鼻ニキビを治すたった3つの方法!でかいニキビが潰れた時の対処法も

鼻ニキビを治すたった3つの方法!でかいニキビが潰れた時の対処法も

鼻ニキビってなんであんなに目立つのでしょうか。私を見てくれと言わんばかりです。そんな憎き鼻ニキビとは、今日を持って手を切りましょう。鼻ニキビの原因から治し方、潰れた時のケアや思春期ニキビに至るまでの情報を一同集結!目指せあなたも鼻美人!

痛い鼻ニキビを一日で治す方法は?

ニキビって頬に出来ただけでも相当目立つのに、鼻になんて出来た日にはもう嫌になっちゃいますよね。鼻は人間の顔の中でも特に皮脂の分泌が盛んで、毛穴の数も多いので、他の部位に比べるとどうしてもニキビが出来やすくなってしまうんですよね。

しかも鼻は顔のパーツの中でも隆起した目立つ部分ですから、鼻にニキビが出来ると嫌でも目立ってしまいます。特に大きなニキビが出来ると目立つ上に痛いですし、メイクでも隠しにくいので治るまでの間とっても憂鬱で過ごさなきゃなりません。

はるこ先生
鼻に出来てしまったニキビ…1日でも早く治したいですよね。
そんな厄介な鼻ニキビを早く治すために、知っておくべき知識と方法を順序立ててご紹介していきたいと思います。
​参考サイト数読んだ論文の数​調査時間​
51件6本30時間強

 この記事ではまず鼻ニキビの原因について説明した後に、具体的な鼻ニキビの改善・予防方法についてご紹介していきますね。それに付け加えて『ニキビが潰れてしまった際の対処法』や『お勧めのスキンケア用品』『思春期ニキビ』についても書いてあります。

曖昧なところが無いように、なるべく具体的に細かく書きましたので少し量が多いかも知れませんが、その分必要な情報はかなり詰め込みましたので頑張って全部読んでくださいね。

鼻のニキビが出来やすい原因

まず最初は鼻にニキビが出来やすい原因について詳しく説明していきたいと思います。そんなことより早く治す方法を教えてくれと言う方もいるかもしれませんが、少し待ってください。問題を解決するためには、まずその原因を解明する事が非常に大切です。何故かと言うと原因が分かれば解決策も自ずと判明していくからです。

ですからまずは『どうして鼻にはニキビが出来やすいのか』、その理由と原因についての知識からご紹介しましょう。

はるこ先生
鼻ニキビって嫌よね~。
頬とかならメイクで隠せなくもないけど、鼻って出っ張ってるからメイクだと隠せないし、下手すると余計に目立っちゃうし。
アッキー
そうですよね。
僕もニキビで悩んでいた時期があるから分かります。
なんで鼻に出来るニキビってあんなに大きいんでしょうね。
はるこ先生
ホント!
鼻に出来るニキビって大きくなり易いのよ!
何故かって、鼻は顔の中でも特に皮脂が多いからなのよ。

 鼻は皮脂腺が多く皮脂分泌も多い

 鼻にニキビが出来やすい原因として最初に挙げられるのは、『鼻には皮脂腺が多く皮脂分泌も多い』からです。

皮脂腺とは簡単に言ってしまうと、毛穴の内部に存在する脂を分泌する為の組織の事で、基本的にひとつの毛穴には必ずひとつの皮脂腺が存在します。しかし皮脂腺と言うのは毛穴の種類によって形状や数が異なり、人の顔に多く存在する『脂線性毛包』という毛穴は皮脂腺が非常に発達していて、多房性で数も多くなります。

人の体の中でも顔に皮脂が多く存在するのはその為で、特に鼻にはこの『脂線性毛包』が多く存在しているので、皮脂の分泌が盛んになるのです。どうして鼻にこのような毛穴が多く存在しているのかについては諸説ありますが、元々皮脂には肌表面を保護する役割があるので、皮膚のすぐ下が柔らかい軟骨で出来ていて、他の部分より隆起している鼻はダメージを受けやすいからではないか、とも言われています。

皮脂はニキビの原因でもあるアクネ菌の餌となりますので、皮脂=餌が多い鼻は、ニキビが出来やすくなるのです。

毛穴が深く汚れが落ちにくい

鼻にニキビが出来やすい原因として次に挙げられるのが、『鼻の毛穴は深く、その為に汚れが落ちにくい』事でしょう。

『鼻の黒ずみ』に悩んだ経験のある方は多いと思いますが、鼻に黒ずみがが出来やすいのは、上で紹介したように皮脂分泌が多いのに付け加えて『毛穴が深い』事が挙げられます。

毛穴が深いという事はそれだけ皮脂や汚れが入り込むスペースがあり、しかもその分汚れが取りにくくなる事は想像するに容易いと思います。例え一生懸命に洗顔をしても、毛穴の表面の汚れしか取れないのであれば、当然奥にとどまった汚れが原因でニキビも出来やすくもなる訳です。

どうして鼻の毛穴が深いのかについて、原因や理由は調べた限り分かりませんでしたが、鼻は隆起している分紫外線などの肌へのダメージを受けやすく、それが原因で肌のターンオーバー不足などで皮膚が分厚くなっているからではないか、という意見がありました。

毛穴詰まりを起こす6つの習慣

鼻にニキビが出来やすい原因について説明してきましたが、そうは言っても鼻にニキビが全然出来ない人や、鼻の毛穴が目立たない人がいる事もまた事実です。その人たちだって人間である以上鼻には沢山の『脂線性毛包』が存在している筈です。にも関わらずニキビや毛穴が目立たないのは何故なのでしょうか。

考えられる理由としては『生活習慣の違い』があります。

1.不健康な生活

毛穴詰まりを起こす原因として考えられる習慣に、『不健康な生活』が挙げられます。夜更かしによる睡眠不足や栄養の偏った食事ばかり食べるなど、不健康な生活ばかり送っていれば、当然の事ながら身体機能の低下を引き起こします。

肌も身体の一部である以上、不健康な生活を続ければ当然その影響を受けます。人の体は食べた物によって作られ、日々の生活で新しく生まれ変わっていく事は良く知られた事実ではありますが、睡眠不足や栄養不足が続けば、新しく出来る皮膚もそれに応じて『欠陥の多い』ものとなってしまいます。

欠陥の多い皮膚が出来上がれば、当然肌の機能は低く、外部からのダメージに耐えられる強靭さは持ち合わせていないでしょう。そうなると肌はその『欠陥』を補う為に、より多くの皮脂を作り分泌する事で肌を守ろうとするのです。また肌の機能が低ければ、ターンオーバーも正常には出来す、毛穴も開いたまま閉まらなくなってしまいます。その毛穴に皮脂や汚れが入り込み、毛穴詰まりを起こすのではないかと考えられています。

アッキー
不規則な生活は百害あって一利なし、肌のためにも規則正しい生活を心掛けましょう。

 2.過剰に皮脂を取る

意外に思う人もいるかもしれませんが、『皮脂を取り過ぎてしまう』ことも、また毛穴詰まりの原因として挙げられるのです。ニキビや毛穴詰まりの原因が皮脂である事は多くの人に広く知られた事だと思いますので、皮脂を取ってしまえば、ニキビや毛穴詰まりは起こらないと思っている方も多いと思います。

しかし『皮脂を取り過ぎる』行為は、寧ろ今以上に皮脂の分泌を促す要因となってしまいます。皮脂が肌を保護する役割を持っている事は上で紹介した通りですが、その肌を保護する皮脂を洗顔などで過剰に取り去ってしまうと、肌は剥き身の状態で外部からの刺激にさらされる事となります。そうすると肌は大急ぎで皮脂を分泌させて、自らを守ろうとするのです。

『皮脂を過剰に取る』行為を何度も繰り返すと、肌は『もっともっと皮脂を沢山作って肌を守らなくては!』と意気込み、頑張って今まで以上に皮脂を出そうとします。そのせいで今まで以上に皮脂が分泌されるようになり、その結果毛穴詰まりが起きやすくなるのです。

はるこ先生
毛穴詰まりを無くしたくて皮脂を取っているのに、そのせいで毛穴詰まりが起きやすくなるなんて本末転倒よね。

 3.間違ったスキンケア

世の中には沢山の美容法やスキンケアの方法がありますが、その中には実は肌には良くない『間違ったスキンケア』も多くあります。もしも貴方が頑張ってスキンケアを行っているのに毛穴詰まりが解消されないのであれば、それは『間違ったスキンケア』が原因かもしれません。

間違ったスキンケアが原因で毛穴詰まりが起こることは多く、例えば『毛穴パック』を例にとって見てみると分かり易いと思います。毛穴パックは角栓除去の効果が目に見えて分かる為、あたかも毛穴詰まりに効果的なように思われます。確かに短期的に見れば角栓が無くなり一時的に毛穴は綺麗になりますが、パックと一緒に毛穴周辺の角質層まで無理やり剥がしてしまう為、長期的に見ると寧ろ毛穴詰まりを悪化させる要因となるのです。

角質層とは肌の水分を保持し、また肌を外部から受ける刺激から守る働きがあります。この角質層を無理やり剥がしてしまう事は肌のバリアが無くなってしまう事と同じなので、肌は大慌てで皮脂を大量分泌させ、失われた角質層の役割を果たそうとするのです。

また角質層が傷つけられると肌はより強い角質を作ろうとする為、肌が分厚くしようと角質を沢山作り出します。角栓とは皮脂と角質が毛穴に入り込んだものなので、その皮脂と角質が増えれば当然毛穴詰まりだって起きやすくなります。

アッキー
簡単に言うと、間違ったスキンケアは逆に肌に負担やダメージを与えてしまうので、肌が自分を守ろうとして皮脂や角質を多く作ってしまう、だから間違ったスキンケアは毛穴詰まりの原因となる、というわけですね。

 4.便秘・腸内環境

一見関係なさそうに思われる『腸内環境の悪化』は毛穴詰まりを初めとした、肌トラブルの大きな原因だと言われているのです。

腸には大きく分けて2つの役割があるとされ、それが『栄養の吸収』と『毒素や老廃物の排出』です。人の体は摂取した食物の栄養を十二指腸や小腸で吸収し、水分を大腸で吸収した後に残った物を排出します。しかし腸内環境が悪ければ、栄養や水分の吸収が十分に行われずに排出されてしまうのです

特に肌に必要な栄養素である『アミノ酸』は肉類に多く含まれていて、肉類は健康な腸であっても消化吸収に時間がかかります。腸内環境が悪いと唯でさえ吸収が遅いアミノ酸が更に遅くなり、また吸収率も悪くなるので肌への栄養が足りなくなり、その結果毛穴詰まりやニキビと言った肌トラブルの原因になるとされます。

また腸内環境が悪いと『毒素の排出』が十分に行われずに、体内に毒素や老廃物と言ったものが取り残されてしまいます。特に体内の老廃物の約70%は便によって排出されると言われているので、便秘の状態が続くと本来排出される70%の老廃物が腸内に残ったままとなり、それが巡り巡って肌の不調を招くと言われています。

はるこ先生
肌は『内臓を映す鏡』と言われるくらい、体内の不調を反映させます。
腸内環境を改善する事は、毛穴詰まりやニキビといった肌トラブルを改善する事と同じだと考えても良いかも知れません。

 5.ホルモン(生理)

ホルモンのバランスもニキビや毛穴詰まりに大きく関係していると言われています。『男性ホルモンが活発になるとニキビが出来る』なんて話もあるくらいですから、知っている人も多いでしょう。

一般的に男性ホルモンには皮脂腺を刺激して皮脂量を増やす作用があるとされ、女性ホルモンにはセラミドを増やし肌の水分量を上げる作用があると言われているのが、ホルモンとニキビとの関係の根拠となっているようです。これについて詳しく調べた研究結果などは見当たりませんでしたが、実際に男性と女性では男性の方が皮脂の分泌量が多く、肌も分厚い人が多い事を考えると強ち間違いではないでしょう。

ホルモンのバランスが崩れる要因として挙げられる一番大きな現象は、『生理』が最もなじみ深いでしょう。女性ならば生理前のニキビで悩んだ経験を持つ人は多い事だと思いますが、排卵が終わった時期に分泌される『プロゲステロン(黄体ホルモン)』には男性ホルモンと同様の作用があるとされ、皮脂に分泌量が増える事が生理前ニキビの原因だと言われています。

アッキー
ホルモンバランスを崩す原因として考えられるのは、女性の場合生理が一番多いみたいです。
逆に男性の場合はストレスや過労が原因でホルモンバランスを崩すことが多いそうですよ。

 6.日々のストレス

『ストレスは肌に悪い』事はよく言われる事ですが、どうしてストレスが肌に悪いのかについて詳しく知っている人は少ないかも知れません。

ストレスが肌に悪影響を及ぼすメカニズムは、人がストレスを感じると副腎ホルモンのひとつである『コルチゾール』が分泌され、それによって『ジヒドロテストステロン』が増えるからだと言われています。

コルチゾールとは別名を『ストレスホルモン』とも呼ばれる副腎皮質ホルモンで、強いストレスを受けると副腎から分泌されます。そしてこのコルチゾールには悪性男性ホルモンとも言われる『ジヒドロテストステロン』の生成に必要な『5-a-リダクターゼ』という酵素を生成する作用があります。

ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンの1種で、AGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因と言われる物質ですが、同時にニキビや毛穴詰まりの原因にもなるとされています。上で『男性ホルモンは皮脂腺を刺激して皮脂量を増やす』と書きましたが、こで言った男性ホルモンとは一般で言うところの『テストステロン』のことではなく、このジヒドロテストステロンの事を指していると言われています。

はるこ先生
男性ホルモンというと『テストステロン』を思い浮かべるけれど、実は男性ホルモンは1種類ではなく、何種類もあるのよね。『ジヒドロテストステロン』も男性ホルモンの1種で、このジヒドロテストステロンこそが皮脂量を増やしてニキビや毛穴詰まりを起こす原因と言われているわ。

アッキー
まとめるとストレスでコルチゾールが分泌された結果、男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が作られて、皮脂量が増えた事で毛穴詰まりやニキビが増える、という事になります。

【鼻ニキビケア①】洗顔

それではここから漸く具体的な『ニキビケア』の方法についてご紹介していきたいと思います。まず最初はスキンケアの基本中の基本である『洗顔』についてです。

はるこ先生
ニキビケアというと、まず化粧水とか美容液を使う方法をを思い浮かべると思いますが、まずは『洗顔方法』をしっかり押さえておくことが重要です!
間違ったスキンケアは肌の環境を悪化させる原因になる事は上で紹介した通りですが、洗顔はやり方を間違えると肌にダイレクトに影響を与える可能性がありますので、よくよく注意する必要があります。

はるこ先生
まずは『洗顔料』の選び方からご紹介しますね!

 ニキビケアできる洗顔料を選ぶ

当たり前と言えば当たり前ですが、洗顔料を選ぶ際は『ニキビケア』に効果的な洗顔料を選ぶ必要があります。

ここで重要なのが、ニキビの種類や状態によって洗顔料の選び方が変わる事です。同じニキビケア洗顔料でも、自分のニキビの状態にあったものを選ぶことがより早くニキビを治すためのポイントです。

例えば鼻に出来るニキビは大きくて炎症を起こしているものが多く、こういった『炎症ニキビ』には抗炎症作用がある成分が含まれた洗顔料を選ぶ、といった具合です。

以下にニキビの種類別に効果的な成分を挙げておきましたので、洗顔料を選ぶ際の参考にしてみて下さい。

白ニキビに効果的な成分

  • ​​サルチル酸
  • フルーツ酸
  • 酵素
  • ビタミンC、等

​白ニキビはまだ炎症を起こしておらず、所謂『コメド』が詰まっていて内部でアクネ菌が繁殖し始めている状態です。
古い角質を除去する効果のある『フルーツ酸』や、アクネ菌の殺菌効果のある『サルチル酸』、抗酸化作用のある『ビタミンC』など、酸化と炎症を予防する効果のある成分を選びましょう。​

黒ニキビに効果的な成分

  • ​サルチル酸
  • フルーツ酸
  • 酵素
  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンE
  • アスタキサンチン、等​

白ニキビのコメドが酸化を起こして黒ずんだ状態になったのが、所謂『黒ニキビ』です。
白ニキビ同様に『フルーツ酸』等の角質除去効果のある成分と同時に、『ビタミンE』や『アスタキサンチン』といった、より抗酸化力の高い成分を選ぶと良いでしょう。​

黄色ニキビに効果的な成分

  • ​サルチル酸
  • ビタミンC、
  • ビタミンC誘導体、等

​黄色ニキビは既にかなり進行が進んだ状態のニキビで、所謂『膿んでいる』状態です。
膿の排出を促す効果もある『サルチル酸』や抗酸化作用が高い『ビタミンC』や『ビタミンC誘導体』が配合された洗顔料をお勧めします。​

赤ニキビに効果的な成分

  • ​ビタミンC
  • ビタミンC誘導体
  • カミツレ
  • 甘草エキス、等​

赤ニキビはニキビが『炎症』を起こしている状態です。
天然の抗炎症成分である『カミツレ』や『甘草エキス』等の、抗炎症作用が期待できる成分を用いると良いでしょう。​

炎症ニキビに効果的な成分

  • ​​高濃度ビタミンC
  • ビタミンC誘導体
  • カミツレ
  • グリチルリチン酸2カリウム、等​

赤ニキビの炎症が酷い場合のニキビをこう呼ぶことがあります。
抗炎症作用ある『カミツレ』や『高濃度ビタミンC』、甘草エキスの主成分でもあり強力な抗炎症作用を持つ『グリチルリチン酸2カリウム』などの成分が含まれた洗顔料が良いでしょう。​ 

はるこ先生
また洗顔料を選ぶ際は、有効成分だけではなく『泡立ち』も視野に入れて検討した方が良いでしょう。
泡立ちの良い洗顔料で顔を洗うと、泡がクッションの役割をしてくれるので、肌への摩擦によるダメージを軽減してくれる効果が期待できるからです。

アッキー
特に黄色ニキビなどの既に膿んでいるニキビや、大きくなってしまったニキビは強い刺激を与えると潰れてしまう危険性があります。
そういったニキビには、より泡立ちの良い洗顔料を選んだ方が良いでしょう。
はるこ先生
また泡立ちの良い洗顔料は、白ニキビや黒ニキビといった『コメドの詰まり』が原因のニキビには非常に効果的です。
濃密な泡は毛穴内部まで入り込み、コメドを除去してくれる効果が期待できるからです。
ニキビケアに有効な成分が今一分からないときは、『泡立ち』の良さを条件に洗顔料を探してみてもいいでしょう。

簡単に超濃密モコモコ泡が作れる!ベストセラ-洗顔料『どろあわわ』

 \泥洗顔市場5年売り上げナンバー1​の実力派洗顔料/

Source: amzon

どろあわわ

編集部評価★★★★★​
初回価格¥2,980円(税別)​
1回当たりの値段約99円/1ヶ月分(朝夕どちらかの場合)/110g
保証・特典​定期購入コースだと初回半額、送料無料
メーカー・会社健康コーポレーション株式会社​

『どろあわわ』はまるで生クリームのようなもっちりとした濃密な泡が特徴の洗顔料です。2種類の天然クレイが毛穴の汚れを吸着し、4種類の保湿成分が洗顔後の肌の乾燥を防いでくれます。『洗浄力の高さ』と『肌の乾燥を防ぐ』という相反する2つの効果を併せ持つ高機能な泡で、まっさらでワントーン明るい肌へ導いてくれるでしょう。

・どろあわわのレーザーチャート

              

『どろあわわ』の大きな長所は、やはり『濃密な泡を簡単に作れる』ところでしょう。加えて保湿成分が多く使われている為、洗浄力の高さに対して肌の潤いを奪いすぎない点や、天然成分を多く用いている点も大きな長所と言えるでしょう。

欠点を挙げるとすれば『純粋なニキビケア成分はあまり使われていない』事と『価格が高い』事が挙げられます。どろあわわは毛穴汚れを除去する効果は高いので黒ニキビや白ニキビといった段階のニキビや、ニキビ予防にはお勧めです。

しかし既に膿んでしまっているニキビへの効果は『刺激を与えて潰さないようにする』という観点からは有効かもしれませんが、改善と言う意味ではあまり期待できないかもしれません。

また値段が高いのも、続けて使用するのにネックな点と言えるでしょう。

アッキー
どろあわわは基本的に高評価の多い洗顔料だけど、容器の構造が使いにくいと言う声もちらほら聞こえてきました。
しかし欠点として挙げられるのが『価格の高さ』と『容器の使いにくさ』という『外的要因』であることを考えると、洗顔料としての機能には全く問題ないと言えるでしょう。

【どろあわわ公式サイト】どろあわわについて詳しく知るならコチラ

 余分な物だけを洗い流す、ワンランク上の高機能洗顔料『ビーグレン ‐ クレイウォッシュ』

\数億年前の地層から発掘されたナノレベルのクレイ配合/

Source: ビーグレン

ビーグレン - クレイウォッシュ

編集部評価★★★★★​
初回価格¥3,900円(税別)​
1回当たりの値段65円/1ヶ月分(朝夕使った場合)/150g
保証・特典​送料無料・365日間返品・返金保証​
メーカー・会社ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社​

スキンケアで有名な『ビーグレン』から発売されている『クレイウォッシュ』は、その名の通り『泥』を配合した吸着型の洗顔料になります。

クレイウォッシュは泡立たないタイプの洗顔料です。クリーム状のクレイが肌に素早く馴染み、不要な皮脂や汚れなどを効率よく除去してくれますが、必要以上に皮脂や潤いを奪う事が無いと言われ、口コミでも『突っ張らない』と高評価が多いのが特徴になります。

・ビーグレン ‐ クレイウォッシュのレーザーチャート

             

クレイウォッシュは泡立たない洗顔料ですから、泡立ちと言う点では低評価ですが、それ以外の洗顔料としての機能は軒並み高機能と言えるでしょう。

使われている主成分が『泥』である事は上で紹介した『どろあわわ』と同じですが、クレイウォッシュに使われている『モンモリナイト』は、遙か数億年前の地層から発掘されるナノスケースのクレイで、非常に粒が小さい上に吸着性が強く、またイオン変換による美肌効果があるなど、他のクレイと比べると高機能という特徴があります。

ニキビの炎症に効果が高い『グリチルリチン酸』やターンオーバーを正常化する『カモミラ』など、ニキビに対しても効果的な成分が配合されていて、しかもその多くは天然成分が多いのも特徴です。

クレイウォッシュは白ニキビや黒ニキビといったコメドが原因であるニキビにも、赤ニキビといった炎症性のニキビにも使える洗顔料だと言えるでしょうが、ネックな点を挙げるとすれば『泡立たない』ので大きなニキビに負担をかけてしまう可能性がある点でしょう。

はるこ先生
クレイウォッシュは価格が高いのもネックな点として挙げられるかもしれません。
しかし使われている成分の贅沢さなどを考えると、決して高価すぎるとは言えませんし、効果が高い事を考えるとそこまでではない気もします。

【ビーグレン公式サイト】クレイウォッシュについて詳しく知るならコチラ

  正しい洗顔の手順と回数

本来洗顔とは肌に付いた汚れや皮脂、埃といった『余分なもの』を取り除き、肌を正規つに保つための行為です。つまり間違った洗顔と言うのは『余分なものを残してしまう』洗顔と『余計なものまで取り除いてしまう』洗顔の事を指すと考えて良いでしょう。

またニキビ改善のためには『正しい洗顔方法』を『適切な回数』行う事が必要です。いくら正しい洗顔方法であってもやり過ぎてしまったり、逆に足りなかったりすれば十分な効果が発揮されない事は言うまでもありません。

はるこ先生
ニキビ肌改善に適切だと言われる洗顔回数は、原則として『朝晩の2回』です。
勿論状況や肌質によって変動する事もありますが、基本的には1日に2回が適切な洗顔回数だと考えて下さい。

 1)ニキビ肌の夜の洗顔法

夜の洗顔は特に入念に行う必要があります。夜はその日1日に付いた埃や汚れと皮脂が混ざり合い、しかも時間が経ったことで皮脂も酸化している可能性が高いからです。人の皮脂は大体5~6時間で酸化すると言われ、酸化した皮脂はニキビや毛穴詰まり、くすみや老化といった様々な肌トラブルの原因と考えられています。

ニキビ肌改善の為の正しい洗顔法(夜バージョン)

  1. ハンドソープ等で手を洗う
  2. 30~35度のぬるま湯で顔を素洗いする
  3. 洗顔ネットなどに洗顔料を適量取り、なるべくキメ細かい泡を多めに作る
  4. 出来た泡を『顔に乗せる』
  5. Tゾーン等の皮脂量が多い部分から洗っていく
  6. ぬるま湯で少なくとも20回以上はすすぐ
  7. タオルで押さえるように顔を拭く
アッキー
この時注意するべき点は、『顔を洗う時に手と肌が触れないように洗う』事と、『洗顔時間は1分を目安とし2分以上は洗わない』事です。
ゴシゴシ洗いは肌を痛める元になります。

2)ニキビ肌の朝の洗顔法

今度は朝の洗顔法についてです。洗顔とは『肌の余分なものを落とす』事だと上で説明しましたが、朝は夜とは違い汚れなどがついていないから洗顔しなくても良いのではないか、と思われる方もいるかもしれません。

しかしこれは大きな間違いで、朝は寝ている間に分泌された皮脂や夜に付けた化粧品の油分が酸化したものや、寝具から出た埃やダニなどが顔に付着している可能性が考えられます。

そういった『余分なもの』を落とすためにも、朝でもしっかり洗顔をしましょう。

はるこ先生
そうは言っても、朝は夜ほど汚れている訳でもないから夜ほどしっかしした洗顔をしなくても大丈夫、という意見もあります。
中には『朝は水だけで洗顔した方がニキビにはいい』という人も多いです。

ニキビ肌改善の為の正しい洗顔法(朝バージョン)

  1. まずは洗顔前に手を洗う
  2. 30~35度のぬるま湯で顔をすすぐ
  3. 夜とは別の洗顔料を使い、専用ネットでキメ細かい泡を作る
  4. 泡を『顔に乗せる』
  5. 手が直接肌に付かないようにして『泡でマッサージする』ように洗う
  6. ぬるま湯で擦らないようにして十分にすすぐ
  7. タオルを軽く当てるようにして水気を取る
アッキー
朝の洗顔のポイントは『夜とは違う洗顔料を使う』事です。
朝に用いる洗顔料は、夜のものより保湿成分が多く、洗浄能力もそれ程高くないものを選んだ方が良いです。
また肌質によっては、朝だけは洗顔料を用いない『水洗顔』も効果的です。

 一工夫で効果UP!蒸しタオル

自宅で簡単にできる美容法として一昔前に流行った『蒸しタオル美容法』は、毛穴を開かせて汚れを落としやすくするのにとても効果的です。

ご存知の方も多いと思いますが、毛穴には温めると開く性質があります。毛穴が開くという事は汚れの『出口』が大きくなるという事ですので、当然普通の状態に比べると皮脂や角栓などが排出されやすくなります。洗顔前に蒸しタオルを使うことで毛穴が開き、普通の洗顔では落としきれない奥の汚れまで落とすことが可能になります。

はるこ先生
蒸しタオルは自宅で簡単に作れるうえに、お金も掛からないプチプラな美容法です。
洗顔前に一工夫するだけで、いつもの洗顔の効果がアップしますよ?

蒸しタオルを使った洗顔方法 

  1. 濡らしたタオルをビニール袋などに入れて、レンジで加熱する
  2. レンジから取り出し、少し冷ましてから顔に乗せる
  3. タオルから熱がなくなるまで乗せておく
  4. いつも通りの洗顔を行う
アッキー
タオルの加熱時間は大体レンジで1分位が目安ですが、特に決まっている訳ではないので、自分の好みで加熱時間を調節してみて下さい。

 蒸しタオルを使う上での注意点

蒸しタオルを洗顔に用いる際は、火傷をしないように注意してください。特にレンジから取り出した直後はとても高温ですので、一旦タオルを広げて冷めるのを待ってから顔に乗せるようにしましょう。

アッキー
蒸しタオルはピーリング等と違い毎日行っても問題はありませんが、火傷にだけは注意してくださいね。
レンジから取り出すときは手袋を使うなどすれば大丈夫ですが、手袋を付けたままだとタオルの温度を正確に確認できないので、顔に乗せる前に必ず素手で触って熱さを確認するようにしましょう。


 【鼻ニキビケア②】保湿

『洗顔』についての説明の次は、ニキビケアに重要な『保湿』について紹介していきましょう。

乾燥を防ぐのもニキビケアの基本

ニキビケアの知識がある人であれば知っている事かもしれませんが、ニキビを予防するにしても改善するにしても『肌を保湿する』事は非常に重要なポイントとなります。

上で『過剰に皮脂を取る』事がニキビや毛穴詰まりの原因となってしまう事については触れましたが、保湿がニキビに重要な点については説明していなかったのでここで少し触れておきましょう。

ニキビが出来やすい人の肌は簡単に言ってしまうと『肌のバリア機能が低下している為、肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌』している状態と言えます。ですから必要以上に皮脂を出さなくていいように、肌に足りないものを補ってあげればよいのです。

はるこ先生
肌のバリア機能とは、肌表面に存在する厚さ僅か0.02mmの角質層が水分を蓄える事で力を発揮する機能の事で、肌の水分量が不足するとバリア機能の働きは低くなっていきます。
アッキー
肌の乾燥が原因でバリア機能の低下し、皮脂の過剰分泌が起こりそのせいでニキビが悪化するのであれば、その大本である肌の乾燥を如何にかすれば、皮脂の過剰分泌も収まる、という理屈な訳ですね。
はるこ先生
そういうことよ!流石ねアッキー!
だからニキビ肌改善にも保湿はとても重要なのよ?

 ニキビ肌に必要なスキンケア

ニキビ肌の為に『保湿』が必要であると分かったところで、ここでは『保湿効果のあるスキンケア』や『ニキビ肌のためのスキンケア』の種類と、そのスキンケアにどのような役割や効果が望めるかなどについて説明していきたいと思います。

・保湿やニキビ肌に必要なスキンケアの種類

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液(クリーム)
  4. 日焼け止め
はるこ先生
保湿が重要と言っても、ここに挙げた全てのスキンケアを行う必要はありません。
勿論肌の状態によっては全て行った方いい場合もありますが、貴方の肌の状態に合わせて、どのスキンケアを行えばよいのかを判断してください。

 1)化粧水

恐らく殆どの人は、洗顔の後に顔に化粧水を付けると思いますが、この『化粧水』って一体どんなもので、どのような効果があるのでしょうか。『洗顔後の化粧水はスキンケアの基本』『保湿の基本は化粧水』なんて言葉をよく聞きますが、化粧水の効果やそもそも何故化粧水が必要かについて意識している人は余りいないと思います。

化粧水とは『皮膚に栄養を与え、滑らかにするために用いられる液状の化粧品』であると、辞書には書かれています。何処にも『保湿の為』『肌に水分補うなう為』とは書かれていません。そもそも化粧水の大部分は『水』です。いくら有効成分が沢山配合されているとはいえ、水をいくら肌に付けたとしても蒸発するだけです。

そもそも化粧水の効果や役割とは何なのでしょうか?

化粧水の役割とは、『肌表面の角質を整える事』と『洗顔後の皮脂を失い弱った肌を一時的に保護する事』だと考えられます

 化粧水の役割について、正式な論文や研究結果があるわけではないですが、そもそも肌表面の角質層には『水を弾く』役割がありますので、化粧水の水分そのものが肌に浸透する訳ではないでしょう。
化粧水の役割とは、肌のバリア機能がきちんと機能するように角質を整える事と、洗顔後の肌が再び皮脂やバリア機能が回復するまでの『繋ぎ』だと考えている人は多いようです。

 2)美容液

次に紹介するのは『美容液』についてです。化粧水同様に、美容液も角質に浸透しないのであれば意味はあるのでしょうか。

当たり前ですが美容液と一口に言っても、その種類は様々です。最近の美容液の中には『真皮まで届いて肌の水分量を底上げする』効果のあるものまであるそうです。効果のほどについて、はっきりした医学的な根拠はないようですが、少なくともカネボウの化粧品研究所の方の話では『真皮に働きかける美容液』があるようです。

美容液って一体どんな効果があるのですか?肌表面で弾かれたりしないの?

美容液の効果は肌表面の『角質層の強化』にあると考えられます。

 先ほど化粧水は浸透しない、と説明しましたが、何も角質層は完全防水なわけではなく、全く水分を吸収しない訳ではありません。しかも最近の美容液は優秀なものが多いので、角質層に浸透するものや、中にはその下にある『真皮』にまで浸透するものさえあると言います。​

アッキー
なるほど、肌表面の角質層は言い換えれば『真皮を守る強固な盾』ですので、この盾が強化されれば自ずと肌のバリア機能は強化されますね。
つまり美容液の役割は『化粧水の強化バージョン』と言えるかもしれません。

 3)乳液(クリーム)

辞書によりますと、乳液とは『皮膚に水分と油分を与える乳状の化粧品』とありました。化粧水が『水分』であったのに対して、乳液には『油分』が含まれています。

乳液は油分が含まれているので、通常の水分だけの化粧水に比べると長く肌がしっとりする傾向がありますが、反面、ニキビ肌の人は使用に注意が必要です。特に『インナードライ』と呼ばれる肌の乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されている状態の肌に乳液を塗ると、油分過多な状態になる場合やアクネ菌の餌となってニキビが悪化する場合があります。

乳液を使いたいときは、皮脂の過剰分泌がある程度収まった後か、アクネ菌が増殖し始める黒ニキビや白ニキビの時期には使わない方が良いかも知れません。

乳液って何の意味があるの?

乳液の役割は『角質層を潤す効果』とそれによる『化粧水などの水分の蒸発を遅らせる事』にあると言えるでしょう。

 化粧水が『洗顔後の弱った肌を一時的に保護する』ものだとすれば、乳液は油分が入っているので化粧水の場合より長く水分の蒸発を防いでくれると言えます。また角質層は水分を弾く作用があるとも言いましたが、逆に不飽和脂肪酸などの油分であればある程度蓄える作用もありますので、乳液には『角質層を潤わす』効果もあると考えられます。​

はるこ先生
『角質層を潤わす効果がある』と言っても、角質層に馴染むのは『不飽和脂肪酸を多く含むオイル』であることに注意が必要です。乳液を選ぶ際は『不飽和脂肪酸』を多く含むオイルを使っている乳液を選ぶと良いでしょう。

 4)日焼け止め

保湿のセスキンケアとは異なりますが、日焼け止めを用いる事もニキビ肌には必要なスキンケアになります。

何故かと言うと、日光に含まれる紫外線にはニキビを悪化させる要因が多く存在するからです。日光がニキビを悪化させる大きな要因として挙げられるのは、『紫外線による皮脂の酸化』と『肌の水分を蒸発させてしまう』ことの2つでしょう。

皮脂は空気に触れると酸化していき、大凡5~6時間で『過酸化物質』と言われる成分に変化します。この過酸化物質は肌に炎症を起こし、促進させる作用があるとされ、ニキビの悪化を招くと言われています。

また直射日光を長時間浴びると、肌表面の温度が上昇し水分が蒸発しやすくなります。肌表面の水分が少なくなってしまうと、それを補うために皮脂が沢山分泌されますので、結果としてニキビやニキビの悪化を招いてしまうというわけです。

ニキビ肌の人はどんな日焼け止めを選べばいいのでしょうか?

ニキビ肌の人が日焼け止めを選ぶ際には、『SPF・PA値共に強すぎない』日焼け止めを選ぶことをお勧めします。

 SPFとは『紫外線Bをブロックする時間』の事で、PA値とは『紫外線Aをブロックする力』の事を意味します。

SPF・PA値は高ければ高いほど紫外線を防いでくれますが、強すぎるとニキビ肌には負担になりがちです。日焼け止めを選ぶ際は、SPFは20程度、PA値は2つ程度のものを選んだ方が無難でしょう。​

アッキー
日焼け止めが紫外線を防いでくれるメカニズムは、酸化チタンなどの『紫外線吸収剤』が紫外線を吸収し、化学反応を起こして熱エネルギーに変える事で放出するからです。
つまり言い換えると『肌の上で化学反応を起こして熱を出す』という事です。
この作用はSPF値が高い日焼け止めほど強いと言われているので、あまり強い作用の日焼け止めは避けた方が良いかも知れません。

 ニキビに悪影響を及ぼす成分・添加物

ニキビ肌改善の為には必要な成分や栄養を補うだけでなく、不必要なものや悪影響を及ぼすものを避ける事も重要です。

ニキビに悪影響を及ぼすと言われる成分や添加物などを以下に挙げておきましたので、化粧品にしても洗顔料にしても、以下の成分があまり配合されていない商品を選ぶことをお勧めします。

ジブチルヒドロキシトルエン

​主に抗酸化剤として食品添加物に使用される芳香族化合物の一種です。発がん性は確認されていませんが、変異原性があり、また催奇形性の疑いもあるとされます。​

シリコン

​シリコンとはケイ素と酸素、有機基からなる有機化合物の事で、正式には『シリコーン』と言います。シリコンにはコーティング作用がある為、肌表面を覆ってしまったり毛穴を塞いでしまう可能性があり、その為ニキビに良くないと言われています。​

パラペン

​化粧品の防腐剤として有名な『パラペン』は、少量で高い効果を発揮する上に安全性の高い防腐剤だとされています。しかし低いとはいえ毒性が全くない訳ではなく、人によってはアレルゲンとなる恐れもあります。心配な人は避けた方が無難でしょう。​

エデト酸

​エデト酸は、金属イオンを不活性化させる『キレート効果』が強力な事で知られ、化粧品の安全性や透明性を高める為に用いられます。しかし分子が非常に小さく、肌から容易に吸収されてしまう為、ニキビや肌荒れの原因になるとも言われています。​

オキシベンゼン

​オキシベンゼンは紫外線吸収剤として、日焼け止めに多く配合される成分です。ニキビだけで無く、シミやシワ、乾燥の原因になると言われており、紫外線吸収剤の中でも害が大きいとされます。​

セタノール

​乳液やクリームのベタ付きを無くすために用いられる成分で、アレルギーやニキビの原因になると言われる反面、安全性が高くて刺激や毒性がないとも言われています。​

エタノール

​エタノールとは『メチルアルコール』の事を指し、化粧品の防腐剤として用いられることの多い成分です。エタノールそのものには毒性はないと言われていますが、強い殺菌力と強力に皮脂を落とす作用がある為、肌トラブルの原因になる事があります。​

フェノキシエタノール

​元々玉露から発見された成分で、エタノールに比べると刺激が少ない上に天然素材である為安全だと言うイメージがあります。しかし肌トラブルの原因となる危険性は否定できず、少なくともパラペンと同程度の毒性があると示唆されています。​

はるこ先生
この他にも有名なのが『界面活性剤』がニキビ肌には良くないわね。
界面活性剤は非常に強力な洗浄力を有しているので、肌のバリアまで破壊してしまう危険性があります。
特に石油系の界面活性剤は避けた方が良いでしょう。

アッキー
同じ界面活性剤でも『天然界面活性剤』は肌に安全だとされています。
合成の界面活性剤は『〇〇グルタミン酸』『〇〇硫酸塩』と表記されている事が多いので、購入前にチェックしてみて下さい。
なるべく品質の良い成分を使っている化粧水を選ぶのが良いでしょう。

敏感肌にも乾燥肌にもお勧め!肌に優しいニキビ用化粧水『ビーグレン ‐ クレイローション』

\敏感肌にも優しい薬用化粧水/

Source: ビーグレン

ビーグレン - クレイローション

編集部評価★★★★☆​​
初回価格¥3,700円(税別)​​
1回当たりの値段約31円/2ヶ月分(朝夕使った場合)/120ml
保証・特典​送料無料・365日間返品・返金保証​
メーカー・会社ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社​

上で紹介した『ビーグレン』の化粧水です。強い抗炎症作用を持つ『グリチルリチン酸』と肌に潤いの膜を作ってくれる『モンモリナイト』が、ニキビの炎症と肌の乾燥の両方を防いでくれる効果があります。口コミでの評判も大変高く、使っている間は新しいニキビが出来なかったという人さえいました。

・クレイローションのレーザーチャート

クレイローションは抗炎症作用に特化した『グリチルリチン酸』や『カミツレ』が配合されており、赤ニキビなどの『ニキビの炎症を鎮める』事に特化していると考えられます。

ニキビの炎症を鎮める、または防ぐことで結果としてニキビを早く治すクレイローションは、アクネ菌を殺菌する事でニキビを予防したり治す化粧水とは根本的な造りが違う為、『ニキビ殺菌成分』と言う点はどうしても低くなります。

またヒアルロン酸やモンモリナイトが配合されている事から保湿力も持ち合わせてはいるようですが、保湿専用の化粧水に比べると、その保湿力はそれほど高いとは言えないようです。口コミでもクレイローション単体ではそれ程の保湿は出来ないと答えている人がいるので、クレイローションにプラスして何か保湿力の強い化粧品を用いた方が良いかも知れません。

アッキー
クレイローションは強い抗炎症作用に特化した化粧水と言えるみたいですね。
赤ニキビには良いかも知れませんが、膿んでいるニキビや白ニキビなどにはあまり効かないかもしれません。

【ビーグレン公式サイト】クレイローションについて詳しく知るならコチラ

大人ニキビの対策にはコレ!『ノブACアクティブフェイスローション(モイスト)』

\様々なニキビに対応する万能型化粧水/

Source: NOV 公式サイト

ノブACアクティブフェイスローション

編集部評価★★★★★
初回価格¥3,240円(税込)​
1回当たりの値段27円/2ヶ月分(朝夕使った場合)/135ml
保証・特典​送料無料
メーカー・会社常盤薬品工業株式会社​

ノブACアクティブフェイスローションは、多くの美容系サイトなどで紹介されている為、知っている人も多いと思います。高い保湿力で肌の潤いを補充する事でニキビの悪化を防ぐしっとりタイプの化粧水です。またPHが3.5とアクネ菌が増殖し難いPHの処方ですので、白ニキビのような初期のニキビに効果が期待できるでしょう。

・ノブACアクティブフェイスローションのレーザーチャート

ノブACアクティブフェイスローションは上記したように、肌に潤いを供給する事でニキビを改善したり予防する効果のある化粧水です。しかし有効成分を見てみると、保湿成分の他にも『アラントイン』『サルチル酸』『塩酸ピリドキシン』『AHA』等が配合されている事から、『殆ど全てのニキビ』に対する効果が期待できる化粧水と言えるでしょう。

『赤ニキビ』や『炎症性のニキビ』に対しては、抗炎症作用のある『アラントイン』や『塩酸ピリドキシン』が効果的で、『白ニキビ』などの初期のニキビには『サルチル酸』や『PHが3.5であること』で、アクネ菌の殺菌効果が望めます。また古い角質を除去する効果がある『AHA』によって、ニキビ予防とニキビ跡の改善も期待できるでしょう。

まさに幅広いニキビに対応する万能型の化粧水といっても過言ではないかもしれませんが、強いて難点を挙げるとするならば『天然成分』をあまり使っていない事と、『値段が高い』事が挙げられます。

はるこ先生
最近は『天然成分だと安心!』っていう考え方が根付いているけど、天然の成分でも悪い成分は沢山あるのよね。
『天然だから良い』というイメージだけでものをモノを見ないで、きちんと安全な成分を見る目を養う必要があると思うわ。

【ノブ公式サイト】フェイスローションについて詳しく知りたいならコチラ

 【鼻ニキビケア③】生活習慣

ニキビケアと言うと『スキンケア』を重視しがちですが、『生活習慣』からのアプローチも忘れてはいけません。いくら肌表面ばかりをケアしても、根本的原因である『体質』が変わらなければ糠に釘です。

ここでは鼻ニキビの予防・改善の為の生活習慣の見直し方について紹介していきます。

ニキビ肌はとにかくしっかり眠る

『睡眠不足はニキビの原因』なんて言葉は誰しもが一度は聞いた事があるであろう有名な話ですが、実際に睡眠とニキビにはどの様な因果関係があるのでしょうか。

『睡眠不足はニキビの原因』ってよく聞きますけど、どうして寝不足になるとニキビが出来るんですか?

睡眠不足がニキビの原因となる理由については『成長ホルモン不足によるターンオーバーの乱れ』と『ストレスによる悪性男性ホルモンの増加』が挙げられます。

成長ホルモンは就寝時に分泌されるのは良く知られた話ですが、成長ホルモンは肌のダメージの修復やターンオーバーの正常化に必要とされています。故に寝不足になると肌のダメージの修復が不完全で、ターンオーバーも乱れてくる事がニキビの原因となると言われています。

また寝不足はそれ自体が人体にとってストレスとなる為、ストレスに対抗するためにコルチゾールが分泌されて悪性男性ホルモン『ジヒドロテストステロン』が増える事でニキビが出来やすくなるのではないかと考えられています。​

実際にニキビと睡眠の関係について調べた研究や論文は調べた限り見つかりませんでしたが、睡眠不足の人ほどニキビに悩まさせる傾向があるのでは無いかと指摘する皮膚科の医師が何人いました。

その医師たちの話によると、自らが務めるクリニックや医院では仕事や学業に追われて強いストレスを抱えている人や、睡眠時間が短かったり睡眠の質が悪い人ほどニキビに悩まされて来院する事が多いらしいです。

アッキー
一般的にはニキビ肌改善の為には『8時間前後の睡眠』が推薦されるみたいですけど、最近の研究では人によって必要な睡眠時間の長さは全く異なる為、自分がすっきり起きられる時間であれば何時間でもいいそうです。

はるこ先生
私もそれは聞いた事があるわ。
医学博士である櫻井武さんによると、お肌にいいと言われる『ゴールデンタイム』にも全く根拠はないみたいですし…
ニキビ肌改善の為には『どの時間帯にどの位寝るか』よりも、『自分に合った睡眠時間』を確保して『日中に眠気を残さない』事に重点を置いた方が良いでしょう。

 食生活の乱れは肌に現れる

人の体は食べた物によって日々作り替えられていきます。口から入った食材や食事によって新しい細胞が作られ、大凡6年で人の体の細胞は全て入れ替わると言われています。

肌も勿論体の一部である以上、食べた物によって変化していきます。つまり食生活が乱れていると、それに従って肌質なども悪くなっていくわけです。ではニキビのない美しい肌を作る為にはどんな食生活を心掛けていればよいのでしょうか。ニキビ肌に良い食材や悪い食材、お勧めのサプリメントなどを以下にご紹介していきます。

ニキビに良い食生活チェックボックス

  • 1日3食食べている
  • 野菜を多く摂っている
  • ほうれん草やレバーといったビタミンAが豊富な食材を食べている
  • 豚肉やニンニクといったビタミンB群をバランスよく食べている
  • フルーツやナッツなどのビタミンC、ビタミンEが豊富な食材を食べている
  • なるべく豊富な種類の食材を摂取している
  • いつも決まった時間に食事を摂っている
  • 就寝の数時間前には食事を摂らない
はるこ先生
ニキビに良い食生活の基本は『たくさんの種類の食材を食べる』事と『ビタミン豊富な食材を使った料理』を食べる事でしょう。
またビタミンCなどの水溶性の栄養素は体内に長く留まらない為、一度に多く摂るのではなく、3食に分けて摂るようにするのがお勧めです。
アッキー
続いては『ニキビに悪い食生活』について見ていきましょう。

ニキビに悪い食生活チェックボックス

  • 外食が多い
  • コンビニ弁当やファーストフードを好んで食べる
  • 肉中心の食事
  • 野菜を殆ど摂らない
  • ケーキやチョコレートと言った甘いものを良く食べる
  • ご飯(白米)を好んで多く食べる
  • 食事の時間が日によってバラバラ
  • よく食事を抜く
  • 食後すぐに就寝する

はるこ先生
やはりニキビに良くない食生活と言えば『肉中心で野菜を摂らない』事と『食事の時間がバラバラ』といった『バランスが整っていない』食生活が挙げられるようですね。
献立は元より、食事の回数や時間などもきちんと決めて、規則正しい食生活に正すことがニキビ肌改善の為には大切でしょう。
アッキー
そんな事は分かっているけど仕事が忙しくて自炊をしている時間も無い方や、夜遅くまで仕事をしていて食事の時間が遅くなってしまう方にはサプリメントによる栄養補助をお勧めします。


10種類の天然ビタミンを1粒に凝縮!やわたの『体にうれしいマルチビタミン』

\美肌には欠かせないビタミンがこれひとつで/

Source: やわた

体にうれしいマルチビタミン

編集部評価★★★★☆​​
初回価格¥2,160円(税込)​
1回当たりの値段約72円/1ヶ月分(摂取量:1日2粒​)/60粒入り​
補える栄養素​​ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE​
メーカー・会社八幡物産株式会社​

・体にうれしいマルチビタミンのレーザーチャート

やわたの『体にうれしいマルチビタミン』の総評価は『品質や美容面での効果はかなり高い』と評価できるでしょう。

肌や粘膜保護に重要なビタミンA、脂質の代謝に必要なビタミンB群、美容効果抜群のビタミンC、抗酸化力に優れたビタミンEといった美容には欠かせない栄養素を補えるサプリメントですから、美容面で言えば当然評価は高くなります。

加えて使われている成分は天然由来で安全性も高く、1日2粒で必要な栄養素を補える手軽さや一々【やわた公式サイト】ビタミン剤を揃えなくても良いコストパフォーマンスの良さを考えても、サプリメントとしては優秀な部類に属するでしょう。

アッキー
体にうれしいマルチビタミンの短所を挙げるとすれば『価格が高め』な事と『即効性がない』事です。
しかしサプリメントは薬ではないので、即効性に関しては致し方ないでしょうね。

【やわた公式サイト】体にうれしいマルチビタミンについて詳しく知るならコチラ

 身体を動かして老廃物排出

食生活に次いで生活習慣で気を付けなければならないのが『運動不足』です。運動不足とニキビに一体どんな関係があるのかと疑問に思う人もいるかも知れませんが、実はニキビ肌改善の為に運動は非常に効果的なのです。

運動が肌に良い影響をもたらす理由

  1. 運動によるストレスの解消効果
  2. 体を動かすことで血行が良くなり代謝も上がる
  3. 運動によって成長ホルモンの分泌が望める
  4. 脂肪燃焼により皮脂量の減少が期待できる
はるこ先生
ニキビ肌改善のための運動なら『有酸素運動』がお勧めですよ!
有酸素運動は脂肪燃焼に効果的なので、過剰な皮脂の分泌を改善する効果も望めます。
アッキー
はるこ先生、疑問なんですが、
脂肪燃焼と皮脂量の減少には一体どんな関係があるんですか?

はるこ先生
良い質問ね、アッキー!
実は皮脂って『脂肪』から作られているのよ。
お肉やお菓子の脂肪分が体内に入ると『脂肪酸』という物質に変化して、血液で全身に運ばれるの。
この脂肪酸が皮脂の材料になるのよ?

アッキー
なるほど!
運動で使われるエネルギーは脂肪酸なわけですから、運動で消費してしまえば必然的に皮脂量も減る訳ですね。
はるこ先生
そういう事よ!
流石ね、アッキー。
皮脂が減ればアクネ菌の餌も減るし、血行も良くなって栄養も運ばれやすくなるから自ずとニキビにも良いってわけ!

 鼻の中に出来たニキビの対処法

ニキビと言えば肌の表面に出来るものという認識が強いですが、実は『鼻の中』にもニキビは出来ます。

鼻の中は鼻水などで常に湿った状態ですので、アクネ菌などのニキビの原因菌が繁殖しやすい上に、洗顔のように洗って清潔に保つことが難しい箇所でもあります。また鼻の中は、例えニキビが出来ても薬を塗るのが難しく、ニキビが出来やすく治療し難い厄介な部位でもあります。

そんな厄介な『鼻の中のニキビ』は、どのように対処していけば良いのでしょうか。

第一に触らず様子を見る

 鼻の中に出来るニキビは例え跡が残っても見えないから、と雑に扱う人も多いようです。しかし鼻の中にニキビがあると気になって仕方がないですし、何より鼻をかむときなどは痛くて仕方がありません。早く治せるなら治したいものでしょう。

鼻の中であれ外であれ、ニキビを早く治すには『触らない事』が大切です。

1)鼻をほじると指先から細菌が入る

 常に外気に晒されている肌表面とは違い、鼻に中は『体内』です。そのため鼻の中の粘膜は非常に柔らかく、爪先などで傷ついてしまう事が多いです。また人は物に触れる時には必ず『指』を使いますので、指先とは人が思っているよりもずっと雑菌が多くて汚いものなのです。例えばパソコンのキーボードやスマートフォンの画面などは、トイレの便座よりも汚いとされています。またハンドバックやレシート、貨幣などにも雑菌は数多く付着しています。

そんなに汚れたものを日頃から触っている指先で鼻をほじれば、鼻の中に雑菌が入るのは当然で、しかも鼻の粘膜は傷つきやすいので傷口から雑菌が入り込み、ニキビの原因になる危険性が非常に高くなるというわけです。

はるこ先生
スマホやパソコンに限らず、日常で用いているものの中には意外なほど汚れているものが多いんですよ。
例えば『食器洗い用スポンジ』なんかは便器の蓋の20倍もの雑菌があると言われていますし、『女性用ハンドバック』はそれに次いで汚いとされています。
多くのものに触れる指先を鼻の中に入れる行為は、実はとんでもなく『不潔』な行為なんですね。

 2)鼻毛を抜くと毛穴から細菌が入る

鼻毛を抜く行為も、ニキビの原因となるという点から見るとNGです。鼻毛を抜くと鼻の中の粘膜が傷つくこともさりながら、毛が抜けた毛穴から雑菌が入り込み、炎症を起こす危険性があります。

これがアクネ菌によるニキビならばまだしも、ブドウ球菌が毛穴に入り込むことで起こる『毛嚢炎』やマラセチア真菌による『マラセチア毛包炎』になってしまったら、普通のニキビよりも治すのに時間がかかります。鼻毛は抜くのでは無く、なるべく切るようにした方が良いでしょう。

アッキー
マラセチア毛包炎は『マラセチア真菌』というカビの一種が原因で起こる為、抗生物質などが効かず『抗真菌薬』という特殊な薬を使って治療する必要があります。
そうなったら病院にも行かなければならず、普通のニキビより性質が悪いですから、鼻毛を抜くのは程々にしておきましょう。

 乾燥対策にマスクをする

先ほど鼻の中は鼻水などで常に湿っているので雑菌が繁殖しやすい環境である、と書きましたが、既に出来てしまったニキビを治すと言う点で考えれば、ある程度の湿度がある環境の方が望ましいです。

マスクをすると口と鼻が覆われ、自分の息で保湿状態になるので、鼻の中の乾燥を防ぐことが出来ます。特に空調が効いているレストランや公共施設、オフィスなどの乾燥しやすい場所にいる時には、マスクをすると良いでしょう。

ニキビ薬やオロナインは使わない

鼻の中にニキビや吹き出物が出来たさいによく言われるのが『オロナイン』や『ニキビ薬』を直接鼻の中に塗る方法ですが、正直これは止めた方が良いでしょう。

確かにこの方法でニキビが良くなったと言う人もいますが、メーカーの話によるとオロナインやニキビ薬は飽くまでも『皮膚用』であり鼻の中の『粘膜』に出来たニキビに使うのは『お勧めできません』との事でした。

また粘膜は皮膚に比べて薬の吸収が早く、思わぬ副作用が出る危険性も否めません。他にも鼻をすする等の行為で薬が体内に入ってしまう危険性もありますので、なるべくこういった皮膚用の薬を使うのは控えた方が良いでしょう。

でかい鼻ニキビを潰すとどうなる?

ニキビが出来た際に最もしてはいけない事のひとつとして『潰す』事が挙げられます。ニキビをつぶすと跡になるのはよく言われる事ですが、最近では寧ろ酷いニキビや初期のニキビは『潰したほうが早く治る』という意見も多くみられます。

アッキー
そういえば最近は『ニキビは潰したほうが早く治る』という意見を多く聞きますけど、実際はどうなんでしょうか?
はるこ先生
これについては『ニキビの種類や状態による』としか答えようが無いかな~。
確かに皮膚科医の中にもニキビは潰したほうがいい、と主張する医師が存在するので、必ずしも『絶対にダメ』とは言えないかもしれないわね。
でも潰したら跡になってしまうニキビ、というのはあるから、それを見分ける必要があります。

 炎症ニキビは絶対に潰したらダメ

 所謂『白ニキビ』や『膿を持ったニキビ』の中には、潰したほうが良いニキビというものが存在します。しかし今現在『炎症を起こしているニキビ』を潰すのは絶対にやめて下さい。

炎症を起こしているニキビ、つまりは『赤ニキビ』の事ですが、これは簡単に言うと『炎症を起こして腫れている』状態のニキビです。赤ニキビは触れるだけでも悪化してしまう可能性が高いのに、もしも潰してしまったら強い刺激を与えてしまう事になるので、肌に多大なるダメージを与えてしまう事になります。

また潰すという事は言い換えれば『傷をつける』事でもありますので、アクネ菌を今以上に増やしてしまう要因にもなります。そうなってしまえばニキビが更に悪化してしまうのは言うまでもありません。

はるこ先生
ニキビ跡っていうのは『ダメージが真皮層まで届いてしまっている』事で起こる状態ですから、赤ニキビを潰して更にダメージを与えてしまうと跡となってしまう可能性が非常に高くなります。
炎症を起こしているニキビは絶対に潰さないようにして下さいね。

 ニキビが潰れたときのケア方法

赤ニキビは潰してはいけないと言いましたが、そうは言っても意図せずに潰れてしまう事や、寝ているときに無意識に掻き毟ってしまい潰れてしまった、なんて事は起こり得ます。

そういった場合はなるべく跡が残らないように、適切なケアをする必要が出てきます。

1.血や膿を拭き取る

まずは潰れてしまった箇所の『血や膿を拭き取って』あげる事が先決です。ニキビの膿の中には、原因菌であるアクネ菌などが含まれていると考えられえているので、そのまま放置しておくと周辺箇所にもニキビが出来てしまう可能性があるからです。

拭き取る際にはなるべく清潔なガーゼ等を用いるようにして下さい。不潔な布などを使うと、潰れた個所から雑菌が入り込んでしまう危険性があります。

アッキー
血や膿を拭き取る際には、擦る様に拭き取るのではなく、なるべく優しく上から押し当てるようにして拭き取ってあげて下さい。
強く擦ると傷を悪化させる可能性があります。

 2.流水で洗い流す

血や膿をふき取ったら、次は『流水で洗い流して』下さい。ニキビが潰れるという事は怪我をする事と同じですから、ケガをした場合と同じような対処をする必要があります。

普通怪我をしたら、傷口に雑菌が入らないように水で洗い流しますが、それと同じようにキニビが潰れた場所も水で洗い流して清潔にしておきます。

はるこ先生
赤ニキビなどの炎症を伴うニキビが潰れてしまった際には、ぬるま湯ではなく冷たい水で洗い流すようにすると良いでしょう。
炎症個所を冷やすことは、腫れや痛みを軽減させることに役立ちますが、これはニキビにも当てはまります。

 3.保湿する

意外に思われるかもしれませんが、ニキビが潰れた際にはその箇所を保湿した方が治りが早くなると言われています。これは『湿潤療法』と呼ばれ、傷は乾燥した状態よりも水分が多い方が早く治るとされる考え方です。

保湿の方法は非常に簡単で、洗い流した個所を清潔なタオルなどで拭いた後、保湿剤を上から塗るだけです。ニキビが潰れた際に使う保湿剤として、お勧めなのが『ワセリン』です。

ワセリンと言えばコレ!日本薬局方の『白色ワセリン』



\定番中の定番だから間違いなし/​

Source: amazon

白色ワセリン

編集部評価★★★★★
初回価格¥410円(税込)​
1回当たりの値段8.2円/50日分(1日1g使った場合)/50g
分類第3類医薬品​
メーカー・会社健栄製薬株式会社​

 『白色ワセリン』は1950年から販売され、今な根強い人気を博しているロングセラー商品です。安全性に非常に優れている上に汎用性も高く、また非常に安定した成分を用いているので他の薬と混ぜて用いる事も多いそうです。

アッキー
ワセリンを塗ると潰れたニキビは早く治ると言われています。またワセリンを塗った後は絆創膏などを貼っておくと、擦れて取れる心配が無くなりますよ。

【健栄製薬株式会社公式サイト】白色ワセリンについて詳しく知るならコチラ

 4.絶対にそれ以上いじらない

上記したケアを行ったならば、その後は絶対に『その箇所には触らない』ようにしましょう。唯でさえ潰れたニキビの個所は大きなダメージを受けて跡が残ったり、悪化する危険性があるのに、それ以上いじってしまったら余計に悪くする可能性があります。

ケアが済んだら、絶対に触らないようにしましょう。

はるこ先生
上でアッキーが紹介しましたが、『絆創膏を張る』という方法はお勧めです。
絆創膏を張っておけば直接触れずに済みますし、何よりも最近では傷の治りを早める絆創膏なんてものもありますので、うまく利用すれば傷跡を残すことなく治せるかもしれませんよ。

 思春期ニキビケアで大事な事

ニキビは大きく分けて『思春期ニキビ』と『大人ニキビ』に分類する事ができます。大人ニキビの原因はストレスや食生活などが主ですが、思春期ニキビは時期的なものですので、大人ニキビとは違い治しにくい面があります。

そんな思春期ニキビにはどんなアプローチをすればよいのでしょう。以下に紹介していきたいと思います。

中学生・高校生特有の皮脂量について

10代前半から20歳に掛けて、所謂『第二次成長期』と呼ばれる時期は、ホルモンの分泌が盛んになる時期でもあります。男性ならば『テストステロン』『アンドロゲン』が分泌されてより男らしく、女性ならば『エストロゲン』が分泌されて女らしく変化していきます。

しかしこの時期のホルモン分泌は盛んであると同時に、とても不安定でもあります。男性ホルモンである『テストステロン』には皮脂の分泌を盛んにする作用がありますので、男性ならば思春期時にニキビが増えても然程不思議ではありませんが、思春期ニキビは女性でも起こります。これはホルモン分泌が不安定である為、女性でもテストステロンが分泌される事に加えて『思春期時期はストレスを受けやすい』事が挙げられます。

『ガラスの10代』なんて言葉があるように、思春期の時期は多感で物事を重く受け止めやすくなります。そうした事からストレスを受けやすく、それがホルモンバランスの不安定さと相まって過剰な皮脂の分泌を引き起こすと考えられています。

また大人のオイリー肌は顔全体か、鼻から頬の皮脂量が多くなるのに対して、思春期時期はTゾーン(おでこから鼻にかけてのライン)の皮脂量が増えると言われていいます。その為ニキビもこのTゾーンにかけて発生するものが多いです。

思春期ニキビの治し方【スキンケア編】

思春期ニキビを治すには、ストレスを軽減する事や食生活に気を付ける事もそうですが、なによりも『過剰な皮脂を取り除く』ことが大切です。大人ニキビの場合は乾燥対策のスキンケアで治る場合が多いですが、10代の肌は水分量も多く、大人ニキビと同じ対策を取ってもあまり効果が出ない場合があります。

思春期ニキビには思春期ニキビ専用のスキンケア用品でしっかり皮脂を落とすようにしましょう。

財布にも肌にも優しいオールインワン洗顔料『ファーストクラッシュ』

\これ1本で化粧水いらずのお手軽ニキビケア/

Source: amazon

ファーストクラッシュ

編集部評価★★★★☆​
初回価格¥7.429円(税別)/ファーストクラッシュ×2+クリーム付き
1回当たりの値段約61円/2ヶ月分(朝夕使った場合)/180g×2
保証・特典​バリュープラン登録で次回以降25%~OFF・自動お届け 等
メーカー・会社エイボン・プロダクツ株式会社 ​

『ファーストクラッシュ』は思春期ニキビ専用の洗顔料で、口コミでの評判もなかなかに良いものが多い商品です。ファーストクラッシュの大きな特徴としては、化粧水いらずの『オールインワン』な洗顔料である事です。顔を洗うだけでその後は化粧水を付ける必要が無いので、朝忙しい時に便利ですし、なによりスキンケア用品をアレコレと揃える必要が無いのでお金がかかりません。お小遣いだけで遣り繰りしている中高生にはピッタリのアイテムでしょう。

・ファーストクラッシュのレーザーチャート


ファーストクラッシュは泡立たない洗顔料ですので、泡立ちと言う点は評価が低いですが、それ以外の部分を見てみると大凡評価が高いことが分かります。

思春期ニキビ専用の洗顔料ではありますが、口コミを見る限りでは大人ニキビにも効果はあるようでした。またニキビケア・保湿の点では『ニキビが良くなった』『保湿も十分』という声が多かった反面、『あまり効果は無かった』『これだけだとつっぱる』という声も幾つかありましたので、評価としては6~7くらいでしょう。

値段に関しては少々高いですが、化粧水や乳液と言った他のスキンケア用品が不要である事を考えると『まぁまぁリーズナブル』と判断しても良いと思います。

アッキー
僕も経験ありますけど、学生の時期ってお金が無いんですよ。
あれこれとスキンケア用品を揃える必要が無いって、学生としてはかなり財布に優しくて嬉しいですよね。

【公式サイト】ファーストクラッシュについ詳しく知りたいならコチラ

 思春期ニキビにも大人ニキビにも使える高機能化粧水『SIBODY - VCローション』

\最新型ビタミンC『イソステアリルアスコルビルリン酸2Na』​配合/

Source: sibody 公式サイト

VCローション

編集部評価★★★★☆​
初回価格¥8,640円(税別)​
1回当たりの値段144円/1ヶ月分(朝夕使った場合)/150g
保証・特典​まとめ買い、定期購買で値引き有り
メーカー・会社株式会社シーボディ​

シーボディの『VCローション』は浸透に拘ったビタミンC誘導体を配合していて、繰り返すニキビや吹き出物にしっかりと届く高機能型化粧水です。

また今あるニキビを改善するだけではなく、ニキビを予防する、ニキビが出来にくい肌を作る効果も期待できます。

・VCローションのレーザーチャート

VCローションは口コミでの評判も良く、全体的な評価は高いと言えます。特に『ニキビケア成分』の視点から見ると、サルチル酸などの成分の他にも現在最新型のビタミンC誘導体と言われる『イソステアリルアスコルビルリン酸2Na』や、ビタミンC誘導体との相乗効果が期待できる『レチノイン酸トコフェリル』が配合されているあたり、かなり高機能な化粧水だと判断できます。

口コミを見ると使い心地はサラッとしているにも拘らず突っ張らないと言う声も多く、保湿力も中々なものでしょう。欠点を挙げるとするならば『価格が高い』事ですが、このレベルの化粧水でしたら決して高すぎるという事は無いかとも思います。

はるこ先生
高機能な化粧水だと、やっぱりそれだけ値段もお高くなってしまうのは仕方がないでしょう。学生には少し高いかもしれませんが、それだけ効果は期待できるので、お財布と相談してみて下さい。

【シーボディ公式サイト】VCローションについて詳しく知りたいならコチラ

 思春期ニキビの治し方【お菓子編】

顔の皮脂の正体は『食べた物の脂肪』である事は上で紹介した通りです。一昔前までは食べ物と皮脂量やニキビには関係性が無いと言われていきましたが、2012年にフランスで行われたアンケートの疫学的特徴比較によると、甘いものを毎日食べている人がニキビになるリスクは、そうで無い人に比べて2.38倍になったと言います。

ニキビを予防・改善したいのであれば、やはり甘いものやお菓子などは控えた方が良いでしょう。しかしそうは言っても中高生の、特に女子は甘いものが好きな人は多いと思われますし、友達付き合いで新作スィーツなどを食べに行く事もあると思います

はるこ先生
『ニキビは嫌だけど甘いものは食べたい』そんな我儘を叶えるにはどうすれば良いのでしょうか。
いくつか方法をご紹介していきましょう!

 1.他のニキビケアを完璧にする

ニキビの原因はなにも甘いものだけではありません。ストレスや普段の食生活、運動不足や睡眠不足など『他のニキビの原因』を徹底して排除していけば、多少甘いものを食べたぐらいではニキビが悪化する心配はないでしょう。

全く運動をしない人が高カロリーの食事ばかり食べていれば太りますが、スポーツマンが同じ食事をしても太らないのと同じと考えれば分かりと思います。

普段からの食事で野菜を多く摂る、睡眠不足にならないように規則正しく生活する、有酸素運動などで脂肪を消費しておくなどの対策を日頃から行っておけば、甘いものを食べ過ぎたとしても、プラマイ0にする事が可能です。

2.ニキビが出来にくいお菓子を選ぶ

お菓子と一口に言っても、その種類は様々です。例えば最近の研究では、ケーキやドーナツのような小麦粉を沢山使っているお菓子はニキビの原因になり易いけれども、チョコレートはニキビには関係ないという話もありました。

またニキビに良いとされる甘いものの中には『ドライフルーツ』があります。ドライフルーツにはビタミンやミネラルと言った美肌効果が期待できる成分が沢山含まれていますので、余程食べ過ぎなければそこまで心配する必要はないでしょう。

他にもグルテンフリーの食材を使ったお菓子などはニキビの軽減に役立つとも言われていますし、最近では砂糖を使っていないお菓子なんてものもあります。またそこまでいかなくとも、緑黄色野菜やフルーツを沢山使っている種類のお菓子を選ぶなどすれば、砂糖や小麦粉をふんだんに使っているお菓子よりはニキビは出来にくくなるでしょう。

アッキー
『食べるのを止める』のではなく『食べるものを選ぶ』事でニキビへの悪影響を減らそうとする考え方ですね。
勿論食べないに越したことはないかも知れませんが、どうしても我慢が出来ないときや付き合いで断れない場合には良いかも知れません。

 根気よく続けて鼻ニキビ改善

鼻ニキビは出来てしまうととても目立つ厄介な存在であると同時に、肌トラブルの王道とも言えるほど起こり易い現象です。改善の為にはスキンケアの見直しだけではなく、日頃からの生活習慣の改善も必要となってくるでしょう。

鼻ニキビの解決方法としては『原因となる肌質の改善』と『悪化させない』事に尽きるでしょう。スキンケアにしても体質改善にしても、一朝一夕には効果は出ないものです。根気よく続けていく事が、鼻ニキビ改善の為には重要です。

はるこ先生
ニキビってよくある肌トラブルであるにも拘らず、治すのには凄く時間と手間がかかるのよね。
今あるニキビならばすぐに治すことは出来るかもしれないけど、根本的な解決を目指すなら普段からのケアと生活を変えるところから始めましょう。
鼻ニキビを改善するにはそれが一番です。