「C」の形に似ていて、Jカールより強いカールです。​​・可愛らしい雰囲気に仕上げたい人
・目元を強調させたい人
・目を縦に大きく見せたい人
​Dカール一番カールの強い形です。​・華やかな印象に仕上げたい人
・パーティーやイベント用に、華やかなメイクをしたい人​

②長さ

​マツエクの長さは6㎜~15㎜が一般的です。その間、1㎜ずつ違う長さが用意されています。日本人の平均的なまつ毛の長さは​、6.8㎜と言われています。ナチュラルな仕上がりが良い場合は6㎜~8㎜程を、華やかな仕上がりが良い場合は12㎜以上がおススメです。ただ長くなればなるほど、取れやすくなるので注意が必要です。

全ての箇所に同じ長さのマツエクをつける必要はありません。付ける場所によって、長さを変えるだけで仕上がりのイメージが変わってきます。例えば、黒目の辺りは長く、それ以外を短めにすると、可愛らしく、目の縦の大きさを強調することができます。また目尻に向かって、だんだん長くしていくと、切れ長のセクシーな雰囲気になります。

③太さ

​マツエクの太さは0.1㎜~0.3㎜が一般的です。太ければ太いほど、存在感のあるまつ毛に仕上がります。しかし太くになればそれだけ重くなるので、元々生えているまつ毛に負担が増えてしまうことも覚えておきましょう

④素材

​マツエクで通常使われるのはどれもナイロンの人工毛です。素材によって、固さや色味、お値段に差が出てきます。その中で、セルフマツエクをするのにおススメなのは「ミンクエクステ」です

​素材の種類素材の特徴​
​セーブルエクステ最も柔らかく、自まつ毛とのフィット感が高いです。
・自然な仕上がりで、ナチュラルなものが好みの人におススメです。
モチが良く、平均4週間はもつと言われています。
・高級サロンでも取り扱っている素材で、高価です。​
​ミンクエクステ・一番、ポピュラーな素材です。
・セーブルには負けますが、柔らかく、自まつ毛へのフィット感もあり、負担が少ないです。​
・比較的マットな仕上がりになります。
・比較的持ちもいいと言われています。
​シルクエクステ少し固めの毛なので、ごわつきを感じる人もいます。
カールが取れにくいので、Cカールのようなハッキリしたカールが好みの人には​よく使われます。
・比較的、ツヤのある仕上がりになります。
・モチはあまりよくありません。
・価格は最もリーズナブルです。

⑤カラーなど

​一番多く使われるマツエクは「黒色」ですが、それ以外のカラーもたくさんあります。カラーマツエクはポイント使いをすることで、アイメイクをしたようなオシャレな仕上がりにすることができます。またブラウンなどは全面に使っても、黒に比べて優しい印象になります。そのほかストーンがついたようなタイプもあります。

2)グルー(接着剤)

マツエクは接着剤でまつ毛につけていきます。マツエク専用の接着剤は黒色をしています。 グルーはエチル系やブチル系などがあります。これらは主成分や成分の配合量などが変わってきます。

エチル系は、通常サロンでもよく使われている種類のグルーです。モチがいいという特徴がありますが、刺激が強く、目にしみたり、まぶたが赤くなってしまったり、アレルギー反応を起こすことがあります。一方、ブチル系は低刺激で、目にしみることが少なく、かぶれにくいと言われています。最近は系統に関係なく、「しみにくい低刺激処方」として販売されているものも多くあります。

サロンで使われるグルーは速乾タイプのものが多いですが、一度つけたら、修正が出来ないので、初心者には速乾タイプじゃないものがおススメです。

3)リムーバー

リムーバーはマツエクを外す時に使うものです。液体のものやペースト状のものがあります。また指やまぶたにグルーがついてしまった時にも落とすのに使えるので、マツエクをつける時には用意しておく方がベターです。

4)ツイーザー

ツイーザーというのはピンセットのことです。マツエクを自まつ毛につける時はツイーザーで掴むようにします。先が細い曲がったタイプのものが使いやすいです。初心者セットでは1本だけ入っている場合がほとんどです。ただまつ毛をつける用のツイーザーとは別に、まつ毛をかき分ける用のツイーザーがあると便利です。 

5)大きめミラー・三面鏡

マツエクをつけるのは、とても細かい作業です。大きめの鏡を机の上に置いて両手が使える状態にしましょう。できれば、上下の角度調整ができるものや三面鏡がおススメです。最初はつける場所が見にくく、うまくつけるのが難しいと思いますが、色々な角度から見れば見えやすい場所がみつかります。 

6)あぶら取り紙または「綿棒+精製水」

マツエクをつける前には、アイメイクは完全に落とした状態で行います。まつ毛に油分が残っていると接着剤がつきにくいからです。メイク落としでメイクを落とした後、あぶら取り紙を使って、油分をできるだけ取り除きましょう。もしあぶら取り紙がない場合は、精製水などを染み込ませた綿棒を使うこともできます。 

7)まつ毛コーム

マツエクを付ける前に、自まつ毛の毛流れを整えるのに使います。なくてもマツエクをすることはできますが、仕上がりがキレイになるので使うことをおススメします。ちなみに、マツエク装着後、洗顔や入浴などで塗れた時にコームでとかすとモチが良くなります。 

8)サージカルテープ

サージカルテープは、医療用で用いられるガーゼなどを止める時に使われるテープです。100円ショップや薬局で簡単に手に入ります。サージカルテープは下まつ毛にグルーがつかないように保護する役割があります。またマツエクをする目のまぶたをサージカルテープを使って少し上げておくと、マツエクを付けやすくなります。目安としては、白い粘膜が見える程度です。これらの方法は人によってやりやすさが変わるので、お好みで調整してください。


単品の購入はどこでできるの?

激安まつげエクステ専用通販サイト

アンジェララッシュ

まつ毛エクステとそれに必要な道具を格安で手に入れることができる通販サイトです。お店のブログによると、「束マツエクの種類は日本一」だそうです。取り扱っている商品の数も多く、プロの方から初心者の方まで、必要なものを揃えることができます。アンジェラの商品は安くても、日本製で安全なものを取り扱っています。

アンジェラの商品は専用サイトのほか、楽天市場やamazon、Yahoo!Shoppingでも購入することが可能です。元々お値段が安いうえ、これらの通販サイトで時折イベントに合わせてさらにお安くなることがあるので要チェックです。


【アンジェララッシュ】で購入したい方はコチラ

マツエク商材の品揃え日本最大級

フーラストア

フーラストアはエクステ商品を中心に美容商材を購入できるお店です。元々は通販のみでしたが、2012年からは実際の店舗も構えています。品揃えは、日本最大級で、取り扱い品は13,000点以上です。フーラ独自の商品に加えて、約30メーカーの商品を購入することができます


【フーラストア】で購入したい方はコチラ

人気!商材のプロがマツエクサポート

​ProShop

国内・海外ブランド両方合わせて、多数の商品を取り扱っています。マツエク・マツエク関連商品の販売だけにとどまらず、買った後のサポートもしてくれるお店です。「相談できるWEBショップ」として、公式ホームページでは、一般の方からプロの方まで納得する内容のマツエクの知識を載せてくれています


【ProShop】で購入したい方はコチラ

マツエクセットはどこで買えるの?

ドンキやドラックストア

セルフマツエクをするための道具を揃えるのは、単品ずつでもいいですが、揃えないといけないものが多いので、全部揃ったキットがおススメです。マツエクのセットが売っているのは、ドンキホーテが有名です。それ以外にも、一部のドラッグストアでも販売している所があります。実店舗で購入できるキットは数は多くありませんが、実際に見て買うことができるというメリットがあります。

amazonなどの通販サイト

amazonなどの通販サイトにもスターターキットの販売があります。ドンキホーテやドラッグストアに比べて、品数が多く、 まつ毛専門店の商品を扱っているお店も含まれているので、本格的な商品が揃うことが多いです。またマツエク商品を販売しているお店が家の近くにない場合でも通販なら購入することができます


【実践編】セルフマツエクのやり方

1)メイクを落とす・汚れを落とす

マツエクはメイクをしていない状態で行います。まつ毛に油分が残っていると、きれいにくっつかず、すぐに取れてしまうからです。もしメイクをしている場合は、メイク落としを使ってアイメイクは落としましょう。この時、油分が付かないようにオイルフリーのメイク落としを使うのがおススメです

またプライマーを持っている場合は使うとより、きれいに汚れが落ちます。綿棒2本にプライマー液を染み込ませ、まぶたを挟んで拭くように滑らせると上手くできます


2)サージカルテープでまぶたを固定

サージカルテープは下まつ毛にグルーが付かないように保護する役目があります。下の目の形に沿って、貼りましょう。剥がす時に下まつ毛が取れないように、何回か手にペタペタ貼って粘着力を少し落としておくといいかもしれません。

さらに、エクステはまつ毛の根元近くに貼るので、見えやすいように、上まぶたを持ち上げる役目もあります。上まぶたを引っ張るように貼りましょう。まぶたが軽く半開きになる程度にすると根元が見えやすいです。 


3)束タイプエクステを台の上に用意

付けたいエクステは、あらかじめグルー台の上に出しておきましょう。こうすることで、ツイーザーで簡単に持ち上げて付けることができます。グルー台がない場合は、アルミホイルなどを使ってもいいですよ。 


4)グルーを正しく使用する

グルーは取り扱い説明書をよく読んで、必ず正しい用法・用量を守るようにしましょう。グルーは使う前によく振ります。 グルーを良く振ると、中の成分が混ざり合って、偏りがなくなるので、品質が安定してくれます。商品によって異なりますが、大体50回ほど、しっかりと振りましょう。

グルーを出した後は、ボトルやキャップについたグルーは丁寧に拭き取りましょう。グルーは開封後、空気に触れることで、劣化してしまいます。


5)マツエクにグルーを付ける

エクステを1束、ツイーザーで掴み、グルーを付けます。グルーはマツエクの根元約3㎜くらいまでを目安に付けましょう。もしグルーが付きすぎてしまった時は、グルー台のキレイな部分を使って、しごくようにして量を調節しましょう


6)まつ毛の上側に装着していく

いよいよまつ毛にエクステを付けていきます。エクステを付ける位置は、まつ毛の上側、根元から1㎜ほど離して付けましょう。この時、別のツイーザーか指で他のまつ毛を抑えておくと、別な所にグルーが付かないのでおススメです。 

お好みの量になるまでつけましょう。片目が終わったら、反対の目も同じようにつけます。


7)サージカルテープを外していく

両方のまつ毛にエクステを付け終わったら、優しくサージカルテープを外します。肌が弱い方は、綿棒テープの下に入れて、クルクルと回す方法がおススメです。絶対に無理矢理引っ張ってはがさないようにしましょう。 


おまけ:1本タイプエクステの付け方

1本タイプのエクステも束タイプのものと基本的には一緒です。違う点は、グルーの量エクステの付ける場所です。1本タイプの場合、グルーはエクステの1/4程度までつけます。根元に小さく玉ができる程度に付けましょう。エクステを付ける場所は、自まつ毛の上、根元から1㎜以上離します。真ん中から外に向かって付けていくと上手く付けることができます。


マツエクのケアとリムーブ方法

コーティング剤でマツエクケア

マツエクのグルーは油分や湿気、汗に弱く、単にマツエクを付けただけでは取れやすい状態です。マツエク専用のコーティング剤を塗ることで、それらを防ぎ、マツエクが長持ちします。

コーティング剤は黒色のものと無色透明のものがあります。まぶたなどにつく心配がある人は、透明タイプがおススメです。黒色のコーティング剤はマスカラのように使えるので、ボリュームアップさせたい人におススメです。

商品によって粘土が違います。初心者の方にはあまり粘土が高くない方が塗りやすいと思います。粘土が高いと、まつ毛同士がくっつきやすくダマになりやすいからです。

コーティング剤はどのタイミングでつけても構いませんが、必ず乾いた状態で付けましょう。洗顔後などはドライヤーを使って乾かすなどして、水分が残らないようにしましょう。

マツエクをリムーブする(取り外す)方法

ここでは一部ではなく、付いている全部のマツエクを取り外す方法を説明します。

用意するもの

  • ​リムーバー
  • 綿棒
  • コットン
  • 小皿
  • 精製水

やり方

  1. ​小皿に必要な分のリムーバーを出します。元の容器から出すと、グルーが容器に入ってしまい危険です。
  2. 上まつ毛を落とす場合は、下まつ毛の上にコットンを置いて、目を閉じます。下まつ毛を落とす場合は、下まつ毛の下にコットンを置きます。落としたいまつ毛がコットンの上に乗っている状態です。
  3. 綿棒にリムーバーを付けます。
  4. リムーバーが付いた綿棒で、マツエクを数回なでて外します。もし外れない時は馴染ませた後、少し時間を置くと取れることが多いです。
  5. 全部取れたら、精製水などを馴染ませたコットンで、まつ毛を拭きます。

マツエクをする際、一番難しいのが「リムーブ」です。リムーバーはとても刺激が強く、誤って目に入ってしまうと、かなりの痛みが出ます。最悪の場合、失明することもあります。ですから、セルフでマツエクを外すことはおススメできません!リスクを知った上で、自分でどうしてもしたい時は自己責任で行ってください。

市販されているおススメのマツエクセット

サロン監修セルフまつげエクステ14点初心者キット

\アイラッシュサロン監修のアイリストがおススメするキット/ 

Source: 楽天市場

【まつげエクステスターターキット】

編集部評価​​★★★★
​価格​5,900円(送料別)
長さ・カール​シングル:10㎜、11㎜、12㎜、13㎜/Jカール、Cカール、Dカール
フレア:8㎜、10㎜、12㎜
​保証・特典練習用つけまつげ、​アイリスト監修マニュアル、キット専用収納BOX付き
​会社・メーカー​マースプラネット株式会社

このスターターキットに含まれている商品は、Lash Collectionのものです。Lash Collectionはアイリストが開発・提案・サポートをしてこだわりのエクステ商品を作っています。実際に、高品質有名サロンや多数のアイリストに支持されています。

目の周りに使う商品なので、徹底して安全を追求してほしいもの。商品に入っているエクステは全て、国内検査機関の菌検査を通過しています。​

アイリストによるマニュアル練習のためのつけまつげも入っているので、セルフマツエク初心者にもおススメできます。


【まつ毛エクステスターターキット】について詳しく知るにはコチラ


フレアタイプ3Dボリュームのスターターキット

\海外で人気の最新技術エクステ3Dボリューム/ 

Source: amazon


フレアタイプ3Dボリュームのスターターキット

編集部評価​​★★★★
​価格​3,480円
​長さ・カール​9㎜、11㎜、13㎜(3つの中から1つ選択)/Jカール、Cカール
​保証・特典​グルー台を汚れから守るグルーシート、写真入りマニュアル付き
​会社・メーカー​シャレパーク

3Dボリュームというのは、新しいタイプのエクステです。今までのエクステに比べて、極細で柔らかい特徴があります。自まつ毛1本に対して、エクステを1本ずつ付けるのではなく、エクステを2~5本付ける方法です。シングルタイプのエクステより、取れにくく長持ちします。

添付されているマニュアルは、写真付き解説なので分かりやすく、初心者でも理解しやすいものになっています。


【フレアタイプ3Dボリュームのスターターキット】について詳しく知るにはコチラ


まつげエクステセルフ用全部入りキット

 \これ1つで必要な道具が揃うパーフェクトセット/

Source: Yahoo! shopping

まつげエクステセルフ用全部入りキット

編集部評価​​★★★★★
​値段​5,980円(送料無料)
​長さ・カール​上まつ毛用:9㎜~14㎜/Jカール、Cカール、Dカール
下まつ毛用:6㎜、7㎜
​保証・特典​スクール監修マニュアル、3週間お落ちないマスカラお試しサイズ付き
​会社・メーカー​株式会社eika

スクールが厳選したスターターキットです。これ1つで、とりあえず必要なものが全て揃います。エクステの種類も豊富で、下まつ毛用も入っています。

このセットの中のグルーは、500ものサロンが共同開発したこだわり品です。目を開けたままするセルフ用に作られているので、今までの低刺激のものよりさらに刺激を抑えた処方になっています。また付けた後、角度調整ができるようにトロミがあってグルーが乗りやすく、速乾性が落とされたものになっています。


【まつげエクステセルフ用全部入りキット】について詳しく知るにはコチラ


【注意】5つのセルフマツエクリスク

マツエクには技術(資格)が必要

最近は、マツエクの専門店も多数ありますが、美容院で行っているケースも多いです。それはまつげエクステを施術するには、美容師免許を持っていなければいけないからです。美容師さんというのは、髪を切るというお仕事に限らず、「顔から上の施術を行う」資格を持った人のことなんです。しかし現状は美容師免許がない人でもマツエクを行っているサロンが多数あります。そのため、年々マツエクに関する被害相談は増えているようで、サロンで行うにも信頼できるかどうかよく調べてみる必要があります。

もちろんセルフで行う場合、美容師免許がなくても違反にはなりません。ただ国がなぜマツエクの施術に資格を求めるのかを考える必要はあります。セルフマツエクのリスクを知って、自己責任で行いましょう

コンタクトレンズ装着の注意点

グルーで目が沁みるのを抑えるために「コンタクトレンズを装着すると良い」という噂がネットでは流れているようです。確かに、コンタクトレンズがカバーになって沁みにくいと感じる方もいらっしゃるようです。しかし視力が悪く、普段からコンタクトレンズを必要としている方以外は、基本的に外して行います。マツエクをした後に、コンタクトレンズが外れなくなることがあります。また付けた後すぐにコンタクトをつけると、エクステが外れる原因になることがあります。

接着剤(グルー)へのアレルギー

マツエクのグルーの主成分は、シアノアクリレートブチルシアノクリレートです。この成分や配合されている他の成分が原因になって、アレルギー反応を起こす方がいらっしゃいます。グルーは揮発する時にホルムアルデヒドが発生します。完全にグルーが乾く前に、 顔を洗う・汗や涙が出てしまうなどで濡れてしまうと、ホルムアルデヒドが液化し、皮膚についてしまうことがあります。そうすると、アレルギー症状が起こることがあります。主な症状はかゆみや腫れ、目の充血です。時には、くしゃみが止まらない、鼻水が止まらないなどの症状もあるようです。

眼球が傷つく危険

エクステは、まつ毛に付けるものなので、目の中にまで関係はないと思っている方もいらっしゃるようです。しかしマツエクによって眼球が傷つくという被害報告は少なくありません。いくつか原因が考えられます。1つは、装着したマツエクが取れた際に、目に入り角膜を傷つけてしまうことがあります。もう1つは、元々生えている自まつ毛の上に、重たいマツエクを乗せるので、自まつ毛が重さを支えきれずに、折れて倒れてしまうことがあります。それが眼球を傷つけることがあります。 

実際に報告されたマツエク被害件数

厚生労働所が把握している被害の件数は、最初に報告があった2004年の2件から年々増え続け、 2010年にはすでに150件を超えています。しかしこれはあくまでも厚生労働省にまで届いた被害の数です。軽微な被害も含めれば、それは氷山の一角だろうと容易に想像できます。

実際に、美容サロンを専門に扱っている保険会社には、マツエクに関するものだけで、過去5年間に約1800件もの相談が寄せられたという報告もあります。


トラブルを避けたいならサロンが安心

セルフマツエクは、サロンに行くのに比べて、手軽で安く、時間を気にせず行うことができます。しかし楽=安全という方程式は成り立たないことが多いです。マツエクは国家資格を持った人のみが本来施術できるものです。つまり、安全に行うには技術も専門知識も不可欠です。

トラブルを避けたいなら、サロンに通う方が安心です。サロンにかかるお金や労力で、安全を買うという考え方もできます。それでも、ご自分でマツエクを楽しみたい場合は、リスクを熟知した上で、自己責任で行うようにしましょう。​