ニキビを放置するとどうなる?放置しても治る方法を伝授

ニキビを放置するとどうなる?放置しても治る方法を伝授

ニキビを放置したらどうなるでしょうか。ニキビができたら早めに治すことが悪化への予防となりますが、ケアをしなくても自然に治ってしまうニキビもあるようです。もちろん自己判断はキケン!ここで正しい方法をマスターして肌に負担をかけずに治しましょう!

「ニキビは放っておけば治る」のウソホント 

みなさんこんにちは、皮膚科編集長のはるこです。

ニキビができると薬などで治療しますが、中にはそのまま何もせずにした方が治りが良いケースもあるものです。しかしニキビを早く治したいがために、自己判断で適切でない治療を行ってしまうこともよくありがち。放っておけばもっと早く治っていたかもしれない、と後悔しないためにここでレッスンしましょう!

アッキー
ニキビは治療して治すものと思っていましたが、放っておいた方が治りやすい場合もあるのですね。はるこ先生、どうやって見分ければ良いでしょうか。アドバイスよろしくお願いします!
undefined
はるこ先生
ニキビを放置して治すのは、スキンケアや生活習慣がポイントよ。ニキビができてしまうとこのようなことを忘れてしまいがち。ニキビ別に合わせた治療法をお伝えします!

ニキビを放っておいてしまうと増えてしまったり炎症が起こってしまうのではないかと不安になります。しかし場合によってはは逆に何もしない方が早く治るケースもあるもの。そこで放置した方がいいニキビ、ニキビ芯は除去するべき?、さらにあっと驚く25年間溜まったニキビ芯を除去した実例などもまとめてお伝えします!

炎症したニキビを放置するのはNG

白ニキビなど軽症の段階ではそのまま放置しても治ってしまうこともよくあります。しかし炎症したニキビを放って置くとしこりができたりして治療が困難になるので注意が必要でしょう。まずは、ニキビを放って置くとどのように進行してしまうのかチェックしてみましょう。

ニキビはどんどん進化する

白ニキビ

ニキビの初期である白ニキビでは皮脂が毛穴に詰まって起こります。この白ニキビでは毛穴がふさがっており中に芯ができているのですが、さらに軽症のものなら潰しても自然でも治るニキビであってニキビ跡の心配もほぼありません。放って置くとやがて皮脂が毛穴から飛び出し空気に触れては酸化して黒ニキビになります。 


黒ニキビ

 白ニキビが進行した黒ニキビも炎症や膿がない比較的穏やかな状態のニキビです。そのままに放置して置くと炎症のある赤ニキビに悪化しますので注意が必要です。場合によってはすぐに赤ニキビになることもあるので放置しておくのはよくありません。


赤ニキビ

アクネ菌の増殖により毛穴の表面に炎症を起こした赤ニキビは。そしてそのまま放っておくと、アクネ菌と戦った白血球の残骸と細胞が混ざって膿となり黄ニキビへと悪化してしまいます。


黄ニキビ

さらに炎症が毛穴周辺にも広がり、痛みや膿を持った黄ニキビになると、細胞にまでダメージを与えては炎症を抑えようとするためニキビ跡になる確率も高くなってきます。黄ニキビをこじらすとさらにしこりのある紫ニキビに悪化するので適切な治療が必要となります。


ニキビ跡

重症ニキビのケアを放置したり、ニキビを潰してしまった時などに起こるニキビ跡はクレーターや赤みなどが残ります。ニキビ跡を消すには時間がかかりますが凸凹肌をそのままにしておくわけには行きません。適切なケアでできるだけ目立たないように治療することが大切です。

ニキビ炎症による肌ダメージは深刻

ニキビに炎症が起こっている時に放置しておくと、そのまま悪化して真皮までにもダメージを与えてしまいます。真皮が傷つくと肌が再生できないので、ニキビが治ってもニキビ跡が残ってしまうでしょう。そのため放置はせず、症状が広範囲にわたっていたり、大きく腫れている場合はニキビに精通した皮膚科で診てもらいましょう。

ニキビ跡になると自然治癒が困難に

ニキビ跡は不適切なニキビ治療や重症ニキビを放置しない時に起こりやすいものです。また一つだからと軽視してしまっては思わぬニキビ跡を作ってしまうことになりますので、とりわけ炎症を持ったニキビはしっかり治療をすることが大切です。またニキビ跡の中でも真皮にダメージを受けて起こるクレーターは自然治療が難しく、レーザーやピーリング治療など皮膚科での治療が望まれます。

ニキビを放置して治るケース

ニキビを放置しても治すことができるのは白ニキビです。しかし健康な肌でも毎日スキンケアを要するほどですので、完全にノンタッチというわけには行きません。少なくともこれだけはしておきたい条件をチェックして、悪化しないように維持することが大切です。

「放置=何もしない」ではない

放置というと何も触れないという意味に捉えてしまいますが、ニキビに刺激を与えない基本的なスキンケアを行ったり、規則正しい生活を送ることが望まれます。本当に何もしないでおくと、白ニキビだからといってもすぐに赤ニキビに悪化してしまうのも不思議ではありません。 

第一に規則正しい生活

ニキビを間接的に治す第一の条件として規則正しい生活を送ることは不可欠です。毎日3度の栄養バランスの取れた食事を摂取する、良い睡眠をしっかりとるなど実行しましょう。生活のリズムや食生活が乱れると肌へも良い影響を与えず、ニキビが悪化したりできやすくなってしまいます。新陳代謝を高めてターンオーバーを促して肌のバリア機能を高めることで、白ニキビが悪化せず自然治癒が期待できるでしょう。

第二に肌の清潔を保っている

 次に大切な条件としては肌を清潔に維持することです。一日2回の洗顔を行い、ニキビに優しい低刺激のものを選びましょう。またミクロの泡で毛穴の皮脂や角質を除去できるものがオススメです。ここではオススメのニキビ専用洗顔石鹸「ノンエー」をセレクトしましたので特徴を詳しくチェックしてみましょう。


ノンエー

肌に負担をかけずに毛穴の老廃物を濃密泡でしっかりオフ!/

Source: アマゾン


ノンエー

編集部評価★★★★★ 総合点96点
価格2,940円
内容量100g
保証・特典10日以内全額返金保証

たっぷり泡立つ石鹸はニキビ肌を優しく洗い上げる鉱物油など4つの添加物フリー。モチモチの濃密泡が立つので毛穴の奥底まで汚れを根こそぎ除去してニキビのできにくい肌に整えてくれるでしょう。ローヤルゼリーをはじめとする美容保湿成分がたっぷりと配合されており、皮脂の過剰分泌を抑えてニキビを予防します。

ノンエーについて詳しく知るならコチラ


第三に必要なスキンケアができている

洗顔をした後にはそのままにしておくと肌はみるみる乾燥してしまいます。そこですぐに化粧水をつけて水分を与え肌をしっとりと整えましょう。化粧水をつけることで美容液やクリームなどの吸収もよくしてくれるので、スキンケアのステップとして欠かせません。

ここでは炎症を抑えてニキビの悪化を予防する「ビーグレンクレイローション」をピックアップしました。白ニキビを放置してしまって赤ニキビになってしまった時や、それ以上炎症が広がって黄ニキビにならないように和らげます。


ビーグレン|クレイローション

しみない低刺激!炎症ニキビを緩和しながら肌を健やかに整えるローション/

Source: 公式サイト


ビーグレン|クレイローション

編集部評価★★★★★ 総合点97点
価格3,700円
内容量120ml
保証・特典・365日間返品・返金保証
・送料無料

抗炎症成分グリチルリチン酸ジカリウムによって炎症を軽くしながら、天然クレイで潤いを補給しながら肌のバリア機能を高めてくれます。さらに毛穴のダメージを補修するカミツレエキスなど4つの天然美容成分により肌をイキイキと維持できるでしょう!

ビーグレンクレイローションについて詳しく知るならコチラ

この3つで白ニキビの悪化は防げる

ここまでお伝えした「規則正しい生活」「肌を清潔にする」「正しいスキンケア」の3つの条件が揃っていることにより、白ニキビを放置しても自然に治すことができます。ニキビ跡の危険性のない白ニキビですが、悪化しないために最低でも肌を健やかに保つために基本となる行動ですので、普段から身につけておくようにしましょう。

もちろん肌質や体質によって白ニキビが自然に治らない時には、適切な方法でしっかりケアする必要があります。これらの条件を行いながらも、ニキビの状態を常にチェックして悪化させないようにすることが大切です。

ニキビを放置した方がいいケース

ニキビを放置しても治る白ニキビとは異なり、治療をするよりも根本的にセルフケアは避けて放置をした方が良いというニキビもあります。ニキビを毎回鏡で見るたびに気になってしまいますが、ここで放置しておくべきニキビをチェックして正しい処置法を行いましょう。

化膿した黄ニキビは放置=触らない

ニキビの中でも重症である黄ニキビは、炎症が大きく膿も広がっているので痛みも伴います。アクネ菌がますます増加して皮膚の奥底まで炎症を起こしているため、治りにも時間がかかるものです。黄ニキビは見るからに潰しやすい状態なので、つい癖で潰してしまう方も多いのですが、それは一時的にぺったんこになるだけで、ニキビを完治させたとは言えません。

無理に潰してしまうとクレーターなど治りにくいニキビ跡になってしまうリスクが高まりますので、少なくとも黄ニキビは触らずにそっとしておきましょう。

黄ニキビを潰した結果凸凹クレーター

黄ニキビは炎症も広がり盛り上がっているため、つい気になっては潰したりしがち。しかし、黄ニキビは炎症や膿のない白ニキビとは異なり真皮まで炎症が起こっているので、潰して皮膚にダメージを与えると結果として肌が再生できなくなり凸凹のクレーター肌になるのです。

そのため、黄ニキビの段階になるとそのままにしておいた方が、少なくとも黄ニキビを悪化させることにならないでしょう。また潰さなくても手で触ったりメイクでカバーしたりすると雑菌や化粧品の油成分がついて悪化させるので避けましょう。

有効ケアをしてそのまま放置が一番

黄ニキビを放っておくと説明しましたが、この放置という意味は白ニキビでもお伝えしたように基本的なスキンケアをすることで黄ニキビを緩和する方法となります。触らなくても顔は常に外気にさらされているので、触らなくても雑菌がついてしまうもの。そこで少しでも黄ニキビを緩和してくれるスキンケアセット「プロアクティブ+」で炎症を抑えましょう! 


プロアクティブ+

炎症を抑えてアクネ菌を殺菌!美白効果もプラスした薬用スキンケアシリーズ/

Source: 公式サイト

プロアクティブ+

編集部評価★★★★★ 総合点99点
価格4,900円〜
商品内容・洗顔料、毛穴トリートメント、美白ハイドレイター(3ステップセット)
・トータルケアセット(3ステップセット+リバイタライジングトナー、目元美容液)
・ティーンセット(3ステップセット+リバイタライジングトナー、ボディウォッシュ
保証・特典・60日間返金保証
・初回限定フェイス、ボディブラシプレゼント
・トータルケアセット、ティーンセットは送料無料

殺菌成分サリチル酸や抗炎症成分グリチルリチン酸ジカリウムなどの有効成分を、メーカー独自のテクノロジー「スマートターゲット」により、しっかり毛穴に浸透させて黄ニキビを緩和します。さらに美白効果も期待できワントーンアップした肌に導いてくれるでしょう。

プロアクティブ+について詳しく知るならコチラ

「膿を出せば治る」にはリスクが伴う

一つでも目立つ黄ニキビがたくさんできてしまうと治るのを待てずにプチプチ潰して解消したくなります。しかし、黄ニキビの状態では、炎症が皮膚の奥まで広がっているために指やプッシャーなどで押し出してしまうと同時に皮膚細胞を傷つけることになり回復を遅めます。皮膚の奥にある真皮は、表皮のようにターンオーバーが行われないためダメージを受けるとニキビ跡として残ってしまうのです。

黄ニキビを潰して一瞬消えたとしても、ニキビの原因となるアクネ菌は存在し続けるため再発の可能性も十分あり、結局は肌をどんどん傷つけてしまってはクレーター跡を作ってしまう間違ったケアとなるでしょう。

どうしても膿出しする場合は病院へ

黄ニキビを潰すのはよくありませんが、黄ニキビをそのままにしておくのは痛みもありメイクもしにくく早く治したいものです。そこで間違ったケアで悪化させたり、ニキビ跡を軽減して完治するにはやはり皮膚科で診てもらった方が先決でしょう。

皮膚科ではレーザー、ホルモン剤、ビタミン剤、抗生物質など様々な治療法を黄ニキビに合わせて行ってくれるので、肌に負担のかけない治療ができるでしょう。完治には数ヶ月かかりますので、しっかり医師の指示に従いながら根気よく治すことが大切です。

ニキビは芯を出さないと治らない?

ニキビの芯をとると肌はどのような影響を受けるでしょうか。また芯を出すときに起こる肌のダメージを抑えながらニキビ芯のケア法をレッスンしましょう。

ムリに出さずとも治れば取れる

 基本的に白ニキビや黒ニキビの芯は取り出さなくても、ターンオーバーで自然に取れてしまうものです。そのため特に気にならない程度のニキビならそのまま様子を見て、余計な刺激を与えないようにしましょう。赤ニキビでは炎症を抑える塗り薬で芯を小さくできます。

芯(コメド)を出す際に肌が傷つく

 芯がニュッと出るとすっきりしますが、見えない皮膚の内部でダメージを少なからず受けています。そのため芯を出した後、開いた毛穴に雑菌が入らないようにビタミンCや保湿、殺菌成分などを配合したスキンケア製品でアフターケアをしっかりして悪化を抑えましょう。

芯出し道具はあるが素人は失敗しがち

コメドプッシャーなどでニキビの芯を取ることができますが、初心者では間違った方法でニキビを悪化させてしまうこともよくあります。 ここで正しい方法をレッスンして肌に負担をかけない芯出しをしましょう。

  1. お風呂で行い毛穴を温めて柔らかくする
  2. 洗顔をする
  3. コメドプッシャーで優しくニキビの芯を押し出す
  4. 患部を水で洗い流し保湿成分や殺菌、抗炎症成分などを配合したスキンケアをして毛穴を引き締める

しこりの中に芯が見えていても我慢

 しこりニキビである紫ニキビはかなりニキビが進行してしまった状態なので、芯が見える場合でも無理に潰すのはやめましょう。紫ニキビは膿に血液が混ざっている状態で、潰すとますますニキビ跡のリスクが高まります。芯が気になるときは皮膚科で適切な処置をすることをオススメします。

【閲覧注意】25年間放置したニキビの中身を取り出す

なんと25年間放っておいたニキビの芯の取り出しに成功した動画が一時話題になりました。見るからに大きな芯が毛穴に蓄積されていた状況が伺え、芯も黒くなり酸化してしまった状態ですが他の皮膚に影響を与えなかったのが幸いです。それなりに毛穴の開きも大きくニキビ跡のリスクもあり、くれぐれもここまで放っておかないようにしましょう!


構いすぎずほっとくのも有用なケア

 ニキビが一つでもできてしまうとすぐに薬を塗ったりして過保護なケアをしてしまうこともあるでしょう。しかしニキビによっては基本的なスキンケアをしたり、生活習慣を整えるだけで自然に完治することができます。もちろん白ニキビでもなかなか治らないときや、重症のニキビは無理に潰したりせず、ニキビ跡が残らないように皮膚科で適切な治療をすることが大切です。