白ニキビは潰す?潰さない?失敗で血が出たらすぐに対処しよう

白ニキビは潰す?潰さない?失敗で血が出たらすぐに対処しよう

白ニキビを見つけたらすぐに潰す?潰さない?自己流で対処して悪化してしまう恐れはないのでしょうか?白ニキビの実態にせまり、正しいセルフケアと失敗した時の対処や皮膚科での治療のメリットなどについてまとめてみました。あなたのニキビ大丈夫ですか?

潰すのが楽しい…けどこれっていいの?

「鏡に写った頬に白いポッツンのニキビが見つかったら、思わず爪でつまんで潰してしまう」ニキビまみれだった私も経験があります。

こんにちは、編集長の水野春子、35歳で2児の母です。慌ただしい毎日を送っていますが、肌知識の徹底的リサーチはニキビの悩みがきっかけ。正しいケアのおかげで10代の後半には悩みも解消!肌知識の経験を活かし今ではママ友たちのアドバイザー的存在です。

アッキー
はるこ先生、僕も一度見つけたら気になって見逃すことができないのですが、自分で白ニキビを潰す方法は安全なのでしょうか?
はるこ先生
痛くもないし、今のうちに潰した方がいいと思いがちですが、誤った方法は、ニキビ跡や黒ずみの原因にもなるので気を付けましょう。
調べた医学書や専門誌リサーチしたサイト数電話リサーチ
30冊約1200サイト20社

白ニキビの正体や、できてしまたときの皮膚の状態、対処法や注意点についてスポットを当てます。手遅れにならないうちに正しいケアの仕方を身につけましょう。

白ニキビは潰す?潰さない方が良い?

白ニキビの皮膚状態

ニキビの初期状態では、皮膚の毛穴上に1~3㎜程度盛り上がった白い突起物がみられます。これが白ニキビの正体、別名閉鎖面皰(へいさめんぽう)といいます。健康な皮膚の毛穴はスムースで平らですが、白ニキビがあると皮脂は毛穴からうまく排出できず、毛穴に古い角質が溜まります。

皮脂やファンデーション、ホコリなどの汚れと混ざり毛穴がふさがれた状態ですが、白ニキビの皮膚は、まだ炎症はみられません。主な原因である過剰な皮脂の分泌は、ストレス、偏った食事や睡眠不足など不規則な生活習慣や生理前の女性ホルモンの影響などによって引き起こさます。一度治っても繰り返す可能性も大なので、完全に治すには時間がかかることも。正しいニキビケアを続けることが、白ニキビ解消の鍵ですね。

アッキー
はるこ先生、白ニキビが悪化するとどうなるんですか?
はるこ先生
放置していると、毛穴に詰まった脂質が酸化して黒ずんでしまう黒ニキビや炎症のある赤ニキビに進行する危険があるのよ。だから白ニキビの段階での処置は重要ね。

潰すと赤ニキビ等の炎症を防げる

初期の症状である白ニキビの対処として、潰すという行為は安全なのでしょうか?答えはYES!白ニキビは毛穴が詰まった状態ですが、皮膚の炎症はなく痛みもありません。ですが、放っておくと、毛穴の中で炎症を起こし赤ニキビに!ニキビ跡が残ってしまう恐れもあります。ただし、潰すタイミングや衛生管理など正しい方法で行うことが大切です。不潔な状態では、傷口から細菌が入って炎症が長引き、皮膚に色素が沈着してしまうという結果にもなります。

はるこ先生
潰していいのは、白ニキビだけよ。炎症をおこした赤ニキビや黄ニキビは、潰した後、たとえ表面が平らになっても、皮膚の中では炎症が続いているの。注意してね!

白ニキビに似た黄ニキビは潰して良い?

一見すると、白ニキビに似ているような黄ニキビ。詰まりの色をよく見てください。ポツッとした突起物が黄色を帯びています。これは、赤ニキビが悪化して毛穴の中で化膿している証拠です。皮膚はとてもデリケートになっているので、顔を洗っている途中で潰れてしまい痛みを感じることもあります。

もし、黄色い液体が出てきても、自己流で潰すのはNGです。黄ニキビがある状態は、炎症が表皮を超え真皮層まで達しているので、間違った対処をするとクレーター状のニキビ跡や色素沈着を残してしまいます。肌に刺激を与えず清潔に保ちましょう。

はるこ先生
感染して悪化したら大変よ。最良の処置は、皮膚科の受診。早めに処置すれば、保険適用の治療として費用も少なくてすむはずよ。

潰すと出てくる白い芯や汁は何?

白い芯は「皮脂の塊」

潰すと出てくる白い芯のような塊の正体は、皮膚から排出されず毛穴に溜まった皮脂の塊です。もそもなぜ毛穴が詰まるのでしょうか。原因は、洗顔の際の洗い残しや、新しい細胞の再生サイクルが乱れてしまったことで、毛穴に古い角質が残り固くなり、皮脂の排出を邪魔していることが考えられます。
白ニキビは顔の中でも、特におでこや口のまわり、あごに出来やすいのですが、脂の多い食材を多く摂ったり肌の乾燥で皮脂が出やすくなると、二の腕や背中などにも発生します。特に、背中のニキビは風呂場で身体を洗っているときや衣服の布地の摩擦で悪化しやすく、赤ニキビに進行するケースも多くみられます。できるだけ早いケアが望ましいでしょう。

透明の汁は「浸出液」

白ニキビを潰すと、まず、白い塊(皮脂)が出ます。その後サラッとした白くて透明、または薄黄色の液体が出てくる場合があります。この液体を浸出液(しんしゅつえき)といいます。浸出液の主な成分は、アミノ酸で、傷口を早く修復する働きをします。ニキビの雑菌と戦った後は、化膿したように黄色に変化します。また、傷口の血が混じることもありますが、すぐに、拭き取らずしばらくそのままにしておくと、跡が残りにくく治りも早いといわれています。

失敗!?血が出た時の対処法

ニキビを潰したら血が出てしまったという経験はありませんか?これは、炎症を起こしたニキビを潰すことで、皮脂に血が混ざってしまうからです。出血は肌の中を通る毛細血管が傷つくことで起こる症状です。つまり、雑菌による炎症で傷つきやすくなった毛細血管が、毛穴の奥で内出血を起こしているのです。潰して血が出た場合は、雑菌の繁殖を防ぎ、ニキビ跡が残らないように早めの適切な処置が必要ですね。

患部を洗って清潔にする

ニキビから血が出てしまったら、まず気を付けることは、絶対に患部に触らずそれ以上刺激を与えないようにしましょう。潰すなどの行為はもってのほかです。炎症部分が刺激により肥大化し血豆のように膨らんでしまう危険性も。

まず、出血した部分を清潔に保ちましょう。患部は刺激を与えないように、水でやさしく洗います。水分のふき取りはガーゼでそっと拭いましょう。コットンは繊維が患部に付着してしまう恐れがあります。

※患部を冷たくして血を固める方法は、皮膚の細胞を壊し、跡になりやすいのでおすすめできません。

キズパワーパットやパッチを貼る

清潔にした患部に、キズパワーパッドやパッチをすぐに貼ります。キズパッドはスタンダードで600円前後で市販されています。大きさは、傷口に貼りやすいように小さくカットします。消毒液は使用しないでください。刺激が強すぎ傷口の治りも遅くなります

キズパワーパッドなどを潰れたニキビに貼る方法は、湿潤治療といいます。患部は少し潤っている状態のほうが傷口がきれいに治ります。湿潤治療だと、カサブタができないように細胞が均一にきれいに修復されるので、ニキビ跡や色素沈着を残しません。また雑菌の侵入から守ります。

キズパッドは、2~3日程度貼っておきましょう。その後、様子をみて回復したら、剥がします。まだ改善がみられない場合は、キズパッドを貼り換え、また様子をみます。髪の毛などが触れないように気を付けて下さい。

アッキー
はるこ先生、ニキビに消毒はNGですか?
はるこ先生
感染を防ぐためにも、消毒は必要よ。ただし、潰す前ということね。ニキビ、手や使用する器具などをアルコール綿で消毒してね。でも、潰したあとの傷になっている状態では、水などで洗い流すのが、現代医学の常識よ。
アッキー
湿潤治療法で注意することはありますか?
はるこ先生
注意することは、細菌が繁殖しないようにすることね。治療中に膿がたまるようなことがあれば、すぐに中止しましょう。一度皮膚科に相談してみるほうがいいわね。

通常は、 数日で改善されますが、もし、血が止まらないときは、医療機関での受診をおすすめします。

オロナインは塗っても良い?

キズパッドの代わりに、オロナインを塗り、その上に絆創膏を貼りニキビを治すという方法、肌の乾燥やアクネ菌の繁殖予防の効果は期待できそうです。しかし、白ニキビは、毛穴に皮脂が溜まっている状態。油分の多いオロナインを塗ると、さらに毛穴を塞ぎニキビを増加させてしまう危険性もあります。

白ニキビを皮膚科で潰す方法

白ニキビといえども、皮膚科で潰してもらう選択もあります。主な治療法として確立している面ぽう圧出という治療法にスポットを当ててみましょう。

面ぽう圧出

皮膚科で、よく行われるニキビの治療法として、面ぽう圧出があります。さまざまなタイプのニキビに使える方法ですが、白ニキビの場合、炎症が起きていないので、悪化の予防に効果的です。

面ぽうとは別名コメドとも呼ばれる、皮脂や細菌、はがれ落ちた角質などのかたまりで、毛穴詰まりの原因になっている物質です。この面ぽうを押し出して取り除く治療が、面ぽう圧出術です。

面ぽう圧手術の流れ

1.ニキビの表面に穴をあける。

毛穴に詰まっている皮脂や細菌などを押し出すため、清潔な細い針やレーザーで、ニキビの表面に非常に小さな穴をあけます。自己流でニキビを潰すときにあける穴に比べて、皮膚科であける穴のサイズは、非常に小さいです。

2.専用の医療機器で毛穴の詰まりを取り除く

面ぽう圧出器(アクネプッシャー)で、その小さな穴から、詰まった角質、皮脂や汚れを取り除きます。非常に小さくニキビ表面の穴から専用の医療機関で絞り出すことにより、皮膚へのダメージが小さく、治療はにニキビが消えています。

皮膚科治療のメリット

  • 清潔な器具の使用と術後の消毒も万全、感染の心配が少ない
  • 失敗して色素沈着やニキビ跡を残してしまう恐れがない
  • 安全かつニキビの治癒が早い、術後のケアの短縮を図れる
  • レーザーで穴をあけると、菌が熱で死滅するので再発しにくい

面ぽう圧出は、今ある白ニキビに対しての対処法です。肌の全般の状態を改善していくことが目的であれば、生活習慣の見直しやホルモン療法などの根本治療とともに進めていくものだといことを覚えておきましょう。

面ぽう圧出で覚えておきたいこと

  • 面ぽう圧出はニキビを早期に消失させるための治療法
  • 白ニキビの発生を予防する効果はない
  • 肌の質が改善されるわけではない

費用の目安

気になるのが治療にかかる費用ですね。面ぽう圧出術は、健康保険の範囲内で少額で済む場合がほとんどです。もちろん、ニキビの状態や医院よって異なりますが、初回の通院でかかる初診料が3,000円、処方せん料は700円が相場とみていいでしょう。プラス処置料ですが、保険が適用内で3割自己負担の場合は、1000~2000円程ですが、あくまで目安です。治療を受ける前に、病院で確認してください。

※参考までですが、面ぽう圧出の保険点数は49点、通常1回の処置では数個のニキビを圧出、数が多い場合は、数回行います。

はるこ先生
ニキビは症状が軽いほど治療も早く、費用も抑えられるので、早期の対処が肝心ね。

時間がない時などにセルフで潰す方法

それでも「自分で潰したい!」という人はいるでしょう。皮膚科に行く時間がなかったり、炎症していないのだから、自分で白ニキビを潰すことも可能なはずだと。確かに一理ありますが、安全で正しい方法で行うことが第一条件です。

白ニキビを潰す手順

必ず守ってほしいことは、手や爪で潰さないことです。手や爪には、見えない雑菌が付着していますし、デリケートなニキビ肌を傷つけてしまいます。めんぽう圧子(コメドプレッシャー)という器具を使いましょう。

  1. ぬるま湯で洗顔し肌を清潔にします。 入浴時でもOK! ニキビが柔らかくなるので潰しやすいです。
  2. めんぽう圧子やピンセットを消毒(煮沸消毒でもOK)
  3. 器具を白ニキビに押し当てます。
  4. 2、3回繰り返し軽く抑えながら、白い芯をゆっくりと出します。皮脂と芯がにゅるっと飛び出します。もし芯が出なくても、無理をせずに、翌日またトライしてください。毛穴の奥の方に隠れています。
  5. 皮膚に押し当てたままで、ピンセットを使い芯を取り除きます。ニキビ肌に触らないように気を付けてください。
  6. 潰した後は洗顔しましょう。
  7. 毛穴が開いた状態なので、雑菌による炎症の原因を作らないよう触らないでください。
  8. 出血したらガーゼでやさしくタッピングして拭きとります。
  9. ニキビ専用の薬を塗りましょう。しばらくお化粧は控えてください。
アッキー
コメドプレッシャーがない場合の代理品はないですか?
はるこ先生
綿棒2本で、白ニキビを挟み込むように優しくゆ~っくり角質を押してみてね。

白ニキビを潰すタイミング

正しい潰す方には、タイミングも重要です。悪化を防ぐには、ニキビの表面出口に芯がわずかに突起していて白く透けて見えているとき。この状態は、皮脂が詰まっただけの段階、芯を取り除くことで治りが早くなります。まだ、この白い突起物が見えないうちは、時期尚早です。

また、遅すぎると症状が進み炎症を引き起こしセルフでの処理が難しくなります。跡や色素沈着にならないよう、状態を把握し適切なタイミングをつかんでください。

白ニキビはできれば皮膚科で潰そう

初期段階の白ニキビ。自分で潰せると思いがちですが、安全性や治療効果を考えると、結局は皮膚科での治療が望ましいでしょう。ニキビの程度を正しく把握をしないと、さらに悪化、肌に凸凹の跡が残ってしまうことにも。ニキビができたら、皮膚科では、面ぽう圧出のほかケミカルピーリング、ホルモン治療などで改善を図ることもできます。さらに、白ニキビを潰す治療だけではなく、ニキビのできやすい体質改善に関するアドバイスも受けられます。